2017-12-31

[今日の話] 平成29年 有難うございました




本年も「hamさんのひとり言」をご訪問いただきまして
有難うございました、来年も何卒よろしくお願い申し上げます。
きたる新しい年が皆様にとりまして佳き年でありますよう
心からお祈り申し上げます。


平成29年大晦日
by  ham/波夢


 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
85おすすめ

2017-12-30

[今日の話] 新しい新潟米 「新之助」

はじまりです。
新潟から、日本のお米の新基準。

日本一栽培が難しいと言われたコシヒカリを
トップブランドへと育て上げた、農家の伝統。
何代にもわたって独自の方法を築き
イノベーションを重ね続けた、研究の軌跡。
そんな米どころとしての歴史を誇る新潟が、今、新たに。
現代の食風景と向き合い、かつてない「米づくり」に挑戦しました。
それは、おいしいお米を最高の状態で食べていただくために、
田んぼから食卓まで、しっかりとおいしさを導くということ。
ついに誕生した新潟米「新之助」は、
きらめく大粒にコクと甘みが満ちていて
ごはんの可能性が、無限に広がります。
日本の食の未来を切り開くお米です。
= パッケージより転記 =

 

新潟の身内が送ってくれた新潟米の新種「新之助」(写真)、新潟県内の一部の生産者が生産しているようだ。さっそく頂いたが、美味しいねー! もち米のような食感があり癖になりそう、、、究極のお米と言えそうだ。

Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
351おすすめ

2017-12-29

[今日の話] 平成29年 おらち(我が家)の十大ニュース

今年も残すところ今日を含めて三日となった、歳を重ねるごとに一年の月日の過ぎ去る早さを実感する。恒例の、おらち(我が家)の十大ニュースだが、今年も目立った大きな出来事は無かった、それだけ平穏で幸せな一年であったのかもしれない。しかし県内では夏から秋にかけ豪雨に襲われ大きな被害がでて未だに避難所で生活を送っている人もおられると聞く。なかなか順位はつけ難いが、あえて順番をつければこうかな、、、
 
第一位、  二年ぶりの孫との再会

新潟にいる時は三日と空けずに遊びに来ていた孫のチビッ子二人だが、千キロ近くも離れている今はそうは簡単に会えない。二年前の夏に来た時はお姉ちゃんの乃愛ちゃんが入学前でランドセルを買って、二年後の今年は妹の真愛ちゃんが来年は一年生でランドセルを買った。テーマパークに行って遊んだり、温泉に行ったり、海水浴に行ったり、登山に行ったりと、忙しく賑やかな1週間であったが又元気で帰って行った、今度はいつ会えるかね、、、
 
第二位、  正面衝突

危ない! 
ガチャーン、ドカーン、 市内中心部の片側3車線の大通り、お客様を乗せて右折するために右折車線の交差点内の停止線で停止していると、対向の右折車線を猛スピードでこちらに向かってくる、衝突する直前で相手車がハンドルを右に切った、私の車の左前部に激突し、私の横の3車線を走ってきた車とも衝突し2台の車はエアーバッグが開き車は大破した。相手の運転手は19歳の初心者マークを付けた若者だ、カーナビを操作し脇見運転だったと言う。幸いお客様に怪我はなく、私も不幸中の幸いで大した怪我はなかったが、いらい腰痛(臀部)の状況が思わしくなく、未だに自費で通院している、若ければどーって事はなかったんだろうが、完全には治らないでしょうね、、、
 
第三位、  内視鏡手術で入院

健康診断で再度検査が必要と指摘され、以前お世話になった病院で内視鏡検査を受け大腸のポリープを切除したんだが、今年の検査でもポリープがみつかり切除を受け今年も一日入院する羽目になった。一緒に胃の内視鏡検査も受け一日仕事だね。ついでに来年の予約も済ませ来年の3月に又胃と大腸の内視鏡検査を受けることにしている。
 
第四位、 三回目の平治岳登山

6月に入ると日曜日の天気が気になり始めた、九重連山のミヤマキリシマの見頃は10日頃だが、平治岳にするか大船山にするか迷ったが今年も平治岳に決めた。平治岳のミヤマキリシマは日本一だろう、、当日は快晴とり、今年は初めて吉部登山口から入り、坊がつるを経由して登ったが、さすがにミヤマキリシマで人気の山だ、登山客が多い事、素晴らしい眺めと見事なミヤマキリシマで感激したねー、来年も是非登りたいもんだ、5月の下旬には万年山の山開きにも参加し、ミヤマキリシマの群生地がまたすばらしかった、、、
 
第五位、 検査結果異常なし

立腺癌の全摘手術を受けて間もなく4年になる、今は半年に1回の検査で病院へ行くだけだ、病院へ行くと採血をして1時間ほどで検査の結果が出る。今年も2回検査で病院へ行ったが診察室に入り先生から結果を聞くまで内心ドキドキする、先生、3年過ぎても再発する事はあるんですか? ある、5年間は経過を見る必要があるね! とのことだ。先日も有名男性タレントが手術を受けて6年になるが再発したとテレビで見たが、今や男性の癌発症率では肺がんを抜いてトップになろうとしているようだ、50歳を過ぎたら検査をする事をお勧めだ、、、
 
第六位、 過去最高の売り上げを記録

7月は自然災害があったり、色々な事が重なり、とにかく仕事は忙しかった。朝早くから夜遅くまで働き、疲れもしたが過去最高の運賃収入を記録した。通常の2か月以上の運収だ、恐らくこれからもこの記録を塗り替える事は無いだろう。
 
