IRIS
冬型の気圧配置で連日海は時化ている、船酔いで苦しいのに、そんな中でも実験は続けなければいけない、合羽を着て安全帯を付けて気象衛星からの電波を受信するためにアンテナを回す、電界強度の測定の受信をする、夜はキャプテンと通信長のK先生の一杯の準備やら大変だ。食事といっても沢山のご馳走が喉をとおらない、長崎県の口之津町出身というボーイさんが給仕で立っていて、アップさん、お代わりいかがですか! 内心、お前も人が悪いなー、、新潟を出港いらい数キロは痩せた。夜になっても風呂に入る元気も無い、当直が終わると直にベッドに横になるがローリングとピッチングで寝不足なのになかなか寝付けない。本船は沖縄の宮古島、石垣島の間を通り太平洋に抜けた、ようやく時化も収まり南国の天気に変わってきた。げんきんなもんだ、船の揺れが収まってくると次第に食欲もでてきた、こーでなくちゃねー、、、

0 コメント