2009-08-11

[古い航海日誌  清峰丸] 結婚式、

4月17日に清峰丸を結婚の為特別休暇下船したが、いろいろ準備の為忙しい毎日だ。式の日取りは結婚記念日が忘れないようにと5月5日の子供の日、と決めておいた、しかーしだ、、最近は5月5日になっても忘れている事がある、特別な事がある訳でもないしね、、、、、、::、、、、
私の兄夫婦、彼女の姉夫婦が大阪に住んでいる事、彼女が大阪で働いている事、両方の実家が遠い事を考え中間地点の大阪で親、兄弟で簡単に式を挙げる事にしておいた。大阪谷町の大阪府社会福祉会館、招福殿で挙式をあげた。新居は阿倍野区阪南町、地下鉄の昭和町からすぐの比較的便利な所だ。
ここの”シャルムハウス”と言う古い1DKのマンションを借りた。
   
式も無事終わりゆっくりする暇もなく東京の恩師を結婚の報告を兼ねて研究室に訪ねた。助手をしている先輩に お前、先輩、後輩お世話になった皆さんに披露しなきゃ駄目じゃないか、、、、、、、、、、いや、お金が無いんで、、、、、お金なんて必要無いよ、、会費制にすればいい、俺に任せろ!、、、、、それじゃお願いします。と言う事で仲人を恩師のK先生夫妻にお願いし、銀座の「オリンピック」と言うレストランで先輩、後輩、旧郵政省関係、船会社関係、7-80人くらいの方が集まって祝って頂いた、有難い事だ、、、、
    
式の最後に研究室から「太刀 一振り」 (写真)を記念に頂いた。式も無事に終わり助手のM先輩、おい、これは会費制で皆様から頂いたなかからの余ったお金だ、新婚旅行にでも使え!! と渡してくれた、、立派な披露宴をこちらの負担なしで開いて頂き、記念品まで頂き、その上、、、、、、、、、、、、  (^し^;)
ただただ感謝でいっぱいだ! その先輩も数年前、他界されてしまった、、合掌。
余談だが披露宴を行った中央区銀座のレストラン ”オリンピック”(写真の左側の建物)、懐かしくなり調べてみたが今はなくなり、ティファニー銀座本店のある場所にあったようだな。

  

いつもご覧頂き有難うございます
            ポチっとネにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
271おすすめ

2009-08-05

[古い航海日誌  清峰丸] 一か月振の日本、そして下船、

北米材を満載した本船は、千島列島沖より、北海道沖、本州三陸沖を一気に南下する、日本の中波海岸局の信号が強力に入感し、又中波ラジオが入り、日本近海に来た事を実感する。日本の島影が懐かしい、1か月ぶりの感動だ。房総半島野島埼をかわし、東海沖、紀伊半島、潮岬よりコースを大阪湾に向ける。
    
瀬戸内海に点在する島々の景色、いつ見ても感動する、行き交う大小の船、夜になると島々の夜景が奇麗だ、その中に時々強い光を放つ灯台の灯りが加わり異様な雰囲気をかもしだす。日本近海に来ると船内の船舶電話も大忙しだ、今は世界中ほぼどの海域にいても電話はつながる、、便利になった。 1ヶ月ぶりに聞く彼女の電話の声に感動し、涙した事もあったなー、(^0^;)今は、口を利かない事もたまに、、本船は予定通り4月17日朝、愛媛県、新居浜港に着岸した。いつもの事だが船内は戦場のように忙しい、今回は結婚の為特別休暇下船だ。交代の次席通信士と引き継ぎ清峰丸を後にした。

  ポチっとクリック、サンキュウです にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
248おすすめ

2009-07-26

[古い航海日誌  清峰丸] 順調な航海です、ファンネルマーク、

日付変更線を通過し順調な航海を続けている、前航の時化が嘘のようだが、少しウネリがある程度、材木を満載している為、重心が高く、少しのローリング(横揺れ)もゆっくりした周期でそんなに気にならない程度。
しかしこの時期、この海域は今度はガスが発生する海域、本船も雲の中を進んでいるような感じだな、、あと5日ほどで新居浜、入港予定、、、
ファンネルマーク
船の煙突は、もともとは煙りを出すだけで、煙突の汚れが目だたない様に黒く塗られていたが、やがて船会社の識別にも使われるようになりました。
特に客船は船の顔として特徴のある煙突も見られるようになった。
(写真は我社、日正汽船のファンネルマーク ”日王”30万トン)
本船、清峰丸は○○汽船との共有船の為煙突はオレンジ。
色々な船会社のファンネルマークはこちら

