IRIS


1か月ぶりに見る日本の島影だ、三陸沖を北上、そして津軽海峡だ、本州最北端、大間崎、右舷に北海道、左舷に本州青森県だ。竜飛崎を通り日本海へ、そして日本海を南下し秋田港に入港だ、直ぐにタグボート2はい(2隻)が本船と並走し岸壁に着岸した。岸壁では代理店と官憲が待っていて直ぐに乗船してきて入港手続きが始まった。例により目が回る忙しさだ、ここで7名の乗組員が交代する、秋田港では半分の鉱石をおろし、残りは敦賀の2港揚げとなる。荷役作業は翌日からと言う事で夕食後、サードオフィサー(3等航海士)とボーイさんと一緒に上陸した。時間も少し早いし、まず一軒の居酒屋に入り軽く一杯やりながら時間調整だ、店を出て歓楽街を歩いているとすれ違う女性は美人が多い、さすが秋田県だと実感する、キャバレー T と書いた大きな看板が目に付いた、ボックスに案内されると、着物が似合う中年の美人女性と若い女性がついた。二人ともなかなかの美人だ、途中から若い女性が一人増えて女性が三人になった。2時間ほどそれは楽しかったネ、又明日もある、今日はこれで帰るかね、、と言いう事で3人でラーメンを食べ午前さまになる前に船に戻ってきた、

0 コメント