2017-01-22

[豊後湯めぐり] 三川の湯


せっかくの日曜日、天気が良ければ久しぶりに近くの山にでも行く予定でいたが生憎の天気、晴れてはいるんだが強風だ、、山行は諦めて午後から久しぶりに温泉に行ってきた、行ってきたと言っても家のすぐ近くで1~2分で行ける距離だ、、、
 

宿泊施設、レストルーム、などを併設した、塩化物泉で源泉かけ流しの天然温泉だ(写真)、入浴料金も大人360円とリーズナブルで有難い。腰掛湯、寝湯、大理石の湯、岩の湯、露天風呂、家族風呂、サウナなど楽しめる。さすがに温泉だ、5分もすると汗が噴き出てくる、今度は露天風呂に浸かると外気は10度くらいでサッと頭から汗が引き実に気持ちがいい。すっかりとリラックスできて明日からまた一週間の頑張りだ、
固定リンク : トラックバック(0)
17おすすめ

2016-05-23

[豊後湯めぐり] 国見温泉 ”あかねの郷”

今年から登山教室に参加する事にした、第1回目の先月は地震のため延期となり今日が第1回目の参加だ。1回目の今日は国東半島の千灯岳に行ってきた。近いうちにご紹介したいと思うが、予定では時間があれば帰りに温泉に寄る予定になっていたが順調に行き温泉に行ってきた。
 

正直なところ国東半島にこんなに立派な温泉があるとは思わなかった、場所は国東市国見町赤根地区にあり、”湯の里 渓泉” と ”国見温泉 あかねの郷” の2軒あるがパンフレットを見ると同じ系列のようだが今回は ”国見温泉 あかねの郷” (写真)で400円を払って温泉に浸かった。露天風呂からは今登ってきた千灯岳が目の前に望め、ヒノキの香る内湯、無色透明のカルシューム硫酸塩泉で神経痛や慢性皮膚炎に効果があるようだ。
 

この施設のまわしものでも関係者でもないんだが、宿泊もできるようだ、横には貸切のコテージも建っていた。機会があれば泊まってのんびりしたいもんだね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
35おすすめ

2016-05-08

[豊後湯めぐり] 長湯温泉 ラムネ温泉館


天気が良ければ黒岳に行こうと考えていたんだが天気は生憎の曇り、雨はなさそうだが、やっぱり山は晴れていなくちゃね、、今日は母の日でもあるし急遽、温泉にでも行くか、世界有数の炭酸温泉地として知られる長湯温泉に行ってきた。長湯温泉でも一番炭酸ガス含有量が多いと言われるラムネ温泉館(写真)へ、ラムネ温泉館には「ラムネ温泉」と「にごり湯」の2種類の温泉がある。ラムネ温泉とは高濃度天然炭酸泉の名称で入浴して暫くすると体の全身を銀色の泡が包むようすから名づけられたようだ。炭酸ガスの含有量は1,380PPMと言われている。にごり湯は濁りのついた温泉の名称です、炭酸ガス含有量は990PPM、また41℃の適温のためラムネ温泉と交互に入ると更なる真価を発揮するそうだ。入浴して暫くすると体中が銀色の泡でいっぱいになる、サイダーの風呂にでも入っているようだ。今までに熊本行きや九重連山、阿蘇山、祖母山登山などで何度となく長湯温泉は通っているが温泉に浸かるのは初めてだが、これからはちょこちょこ訪れたいもんだね、、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
37おすすめ

2016-01-10

[豊後湯めぐり] 丹生温泉 和ごみの湯


臨時のパート社員のようなもんだが、勤めているとなるとそうは勝手に休むわけにはいかない、しかも1週間に休みは日曜日だけ、、天気は良いし新年の初登山で由布岳にでも行くか、とも思ったが昨年末よりの腰痛が未だ完全ではないし山行きは暫くは無理だろう。ならば久しぶりに温泉でも行くか! さすがは おんせん県おおいた いたるところに温泉施設はあるが、ちょっと立派な施設は日曜日で混んでいるに違いあるまい、今回はゆっくりするのにローカル的な温泉施設にするかね、と言いう事でちょっと郊外の丹生温泉(にゅう)に行ってきた(写真)。canonの大分工場のすぐ近くだ、広い道路から看板に沿って曲がると林の中にポツンと1軒建っている小さな温泉施設だ。



券売機で大人(12歳以上)300円を払い脱衣所に行く、4人も入れば窮屈な感じだな、浴槽は6人くらいが入り足を伸ばせば一杯だろうか(写真)しかし、さすがはおんせん県だ、かけ流しの良い湯だね、、
 