    今日もポチっとお願いにほんブログ村 シニア日記ブログへ

固定リンク : トラックバック(2)
270おすすめ

2009-07-21

[古い航海日誌  清峰丸] エバレット出港、新居浜向け、

材木を満載した本船は、アメリカ、ワシントン州のエバレットを予定通りに出港した、今航の日本での揚げ地は愛媛県の新居浜、初めての港だな。
そもそも私が無線と言う物に興味を持ったのはいたって単純だ、小学校5年の理科の時間であった、教材を使い”鉱石ラジオ”を作った、クモの巣状の板にエナメル線を巻き鉱石検波器をつなぎ、イヤホーンで聞く簡単なものだが、私は学年で1番早く作り、私の作ったラジオが1番よく鳴った。K先生にえらく褒められた。たわいも無い事であるが、これが私が無線に興味を持ち、通信士と言う道に進み、その後、通信関係の事業に進んだ、基となった。大手工作機械メーカーに就職したが、どうしても通信士と言う仕事が捨てられず退職、そして又進学、資格取得し船舶通信士という仕事に就いた。乗船以前の事は何れ (古い航海日誌 第2の人生)でゆっくりと昔を振り返りたいと思っている。
         
私が乗船した初めの頃は航路により通信士が3名乗船していたが、大体は2名に1名減員されていた。           船舶通信士の大きな任務の一つ、
通信技術、通信機器の保守並びに運用、又条約や法規等を習熟した専任の船舶通信士がその聴覚により、国際電気通信条約に定められた一定の時間割で、又その他の時間は機械(警急自動受信機)により、国際遭難周波数である500kHz(電信)を聴守し、自船が遭難した場合はこれにより救助を求め、他船が遭難した場合または他船の遭難を知った場合はこれにより救助を行うなど、付近を航行する船舶による相互救助体制である。
       
アンテナ群の一例
1.送信用 線条アンテナ
2.受信用 ホイップアンテナ
3.超短波用 ダイポールアンテナ
4.衛星通信用 パラボラアンテナ
5.レーダー用 スロットアレーアンテナ
6.無線方位測定機用 ループアンテナ
しかーしだ! 
航行区域によって異なるが、外航船における、世界的な海上における遭難安全制度GMDSS(Global Maritime Distress and Safety System)が1999年2月1日に完全導入され、人の聴覚による聴守を廃止して全て機械による聴守を行うものとなった。
船舶職員法(海技士制度)の改正、電波法の無線従事者(総合無線通信士と海上無線通信士)資格の改正、および船舶安全法改正によってタイタニック号の遭難以来、100年以上にわたって築かれてきた「船舶通信士」の職場は商船から(一部の大型客船を省き)ほとんど消え去ってしまった。これに伴い、世界に名を誇った、NTTの無線電報局として、船舶との無線通信を行っていた海岸局である銚子無線局(JCS)は1996年3月31日に、また、長崎無線局(JOS)は1999年1月31日に廃局となった。これによって日本の外航商船におけるモースル通信に終わりを告げた。
現在、モールス通信はアマチュア無線、自衛隊など一部に使われているのみである。

    いつも応援有難うございま
  ご覧頂いたおついでにポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
249おすすめ

2009-07-11

[古い航海日誌  清峰丸] エバレット入港、シアトル見物、、

本船は予定通りアメリカ、ワシントン州のエバレットに入港した。いつものように入港手続き、いたって合理的、簡単だ、、(2-3人来るだけ)。しかし後進国は、いや税関だ、検疫官だ、警察だ、軍隊だ、港長だ、代理店だ、荷主だ、などなど、適当に肩書を付けてやってくる、目的は簡単だ、、た、か、り、、、早速材木の積み込みが始まる(写真)
  
入港2日目、ちょうど退屈していたところ、シップチャンドラー(船食)が注文した食料品、お土産品を納入に来た。シアトルまで見物に行きたいんだが車に便乗させてもらえないか頼んだところ、こころ易くOK! 話がわかるね、、ボーイさんを誘い出かけた。途中わざわざ航空機メーカー、ボーイング社の工場の近くを通ってくれた、工場なんて―もんじゃないんだわ、広くて、、、ジャンボ機が何機も見える、、、、、さすがアメリカだな、、 (^0^)
昔万国博覧会が開かれたと言う公園に行ってみた(写真)。後ろの塔はスペースニードルと言う名前だったかな?、、、
さんざんに歩き回り、腹が減ったなー、一軒のフード点に入ってみた、コーヒーとハンバーガーのような物??を頼んで食べた、写真を撮ろうとすると近ずいて来て一緒に映ろうとする彼女、、まー、可愛い彼女だったんで一緒に撮ったよ(写真)今ならシアトルマリナーズのイチロウの応援にでも行ったろうにねー、、

     今日もポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
238おすすめ

2009-07-04

[古い航海日誌  清峰丸] 船上の麻雀、、

比較的順調な航海を続け明後日には、北米ワシントン州のエバレットに入港だ。夕食を食べて部屋のベッドにひっくり返り古い週刊誌を見ていると、セーラーのNがドアーをノックして入って来た。次席さん忙しいですか??、、、、、、、、
忙しいかって、見て解らんかい、暇だから古い2回も読んだ週刊誌を読んでるんだ、、、お前、何を言いたいんだよ! いやー、話が解る、麻雀のメンバーが1人足りないんです、あまり麻雀が上手ではない、下手な故、良く誘われる、、、、、、、、止せばいいのに、意志が弱いね!
大きなて をテンパルと、、おい、気をつけろよ、なんてついつい口に出てしまう、、、、又、次席さん何かやってるぜ、気をつけろ、、なんてよく言われる、、どうやら私はテンパルと顔に出るようだな、、勝負師ではないね、
案の定、止せばいいのに今日も大きくやられた、、 (^へ^;) あとのまつり!
よーし、少し稼ごう! なんて人には敵わないわね、

