IRIS

ベネティア観光 ②


ベネティアは何と言っても運河と橋の街だ、大小の運河が街の中を通り約100の島を作っている。それぞれの島と島の間には400以上の橋が架けられいて、ほとんどの橋はアーチ状になっている。街での交通手段は船と徒歩で自転車も乗り入れ禁止、街全体が歴史が作りだした何の意図もない芸術、テーマパークでただ感嘆する。ベネティアはそんな場面が延々と続く街である。路地の両側には色々な店が並んでいる、ベネティアはガラス細工が有名である、一軒の店に入ってみた。へー! ため息がでる品がたくさん並んでいる。どうしてガラスでこんな色が出るんだろう、、、形状、色、などが全く違う灰皿を3個買った、灰皿と言うより置物だな、とても吸い殻を入れる気にはならない品だ。あとブランデーグラス6個のセットも買った、グラスには綺麗な模様が描かれ、これで安物のブランデーは飲めないなー! 別の店でゴンドラの置物をゲットした。ベネティアでの名所の一つのリアルト橋(写真)に行った。リアルト橋はベネティアのカナル・グランデに架かる4つの橋の一つでベネティアで最も歴史が深くたくさんの土産物屋などが立ち並び賑わっていた。街を歩き回り腹も減ってきた、一軒のレストランに入り通信長が、本当はラーメンが食べたいが無いよなー! イタリアに来たらやっぱり、スパゲティーを食べなきゃいけないでしょ、、似たようなもんだから、それにするか!と言いう事で三人でスパゲティーにしたが色々な種類があるんだな、私はフィッシと言う事で頼んだら魚が入っているスパゲティーだ。賑やかな路地を歩いていると日本人らしい綺麗な女性が、1か月半ぶりに見る乗組員以外の日本人だ、しかも綺麗な若い女性、自然と声が出てしまった、すいません、日本の方ですか? びっくりした様子で、えー、日本です、実家は東京の杉並区ですが今はこちらに住んでいます、、、今のように海外旅行が盛んではない、海外で日本人に会うと珍しく、つい声を掛けたくなる、、一日中歩き回り又バスで船に戻ってきたがもう1~2回ベネティアに行こうと思う、、、
 

 

0 コメント