第七位、 400万アクセス突破

平成19年(2007)7月に興味半分、遊び半分で始めたブログだが、仕事で月に数回休むだけでほとんど毎日更新してきた。その間全国、いや海外からもコメントを頂きただ感謝感謝だ、訪問者の数も増えて今年の10月19日にアクセス数が400万人を突破した。つまらない爺のブログにたくさんの方々に訪問をいただき、ただ感謝だ、今では私の日課の一部となっているが、いつまで続けられるかねー、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
64おすすめ

2017-12-27

[新米ドライバー ②] 母の思い出

午後になるとデパート横から乗車されるお客さんの大部分は高齢のお婆ちゃんだ、食料品を入れた袋を重そうに持って、 どっこいしょ! と掛け声を出して乗車される。家に着くと大きな家に一人でお住まいだ。この仕事をやっていると、ご主人に先だたれた高齢のお婆ちゃんの一人暮らしの家庭の多い事に驚く、本来であれば親の世話をする子供さんがいない訳ではない、自分で自分の世話が出来なくなれば老人施設に入居すると言うか、入居させられると言った方があてはまる様な気がする。激動の世の中であるが家庭環境も随分と変わりつつあると感じるが。80歳90歳代のお年寄りは戦中、戦後の大変な時期を苦労して生き抜いて来られた方々だ、若い時の無理が年老いてから色々な形で身体に出て来ているのであろう、足腰の悪い人がほとんどだ、先代の人々のご苦労があってこそ、今の日本があると言っても決して過言ではないだろう。
仕事でお年寄りをお供すると数年前に100歳を前に他界した母をよく思い出す。母親は戦中戦後の大変な時期に8人の子供を産み(私の姉の二人の女の子は子供の時に病死した)育てた。氷点下になる冬でも、朝の4時には起きて火の気の無い広い裸電球の部屋で縫物をして、そして囲炉裏でお湯を沸かし、かまどでご飯を炊いていた姿を思い出す。父親と二人で二町歩(2ヘクタール)の田んぼと数反歩の畑を作っていた、今と違いほとんどが手作業だ、子供の頃はよく手伝わされたが、厳しかった父親は言う事を聞かなかったり、物を粗末にしたりすると容赦なく手を上げた、、模型を造るのが好きだった私は母によく、おねだりをすると父は、 そんな物を作って何になる! とよく怒鳴られた、それでも母は父に内緒で町に出た帰りにそっと買ってきてくれた、歳を重ねた母は昔の無理がたたったのか段々と腰が曲がって来た、30数年前に1800坪の広い土地に引っ越したが、90歳を過ぎても腰を曲げて広い屋敷と畑の草取りに精を出していた、現代人に話せば、 時代が違うわね、! で終わってしまうだろうが、元気な時にもっと親孝行をしておけばよかったなー! と思うこの頃だが、「親孝行、したい時には親は無し」 と言うが全くその心境だ、、


 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
58おすすめ

2017-12-26

[今日の話] 回顧2017 新米ドライバー

タクシーの運ちゃんなんて柄が悪く、いい加減な人間が多い、、正直なところあまり良いイメージは持っていなかった。私にとってそんなイメージの悪いタクシードライバーの仕事をは始めようとは夢にも思わなかった。 しかーしだ! 車の運転は嫌いではなかったんだが、始めてみると意外と自分に合っていることに気が付き、むしろ仕事が楽しかった。お供したお客さんの勧めで山登りを始め、すっかり魅力にのめり込んだ。又お客さんを観光案内にお供し、郷土には歴史的価値のある名所史跡が多数ある事に気づき、休みの時に200か所以上の名所史跡を歩き、一冊の本「上越地方の名所史跡と偉人」にまとめ上げ、社内の希望者に差し上げ大変喜ばれた。癌の宣告を受けご当地に引っ越して、もう働く事は無いだろうと凹んでいたが、お蔭で術後の経過も良好で家族の反対を押し切ってタクシードライバーに復帰して四年、通算職業ドライバーになって10年になる。この仕事は何と言っても大事なお客様の命を預かっている、絶対に事故はダメだ、この一言に尽きると考えている。しかし加齢とともに悔しいが視力、反射神経などの衰えを感じる、若い時に比べ2倍3倍気を付けてはいるんだが、、睡眠をしっかりとり、規則正しい生活を心がけ、体調管理には特に気をつけるようにしている。お蔭で今年も事故も無くここまで過す事ができた。以前にお世話になった会社で教え込まれた、、
「安全運転の心得」
1. 人命の尊さを知る
1. 法令を正しく守る
1. 譲り合いといたわりの精神
1. 運転技術の過信はしない
1. 道路状況に応じた運転をする

