IRIS
今年も残すところ明日一日となった、歳を重ねるごとに一年の短さを感じる。この一年間を振り返ると、広島市の土砂災害、御嶽山の噴火など、多くの尊い命が奪われる自然災害が発生した。改めて自然の猛威に対して人間が無力だと言う事を思い知らされた。
おらち(我が家)では一年前にご当地、大分市に引っ越してきたが、お陰さまで、まー比較的に順調な一年間ではなかっただろうか、恒例の平成26年、おらちの十大ニュースだ、、、

 


第一位、 癌で入院、手術

昨年の秋に癌の可能性が高い、と指摘されご当地に引っ越し入院し検査の結果、思いもかけず癌の宣告をうけた、元気だけが取りえのhamさん、ショックだったね、大げさかもしれないが、初めて死と言うものが頭を過った。しかしごまかしで過ごせるわけではない、現実を直視し腹を決めた。年末より入院手術のための自己採血、検査などをして1月14日に入院した。翌15日の朝から手術の準備で午後から手術だ、3時間半後に手術が終わり、麻酔から目が覚め意識がもうろうとしているなか先生から、終わりましたよ、上手くいきましたよ!の言葉にハッと我に返った。3週間ほど入院して2月初旬に無事退院する事ができた、、、

 


第二位、 新米ドライバー

元来じっとしているのが苦手な性格だ、退院して2か月もすると体がむずむずしてきた。全摘手術の後遺症がかなり残っているが仕事の内容では何とかなるだろう、ハローワークに行くと、えッ、まだ働くんですか? しかーしだ! 世の中、そうは甘くはないな、いくつか紹介してもらうが何れも不採用だ、どいつも、こいつも見る目がねーなー、歳だけで判断しているな、、最後の手段だ、家族の反対を押し切ってタクシー会社を選んだ、いくつかの会社の中から、どうせなら日本で一番大きい会社にするか、知らない土地でのこの仕事、苦労するのは解っているが自分の努力で克服すれば良い、、幸いに採用して頂けることになり半年が過ぎた。今のところ有難いことに、楽しく仕事をしている、いつまで続くかね、、、


 


第三位、 退院後、初めての山登り

退院して1か月もすると山が気になり始めた、一年前の8月に北アルプスの白馬岳へ登ったのが最後になってしまった、少しづつ歩き、足を慣らしてきたんだが全摘手術の後遺症が気になる、家族は未だ無理だから、と言うが言い始めたら聞かない、病み上がりの身体の体力などを試す意味もあり近くの低い山、お猿で有名な高崎山に決めた。いつもは一人で山に行くんだが、今回は息子が付き添いで一緒に登る事になった。しかし後遺症がかなりあるようだ、やっぱり、もう山登りは無理なんだろうか、不安になってきたが、やっぱり山に登りたい、10日後に少し歩く距離が長い国東半島の最高峰の両子山(ふたごさん)に息子と一緒に登った。後遺症のリハビリも続けその後、鶴見岳へ登り、そして豊後富士と呼ばれる由布岳に一人で出かけた、やっぱり山は良いねー、、、

 


第四位、 仲良しちびっ子二人

ご当地に引っ越してからも時々Skypeで二人の孫たちとお話はしていたんだが、便利なもんだねー!病院から退院して暫くすると孫たちが、じいちゃん、5月の連休がおわったら会いに行ってやるねー! と嬉しい言葉が、妻と福岡空港まで迎えに行くと娘に連れられて仲良しちびっ子二人がニコニコしながらゲートから出てきた、半年ぶりのご対面だ。アフリカンサファリ、ハーモニーランド、温泉、買い物、と久し振りに楽しい1週間だった。今度はいつ会えるかなー!

