IRIS


仕事で殆んど毎日のように港の近くを通る、元船乗りとして、やはり港に入港中の船舶に興味津々、、、直江津港は数百トン、数千トンクラスの小型の外航船及び内航船はよく入港しているが、数万トンの大型の外航船は月に数隻入港する程度、港の近くを通るたびに、昔の会社の船は入港していないかなー、、、、! 今日港の近くを通ると大型船の荷役のクレーンの頭の部分が見える、んッ、大型船が入っているな、、そして東埠頭の横を通ると 何ッ 白に  の煙突が目に入った、懐かしいファンネル(煙突)マークだ、SANTA FRANCISCA、昨年の7月以来半年振りの入港だ。
多分北米のワシントン州、タコマ、エバレット、ポートアンジェルス、あたりから北米材を積んでの入港だろう、、

貨物船(材木専用船) SANTA FRANCISCA (写真左)
重量トン  28,494トン
長さ     169.26メータ
幅       27.20メーター
深さ      13.60メーター

会社の吸収、合併、再編、など厳しい海運界において70年にわたり守りぬいたのマーク、運航船舶数40隻、220万トン(2009年)の船会社だ、10数人の役員の中に後輩のS君も名を連ねている、半数以上の役員が昔の仲間だ、一緒に乗船した事のある重役も数人、写真を見た限りでは昔の面影はないな、、、、

                Bon Voyage

              
                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

0 コメント