2018-06-26

[今日の話] NHK”ここはふるさと旅するラジオ” 「旅ラジ」

私は仕事中、空車の時は常にラジオを聞いている(お客様が乗車されるとボリュームをゼロに絞る)、聞いていると言うよりラジオが流れていると言った方が正しいかもしれない。正午の時報とともにNHKの昼のニュースを聞く、その後は「昼のいこい」だ、この番組は古い、まだテレビが無い頃、子供の頃からラジオで聞いていた。テーマ曲は当時と今も変わらない、この曲を聞くと故郷の子供の頃を思い出す、、、
 
 

「昼のいこい」が終わると移動中継車、90ちゃん号が全国を回り生中継する、ここはふるさと旅するラジオ、旅ラジ の番組だ。今週は新潟県の旅で、昨日は十日町市、今日は故郷の上越市からの放送だ、直江津地区の屋台会館からの放送で、近くに新しい水族館 「海かたり」が今日オープンし入場者の長い列ができているとの事。懐かしい名前、地名、言葉などが飛び出し故郷に帰ったような錯覚を起こす、、明日は近くの糸魚川市からの放送だ、楽しみだね、、、
Parmalink : Comment(2) / Trackback(0)
44おすすめ

2018-06-25

[今日の話] ♪ 湯平雨情 ♪ 水城なつみ

いつものように海の見える港園で座席を倒してOBSラジオを聞きながらウトウトしていると良い歌が流れてきた、おー、初めて聞く歌だが良い歌だなー、誰が唄っているんだい、、歌手の 水城なつみ、OBSラジオに生出演中で「湯平雨情」 今年の4月に発売になった曲と言う。日本一の温泉県おおいたには温泉がたくさんある、由布市には湯布院温泉、塚原温泉、湯平(ゆのひら)温泉、があるが湯平温泉を歌った歌だ。

★ 湯平温泉


 
  

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
34おすすめ

2018-06-24

[今日の話] 日曜日も終わり

今年は梅雨に入り毎日鬱陶しい天気が続いている、天気がイマイチ冴えないが身体もここのところ冴えない、ダブルパンチで凹んでいる今日この頃だ。腰痛がイマイチよくない、一時期は座ったりしゃがんだりして立つときは激痛が走り、物につかまり顔を歪めてゆっくりゆっくり立ち上がっていたんだが少しは良くなってきたようだ。一旦立ち上がってしまえば右足にかなりの違和感はあるが歩くことは出来る。2〜3日前より日曜日の天気予報が曇りのち雨から晴れのち曇りに変わった、日曜日はあさ起きて調子が良ければ近くの1時間くらいで登れる山(樅木山)にでも登ってみようと考えたが朝起きてみるとまだちょっと無理だ。テレビを見て午前中は終わり、午後から駅の北口、南口で大きなイベントが開催されているので気分転換にでも行ってみようかとも思ったが よし行くか!と言ういつもの元気が湧いてこない、結局午後もテレビを見てウトウトして一日が終わろうとしている。やっぱり元気が一番だね、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
63おすすめ

