IRIS


東シナ海から太平洋に出た本船(写真)は台湾の東方海上を南下し、フィリピンのルソン島の東方海上を南下している。夜になると南十字星が綺麗だし、空を見上げれば満天の星だ。朝目が覚めポールド(窓)を覗くと右舷に島影が見える、朝食を食べブリッジに肩振りに登った、当直のサードオフィサー(3等航海士)は大阪府出身の国立神戸商船大学出身だ、右舷に見える島影はサマール島だと、サードオフィサーが、アップさんが乗船しているから今航は本船スピードが出ているんだわ、今15ノットも出ているので入港が少し早くなるよ、との事だ、潮が良いらしいな、夜にはミンダナオ島のダバオ沖に着くと言う。ここで官憲などが乗船し入港手続後、ダバオ湾を少し奥に入ったマコに向かい、こちらで材木(ラワン)を積み込む。外国は実習でマレーシアに行った時いらいだ、クオーターマスター(操舵手)がコーヒーを入れてくれたのでご馳走になり2時間ほどブリッジで肩を振ってきた、、、 「肩を振る」とは船乗り言葉で、雑談をする、と言うような意味だ、、、

2 コメント

hanuさん

以前のブログを見直していましたら hanuさんのブログを
見つけてブログにコメントを残しています。
船乗りなんですね~~♪
私もクルーズの経験が カリブ海クルーズとアジアクルーズの
経験があり とても優雅な時間を過ごしました。

http://minorinoheya.com/article/412972057.html#comment

また是非私のブログにも訪問して下さいね
みのり (2015-01-27 09:12)
今晩わ!
訪問有難うございます、
若い頃は船乗りでした、、、カリブ海など貨物船では行きましたが
クルーズ客船での旅、夢でした、”ふじ丸” で一度だけちょこっと経験しただけですね、クルーズ客船、思い出しただけで、わくわくしますね、、、
ham (2015-01-27 21:37)