IRIS

 
別府湾を臨む国道10号線の大分市街から別府市街の中間地に田ノ浦ビーチと呼ばれる海浜公園(写真)がある。縁があり北の国から南の国の大分に引っ越して半年、今のところ私にとって最もお気に入りのスポットだ。特別に用事があるわけでもないが、既に十数回は来ているだろうかね、、6車線の通称別大国道と呼ばれる海岸に沿った国道の海側には車がすれ違いができるほど広く、歩道と自転車道がはっきりと区別された歩道が続いている。公園内には遊歩道が通り延長1,1キロの砂浜が造成され、中央部には通称”田ノ浦アイル”と呼ばれる、南国ムードが漂う1,4haの人口島が造られベンチやチャペルを感じさせる東屋と広い芝生がある。夏の海水浴シーズンだけで6万人を超す海水浴客が訪れるらしい、、、
 

 
公園の駐車場に車を止め、ここから公園内の遊歩道を通り別府湾沿いの歩道を別府方面までウオーキングする、又ベンチに腰をかけてぼけーっと海を眺めるのも良いですでねー!冬の間は比較的に人影も少なく人工島の芝も枯れているが(写真左)今は芝も青々として実に気持ちが良い、先日も孫のちびっ子二人が裸足になり芝生の上を走り回っていた(写真右)、砂浜の端では昼ガオの花が綺麗に咲き誇り、眺めているだけで心が洗われる、何れタブレット型のパソコンでも買って、天気の日はこちらに来てのんびりとブログでも書きたいもんだ、、、

0 コメント