2014-08-18

[乗船実習 新勝丸] 5か月ぶりの帰省

ブルートレイン富士で翌朝、東京駅に到着し、そのまま学校に向かい下船の報告をして乗船実習が終了した。同じ会社で実習中の同僚のY君は下船前の社船連絡でインドを出港しマラッカ海峡を日本に向け航行中なので帰るのは10日後くらいだろう。久し振りに下宿に戻ったが、下宿の小母さんに小倉で買ったお土産を渡し、今日は下宿で過ごして明日、5か月ぶりに田舎へ帰る予定だが、春休みに同じ下宿の同僚のY君の故郷の和歌山県の串本へ遊びに行きお世話になった。夏は私の田舎に来ることになっているが、私は一足先に帰る事とし、翌日上野駅から急行白山で5か月ぶりに田舎に帰った。田舎を出て6年になるが田舎はちっとも変っていない、久し振りにのんびりとした生活だ、そして実習を終わった同僚のY君が汽車でやってきた。串本の出身のY君、俺のとこは周りは海ばかりだが、お前んとこは田んぼばかりだな、、、旨いご飯と新鮮な野菜だけは自慢できる、Y君、旨い旨いと言って食べていた。3日間私の家に滞在し映画に行ったり金谷山に行ったり、それなりに楽しかったな、帰りは二人で一緒に東京へ戻った。下宿に帰ると三重県出身で東京の高校に通うK君も田舎から帰ってきて、下宿は3人そろい又賑やかになった、、。(写真は下宿の玄関でY君と)
Parmalink : Trackback(0)
188おすすめ

2014-08-09

[乗船実習 新勝丸] 戸畑入港、乗船実習おわる

東シナ海を航行中の本船の前方に九州の島影が見えてきた、 懐かしいねー! 五島列島の島々を眺めながら玄界灘、そして北九州の工業地帯の煙突などが見えるようになってきた、だんだんと工場の建物が大きくなり、タグボートに押されて静かに八幡製鉄(現新日鐵住金)戸畑工場の専用岸壁に着岸した。すぐに検疫官、代理店が乗船してきた、パーサー(事務長)が作成した書類関係を提出し検疫が終了し、続いて税関が二人乗船して入港手続き、乗組員の陸揚げ携帯品の通関作業があり、すべてが無事終了した。
入港手続きが終わると本社、メーカー、工場の荷役関係者、家族などがぞくぞくと乗船してきて、船内はまるで戦場のような忙しさだ。


 
本船での最後の食事を済ませて部屋で下船準備をしているとパーサーが船員手帳、イエローカード(検疫証)、下船旅費を持って部屋に来られた、アップさん、1航海になったけどご苦労さん、下船旅費と給料と言うか乗船手当だ、、、、、、旅費は今のグリーン料金が支給された、半人前にもならない実習生だが船内ではいちおう士官扱いだ、無料で実習をさせて頂き、おまけに手当まで頂いた、なにがなんでも頑張って国家試験に合格し船に戻ってくるぞ、、、  心に誓ったネ、、、 メスルーム士官には昼食時に下船の挨拶はしてある、通信長に挨拶に行くと、おとなしい紳士な通信長、頑張って試験に合格して又船に戻って来なさい、、最後にキャプテン(船長)に挨拶し下船準備が終わった。タラップへ行くと当直のクオーターマスターが立っていた、制服制帽(写真)で敬礼し、いろいろお世話になりました! びっくりしたクオーターマスターが敬礼して、 アップさん、頑張ってネ、、 みんな気持ちの良い乗組員だった、タラップを下りて岸壁からしみじみ本船を眺めた、8月8日お世話になった 新勝丸を後にした。
せっかくだ、小倉城を見学し大分発、東京行きの寝台特急「富士」(ブルートレイン)に乗車し私の乗船実習は終わった、、、
Parmalink : Trackback(0)
158おすすめ