を忘れずにハンドルを握ろうと思うが、今のところ気力もあるし、仕事も楽しいんだが、潮時と言う事もある、、、

 
Parmalink : Comment(2) / Trackback(0)
66おすすめ

2017-12-25

[今日の話] 回顧2017 山行き

今年も残すところ1週間を切った。7年前から始めた趣味の山登り、今年も3月5日の彦岳登山をスタートに17山に登ることが出来た。あらためて今年も元気で山に行けた事に感謝だ、、今年の山行きの一番、二番の目標にしていた屋久島の百名山、宮之浦岳と祖母、傾山系の一つの傾山に登ることが出来なかった。予定していた8月に孫たちが遊びに来たので見送りとなった、しかし小2の孫と鶴見岳に登ることができ、今度来た時は何処の山に登るか楽しみが増えたことが大きな収穫だ。5月下旬に玖珠町にある万年山(はねやま)の山開きに初めて参加する事ができ、ミヤマキリシマの群生地の素晴らしさに感激し、頂上での神事など初めての経験だった。6月の初めには九重連山の一つの平治岳に3回目の登山をした、今回は吉部登山口から坊がつるを通り平治岳に登ったが今年もミヤマキリシマの素晴らしさに圧倒された。国東半島にある修験の山、津波戸山、田原山(のこぎりやま)、岩に這いつくばり、鎖、ロープを掴んで険しい岩場を登ったのも思い出に残る登山だった、つい先日だが田原山で関西から来られたご夫婦が登山中に滑落し、ご主人が亡くなられるという痛ましい事故があったが、あらためて山登りの厳しさを思い知らされた。3月下旬に仕事中の事故で腰(臀部)を痛め未だに通院しているため、登山中も不安が残り悩みだね、、しかし山に登るたびに悔しいが体力の衰えを感じる様になった。
2018年は1月から山登りをスタートし、月に2~3回は登りたいんだが、仕事で休みは日曜日に限られるためなかなか思うように行かないのが悩みのタネだね。新緑の時期に傾山、梅雨明け後の早い時期に九州最高峰の百名山、宮之浦岳に来年こそは登りたいもんだ。
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
64おすすめ

2017-12-24

[第2の人生] 佐賀関丸、 佐賀関にて乗船


北米航路の木材専用船 清峰丸を下船し、母校を訪れたり、郷里へ帰ったり、海技試験受験の受験勉強など、1か月はあっという間に過ぎ、7月10日に予定通り大分県の佐賀関町(現大分市)でニューカレドニア航路のニッケル鉱専用船 佐賀関丸/JKST 12,093トン(写真)に乗船した。日本鉱業佐賀関精錬所(現パンパシフィックカンパニー)の専用岸壁には既に巨体が着岸していた。通信長、次席さんに挨拶し、キャプテンに乗船の挨拶、さっそく次席さんと引き継ぎを行い、次席さんは休暇下船された。無線室の作業テーブルの上には本社や代理店から届いた書類関係が積み上げられている、通信長に目を通してもらい自分も目を通し保管するものはファイルする。デッキでは忙しそうに荷役作業が始まっている、当港に3晩停泊し4日目の朝には出港となる。夕食時に同じテーブルのメスルーム士官、サロン士官に挨拶をし夜、散歩がてら上陸してみた。小さな町だが大企業があり活気のある町だね、スナック、クラブ、居酒屋など何軒もあったが今とはまるで違う、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
71おすすめ

2017-12-23

[今日の話] メリークリスマス

 
 
時節柄お風邪など召されませんようお気を付け下さいませ、

By  ham/波夢

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
81おすすめ

2017-12-22

[今日の話] やっぱり医者だね!

1~2日前よりどうも体調がよろしくない、、微熱が有りそうだし、咳も時々出る、こりゃ風邪をひいたかなー? ここのところ日中は気温が上がるが朝方は氷点下近くまで冷え込んでいる、マスクをするようになっちゃ困るし、私がお客で乗車した時に運転手がマスクをしていると、あまり良い感じはしない。この運転手は風邪をひいているのかね、喋るのが嫌なのかね、風邪でもうつされたら嫌なのかね、俺は風邪もひいていないがね、、、ご乗車中のお客さまがマスクをされるのは一向に構わないんだが、むしろ風邪気味の人はマスクをしてもらいたいね、、私は基本的には仕事中はマスクをしない事にしている。お客様に仕事中に風邪をうつされるのは仕方がないと考えている。仕事中に行きつけのクリニックに行ってきた。10日前に降圧剤の薬をもらいに行って診察を受けたばかりだが、先生は病状を詳しく聞き、○○さんは車の運転が仕事だから眠気のくる薬はダメだし、、数種類の薬の説明までしてくれて、、家に帰り昼食を食べて薬を飲み少し横になったが起きると相方が、いびきをかいて寝ていたわ! 3~40分も寝たかね、起きるとだいぶ体の調子も良くなった、やっぱり医者だねー、いまどき薬局に行き風邪薬を買うと二千円くらいはする、診察を受けて処方箋を持って隣の薬局で数種類の薬をもらって、両方あわせても二千円でお釣りがくる。 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
64おすすめ

2017-12-21

[今日の話] スパムコメント

以前より多くのスパムコメントが入り対策に苦慮した、一日に10件以上のスパムコメントが入ってくる、それも2~8年くらい前のページに入ってくる、100パーセント海外からの物だ、初めの頃はいちいち削除していたが何年も前のページを探すのに一苦労する。私のパソコンの知識ではどうにもならない、完全にお手上げ状態だった。パソコンに詳しいブログ友さんからのアドバイスでスパムの入ってくるページを、こぴっぺで作りなおした結果そのページには入ってこなくなった、しかし数日後から又ちがうページに入り始めた。今回も2ヶ月くらいコメント欄を閉じて先日、こわごわコメント欄を再開した、すると直ぐに海外からのスパムコメントが1件入った、やっぱりダメか、しかし今回の1件は古いページではなく新しいページだった、直ぐに削除したがその後は四日ほど経つが入らない。何れ又スパムが入り始めるだろうが暫くは大丈夫だと思いますがね、、、
Parmalink : Comment(4) / Trackback(0)
68おすすめ

2017-12-20

[新米ドライバー ②] 疲れましたってー!

