2016-07-30

[第2の人生] 瑞陽丸 懐かしい日本の島影

アメリカ、ワシントン州のタコマを出港以来、連日の時化で入港が1日半遅れることになるが、日本近海に来てようやく時化もおさまってきた。そして右舷に日本の島影が見えてきた、房総半島の野島崎だ、1か月ぶりに見る日本の島影、1年も日本を離れたような錯覚を起こす、コースを西にとり東京湾の入口だ、大小沢山の船が行きかう、伊豆大島、三浦半島、そして右舷に伊豆半島から富士山が望める(写真)やっぱり日本一の山は美しいね! 午後から通信長に変わりワッチ(当直)に入っていると食事の終わった通信長が無線室に来て、次席さん、キャプテンが本社に電話をして聞いたところ宇野で錦陽丸に転船の件だが話はこうだ、、、錦陽丸の次席さんだが、事情があり急に下船願いが出て宇野で下船したとの事だ、交代を予定している次席さんも事情があり直に乗船が不可能で、錦陽丸は宇野と博多港の2港揚げで博多を出港するまでには乗船が可能と言う、、と言う事は私は宇野から博多まで乗船し博多で下船となり、その後はどうなるんでしょうか? すると、今の予定では博多で錦陽丸を下船後、翌日に山口県の岩国で剛邦丸に転船の予定らしいよ、、との事。剛邦丸は就航当時はスーパータンカーと呼ばれた約4万トンのタンカーだが今は国内航路に就航している。と言う事は国内航路に乗船し、乗船経歴が付き次第に下船して海技試験を受けさせる予定だろう、、使われている身だ、文句は言えねーな、、、
固定リンク : トラックバック(0)
25おすすめ

2016-07-29

[今日の話] アマチュア無線の日

CQ CQ CQ こちらは JA1MBB 、、 いつものように みなとの港園 でオニギリを食べて車の座席を倒してNHKラジオを聞いていると 7月29日、今日はアマチュア無線の日、 と言う。8月6日はハムの日、と言うのは知っているんだが、アマチュア無線の日、と言うのは知らなかった。昭和25年(1950)に施行された電波法で「アマチュア局」という名称が初めて使われ、昭和27年(1952)7月29日、戦後初めて30局にアマチュア無線の予備免許が発給されたことから昭和48年(1973)日本アマチュア無線連盟(JARL)が制定した。その後昭和34年(1959)に電信級・電話級の初級資格が設置され、昭和41年(1966)には養成課程講習会の修了試験合格者にも免許が与えられるようになり、アマチュア無線局の爆発的な増加をもたらした。その後の高度経済成長を背景として、日本のアマチュア無線は発展し、1970年代には「趣味の王様」と呼ばれるほどのブームとなり、1980年代には米国を抜いて、世界一のアマチュア無線人口を有するようになった。街をゆく車にはアンテナが付いた車が多数みられ、家には大きなアンテナが立っている家があちこちに見られた。しかしその後の少子高齢化、景気の低迷、携帯電話の爆発的な普及、趣味の多様化などにより、最盛期には約135万局あったものが、1995年を境に減少に転じ、2015年には約43万局となった。
 
 

思えば私の70年の人生の半分以上の約40年という年月は無線の仕事に関わっていたことになる、私にとってその原点はアマチュア無線と言っても過言ではない。小学校5年の時に授業で鉱石ラジオを作り、クラスで一番上手にできて、一番良く鳴った、先生に褒められて電気、無線に興味を持つようになり昭和37年11月6日に郵政大臣より電話級アマチュア無線技士の免許証が交付され昭和38年に関東電波監理局から呼び出し符号 JA1MBB の無線局免許状が発給され、無線局を開局した(写真上)、当時は無線機器は自作だ、その後のアマチュア無線人口の増加とともにメーカーからは新しい無線機器がどんどんと発売され我が無線局も発展を遂げたが(写真)、、、 良き時代であったネ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
23おすすめ

2016-07-28

[今日の話] 昼休み


さーて昼にしようかなー! いつものようにお気に入りの みなと港園(写真)に向かった。途中でいつものコンビニへ寄る、スタッフはもう顔なじみだ、弁当類は車に匂いが残るのでパンかオニギリにしている。オニギリはシャケと日高昆布の2個、と おーいお茶、又はパン1個とジュースだ。今の時期は暑いので車の中で食べるが気候の良い時はベンチで食べる、海を眺めながら気分爽快だね、、ニュースを聞いて、昼の憩いを聞いて、ちょっとスマホ、タブレットを覗いているとねむーくなる、、座席を倒して、ウト、ウト、ウト、、、、この5~10分は実に気持ちがいい。1時間以内は駐車料金は無料だ、さーて、仕事に向かうか! ガススタンドに寄りLPGガスを補給して中心部に向かい、午後の仕事の始まりだ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
25おすすめ

