2017-07-31

[新米ドライバー ②] 不思議なお客

昼前にあるマンションに配車になった、 ○○○と○○○の間で、、、 とある。指定された場所は歩道に60センチ幅くらいの植え込み部分があり乗車するには植え込みをまたぐか植え込みと植え込みの空いているところを通らないといけない。4~5メーターくらい先には植え込みが切れたところがあるのでそこで待っていると、大きなゴミ袋などを下げてマンションから出てきた80歳前後と思われる女性。 ゴミを捨ててくるからそこの間のところで待ってて! と言う、 間のところと言っても歩道からこの植え込みをまたいでくるのかよー、あれー、この人以前にも3~4回ほどお供した事のある人だが一つ路地を入った小さなマンションにおられたがなー、こちらに引っ越したんだな、行き先は市内だが結構離れているスーパーだが3,000円ちょっとになるはずだ、乗車中に色々と話しかけてくる、帰りに○○のローソンの裏の方の家に寄るから場所を覚えておいて! と言う。スーパーに到着する前に、左折すると数台止められる駐車場があるから空いていたらそこで待ってて! と言う、ちょうど駐車場は空いていた、 お客さん、それではこちらでお待ちしています、、以前にも数回お供しているし、結構な料金になるので待ち時間を頂かないようにメーターを支払いにして待つ事にした。どおうせ10~15分くらいだろう、、 しかーしだ! 30分経っても40分経っても出てこない、 以前に乗車された時も市内だが片道3,000円くらいするところのドラッグストアーまで行って、数分で折り返し6000円くらいになったこともある、このドラッグストアーならここまで来なくても、もっと近いところに何軒もあるのに、、と思ったことがあり、ちょっとおかしいんじゃないの? と思ったことがある。まさか乗り逃げじゃあるめーなー?? 段々と不安になってきた。メーターは三千???円で止まったままだ、よし、1時間待って出てこなかったら、スーパーの中を確認して会社に連絡をして指示をもらおう、、隣の駐車レーンには既に2組のお客が出入りしている。1時間になったが出てこない、よしあと10分待ってみよう、それが限度だ、10分経った、よしスーパーの中を確認してみよう、客は僅かだから直ぐに確認できるはずだ。車から降りて入口に歩きはじめると両手に袋を持って出てきた、お待ちして悪かったの言葉も無し、もっとも本人は料金は待ち時間を入れていると思っているのかもしれないがね、、一つの袋にはメロンが二つ入っているのが見える、それじゃさっきのローソンの裏へ行って! 内心、目的地の随分先にあるスーパーに寄らなくても、もっと手前にもスーパーは数軒あるのに、ちょっとおかしいんじゃないのかな? ローソンの裏の方へ回ると、確かこの家だと思ったんだがなー、運転手さん、入口は何処だか見てきて! と言う。車から降りて確認すると立派な門構えのお庭があり立派な家だ、失礼だが、どちらかと言うと薄汚い格好のお客さんとはちょっと不似合の立派な家だ、ちょっと待ってて! と言う。こちらでお待ちしていますが、お時間かかりますか? と訊ねると直ぐに戻るとの事だ、時間がかかるようであればメーターを入れて待っていようと思ったが、、今度は5分くらいで家の人と一緒に出てきた。 ヤレヤレ、2時間ちょっと過ぎてマンションに戻ってきた。料金の支払いになると、小銭がたくさん入ったビニール袋を出して100円硬貨、50円硬貨、10円硬貨で数千円分、そのうちに袋を私に渡して、ちょっと目が悪いから出して! と言う。100円と50円、10円硬貨で千円分追加し、お客さん、残りは1円、5円、10円硬貨ばかりです、残り千円です、すると1万円札を出して、お釣り九千円ちょうだい! 九千円を渡すと、これあげるわ! と小銭の入ったビニール袋を差し出した、多分4~5百円分くらいあるだろう。タクシードライバーは比較的に、下目線で見られることが多いんだが、ちょっと馬鹿にされたようで躊躇したが、どうせたくさんの小銭の釣り銭が必要なので、有難うございます、 頂いたよ、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
81おすすめ

2017-07-30

[豊後ぶらり旅] 日田市豆田町

今月の初めに襲った九州北部豪雨で大きな被害が出た大分県日田市、仕事で数回にわたり日田市を訪れたが被害の大きさに呆然とする、、多くのボランティアの人々が熱い中、汗を流している光景を目にしたが私にはちょっと無理か、僅かな募金で協力するか、活気を取り戻す手助けになるかと日田市を訪れてきた。



来月に入ると第99回全国高等学校野球選手権大会が甲子園球場で開幕するが、大分県と言えば津久見高校と大分商業、日田林工を思い出す、私の記憶に誤りが無ければ縦じまのユニホームが目に浮かぶんだがね、、最近は夏になると日本一暑かった町で良く名前が出るようになった。
 


日田市は大分県の西部に位置し福岡県と熊本県に隣接し、周囲を阿蘇・くじゅう山系や英彦山系の美しい山々に囲まれ、これらの山々から流れ出る豊富な水が日田盆地で合流し、筑後、佐賀平野を流れ流域住民の生活や産業を潤しています。また古くから北部九州の各地を結ぶ交通の要所として栄え、また江戸時代には幕府直轄地、天領として西国筋郡代が置かれるなど、九州の政治、経済、文化の中心地として繁栄し、当時の歴史的な街並みや伝統文化が今なお脈々と受け継がれている。その代表的な街並みが豆田町(写真)である。