    今日もポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
310おすすめ

2009-06-25

[古い航海日誌  清峰丸] 順調な航海です、

房総半島の南端、野島崎を過ぎると日本の島影も段々と遠ざかり、約2週間、見えるのは、 海 海 海 だ。どんどんと北上し千島列島、カムチャッカ半島の遥か沖合を航行中だ、3月とも成ると冬型もだいぶゆるみ、前航の大時化が嘘のようだ。しかし、今度はガスだ、ガスがかかり始めると一寸先が見えない、見えないと言っても、見えるのは海だけだけどさ、、この海域は北米航路、沢山の大型船が行きかう、、レーダーだけが頼り、2台のレーダーがフル稼働だ。故障すると夜中でも起こされる、、頼む!故障しないで!!  レーダーマストに付いている霧笛が鳴っている。 ボーッ! ボーッ!

無線室の時計だ、ちょっと変わっているでしょ! 毎日時報に合わせているので正確だ、 毎時間15分~18分 45分~48分 (赤色)地球上の中波500Khz(主に大型船、海岸局)での電波の発射を中止、聴守する、
毎時間00分~03分 30分~33分 (緑色) 中短波 2091Khz、 2182Khz (主に漁船など小型船、海岸局)での電波の発射を中止、聴守する、そしてその結果をログブック(業務日誌)に記載する。
この時間、この周波数にて、遭難信号、緊急信号、安全信号を送信する事になっている(急を要する場合はこの限りでない)。

 今日もポチっと押して頂けると有難いですにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
227おすすめ

2009-06-18

[古い航海日誌  清峰丸] 広島出港、アメリカ向け、

広島で1週間ほど停泊して荷役作業も終わり、アメリカ向け出港した。今航の積み地は、ワシントン州エバレットだ。今度日本に帰ればちょうど各地でが満開の頃か、、瀬戸内海を通り、大阪湾、友ヶ島水道、を通り太平洋にでる。(写真は荷役中の本船)

   
海上から眺める景色は良い、外海と違ってほとんど大した時化もないだろう、名も知らない小さな島が(島には名前が有るんだろうが、私が知らないだけ)多数見渡せる。ボートデッキのハンドレールにもたれて、海を眺めていると、目まぐるしく動いている世の中が嘘のようだ。、、、、、、、、、、、
今航、日本に帰ったら結婚のため特別休暇下船だ、今航は何事もなく行きたいね、前航海はいろいろとあったからなー!

   今日もポチっとお願いねにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
246おすすめ

2009-06-10

[古い航海日誌  清峰丸] 広島港着岸、荷役が始まった、

2日間の沖待ちも終わり本船はタグボートに引かれて広島、宇品港に着岸した。さっそく材木の荷役作業が始まり、慌ただしさを取り戻す。航海中の船用品、食料品の積み込みも始まる、本社からいろいろの書類、乗組員あての手紙などがどっさり届く、しゅ分けは我が事務部の仕事、結構忙しいんだわ、停泊中、休みを利用して大阪から婚約者が結婚式の打ち合わせでやって来た、しかし昼間は何かと忙しく、ゆっくり話も出来ない、一人で広島の市内観光に出かけた。土産にアメリカで仕入れたサンキスト、オレンジ、1箱実家に送ったよ。

彼女も仕事があるので本船で一泊して又大阪に戻った。駅まで見送りに行ったが、当時は別れるのが辛かったんだろうなー! と想像するが、今は亭主、元気で留守がいい、、って感じだな。。。。。。。
翌日一人で上陸、港の近くの場末のスナックに入ってみた。結婚したら、そうそう飲みに出るわけにも行かないだろう、、、店に入るとお客はいない、中年のママさんが一人カウンターに座っていた。他にお客はいなく、暇つぶしに話をするのには好都合だ、色々とつまらない話をしていると、ママさん、 お客さん、広島の人ではなさそうね、、どこから来たの?、、
どこからって、遠いところだよ、、 どんな人?、、 どんな人って、普通の人だよ、、当時はカラオケなんて―のは無い、、有線放送だろうか、森進一の ”港町ブルース” が流れていた。大流行であちこちで聞こえていたなー、、 この曲を聴くと何故か、わびしさ、と言うか、寂しさを感じる、だけどこの曲は好きだね~、、、 

     今日もポチっとお願いねにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
228おすすめ

2009-06-04

[古い航海日誌  清峰丸] 広島入港、 同僚との再会、、

昼前に広島港の郊外にアンカー(錨)をおろした。岸壁がふさがっている為2日ほど沖待ちと言う。さっそく税関が訪船してきた、入港手続きも無事終わり、休暇下船する乗組員の交代の乗組員が乗船してきた、今回は7人の乗組員が交代する。乗下船者の公認手続きの為の書類を作成、昼食後、サンパン(通船)で上陸、40日ぶりに日本の地を踏んだ。  やっぱり日本はいい!、、、、、、、、、