2016-07-27

[今日の話] 暑中お見舞い申し上げます

                                                                                   
                                          By  ham/波夢
固定リンク : トラックバック(0)
23おすすめ

2016-07-26

[新米ドライバー] 来ました! 長距離、、

今日と明日は06:30から全員懇談会がある、どちらか都合の良い日に全員が集まるようになっている、ほぼ1か月に一度ある。主に接客、営業、安全運転に関する話などがある、実際の事故例をあげての説明があるが安全運転に随分と参考になる。1時間ほどで終わり市内中心部を流すがお客はいない、中心部のホテルに待機車がいないので待機に入ると直ぐに近くの報道機関に配車になった。高校野球の県大会も昨日決勝があったし何処かな? 間もなく若い男性が乗車だ、運転手さん○○町まで! 長距離だ、お客さん、すみませんお急ぎでしょうか、差支えが無ければ燃料を補給させていただけないでしょうか。 良いですよ、何処に行くかはわからないもんね! 有難うございます、足りるとは思うんですがご迷惑をかけるといけないものですから、、(結果的には補給して正解でしたね、、)大分自動車道経由で目的地に到着だ、お客さんが取材している間は車の中で待機だ、しかし30万キロ以上も走った車は停車しているとエアコンの効きも悪い、取材が終わると、運転手さん、次は○○町まで行きましょう!まだ先の町だ、一般道を走り○○町へ、こちらでの用事が済むと、運転手さん、次は○○市も行きましょう! 隣が福岡県の市だ、燃料を補給しなければ完全にガス欠だな、、一般道を○○市へ、夏になるとしょっちゅう日本の最高気温を記録する市だ、今日も35度くらいになったろう、、1時間ほど待っていたがエアコンの効きが悪い、お客さんが車に戻り、さー、大分に帰りますか、、お客さん、高速道でよろしいんでしょうか? いや、高速だと早く帰りすぎちゃうから一般道でのんびりと行きましょう! げッ! こっちは昼飯も抜きで腹も減ったし早く帰りたいんだがネ、、お客さんは走行中の半分以上は眠っている、朝の8時半に出発して6時に帰ってきたが、さすがに疲れたね。お蔭で入社以来、一日としての最高の運収を記録し、今月の目標も突破した、、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
20おすすめ

2016-07-25

[古い航海日誌 日正丸②] ポマラ停泊中の出来事

ポマラに停泊して4日目、昼寝と釣りにも飽きてきた、暇つぶしにぶらっと艀に乗って上陸してみた。丸太で造った桟橋では艀にベルトコンベアーで運ばれてくるニッケル鉱が次々と積み込まれている。先日ゴルフの練習をした飛行場へ向かうと、ちょうど1機のセスナ機が着陸し、サングラスをかけた男が降りてきた、恐らくシッパーだろうか、、、。あてもなくぶらぶら歩いていると何処からともなく一人の女性が近づいてきた、よく陽に焼けた健康的な20歳代と思われる目鼻の整った綺麗な女性ではないか、内心、ドキドキしたがね、、こんなところに何で日本人がいるんだい? 一枚の写真を見せて片言の日本語で、私のパパさん! という。現地の女性だ、話を聞いてみるとどうやら現地の女性と日本の男性の間に生まれたハーフの子供のようだ。母親に聞いているのか名前はタナカ○○と言い日本の長崎県の○○○市に住んでいて以前はずっと手紙がきていたが手紙も途絶え連絡が取れないと言う。パパさんに会いたいので私を日本に連れて行ってくれないか、と言う。それは難しい話だ、勿論パスポートやビザなんて持っていない、手を合わせ目に涙をうかべて船長さんに頼んでくれ、と言う。けなげな彼女の頼みに私は出来もしない約束をしてしまった、日本に帰り休暇になったら探してあげる、、、、とね。船に戻り夕食時に隣のテーブルで食事をしているキャプテンに話すと、ほー、次席さん、日本に連れて行ってやればいいじゃないか! キャプテン、また無責任な事言わないで下さいよ、、向かいに座っているセコンドエンジニアーが、俺も上陸したけど誰にも頼まれなかったなー、、
固定リンク : トラックバック(0)
23おすすめ

2016-07-24

[hamさんの登山記] 大分100山 霊山(りょうぜん)


本来であれば明日は登山教室で傾山に行く予定で、今日の日曜日は出勤する予定であったがグループ登山では高低差、歩く時間、などからして他人に迷惑をかけてはいけないし今回は欠席とした。昨年登った祖母山と同じくらいなんだが結構きつかった、秋にでも個人的に傾山に挑戦しようと思っている。急遽大分市内にある大分100山に数えられる霊山(りょうぜん)に登ることにした。つい最近までよそ者の私は霊山・れいざんと読み修験の山と思っていたがネ、、いや恥をかくところでした。市内の南に位置し市民に親しまれている山である。早朝に家を出て山麓にある霊山寺の横の登山口に向かった。10数台は止められる駐車場には1台止まっていたが登山客ではなさそうだ、この登山口からは一番乗りだな、、準備をして霊山寺の横のコンクリート道を進み登山口(写真)へ、
 

木立の中を息を切らして登って行く、登山道は登りやすく、1合目ごとに頂上まで案内板が立っているので励みになる。小鳥のさえずり、セミの合唱を聞きながら登って行くが早朝とは言え暑いのには参る、そして もうすぐです 200m の案内板(写真)に元気が出る、、、
 

途中、2~3回の水の補給だけで一気に登り頂上に到着だ(写真)頂上からは木立の隙間からの展望だけだが標高こそは低いが達成感は変わらない。
 

頂上から展望所方面に少し進むと三角点の頂上(写真)がある。
 

三角点からさらに第三、第二展望所(写真)と進み、こちらで休憩だ、大分市街は勿論、別府湾から国東半島、鶴見岳、由布岳などが望める。30分ほど休み下山を始めたが途中で10人ほどの登ってくる登山客に会った。駐車場にある霊山寺に参拝し昼前には帰宅だ、、、それにしても暑かったねー、、
固定リンク : トラックバック(0)
27おすすめ