2018-06-22

[街中で見かけた話題、光景] ご当地の運転マナー「車間距離」

ご当地に来て5年、当初は交通マナーの良いところだなー、と思ったがとんでもない、マナーの良い人、悪い人が極端だ、、特に私が感じるのは、「車間距離」「信号無視」だね。昼間市内を仕事で走っていると警察の事故処理車に一日に十数回は遭うね、、事故現場も時々通るがほとんど追突事故だ。県内の交通事故の46,2パーセントが追突事故、これは全国で1位と言う、やっぱりねー! 「3秒間の車間距離をとりましょう」 電光掲示板でPRしたり色々な場面で車間距離のPR活動をしているがあまり効果が無いネ、、一日仕事でハンドルを握っているが、ルームミラーで後ろの車を見ると車間を詰めてついて来ている事がしょっちゅうだ、お前な、俺が急ブレーキを踏まなくても、ちょっとブレーキを踏めば追突しないで止まれる自身、運転技術があるのかよ、ボケ! と言いたくなる。若い女性が意外と多い、本人は車間距離が短すぎると言う認識は無いんだね、こう言うドライバーは追突事故を起こさないと解らない。故意に急ブレーキを踏んだのであれば別だが、前の車がブレーキを踏んで追突し、急ブレーキを踏んだから追突した、急停車するのが悪い! なんて認識のドライバーが多いのに驚いた。私も仕事中に左折するのに減速し、横断歩道を人が渡っているので停車した、後ろから ドカーン!! 追突した女性ドライバー(おばさん)、貴方が急に止まったのよ! と大声を張り上げて、 はー、貴方運転免許持ってるの? すると、弁護士さんを呼んで! ときた。お客さんを乗車していて目的地に着いたので停車すると、後ろを走ってきたバイク、車間距離が短く停車できずに急停車して私の車のすぐ後ろで転倒した、私のところに来て、何で急に止まるんだよー! ときた。残念だがこう言うドライバーが多いね、「急停車、されてもよい距離よい速度」と言う言葉を知らんのかね、、と言いたい。
Parmalink : Comment(2) / Trackback(0)
42おすすめ

2018-06-21

[第2の人生] 佐賀関丸、 ニューカレドニア ヌーメア入港


ニューカレドニア航路のニッケル鉱専用船、佐賀関丸に乗船して2航海目、フランス領ニューカレドニアの首都ヌーメアに入港する、灯台が見えてきた(写真)、こちらで入港手続きをして今航は終了後直ぐに積み地に向け出港する、従って上陸は出来ない。南半球のここニューカレドニアは日本との時差が2時間進んでいる、時差が少ないため日本との通信も楽だし、現地のnoumea radio/FJP の通信士はモールス符号の送信も上手で私のような新米通信士にとっては有難いね、、港内にアンカー(錨)を降ろすと間もなく官憲が上陸してきて1時間半ほどで終了した。官憲、代理店が下船すると直ぐに船内放送で、出港用意、おもて(船首)スタンバイ! の号令がかかり間もなくアンカーが巻き上げられ、エンジンが動き始めた。港外に出ると太陽が水平線に沈むところだ、夜明けには積み地の沖に到着する予定だ。 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
46おすすめ

2018-06-20

[パチリ と一枚] 日本百名山 苗場山


赤石沢登山口から登り始め、途中には 6合目 1,750m のように合目ごとに標柱が建っている、目安となり元気を与えてくれる。8合目 1,940m を過ぎると間もなく平地に出た(写真)、2,000mの高地にこんなに広い平地があるのに驚いたネ、池塘が続き360度の絶景を眺めながら木道を進む。
 

登山口を出て約3時間半、日本百名山の苗場山(2,145m)の頂上に到着した(写真)。頂上は結構広く近くに山小屋もある。 
 
2012・08・21
by  ham

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
41おすすめ

2018-06-19

[新米ドライバー ③] 雨の一日

朝の6時、家を出る時に雨、こりゃ忙しくなるかな? 出庫の準備をしているとモニターに 「八時半までに○○件の予約があるため協力を願う」 、出庫して間もなくあるビジネスホテルに配車なった。この時間じゃ駅は無いな、、二人の作業服を着た男性が乗車、行き先は大手製油所だ、シメシメ、上出来だ。11時前には運収も大台に達した、一段落したところで腰痛の治療で整形外科へ、リハビリをうけて中心部へ移動、昼になるとタクシーも昼食で動いている台数が少なくなるため稼ぎ時になる、内緒、、1時半になりいつものコンビニへ寄りコーヒー(L)とドーナツ1個、いつもの5個入りのクッキー1袋を買いいつもの港園へ、相変わらず雨が降っている。かるい昼食を済ませて、スマホでニュースをチェック、さーて少し寝るかね、、座席を倒して、ウトウト、ウトウト約20~30分くらい、駐車場は1時間までは無料、だいたい5~10分くらい前に目が覚める、2時半だ、市内の中心部へ、しかーしだ! 今日は朝から雨で高齢者が買い物に出て来ていない、いつものデパート横の一方通行、ほとんどタクシーを拾う手が挙がらない、予定変更だ。市内中心部、数か所の待機場所、今日は我が社の当番場所は無い、しかし当番会社のタクシーがいない時は待機しても良い事になっている、中心部を流しながら待機場所が空の時はすかさず待機に入る、午後はこれの繰り返しでそこそこの運収が上がり5時過ぎに営業所に戻り洗車をして一日が終わり、マーマーの一日だったね、、、 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
38おすすめ

