2015-11-30

小生意気な嫌な女

市内の中心部を流していると、チンコン、チンコン、中心部の○○ビルに配車だ、、モニターをよく見ると、あれー、この名前は以前に乗車した事のある小生意気な嫌な女じゃないかな!ビルの玄関に到着すると若い女が出てきた、間違いない、乗車すると、○○郵便局の方に向かって、ちょっと急いで!20代の前半だろう、相変わらず命令調の言い方だ、、ご当地でタクシードライバーをやって今までで一番嫌な客だ、半年前の前回は乗車して直ぐにメーターを入れたらえらい剣幕で文句を言ってきたので○町を出てからメーターを入れた。お客さん、○○経由でよろしいですか? ハイ と一言、内心、○○郵便局の場所がはっきりと解からない、大体の想像はつくんだが、、道路は月末の為か混んでいる、途中でお客様のところに電話を入れている、内容はお伺いする約束の時間を5分ほど遅れるとの事だが、歯の浮くような丁寧な言い方だ。ちょっとコンビニへ寄って! どちらのコンビニへ寄りますか? するとどうだ、どちらって、この先には一軒しかないじゃないの、わからないの! コンビニがあったので寄ると、案の定前回と同じだ、たばこを吸うのに寄ったわけだ。○○郵便局の場所に自信がなかったので、お客さん、先の信号は左でよろしいでしょうか? すると、○○郵便局に向かえばいいの! すいません、○○郵便局が解からないものですから、教えていただけますか!すると、聞いてください! 無線で配車室を呼び誘導してもらったが意地の悪い嫌な女だぜ。郵便局に近づくと、郵便局の手前を右に曲がってください、手前の信号を右ですね? すると、信号なんて言ってないじゃない!むかむかっとするが、右に曲がると言うのは道路じゃなくてあるお店に入る事だ。前回と言い、今回と言い、もし私が個人タクシーならば恐らく、お客さんお金はいらないから他のタクシーに乗って下さい!と言ったろう。この女は私の想像では広告会社かなにかに勤めているんじゃないだろうか、恐らくタクシードライバーと言う職業を見下した見方をしているに違いあるまい、、しかし腹も立つが気の毒なような気もするね、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
71おすすめ

2015-11-29

[街中で見かけた話題、光景] 日本一の炭酸泉 長湯温泉

長湯温泉は大分県の南西部、久住山系の東の麓の直入町(現竹田市)にあり、古くは岡藩主の中川久清公が好み、藩士の湯治などに認められていた歴史のある温泉地である。近年は炭酸泉が医療に大きな効果があることが認められ注目を集めているところである。縁がありご当地に引っ越して2年になるが未だに行ってない、仕事で熊本へ行く、行き返りに通ったり、九重山系の登山などで何度も通るんだが、 いつでも行けるわ、そのうちに、サンデー毎日にでもなればいつでも行ける、、! と言う事で2年が過ぎた。今朝の地元新聞に、竹田市が取り組む温泉医療保険システムを生かした温泉資源の活用による「国民の健康づくり」と「予防医療の増進」「新たな観光戦略」事業が国の認定する地方創生先行型・先駆的事業として採択されたと言う事だ。高齢化社会を迎える中で健康増進による医療費削減と地方活性化を両立する独創性あふれる取り組みとして高く評価され、国の予算付けを受けて市の構想する”現代版湯治文化”の構築の弾みとなる。という記事が目に留まった。
温泉1ℓ中に1,000ミリグラム以上の炭酸ガスを含んでいるものを「炭酸泉」、1,000ミリグラム未満を「炭酸水素塩泉」と言うようであるが、長湯温泉は重炭酸土類泉と単純二酸化炭素泉の二系統からなる炭酸を多く含んだ温泉が大量に湧出しており、各施設ともほとんどが源泉を有しており、温泉かけ流しであり、温泉中の炭酸成分は2,970mg/kgと言われてるが源泉に
より成分の違いはある。各施設ともほとんどが源泉を有しているため、浴槽まで炭酸成分がほとんど抜けない、このため入浴時に体中に大量の泡が付着する。炭酸が抜くやすい高温泉でありながら多量の炭酸が湯船に残っている事から、昭和63年(1988)に源泉成分を分析し花王が「日本一の炭酸泉」と命名した。この日本一という表現はあくまで花王の命名であって、炭酸濃度だけを比較すると長湯温泉よりも高濃度の温泉は他にもいくつか存在する。
炭酸ガスは入浴効果を高め心臓病、胃腸病、リウマチなどに効果があります。入浴することにより体内に炭酸ガスが吸収され、それが全身の血管を拡張して血流をスムーズにします。血液の流れがスムーズになることで血圧を下げ、心臓の負担が軽くなるので心臓の働きが改善されると言うことになる。また炭酸イオンの働きが皮膚の炎症を抑えたり、関節、リュウマチ、坐骨神経痛などに効果があると言われています。長湯温泉は重炭酸イオンとカルシューム、マグネシュームを多量に含み、鉄分も含有しているのでアレルギー性疾患や慢性の皮膚炎などにも効果がある。ヨーロッパでは古くから温泉療養として飲泉(温泉を飲む)が行われてきました、特にドイツでは「飲泉は野菜を食べるのと同じである」とまで言われておりその効果が認められています。長湯温泉でも飲泉は古くから行われており温泉施設でも飲泉所を設けているところが多い。