上陸後、港の近くの運輸省(現、国土交通省)の海運局へ向かい、雇い入れ、雇い止め(転入、転出、の手続きの様なもんだね)の手続き。
海運局の窓口で手続きの終わるのを待っていると1人の男が入って来た。よく見ると、、、んっ、、同期のFじゃないか?? 思わず、 よーッF、元気だったか! 返事がない、しまったー人違いか、バツの悪いこと、、それにしてもそっくりだなー、、、、、、一時したら、そっくりの男が私に向い、
おまえ、何してんだ、、ときた。 おー、やっぱりFか!、何をしてんだって、分らんかい、海運局にラーメンを食べに来るのはいないよ、公認手続きにきたんだよ。俺もそーだ、、と言う。今は冷凍船に通信長で乗船しているようだ、5年ぶりだが、相変わらず愛相の悪いやつだ、、ちっとも変っていない、、お茶でも誘い少し話をしようとも思ったが、、やーめた!! 
その後船をおりて、伊豆諸島の、ある漁業無線局の局長をしている、と言う噂を聞いたが、、、、、、、どうしているだろう。
休暇下船する乗組員、公認手続きの終わった船員手帳を私が持ち帰るのを待っている、急いで通船でトンボ帰り、本船に戻った。。

      ポチっと押して下さい⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 
固定リンク : トラックバック(0)
253おすすめ

2009-05-30

[古い航海日誌  清峰丸] 一か月ぶりの日本

千島列島沖からどんどん南下し、北海道沖へ、日本の中波の海岸局が良く入る、ほっとするね、さらに三陸沖を南下、房総半島南端の野島埼から伊豆大島の近くを通り、伊豆半島南端、石廊崎を右舷に見て駿河湾、、、、紀伊半島の潮岬方向にコースをとる。又しばらく日本の島影が見えなくなるかな、、
いやー、今航は色々な事があった、1年分の航海を1航海で全て経験したって感じだな!
一か月ぶりに見る日本の景色は懐かしくいいねー! 今までの連日の時化は嘘のようだ、沢山の船と行き交う、んっ、○○海運の船だな、F先輩は元気かな、 おー、○○汽船の船か、後輩のSはどうしているかな、、先輩、後輩が世界の海で活躍していると思うと、何か誇らしげに思う。
2月末、空気が澄んで富士山が奇麗だ、改めて富士山の素晴らしさを実感した。今航は広島港(宇品港)揚げだ、明日の昼には広島入港予定、入港前になると急に船内も慌ただしくなり、活気づく、昼食を食べてワッチ(当直)だ。

      今日もお願いね にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
244おすすめ

2009-05-24

[古い航海日誌  清峰丸] 日付変更線通過、千島列島沖航行中、

復航は時差の関係で毎日約30分くらいずつ時計がバックする、いつも午前中に時間調整する為、午後から当直の私は、30分くらい余計に寝れる感じ。当然、往航時は時間が進むので寝れる時間が少なくなる訳、、、、、
2日前に日付変更線を通過した、1日飛び越して日にちが進み、徳をしたのか損をしたのか、、考えてみたら、行き、帰り、でおあいこだわ。。それにしても今航は大変な大時化て参った、参った、だ。でも大分時化も収まってきたが、それでもよく船が壊れないなー、と思うくらいの大きな波が船体にぶち当たる、、
   
9時過ぎに目が覚め、時化もだいぶおさまったし久し振りにブリッジに行って肩を振って来た(肩を振るとは船乗り言葉でお茶飲みをすると言うような意味だな)。当直のサードオフィサー(3等航海士)は商船大出身のバリバリだ、クオーターマスター(操舵手)のIさんは能登の出身、ベテランだ。
アメリカで仕入れたコーヒーを入れてくれた、御茶菓子もどうぞ! これもアメリカで仕入れた ”キスチョコ”コーヒーにチョコはちょっとおかしな組み合わせだが、このチョコが又美味いんだわ!、、、何とも言えない味、
サンキストオレンジも沢山仕入れたようで、食後のデザートは連日、サンキストオレンジ、ですよ、毎日はねー! 私もお土産に2箱仕入れた。
それにしても、当たり前の事だが昔は若かったねー、写真。。。。↑

        ポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ
                                     こっちも頼むよ↓
固定リンク : トラックバック(0)
290おすすめ