2018-06-17

[今日の話] まったりとした一日

最近は週末になると疲れを感じるようになってきた、決して体力的に疲れる仕事ではないのだが、一日中ハンドルを握り神経を使うんだろう、日曜日が来るのが待ち遠しく感じられるこの頃だ。腰痛で1か月くらい山行きから遠ざかっている、でも少しづつではあるが良くなってきているような気がする。久し振りに7時まで寝て軽い朝食を食べていつものテレビを見て、40日ぶりに散髪屋に出かける、いつもより1時間ほど遅いせいだろう、先客が4人いる、こりゃ少し時間がかかるな? でも4人の女性スタッフが手際よく動き回る、女性スタッフと言っても全員が60歳は過ぎているだろう、恐らく私の想像では以前散髪屋さんを開業していたんだろうが今は閉店しているんだろう、従ってキャリアーは長く腕は間違いない。料金は値上がりし今は¥1400だが以前に通っていた3300円、3900円のお店と変わらない、爺にはこれで十分だ。30分くらい待ち順番が来て1時間弱で散髪が終了、これで又4〜50日は持つね。家に帰りテレビを見ていると相方が買い物から帰り、お父さん、今日は父の日だからプレゼント! 愛用の焼酎、下町のナポレオン3本、安いもんだねー、、昼食を食べて横になりテレビを見ているとウトウト ウトウト、夕方の4時過ぎまで、、楽しみにしていた日曜日もあっという間に終わろうとしている、明日から又1週間の頑張りだね、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
37おすすめ

2018-06-16

[今日の話] 私と二種免許

今から11年前の秋、一人で営業に廻っていた時だ、営業活動の参考にする為に毎週火曜日に発行される求人情報の資料をハローワークに貰いに行くんだが、その中に妙に興味を引く内容があった。 あなたも2種免許を取りませんか、 無料! と言うものだ。 無料かー、良いねー! 心が動いた。但し幾つかの条件がある、年齢が55歳以上で決められたスケヂュールに沿って講習を受ける、他にも幾つかの条件があるがどうでもなる条件だ、いわゆる高齢者に資格を取ってもらい仕事の機会を与える、と言う国の政策の一環だ。年齢制限は十分にクリヤ―するし、決められた日程での講習はどうでもなる、 よし、タダならひとつやってみるか! と言う事ですっかりその気に成り申し込みをしてみると係りの人が、今年は申し込みが少なく、今のところ4人で中止に成るかもしれないが、 と言う事であったが一応申し込みをしてきた。 家族に話すと、そんな資格を取ってどうするの、タクシーの運転手でもするつもり、? と冷ややかな反応、、別にお金はかからないタダだし、資格を取っても荷物になるわけでもないしネ、、、数日後、主催者側の機関より電話があり、人数が少ないが開催するので開講式に出てくれとのこと、式に出て見ると2種免許受講者は私を含めてやはり5人、あとは他の資格を取る(フォークリフト、交通整理員、など)人達が、と言う事で全く予期もせぬ自動車の2種免許を取る事になった。決められた日に自動車教習所に行くと主催者機関の担当者が来ていて細かい説明があり、教習所側からも今後の詳しい説明が、、、最近は昔と違い2種免許取得も難しくなり、若い人でも補習無しで取る人は皆無だ、ましてや皆様はかなりの年齢なのでそのつもりで頑張ってほしい、、脅しともとれる嫌な発言、主催者機関からは正規な講習過程は無料だが補習は実費で本人負担、とこれ又嫌な話し、そこは55歳以上の人生経験豊富な?受講生、、、 初めから規定の講習で合格出来ないのが解っていて、補習講習は本人負担とはおかしな話じゃないか! と詰め寄ると、 解りました、5時間の補習までは費用負担すると話しのわかる回答が、気を良くした受講生、調子に乗って今度は、5時間もの補習でも合格出来ないのは教え方が悪いのだろうから、教習所で費用負担して、、と詰め寄ったが、それはダメだったな。 