北部豪雨で観光客の客足が減りホテルなどもキャンセルが続出したようだが客足も元に戻りつつあり夏休みに入り鵜飼見物や屋台船などが賑わっているようだ。私が訪れた時も大型観光バスが到着し海外からの観光客で賑わっていた。涼しくなったらまた訪れようと思っている、、、。
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
100おすすめ

2017-07-29

[新米ドライバー ②] 面白いお客さん

朝の八時過ぎに市内中心部のファッションホテルに2台口で配車になった、私が1台目だ、2台口で配車になった時はほとんどが1台目に女性が乗車する、しかしこの時間に帰るのは夜の勤めの女性がほとんどだ、一般の女性はアパート住まい以外は遅くとも2~3時ころまでには家に帰る、自慢じゃないが長い経験ですね。二人が出てきたが、ピンポーン、 的中だな。短いスカートを履いている、短いと言うよりは、履いていないと言った方が合っている。行き先は近くのアパートだ、下車してアパートの階段を登るのにスカートを気にしている、内心、余計な事だが、そんなに気になるならもっと長いスカートを履いたらどうなの、、、

市内中心部から離れたところで空車になり中心部に向かっているとあるファッションホテルに配車だ。おー、このホテルは初めて行くなー、薄暗いホテルの中の駐車場に入って行くと、大きなマスクをした女性が一人でスマホをいじりながら立っている、この女性はかなりの年齢だな? 近くのアパートで下車、、、

午後、古い小さなマンションに配車になった。玄関に着いて待っていると間もなく40歳代と思われる男が出てきた、頭の髪は短くちょっと怖い顔つきだ、乗車すると、○○町の連れ込みホテルに行って! 今の時代、連れ込みホテル なんて言う人は珍しい、しかも○○町には何軒かのホテルがある、お客さん、○○町には何軒かホテルがありますがどちらでしょうか? すると、名前はよく解らんのだよ、ソレ、とか コレ とか 言ってよー! お客さん、1年くらい前に名前の変わったホテルですか? いや名前の変わったホテルではなく、大通りに面してあるホテルだよ! あー、○○ですね、解りました、、すると、運ちゃん行ったことあるの? ときた、 いえ、私は仕事で何度も行きましたが、、 すると、 そーだよな、そんなに若くはないもんな、、ときた。 内心、 大きなお世話だわ、 sad  目的のホテルに近づき裏口に回るため大通りを左折しようとすると、 おい、おい、何処へ行くの、ここだよ! 片側3車線の車の多い通りだ、こちらの入口から入る人はほとんどいない、 いえ、裏口の方が目立たなくて良いかと思いまして、すると、 このホテルに入るって事は悪い事なの? ときた、いえー、お客さん、とんでもございません、直ぐにちょっとバックします、 堂々と大きな顔して入ってよ、なんならここでクラクションを2~3回鳴らしてもらってもいいよ、みんなこちらを見るから! と言う、 たしかこのお客さん、以前にもこのホテルまでお供したことがあるなー、、?? この時間に一人でホテルに行く、相手はその道の女性だろうがね、、、

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
68おすすめ

2017-07-28

[街中で見かけた話題、光景] 懐かしい光景


 
朝一番で市内中心部の某ホテルに配車になった、二人のビジネスマンがご乗車。佐賀関精錬所まで! 内心耳を疑った、佐賀の関は今までに数回行った事がある程度だ、念のため お客さん、パン パシフィック カッパーの佐賀関精錬所でしょうか? そうです! 間違いない。佐賀関精錬所(写真)は昔船乗り時代に南太平洋のフランス領ニューカレドニアからニッケル鉱を積んで十数回、入港している懐かしいところで、当時は日本鉱業佐賀関精錬所と言う名前だった。
 

 
佐賀の関の町も昔に比べると随分と変わったな、精錬所の高い煙突も昔は確か二本立っていたと思うんだが今は一本だけのようだ。トンネルを抜けると精錬所の岸壁に大型船の姿が見える、ひょっとして昔お世話になった会社の社船ではないだろうか、、段々と近づくと船体に WISDOM  LINE と入っている、違ったな! タグボート3隻の姿も見える、これから着岸するところのようだな。 精錬所の守衛所でお客様を下し、帰りに遠廻りをして本道から外れ旧道に入り小高いところから見学だ、好きだねー!



船首部分の形からして AMIS FORTUNE  55,468 重量トン と思われる、、、

 

 
Parmalink : Comment(2) / Trackback(0)
89おすすめ

2017-07-26

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ とんがり帽子 ♪ ひばり児童合唱団

まだテレビの無い子供の頃、ラジオから毎日のように流れていて、いつからと言う事なく口ずさむようになった、、、

「鐘の鳴る丘」 とは戦争の空襲などで親や家を失った戦争孤児たちが街にあふれていた時に、復員してきた主人公が孤児たちと知り合い、信州(長野県)の山間の郷で共同生活をはじめ、明るく強く生きていく様子を題材にした物語で、その共同生活の施設が丘の上にあり屋根に時計台を備えていた。NHKラジオで放送され、主題歌が「とんがり帽子」で敗戦で打ちのめされ、苦しかった時代に多くの人々の共感を呼び大ヒットした曲だ、作詞:菊田一夫、 作曲:古関裕而 で昭和23年の選抜高校野球の入場行進曲にもなった。
 