2009-05-18

[古い航海日誌  清峰丸] 大時化の続く北太平洋、

北米ワシントン州のタコマを出港以来連日の大時化だ、、外は猛吹雪だよ、
積み荷の為ローリング(横揺れ)の周期はすごくゆっくり、その為比較的、楽なんだが、横に傾いたままなかなか戻ってこない、、、このまま傾いたまま傾いた方に大波でもくらえば転覆だってある、、恐怖感をおぼえる、、
日中積み荷の材木が荷崩れを起こさないようにラッシングのチェックだ、この間船が揺れないようにコースを変えての作業、積み荷の材木の上は凍っている、危険がいっぱいだわ!、、、、   (^へ^)
それにしてもモールスの気象通報を聞いていると往航時、本船が日付変更線あたりを航行の頃、本船を追い抜いて行った大手、船会社のニューヨーク航路の最新鋭コンテナ船、ニューヨークへ行って荷物を積み降ろししてパナマ運河を通り日本に向かっている、もうあと1-2日で本船を又追い抜いていくよ、、本船より大分、南を航行しているのでこれ程時化てはいないと思うが、早いのにはたまげたね!! 最も本船の倍近くのスピードで走る、荷役も早い、、あんな船に乗ってみたいね!

昼食を食べていると、隣のテーブルで昼食中のキャプテンがサロン士官と話している。あまりにも強烈な時化続きの為キャプテンが、思い切ってベーリング海に出てみますか!あそこは運が良ければベタ凪の時が有るんですわ、、、、、、、、、
それじゃ運が良くなければどうなるんだい! と言いたいんだが、そんな事は言えないしね、、次席さん、午後、本社に連絡をいれてくれ、、どうやら想定外のコースで、保険などの関係で許可を取るようだ、、、そして本船は想定外のコースでベーリング海に抜けた、、、うそー!  
今までの時化が嘘のようだ、、ベタ凪、、、この辺は低気圧の墓場、低気圧だらけで運が良ければ気圧差がなく、風が吹かない、、納得、、納得、、
アリューシャン列島の真っ白に雪をいただいた山々が奇麗だ、、ラッキー!
こんな事でもなければ、漁船に乗らない限り、ベーリング海を通る事はまずない。

  いつも応援有難うございます、
  今日もポチっとサンキュウですにほんブログ村 シニア日記ブログへ    こちらもポチっと頼むわ↓
固定リンク : トラックバック(0)
264おすすめ

2009-05-09

[古い航海日誌  清峰丸] 荷役終了、タコマ出港、、

北米ワシントン州タコマでの材木の積み込みが終わった。
デッキ上にも材木が満載だ、時化で材木が崩れないようにしっかりとチェーン、ワイヤーでラッシングする(写真)。洋上で時化の中、荷崩れを起こすとなかなか修復ができず、船の重心が積み荷の為高くなっているので、最悪、転覆もある、、昔はよく3000トンクラスの南洋航路のラワン材を積んだ材木船が時化の為、荷崩れを起こし転覆した話をよく聞く。。クワバラクワバラ
往航は あわやアリューシャン列島に緊急入港か! そして異国で先輩との再会、といろいろあったが復航ははたして、、、穏やかに頼むぜ!、、、材木を満載で船の重心が高くなり揺れは非常にゆっくりした周期になる為比較的楽だ、、しかしその分危険もいっぱい、、、、
次航になれば冬の気圧配置もゆるみだいぶ楽になるだろう、、、

      今日もポチっとにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
250おすすめ

2009-04-28

[古い航海日誌  清峰丸] 異国での再会、、

タコマ停泊中、退屈して港の近くを散策していると本船が停泊している岩壁の後ろに1万トンクラスの貨物船がタグボートに押されて接岸中だ。  (写真左の船、まん中は本船)
おやっ!ファンネルマーク(煙突のマーク)が以前少しいた事がある会社のマークだ、懐かしいなーなに丸かなー、、、、、後で遊びにでも行ってくるかな、でも退職した会社だしなー、 やめておくか、、、、岩壁へ戻り船名を見ると 昭0丸、、なーんだ、00海運の社船ではないわ、チャーター船だ、、、部屋に戻りソファーにひっくり返り週刊誌を読んでいると、ドアーをノックしてボーイさんが入って来た、次席さん、お客さんですよ!お客さん、誰だろう、こんなアメリカまで来て、俺も国際人だなー、、奇麗な女性かね?  残念でした、男です、後ろに停泊している昭0丸の通信長だそうです、 えー! 誰だろう、、、
下に降りてみると、やー、H先輩、お元気そうで! おー、お前も元気だったか? 前に停泊しているのが清峰丸なんで誰か乗っているかなー、と思って入港手続きが終わったんで来てみたよ。。3年ぶり位かな、、、以前二人で恩師の実験の助手でフィリピン航路の材木船、日永丸に乗船してミンダナオ島ダバオ近くに行った時以来だ、時化の中二人でコンパスデッキにのぼり気象衛星(当時はアメリカのESSA)を受信する為アンテナを回した、、ひと時二人で懐かしい話に花が咲いた、、、、、夕方から二人でタコマの街に出た。ここタコマはかなり大きな町だ、大きな銀行の前で記念撮影(この写真、映りが悪いね)そして二人で1軒のバーに入ってみた、ちょうど日本人の女性、(40代くらいかな、)が働いていた、、アメリカの軍人さんと結婚してアメリカに来たようだが、今は離婚して子どもと2人暮らしだそうだ、日本には帰らないんですか? と尋ねると、日本に帰っても別に帰るところもないしね! 何か複雑なようだ、、人生いろいろだね、、H先輩と二人で再会を祝してビール(バドワイザー)で 乾杯!! 