 
と言う事で二種免許取得のための自動車学校通いが始まった。学科は集中講義で2日間ほどで終了し、後は二種特有の救急、救命、救護などの授業、問題は実地教習だ、第一段階は構内での実地教習、狭路での通行、方向変換、鋭角コースの通過等など、一種に無い教習でしごかれる、狭いコースでハンドル操作、安全確認、減速、方向指示、等など頭がパニックになる、教官から、そんなんじゃとても危なくてお客様を乗せられないネ頭がカチーンとくる、、うるせ―、じゃーお前がやってみろ! と言いたくなる。第1段階は2時間の補習をやらされた、第2段階からは路上教習が主体だ、交通法規を守るのは当たり前の事、ちょっとでも制限速度をオーバーすると、 スピード! とやられる、停止する時も止ったのが解らないように止れ、だの、曲がる時も滑らかに曲がれだの、そんな運転じゃお客様からお金を貰えないネ、と嫌みを言われる、兎に角、安全運転、安全確認、これに尽きる。腹が立っても見極めの判を貰わないと先に進めない、、我慢我慢だな、、そして1ヶ月間ほとんど毎日通い5人全員、目出度く検定試験に一回で合格する事が出来た。その後運転免許試験場に行き交通法規を受験、お蔭で一発で合格、まんまと無料で二種免許を手にする事ができた。主催者側から、せっかく免許を取得したのだから是非免許を生かしてもらいたい! と強制とも取れる発言、まー半年くらいタクシーに乗ってみるかね、、タクシードライバーの始まりさー、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
47おすすめ

2018-06-15

[街中で見かけた話題、光景] マナーの悪い自転車乗り

毎日市内を走っているとマナーの悪いドライバーの多い事、、ご当地はマナーの悪いドライバーとマナーの良いドライバーの格差が酷い、規則を守らない女性ドライバーの多いのに驚く、今日も裏通りの交差点(4か所とも一旦停止の交差点)で女性ドライバー(小母さん)がパトカーに捕まり警察官に、何で私ばかりを捕まえるのよ、他にも止まっていない車がいるじゃない! と大声で叫んでいたネ、内心、馬鹿なこと言ってるなー、と言いたい。しかーしだ! 悪いのは車ばかりじゃない、自転車乗りだ。市内中心部の大きな交差点、左折し始め横断歩道の手前で止まって歩行者の通過を待っているんだが、横断歩道の横に1メーターくらいの幅で自転車通行帯が設けてあるが高校生は何列にもなりお構いなしだ、歩行者、自転車が渡りきったので左折しようとすると左の後ろから自転車が急いで横断歩道へ突っ込んでくる、慌ててブレーキを踏む、歩道の自転車通行帯を走っていたと思ったらいきなり車道に出てくる、ぶつかれば当然だが車の方が悪くなる、、自転車乗りももう少しルールを守ってもらいたいもんだね、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
35おすすめ

2018-06-13

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 旅の夜風 ♪ 霧島 昇 高石かつ枝

旅の夜風
唄: 霧島 昇  高石 かつ枝

 
 

青春まっただ中の頃だ、日曜日の午後のテレビ番組、玉置 宏 さん司会の「ロッテ歌のアルバム」に毎週出演していた人気歌手だが、最近は話題になる事も無くなったがどうされているんだろう、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
42おすすめ

2018-06-12

[第2の人生] 佐賀関丸、 赤道通過、順調な航海

航海中は曜日は関係ない、毎日が判で押したような生活だ、目にする顔は28名の乗組員の顔だけ、目にする光景は真っ青な海だけ、昨日の昼に赤道を通過したが特別に線が引いてあるわけでもなし、ブリッジ(船橋)のチャート(海図)を見ると赤道を通過しているが普段と変わりなし。10時過ぎに起きてデッキに出てタバコを吸っていると大手海運会社の材木船が日本に向け航行しているのが見えた、恐らくニュージーランドから材木を積んで来たんだろう。夕食を食べて退屈しのぎにボトルシップ作りだ、瓶の中での作業は細かい作業で停泊中にする事にしている、帆船の帆に使うガーゼは無線室の消耗品をしっけいし、ガーゼにセメダインを塗ってパリパリに固めハサミとカッターで帆の形に切断する。甲板に貼るのに厚紙を船体の形に切断し色を塗る、マスト用に日本で買ってきた竹ひごを削りパーツ作り、あとは停泊中に気分がのっている時に組立だね、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
38おすすめ