2014-08-02

[乗船実習 新勝丸] 東シナ海航行中、送別会

台湾とフィリピンの間のバシー海峡を通過した本船は先島諸島から東シナ海に入った。昼食時にメスルームのテーブルマスターのセコンドオフィサー(2等航海士)から、夕食時に気持ちだけだがアップさんの送別会をしよう、、と話があった、送別会と言っても、船は航海中は当直が有り日曜もなにもない、午後の当直が終わりメスルーム食堂に行くと、テーブルにはビールが並べられていた。夕食のご馳走とは別に、刺身の盛り合わせ、乾き物の盛り合わせが、これは司厨長から特別に、ということだ、、テーブルは2等航海士、3等航海士、2等機関士、3等機関士、次席通信士、アップさん(私)の6人で賑やかなもんだ、航海士と機関士は東京商船大学(現海洋大学)と国立の広島商船高校、鳥羽商船高校出身、次席さんは国立電波高校専攻科出身でみんなエリートだ。セコンドオフィサーが、アップさんは卒業したら、うちの会社に入社するのかね! 内心は他の会社に就職したいんだが、嫌ですとも言えないし、はい、できれば採用して頂きたいです、、、当社には二人の先輩がいるんだが、サロン食堂のボーイさんが、キャプテンから皆で飲んでくれ、とのことです、とビール2本の差し入れを持ってきた、よし、俺も頑張って国家試験に合格して船に戻ってくるぞ、、、闘士が湧いてきたネ、、
Parmalink : Trackback(0)
192おすすめ

2014-07-26

[乗船実習 新勝丸] 積地変更、下船決まる

マレーシアのズングンを出港して2日目、午後の当直中に本社より1通の電報がきた。 ジコウツミチ、ゴアニヘンコウ、ジッシュウセイ○○○トバタニテゲセン(次航積地ゴアに変更、実習生○○○戸畑にて下船)、もう一航海、マレーシアに行く予定が次航はインドのゴアに積地が変更になったわけだ、、次席さんが、おい、アップさん、戸畑で下船だぞ! 次航インドへ行くと日本に帰るのは9月の中旬ころになってしまう、後期の授業が始まっている、私は次航も乗船したいんですが、本社に話してもらえませんか、、会社より学校に話した方が良いだろう、、と言う事で、研究室あてに電報を打つことにした、 ゲセンメイレイキタ、モウ一コウカイゼウセンデキヌカ、ヘンタム」○○○(下船命令きた、もう1航海乗船できないか、返事待つ)と銚子無線局/JCS経由で研究室あてに打電した。すると次の銚子無線局の一括呼び出しで本船が呼ばれた、さっそく銚子無線局とQSO(交信)すると案の定、私宛の電報だ、ミ」トバタニテゲセンセヨ」○○○ケンキュウシツ、 (見た、戸畑にて下船せよ)と言う内容だ、全く、愛想も色気も無い電文だな、、と言う事で下船が決まった。仲間は北米航路、ニュージーランド、インド、ペルシャ湾、ニューカレドニア、オーストラリア、、など、私が一番短い航海となった、これじゃー肩身が狭いなー、、
Parmalink : Trackback(0)
157おすすめ

2014-07-17

[乗船実習 新勝丸] マレーシア、 ズングン発戸畑行き

沖待ちを含めて6日間マレーシア東側のズングンという小さな町に停泊したが、鉄鉱石約2万トンの積み込みが終わり、福岡県の八幡製鉄所戸畑工場(現新日鉄住金)へ向け出港した。佐渡航路の小さな船と青函連絡船しか船に乗ったことはない、もちろん外国航路の大型船は初めての経験、海外も日本以外は初めての経験だ。30分もするとマレーシアの島影は見えなくなり、どっちを見ても海、海、海、1週間の航海が始まった。甲板部は総出で荷役で汚れたデッキを海水で洗い流している.。同僚のY君は同じ会社で実習中だが、社船連絡によると今インドのマドラスに停泊中だ、実習が終わったら私の田舎に一緒に遊びに行く予定になっているんだがネ、、、
Parmalink : Trackback(0)
167おすすめ

2014-07-10

[乗船実習 新勝丸] マレーシア、ズングン停泊中

荷役が始まってからは午前中は無線室で無線設備のマニュアルを読んだり宿題のレポートを書いたりして過ごす。午後からはすっかりあじをしめて連日上陸だ、免税のタバコを2~3箱を持って上陸する、バンスした外貨はみんな使っちゃったネ、、1軒の小さな土産物店らしき店に入ると椰子の実で作った猿の置物が目にとまった、こっけいな格好をした猿の置物で、ほしいんだがお金が無い、店の主人らしい男がさかんに勧めるが、お金が無い!と言っても信用しない、そのうちに、お金が無いのなら私が着ているポロシャツで良い、と言い出した、結局その場でシャツを脱いで交換で置物を買ってきた。艀で本船に近づくと船体がだいぶ沈んできた、明日か明後日には荷役が終わるだろう。次航も積地はマレーシアの予定で2航海の乗船実習の予定だ、次航はもう少しバンスしないと足りないネ、、、
Parmalink : Trackback(0)
172おすすめ