 今日もお立ちより頂いたおついでにポチっとね⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ


   
固定リンク : トラックバック(2)
246おすすめ

2009-04-21

[古い航海日誌  清峰丸] ワシントン州、タコマ入港

時化と私のアクシデントでちょっと遠回りして1日遅れで北米ワシントン州のタコマに入港した。アメリカは入港手続きはいたって簡単だ、20分くらいで終了。約5日間くらい停泊予定だ。ここタコマは2回目、遠くにレーニア山、通称タコマ富士と呼ばれる山が雪をいただき奇麗だ。緯度が高い割に(樺太位かな)海流の関係で暖かい、
ここは岸壁などからの釣りは禁止だ、しかし夜こっそりと船のデッキで岸壁とは反対側で釣る、結構大物が釣れるんだわ、、、、タコマは結構大きな町だ、停泊中一度町に出かけようと思っている。
(写真上はタコマ港停泊中の本船、右、荷役中の本船)

  ポチっと押して頂けると有難いです⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
254おすすめ

2009-04-13

[古い航海日誌  清峰丸] ワシントン州、タコマ入港前

入港2日くらい前になり本船も大分南下してきた、時化も大分おさまり快適とはいかないが少しローリング(横揺れ)がする程度。前方にカナダのバンクーバー島、そしてアメリカ大陸が見えてきた。間のファンデフカ海峡を通り湾を進む、途中シアトルの沖を通る、ふと横浜港に係留されている、氷川丸を思い出した。日本と北米シアトル航路の定期貨客船だ、、、、、、真冬の時化の中を、そして春先のガスのかかった中を、色々な思い出とともに沢山の人々を運んだに違いない。
さらに本船は奥に進む、そしてタコマ港に入港予定。

   ポチっとクリックお願いします⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
223おすすめ

2009-04-04

[古い航海日誌  清峰丸] 時化の続く北太平洋、、

アリューシャン列島のダッチハーバーに置いて行かれるところだったが、お陰様で身体は回復した。終わってみれば、あの時の寒気と震え、呼吸の苦しさ、あれは何だったんだ! と言う感じだが一瞬 俺はこの時化の北太平洋の船の上であの世に行くのかなー、、、、、、と思ったくらいだ。
しかし連日のこの時化、どうなってんの? 10メーターもある波と船首がぶつかる、その度にギシギシきしみ振動する、体の内臓がおかしくなりそうだなー、、、船のローリング(横揺れ)もすごい、ポールド(窓)を覗くと外は吹雪だ、おそらく氷点下、、、よく歌の文句にもあるが、、しぶきも氷っている、、、
しか―しだ、、 この揺れの中麻雀をやっている4人がいる。
麻雀テーブルに濡れた白い布を敷いて麻雀のパイが滑らないようにして、 目の前の自分の立てたパイを手で押さえて、揺れが来ると、、  おっとっと、、、、、、、、、 おぬしもよーやるよのー!!!  
どんなに船が揺れても、船酔いでもワッチ(当直)を休むわけにはいかない。陸上では二日酔いでちょっと休むかな、休暇を取るかな、、となるが、船ではそーはいかない、、、初めの頃は船酔いにずいぶんと苦しんだ、、これが又苦しいんだわ、 酒の二日酔いとは比べ物にならない、

しかし、昔はずいぶんと若かったねー! 当り前か。。。。   (●^0^●) 