2016-07-22

[新米ドライバー] 空港へ Go! & 不思議なお客

梅雨明け以後、なんだか仕事に対して気がのっている、やる気満々だ、以前より3~40分早く家を出て仕事を始める、そこそこに納得できる運収が上がっていた、しかーしだ! 今日は配車はこないしお客も拾えない、ダメだこりゃ! やっと近くのホテルに配車だ、しかし左折車線で信号待ちしていて右折も直進も出来ない、左折して暫く走りやっとの思いでUターンしてホテルへ、フロントへ小走りに向かうと、俺だ俺だ!カバンを引いた30歳くらいの男が乗車だ、内心、大分駅だな、、すると、運転手さん9時35分の飛行機に間に合うかね、 渋滞とかアクシデントが無ければ20分前くらいには何とか着けると思いますが、別大国道は左足を踏ん張り気合を入れて7~80キロでぶんぶん追い抜く、問題は別府市内だ、しかしちょうど8時半前でバスレーン規制がある、バスとタクシー、2輪車だけが左側の車線を走れる、他の2車線は渋滞しているが、こちらはスイスイと走り日出町から空港道路に入り80~100キロで飛ばし30分前に空港に無事に到着した、、やれやれ、1回で一日の運収は確保したし、帰りはコンビニに寄りコーヒーを飲みルンルンで帰途についたネ、別府まで来ると別府湾に真っ白な大型客船の姿が、そーだ、11時に ”パシフィック ビーナス” が入港するはずだ、しかし1時間もここでさぼっているわけにはいかない、、、
 

 
運賃収入もたっぷりとあがり、いつもの公園の駐車場で昼の休憩をしデパート横の一方通行の通りを流していると、あッ、あのおばさんが立っている、以前に2回ほどお供したことがあるが、頭は白髪で綺麗に化粧をしてアクセサリーを付け上品な80歳近くと思われる女性なんだが、ちょっとおかしいんじゃないかなー、と思うんだが、しかし料金はちゃんと支払うし文句を言うわけでもない、、歩道に立っている姿を時々見るんだが、近づくと手が挙がった、一瞬、躊躇したが止まると乗車し、○○○までね! 以前と同じだ、市内には無い地名を言ってきた、お客さん、○○○と言う地名は無いと思いますが、すると、○○バイパスを行きスーパーの先の3つ目の大きな信号を右に曲がると、、、、、! あっているところもあるが何か要領を得ない、、やっぱりこの人、おかしいわ、、目的地に着くが要領をえない、お客さん正確な住所が解ればカーナビで探しますが! すると、500番地の1で山本アパート、、、お客さん町名はなんでしょうか? すると ユノセって言うの! お客さん、そのような地名は無いですが、あそこに○○○○って書いた看板があるでしょ、あそこを右に曲がって! 看板は正しく読んでいるし、喋り方もしっかりとしている、ちょっと待って、今聞いてみる! わけの解らない事を言っている、目を閉じて占いのような仕草をしたりしている、待つのは構わないんだがメーターはどんどん上がる、罪悪感を感じるが、結局目的地には着かず又デパートの横に戻ったが、かなりの運賃になった。たしか前回は駅に戻ったと思うが不思議な人だ、恐らくそのうちに又お供する事があると思うが、、、
固定リンク : トラックバック(0)
22おすすめ

2016-07-21

[新米ドライバー] ちびっこファン

昼の休憩はたまに家に帰るか、港公園にある駐車場(写真)と決めている、海が前でトイレも綺麗だし1時間以内は無料だ、たまにうっかり寝すぎて100円を払う時もあるがね、お気に入りの休憩場所だが日影が無く夏は暑いのがたまに傷だ、、午前中や午後にちょっと疲れたりトイレ休憩を入れる秘密の場所があるんだ、本通りから数十メーター中に入り会社の倉庫、マンションの陰になり陽は当たらないし本通りから死角になり見えないし反対側が公園になっているためトイレもある、比較的に道幅もあり端に車を駐車すれば楽に車は通れるし、私の秘密基地だ。公園には砂場、遊具などがある為近くの子供達、保育園の幼児たちが遊びに来ている。今の時期はセミの大合唱で賑やかだ。朝の忙しい時間帯が終わり10時ころにいつも一息いれるためこの場所に来る。いつものように座席を倒し目を閉じていると人の気配を感じた、、?? はっと目を開けると窓のガラス越しに3~4歳くらいの男の子が覗いている、座席を起こし窓を開けて、僕どうしたの? すると歩道のお母さんだろう、ニコニコしながら、お休みのところすみません、子供が車が好きで、、、おじちゃん、あれ何、これ何、色々と聞いてくる、こんなちいちゃな子供に説明するのも難しい、ぼく乗ってみるかい? うん、、にこにこしながらハンドルを回したり、ウインカーを点けたり、お母さんが、写真を撮っても良いですか? 撮っても良いですが外部には公表しないでください! と言って私が公表しているがね、これからタクシーは○○交通を利用します、、、、だって、、
固定リンク : トラックバック(0)
20おすすめ

2016-07-20

[今日の話] 英彦山神宮

 