2014-07-01

[乗船実習 新勝丸] 荷役が始まる


 
5日間ほど沖待ちをしたがようやく本船の荷役の順番が回ってきた。荷役と言っても着岸するわけではない、少しだけ陸地の方に移動して又アンカー(錨)を降ろした(写真)。たくさんの現地のステベ(人夫)が本船に乗船してきた。船倉のハッチハッチが開けられ直に荷役が始まった。鉄鉱石を積んだ艀(はしけ)を曳き船が本船の横まで曳いてきて、本船のウインチで船倉に積み込むわけだ。蒸気ウインチのワイヤーが音をたてて巻かれたり緩めたりウインチマンが操作するんだが、広くて大きな船倉に投げ込まれるが気が遠くなる感じだ、10トンダンプ2,500台分くらい積み込むわけだ。
次席さんが、アップさん、午後から上陸してこいよ、、と言うが、どうやって上陸したらいいんですか?と尋ねると、艀の船長にタバコでも一箱やれば喜んで乗せてくれるよ、と言う事で、言われた通り艀の船長に頼むと喜んでOKときた、、、。陸に上がりあてもなく歩いていると小さな子供が私の周りに集まってくる、私から何かをもらおうと思っているに違いないなにも持っていない!と言うと、タバコをくれ、、と言うではないか、パパさんにやるんだと言うので、封をきって2~3本吸ったタバコをあげると、ここで待っていろ!と言って走り去ったが、暫くしてバナナがどっさりと付いた枝を担いできた、私にくれると言うが、せっかくだ、頂いたが、お陰で毎日バナナ三昧でしたネ、、、。

 
Parmalink : Trackback(0)
174おすすめ

2014-06-20

[乗船実習 新勝丸] 初めての外国

マレーシアの南シナ海に面したヂュングンの沖にアンカーを下し発光信号で打ち合わせの通り翌日、通船で上陸した。生まれて初めて外国の地を踏んだわけだ。○○川丸の乗組員は既に近くの広場で野球の準備をして待っていた。船の乗組員はみな運動不足だ、野球の試合と言っても遊びだ、打てばエラー、投げれば暴投、走れば、すってんころりん、野球をやっていると現地の子供や大人がつぎつぎと集まってきた。2日目は久しぶりの野球ですっかり楽しむことが出来た。翌日になり○○川丸に鉄鉱石の積み込みが始まった、3~4日くらいかかるようだから本船はその後だ、それまでこの場所でアンカーを下して沖待ちとなる。
 
   
 
翌日、私と通信長、セコンドオフィサー、セコンドエンジニアーの4人で又通船で上陸したが私は出港するまで4回ほど上陸した。2~30分も歩けば町の外れに行ってしまうほどの小さな町だ、いたるところに椰子や南国特有の木が生い茂り、外国だなー!と感じる。そして海岸では綺麗な砂浜が続いている(写真右)、日本では見ることが出来ない古い車が走っている、しかし信号機なんてのは見当たらない。今日はお土産に椰子の実を買ってみた、、冷やして飲むと美味しい、と現地の人に勧められたんだが、あと現地の人がよく頭に被っていた笠を買ってみた(写真上)手に持っているのが椰子の実だが解るかな?
 
