2012-07-19

[我が故郷] 直江津、 八坂神社

 

四国、関西、東海、関東甲信、に続き昨日、北陸地方も梅雨明けとなった。いよいよ来週23日から上越祭りが始まる、ここ数年は梅雨明け前で期間中ハッキリしない天気で大民謡流しが中止になったりイマイチ盛り上がらなかった気もするが今年は梅雨も明けた、やっぱり夏祭りは暑い方が盛り上がるネ、、、上越市合併前の高田市、直江津市の頃は高田の祇園祭、直江津の祇園祭、と呼ばれたが合併して41年、合併によって上越祭りと呼ばれるようになったのであろう。直江津の八坂神社(写真)の祭りである、昔は「祇園社」とも呼ばれた。

八坂神社は京都の八坂神社を勧請し創建されたと言う由緒ある神社である、素盞鳴命(すさのうのみこと)夫妻と八人の王子を祀っている事から「八王子」(はっちょうじ)とも呼ばれ武勇・商売繁盛の神として信仰が厚い。

 

 

 八坂神社の鳥居の額には「日吉・諏訪・八坂・三柱神社」と書かれている(写真上)。北側参道入口の鳥居には「諏訪神社」と書かれている、八坂神社は素盞鳴命(すさのうのみこと)、諏訪神社は建御名方命(たちみなかたのみこと)、日吉神社は大山昨命(おおやまくひのみこと)、この三社が元禄2年(1689)に合祀されたと伝えられ昭和3年に「八坂神社」と改称されたと言う。 「延喜式」神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)に記載されている頚城郡十三座の一座である佐多神社の論者とする説がある。

 

「延喜式」神名帳 ーーー 延長5年(927)にまとめられた「延喜式」の巻九・十のことで、全国の神社の一覧である。

 

論者 ---延喜式に記載された神社と同一もしくはその後裔(こうえい)「代々血でつながって来た血筋のある人、一族」と推定される神社のことを論社(ろんしゃ)と言う。

 

頚城郡十三座 --- 奴奈川神社(糸魚川市)、大神社(糸魚川市、論社あり)、阿比多神社(上越市、長浜)、居多神社(上越市五智)、佐多神社(糸魚川市、論社あり)、物部神社(上越市清里区)、水嶋礒部神社(上越市清里区、論社あり)、菅原神社(上越市清里区)、五十君神社(上越市三和区)、江野神社(上越市名立区)、青海神社(糸魚川市)、圓田神社(上越市柿崎区、論社あり)、斐太神社(妙高市)。

 

 

境内には「松尾神社」 「神明宮」 「稲荷神社」 「秋葉神社」 の末社がある。写真上は秋葉神社で、明治36年に静岡県の秋葉山本宮、秋葉神社より御御霊をお迎えし創建されました、防火の神様です。

 

 

                にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

Parmalink : Trackback(0)
272おすすめ

Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、

Tools




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
 
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Recent Comments

Contact

RSS

Access Counter

05097265

QRコード

Page top