IRIS

朝一番で空港へ



未だ夜も完全に明けきらない朝の出勤時、細かい雨が少し降っているようだ。降るなら本降りの方が仕事が忙しくなるんだが、ちょっと中途半端な降り方だな、、会社で車の点検をして点呼を受け出庫し、いつものコースで中心部に向かう。中心部を流すかホテルの待機に入るか迷うところだ、このホテルは当社を含めて4社が入れることになっている、ホテルの前を通ると他社の車が2台ホテルで待機している、しかしすぐ近くにある待機場所は空っぽだ、こちらは各社2台づつ8台待機できる。ホテルの正面からお客様が乗車されると1台づつ正面に移動するようになっている(モニターで確認できる)。よし今の時間なら3番目だし1時間以内には乗車される可能性が高いな、、、??
待機場所でラジオを聞きながら待機していると数分でホテル正面の1台にお客さんがご乗車された、直に正面へ移動し数分、前の車が出て1番目になった。ここでは行儀よく車の中で待機していないとホテル側からお叱りのクレームが付く、じっと待つ事5分、ホテルの中から上品な60代くらいと思われる紳士が小さなカバンを持って出てこられた、んッ、乗車されるかな? しかし車の横を通って後ろの方へ、スモーキングエリア(喫煙場所)でタバコを吸いにいかれたようだ。コンコン!ドアーをノックする音にふと振り向くと先ほどの紳士だ、慌ててドアーを開け、どうも失礼しました、どーぞ!ご乗車されると、大分空港までお願いします、高速は景色が良く無いので一般道で向かってくれとの事だ、念のためフライト時刻を尋ねると、アクシデントが無い限り空港に到着して出発まで35~40分くらい有るはずだ。
初めは少し喋っておられたが、そのうちに静かになった、眠られたようだな、こう言うお客さんは一番いいね。ビジネスホテルからのお客さんは空港まで行かれる事はあまりないようだが、こちらのホテルはちょっとグレードが高いホテルだ、朝の時間帯はホテルから空港までのお客さんはたまにある。そのかわり運が悪いと2時間も待って大分駅までワンメーターの¥640てのもよくある、ガックリとくるがね、、しかし私はこんな時はいつまでも尾を引かないように意識してお客さんに対する対応を良くするようにしている、半分やけくそだね、、この仕事は水ものだ、良い時もあれば悪い時もある。予定通りに大分空港に到着した、空港のエリアに入った時にお客さんが起きられたようだ、いやー、よく寝ちゃったねー、ちょうどいい時間だ、!料金を告げると、内心カード決済かな?と思ったが、財布を出して万札をサッと出されて、領収書が必要か尋ねると、領収書は結構です、、、羨ましいですなー、、、朝一回で今日の目標運収を楽に突破、帰りはルンルンで帰って来ましたってー、、、

0 コメント