英彦山は出羽(現山形県)の羽黒山、熊野(現奈良県)の大峰山と並び日本三大修験道の霊場とし名をとどろかせ、古来から神の山として信仰されていた霊山で、御祭神が天照大神(伊勢神宮)の御子、天忍穂耳命(あまのおしほみみのみこと)であることから「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていました。嵯峨天皇の弘仁10年(819年)詔(みことのり)によって「日子」の2文字を「彦」に改められ、次いで霊元法皇の享保14年(1729年)に院宣により「英」の1字を賜り「英彦山(ひこさん)」と改称され現在に至ってます。英彦山は、中世以降、神の信仰に仏教が習合され、修験道の「英彦山権現」として栄えましたが、明治維新の神仏分離令により英彦山神社となり、昭和50年6月24日、戦後全国第三番目の「神宮」に改称され、英彦山神宮となっています。


江戸時代の最盛期には、「彦山三千八百坊」といわれ、3,000人の衆徒と坊舎が800を数えたと伝えられ、巨大な銅鳥居(写真上)から奉幣殿までの参道(写真)には多くの旧跡が残っている。


馬などで来た人々はここからは降りて行かなければいけない下乗(写真)
 


関銭の跡(写真)、豊臣秀吉が神領を没収したので英彦山の財政が苦しくなり関銭所を設けて参拝者より金を取り立てた、、、
 


奉幣殿(写真)は修験道時代の霊仙寺の大講堂で、現在の建物は元和2年(1616年)小倉藩主細川越中忠興によって再建されたものです。桃山建築様式で、以後小倉藩主によって修復されて現在国の重要文化財に指定されています。ここまではスロープカーが走っておりハイヒール履きでも参拝できる。
 


中津宮(写真)、市杵嶋姫命(いちきしまひめみこと)、多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)、多岐津毘売命(たぎつひめのみこと)を祀っている。
 


英彦山頂上、中岳の御本社の上津宮(写真)、神武天皇が御東征の時、天村雲命(あめのむらくものみこと)を遣わされて祀られたと伝えられていますが、社殿ができたのは崇神天皇41年と言われてます。現在の社殿は天保13年(1842年)に、肥前藩主鍋島斉正によって奉建されたものです。

固定リンク : トラックバック(0)
23おすすめ

2016-07-18

[第2の人生] 瑞陽丸、時化の千島列島沖を南下中

日付変更線を通過したが相変わらず大時化が続いている、アメリカのタコマを出港以来ほとんど太陽の顔を見ていない。ゆっくりした周期でローリング(横揺れ)しているが空船の時のように歩く時や寝るのが大変な事は無い、時々大きな波が船首にぶち当たり波しぶきがハウス(居住区)まで飛んでくる。日付変更線を過ぎて本船は少しずつ南下し千島列島沖を南西方向に航行している、夜になると日本の電電公社(現NTT)の北海道の落石/JOC 函館/JHK (コールサインが忘れて間違っているかもしれません)の中波の信号が入感し日本帰ってきたような錯覚を起こすが入港までまだ5日ほどかかる。船内生活にはだいぶ慣れたが仕事はまだまだ半人前にもいかない、電報などの受信時は念のためテープレコーダーにも受信し確認する、また受信できる時は訓練のため共同ニュースを受信する事にしている。日本との時差もだいぶ少なくなり今日から社船連絡(当社の船舶が連絡を取り合う)に出ると南シナ海をペルシャ湾に向け航行中の陽邦丸に乗船中の先輩が呼んできた、キクンノゴケントウトゴアンコウヲイノル」○○○ 先輩と言うのは有難いね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
19おすすめ

2016-07-17

[今日の話] まったりとした一日

目が覚めて時計を見ると5時だ、いつもの習慣で5時には目が覚めるが今日は日曜日、もう一眠りするかね、、目が覚めたら6時半だ、久しぶりにゆっくり眠ると気持ちが良い、、。9時前にいつもの大衆散髪屋に、理美容院だが美容院のお客はほとんどがお婆ちゃんだ、それもカットか髪染めのようだ、しかし散髪は若い男から高齢者まで年齢層が広い。料金は散髪、洗髪、髭剃りのセットで税込1,300円ポッキリ、以前に新潟では同じ内容で3,900円、ご当地に来て初めの頃行った一般の散髪屋では3,300円、この違いは何か、、、数人いるスタッフは皆5~60歳代と見うける、2年通っているが皆さん技術は間違いないし満足している、私の勝手な想像では以前に散髪屋を営んでおられた人ではないだろうかね。今の時代は全てに共通しているが、中途半端は勝ち残れないような気がする、逆に理容業も高額なお店があっても良いような気がするがね、、落ち着いた綺麗な高級感のあるお店で立派なスタッフが条件だが、1万円前後なんてどうだろうか、。以前から今使っているセキュリティーソフトの3年の有効期限が間もなく終了する、今なら+3か月延長で、、、、、、。しょっちゅうメールが来るが使わないわけにはいかないだろう、又おなじセキュリティーソフトを申し込んだ。近くのホームセンターに日曜大工の材料を買いに行っただけで久しぶりにマッタリとした一日が終わった、又明日から1週間の頑張りだ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
17おすすめ

2016-07-16

[街中で見かけた話題、光景] ほおずき

 

大分県がほおずき(写真)の生産量、品質が日本一と言う事は意外と知られていない。お盆の時期、お墓参りなどには欠かせないほおずきは、大分県産が全国の4割以上を占めている。ほおずきは漢字で「鬼灯」や「法月」と書くのが一般的のようだが、先祖の霊を迎える際、精霊はちょうちんの火を頼りに集まると言われており、赤いほおずきをちょうちんに見立てて、先祖が道に迷わないようにお盆に飾るようになったと言われている。今の時期、お花屋さん、道の駅などには見事なほうずきが沢山並んでいる。
 
固定リンク : トラックバック(0)
26おすすめ

2016-07-15

[古い航海日誌 日正丸②] ポマラ上陸、ゴルフ練習?