一昨日は仕事の関係で帰りが遅くなり、車庫に戻ると昼勤の乗務員は皆帰った後。待っていたかのように上司が、 ○○さん、明日の朝ひとつ仕事があるんですがお願いします! 仕事ですから何でもOKですよ、、 ○○の正面玄関で○○様、湯布院までの様です! 内心、シメタ、、あさ近くの仕事を2回ほど行い、早めに○○の正面玄関へ、、しかーしだ! 5分経っても、10分経ってもお客様の姿が無い、配車室が無線で呼んできて、お客さんに電話してみるか?と言うが、 あと5分くらい待ってみますから、、5分くらいすると○○さんが出てこられ、乗車すると、 ○○ホテルに寄って2人乗りますからその後、湯布院の○○あたりまで! 湯布院には違いないがえらい山の中だぜ。ホテルで乗車の二人はおそらく東京から来られたお役人さんだな、途中で現地の行政の担当者10人くらいと合流し現地へ。どうやら台風や集中豪雨の被害状況などの調査のようだ。車を降りて長靴などに履き替えて足場の悪い山の斜面を現場へ、、、車の中で待っていると1時間ほどで戻ってこられたが直ぐに次の現場へ、どんどん山に入って行く、農耕用の軽トラックが走る道だぜ、他のスタッフは軽のワゴン車だがこちらはタクシーだ、道は狭いし、カーブはハンドルを2~3回切り替えしてやっと曲がれる、木の枝は当たるし、車の底が地面に擦る事も、40分くらい走り現場に着き又崩れた現場の調査だ、このような現場を6~7か所くらい廻ったろうか、、、お蔭でこちらは昼抜きで午後の4時過ぎに市内に戻り仕事は終わったが、車の敷きマットも泥だらけで、これでは仕事は出来ない、車庫に戻り早めに洗車して今日は終わりだ。運転に気を使い大変だったが二日分くらいの運収をあげる事ができた。家に帰り今日は晩酌もせずに早めにバタンキュー、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
50おすすめ

2017-12-18

[今日の話] 懐かしい古傷

夕食後に風呂に入り体を洗っていると左足首に4~5センチくらいの傷跡が、何だこれやー! そーだ、あの時の怪我の傷だわ、もう50年以上も経つなあの頃は若かったなー、
昼休みに野球部の練習を見ていたばっかりに、野球部に入部を勧められ、調子に乗って軟式野球部に入ったんだが、入ってみると高校の時に県大会で準優勝で惜しくも甲子園出場が出来なかったとか、大学で野球部にいたとか、そんな部員が何人もいる、当然、私なんかの出番がないわ、、それでも晴れた日の日曜日は大体会社のグラウンドで練習だ、鶴見駅の西口からバスに乗り東寺尾と言うところにグラウンドがあった。運動が好きだし中学時代は野球部も経験した、特別いやでもなく練習に出かけた。私のポジションはキャッチャーと外野だ、キャッチャーは三番手、試合ではなく練習の時にピッチャーのボールをうけるだけのブルペンキャッチャーだ、打撃練習もレギュラーの選手が終わって時間が有れば少し打たせてもらえるだけだ、特別に身体が大きいわけでもないし、長打力がある訳でもない、足が早いわけでもない、強いて言えば肩は良かったが、これだけじゃレギュラーとして使ってはもらえない。草野球に毛の生えたようなチームだが、何処から見つけてくるのかよく試合があった、 しかーしだ! ベンチを温めているだけだ、3~4試合に一度、負け試合の最後にピンチヒッターで打撃に立たせてもらったが、4年目の秋のある試合、九回表を終わって同点であった、最後の守り、同じ新潟県新津市出身のキャッチャーである先輩が、 おい、○○、九回の裏の守り、キャッチャーお前やってみろ! 思いがけない言葉にあっけに取られた、、 いや先輩、点を取られれば負けじゃないですか! すると、 そんな事は解っている、やってみろ! 夢中でマスクを付けて守備についた、、。アウトを一つ取ったが次の打者にヒットを打たれ、すぐに走られた、夢中でセカンドに投げたがこれが暴投だ、ランナーは三塁まで来た、次の投球でバッターが打った打球は二塁ゴロ、、シメタ、ツーアウトか、、と思ったが三塁ランナーが本塁に突っ込んで来た、セカンドが投げたボールを受けてスライディングしてきたランナーにタッチしたがミットからボールがこぼれた、、さよなら負けだ、、私が出て相手チームに良いようにひっかき回された、みろ、俺なんか出すからじゃん、、試合が終わり先輩の一人が、 おい、○○君、足どーしたんだよ、、、何の事か、ポカーンとしていると私の左足首を指さして、足を見ると、ストッキングの下の白いアンダーソックスが血で真っ赤に染まっている、、なんだー! スパイクを脱いでストッキングも脱ぐと、五センチほどパックリと切れて口を開けている、、スパイクされたんだ、そりゃすぐに医者に行って縫わないとダメだな、、内心、縫うなんてとんでもねー、、! 寮に帰り傷口をよく見るとそんなに傷は深くなさそうだ、赤チンでも付けておけば良いだろう、と言う事で医者にも行かず、赤チンで直したが大きな傷痕は残った。