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
79おすすめ

2017-07-25

[豊後の名所・史跡] 高塚愛宕地蔵尊


大分自動車道の 天ケ瀬、高塚IC を下りて直ぐ、高速道で大分市から向かうと右手に見えてくる、高塚愛宕地蔵尊に行ってきた。
高塚愛宕地蔵尊は奈良時代に行基が開山したと言われている由緒ある地蔵尊で神仏混淆(こんこう)の形式を残している地蔵尊として知られ、願い事なら何でも叶えてくれると言う所願成就にご利益があると言われ、自分の年の数だけ願い事を書いて奉納すれば、よりご利益を頂けると言われ、2,000体以上のお地蔵さまが奉納されている。



今から千二百年余年前の天平十二年、行基という偉い僧が聖武天皇の命を承けて、筑紫の国を巡られました。帰路、豊後の国日田郡を経て求来里村杉原にいたり、みどり深い東西の地形を眺めたとき、行基は身の引きしまるような霊気と、言いようのない有り難さに心を打たれ「この地こそ、国や人々の悩みを救う大権現様の出現される霊地に違いない」と予言されたのでした。行基はそれから岩松ヶ鼻(現在の天瀬町馬原の鞍形尾)を通って、この高塚の里に着かれました。

山中で一心に地蔵菩薩を念じていた或る晩のこと、東南方にそびえる大きな公孫樹(いちょう)の中辺に、突然、金色の光を放つ三個の玉を見たのです。行基はおどろき、我が祈りが地蔵菩薩に届いたおしるしであろうと、なお一心に祈り続けました。夜が白みかけても玉の光はおとろえません。行基は従者をしりぞけ、ひとり、いちょうの大木に登ってみると、三個のうち、ひときわ光る一個は乳房の形をした宝珠でした。

宝珠を捧げて地に降り立った行基は早速、みずからのノミをにぎって一体の地蔵菩薩を彫り、里人たちに『まことの心をもって宝珠、地蔵菩薩に祈願するなら広く万物は産み栄え、一切のご利益を与えられよう』と説かれたのでした。その後、いちょうの大木は『乳銀杏』(ちちいちょう)と呼ばれ、永い歴史の間、子宝を恵む霊樹、母乳をさずける霊樹、子供のすこやかな成長をかなえてくださる霊樹として、人々の崇敬を集めてきました。

行基は天平21年2月2日、八十二才で亡くなりました。その後天暦6年2月行基の御遺徳を偲んだ里人たちが、大いちょうのかたわらに小さな御堂を建立し、行基のきざんだ地蔵菩薩を祀ったのが『高塚愛宕地蔵尊』の始まりです。
                             = パンフレットより抜粋 =

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
85おすすめ

2017-07-24

[今日の話] 遂にやったー!!

1年くらい前よりブログにスパムコメントが入るようになった、ほとんどが海外からのもので自分のサイトに繋げるものだ、 おーい、他人のサイトを使って商売するな! と思うがパソコンの知識が無いhamさんにとってどうする事も出来ない。問題は RECENT COMMENTS の欄が直ぐに埋ってしまい、必要なコメントが入っても見落としてしまう事だ。毎日せっせと削除したが多い時は一日に十数件のスパムが入る、しかも入るスパムは1~2年前から8年前までのページであり、ページは直ぐに解るが削除や編集するためのリストから削除するためのページを探すのは結構な時間を費やす。こんなことを毎日やっているわけにはいかない、思い切って1~2か月コメント欄を閉じることにした。1~2か月後に恐る恐るコメント欄を開いたがスパムが入ってこない、 シメタ  しかーしだ! 数か月前より又入り始めた、1か月くらいコメント欄を閉じたが開くとまた入ってくる、フィルター機能も設定し、認証機能も付いている、こりゃお手上げだね、、、しかし有難いことに他県にお住いのブログ友から色々とアドバイスを頂きスパムの入るページを同じ日付で作り直し旧ページを削除したらどうか、、とアドバイスを頂き、時間のある時に少しづつ作業にとりかかり昨日スパムの入るページの複製が終了した。一日たってもスパムコメントが入ってこない、、 やったー、ざまーみろ! ブログ友さん、有難うございました。こんど又はいり始めたらこの手でいけば良い、、 
Parmalink : Comment(4) / Trackback(0)
81おすすめ

2017-07-23

[第2の人生] 鶴邦丸、 退職、そして入社

徳山市(現周南市)の製油所の桟橋で40日間お世話になった油送船 鶴邦丸 を退職のため下船し、東京に向かうために宇部空港に向かい飛行機で羽田に着くと夜もたっぷりと暮れていた。今日はもう遅いので寮で止まるべく浜松町から高輪の泉岳寺の隣にある寮に向かった。随分お世話になった寮で懐かしい、、寮の玄関に立つと中から聞きなれた先生の声が聞こえる、、こりゃまずい時に来ちゃったなー、すると何か聞いたことのある声も聞こえるが、まさか日永丸でお世話になった時のキャプテンじゃないだろうな、、研究室にいた時に、海上における電界強度の測定、気象衛星 ESSA からの画像受信、などの実験助手で先生と、○○○大学の○○先生とフィリピン航路の材木船に2航海乗船したがその時のKキャプテン(船長)と思われる声もするが、、、
 
いまさら帰るわけにもいかず玄関の戸を開けた。おー、おまえちょうどいいところに来たよ! 先生、○○海運を退社しました!  私が退職のために下船した事は、私の交代で乗船されたY先輩から聞いていたんだろう、、おー、お前はもう船に乗らないのか? いえ、また船会社に就職したいのですが、、すると、実験で日永丸に乗船した時のキャプテンがみえているからお願いしてみろよ、、お世話になったキャプテンが陸上籍に変わり今は船員課長である、ちょうど寮の誕生会に招かれていたわけだ。キャプテンから、 ○○、おまえうちの会社に来い、、内心は貨物船が多い会社に就職したいんだが、話の成り行きで、はい、お願いします!  明日にでも会社の船員課に顔を出せよ! と言う事になり日正汽船(写真) (現、JXオーシャン(株))に入社する事になった。 まー、いいか、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
90おすすめ