サロンで昼食を食べていると隣のテーブルの通信長がニヤニヤしながら、次席君、午後から上陸してゴルフの打ちっぱなしに行こうや! と言う、 えッ、こんなところにゴルフの練習場なんてあるんですか? 300ヤードくらい飛ばしても大丈夫らしいよ、しかも若い女性がボールをマットの上に置いてくれるらしいよ、、、と言う事でキャプテンと通信長がいつもデッキで練習に使っているロストボールをバケツに一杯持ってハシケに乗って上陸した。道路は舗装なんてしてない、こんなところに本当にゴルフの練習場なんてあるのかな?? 赤土の道を5分ほど歩くと広い原っぱに出た、通信長が、ここだな! 局長、これってただの原っぱじゃないですか! ニヤニヤしながら Maco International Airport だよ、、飛行場と言っても建物一つない、ただの赤土の原っぱだ、あると言えば吹き流しが一つ立っている。ボールをマットに置いてくれる若い女の子って何処にいるんですか? もうじき来るよ、、カチーン、 カチーン、するとどこからともなく5歳くらいから15歳くらいまでの男の子、女の子が大勢集まってきた。通信長が、ほら次席君、若い女の子が沢山来たじゃないか、、子供じゃないですか! ゴルフボールをクラブで打つと子供たちが走ってボールを拾いに行き持ってきてくれる、、すると何かくれ、、と言っているようだが何もあげる物は無い、タバコでも良い、と言う事でボールを3個拾ってきたらタバコを1本あげることにした。しかしなんとなく罪悪感があり終わってから子供たちに何か買ってあげようと街に連れて行ってもらったが町という町ではない、不衛生で悪臭が鼻をつく、ニワトリが歩いていたり、子供が外で汲んできた水で体を洗ったりしている、ポケットにマカッサルで借りた外貨の残りがあったので子供たちに好きなものを買ってあげたがとても物を買う気にはなれない、、二人で又艀に乗って船に戻ったが、もう上陸しないでいいわ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
15おすすめ

2016-07-14

[今日の話] ブログ10年目に突入だ!

考えに考えた末、店舗は支店を含め全て閉鎖しスタッフは全員解雇、一人で営業に回り細々と営業をしていたが、平成17年12月のある日、知り合いからアメリカのIT企業の話を聞き、正直なところそんなうまい話があるか、とも思ったがこれからはITの時代だ、、少しでも収入の足しにでもなれば、との思いから会員となったが大した活動もせず会費だけを払い続けていた。
どんなレベルの方でも楽しみながら英語を修得できる新しいタイプのオンライン学習プログラム、ブログやウェブサイトで使えるバナーの作成や、ご家族や友人へ向けてのグリーティングカード等を簡単に作成することができるサービス、友達同士のチャットから多人数の本格的なビジネス会議まで様々なコミュニケーションを幅広くカバーするオンライン会議システム、講演や授業からプレゼンテーションに至るまで、臨場感あふれる映像をリアルタイムで配信する複数参加型のオンライン配信ツール、インターネット上に大容量のファイルを保管できるサービス、年賀状や暑中見舞い、バースデーカード、あるいは名刺やレターヘッド、封筒など、プライベートなものからビジネスシーンで使用するステーショナリーまで、いろいろな印刷物を手軽に美しく作成することができるサービス、デジタル写真を安全にインターネット上に保存できるウェブアルバムサービス、友達や同僚、顧客の方々へ宛てたメール本文にビデオメッセージを直接埋め込むことで、インパクトある動画メールを手軽に作成・送信することができるアプリケーションサービス、など等たくさんのサービスを提供しているが、その中にウエブサイトの作成サービスがある。会費だけを払い込んでいても勿体ないし時間は十分ある、俺もブログと言うのをやってみるかなー! 仕事やお付き合いで全国100か所以上のゴルフ場を回った経験があり、幸いにスコアーカードは全部とってある、「古いスコアーカード」、昔の船員時代の航海中のヌーンポジション(正午の位置)を天気図に記入したものを取ってあるし、柄にもなく日記を付けていた、「古い航海日誌」、日々の出来事を記した、「今日の話」、三つのカテゴリーで始めたブログ、今日で10年目に突入した。よくもまー10年も書いてきたもんだねー、、この間だんだんと欲もでてカテゴリーも随分と増えた、今や私の日課の一つになっている。ここまで続けられたのは今までに350万を超える方々に、つたない私のブログを訪問して頂いたり、全国各地や遠く海外の方々よりコメントを頂いたりしたことに他ならない、、感謝で一杯だ。
固定リンク : トラックバック(0)
27おすすめ