施設内容・・内湯(シャワー有)、露天風呂(男女別)、休憩室、駐車場(無料、50台駐車可)
開館時間・・正午~午後9時(受付は午後8時30分まで)
休館日・・・毎月第2水曜日(ただしその日が祝日の場合は変更あり)

○泉質・・・ナトリウム・塩化物泉
○泉温・・・47度(湯温は40度~41度)
○効能・・・神経痛、筋肉痛、関節痛、打ち身、くじき、冷え性、慢性消化器病など 


外の露天風呂に浸かり、今の時期、冷っとした外気が実に気分爽快だ。入浴客はほとんどが高齢者だ、俺も他人の事は言えないけどさ、比較的に施設の近くの人が多いようだ。空を眺めると真っ青な空に飛行機が1機、飛行機雲を引いて飛んでいる、コースからして新潟か小松空港あたりから沖縄に向かっているのかな、、露天風呂の湯船に浸かったり出たり1時間のんびりとした、こんなにのんびりとした気分になったのは久しぶりだ、、、 
 

 
固定リンク : トラックバック(0)
55おすすめ

2015-05-16

[豊後湯めぐり] 法華院温泉(ほっけいん)



ラムサール条約にも登録され九重山群への登山基地としてキャンプ場があり、四季を通じて沢山のキャンパーが訪れる美しい景観と清水、そして「坊がつる賛歌」で有名な坊がつるに、標高1,303メーターの九州で最も高い所に湧き出る温泉として有名な「法華院温泉」がある。
 

法華院温泉と言っても法華院温泉山荘(写真)が一軒あるだけだが、、鎌倉時代の正中元年(1324年)人皇二代綏靖(すいぜい)天皇を奉請して十二所大明神として祭ったのに始まる。室町時代の文明2年(1470年)、英彦山から養順法印が入山し天台宗の修験所として九重山法華院白水寺が建立され修験僧の出入りで賑わいを見せたが、明治15年、本坊支坊を焼失し現在の山小屋を始めたのが始まりである。現在は雄大な九重の山々が望める山の温泉宿として特別室、個室、大部屋、ログハウス、バンガローなどを有し、山男の疲れを癒す秘湯が人気を集めている、「日本秘湯を守る会」の会員宿でもある、、、



泉質は単純硫化水素泉で動脈硬化症、高血圧症などに効用があると言われ、湯の花が浮く名湯でほんのり硫黄の香りが漂い、源泉かけ流しだ、湯船に浸かり九重の山々を眺める、歩き疲れた体にとってこの優しい温泉は、なによりのもてなしだ、しかーしだ! 車でちょこっと、、と言う訳にはいかない、登山の支度をして片道歩いて2時間半は覚悟をしなければいけない、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
74おすすめ

2014-05-16

[豊後湯めぐり] 豊の国 健康ランド

 

 

昨日、今日と夏を思わせる暑さになった。ちょうど孫たちも遊びに来ているので久しぶりに温泉へ行く事になった。ただ温泉に入るだけなら数分のところにも施設があるんだが、小さな孫たちもいるのでゆっくりできた方が良いだろう、、市内にある温泉施設の 豊の国 健康ランド へ行ってきた。大分市内の人であれば知らない人はいないであろう。

ただ温泉に入るだけでもよし、温泉に入って昼寝をしたり本を読んだり、のんびりするもよし、温泉に入り宿泊してのんびりするのもよし、、色々なコースがある、風呂もいろいろな風呂があり退屈する事は無い、勿論サウナもあるし逆に寒いのもある、飽きるほど温泉に浸かり、ちびっ子たちは2階のリラックススペースにあるあそび場で遊びまくり、遊び疲れてまた温泉へ、4時間近くのんびりしてきた、、。大分市内のビジネスホテルは温泉が有るホテルが多いが、こちらでの宿泊ものんびり出来て良いのではないだろうか、宿泊料金もきわめてリーズナブルだし、もちろん飲食も可能だ、別にこちらの施設のまわし者ではないんだが大分に来られたら一度ぜひどうぞ、、

固定リンク : トラックバック(0)
98おすすめ

2014-01-09

[豊後湯めぐり] 神崎温泉 天海の湯

 