 

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
96おすすめ

2015-11-28

[豊後の名所・史跡] 熊野磨崖仏

国東半島の豊後高田市大字平野字登沢、国東六郷満山の拠点の一つであった胎蔵寺から結構きつい山道を約300メーターほど登ると鬼が一夜で築いたと伝えられる自然石の乱積石段が続きこの石段を上ると巨大な石壁に刻まれた日本一雄大な石仏が現れる、大日如来と不動明王であり、これらの石仏群が熊野磨崖仏である。昭和30年2月15日に国の史跡に指定され、昭和39年5月26日に国の重要文化財に指定された。藤原時代末期(約900年前)の作と推定される、伝説では養老2年(718年)仁聞菩薩が設立したと伝えられ近くの山中に「御所帯場」と呼ばれる作業時の宿泊跡がある。
 

大日如来(写真)は全身高さ6,8メーターで石畳みが敷かれ半立像であり尊名は大日如来と言われているが宝冠も無く印も結んでいないので薬師如来ではないかとみるむきもあるが、やはり大日如来の古い形であろうと言われている。
 

 
不動明王(写真)は総高約8メーターで大日如来と同じく半立像で下部はあまり人工を加えていない。

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
86おすすめ

2015-11-26

[古い航海日誌 日正丸②] 遭難訓練

赤道を通過した本船は韓国の釜山に向けて航行中だ、奄美諸島を抜けて東シナ海に出ることになる。多少のうねりがあるがこの海域はいつもこんな感じだな、鋼材を満載している本船はボットムヘビーで快いローリング(横揺れ)をしている。昼食を食べてワッチ(当直)に入りコーヒーを飲んでいると、 ジジジジィー、、、、 船内の非常ベルがけたたましく鳴り始めた、 遭難訓練、全員直ちに右舷ボートデッキに集まれー、、、と放送が流れた。すぐに所定の場所に格納してある救命艇用無線電信無線機を持ち出しボートデッキに向かった、救命艇用無線機の持ち出しは2等通信士の役だ、この無線機がまた重たいんだわ、通信長は非常持ち出し書類を持って出てきた。エンジンも停止したようだ、キャプテンはブリッジから様子を見守っている、チョフサー(1等航海士)の指示で甲板部の乗組員が救命艇(写真)を下す準備をしている、無線機を積み込み救命艇に乗船した、そしてゆっくりと救命艇は下がり海面まで下したところで今度はゆっくりと巻き上げ今回の遭難訓練は終了した。ついでに救命艇用無線機の試験もする事にした、電波法で定期的に試験をし、その結果をログブック(業務日誌)に記載することになっているんだ。ホイップアンテナを伸ばしハンドルを回して発電して小さな電鍵で通信するんだが、時化の海でハンドルを回して通信なんか出来るか疑問だがね?で無いよりは良いか、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
85おすすめ

2015-11-24

[街中で見かけた話題、光景] 上杉謙信いざ出陣「上越、妙高龍めぐり」

あてもなく動画投稿サイト、ユーチューブを検索していたら故郷の観光をPRする動画があったので是非とも全国の皆様に見ていただきたいなーと思いアップしてみました。ただ戦国の武将、上杉謙信公に関わりのある場所だけですが、、他にもたくさんの名所史跡が存在します、北陸新幹線も開業しましたので是非たくさんの人に訪れていただきたいですね、、、

 
 

新潟県上越市は直江津地区、春日地区、高田地区、と大きく分けて3つの地域が存在した。直江津地区は荒川(関川)の西岸に国府、国分寺を中心に府中文化が花開き、ついで慶長12年(1607)堀 忠俊が荒川の東岸に福島城(現古城小学校周辺)を築き荒川河口港として発展した。春日地区は高田、直江津の中間に位置し上杉謙信の居城があり城下として名をはせた、しかし上杉謙信の死後、養子の上杉景勝、景虎による相続争い、「御館の乱」 により春日山城下、府中は焼失した、その後入城した堀 忠俊が上杉的な春日山城を廃し福島城に移った為、春日山山下は荒地、水田と化した。しかし現在では高田、直江津両市が合併し新しい上越市が生まれると市役所、文化会館、などの施設が置かれ行政、文化の中枢的な位置を占めるようになった。高田地区は関川と矢代川の合流点の川原、荒れ地を切り開いて高田城と城下町を造ったところである。原野であった為、都市計画は思い通りに行われ京都にならって碁盤状に道路を走らせ理想的な城下町が造られた。城下町は春日山山下、福島城下町から寺社や商工業者に特権を与えて強制的に移住させて造ったものであった。こうして江戸時代は高田が政治、産業、文化の中心地として活気を見せたのである。

現在の上越市は工業の町、直江津市と 商業の町、高田市が昭和46年に合併して 人口132,000人の上越市が誕生しまし た。 そして平成17年1月近隣14の市町村が合併し 人口210,000人となり平成19年4月1日、自主自立の町づくりを実現させるため特例市と成りました。この様な上越市だが地理的にも日本のほぼ真ん中に位置し、海があり、山があり、平野があり、鉄道も信越本線、北陸本線、ほくほく線が通り、今年の春には北陸新幹線も開業し、又高速道路も北陸高速道、上信越自動車道が通る。直江津港も国の重要港として大小たくさんの国内、国外の船舶が出入りし、又近くに火力発電所、LNG備蓄基地なども建設され大きく変貌を遂げようとしている。古い歴史があり、多くの名所史跡が存在し、又多くの偉人を輩出している上越市、これだけの条件を兼ね備えたところは他にあるだろうか、こんな我が故郷上越市を沢山の人に訪れてもらいたいものだ。

