IRIS

今日の一日



いつものように朝の五時に目が覚めた、習慣と言うのは恐ろしいね、目覚まし時計と同じだ、今日は日曜日だ、起きてもやる事が無い、もうひと寝りするかね、ウトウトと6時半、もうこれ以上眠れない、起きて一人でコーヒーを飲みながらテレビを見ていると皆起きだしてきた。休みなのになんでこんなに早く起きるの、もっとゆっくり寝ていれば良いのに!早く起きるのが悪いような言い方だ、そんなに寝てられねーよ、、。私はミカンが大好物だ、安くできているね、私に似たのか二人の孫もミカンが大好物だ、ミカンが無くなったし孫に送ってやろうと、いつも行く佐賀関の青果店(写真)へ二人で出かけた。開店して間もない時間だろうが既に何組かの先客が、今は柑橘類が主だが道路を挟んで向い合せに色々な果物が並んでいる、宣伝するわけではないが、ここの良いところは試食して品物を選べることだ、食べ比べると同じミカンでも種類、産地、などに寄って味が違うのが解る。袋に詰め放題を二袋、せこいねー!孫に一箱送り、妻は野菜の詰め放題をガツガツと袋にねじ込んでいる、お店のスタッフが、よく見る顔だねー、!こちらも負けずに、しょっちゅう来ているがね!お店のスタッフが一袋サービスしてくれた、言ってみるもんだねー。次から次へと車が入ってくる、、、

時間も良い時間だ、そろそろ腹も減ったし途中のファミリーレストランへ入ってみた。最近は食べる量も減った、なるべく簡単な量の少な目の品を二人で注文した、するとお店の女性のスタッフが、お客さん、失礼ですがこちらですと、60歳以上限定で同じ品が同じ値段でドリンクバーが付いていますが!内心、やっぱり60歳以下には見えないんだなー、と少し寂しい気がしないでもないが、この際見栄を張る必要もない、おー、そーかね、それにして、、コーヒー、梅茶、など三杯ずつ飲みましたって―、、良心的な店だねー、、、

 

腹も一杯になったし、市内のデパートで「沖縄物産展」が開催されている、昨年は行けなかったので今年は是非、と言う事で行ってきた。仕事、遊びを含め10回ほど沖縄に行っているが大好きなところだ、日曜日と言う事で多くのお客さんが来店していた、美味しいと言うものではないが、珍しく口あたりが良い、海ブドウ、定番の黒糖、泡盛を買ってみた。三つの泡盛のメーカーが出店していたが「久米島の久米仙」を選んだ、「久米仙」と言うのもあるがね、イベントでの販売限定の35度の3年古酒の「球美島3年古酒」(写真)にした。沖縄本島の西に位置し、その昔「球美島」の名で呼ばれた360度サンゴ礁に囲まれ、蝶が羽を広げたシルエットで浮かぶ、豊かな自然と水に恵まれた美しい島で生まれた泡盛だ、さぞ美味しかろう、、時々楽しみながら、ちびり、ちびり、と頂こう、、、

と言う訳で楽しみにしていた休みが終わってしまった、明日からまた一週間の頑張りだ、、、

 

0 コメント