    

Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
103おすすめ

2017-12-17

[今日の話] 忙しい日曜日


いつもお世話になっている青果店より年末の売り出しの葉書きがきた、孫と新潟に送ってやろうかと出かけてきた。10時過ぎに行くと既に道路を挟んだ二つの売り場は人で一杯だ。色々なミカン、リンゴ、柿、野菜が少し、しかしミカン専門店と言うだけあって県内産のミカン、愛媛県産のミカンなど多種だ。ここの店の良いところは、それぞれ実際に味見をして決められることだ、また価格も安くて有難い。


佐賀関町に出かけたついでに久しぶりに佐賀関半島を1周してみた。曇り空で視界はイマイチだ、四国は見えなかったが良い眺めだね、日本の渚100選 に選ばれている黒ヶ浜(写真下)、夏の間は多くの人が訪れるが季節外れの今は訪れる人は少ない、釣り人が数人岩場から糸を垂らしていた。途中たまに寄る魚料理の美味しいレストランでプチ贅沢な昼食とした、美味しかったねー、、
普段は仕事でなかなか時間が無いため家に帰り今度は正月を迎える準備で家の周りの整理整頓で一日が終わってしまった、、明日からまた1週間の頑張りだ、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
59おすすめ

2017-12-16

[第2の人生] 海技試験受験、合格!

海技国家試験受験の為、北米航路の木材専用船 清峰丸を名古屋で下船し新幹線で東京に向かった。高輪の青雲寮にお世話になり、翌日丸の内の本社に行くと、7月10日ごろに佐賀関丸に乗船の予定だと言う。少し休めると思ったが1か月くらいしか休めないな、、研究室に顔を出すと先生が、おまえ次の乗船まで学生たちの面倒をみてくれよ! いえ先生、海技試験の勉強をちょっとしたいんですが、、 すると 勉強なんてしなくていいよ、今までにおまえの先輩で試験に落ちたやつはいないよ、まー1日2日くらい田舎に帰ってこいよ! ときた。 シメタ! 上野駅から特急「白鳥」に乗車した。今までは田舎に帰る時はいつも上野駅からの急行「白山」と決まっていたがね、、、
田舎に帰り海技試験の国家試験の勉強をしていると、 ○○さん、帰ってるの? 小学、中学の同級生の女の子のHさんが来た。大手運輸会社に事務員で勤務していて、私がアメリカで買ったサンキストオレンジを田舎に送ったのを事務手続き中に見て、家族に話したそうだが、家族が私の親父と町で会った際に話し、私が帰っていることを知り訪ねてきたそうだ。急遽、私の為に同級会をやろうと言う事になり、彼女が幹事役をして翌日、高田の本町の「品川軒」で数名が集まり会を開いてくれた。帰りに近くの「玉八食堂」で支那そば(今のラーメン)を食べたが確か¥80だったような記憶があるがね、、
東京に戻りまた青雲寮にお世話になり横浜で海技試験を受験した、まー合格したとは思うが、合格後の免許申請は横浜の海事代理士に依頼し本社に顔を出すと7月10日に大分県の佐賀関町で南太平洋ニューカレドニア航路のニッケル鉱専用船「佐賀関丸」12,093トンに乗船が決まった。
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
55おすすめ

2017-12-15

[今日の話] 遠来の友

ここんところの2~3日は南国のご当地も冬型でけっこう寒い日が続いている、郷土の新潟県長岡市から友人が顧客の年末あいさつ回りでご当地にやって来た、既に九州の他県は廻って来たとの事、ご当地に在住の昔からの仲間と三人で夕方から久しぶりに一杯となった、近くにいてもお互いに仕事を持っていると中々会う機会が無い。話し始めるとお互いに話は尽きない、3時間はあっという間に過ぎた、それじゃカラオケでプロ並みの歌でも久しぶりに聞かせてもらうかね! 歓楽街の都町へ会場を移し、ご当地のUさんの案内で一軒のスナックへ、、後期高齢者になったと言うが新潟県から1年に数回、一人で車を運転してやってくる、趣味のカラオケは自分で曲を作詞し、CDを数枚出しているセミプロだ、カラオケにも入っている自分の曲を歌うが流石だね。段々と調子も出てきて続いて2軒目のスナックへ、、、 俺は明日も仕事だがね、日付も変わったよ、、お互いに元気で又の再会を誓ってお開きとしたが家に帰ったら1時過ぎだ。いつもより1時間遅れの出勤だが一日中眠かったね、、、
 

作詞: 坂詰晴夫 :
作曲: ノヴァ高橋        
信濃恋
編曲: 木内市左衛門
唄 : 坂詰晴夫

 
 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
75おすすめ

2017-12-13

[パチリ と一枚] 鉾ヶ岳


 

故郷から望める新潟県糸魚川市にそびえる鉾ヶ岳(1,316m)、標高はそれほどでもないが高低差は1,000メーターを越し、ロープ有り、鎖場あり、厳しい山登りであった、おりしも登った日は37度を超す猛暑日で堪えたね、、、頂上からは日本海は勿論、米山、焼山、火打山、などの妙高山群、三峯山、重倉山などの南葉山魂、戸隠連山、海谷山魂越しに北アルプスの後立山の諸峰が望め、疲れを癒してくれた。