 
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
89おすすめ

2015-11-23

[今日の話] 忘年会

家族の反対を押し切ってご当地に来て2回目の新米タクシードライバーになって1年半になった。県都ともなれば故郷に比べて車も多いし町も大きく道路も複雑だ、はじめの頃はひやひやでお客さんに迷惑をかけた事も1度や2度じゃない。私が入社した後から同じ営業所には10人くらい入社したろうか、でも何人かは退職した。昨日はちょっと早い会社の忘年会に行ってきた、来月になると忙しくなるので例年11月の下旬に行われる、仕事がら全員が同じ日には無理なので来週と2回に分けて行われる。翌日が仕事の事を考えると、はめを外してぐっつりと、と言うわけにはいかない、乗務員はみな出勤体系、出勤時間が違うのでほとんど会うことがなく顔も知らない人も多くいるね、、私が乗務する同じ車に夜乗務する先輩もほとんど顔を会せる事はない、顔が解かっても名前も知らず話をする事もほとんど無い人が大部分だ、従って親睦を深めるのにも良い機会なので昨年に続いて今年も忘年会に出席してきた。お酒が入ると普段は聞けない事まで色々と知ることができる、、なるほど色々あるんだねー!
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
70おすすめ

2015-11-22

[今日の話] 上越地方の名所史跡と偉人、、完売


郷里で新米タクシードライバーを始めたある日お客様から、 運転手さん、上越の名所はどこですか? との質問が、歴史には全く興味がなく無知なわたし、さーて、何処が名所なんだろうなー? と言う事で恥をかき、この仕事をしていて、これじゃまずいよなー! と言う事で、社内の観光案内資格者の講習を受けて一応、学科試験、実技試験を受けて合格した。当然観光案内のお客様の仕事も回ってくる、故郷には歴史的価値のある名所史跡が多数存在することに気付いた。仕事が休みの時に近隣の名所史跡を200か所ほど回ってみた、その都度、上越地方の宣伝にでもなるかな? との思いでブログで紹介することにした。2~3年もすると今度は、せっかく回って調べたんだ、自分なりに1冊の本に纏めてみようかな、そして退職する時にでも興味のある人に差し上げよう、なんてとんでもない事を思いついた。そして延び延びになったが、掲載ヶ所160、第1章から第12章まで154ページの冊子が遂に完成した(写真)、、、
 
100冊近く全て手作りで完成したが(写真)、完成を待っていたかのように癌の可能性が高いことを告げられ退職した。退職時に希望者に差し上げたが、これがまた大好評で、少し余裕があったので気をよくしてブログにアップしたところ、遠くは海外に在住の人や、ご先祖さんがブログで紹介した偉人さん、などなど色々な方とご縁を持つ事ができ感激していたが、先日ブログを見たご遠方の方からご連絡をいただき完売した、、、(笑) こんなに評判が良いのならもう少し多く作っておけばよかった、と思うんだが後のまつり、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
103おすすめ

2015-11-20

[第2の人生] アクシデント!

静岡県の清水港で下船し学校に戻るべく新幹線の”こだま”に飛び乗り東京に向かった。学生たちが乗船実習に出発し始めているし、やる事はたくさんある。東京都内に入り窓の外を眺めると景色はちっとも変っていないのに、なんだか1年も東京を離れていたような錯覚を起こす。1か月ぶりに東京駅の新幹線ホームに降り立った。何気なく東海道本線のホームを見ると見慣れた何人もの白い制服の学生たちの姿が見える、乗船実習に出発する学生の見送りに来ているんだろう、すぐに東海道本線のホームに行くとS君が中国地方の港から北米行の材木専用船に乗船するという。ホームで恒例の見送りの儀式が行われたが、制服制帽の学生たちが敬礼をしている姿に周りには多くの見物人が集まっている。間もなく列車が出発するので乗車しようとしたS君、旅行カバンが無いと言う。すぐに学生たちに指示をし手分けしてホームを探したが見つからない、乗客が間違ってカバンを持っていった可能性もあるが悪意で持ち去った可能性が高い、すぐに駅員に届け駅の鉄道警察にも届けた。カバンには船員手帳などが入っているので今の状況では乗船できない。すぐに船員手帳の再発行の準備もし寮で待機していると数時間後に駅より電話が入った。乗車予定であった列車に持ち主が不明と思われるカバンが通路に置き去りになっていたが、カバンの大きさ、色など特徴からしてS君のカバンの可能性が強いようだ。名古屋駅でカバンを下すことになり私とS君二人で直ぐに新幹線に飛び乗り名古屋に向かった。カバンがS君の物である事を祈り名古屋駅に着き確認したら間違いなくS君のカバンだ、、駅員さん曰く、恐らく同じ列車に乗ろうとしていた乗客が悪意でカバンを持ち去ったが鍵がかかっていた為、始末に困り通路に置きっ放したんでしょう、、との事だ。無事にカバンが戻り胸をなでおろした、、S君は新幹線で大阪に向かい、乗り継ぎで明日の昼頃までには乗船できそうだ、私は最終の新幹線で東京に戻ったが、機転の利いた判断、行動で無事に乗船実習に送りだす事ができた、我ながらよくやった、あっぱれじゃ、、、 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
102おすすめ