2016-07-13

[新米ドライバー] とんでもねえ酔っ払い客

ご当地は2~3日は雨ばかり、今朝も起きると少し雨が降っている、いつもより30分ほど早く出勤だ。点呼を受けて出庫すると直ぐに歓楽街に配車だ、こんな時間まで飲んでいる客はあまり有難くない客が多いんだが嫌な予感がした。指定場所に着いて待っていると間もなく両脇を女性に抱えられた40歳前後と思われる男が歩くと言うよりも引きずられるようにやってきた。頭の両側を刈り上げて他の髪は後ろに縛っている、内心、嫌な客にあたったなー、、後ろの座席に倒れ込むように横たわった、行き先を聞いても答えられない、こう言うお客は走る前に行き先を聞いておかないと寝たら起きない、連れてきたお店の女性も尋ねるが全く反応なし、倒れ込んでいるお客を起こして大声で尋ねると、○○○、と一言、今度は○○、と違う町名を言う、目標物などを尋ねるが行かないと説明できないと言う。○○トンネルを出たら止めますから、、、と言う事で出発したが、直ぐに大きないびきをかいて座席に倒れ込んでいる、これじゃまず起きない、最悪は警察か交番に連れ込むだな、、トンネルを出て車を止めてお客を起こすが全く起きる気配がない、後ろの座席に回って体を起こし尋ねるが訳の解らんことを言うだけ、だめだこりゃ! 会社に近くの交番へ行く旨の連絡を入れて交番へ向かった。若い警察官が出てきて足をゆすったり体を叩いたりするが全く起きる気配がない、間もなくもう一人の警察官も出てきた、お客のカバンを開いて持ち物の検査をし免許証を出して身元確認に中に入って行った、警察官が客の瞼を開いて、警察だがあんたの住所は何処かね?住所を聞いているが、そのうちに、俺が何でおめーに住所を言わなきゃいけねえんだよ、ガキが! ときた、だんだんと声も大きくなり声も荒くなってきた、一人の警察官が中に入り防弾チョッキを身に着けてきた、そんな事じゃあんたの身柄を束縛しなきゃいけなくなるんだよ! すると大きな声を張り上げて車から出てきた、おー、やってもらおうじゃないか! 警視庁の○○に電話してくれや、警視だ、、、などといきがり大声を張り上げている、雨で忙しいのにこんなとこで関わっておれない、お客に料金を告げると素直に支払ってくれた、二人の警察官と交番の中に入って行ったが、警察官も大変だね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
23おすすめ

2016-07-12

[新米ドライバー] お客さんの心理

仕事でファッションホテルは良く行く、以前はラブホテルと言ったが、その前は連れ込みホテルと言った記憶がある。今の仕事(タクシードライバー)を10年近くもやっていると自慢じゃないがホテルから出てきたお客の様子を見ると大体の状況がわかる。男一人で出てくるのは、ほとんどが相手はその道の女性だ、罪悪感、後ろめたさがあるのか、ほとんどが行き先を聞いても不愛想に言うか小さな声で言う、目的地に着くまで車内はなんとなく重苦しい空気だ、お客も同じだろう、私はどうも苦手だネ、、私は車をスタートさせてなるべく早い時期にタイミングをみてさりげなく話しかける、勿論 どうでしたか? 良かったですか? なんてことは間違っても言わない。今日お供した20歳代のお客は、、お客さん、今晴れていますが今日は午後から雨になるらしいですねー、 えッ、まじで、でもオッチャンは雨が降った方が忙しくなるんで良いんじゃないの? えー、忙しくはなるんですが、運転に気を使うし良いような悪いようなですよ! と言う感じで車内の空気が一変する、おまけに目的地に着くと、運転手さん、お釣りはいいよ! てな事になったね、、、 
固定リンク : トラックバック(0)
25おすすめ

2016-07-10

[hamさんの登山記] 英彦山(ひこさん)登山



以前より福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町とにまたがる標高1,199mの英彦山(ひこさん)に登るべく機会を待っていたが本日決行だ。英彦山は福岡県では2番目に標高の高い山で人気のある山である。耶馬日田英彦山国定公園の一部に属し、日本百景、日本二百名山の一つに数えられ、また弥彦山(新潟県)、雪彦山(兵庫県)とともに日本三彦山に数えられる。
天気予報ではイマイチだが梅雨時だ、そうは贅沢も言えない、曇りだが決行する事にした。午後からの急変も考え04:40に家を出発、大分道で日田ICまで向かい国道211、500、と経由し07:20に英彦山神宮の表参道コースの駐車場に到着した。支度をして有名な銅鳥居(あかとりい)(写真)をくぐり参道の石段を登っていく、ウオーミングアップにはちょうど良いな、、、

 

英彦山は出羽(現山形県)の羽黒山、熊野(現奈良県)の大峰山と並び日本三大修験道の霊場とし名をとどろかせ、九州全域の人々の信仰を集めていた。江戸時代の最盛期には、「彦山三千八百坊」といわれ、3,000人の衆徒と坊舎が800を数えたと伝えられています。銅鳥居(あかとりい)から約20分で奉幣殿に到着するが途中の参道には沢山の旧跡が残されている。奉幣殿の鳥居(写真)をくぐると暫くは長い石段を登って行く。登山道はさすがに整備されているが夜半の雨で岩などが滑りやすい状態だ、結構きつい登りが続く、朝が早かったため寝不足で体調が決して良くは無い、頂上まで残り800メーターくらいからペースが落ちる、数十メーター登っては休み数人の登山客に追い越されるしまつ、、
 