 
頂上から目の前に見える険しい大岩峰は金冠山(1,140m)、怖いが登ってみたい気もする、男だ、行け! 意を決して登る事にした、ロープが垂れさがっているが見上げるような足場の悪い急登だ、足を滑らせれば命は無い、どうする、引き返すか、、? 登っても今度は向こう側の急な下りだ、、、何とか登るには登ったが下りはロープにぶら下がるが足が岩に届かない。登山口を出発して下山まで人っ子一人合わず9時間の一人旅だったが印象に残る山だ、、、
 
2012・09・17
by  ham

 

 
 
 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
117おすすめ

2017-12-12

[街中で見かけた話題、光景] 不要なクラクション

朝も開けきらない7時前、駅前交差点の右折車線で青の右折信号が出るのを待っていると、対向車線の3車線目を走ってきた大型ダンプカー、妙な大きな音のするクラクションが2発鳴った、 クワー、クワー、  うるせーなーびっくりするじゃねーかよー、すると今度は 対向の後ろから来た大型ダンプカー、低音の大きな音で ボウー、ボウー、 すれ違いに仲間に合図をしたんだろう、 今度はアクセルを踏み込んでマフラーから、ボボボボ、、、、と強烈な音、、朝っぱらからうるせーなー、いい年をして馬鹿かよ! こんな光景は初めてではない、よくある事だ。やたらとクラクションを鳴らしたがるドライバーが多い、私はクラクションを鳴らすことはほとんど無い、鳴らすのは右折、左折時に二番目に停車していて前の車が右折、左折の信号が青に出ても気付かずにいる時に一瞬に短く ピッ と鳴らす程度だな。 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
87おすすめ

2017-12-10

[今日の話] 忙しい日曜日

今日の日曜日は久しぶりにゆっくりしようと思ったが、夕方より空港までお迎えの仕事ができたので午後から出勤だ。朝一番で大衆散髪屋へ、整髪、洗髪、髭剃りのフルコースで1,400円也、(以前は1,100円だったがね)、むかし行ってた3,900円の散髪屋と大差は無い、むしろこちらの方が早くて良いね、爺にはこれで十分だ。家に帰り二人でデパートに買い物に、さすがに12月に入り普段はそんなに人が多くないフロアーの売り場も結構お客さんがいるね、、ちょうど昼時だ、食堂が並んでいるフロアーで久しぶりに外食したが、いつもの昼は車の中でパンかオニギリていどの簡単なものだが、たまには良いね。家に帰りちょっとパソコンに向かい支度をして出勤だ。久しぶりに営業車のワックスがけでもして空港に向かう予定だが家に帰れば9時近くになるだろう。折角の日曜日もあっという間に終わろうとしている、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
113おすすめ

2017-12-09

[新米ドライバー ②] ついてたねー久し振りに空港へ Go!

土曜日は比較的に暇な日が多い、半日が終わろうとしているがさっぱりだ、早めに昼飯にして心機一転午後から頑張るかね、、いつも休憩する港園は土曜日は家族連れで駐車場は一杯になる、従って土曜日は家に帰り昼食にする事が多い。今日は駄目だなー、土曜日は暇な日が多いが時々長距離があるんだが、暫く空港も行ってないなー、、と思いながら家に向かって走っていると無線で呼んできた、1○○は○○の○○クリニックに向かってください、後程データーを送ります! ときた。いつもお世話になっているお医者さんだ、来週になったら行こうと思ってたんだが、いつも仕事の帰りに制服で診察に行くので、○○交通に行ってるのかね、いつも利用させてもらっているんだよ! との事だったんだが、内心、 昼にしようと思ってるのに、どうせ医者帰りのお年寄りだろうぜ、まーもう一回仕事をして昼にするかね、暫くでチンコン、チンコン、配車でデーターを送ってきた、なに! 見ると、「院長先生、空港まで」 とある。ラッキー、、暫く待っていると出てこられた、先生、いつもお世話になっております、、乗車されて間もなく、 ○○さん、山に登るんですか? 先生も山が好きで学生の頃に北アルプスの槍ヶ岳、剣岳などいろいろと登られたそうで、空港に着くまで山の話に花が咲いたね、、 ○○さん、明日は休みかね?明日の夕方帰ってくるんだが、帰りの迎えの運転手さん、まだ決まっていなければ迎えに来てくれないかね! 有難うございます、お迎えの運転手が決まっていなければ喜んでお迎えにまいります、、、と言う事で思いがけなく運収もあがり、明日も夕方空港までお迎えに行くことになった。
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
70おすすめ

2017-12-08

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 朝はどこから ♪

作詞 :森 まさる    朝はどこから
作曲 :橋本国彦

 
 

(1) 朝はどこから来るかしら
  あの空越えて 雲越えて
 光の国から来るかしら
     いえいえ そうではありませぬ
 それは希望の家庭から
 朝が来る来る 朝が来る
「お早う」「お早う」

(2) 昼はどこから来るかしら
   あの山越えて 野を越えて
    ねんねの里から来るかしら
     いえいえ そうではありませぬ
それは働く家庭から
 昼が来る来る 昼が来る
「今日は」「今日は」

(3) 夜はどこから来るかしら
  あの星越えて 月越えて
   おとぎの国から来るかしら
     いえいえ そうではありませぬ
 それは楽しい家庭から
 夜が来る来る 夜が来る
「今晩は」「今晩は」

 