2015-11-19

うらやましいお客さん

デパート横の一方通行の通りで手が上がった、80歳くらいだろうか、デパートの紙袋を二つ重そうに下げたお婆ちゃんだ。運転手さん、197号線経由で○○まで、、、本来の道は渋滞するから遠回りしても混まない方が良いとの事だ、こちらも料金は高くなるわ、渋滞を避けられるは、有り難い話ですでね!お客さんの方から色々と話してこられる、失礼だがお歳にしては話す内容もしっかりしている、旅行が好きで最近までしょっちゅう旅に出ていたそうだ、お客さん、どちらの方に行かれたんですか? どちらって主だった処はほとんど行きましたよ!私もお陰で色々といった方だ、私も人が悪いね、ちょっと試してやろう、、お客さん、十和田湖は行かれましたか? えー、行きましたよ、あそこは、、、、、、、。お客さん、能登半島は行かれましたか? えー、行きましたよ、あそこは、、、、、、、。5~6ケ所お尋ねしたが全て明快な説明が返ってきた。お客さん、私は新潟県の出身ですが佐渡は行かれましたか、えー、行きましたよ、あそこは、、、、、、 いつ頃行かれたんですか? 夏に行ったんですがタライ船も乗りましたし、砂金採りもしました、、、、。夏は観光客も多いんですが、冬は街に出ても誰も歩いていません、空は鉛色をして季節風が吹いている日が多く寂しくなりますよ! そーですか、そんな光景が目に浮かびますね、是非冬の佐渡をもう一度訪ねてみたくなりましたね、、、。お客さん、色々なところを旅行されたそうですが、国内では何処が一番印象に残っていますか? と尋ねると意外な返事が戻ってきた、何処もそれぞれの良さがありますが、あえて一つを選べば奥飛騨ですね、、旅をして名所史跡巡りも良いんですがその土地土地の風土、景色などじっくり歩いて観察をするのが楽しいですね、、。ご主人さんが亡くなられていつも一人旅だそうだが、最近は足が弱くなり旅に出る回数も減りました、との事だが先日も○○が食べたくて韓国へ行ってきたそうだが羨ましい話だ。車を運転しながら、このお客さん以前にもお供したことがあるような気がするんだがなー、思い出せなかったが目的地に着いて思い出しましたってー、前回お供した時は、たまにデパートに行ってほしい品物を爆買いするんだ、と言っておられた事を思い出した。下車する時に料金を払い、ジュースくらいしか飲めませんが気持だけ、と言ってチップを、運転手さん、運転に気を付けて! ありがとうございます、お客さんもいつまでもお元気で! はい、ありがとう、、なんとも羨ましい上品なお客さんだ、、、
 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
95おすすめ

2015-11-18

[古い航海日誌 日正丸②] 順調な航海、赤道通過

シドニー近郊のポートケンブラを出港した本船は順調な航海を続けている。サンゴ海からソロモン諸島の沖合を航行しソロモン海に入る、第二次世界大戦の激戦地、ガダルカナル島、右舷方向にブーゲンビル島、左舷方向にニューブリテン島のラバウル、などなど戦史に残る激戦地があり、多数の尊い命が失われたところだ。戦争は知らないが、幼いころ着せられた衣類にゼロ戦などの柄が入っていたり、近くの港に流れ着いた機雷を警察官が始末しようとしていたところ突然爆発し近くで見ていた子供など多数の命が奪われた事など幼心に覚えている。この海域に入るといつも複雑な思いになり、夜のワッチ(当直)が終わると真っ暗闇のボートデッキに出て柄にもなく黙とうを捧げるんだ、そして、 さーらーばラバウルよー♪また来るまーでーよー   と口ずさむ、、、
赤道直下とは言え夜のデッキで潮風に当たっていると寒くなった、日正丸温泉に浸かり部屋で一人寂しく一杯だ、オーストラリアで6Pチーズを沢山仕入れたのでウイスキーのおつまみは当分チーズだろう、、翌日の昼前に赤道を通過した、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
93おすすめ

2015-11-17

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 湖愁 ♪ 松島アキラ

先日仕事で県外に行き退屈しのぎにラジオの選局をあちこちとタッチしていたら懐かしい曲が聞こえてきた、松島アキラの「湖愁」だ。半世紀も前の日曜日の午後、寮の食堂のテレビで、玉置 宏さんの名司会で、1週間のご無沙汰でした、、、、、 で始まる「ロッテ歌のアルバム」で初めて聞いた曲、松島アキラの「湖愁」、良い曲だなー、、さっそくレコードを買ってきてレコードプレイヤーを持っている友達の部屋に行き、レコードが擦り切れるほど聞いた、松島アキラ(愛称はスピッツ)東京都出身、昭和36年(1961)9月ビクターレコードから「湖愁」でデビュー、大ヒットした。今はどうされているんだろう、、?
 