銅鳥居を出発して3時間近くかかってしまったが何とか英彦山山頂(写真)の中岳に到着した。頂上には英彦山神宮の上宮があり参拝をした。今回は雨上がりに気温も上昇し蒸し暑くて参った、体力を消耗した原因でもあろう、ちょっと時間が早いが体力も消耗したしコンビニで買ったオニギリを食べて昼食とした。1時間ほど滞在し下山は他のコースも考えたが午後から雷注意報も出ていることだし天気の急変も考え今回は同じコースを下山する事にした。頂上で補給もしたし帰りは予想を上回る早いペースで下山し奉幣殿に到着した、、、
 

銅鳥居のある地点から奉幣殿までは一般の参拝客が多いためスロープカーが走っている、決してバテタわけではないんだが周りの景色を眺め話のタネに乗ってみた(写真)、前方の山は既に雨が降っているのが解る、間もなくこちらも雨になるはずだ、できれば今度は紅葉の時期に来てみたいね、、、
 

蒸し暑さで大汗をかき気持ちが悪い、駐車場の近くに温泉施設がある(写真)、こりゃ汗を流さない手はない、と言う事でざっぷりと温泉に浸かり疲れも吹っ飛んだ感じだ。温泉を出て帰路につくと間もなく雨が降り始め次代に本降りになった、ナイスタイミングでしたねー、、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
19おすすめ

2016-07-09

[第2の人生] 瑞陽丸 肩ふり、送別会

日付変更線を通過して日本と同じ日付になった。本船にも慣れたんだが転船で宇野で下船となった、本船はキャプテンはじめ乗組員はみな良い人ばかりだ、できれば経歴が付くまで本船に乗船していたいんだがネ、、夜の当直時にブリッジ(船橋)に天気図を持っていくとサードオフィサー(3等航海士)がちょっと肩でも振っていけと言う。クオーターマスター(操舵手)がコーヒーを入れる準備をするとブリッジがコーヒーの香りで一杯だ、往航時は匂いだけで吐き気がしたがね、、、サードオフィサーがワッチが終わったら私の送別会で一杯やろうと言う事に、私は翌日の昼近くまで寝れるがサードオフィサーは朝の8時から又ワッチなので2時までと言う事にした。ワッチが終わりサロンに行くとサードオフィサーはアメリカで仕入れたコニャックのクルボアジェのナポレオン(写真)を持ってきた、私は免税の缶ビールを2本とおつまみの缶詰と6Pチーズを提供、だいぶ違うがね、、コニャックを飲むのは勿論はじめてだ、まずビールで乾杯をしてコニャックを、、 ほー、これがフランスのコニャックかね、、サードオフィサーは神戸商船大学出身だ、当社に入社して3年目との事、いずれはキャプテン(船長)になる人だ、私の先輩は当社には5~6人在籍している、先輩の話、田舎の事、海外の話、女性の話などに花が咲いたね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
21おすすめ

2016-07-08

[新米ドライバー] 困ったお婆ちゃん&有難いお婆ちゃん

あるホテルからご乗車のお婆ちゃん、運転手さん、○○神社の近くにあるマンションお願いします! お客さん○○神社は解りますが近くにはマンションがたくさんありますが、、とりあえず神社の方向に向かうことにした。○○神社のお祭りで来られたようだ、神社の近くに着くと、あの茶色いマンションです!交差点の角にある古いマンションだ、祭りで道路の両脇の歩道に露店が出ていて道路も狭くなっている、交差点を過ぎて停車すると、運転手さん、角を左に曲がって止めてください!交差点を過ぎているし交差点をバックなんてできない、しかも一方通行でこちらからは進入禁止だ、お客さん、一方通行でこちらからは左折できませんが、、すると、足も悪いし荷物を持って歩けないし、すぐそこだから行ってくれと言うが、、交差点の近くに長く止めるわけにはいかないし他の車の通行の邪魔になる、仕方なく少し前に移動し露店と露店の間に車を止めてお客さんの荷物を持ってお婆ちゃんの手を引いてマンションのエレベーターまで、、、料金はワンメーターの¥640、 参ったねー!

市内の大きな由緒あるお寺に配車になった、一人の上品なお婆ちゃんがご乗車、鶴崎までなんだけどちょっと寄りたいところがあるんです! シメタ、かなりの運収になる、 友達がキュウーリがたくさん採れたので取りに来いとの事らしいが、友達の家の近くまでは行ったが記憶があいまいで家が解らない、車の中から今そちらに向かっている旨電話をしたので家の前に出ているらしく、電話で場所を確認するため電話するが電話に出ない、参ったなー! 思いつき、カーナビの電話番号で検索したら大体の場所が確認できた、そちらに向かっていくと案の定、お客さん(こちらもお婆ちゃん)が家の前にキューリをどっさり持って待っていた。車内はキュウーリの香りが、やっぱり新鮮な野菜はスーパーに並んでいる品物と香りが違う、タクシーに乗ってキューりを頂きに、随分と高いキューりになったわね、運転手さんは家族がいるんですか? えー、一応います、 こんなに食べきれないから半分わたしにあげるとの事、内心は頂くのは有難いんだがお客様だ、丁重にご遠慮申し上げたが、迷惑でなければ持っていけとの事で有難くいただいてきた。家に帰ると、今はキューりが高いんだそうだ、相方に喜ばれたネ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
23おすすめ