Parmalink : Trackback(0)
158おすすめ

2014-06-09

[乗船実習 新勝丸] マレーシア デュングン着

朝あまりにもの静けさで目が覚めると本船のエンジンが止まっている、エンジンの振動の中で生活しているとエンジンが止まると逆に静かで目が覚める。ポールド(窓)のカーテンを開けてみると遠くの陸地に椰子の木ようなものがたくさん見える、おー、これがマレーシアか、生まれて初めて見る外国の地だ、、、本船はマレーシアのクアラ・デュングンの沖合にアンカーを下している(写真)。朝食を食べにメスルーム食堂に行くとセコンドオフィサーが今朝4時過ぎに沖に着いたとの事。すでに大手海運会社のグループ会社の○○川丸が先客で沖待ちしているので本船は暫く沖待ちとなるそうだ。パーサー(事務長)が来られて、アップさん、外貨はどうするね?それじゃ5万円ほどお願いします!そんなにたくさん使うところが無いとの事だ、余っても日本円に交換できないと言うので、とりあえず5,000円をマレーシア$に交換することにした。
夕方レクリェーションルームで乗組員が麻雀をしているのを見ていると当直のクオーターマスターがやって来て、おいアップさん、○○川丸が何やら本船にパカパカ発光信号を打ってきているぞ!と言う、麻雀をやっている次席さん、アップさん、ちょっと見てこいや、、、えー、私がですか! いま大きなのをテンパっているから手が離せないんよ、、参ったなー!クオーターマスター(操舵手)と一緒にブリッジに行くとすでに発光信号機(写真右)を準備してあるではないか。実習生とはいえ、解りません、と言いうのも面白くない、いちかばちか、、・-・-・- コチラハ○○マル K と打つと、○○川丸からも ・-・-・- 、、、、、、、、どうやら明日、野球の試合をしませんか?と言ってきているようだ、レクリェーションルームへ行くと、チョフサー(1等航海士)と次席さん、アップさん、○○川丸にOKだ、と言ってくれ!と言う。どうやらポールド(窓)から本船との発光信号を見ていたようだ。ブリッジに登り、コチラ○○マル、ヤキュウノケン、リョウカイ、ヨロタム(ヨロシクタノム)  すると○○川丸から、リョウカイ、アス九ジデヨロタム、ときた。クオーターマスターが、アップさん、大したもんだね、もうずっと本船に乗ってろよ!明日の野球が楽しみだなー、、、
Parmalink : Trackback(0)
160おすすめ

2014-06-03

[乗船実習 新勝丸] 南シナ海ど真ん中

バシー海峡を通過し本船は南シナ海に入った。時々空が真っ黒になりスコールが降るが、あとは晴天だ、たまに水平線に大型船が見える以外は海、海、海、、午前中の当直が終わり昼食を食べて又午後の当直に入る、さいきん株で儲けたせいか機嫌の良い次席さん、アップさん、ブリッジにでも行って肩を振ってこい!という。さっそくブリッジに上がるとセコンドオフィサー(2等航海士)は双眼鏡を覗いている、黒く日に焼けた顔にサングラスをかけて、なかなかかっこいい、クオーターマスター(操舵手)はウイングに出てペンキ塗りをしている。セコンドオフィサーは商船大の出身ですか? と尋ねると、いや、俺は頭が悪いから水産大学だよ!とご謙そん、、参ったね私は外国はこれから行くマレーシアが初めてなんですがズングンと言うところは面白いとこですか?と尋ねると、なにも無い小さな町だからあまり期待しないほうが良いよ!と、こうだ、、セコンドオフィサー天測を教えてくれませんか!と頼むと快く教えてくれると言う、六分儀を使って言われた通りにやるが結構むずかしい、クオーターマスターも来てお茶タイムとなった。セコンドオフィサーは仙台出身、クオーターマスターは福井県の東尋坊の近くの出身と言う、みんないい人だ、、、
Parmalink : Trackback(0)
165おすすめ

2014-05-23

[乗船実習 新勝丸] バシー海峡通過、快適な航海

船酔いは病気じゃない、船が揺れなくなったら 今までのあの苦しみは何だ、、って感じだ。梅雨前線を通過して梅雨が空けている沖縄南西諸島の海域に来ると真夏の太陽が照りつけ真っ青な海に本船の白い航跡がついている。午前中のワッチ(当直)が終わり昼食、食堂の白い布が敷かれたテーブルにはご馳走がいっぱい並んでいる。今日は洋食の日だ、スープからでてきました、そして分厚い牛肉のステーキ、こんなのは生まれて初めてだね、あまり慣れないフォークとナイフで切るがなかなか難しいね、そして最後はコーヒーとデザートのメロンが出た、一昨日までは船酔いで食事も喉を通らなかったが今日はどうだ、、お代わりをしたいくらい、美味しいねー!