2017-07-22

[新米ドライバー ②] 有難いお客様

先週のことだ、三年前に癌で入院した時にお世話になった(今でも半年に一度お世話になっている)主治医の先生から携帯に電話が、、 ○○さん、未だタクシーに乗ってますかね?  はい、お陰様で未だ働かせてもらってます、、 来週また学会で東京に行くんだが空港まで乗せてってくれますか? と言う事で空港までお供させてもらった、明日の日曜日にお帰りになるので、本来は日曜日休みなんだが月曜日と振替で又空港までお迎えに行くことに。車内で色々と医療の事を訊ねると快く教えていただける、有難いですねー、、、

午後デパート横の一方通行の道を流していると、長年当社のタクシーをご利用いただいている女性のお客さんが歩道を歩いて姿が、 ○○さんじゃないか?  減速して近づくと、私を見つけてびっくりした様子、 停車して、 ○○さん、お買い物ですか? ちょっと買い物でもするかと思ったけど○○さんの顔を見たからもう買い物をしないで帰ります、乗っても良いですか? と言う事でご乗車、 ○○さんはいつも言葉も丁寧で、、、、、、、、! 色々とお褒めを頂いた、 お客さん、私は未だ大分に来て4年くらいで大分弁もよく解らないんです、、 当たり前の事だが、わたしは親しい人でも仕事中はお客様だ、敬語を使いなるべく標準語を使うよう心掛けている、方言は自然に口から出るようにならないと、無理に使うとおかしな事になる、、

またデパートの横の一方通行の道をゆっくりと流していると、よく当社のタクシーをご利用される、ある会社の社長夫人と近くにお住いの妹さんの二人がデパートから出てくる姿が目に入った、どうせタクシーに乗車されるだろう、車を止めて待っていると、こちらの車を見て二人で大笑いをしながら乗車されてきた、 お客さん、何か良い事でもありましたか? 訊ねると、 いや運転手さん、若い綺麗な二人ずれの女性なら手を挙げなくても止まってくれるのは解るけど、小母さんの二人ずれにも黙って止まってくれて有難うございます! 内心、おばさんよりもお婆ちゃんじゃない、、よく姉妹二人で買い物に来られているが車内の会話を聞いても仲の良さがうかがえる、、今日は有難いお客様ばかりだったなー、、、

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
78おすすめ

2017-07-21

[今日の話] 健康相談

ご当地に引っ越してきて四年ちかくお世話になったかかりつけ医、もともとは血圧が少し高めで毎月お世話になっていたが、予防注射や数か月ごとの健康診断でもお世話になった。 しかーしだ! 血圧の測定結果などなど、いくつかの点で不信感を持つようになった、、先生にはっきりと訊ねればいいじゃないか? とも思うだろうが、それだけの勇気もないし先生にも当然プライドがあるだろう、失礼だが今の時代クリニックは幾らでもある、、昔と違い患者がクリニックを選ぶ時代だ、、
 
降圧剤服用時から飲まなくなった状態まで1か月半ほど朝と夜の血圧を測定し表とグラフにして(写真)、以前にお世話になった先生のアドバイスもあり専門の循環器科クリニックに行ってみた。お薬手帳も持っていき今の薬を飲み始めた時期、経緯、今までの行きつけクリニックでの状況などを説明した。先生が詳しく説明し、 ○○さん、2週間ほど毎朝、起きてトイレに行きその後すぐに血圧を測定し2分間安静にしもう一度血圧を測定してください、、その結果を見ていろいろと判断をしましょう! と言う事になった。毎朝起きて測定すると多少の測定値の違いはあるが大体おなじ測定結果にる、 なるほど、これが私の血圧の値だな、、 測定結果を表とグラフにして先生に見せると、以前は10ミリを一錠飲んでいたが、今度は同じ降圧剤の5ミリを一錠になった。毎朝起きて測定すると薬を飲み始めて5日目頃より数値が下がり以後はほとんど85/125前後と同じような数値が続く、1か月後、薬も無くなるので毎日の測定結果を持ってクリニックに行くと、良いですねー、暫くはこれでいきましょう、又寒くなると血圧が少し高くなると思いますがその結果を見てまた判断しましょう! 先生、下の数値が少し高いんじゃないでしょうか? いや、下の数値は今のところ気にしないでいいです! 色々と説明をしていただき納得した。
Parmalink : Comment(2) / Trackback(0)
90おすすめ

2017-07-20

[街中で見かけた話題、光景] 九州北部豪雨


福岡県、大分県を襲った九州北部豪雨から二週間になる、この間仕事で何度も被災地を訪れたが酷いもんですね、今日は福岡県にも入ったが思わず、うわー、ひどいなー! 被災された人々の事を思うと言葉が無い。被災地の写真を撮るにも気がひける、他人の目が無い時をねらって撮ってみた(写真)、JR日田、彦山線だが線路は材木、ゴミ、土砂で覆われている、この辺一帯も大雨で川になっていたことが窺える、復旧までには相当の月日がかかるだろう。人家も全壊、半壊などひどいもんです、浸水した家も多く見られ35度近い猛暑の中、多くのボランティアの人達が一輪車でドロドロの土を運んだり汗を流していた。道路の両端には流れてきた木が散乱している、また土砂が崩れ道路を覆っていたんだろうが、かろうじて片側交互通行の箇所もあちこちにあり、道路の端が崩れているところ、ひび割れのところ、夜はちょっと怖くて走れない。運転手さん、ここから私は歩いていくからこの辺で待ってて、こんな状況の中をタクシーで乗り付けたら地元の人に叱られるわ! 安倍首相は視察に見えたが、多くの自衛隊員が暑さの中不明者の捜索、復旧作業に頑張っているのに防衛大臣は何をしてるのかね? という声も聞こえたね、、、犠牲になられた多くの人たちのご冥福を祈り、一日も早い復旧、復興を祈らずにはおれない、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
74おすすめ