 
固定リンク : コメント(4) / トラックバック(0)
98おすすめ

2015-11-16

[今日の話] Windows 10  アップグレード

デスクトップパソコンはNECのVALUESTAR 購入時のOSは Windows 8 あまりにも変わりすぎてパソコンど素人の私には使いにくい、評判が悪いのか間もなく Windows 8,1 に変わった。無料でWindows 8,1 にアップグレードができると言う事でアップグレードしたが7月に Windows 10 が発売になり、これも無料でアップグレードできると言う事で Windows 10 にアップグレードして使っていた、使っていたと言っても使うのは日曜日だけだ、普段はもっぱらNECのノート型パソコン LaVie OSはWindows 7 だ。2台のパソコンの使い勝手が違い、たまにデスクトップを使おうと思うと、あれー、どうだったかな? と言う始末、、 いつものように夜の9時過ぎにブログを更新し、ノートパソコンもこの際 Windows 10 にアップグレードするかな、2時間もあれば終わるだろう、、と軽い気持ちで作業を始めた、、、 しかーしだ! アップグレードを始めると時間がかかること、、チェックしてダウンロードが終わるまでに2時間近くかかった、こりゃ終わるまでに何時間もかかるなー、かと言って今更やめるわけにもいかないし、布団に入り時々パソコンを除くと20%終わり、、25%終わり、、ちっとも進まない、結局すべて終わったのが午前2時過ぎ、参ったね!翌日は寝不足で頭がぼーっとしている、もともとボーっとしている頭が更に調子が悪い、こんな時に事故でも起こしたら大変だ、気合を入れて一日ハンドルを握った、、お陰で今度は2台のパソコンとも使い方が同じで具合が良い、、、 
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
79おすすめ

2015-11-15

[豊後の名所・史跡] 本耶馬溪と青の洞門


一昨年は耶馬渓でも深耶馬渓に行ってきたが、今日は天気もまずまずだ、思い切って中津市の本耶馬溪、青の洞門に出かけてきた。紅葉も見ごろでたくさんの観光客が訪れていた。

 

青の洞門は大正8年に発表された菊池寛の短編小説「恩讐の彼方に」で一躍有名になった、越後(現新潟県)の禅海和尚が掘った洞門(トンネル)で、山国川に面してそそり立つ耶馬渓を代表する名勝である競秀峰の裾野に掘られたトンネルである(写真)。江戸時代、諸国遍歴の旅の途中この地を訪れ、近くの羅漢寺を参詣した禅海和尚が、鎖渡しと呼ばれる難所で命を落とす人馬を見て、仏道修行者としてこの危難を取り除き衆生救済の門を開かんものと大誓願を発し洞門開削工事に取り掛かり、約30年の歳月をかけて明和元年(1764年)に完成したものです。ノミと槌だけで掘り抜いた隧道の長さは約342メートル、うちトンネル部分の延長が約144メートルあります。完成後には通行人から人4文、牛馬8文の通行料を徴収し工事費に当てたという話が伝わっており、この洞門は日本最古の有料道路ともいわれている。
 

 

禅海和尚がノミと槌で手掘りし、最初に明り取りの窓として掘った窓(写真上)などが残っている。
 

禅海(ぜんかい)和尚は元禄4年(1691)~ 安永3年(1774)の江戸時代中期の曹洞宗の僧であり、越後国(現新潟県)高田藩士の子で、本名は福原市九郎。生年については貞享4年(1687)説もある。詳しくは真如庵禅海といい、江戸浅草の住人であり、祖先は越後国高田藩の福原氏であると言い、両親が亡くなった事から世の無常を感じて出家し諸国を行脚、正徳5年(1715)に得度して禅海と称した。
 
 
 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
128おすすめ

2015-11-14

[街中で見かけた話題、光景] 海上自衛隊輸送船 はくおう


 
仕事の途中でいつもの港の近くを通ると又見慣れない大型船が見える、わざわざ岸壁の近くまで来てみると ”はくおう” と小樽の字が見える。んー、はくほう なら横綱にいるがはくおうは知らんな、しかし船の形やファンネル(煙突)など何処かで見たような気がする、今年から使いはじめたスマホで調べてみると、なるほど数週間前に入港した なっちゃん World と同じく防衛省が民間船をチャーターしているわけだ。よく見ると岸壁には自衛隊の車両が沢山ならんでいる。
 

舞鶴、敦賀、小樽航路に就航していた新日本海フェリーの2代目 すずらん が はくおう に変わった訳だ。小さなタンカーが船体に横づけしてバンカー(燃料)をとっているようだ。防衛省が自衛隊員、車両などの輸送用、災害時の輸送用に民間船をチャーターいている。

要目

総トン数:   17,345 トン
長さ:      199,5 メーター
幅:        25,0 メーター
航海速力:     29,4 ノット
搭載車両:   トラック 122台 乗用車 80台
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
97おすすめ