昭和21年3月(1946年)、敗戦直後の暗い世の中を明るく、日本を励ますため朝日新聞が健康的な誰でも口ずさめるホームソングを全国に募集し、10526通の応募の中から一等当選したのがこの詩で賞金は千円であったと言われている。岡本敦朗のデビュー曲でもある。
仕事で市内を走り廻っていると、10時になると中心部のデパートの開店時にパイプオルガンの演奏だろうか、流れる曲だ、、、
 

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
91おすすめ

2017-12-07

[第2の人生] 名古屋入港、依命下船


6月10日の早朝に本船は名古屋港に入港した、しかし2~3日沖待ちという。港内には沢山の内航、外航船が行き交う、官憲が乗船してくるので早めに朝食を済ませ入港手続きの準備も完了した。無線室で通信長とコーヒータイムをやっていると、クオーターマスター(操舵手)が来て、税関のボートが本船に向かってきます! との事。通信長が、次席君、税関をタラップまで出迎えに行って! クオーターマスターとタラップへ、ボートが本船のタラップに横づけされ税関がタラップを登って来た、何だ! 制服を着た二人に続いて作業服を着た税関も数人乗船してきた。船内サーチだな? サロンに案内すると制服を着た税関が、これから船内サーチを実施します、どなたか一緒に付き添いお願いします! 内心、本船なんかサーチしても何も出てこないよ 、、税関に付き添い乗組員の部屋を数か所、部屋のベッドの下、ロッカーの中などを調べるが何も出てこない、エンジンルームも調べたのには驚いた、結局ポルノ雑誌が部屋から1冊出てきたのみ。土産に買ったサンキストオレンジ2箱は植物検疫を受けなければならないので着岸後検査を受けて船食に送ってもらう事にお願いした。交代の次席さんも乗船してこられたし簡単に引き継ぎをして本船で最後の昼食を食べてサロン食堂で乗組員に挨拶をしてサンパン(通船)に乗るためタラップを下りサンパンに乗り移り1航海お世話になった本船を後にした。北米航路の木材専用船 清峰丸/JENU (10,182トン)(写真)、今度はいつ本船に乗船するか解らないがそれまで、あばよー、御安航を祈ってるよ!
 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
77おすすめ

2017-12-06

[新米ドライバー ②] ついてたねー!

タクシー業界にとって12月は1年で一番いそがしくなる月である。しかし hamさんの昨日までの運収は思わしくない、、そろそろガツンとこないと取り返せなくなっちゃうがなー、、昼の時間帯になるとほとんどのドライバーは昼食に入るのでタクシーの台数が減る、従ってこの間に少しでも稼ごうと、せこい考えで動き回っている。昼過ぎ市内中心部を流していると片側3車線の反対車線で数人タクシーを探している素振り、慎重に車線変更をしてUターンし近づくと手が挙がった。運転手さん、あと2人いるんだがもう一台呼んでくれませんかね! すぐに無線で配車室に手配、3人が乗車され、行き先は市内だが遠方だ、しかもだ、目的地で少し待ち、その後数か所を廻るとの事だ、こりゃ最高だわ、、料金メーターではなく貸切で動くことになった。時間貸切なので急ぐ事は無い、むしろゆっくりと時間をかせいだ方がこちらには有利になる。現場に着くたびに車から降りて調査をしている、内心、どうぞどうぞごゆっくり? お蔭で数時間の貸切となり運収も一気にアップし、今までの遅れは取り戻したかっこうだ、昼飯は食いっぱぐれたがね、、昼なしで思いっきり仕事をし腹も減った、いつもより早めに仕事を切り上げて帰宅、、相方が、あら、どうしたの、こんなに早く帰ってきて??
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
86おすすめ

2017-12-05

[今日の話] 初雪?

朝の6時過ぎに家を出ると、ヒヤットする、おー、今日はちょっとひやっとするな、、点呼を受けて出庫し、ラジオを聞いていると、気象協会の人が、今朝、大分地方は今季最も低い気温を記録しました、ひょっとすると市内で初雪があるかもしれません! との事。日中は晴れてはいたが冬型で風が冷たい、この程度の寒さは故郷の新潟ではしょっちゅうだがね、、空を見上げると雲がかかっているところと晴れて陽が差しているところが、仕事で雲がかかっているところを走っていると、フロントガラスに小粒の雨らしいものが、おー、天気雨かな? ラジオで気象協会の人が 大分市で初雪が観測されました、昨年より40日、例年より16日早い初雪です、、、、! とのこと。なにー、初雪だとー? フロントガラスをよく見ると確かに米粒くらいの雨の跡が確かに雪の結晶のようにも見える、勿論道路に落ちる頃には溶けているし道路は乾いている。 これが初雪かよー? 雪と言うと白い綿のようなものが空から落ちてくるイメージがあるんだが、ご当地の初雪はちょいと違う。モニターに担当者から 「スタッドレスタイヤに履き替える車は申し込んでください」と入った、そして暫くすると「申込者が多く本日は申し込みを打ち切ります」だと、、ほーッ!
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
85おすすめ