2017-07-19

[古い航海日誌 日正丸②] 宮津出港、尾道の向島ドッグ休暇下船

京都府宮津市の日本冶金での荷役作業は終わった、停泊中に天橋立見物などに出かけ有意義な3日間だったな。山陰沖から関門海峡を通り瀬戸内海へ、、一年前の11月26日大分県の佐賀関で本船、貨物船 日正丸/JMVY(写真) 1万2千トンに乗船し約11ヶ月ちかくになる、千葉県の君津市の新日鉄の君津製鉄所で鋼材を積みパナマ運河を通り大西洋へ、カリブ海で正月を迎えイタリヤ、アメリカ、メキシコ、カナダ、オーストラリア、韓国、シンガポール、インドネシア、パプアニューギニア、ニューカレドニア、と行き訪れた港は日本、9港、海外16港、合計25港を訪れたことに成る。本船では色々な経験をした、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸を左右に見ながら通ったジブラルタル海峡、イタリヤ、ベニスでの観光、バンカー(給油)で寄ったバンクーバーの綺麗な町、アラスカ、スキャグウエイでの氷河、オーストラリア、タスマニア島ホバートの秋の景色、韓国、釜山での高校野球見物、それと淡い恋?、 シンガポールでの居酒屋、インドネシアの田舎町での戦争がもたらした日本人2世との出会い、南の島ブーゲンビル島での魚釣り、ニューカレドニア、ヌーメアでのバーべキュウ、。南太平洋での台風との遭遇、カリブ海で迎えた正月、南半球での南十字星、など等思い出せばきりが無い、、、
 
瀬戸内海の綺麗な景色を眺めていると色々な事が思い出される、入港した色々な港でそれぞれ思い出がある、午後には広島県尾道市の向かいにある日立造船向島工場沖に到着しタグボートに曳かれてドッグに入渠した、ドライドッグに入り直ぐに海水が排水され大きな本船が船台の上に座った。喫水線から船底まで藻が付いたり、船体もペンキが剥がれたり錆びたり、悪いが、汚ねー船だなー、、1年近く荒海を航海してきた証だろう、、ここ向島工場(写真)は以前に少し在籍した事の有る会社でも来たことがある。坂の多い尾道市は好きな町のひとつだ、又是非訪れて見たい町だな、今は尾道と向島は立派な橋で結ばれているが当時は橋が無く渡船で渡った、もっとも直ぐ目の前なので数分で着いてしまう、、色々と思い出を残してくれた日正丸だが近いうちに海外に売船になると聞いている。交代の次席通信士と交代引継ぎをして翌日おもいで多い日正丸を後にした、、、   有難う、日正丸、、Bon Voyage
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
74おすすめ

2017-07-17

[今日の話] 猛暑が続く、、

九州南部は数日前に梅雨明け宣言が、同じ九州でもご当地は未だに梅雨明け宣言がない。ラジオを聞いているとご当地の天気予報、日本気象協会の気象予報士の説明では、 もう梅雨明けしたようなもんですが、気象庁が決める事ですから、、、、数日前より真夏日、猛暑日が続いている、最低気温も25度を下らない熱帯夜が続いている。仕事柄、大切なお客様の命をあずかるので寝不足は禁物だ、睡眠時間は十分にとるように心がけてはいるんだが夜中に暑くて目が覚める、又寝付くのに時間がかかる、どうしても寝不足気味になってしまう、かと言って朝までエアコンの入れっぱなしも電気代の事を考えると気がひける。最近は仕事で早朝から県の西部まで出かけ、帰りが深夜になり寝不足が続く、あすも仕事で4時に起きて日田市まで向かい、帰りは又深夜になるだろうがもう少しの頑張りだね、、、
 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
87おすすめ

2017-07-16

[パチリ と一枚] 尾瀬の旅 


福島県、栃木県、群馬県、新潟県にまたがる尾瀬国立高原、どうせ行くなら近くの百名山、お花の至仏山、東北最高峰の燧ヶ岳(ひうちがだけ)も登ってみたいなー、尾瀬ヶ原、尾瀬沼を廻り2山を登る、尾瀬の山小屋で二泊することにした。あいにく前日までの大雨で山小屋のスタッフのアドバイスで燧ヶ岳登山は断念したがその分、尾瀬沼などはゆっくり散策する事ができた。鳩待峠(写真)からスタートし一日目は、アヤメ平、富士見峠、ここから白尾山、皿伏山を通り大清水平から尾瀬沼に出るコースだ。富士見峠から尾瀬沼までは山岳コースで誰一人にも会わず歩くこと約8時間で尾瀬沼にある長蔵小屋(写真下)に到着した。
 