  今日もポチっと頼むは⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
262おすすめ

2009-03-26

[古い航海日誌  清峰丸] 緊急入港? 元気になりました。

とにかく体じゅうが寒気をもよおしガタガタ震える、呼吸も荒くなる、これや他人が見ればびっくりするでしょうね!医療通信は、遭難、緊急、に次いで優先される通信だ、患者(わ、た、し)の血圧、脈拍、病状など詳しく連絡する。30分くらいで東京の医療センターより薬、処理法、などの細かい指示がきた。そしてもう暫く様子を見ることになった。
とうとう夜のワッチ(当直)は上司の通信長に代わってもらう事になった。
今までの船員生活で当直をさぼったのは勿論初めての事。深夜になると僅かではあるが楽になって来たような気がする。
夜中、当直のクオーターマスター(操舵手)が30分おきに部屋に様子を
見に来てくれたようだ。次席さん、腹へりませんか?何かおにぎりでも作ってきましょうか? いや、有難う、今はいらないわ! 何かあったらブリッジに電話して下さいね、、、、、、  普段は色気も飾りッ気もない海の男、ベッドに横たわる自分に情けないやら、有難いやらで、涙が出てきたのを覚えている。  (●^0^●;)     体が楽になったせいか知らぬ間に寝てしまったようだ。
朝9時過ぎにふと目が覚めた。 おっ、俺生きているな!!、、、、、、、、、、
体も随分と楽になった、寒気も収まったようだ。 すぐに着替えて無線室へ、通信長が午後の当直、私が変わるのでもう少し休んでいいよ、、 いや、大丈夫です、色々とご迷惑をかけました、、 そーか、無理すんなよ、、    (^も^;)
ブリッヂに行くとちょうどキャプテンもおられた。
いやー、昨夜は心配したぞ、ダッジハーバーに置いて行かれるとこだったなー、サードオフィサー、コースを戻してタコマに向けてくれ! 緊急入港に備えコースを少し北寄りに変えていたようだ。アメリカのコーストガード(沿岸警備隊)の船がVHFで呼んできた、どうやら本船に向かっていたようだ、あまり英語が得意でないと思ったのか、今度は流暢な日本語で話してきた、患者も回復に向かい、これより仕向け地のタコマに向う旨話すと、最後に貴船のご安航海を祈る、ときた。 こちらからも 貴船のご協力、ご親切に感謝する、Bon Voyage!!  同じ海の男の友情に嬉しく涙が出た。。東京の医療センターにも回復の旨連絡、、、いやー、今回は乗組員はじめ関係者に迷惑をかけた、アメリカにまで迷惑をかけたなー、、、どうやら今回の騒ぎの原因は私個人の想像だが風邪で貰って飲んだ薬が原因ではないかなー!!

    今日もすいません
   ポチっと押して行ってくれませんか⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
固定リンク : トラックバック(0)
220おすすめ

2009-03-25

[古い航海日誌  清峰丸] 緊急入港? えらい事になりました。

下関を出港してまもなく、サロンボーイが風邪をひき、(どうやら内地で風邪を貰って来たようだ)マスクをして食事の給仕をしていた。それから2-3日、船内の半分くらいの乗組員が風邪をひいた、ひいたと言うよりも、うつされたって事だな。いつも空気の奇麗な海の上での生活、風邪に対する免疫力が無い、、たちまち大流行だ。船内の常備用の風邪薬が底をつきそうだと衛生管理者のセコンドオフィサー(2等航海士)が慌てている。
私も出港以来どうも軽い船酔いとやっぱり風邪か?体調がいまいちだ、、
私もとうとう衛生管理者に風邪薬を(バッファリン)貰って飲む事にした。
  しかーしだ、、、、、        (●^0^●;)
昼食時同席のセコンドオフィサー(衛生管理者)から風邪薬を貰い食後これを飲み当直にたった。
当直中も体調が悪くソファーでぐったりの姿勢で当直を続けた。しかしどうも段々と体にだるさを感じ、しかも寒くなってきた。部屋に戻りセーターを一枚着こんでみたが一向に改善しない、むしろ段々と酷くなってきた、なんだよ、これはー! ブリッジに行き当直中のセコンドオフィサーにその旨を伝えた、彼も医者じゃあるまいしどうする事も出来ない、、数か月講習を受けて資格を取っただけだ、、当直を終わる頃には体に震えがきはじめた、当直後夕食を食べないで、食べないでと言うよりも食べられない、、、、、
部屋のベッドでぐったり、体の震えが益々ひどくなり今度は多少呼吸もしにくくなった。 俺こんな処で死ぬのか! 一瞬頭をよぎる、、、、
副衛生管理者のサードオフィサー(3等航海士)、キャプテン、通信長も部屋に来た、よし、医療通信、東京の医療センターに連絡してくれ、 局長、最悪の時はダッチハーバーに緊急入港しよう、サードオフィサー、チャート(海図)の準備をして、局長、念のためアメリカの沿岸警備隊(コーストガード)と連絡が取れるようにしておいて、、、、キャプテンから次々に指示が出る。。。 ダッチハーバーとはアリューシャン列島のウナラスカ島にある港町、軍港だ、、 俺、そんな北極海に面したアリューシャン列島の小さな島に置いて行かれるのかよー、、、えらい事になりそーだなー!

  いつも応援有難うございます
 今日もポチっとクリック、サンキュウデスにほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
固定リンク : トラックバック(0)
283おすすめ