2015-11-13

[第2の人生] 清水入港、下船


東シナ海の尖閣諸島近海での調査を終えた本船は母校の静岡県の清水港に向け北上するが貨物船と違い特別に急ぐ航海でもない、エンジンが停止し、何があったのかと思うと艫(船尾)から流しているワイヤーに魚がかかったので引き寄せるとか、ちょっと海底の調査をするとか、ちょいちょい停船する。そして6月13日に清水港を出港以来、大学教授陣、院生を含む学生、石油公団、琉球側、船長以下乗組員を含め71名の調査団による1ヶ月の調査航海が終わり7月14日の午前に清水港に入港した。船の船尾に積み込まれたコンテナの中のスパーカー(音波探査器)から海中に延びたワイヤーからスパークして強烈な稲妻が水中を走り巨大な衝撃波が海底に伝わり、海底の堆積物を通り抜けて岩盤に反射してくる、この反射波を受信し記録される。乗船して暫くは船酔いに悩まされたが沖縄の那覇港に2回入港し、当時の沖縄で一番と言われた東急ホテルだったか東洋ホテルだったかな? で屋良朝苗主席、知念副主席、など多数が出席のもと、高瀬在沖縄大使主催の歓迎レセプション、本船の一般公開、沖縄の南部観光など貴重な経験をした。石垣島にも入港し島内見学など良い思い出だ。清水港に入港後、海運局に出向き雇止め手続きも終わり本船での最後の昼食を食べてお世話になった東海大学丸Ⅱ世を下船した。
 
ある日ネットサーフィンであちこち眺めていると名物船長 佐藤孫七教授が亡くなられたと言う記事を目にした。山形県出身でズーズー弁まる出しで船の指揮をとっていた、厳しい中にも愛嬌があり、がっしりとした姿を今でも懐かしく思い出される。大学の出版会より「キャプテン孫七航海記」が出版されている事を知りすぐに購入し懐かしく読んだ。
東海大学の海洋調査実習船 東海大学丸二世 の初代船長、海洋学部教授として活躍され、平成18年(2006)1月23日に97歳で亡くなられた。
                               合掌
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
76おすすめ

2015-11-11

[今日の話] あれから二年、、

船員生活に終止符を打ち33歳で生まれ故郷にUターン、そして30数年間過ごした故郷を旅立つ事に、、。長い人生で貯まりに貯まった荷物、中には使っていない、これからも使う見込みのない物もたくさん有る、こんな時でないと整理できない、とばかりに思い切ってリサイクルに出せるものはリサイクル屋へ持ち込み、リサイクル屋に持ちこめない物は廃棄物業者を頼み中型トラックに一杯処分した。そして引っ越し業者の荷物を積んだトラックが昼過ぎに九州に向かった。長年住んだ故郷を去るのは寂しく辛いものがあったのも事実だ、しかし人生は一度だけ、私にとって最後の第四の人生はまた違った環境で過ごすのも良いかな、、と考えるようになり思い切って1,000キロも離れたご当地に来て2年が過ぎた。 早いねー! 間もなく引っ越して来て2度目の冬を迎えるが、北国の厳しい冬を過ごしてきた私にとって冬と言う感覚は無い、1ヶ月遅く冬が来て、1ヶ月早く春が来る、故郷に比べると冬で5~7度くらい違うようだな、それでもご当地の人は、寒い寒い、を連発、内心、馬鹿みたいな事言ってんじゃねーよ、何といっても冬が暖かいのが一番の魅力だ。食べるものも美味しいし種類も豊富だ、柑橘類も一年中スーパーに並んでいる、しかしご当地の米農家には申し訳ないが、ご飯はやっぱり新潟米にはかなわないようだ、それと冬になっても鱈が食べられないのが寂しいね、、海が有り、山が有り、田んぼが有り、いたるところに温泉が有り、なかなか良い所ですよ、、そうは長くないだろう、残された人生、一日一日を大事に過ごしたいね、、、
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
101おすすめ

2015-11-10

[癌ばる日記] ひと安心だ、、

先週病院でうけた胃と大腸の内視鏡検査、小さなポリープが見つかり切除したがその結果を聞きに病院へ行ってきた。不安が無いわけではないが、なるようにしかならない、今日は受付を済ませてから1時間くらいで呼ばれた。診察室へ入るとパソコンで先日の検査の画面をモニターに写し、 ○○さん、先日の検査の結果ですが、悪性ではないので、まー問題は無いでしょう、念のため1年後にもう一度検査をしたほうが良いでしょうね! と言う事で一安心だ。来週は胃の治療で又病院だ、、病院とは縁を切りたいんだが無理のようだね、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
51おすすめ

2015-11-09

ついてたねー! 懐かしい光景


今月に入り3日は大分学検定受験の為に仕事を休み、5日は病院で検査の為に休み、結果内視鏡検査でポリープが見つかり切除しそのまま入院、退院の許可が出たが先生から、今日と明日は仕事をしないで家でゴロゴロしていて下さいね!と言う事で、今月に入り2日間仕事をしただけだ。今日はちょっと気合をいれて頑張ろう、と思っていたんだが大して忙しくなく、参ったなー! チンコン、チンコン、配車だ、モニターを見ると、○○よりお客さんをお供して佐賀関まで、又佐賀関よりお客様を大分までお供する、、片道だけでも今まで一度行っただけ、それも往復だぜ、昨日、今日と愛媛県の伊方原発の事故を想定した国の避難訓練が行われていて、それの関係者をお供したわけだ。フェリー乗り場の向かいに旧日本鉱業佐賀関精錬所が見える(写真)、船員のころニューカレドニアからニッケル鉱を積んで何度となく入港した懐かしいところだ、高い煙突は当時とちっとも変っていない、、、懐かしいなー、、、
専用岸壁には船員になり最初に入社した大手海運会社の貨物船が着岸していた、懐かしいファンネルマーク(煙突)だ(写真)、ドラフト(喫水)を見ると満船のようだ、銅鉱石でも積んできたのだろうか、製品を積んで外地に向かうんだろうか、、お客さんが大分に向われるまで1時間くらい懐かしく目の保養をさせていただいた。この仕事1回でたっぷり普段の1日分以上の仕事をさせていただいた。大分に戻りいつもの公園でパンとジュースで遅い昼だ、座席を倒して余裕でウトウトして、さーて、もうひと頑張りするか、、チンコン、チンコン、配車だ、あるマンションからご婦人が乗車、運転手さん、別府ね、杉乃井ホテルまで!こりゃまた良い仕事だわ、運収もたっぷり上がったし今日はこれであがるかな、車庫に向かうと又配車だ、えーい、この際、稼げる時に稼ごう、今日はついてたねー!
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
107おすすめ