二日目は燧ヶ岳に登る予定を山小屋のスタッフのアドバイスで止む無く中止にした為、時間的に余裕ができ尾瀬沼の北側を歩き沼尻(写真下)で休憩、見晴十字路から竜宮、よっぴつり橋を廻り尾瀬ヶ原を一周して二日目の宿泊地の山小屋のある山の鼻に向かった。今日は午前中は日も差したが午後は時々小雨、二日間はあまり天候に恵まれなかったが明日は至仏山に登る、なんとか良い天気にしたいもんだが、、、間もなく尾瀬の旅から四年になるが一人で歩き続けた3日間、長い人生の中でも印象に残る三日間であった、、、
 
 尾瀬の旅一日目は    = こちら =

 尾瀬の旅二日目は    = こちら =

 尾瀬の旅三日目は    = こちら =


 
2013・7・23~25
by  ham

 

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
106おすすめ

2017-07-14

[今日の話] あれから10年、 ブログ開設10周年を迎えて

三十年近く続けた小さな会社、ピーク時は県内に5店舗を展開し社員も10人いた、バブル崩壊後の不景気風は地方にもじわりじわりと押し寄せてきた。断腸の思いで社員を解雇し店舗を閉鎖した、、午後から一人で営業に廻り、ほそぼそと継続したが一度後退した事業はそうは簡単に回復はしない、、時間だけはたっぷりあるが何かおもしろい事はないかなー、、数年前より友人に誘われてアメリカのIT企業の会員になり毎月会費だけ払い込んでいた、たくさんのコンテンツを提供しているが、その中にブログサービスがある、言葉は良く聞くんだがよく解らない、一つの流行だが俺もちょっとやってみるかなー、、興味半分、遊び半分、、恐る恐るアップしてみた、、  This my first page    おーすごい、できたー、、、
しかーしだ! 作文が上手なわけでもない、かと言って人様に紹介するだけの色々な知識もなければ人生を歩んできたわけでもない 何を書こうか?? 
 
考えた末、仕事の関係でゴルフをはじめ、お蔭で全国100か所を超えるゴルフ場でプレイをする事ができた、柄にもなく几帳面に1回目のプレイからすべてのスコアーカードは保管してある、これを見れば日付は勿論、メンバーの名前やスコアー、ゴルフ場が解る、よし、これを書こう、100回以上は書ける、、むかし趣味がこうじて外国航路の船舶通信士を10年近くやった経験がある、これも書こう、、後はたまに何かあればそれを書けばいいか、「古いスコアーカード」 「古い航海日誌」 「今日の話」 三つのカテゴリーで始めることにした。10年前の2007年7月14日、 「古いスコアーカード」初めてのゴルフ   
 
一人で営業回りをしているある時、無料で普通2種免許の資格を採れる記事を目にした、タダなら俺もやってみるかな、時間だけは十分にある、、と言う事で自動車学校に1ヶ月ちょっと通い無料で2種免許をゲットした。主催者側の勧誘もありタクシー乗務員になる事にした。しかーしだ! これが予想外に私に合っている、お蔭で未だにタクシードライバーをやり10年になる、、自動車学校に通い始めた頃から 「新米ドライバー」 でブログにアップし始めた。
 
ちょうどお供をしたお客さんの勧めで山登りに興味をもち山登りにすっかりハマッテしまった、「hamさんの登山記」 で紹介することにした。お客様に地元の名所旧跡などを聞かれ、お客様に説明も出来ず、こりゃまずいじゃん、、休みの時に地元の名所旧跡を廻り自分なりにちょっと勉強して 「わが故郷」 「郷土の偉人」 のカテゴリーでブログで紹介することにした。折角調べたんだから何とか一冊に纏めてみたいもんだな、、偉そうなことを考え、手作りで 「上越地方の名所史跡と偉人」 を作り上げた(写真)、 孫が生まれて 「仲良し、チビッ子二人」 で紹介したり、カテゴリーもどんどん増えて行った。この間全国各地にお住いの方々、遠く海外にお住いの人からコメントもいただき、郷土の偉人のブログを見て東北にお住いの遠いご先祖の人からもコメントやお手紙もいただき驚いた。またブログを見て今は高知県にお住いの高校の同級生から50年ぶりに便りを頂いたり、ブログを通じて色々な感動も頂いたが、お蔭で今日10年を迎えることが出来た、これもひとえに多くの人にブログを訪問していただいた事に他ならない、感謝でいっぱいだ、、、しかしいつまで続けられるかねー、、、
 
Parmalink : Comment(2) / Trackback(0)
77おすすめ

2017-07-12

[街中で見かけた話題、光景] 豪雨被害


大分、福岡の豪雨から1週間がたったが未だに多くの行方不明者がいる。仕事で数回にわたり被害が出ている地域を訪れたが酷いもんだ。山が崩れて家を押しつぶし、川を堰き止めて道路は各地で寸断されている。道路の両端には材木が引っ掛かり、川にはたたみ1畳くらいもある大きな石がゴロゴロしている。日田市は林業が盛んな土地だが、山に植林したところが崩れたようだ(写真)、<ちょっと映りが悪くわかりにくいですが> 目を覆いたくなるような光景を見て改めて自然災害の恐ろしさを痛感し、被害に遭われた人たちを思うと胸が痛む、、、
数年前より、過去に経験した事のない大雨、暴風雨、、50年に一度の大雨、暴風雨、、などの表現が使われるようになった。やはり温暖化の影響であろうか、しかし元を手繰ればこれ、みんな人間の仕業だ、、、明日も早朝から被害地に仕事で出かけるが複雑な気持ちだね、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
83おすすめ