昼食を食べて船の艫のデッキに出て一息入れる(写真)海はいいねー、!この海域から数時間も走れば台湾の高雄だろう、。午後からは次席さんと一緒に当直に入る、次席さん、時々頭にヘッドフォンを付けて何かを聞いている、高校野球は未だ始まっていないし、何を聞いているんだろう? 暫くすると、ニコニコしながら手を叩いて ヨシッ! と言って部屋からでていった。すかさずボリュームを下げて聞いてみると、 松下電器○○○円30円高、、、、、、株式市況だ、これで解った。ニコニコしながら無線室に戻ってくると電報送信紙に何やら書いて、よし、アップさん電報打ってみるかね! えッ、免許が無くてもいいんですか? 俺が見てるからいいよ、みると短い電文で ○○○○二センカブウリ、 ははー、株をやっているんだわ、、これで全て解った。何メガで呼びますか? 自分で考えてやってみろ! 12Mhzで長崎無線局/JOSをコールすると一発で応答があった。QSW(周波数を変えて)してコールすると、早いスピードでなにやらモールス符号が聞こえるが何が何だかさっぱり解らない、QTC 1 と打て!電鍵を持つ手に汗が、何回も間違い、しどろもどろで短い電報を打ち終わると、 QSL 1 と長崎無線局より応答がありどうやら無事に送信し終わったようだ、、学校の机の上でやるのとえらい違いだ、今日の次席さん、終始ニコニコして、おまけにコーヒーまで入れてくれた、、、

Parmalink : Trackback(0)
167おすすめ

2014-05-14

[乗船実習 新勝丸] 初めての船酔い

出港して二日目、目覚ましが鳴る前に目が覚めた、なんだか気分が冴えないなー!ベーシンで洗面をして鏡を覗くと横の水差しの中の水が揺れている、あー、船が揺れているじゃないか、、、船酔いだなー!着替えてメスルーム食堂に行くがまったく食欲がない、船酔いなんて恰好が悪いし何とか朝食を食べないと、隣のサードオフィサー(3等航海士)に、ちょっと揺れてますね!と言うと、えっ、揺れてますかー、梅雨前線の影響で天気は良くないが明日には良い天気になりますよ!との事だ。なんとか我慢して朝食を急いですませて汚い話だがトイレに駆け込んだ。船らしい船といえば青函連絡船いらいだ、先が思いやられるなー!通信長とワッチに入っていても気分は最悪だ、数回トイレに駆け込むがもう出るものもない、黄色い胃液のようなものが出るだけだな、、苦しいのなんのって、この世の事じゃないな、、、おとなしそうな上品な通信長、アップさん、誰もが経験することだよ、1~2日すれば少しなれるよ、、昼食なんてまったく食べたくないが恰好が悪いし我慢して食堂に、ご飯は軽めにしてもらい、さっと食べて又トイレに走る、午後からは次席さんとワッチに入る、アップさん、コーヒー飲もうか!内心、ご飯を食べたばかりじゃないか、、、と思うが気持ちが悪いのにコーヒーを入れる、こんな大きな船でも揺れるんですね? すると、揺れてなんかいないじゃないか、、いや揺れてますよ! そりゃ海の上に浮いてんだから少しはゆれるだろうよ、、と、こうだ。天気図を見ながら、おー、この台風は本船とまともにぶつかるなー、、嫌なこと言ってるなー、なんとかワッチが終わりまた夕食だ、食事なんて見るのも嫌だわ、と思うが我慢して軽く済ませる、、そのままシャワーも浴びずにベッドにひっくり返る、、あー、苦しい長い一日だったなー! 