2018-06-11

[今日の話] 「断酒」

毎年秋に勤務先で健康診断があるんだが、正直なところ、もう少し細部にわたった健康診断を受けたい、と言う思いから春に個人で健康診断を受けることにしている。大腸のポリープも検診で指摘され内視鏡でポリープを切除した。今回は特別に新しく指摘されたところは無い、 しかーしだ! アルコール類は毎日の飲酒はやめて1週間のうち連続して2日間は飲まない日を作りましょう、、との事だ。よし、俺は来週から月曜と火曜日は酒は飲まない事にする! 家族に宣言した。相方が面白そうに、出来もしないのにそんな事言わない方が良いんじゃないの? ときた。夕食は一杯飲んでご飯は食べないんだが、今日から月、火、はアルコール抜きでご飯を食べることにした。久しぶりに魚沼産のコシヒカリのご飯を食べたが、やっぱりご飯は美味しいね、、いつまで続くかね???
Parmalink : Comment(3) / Trackback(0)
40おすすめ

2018-06-10

[新米ドライバー ③] ラグビーワールドカップ テストマッチ

2019年、日本で開かれるラグビーワールドカップ、ご当地大分市も準々決勝を含め五試合が大分銀行ドームを会場に開かれる。昨日会場となる大分銀行ドームで来年の大会のテストマッチとなる日本対イタリア戦が行われ日本が34対17でイタリアに勝利し2万6千人の観客が入ったスタンドは興奮の渦と歓喜にわいた。ドーム周辺ではW杯開催都市を紹介するブースやさまざまなステージイベントも開催され来年の本番に向けてご当地の気運もますます高まってきた。市内中心地では歩道を綺麗に整備する工事も終盤を迎え、ホテルの新築などラグビーの大会に向けた工事もあちこちで急ピッチで進んでいる。会場付近の道路は一般車の通行は禁止され、隣県からも応援に来たバスを含め300台のシャトルバスが観客の輸送にあたり、私も仕事で関係者、お客様など数回、会場までお供した。会場までの道路も車線規制された車線には数十台ものバスが列を連ねて走る光景は異様な感じだったね、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
54おすすめ

2018-06-08

[今日の話] 「関アジ、関サバ」


大分県の佐賀関町(現大分市)と愛媛県の佐多岬に挟まれた豊予海峡は潮の早い事で知られている(別名 速吸の瀬戸)。瀬戸内海と太平洋の境界に位置し、佐賀関の沖合いにホゴ瀬と呼ばれる瀬があって魚のエサとなるプランクトンが豊富にいるため、本来は回遊魚のサバ、アジが居つき、潮の流れが速いためこの海域で生育するアジは肥育がよく身が締まっているとされ、形にも特徴があり、回遊することなく豊予海峡にだけに住みつく独立した群れであるとされている。この海域で捕れた「関アジ、関サバ」は今や全国ブランドの高級魚となっている。人気が出るにつれ偽物の「関アジ、関サバ」が出回るようになった為、大分県漁業協同組合佐賀関支店では、関あじ関さばの商標を出願し、平成8年(1996)に水産品としては全国で初めてとなる商標登録が認められた。
「関アジ、関サバ」は佐賀関町の漁師により全て一本釣りで獲られ、エサは疑似餌かゴカイと決められている、獲られた「関アジ、関サバ」は「面買(つらかい)」と呼ばれる、水の中で泳いでいる魚を見て値段を決める独自の方法で取引をする。魚が暴れて鮮度が落ちるのを防ぐため、見た目だけで重さと品質を判断する方法である。出荷先が決まった魚は新鮮度を保つため包丁で骨を切って血抜きをする「活けじめ」を行い発砲スチロール箱に氷と一緒に入れて5度くらいになるように保冷し発送される。佐賀関の漁師により「一本釣り」「面買い」「活けじめ」されたのが正真正銘の「関アジ、関サバ」である。
ところで「関アジ、関サバ」の名前の由来は昭和57年(1982)、佐賀関を訪れた政治評論家の藤原弘達氏がテレビ番組の中で 「関アジ、関サバは美味しかった、、、、」と話したのが始まりだと言われている。