2017-07-09

[第2の人生] 鶴邦丸 徳山入港、下船

水の子島の灯台を過ぎて右舷には四国の島影が、左舷には九州大分県が見渡せる、行き交う船舶の数が増えてきた、間もなく豊予海峡を通過し周防灘へ入ると瀬戸内海の島々も見えてきた。約40日お世話になったが徳山に入港して下船となる、本船は徐々に減速し間もなく2隻のタグボートが本船と併走し約1時間後に○○石油の専用桟橋に着岸した。代理店、官憲が乗船し入港手続きが始まり、1時間ほどで終了すると直に荷役作業が始まり本社や交代の乗組員が続々と乗船してきて戦場のような忙しさだ。身の回りの荷物は既に整理してある、部屋は交代の先輩が使われるので既にボーイさんが綺麗に掃除してくれた。まもなく私の交代の○○先輩が乗船してきた、 ○○君、おまえ会社を辞めるのか、? 他の会社に就職したい、とも言えず、今後の事はゆっくり考えます、と言う事にした。
入港時の昼食は大体カレーだが本船での最後の昼食のカレーを食べて幹部乗組員に下船の挨拶をした、私の下船理由を知らない乗組員は、次席さん何丸に転船するの? と聞いてくる、いえ、まだ解らないんです、、北米航路の瑞陽丸、錦陽丸、剛邦丸、そして本船鶴邦丸、短い期間であったがみんな気の良い乗組員ばかりだった、冬の北太平洋での苦しい船酔い、一生忘れる事はないだろう。タラップを下り桟橋から眺める本船は大きい、大手海運会社、○○海運のあのファンネルマークの船に乗船することはないが、どこかの港でまた会うだろう、、、本来ならば夜は徳山のキャバレーに行くところだが、そんな気にはなれない、東京へ向かうべく宇部空港に向かった、、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
77おすすめ

2017-07-08

[新米ドライバー ②] 忙しかった1週間

小型の台風3号は長崎に上陸し九州を横断し豊後水道に抜けた、、台風が大分県を直撃したのは実に10年振りと言う、速度の速い今回の台風3号はあっという間にご当地を通過して行った。昼前に急に雨がひどくなり、間もなく風も強くなった、いよいよ来たなー、、 しかし30分もすると風はおさまり雨も小降りとなり間もなく太陽が顔を出してきた。なにかあっけなかったね、、、 しかーしだ! 台風が過ぎ去り被害も無く胸をなでおろすと、今度は梅雨前線が北上し南から暖かい空気が流れ込み大雨となり、ご当地に初めての大雨特別警報が発令され大雨となった。特に県の西部では大きな被害がでて被害に遭われた人々には心からお見舞いを申しあがたい。有名ロックバンドのメンバーをホテルから空港までお供したり、首都圏からの某テレビ局のスタッフを被害の大きかった西部までお供し大雨の中を高速道で帰ってきたが営業所に戻ったのが午前1時過ぎだった、3時過ぎに寝たが習慣で5時には目が覚める、、夕方は早く帰ろうと思ったが次から次へと配車になり帰れるような雰囲気ではない、、幸か不幸か、この1週間は忙しかった。明日の日曜日はゆっくり休もうかね、、、
Parmalink : Comment(11) / Trackback(0)
96おすすめ

2017-07-07

[古い航海日誌 日正丸②] 京都 宮津入港

九州西岸、対馬海峡、山陰沖、そして若狭湾から京都の宮津港に入港した、約1か月ぶりに日本に帰ってきた。この辺一帯は国定公園で海岸線が綺麗だが、沖から眺める景色も格別ですね。入港して直ぐに官憲、代理店が乗船し、いつもの如く慌ただしく入港手続きだ。こちらで数名の乗組員が交代する、私は尾道の向島ドックで休暇下船だ。通信長は奥さまが訪船しておられるし、翌日天気も良いし入港前より考えていた天の橋立へ行く事にした。途中までタクシーで行き、後は普段の運動不足の事も考え、ひたすら歩くことにした。道路の両側には土産物店が並んでいるが一軒に入ってみた、色々な貝殻が売っているが値段をよく見ると、 なにー!  目を疑う、、、ニューカレドニアの土産店で安く買える貝殻が10倍近くの値段だ、、海岸に行けばいくらでも落ちているような貝殻が1,000円前後もする。乗組員が家に帰って花器にすると言って持ち帰った50-60センチも有る大きな貝の片方、(正式な名前は解らないがみんなシャコ貝と言っていたが)ここの土産店で15,000円で売っている。インドネシアの田舎にでも行けば日本のタバコ10個位と交換してくれる、判っていれば沢山の貝殻を拾って、こちらの土産店に引き取ってもらえばいい稼ぎになるなー、、、丘の上に登り話のたねに自分の股から天橋立を覗いて見た、周りを見渡すと他にも妙な格好をして逆さに股から眺めている人が数人いた(写真)、何処に行くあても無く市内を歩きまわり、夕方に棒のようになった足を引きずりながら船に戻った、、疲れたー!

