IRIS

 

「中之島ブルース」と言うと内山田洋とクール・ファイブを思い浮かべる、しかし元々は秋庭豊とアローナイツが昭和48年(1973)に札幌市の中之島を舞台にし自主制作したシングル盤である。

6人のメンバー全員が北海道出身で(4人が歌志内出身)歌志内炭鉱の炭坑夫として働きながら社内のアマチュアバンドなどとして活動を行っていた。その後札幌のクラブ歌手となり昭和48年に札幌を舞台とした「中の島ブルース」を自主制作し、有線放送を通じて全国的な人気となり昭和50年、歌詞を大阪、長崎と補作し、内山田洋とクールファイブとの競作と言う形で再発売され一大ヒット曲となった。

当時は外国航路の船員であった、港の酒場に行くと有線放送から、森進一の「港町ブルース」、青江三奈、などと共によく流れていたブルース、好きな曲だ、、、

 

 


0 コメント