ご当地に来て関アジ、関サバと呼ばれるのはなんどか食べたが、果たして本当の正真正銘の関アジ、関サバだろうか?佐賀関の沖合で採れるのが全て関アジ、関サバではない、上記のとおりだ。佐賀関の漁港の一角に「関の漁場」と言うレストランがある、以前は佐賀関の漁協が運営していたようだ、決して高級なレストランではないが本物の関アジ、関サバが食べられる。特にサバは今までに経験したことがない食感だった。やっぱり違うね! 私のような貧乏人ではチョイチョイと言うわけにはいかないが、また行きたいね、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
44おすすめ

2018-06-07

[今日の話] スパムコメント

1~2年くらい前からだろうか、コメント欄に海外からのスパムが入り始め、その都度削除していた。しかし段々と件数も増えて最近は一日に数十件から多い時は200件近くのスパムコメントが、こうなると削除しきれないお手上げだ。正規なコメントであれば嬉しい話だが訳の解らない海外からのコメント、他人のブログを勝手に使われたんじゃ腹も立つし迷惑な話だ。フリーソフトならともかく有料ソフトだ、以前からサイト運営会社に苦情を申し立てていたんだが、ようやく対策を完了した旨の連絡がきた。200件のスパムを削除し終わったので恐る恐るコメント欄を開いた。今のところ1日1~2件くらい、まーこのくらいであれば許される範囲だろう、暫く様子見だね、、、
Parmalink : Comment(4) / Trackback(0)
41おすすめ

2018-06-05

[街中で見かけた話題、光景] 客船 ロストラル ( L’Austral)


朝新聞を見ると別府の国際観光港にフランスの客船 ロストラル (L’Austral)が朝入港すると言う。出港は夜だ、仕事が終わってから行くかね! カメラを持って出勤した。しかーしだ! 今までに何度か別府の病院までお供した事があるお客様から携帯に電話が入った。別府の病院までお願いできませんか? 大病を患っているお客様で抗がん剤の副作用などで途中で体調が悪くなって車を止めたりコンビニへ寄ったりすることがあるので同じ運転手の方が有難いと言いう事でたまに電話がくる。病院へ着くと今日は1~2時間くらいで終わると思うんだが帰りもお願いできませんか、との事。ついてるねー、やっぱり普段の行いが良いのかねー、空車になるとさっそく港へ、ガードマンがいて一般車は入れないがタクシー、観光バスはフリーパスで岸壁へ。天気はイマイチだがじっくりと見学し病院へ、昼寝をしていると1時間くらいで、今清算しているので間もなく終わります! と電話が入り大分、別府往復で、しかも船の見学まで出来ましたってー、、、乗客はフランス、オーストラリア、ドイツなどで、今回は小樽発で金沢、韓国の蔚山、門司を経て広島に至る航路、、

L’Austral 


総トン数 :  10,700 トン
長さ   :     142 m
幅    :      18 m
速力   :      16 ノット
船籍   :   フランス
就航   :   2011年4月
乗客定員 :     264 名
乗組員  :     140 名




隣の岸壁には2隻の大型カーフェリー サンフラワーあいぼりー、 サンフラワーさつまⅡ、その向こうに別府/八幡浜航路のカーフェリー あけぼの丸も着岸していた。
 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
45おすすめ

