[文法] 助詞「に」

2016-11-21

格助詞:に
 
1.動作・作用の時間を表わす。 Time
    「十時に寝る」
2.動作・作用の場所を表わす。Place
    「学校にいる」
3.動作・作用の目的を表わす。purpose
    「空港に着く」「食事に行く」
4.動作・作用の対象を表わす。target
    「彼女に恋する」
5.動作の結果を表す。Change Result
    「半分に切る」
6.比較・対照・累増などの基準を示す。
    「一年に過ぎない」「ケーキにコーヒー」
7.原因などを示す。「ーのために」「ーによって」の意。
    「暑さにばてる」「餓えに苦しむ」。
8.材料・手段などを示す。
    「にんじんにする」「車にする」
9.内容・状態などを示す。「ーとして」の意。
    「ほうびにもらう」
10.受身・使役の相手を示す。
    「風―吹かれる」「友人に言わせる」
11.同じ動詞を重ねて、意味を強める。
     「待ち―待った」
 

コメントする

名前:

E-mail (オプション):

リンクURL (オプション):

CAPTCHA Image左に表示されている文字を半角英数字で入力してください。