 


第五位、久住山、中岳登山

由布岳登山で体力的にも自信がついた。九重連山の久住山に登る事にした、いつも一人の単独登山だ、決して無理をしないで無理と思ったら躊躇せずに引き返す、と決めていた。何かアクシデントがあった場合の事を考え、むしろ登山客が多い日曜日を選んだ。素晴らしい天気に恵まれ、牧ノ戸登山口から登り初め、ゆっくりゆっくり歩き無事に久住山頂に着いた、360度の大パノラマ、疲れも吹っ飛び感激だ、体調も良いし時間も十分ある、九州最高峰の中岳に向かう事にした。周りの景色を堪能しながらゆっくりゆっくり歩き中岳の頂上に立つことが出来た。九重連山は勿論、遠く祖母山系の祖母山、傾山、阿蘇の山々、由布岳など360度のパノラマだ、やっぱり山は良い、、、

 


第六位、 ミヤマキリシマの平治岳登山

以前から九州の山に咲くミヤマキリシマを見たいもんだ、と思っていたが九州に引っ越してなんとか実現できそうだ、テレビなどで九重の山々のミヤマキリシマが見頃との事、もういてもたってもおれない、今を逃したら又一年後だ、来年の事は解らん!今回は平治岳に決め一人で出かけた、1週間前の久住山の時より歩く時間も長くきつい行程だ、しかし頂上に近づくと山頂一帯がピンクに染まっている、ミヤマキリシマの間をぬって山頂を目指し山頂に立つ事ができた。思った通り見事な光景だ、来年もぜひ登ろう、と心に誓った、、

 


第七位、 師走で大忙し

ご当地で新米ドライバーになって半年が過ぎた。師走ともなればやはり忙しくなった、たて続けに二回お客様を空港までお供したり、今月に入り二回、5日間、大きな会社のお偉さんをお供する仕事がまわってきた、多数の先輩をさしおいて、ちょっと気が引けるやら躊躇したが社命だ、何事もなく無事に終える事ができてホッとしたね、、お陰で今月は最高の運賃収入を記録した。来年も安全運転に徹して頑張りたいと思う、、、

 


第七位、 二百万アクセス突破

平成19年7月14日初めてブログと言うものを始めた日だ。忘れもしない7月16日のマグニチュード6,8を記録した新潟中越沖地震の2日前だった。北は北海道から南は九州沖縄まで、全国100カ所以上のゴルフ場でプレイをする事ができた、幸いスコア―カードは全て取ってある、よし、これを書こう、、「古いスコア―カード」昔外国航路の船で七つの海を航海した、よし、これも書こう「古い航海日誌」毎日の出来事も書こう「今日の話」、三つのカテゴリーで書き始めたブログも8年目になる。カテゴリーもずいぶん増えた、いろいろな方々より貴重なコメントもたくさん頂きアクセス数も増えて6月12日、遂に200万アクセスを突破した。つまらないブログに多くの人々に訪問をいただき感謝に堪えない、いつまで続けられるかなー、、、

 


第七位、 思いがけないメール

12月のある日、東北地方にお住まいの女性の方から一通のメールが届いた。昨年まで住んでいた郷里の新潟県上越市で、郷里には歴史的に価値のある素晴らしい名所史跡がたくさん存在する事、また多くの偉人を輩出していることに気付き、時間のある時に史跡などを訪ね、一人でも多くの人々にこの素晴らしい郷土を知ってもらおうと、恥ずかしながら「我が故郷」「郷土の偉人」でブログに綴った。「郷土の偉人」で紹介した偉人の人がご先祖様だという方からのメールだった。そして家系の資料まで送っていただいたり、親しく電話でお話もいただき感激した。一生の思い出になりそうだ、、、


 
___sysimage___11VoZ4Bb4hHSc11tGtCS9WM2u61179,left,,voiger+of+the+sea,150___/sysimage___

第七位、 クルーズ客船

元船乗りのhamさん、貨物船は小型船から30万トンクラスの大型船までは何度も見ているし、10数万トンまでの貨物船は乗船した経験もあるが、大型の豪華クルーズ客船は近くでじっくりと見た事はない。しかしご当地の隣の別府市には大型クルーズ客船はちょこちょこ入港している。数万トンの客船から十数万トンの客船までじっくりと眺める事ができる。仕事が休みの時に入港した時は必ず見に行っている、これも楽しみの一つだ、、、
 

0 コメント