2015-11-08

[街中で見かけた話題、光景] 第35回大分国際車いすマラソン


先週末は市内で自転車の大分ロードサイクル・フェスタが開催され賑わったが、今日は 第35回大分国際車いすマラソン大会 が県道大在、大分港線(通称40メーター道路)をメインコースで行われた。家から数分であり今年も昨年に続き応援に行ってきた(写真)。立冬の今日、ご当地は27度の夏日、選手には過酷なレース環境であったろう。今年は日本を含め19か国から283名の選手が参加した。第30回大会より連続優勝を飾っているスイスのマルセル・フグ選手、今年もトップで前を通過して行った、42,195キロを1時間20分台で走り抜けるスピードには迫力があるネ、、障害を持つ厳しい条件の中で、マラソンという過酷なスポーツに挑戦する選手の勇姿は、沿道で声援を送る観客をはじめ多くの人々に勇気と希望と深い感動を与えたに違いあるまい。
 
 

国際障害者年の昭和56年11月1日(1981)に参加11か国117名で、世界で初めての車いす単独の国際車いすマラソンとしてスタートした「大分国際車いすマラソン大会」、今では国際パラリンピック委員会の公認大会として男女ともに世界記録を有し、世界最多の車いすアスリートが参加する世界最高峰の大会です。今大会は来年のリオデジャネイロ パラリンピックの代表選考会も兼ねた大会となっている。
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
79おすすめ

2015-11-07

[古い航海日誌 日正丸②] 南太平洋を北上中

シドニー近郊のポートケンブラを出港した本船は翌日の午後にはブリスベンの近くの有名なゴールドコースト沖を北上している。コースを変更して数時間走ればゴールドコーストだがね、、朝と言っても10時過ぎだが目が覚めてデッキに出てみると南半球は秋とは言え、南緯28度くらいの海上は太陽がギラギラ輝き紺碧の海(写真)、と言っても古い写真で色がくすんでいるがね、、ちょうど本船の左舷を1万トン位の白い客船が南下して行ったがコースからしてシドニーかメルボルンあたりに向かっているんだろう。北東に1日くらい走れば天国に一番近い島ニューカレドニアだ、本船に乗船する前に佐賀関丸/JKSTで6~7回行ったが綺麗な島だ、ニューカレドニア航路のニッケル鉱専用船が数隻あるので恐らくまた行く機会があるだろう。さーて飯を食べてワッチに行くかね!ドアーを開けて船内に入るとギャレーから良い匂いがしてくる、食堂へ行くと今日は洋食だと言う、ボーイさんが次席さん焼き具合はどうしますか? 私は焼き方の悪い肉は苦手だ、黒くなるほど焼いてくれる!今日のスープはポタージュだ、旨いねー、行儀が悪いがお代わりをしたね、しっかりと焼いた分厚い牛肉を食べて元気が出たねー、コーヒーを飲んで今日のデザートはオーストラリアで仕入れたんだろうか、オレンジだ。部屋に戻り仕度をして無線室へ、通信長が、次席君、JOS(長崎無線局)にQTC(電報が有る)だがあんたに仕事を残しておいてやったからね!4時までワッチ(当直)だ、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
99おすすめ

