IRIS

 
朝の5時に目が覚めた、お湯を沸かしてパンで軽い朝食だ。5:45別府経由やまなみハイウエイで出発した。深田久弥が百名山に選ばず悔やんだ、と言われる豊後富士、由布岳(1,580m)に登ることにした(新百名山に選ばれている)。本格的な登山は昨年夏の北アルプス白馬岳いらいになる、やまなみハイウエイで城島高原入口を過ぎ暫くで右手に由布岳の雄姿が見えてきた。天気はいいし最高の登山日和だ、06:45阿蘇くじゅう国立高原の由布岳登山口(写真)に着いた。いくつかのコースがあるが今回は一番人気のある中央登山口から登ることにした。駐車場に着くと無料駐車場は既に満杯に近い、何とか奥の方のスペースに駐車できたが、あと5分もすれば満杯だろう、ついてるねー!
 


06:55駐車場を出発した、由布岳は西峰と東峰の二つのピークを持つ双耳峰だ、西峰は鎖場などスリルがあるコースだ、西峰からお鉢めぐりをして東峰に立ち下山する方法もあるんだが1時間半くらい余分にかかる、今回は手術後初めての本格的な登山となる、自分の体力などを試す意味もある、無理をせず東峰に登ろうと決めていた、元気でさえあれば何時でも登れる、自分に言い聞かせて歩き始めた。初めは緩やかな草原の中を登って行く(写真)10分くらい歩くと樹林帯に入り登山道らしくなってきた。新緑を眺め、小鳥のさえずりを聞きながら整備された登山道を登って行く。いつも思うことだが人気のある山はよく登山道が整備されている、お蔭で私のような素人登山家でも安全に登山を楽しむことが出来る、これには多くの労力と費用がかかっているだろう、感謝だネ、、、さすがに人気のある山だ、土曜日と言うこともあるだろうが沢山の登山客がいる、今回は特にゆっくりとマイペースで登山を楽しもうと思っている、これが一人登山の良いとこだ、正直なところ体力が落ちて早く歩けなかったんだがね、昨年よりも体力の低下を実感した。今回は何人にも追い抜かれたが追い越すことは無かった、、
 

 
登山口を出発して45分、07:40に合野越(写真)に到着した、ここまでは極めて順調だ、先客が数名休んでいるが先ほど私を追い越して行った人も休んでいる、ここで岩に腰を掛けて初めての小休止とした。
 



合野越を過ぎると岩や石がごろごろする登山道に変わってきた、そして大きな樹林帯から背の低い植物に変わってきた、右側にはやまなみハイウエイや由布院盆地が綺麗に見える、すでに下山してくる登山客も、おそらくキャンプや車の中で寝て明るくなると登山を始めた人達だろう、、登山道の脇には小さな可愛らしい高山植物も顔を出してきた、名前が解ればまた楽しみも違うだろうが私には全く名前が解らない、しかーしだ!先日経塚山で初めて見たミヤマキリシマ(写真)が咲き誇っている、海抜1100メーター当たりでは7~8分咲きだ、しかし高度が上がるにつれて蕾の数が増えて1500メーター当たりではまだ蕾だ、、、
 
 
ゆっくりと周りの景色を堪能しながら登り09:10西峰と東峰の分岐点、マタエ(写真)に到着した。見ていると西峰を目指す登山客が僅かだが多いように感じる、体力的には問題がなさそうだが、戸隠山の蟻の背わたり、剣の刃渡り、などいろいろと経験してきた、俺も西峰にするか!私の頭の中では東峰派と西峰派が争っている、いや、今回は東峰にしよう、、と言うことで予定通り東峰に決めた。
 

 
分岐点のマタエで2回目の休憩をとり岩場の急登を登り09:30由布岳の東峰(写真)にたどり着いた。数組の登山客が眺めを満喫している、多少もやがかかっているようだが360度の大パノラマだ、遠く久住連山、鶴見岳、国東半島、別府湾、由布院盆地、英彦山、などが臨める絶景だ。途中コンビニで買ったオニギリを食べようとも思ったが昼にはちょいと早いし、ハエのような小さな虫が出迎えてくれている、昼食は後ほどと言うことにして30分ほど頂上で絶景を堪能し下山を始めた。
下山を始めると登山者がどんどん登ってくる、挨拶をするのに疲れるくらいだ、景色を眺めて合野越まで一気に下ってきて、ここで小休止とした。いつも思うんだが怪我をするのはほとんどが下山中だ、気を付けながら無事登山口に戻ってきた。駐車場の中にある休憩所でオニギリとお茶で昼食とした、美味しいのなんの、、、

 由布岳登山のスライドショー、興味のある方は = こちら =
 

0 コメント