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
101おすすめ

2017-07-04

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ みちずれ ♪ 牧村三枝子

   みちずれ    唄: 牧村三枝子
 
 
 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
101おすすめ

2017-07-03

[hamさんの登山記] 九州百名山 鹿嵐山(かならせやま)登山


今回は何処の山に行くか、夕方から一杯会があるので遠くの山は無理だし、比較的に近い九州百名山の鹿嵐山(かならせやま)に決めた。鹿嵐山は県北西部の宇佐市院内町と中津市本耶馬渓町との境に位置し、奇岩、奇峰で知られる耶馬渓の一角にありツクシシャクナゲの群生地でもある。GPSのお蔭でなんなく登山口(写真)に到着した。先客が1台止まっている、一緒に付き添い介護で来てもらった息子が、このスズキのハスラー津波戸山に行った時も登山口に確か止まっていたな、覚えてる? と言う、 お前な、つい5分くらい前の事も忘れるのに1か月も前の事まで覚えてるか、、、準備をして出発だ、



登山口を出て直ぐにお地蔵様に手を合わせて雌岳を目指した、、、
 

いきなりきつい登りが始まる、登山道は短い間隔で目印のテープが張ってあり間違う事はないが急登で登山道は落ち葉で滑りやすく歩きにくく参ったね、コースタイムでは登山口から雌岳まで50分となっているがとんでもない、、

 

途中なんども一息をいれて2時間もかかってしまったが着くまできつい登りでしたね、、4月の下旬ころであればシャクナゲの花で見事なんだろうが、きつい登りに暑さで参ったね、雌岳(730m)には祠がある、周りは木々に覆われて視界はない、祠に手を合わせ雄岳(鹿嵐山)に向かった、、、
 

雌岳から直ぐに今度はきつい下りで一気に高度を下げる、下ると言う事は又その分登らないといけない、途中で中央登山口からの分岐があり約30分ほどで鹿嵐山(かならせやま)758,1メーターの頂上に到着した(写真)



北方向の展望は素晴らしい、周防灘、国東半島、中津市、英彦山などが見渡せる、、20分ほど休憩し地蔵峠へ向かった、、、
 

今度は一気に急斜面を下る、ロープにつかまり、岩につかまり苦労の末ようやく平坦地にたどり着いた、やせ尾根を過ぎ雑木林をくぐり抜けると、奇岩、奇峰の地蔵峠の絶景だ(写真)、万里の長城にもたとえられる岩のオブジェに圧倒される、、



やせ細った岩稜の細道、気を許すと下は千尋の谷だ(写真)、、、
 

頂上から途中の景色などを眺め約2時間かけて地蔵峠(写真)へ到着した。せっかくだ、登山道を少し外れ、お地蔵さまへ向かい参拝し休憩し登山口へ、、、約1時間で登山口へ戻ってきた、あさ止まっていた車は既にいなかったが別の県外ナンバーの車が1台止まっていた、しかし今回は誰一人と合わなかったね、、、


 鹿嵐山のスライドショーは  = こちら =

 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
106おすすめ

2017-07-02

[今日の話] 山登りに一杯会、大忙し!

朝の5時起床で高速道経由で登山口のある安心院町に向かった、今回は九州百名山に数えられる鹿嵐山(かならせやま)だ、標高こそ(758,1m)低いが、いやーきつかったね、最近は体力の衰えを感じるようになった。夕方から恒例の一杯会があるので遅れないように、息子を付き添い介護で誘って二人で登ってきたが暑さで参ったね、登山口のある安心院町、院内町は日中の最高気温が35度を超えて猛暑日となった、暑いわけだよね、、3時に帰りシャワーを浴びてパソコンに向かったが、ちょっと疲れて出かけるまで2~30分位横になるかね、、従って詳細は後日と言う事で、、、 
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
91おすすめ

2017-07-01

[新米ドライバー ②] 空港へ Go!

昨日は月末の週末、しかも公務員にボーナスが支給された、仕事は大忙しで9時近くまで頑張っちゃったね、お蔭で6月も、まー納得のいく運賃収入をあげることが出来た。今日から7月に突入した、土曜日は人が出ている割にタクシーを利用する人が少なく暇な日が多い、あすの日曜日に登る山の勉強でもしようと、山の本、タブレットを持って仕事へ、。中心部のホテルの待機にでも入ろうとホテルへ向かうと4台も待機の車がいる、これじゃ自分の番が回ってくるまで時間がかかる、一回りしてこようかね! チンコン、チンコン、 配車だ、近くのあるマンションへ配車だ、4~5分で目的地に着くと50歳代と思われるご夫婦が玄関で待っていた、ご主人はあごに髭をはやし、短いズボンすがた、しかし違和感はないね、奥様はお見送りのようだ、男性が乗車すると、空港まで、とちゅう別府の○○病院へ寄って30分か1時間位まってくれませんかね! 内心、シメタ! どうやらお医者さんだ、暇な土曜日についてるね、、お客様の指示通り病院へ着き地下の駐車場へ、ラジオは入りが悪いし、暇つぶしに何処かに電話をしようと思ったら圏外でダメ、ルームライトを点けて山の本でも読むかね、、45分くらい待ってお客様が乗車され空港へ、、一般道から空港自動車道に入ると相変わらずマナーの悪いドライバーが目に付くね、空港道は大部分が対面通行のため速度が70キロ制限だ、私の前を走っている軽自動車、前を走る普通トラックにピッタリとくっ付いてトラックとの車間距離は4~5メーターくらい、前のトラックが急ブレーキを踏まなくても、ちょっとブレーキを踏めば間違いなくガチャーンだ、前のトラックがちょっとブレーキを踏めばアンタ止まれるだけの技術があるのかね! と言いたくなる、おまけに、しょっちゅうブレーキを踏んでいる、こういう運転をする車が渋滞をつくる原因になる、、ご当地は車間距離をとらない車が多い、追突事故を起こす県のワーストに入っているのも解るね、、お客様を無事に空港までお供して、ヤレヤレ、いつものコンビニへ寄りコーヒーを一杯飲み大分に向かい、7月も上出来なスタートをきることができた、、
Parmalink : Comment(0) / Trackback(0)
71おすすめ

Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、

Tools




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Recent Comments

Contact

RSS

Access Counter

04988101

QRコード

Page top