2017-12-03

[hamさんの登山記] 大分百山 大平山(扇山)登山


別府市の山側に春から夏にかけては緑の草原が、秋から春までは草が枯れて黄色に見える山、大分百山の大平山(810m)別名、扇山。毎年4月の第一週に別府市で別府八湯(別府温泉・浜脇温泉・観海寺温泉・堀田温泉・明礬温泉・鉄輪温泉・柴石温泉・亀川温泉)の温泉の恵みに感謝するお祭りとして「別府八湯(べっぷはっとう)温泉祭り」が開催されるが、この祭りのメインイベントとも言われる「大平山火祭り」で大平山の野焼きが行なわれ、大きな炎が別府の夜空に映える光景はとても素晴らしく多くの見物客が訪れる。陸上自衛隊別府駐屯地の南側から登る予定で現地に着いたが、「立ち入り禁止」の看板が、案内板を見ると、自衛隊敷地内につき立ち入り禁止とあるが、但し遊歩道利用者を除く、とある。道路脇の空きスペースに車を止めて準備をしていると、ウオーキング中の高齢の男性が下ってきた、恐らく近くにお住いの人と思い尋ねてみると、山に登る人は皆さんここに車を止めて登っているようですよ、との事だ。登山口などを尋ねると、ご丁寧に何度も何度も説明していただいた。樹木の向こうに黄色に見える山が大平山だ、、、
 

左側に境川の工事現場を見て進むと間もなく右に鋭角に戻るように緩い登りの小道がある、ここかなー! ちょっと自信が無いがダメなら直ぐに戻ればいい、進むと直ぐに自衛隊駐屯地の敷地の金網が続いている、ちょっと自信が無いんだがよく見ると靴の足跡らしきものが確認できる、行ってみよう! 間もなく草原に出た、別府市街、別府湾、国東半島などが見渡せ素晴らしい光景だ、別府温泉の湯けむりが何本も上がり、さすが温泉地別府だ、、既に汗をかいてきたし、ひと息入れてチョッキを脱いで又登り始める。
 

右の別府湾側が黄色く枯れた草原、左側が樹林帯、その間が防火帯となっている(写真)、ここを登るわけだ。しかーしだ! この登りが急登なんだ、以前に仕事でお供したお客さんが、運転手さん、扇山に登ったことがありますか、標高は低いが頂上までずっと、きつい登りで、良い訓練になりますよ! と言われたことを思い出した。一息を入れてストックを準備して息を切らして一歩一歩登る、、
 

登りも段々ときつくなる、こりゃ下山は怪我をしないように気をつけないといけないな、、下には別府扇山ゴルフ倶楽部も見える、元気なうちに、こんなロケーションのゴルフ場でプレイしてみたいがね、、
 

富士山と同じで、あそこが頂上だろう、、と思うんだがなかなかだ、途中から岩がゴロゴロと出始めると頂上も近い。スタートして約1時間40分、大平山(扇山)の頂上に到着した(写真)。私の今の体力では2時間半くらいかな、と予定していたが、ほぼコースタイムで上出来だわ。



頂上は貸切だ、別府湾と反対側の木々の間から内山が見えている、こちらから縦走で内山も行ってみたいんだが、今回はこちらまで。湯煙の別府市街(写真上)、別府湾から遠く国東半島が望め(写真中)、周防灘も見えるようだ、目を反対側に向けると、別府市街から大分市街もかすかに望める、海岸に突き出た山がお猿で有名な高崎山だ(写真下)。少し靄がかかり残念だが四国は見えない。暫くすると男女二人ずれが登って来た、賑やかな声が聞こえると思ったら、山側の内山方向の登山口から登って来たと言う、延岡から来られた60歳代と思われる三人のグループが、、30分ほど頂上で景色を堪能して下山を始めた。怪我をするのは下山時が多い、浮石、滑りに気を付けてストックを使い、バランスをとって慎重に下山だ。そして無事登山口に戻ってきた、快晴に恵まれ最高の一人登山であった。
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
127おすすめ

2017-12-01

[新米ドライバー ②] 月初めに嬉しい出来事


今日から師走、月の初めにいい事がありましたでねー、、デパート横から乗車の60歳代と思われる女性、駅前の交差点で信号待ちをしていると、 この車は気持ちが良いわねー! と言われた。内心、悪い事ではないと思うんだが、何か特別な事でもあるんだろうか?? 有難うございます、何かございますでしょうか? 参考のために訊ねてみた。よくタクシーに乗りますが車内がこんなに綺麗で気持ちの良い車は初めてですよ、運転手さんの人間性なんでしょうね! いえー、とんでもございません、いい加減な、だらしのない人間なんですが、、、、随分とお褒めを頂いて恐縮した。お客様が乗車される車だ、車外よりも車内を綺麗にしておくのは当たり前と考えるが、以前にお世話になったタクシー会社では1~2か月に一度、白いタオルが支給されるので毎日綺麗に洗い車内が汚れたりホコリが付いたりすると直ぐに拭くようにしていた。お客様から見える、運転席、助手席の座席の下、ダッシュボードや運転席の計器、スイッチなどにホコリが付くと目立つので直ぐに(一日2~3回)拭くようにしている。またレジャーカー、マイカーではないので余計な物は一切付けたり、ぶら下げたり、置いたりしない事にしている、ましてやカップホルダーなど付けて飲み物を置くなどはとんでもない。しかしご当地のタクシーでは、勿論お客様の乗車中に飲むドライバーはいないだろうが、カップホルダーを付けてコーヒー、お茶などを置いている車は多い。お客様が荷物を入れるトランクも余計な物は置かず綺麗にするように心がけている。やっぱり見る人は見ているんだなー、、努力なんて大げさなものではない、当たり前の事かもしれないが、やって来たことが認められたような気がして嬉しくなったねー、、、  
 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
120おすすめ

Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、

Tools




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Recent Comments

Contact

RSS

Access Counter

04988203

QRコード

Page top