IRIS


復航は時差の関係で毎日約30分くらいずつ時計がバックする、いつも午前中に時間調整する為、午後から当直の私は、30分くらい余計に寝れる感じ。当然、往航時は時間が進むので寝れる時間が少なくなる訳、、、、、

2日前に日付変更線を通過した、1日飛び越して日にちが進み、徳をしたのか損をしたのか、、考えてみたら、行き、帰り、でおあいこだわ。。それにしても今航は大変な大時化て参った、参った、だ。でも大分時化も収まってきたが、それでもよく船が壊れないなー、と思うくらいの大きな波が船体にぶち当たる、、

   


9時過ぎに目が覚め、時化もだいぶおさまったし久し振りにブリッジに行って肩を振って来た(肩を振るとは船乗り言葉でお茶飲みをすると言うような意味だな)。当直のサードオフィサー(3等航海士)は商船大出身のバリバリだ、クオーターマスター(操舵手)のIさんは能登の出身、ベテランだ。

アメリカで仕入れたコーヒーを入れてくれた、御茶菓子もどうぞ! これもアメリカで仕入れた ”キスチョコ”コーヒーにチョコはちょっとおかしな組み合わせだが、このチョコが又美味いんだわ!、、、何とも言えない味、

サンキストオレンジも沢山仕入れたようで、食後のデザートは連日、サンキストオレンジ、ですよ、毎日はねー! 私もお土産に2箱仕入れた。

それにしても、当たり前の事だが昔は若かったねー、写真。。。。↑



        ポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ

                                     こっちも頼むよ↓

0 コメント