雨降りも昨日限りで、ちょっと風が強いが今日もまた綺麗に晴れあがっている、ちょっと温泉にでも云ってくるか!市内にも選ぶのに困るほど沢山の温泉施設があるんだが、やっぱり海の見える景色の良いところがいいなー、、と言う事で今回は西大分の 神崎温泉 天海の湯 (写真)に行ってきた。西大分の国道10号線から豊後一の宮、柞原八幡宮の方に(山側)曲がり日豊本線のガードをくぐり直に右折する、坂をどんどん上って行く、それも初めはかなりの登りだ、雪が無いからいいが、雪道では4WDでないとまず登れないね、、登りきり、暫くで右側に天海の湯が見えてくる。ちょうどラジオ局のアンテナが建っているところだ、、、

 

 

入り口を入り券売機で500円を払いフロントへ、横には簡単な売店もあるようだ、階段をおりて天然かけ流しの大浴場へ、オーシャンビューの風呂からは眼下に別府湾、別府市街、国東半島、大分市街、遠く四国の島影も望め、想像通りの展望だ、夜も綺麗な夜景が臨めると思うがね、浴室にはサウナもある、温泉は少しぬるめだが、お湯に浸かりゆっくりと景色を眺めるには少しぬるめが良いだろう、、外には、そうは広くはないが露天風呂がある、今日は冬型の気圧配置で季節風が強く早々に露天風呂は引き上げたが、風が無ければ最高だね、ただお湯に浸かると別府湾は見えなくなるのが残念だ。

フロントの奥にはいくつかの家族風呂、露天風呂付きの家族風呂もある、休憩室(写真)もオーシャンビューで眺めは素晴らしい。隣には信州のソバのみを石臼でひいたそば粉から作る天海ソバがある。この次は風呂上りにソバでも食べてみようかね、、。

固定リンク : トラックバック(0)
107おすすめ

2013-12-23

[豊後湯めぐり] 別府鉄輪温泉、ひょうたん温泉

 

大分県別府市と言えば大分市に次ぐ人口約122,000人の都市で、別府温泉としてあまりにも有名である。昔は新婚旅行と言えば東は熱海温泉、西は別府温泉として人気があった。瀬戸内海の女王と呼ばれた関西汽船の豪華客船 ”くれない丸”で訪れた人も多いだろう(写真は別府タワーと別府市街)。

 

 

温泉県大分県にあって特に有名なのが別府温泉であろう、源泉数2,300ヵ所以上で日本の総源泉数の1/10を占める、また湧出量も約13万キロリッター/1日で、ともに日本一である。四季を問わず国内外から年間1,000万人を超す観光客が訪れる一大観光地である。別府市内には、それぞれの泉質や雰囲気が違う温泉が数百あるが、それらは歴史の異なる8箇所の温泉郷を中心に分布しており、これらを総称して別府八湯(べっぷはっとう)と呼んでいる。別府温泉、浜脇温泉、観海寺温泉(かんかいじ)、堀田温泉(ほりた)明礬温泉(みょうばん)、鉄輪温泉(かんなわ)、柴石温泉(しばせき)、亀川温泉(かめがわ)、 (写真は別府温泉の湯煙)。別府温泉の湯けむりは「21世紀に残したい日本の風景」として富士山に次いで2番目に人気のある風景です。

 

 

縁が有り温泉県の大分に住んだわけだ、温泉に入らない手はないネ、、少し落ち着いてきたのでさっそく出かけてきた、百を超す公共の温泉施設があると言われるが、今日は無料から数百円の施設があるなかから鉄輪温泉にある民営の「ひょうたん温泉」 (写真)に行って来た。別府市内の国道10号線から500号線(やまなみハイウエイ)に入り暫く坂を上り、右側にあるスーパーの先を右折してすぐ左側にある。駐車場には多くの県外ナンバーの車が駐車していた。

 

 

入り口で入浴料の700円(18:00以降大人550円)を払い中に入った。ミシュラン観光ガイドで最高ランクの3つ星を4回連続で獲得した別府を代表する温泉入浴施設だ。露天風呂は勿論、岩風呂、ひょうたん風呂、ひのき風呂、名物の打たせ湯(瀧湯)、高温、低温と二つの温泉蒸気を使った蒸し風呂、たくさんの種類の家族風呂、別料金(300円)の砂風呂、など等がありゆっくりと温泉を楽しめる。泉質はナトリュム塩化物泉、全国でも珍しい弱酸性の塩化物泉で肌に非常に良いらしいネ、、、。無料休憩所、お食事処「湯らり」もありゆっくりと楽しめる。ミシュランの3つ星と言うことで、新しく綺麗で高級感と言うイメージで行くと少し違うかもしれないがネ、、、。

固定リンク : トラックバック(0)
124おすすめ

<< 2017年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

TOOLS




現在の閲覧者数:



ブログランキングに参加中
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03863024

QRコード