IRIS
私の趣味、道楽の始まりと言うか、きっかけは小学5年生の時に始まる。理科の時間に”鉱石ラジオ”なるものを作った、その結果が、一番早く完成して、一番上手に出来て、一番良く鳴った、、、K先生に褒められて、、、このたわいもない出来事が私の長い人生に大きな影響を与えた、と言っても過言ではない。学校の帰りにラジオ屋さんに寄り、いらないラジオの部品を貰い、学校の休みの時にはアルバイトをして、、、アルバイトと言っても、ただ店の人にくっついて行くだけだ、僅かな小遣いを貰い、部品を買ってラジオ(五球スーパーと呼ばれるもの)を作り友達に高く売るわけだ、、、昭和37年の秋にアマチュア無線技士の電話級(初級)の国家試験に合格、免許を取得した(写真) 未だ坊主頭で若かったねー、、、、今は見る影もない、、

当時の無線家は無銭家が多いんだが、送信機や受信機は全て自分で作る、根っからの無線好きだ。私も休みのたびに秋葉原通いをして部品を買い無線機(送信機、受信機)を作り、立派な自作の無線局が出来た(写真)。木造2階建ての古いすきま風の入る寮の屋根の上にアンテナを建てて、昭和38年の3月に無線局の免許状がきて待望の、コールサイン JA1MBB で開局した。
開局して夢中で全国のアマチュア無線家とQSO(交信)した。そしてQSOすると、その証としてQSL(交信証)を交換する。


             にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

0 コメント