[Gourmet] 11月に高知へ旅して土佐の戻り鰹を食す

2016-06-01


 俳優の辰巳琢郎さんの連載記事『やっぱり食いしん坊な歳時記』によると、11月の鰹は全く別の魚なのだそうです。


 初鰹のさっぱりとした味わいが、初秋には三陸沖から関東へ下り、脂の乗った戻り鰹となり、晩秋にはさらに丸々と太って高知沖で一本釣り。脂肪の量は初鰹の10倍にもなる。しかも、その脂肪の質がすばらしく、キリッとサラッとしているのだそうです。

 食べ方は、特産の柑橘と地元の海塩を使った塩たたきがお薦めとのこと。土佐の日本酒でいただきましょう。

 福岡空港から高知龍馬空港までは、プロペラ機SAAB340で55分。11月の戻り鰹を食べに一跳び・・・ひさ、高知に行くぜよ!

 8:55 福岡 ⇒ 9:50 高知
18:45 高知 ⇒ 19:45 福岡
ウルトラ先得 往復 16500円
 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
33おすすめ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする

名前:

E-mail (オプション):

リンクURL (オプション):

CAPTCHA Image左に表示されている文字を半角英数字で入力してください。


プロフィール

映画『最高の人生の見つけ方』(2007年米)
でジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが見せてくれた人生を素晴らしいものにする手法・・・それがやりたいことをリストアップするというもの。“夢”は思っているだけでは一生“夢”のままで終わります。書き出してこそ初めて、“夢”そのものが現実のものになりたいという息吹が吹き込まれます。そうすると“夢”にパワーが与えられ、“夢”が自らの力で動き出すのです。

最近の記事

リンク

RSS

アクセスカウンタ

00156581

QRコード