2016-07-06

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 夏の思い出 ♪


先月は雨ばかりで観測史上5番目に雨の多い月だったようだが7月に入り今度は連日33度~35度の暑い日が続いているご当地、まだ梅雨明けになっていないんですよ、、
 
  夏が来れば思い出す、♪、♪、♯
夢にまでみた尾瀬ヶ原、尾瀬沼を二泊三日で歩き百名山の至仏山に登り眺めた尾瀬沼(写真)、、、2週間後に北アルプス白馬岳の大雪渓を登り日本最大の白馬山荘に泊まりご来光を拝み蓮華温泉までの縦走、、、夏が来れば思い出す、この曲の作詞者の江間章子さんは我が故郷の新潟県上越市の出身だ、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
27おすすめ

2016-07-05

[古い航海日誌 日正丸②] ポマラ入港、上陸

いつもと違う環境に目が覚めた、エンジンが停止したようだ、エンジンが動く快い振動が普通で静かになると逆に目が覚める。ポマラの沖合に到着し、ガラガラー、、アンカー(錨)が打たれた。間もなくタグボートに曳かれた艀がやってきた、ニッケル鉱とたくさんのステべ(人夫)が乗っている。打ち合わせが終わり荷役作業が始まり、ニッケル鉱を積んだ艀がタグに曳かれて本船に横づけして荷役が始まったが、古い本船はクレーン設備が無くウインチだ、約1週間ほど停泊しニッケル鉱を積み込む。マカッサルから乗船してきた乗客も艀に乗ってポマラに帰って行った。退屈な1週間が始まる、午前中は無線機器、アンテナ、バッテリーの手入れ、FAXの受信などをして午後は一応自由時間だ、ちょっと昼寝をしてデッキに出て釣り糸を垂らす、私は釣り道具は持っていないが他人の道具を勝手に使うわけだ、エサはなんでもいい、エサなしでも釣れてくることがある、こちらの魚は純粋だね、、チヌやヒラアジと呼ばれる魚が良く釣れる、夜の一杯のおつまみになるわけさ、、夜は誘われて久しぶりに麻雀となったが大負けでしたね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
28おすすめ

2016-07-04

[街中で見かけた話題、光景] 道の駅巡り

パソコンに向かったが何かおかしい、こりゃパソコンの不具合ではなさそうだな、そのくらいの事は俺にもわかる、ブログの更新も出来ないし、まー、たまには良いか! 今日はどうだろうと恐る恐るパソコンを開いてみるとOKだ、インフォメーションを見るとやはりサーバーに不具合があったようだ、、、 


 
せっかくの日曜日、山に行きたい気もあったが、、、、ドライブを兼ねて道の駅を回る事にした。東九州自動車道も全線開通したし宮崎県まで足を延ばしてきた。大分県の佐伯ICから宮崎県の延岡南ICまでは無料区間、延岡ジャンクションから分かれて高千穂方面へ向かい終点の道の駅北方のよっちみろ屋(写真)、道の駅は地元の新鮮な野菜類が並んでいて相方の好みだ。ここからは3~40分くらいで高千穂に行ける、いずれ近いうちに高千穂峡に足を延ばそうと思う。
 
 
もと来た道を戻り延岡ジャンクションから東九州道に入り北川ICを出ると道の駅北川 はゆま(写真)に寄った。高速料金無料区間で自由にインターチェンジを出入りできるから有難い。新鮮な野菜を仕入れて又高速道を北上し大分県へ、、、



大分県に入り最初の蒲江波当津ICで下りて県道122号線を蒲江に向かった、名護屋湾を右に見ながら進むがこの辺りからずっとリアス式海岸で海岸線が綺麗だ(写真) 、、、、
 

佐伯市蒲江の 海べの市 かまえインターパーク(写真)に到着だ、蒲江はなんと言っても漁業の町だ、色々な魚介類が販売されている、ここは以前にも一度来たことがあるんだが、、、



蒲江インターパークから近くにある 道の駅かまえ(写真)へ、佐伯市蒲江の中心部にありたくさんの人が訪れていた。新鮮な野菜類、珍しい地物を買い込み帰途へ、なんと言っても1時間近くも走る高速道が無料と言うのが良いね、、、 
 
固定リンク : トラックバック(0)
26おすすめ

2016-07-01

[今日の話] 7月(文月)

今日から7月文月だ、6月は記録的な雨の多い月だったが今月はどうだろう、ご当地の大分市は6月の雨量は約600ミリ近くで観測史上5番目に雨が多かったと言う。1ミリも雨の降らなかったのは11日であとは全て雨が降ったようだ。今日は朝から陽が差し、久しぶりに晴れたなー、と思ったら午後からザーっと一降り雨がきた、ご当地の今年の梅雨空けはいつになるだろうかね、梅雨が空けないと予定が立てずらい。今月の山行は登山教室で祖母、傾山系の傾山へ行く予定だがその前に福岡県の英彦山あたりに行きたいと思うがはたして、今月も忙しくなりそうだねー、、、
固定リンク : トラックバック(0)
22おすすめ

TOOLS




現在の閲覧者数:



ブログランキングに参加中
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03860458

QRコード