Parmalink : Trackback(0)
152おすすめ

2014-05-03

[乗船実習 新勝丸] 戸畑出港、マレーシア行き

 

3日目の朝、本船は静かに八幡製鉄戸畑工場の専用岸壁を離れてマレーシアのズングンに向かった。海外へ行くのは勿論初めてだし、船と言うのも初めての経験、客船の華やかな出港とはまるで違う、岸壁には代理店の人が一人、形式的に手を振っている。いろいろと先輩などから話は聞いていたんだが自分の父親のような乗組員が敬語を使って話しかけてくる、食堂に食事に行くとボーイさんが給仕をしてくれる、部屋に帰ると綺麗に部屋掃除、ベッドメークなどが済んでいる(写真)これが船というものなんだろう、、、

これから1~2ヶ月は船が生活の場だ、デッキに出てみると左舷に九州の島影、右舷には五島列島の島影が見える。6,500馬力のエンジンが回り波を押しのけて進んでいる、船尾を見ると青い海に航跡が残っている。通信長はメガネをかけた物静かな紳士だ、次席さんは50歳近くだろうか、元気のいい船乗りって感じだな、、三席さんは今航は近海区域の航路と言うことで下船されたようで、私は午前の通信長、午後の次席さんのワッチ(当直)に入り実習をさせてもらう、しかーしだ! 仕事もできない実習生、僅かだが給料も頂けるわけで有難い話だ、通信長は今の電気通信大学、次席さんは国立の電波高校出身のベテランだ、よし、俺も頑張って通信士にならんとなー、、

Parmalink : Trackback(0)
183おすすめ

2014-04-22

[乗船実習 新勝丸] 乗船実習 新勝丸乗船

 

乗船実習でお世話になる○○海運鉱石運搬船 新勝丸(写真)21,000重量トン、八幡製鉄所戸畑工場の専用岸壁に着岸するのは昼頃になると言う事で、この際だ、小倉城でも見学するか、、小倉城を見学し若戸大橋を眺めて昼過ぎに広い製鉄所構内を通り岸壁に行くと既に岸壁に着岸していた。

タラップを登り新勝丸に乗船した、デッキに当直の乗組員が、アップさんですか? 荷物を置いて敬礼をし、実習生の○○○○です、ただ今乗船しました!すると通信長の部屋に案内してくれた、局長、アップさんです、、通信長と無線室へ行き次席さんに挨拶、二人とも私の親父のような感じだ、事務室へ行きパーサー(事務長)に挨拶、船員手帳などの乗船書類を渡し夕食時、サロンで食事中のキャプテン他のサロン士官に挨拶し、メスルーム食堂で次席さんがセコンドオフィサー他メスルーム士官に紹介してくれた。これで私も新勝丸の乗組員の一人だ。なにもかもが初めての事で気疲れがした、夕食後、気分転換も兼ねて街に出て航海中に使う消耗品などを買ってきた、夜行列車での疲れと気疲れで10時前にはベッドでバタンキュウ、

新勝丸での一日が終わった、、、

 

 

Parmalink : Trackback(0)
185おすすめ

2014-04-15

[乗船実習 新勝丸] 乗船実習はじまる

6月に入ると夏休みを利用しての乗船実習に向けて船員手帳の交付申請、予防注射の接種など乗船に備えての準備などで忙しい毎日だ。7月に入り乗船実習をする船会社が提示された。できればアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドあたりに行く船を希望なんだが、ちょうど二人お世話になれる○海運が有ったので同じ下宿の仲の良いY君と同じ船会社で実習をさせてもらう事に決まった。○海運はタンカーと鉱石専用船を所有している、できればタンカーは勘弁だな、、Y君と密かに乗船の船を決める順位をジャンケンで戦ったが私の負けだ、Y君が好きな船を決めて私が残りの船と言う事になる。東京駅近くの○海運へY君と二人で出かけた。担当者から乗船してもらう船ですが、日程からしてこの3はいになりますが、この中から選んでください! きたきた、、、タンカー1ぱい、鉱石船が2はいだ、Y君はすかさず、インドへ鉄鉱石を積みに行く船を選んだ、私はマレーシアへ行く鉄鉱石専用船 新勝丸に2航海乗船する事に決まった。7月17日福岡県戸畑市(現北九州市戸畑区)八幡製鉄所戸畑工場(現、新日鉄住金)で乗船することになった。すでに数名の同級生が実習に出発している、あっという間に私も出発する日が来た。夕方東京駅の九州に向かうホームに行くとすでに私の見送りの為に多くの後輩達が集合している。乗船出発の挨拶をし、恒例の胴上げをされて、ホームの白線に一列に並び敬礼している前を、いよいよ長崎行きの寝台特急が動き始めた、、、

Parmalink : Trackback(0)
194おすすめ

Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、

Tools




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Recent Comments

Contact

RSS

Access Counter

05097362

QRコード

Page top