2009-03-17

[古い航海日誌  清峰丸] 大時化の北太平洋、

房総半島沖よりどんどん北上する、千島列島の南、そしてカムチャッカ半島の遥か南、北緯50度近く、さすが低気圧の墓場と言われるだけあって大時化だ、今までに経験したことが無い、すごい波、10メーターはあるだろう(写真下)、ローリング(横揺れ)も20度前後揺れる、大型船で20度の揺れと言うと強烈だ、揺れる方向によっては階段が平らになる感じ、逆方向の時は階段から投げ出される、とにかく何かにつかまっていないと立っていることは出来ない、寝る時もベッドから落ちる事を考えベッドの下にある引出しのタンスを2段少し引き出、落ちても直接床まで落ちない様に工夫した。
寝る時も仰向けに寝れそうにないのでうつ伏せに、しかもベッドの角から角へ、対角線状に斜めに、手と足をなるべく開いて、カエルがつぶれたような格好だ、とても熟睡なんてできる状態ではないな、、、、、、
朝9時過ぎにベッドから起きてブリッジ(船橋)に行ってみる、、ちょうどサードオフィサー(3等航海士)の当直だ、船首方向を見ると巨大な高波が押し寄せてくる、船首が波で高く持ち上がる、すると今度は一気に波の谷間に突っ込む、ドドドー、、ギシギシ、、船体がきしむ音、波が船体に襲いかぶる(写真)船が壊れるんじゃないかい?、、、、 恐怖心が襲う、、、、えー、くそー!、、クオーターマスターがコーヒーを淹れてくれた、、片手にコーヒーカップを持ち、足を少し開いて揺れに対してバランスを取る、これ結構難しいし疲れるんですよ、、、、
今日の昼食はやっぱり、おにぎりだそうだ、、ギャレイ(厨房)では危険で食事が作れない、昼、サロン食堂に行くとテーブルに濡れた布を敷き、トレイにたくさんのおにぎりが置いてある、あとはお新香だけ、、寂しいー!
午後の当直、椅子はチェーンで固定したがとても不自然で椅子になんか座っておれない、無線室のソファーになるべく楽な格好で座る、仕事も最小限にとどめる、、夕食はさすがに2食ともおにぎりと言う訳にもいかずか、比較的簡単なおかずになった、そして食事の時間は船のコースを少し変えて揺れを少なくして食事、、、、、さすがに食事後の今日は麻雀卓が1卓も動いていない、、あと一週間はこのような状態は覚悟しないといけないね、、、
夜の当直後今日はシャワーも止め、一杯も止め、直ぐベッドに入り、眠くなるまで週刊誌に読みふける、、、上記の写真は本船の写真ではありません、この程度の波はよくある事、実際はもっと大きな波、うねりがある、、

  いつも有難うございます
   ポチっと押してって下さい⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
固定リンク : トラックバック(0)
275おすすめ

2009-03-10

[古い航海日誌  清峰丸] 日本とも一ヶ月のお別れ、時化の北太平洋へ、、

下関を出港して豊後水道、四国沖、潮岬沖を通り房総半島の野島崎へコースをとる。伊豆半島の石廊崎を過ぎると東京湾への出入りの船で結構海の上も賑わう、海上は少しのウネリ、白波が立っている。3ヶ月も休むとすっかり体から塩気が抜けてしまう。あまり船酔いには強くないほうだ、横揺れ(ローリング)は大した事は無いが、立て揺れ(ピッチング)、結構堪えるね、
3-4日もすれば慣れると思うが暫くは食欲が進まない。
左舷に房総半島、野島崎の灯台が見える。日本の島影を見るのもここが最後、ここから大圏コース(写真右)で東に進まないで、北東へ、北海道沖、千島列島の南、日付け変更線を通過しアリューシャン列島の直ぐ南、アラスカ沖より少しずつ南下しアメリカ、ワシントン州のタコマに向かう。約4,069マイル、約7,536キロの船旅?だ。13ノットくらいの本船、12-14日くらいかかるか、何しろ低気圧の墓場と言われる冬の北太平洋航路だ、時化次第だね、、、時には南に向いて走る事もある、一番悪い時期に、一番乗りたくない船に乗船した、春から秋までなら歓迎だがね、、、  さー、覚悟をきめて2航海頑張るじょー!!

  いつも応援有難うございます
ご覧頂いたついでにポンとクリック⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
 
固定リンク : トラックバック(0)
240おすすめ

2009-03-03

[古い航海日誌  清峰丸] 北米航路、材木専用船、清峰丸乗船

秋に日正丸を休暇下船し久し振りに実家で正月を迎えた。約3ヶ月ちょっと休み1月19日、山口県下関で北米航路の材木専用船清峰丸/JENU(10,183 トン)に乗船した。本船は当社に入社して初めて乗ったのが本船で、2回目になる、ただこの時は1航海だけ、正直この船はあまり好まない、何故かと言うと とにかく良く揺れる船なんだわ、、あまり船酔いには強く無い方だ。ましてこの航路は(北太平洋航路)冬は時化で苦労する、そして春先からは北海道東方よりガスがかかる海域を通る、、、、、上司のF通信長は初めてなんだが、他の乗組員からは温厚ないい人だ、と言う噂は良く聞いている、せめてもの慰めだ。

下関港停泊中、以前佐賀関丸でお世話になったW通信長が下関にお住まいで丁度休暇で下船中、電話をしてお会いし奥様と一緒に関門海峡に面したレストランで食事をご馳走になった。さすが海鮮料理は美味しいの一言、、、
停泊中下関市近郊の名所を幾つか訪れた。今回は本船には2航海乗船予定、4月中旬には下船予定、何故かって? ヒ ミ ツ! 5日ほど停泊してアメリカ、ワシントン州のタコマ向け出港した。(写真右は材木を荷役中の本船)

  いつも応援有難うございます
 今日もポチッとクリックサンキュウ⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

固定リンク : トラックバック(6)
329おすすめ

TOOLS




現在の閲覧者数:



ブログランキングに参加中
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03864591

QRコード