2018-06-04

[今日の話] 5年目に突入した新米ドライバー

一昨日ご当地での新米ドライバーも5年目に突入した、病み上がりの身体で重労働は無理だし、何社か面接を受けたが悉く断られた、年齢のせいだろう。やっぱりもう働くなって事かな!かといってほとんど知らない土地で、しかも県都となれば交通量も故郷に比べれば比較にならない、タクシードライバーは無理だろう、、と思ったが数社から求人が出ていた中で今の会社にダメモトで面接をしていただき、経験が有るのでやってみますか、ただし昼間だけの勤務だと運賃収入も厳しいですよ!と言う事で採用していただいた、収入はにのつぎで働ければ結構だ。当り前のことかもしれないが、前の会社にはちゃーんと電話して勤務状態などを聞いたようだね。知らない土地で初めは随分と苦労もしたが最近は慣れて楽しく働いて入る。故郷での新米ドライバーを含めると11年目になる、新米ドライバーと言うと少し、こっ恥ずかしい気もするが大事なお客様の命を預かる仕事だ、常に初心にかえり新米ドライバーに徹してハンドルを握ろうと思っている。しかーしだ! 大事なお客様に不安を与えるようじゃいけない、然るべき時が来たらキッパリとタクシードライバーは辞めだ、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
31おすすめ

2018-06-03

[街中で見かけた話題、光景] 大分関埼とアサギマダラ

1年前より楽しみにしていた6月の第一周、九重の山開き、今年はミヤマキリシマを見に大船山に登ることにしていた。男池からソババッケ、大戸越、北大船山、大船山とコースを決め楽しみにしていた。
しかーしだ! 数週間前よりの腰痛の悪化、とても山に登れる状態ではない、長男が昨日九重の扇ヶ鼻(1,698m)に登ってきて、親父、ミヤマキリシマは最高だったぜ、人出もすごかったけどね! 内心、うるせー、、じっとしておれないhamさん、ならば何処へ行くかね? 新聞に関埼のアジサイが見ごろを迎えている、そして珍しい蝶のアサギマダラが多数飛来していると言う、関埼の海星館は何度も行っているがアサギマダラは今までに見た事は無い、ここだ!



晴れの日曜日とあってたくさんの人が訪れていた、駐車場も一杯で順番待ちの状態、海星館(写真上)の周りには沢山の花が植えられ季節によって色々な花が楽しめるようになっている。今はアジサイが見ごろを迎えつつある、高台にあり景色が素晴らしい、豊予海峡を眼下に見て高島、四国の佐多岬がはっきりと見渡せる、先端の白い建物が関埼灯台(写真下)だ。又目を左に向けると別府湾から国東半島、右を見ると津久見の四浦半島などが望め素晴らしい。


最近まで蝶のアサギマダラと言う名前は知らなかった、数年前だがテレビ、新聞などで大分県の姫島にアサギマダラが多数飛来して乱舞しているというニュースを見て一度見てみたいもんだねー、、姫島には矢筈岳に登るために昨年行った事があるんだが何時でもいるわけではない、佐賀関の関埼にも飛来していると言う事で、今でしょう! 行ってきた。海星館の周りにたくさん飛来していると言うが何処にいるのかね?、大きな黒い蝶が一羽花に止まっていた、これがアサギマダラか? すると他人様が、それは違いますよ、この裏にたくさん飛んでいますよ! と親切に?教えてくれた。入口に アサギマダラ本日は約100頭飛来しています、 と書いてある、ほー、蝶は1頭、二頭と数えるのかね?
アサギマダラは、羽を開くと10センチ前後の比較的大型の蝶である。黒と栗色に縁どられた羽の間が名前の通り淡い水色に透きとおりまだら模様になっている。なんとも美しい蝶だが最大の魅力はその行動にある。アサギマダラは日本で唯一知られている長距離の「渡り」をする蝶なのだ、またアサギマダラは他の蝶に比べて生態の解明されていない部分が多い、謎に包まれた蝶のようだ。初夏の頃、南の台湾、南西諸島から海を渡って飛来し、この蝶は時期、空間、植物に柔軟に対応して飛んでおり、台風を活用して移動したり、雨が降る前に一気に移動したり、気象を読む能力に優れているとも言われている謎の多い蝶だ。

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
29おすすめ

Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、

Tools




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Recent Comments

Contact

RSS

Access Counter

04988161

QRコード

Page top