IRIS

平成26年、回顧と前進



今年も残すところ三日となった、歳を重ねるにつれ月日の経つのが早く感じられるこの頃である。この一年を振り返ると、まーまー幸せな一年であったと思う。あえてあげれば癌の宣告をうけて入院手術した事であろうか、しかしお陰様で悪性度も比較的に低く、いまのところ再発の可能性も低く一安心と言うところだが、年に数回、病院へ行き検査を受けないといけないし、当分病院と仲よくしないといけない。一時は全摘手術の後遺症で数年前より始めた山登りは無理かと、柄にもなく落ち込んだ事もあったがリハビリに頑張り、術前のようなわけにはいかないが随分と回復し九州本島の最高峰の九重の中岳に登頂できた。改めて健康の尊さ、平素からの健康診断の大切さを痛感した一年であったような気がする。6月より地元のタクシー会社で働くようになった、働くと言ってもパートのようなもんだが楽しく働いている。休みが日曜日だけなのがちょっと不満だが、会社では用事のある時は届を出してもらえばいつでも休んで良い、と言うが、パートとは言え暇つぶしに働いているわけではない、働くときは精一杯働く、が私の考え方だ。新米ドライバーも今のところ気力だけは衰えていない、大事な人様の命を預かる仕事だ、気力が無くなったら即、辞めようと考えている。縁が有り、せっかく九州の地に来たのだから九州にある百名山はなんとか登ろうと考えているが、そうは時間が無い。来年は九重連山の三俣山、大船山、星生山、黒岳、百名山の祖母山など是非登りたいと考えているが、、来年も近隣のいろいろな名所・史跡巡りもやってみたい、また折角 おんせん県おおいた に来たんだ、温泉めぐりもしたいんだが、、、ますます忙しくなりそーだわ!

0 コメント