2015-11-06

[癌ばる日記] 検査入院

2か月前に行った健康診断で2〜3ヶ所の精密検査を指摘された、数年前までの私は、そんなの、ある程度歳をとれば何処か悪い所があるわね!で済まされていたね。しかし最近は、それじゃ健康診断をした意味がないじゃない?となったわけさ。紹介状を持って以前から通院している病院へ、しかし今度は診察の科が違う、その結果後日、胃と大腸の内視鏡検査と言う事になった。1昨日の夕食以降は断食で寝る前に病院で出された下剤をのんで 就寝した。汚い話で申し訳ないが夜中に何回もトイレに起きたネ、お蔭で寝不足だ。朝指定時間までに病院へ行き受付機に診察券を通して受付完了、内視鏡室へ、どうやら同じ時間の内視鏡検査の人は4人のようだ、看護師さんの説明を聞きながら管大腸清掃剤とやらを15分おきに水と飲む、看護師さん、夜中に何回もトイレに行き腸は空っぽですが! すると、今度は腸の中を一滴残らず綺麗に洗い流します、との事。30分くらいするとそれぞれが便意をもよおしトイレへ、3〜4回目くらいから看護師さんがトイレの排便をチェックする、看護師さんも仕事とは言え大変だね!はい、未だ85点くらいですね、なかなか100点の許可が出ない、やっとOKが出て今度はベッドで点滴が始まる、1時間ほどで呼ばれて検査室へ、最初は胃の内視鏡検査だ、口からは2回目だが結構苦しいね、内心、早く終わってくれよ、やっとの思いで終了したかと思うと今度は大腸の内視鏡検査だ。こちらは特別な苦痛は無いが圧迫感があり多少の痛みがある程度、体の向きによりモニターを覗き込む余裕があた、そのうちに先生が、 ○○さん、ポリープがありますね、ほかの先生もやってきて切除する事に、今晩は入院してもらいますよ、結果が良ければ明日の午後には退院できますから、と言う事で病棟の看護師さんが迎えに来て入院病棟へ。こんな事もあろうと前回に入院した時の病室のテレビを見る為のプリペイドカードの度数の残っていたのがあるのでイヤホンと一緒に持ってきたんだが、、翌日の昼まで食事は無し、水かお茶だけ、点滴をしているままだし、うろうろも出来ない、ベッドで寝ているかテレビを見るか、念のためタブレット端末を持って行ったので退屈することはなかったが、考えてみたらちょっと準備が良すぎたね、今朝主治医が来られて退院の許可がでたが、今日明日は仕事はしないで運動も避け、今日は食事はお粥にしてください、検査の結果などは次の外来で説明します、、とのことで昼には家に戻ってきたが腹が減ってグーグー鳴るしまつだ、やっぱり家が落ち着くね、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
70おすすめ

2015-11-04

[街中で見かけた話題、光景] タバコの投げ捨て

ご当地の市の中心部では 大分市、日本一きれいな町づくり と言いう看板を良く見かける、なるほど毎朝事業所、お店の前を掃いている光景をよく見るし、通勤途中にゴミの袋とゴミ拾いのハサミを持ってゴミを拾いながら歩いている姿も目にする、驚いたのは自転車通勤の男性がゴミ袋とハサミを持って自転車に乗り、ゴミを見つけると止ってゴミを拾っている、なるほど街にはあまりゴミが落ちていないねー。街の中心部あちこちに、スモーキングエリア と書いた看板が立ち灰皿が置いてあり、そこて喫煙者がタバコを吸っている、なるほど歩きながらタバコを吸っている姿をみないねー。最近わかった事だが市の条例で市内の中心部では喫煙場所以外は禁煙で違反すると罰金らしい、引っ越して来た頃は、綺麗な町を見るにつけ、素晴らしい町だねー!と感心したもんだが最近は慣れて、むしろ当たり前の事で別に感じないがね、、、 しかーしだ! 今朝出勤途中の片側3車線の道路で私の前を走っていた軽自動車、信号待ちをしていると窓から何かをポーンと道路に捨てた、よく見ると煙が出ている、タバコだ、このー、どこに捨ててんだ、しかもろくに火も消さないで、もっとも火を消すだけの気持ちがあれば捨てはしないわな!腹が立つやら情けないやら、車から降りて行って一言いたいくらいだ、気持ちよく通勤途中だったのに意気消沈だ、どんな野郎だい? 相手の車のドアーミラーに映った顔を覗くと、なんと若い女だぜ、注意すれば、相手が男なら、うるせーなー爺!くらいだろうし、こんな女なら あんたに言われたくないわ!  あんたにわ関係ないでしょー!くらいで言うだけ損だろうからやめた、、、 
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
95おすすめ

2015-11-03

[今日の話] 第3回しんけん大分学検定

5月より開講されていた大分遺産学講座、仕事が終わってから会場に通い先月は1日かけて現地での見学講座があり終了した。受講者は私と同輩くらいの人が大部分であった、そして今日は第3回しんけん大分学検定の日だ。午前中は子供の部があり午後から大人の部だ、仕事を休み行ってきたが結果は惨敗お手上げだな、会場へ入ると受験者は100人ちょっと、前回の大分遺産学講座の受講者は数える程度で20~40代と思われる人がほとんど、私のような年寄りは1割にも満たないだろう、俺も物好きだねー、、
100問の筆記は三者択一と解答を記述するのが有るんだが、中には漢字で書け、と言うのがいくつかあった、大分弁に関する問題も10問ほど出たが、これは大分に長く住んでいないと解らないね、解るようで解らない、あとはスクリーンに映し出された映像から解答するんだが、3つの祭りの名称と行われる開催地を書け、写真の一部からその史跡を書く、また実際に男の人が大分弁で喋りその中からいくつかの大分弁とその意味を書く、県内で生産されテーブルに用意されたお茶を飲み銘柄を選ぶ、県内の地域の名産の出荷量を選ぶ、プロ野球選手で県内出身者を選ぶ、、などなど名物、名産、歴史、名所史跡、産業、人物、方言、食べ物、時事問題など多岐にわたり、私にとってはかなりレベルが高い問題が多かった、、最後に会場を変えて実際に用意された3種類の温泉を特徴、臭い、手触り、等から温泉名を書く、1時間半ほどで試験は終わったが自信を持って解答できたのは四分の一くらいだろうか、正解は解ったんだが正しく漢字で解答できなかったのも2~3問あった、大分の方言など長い間大分に住んでいれば解る問題もあり、大分に住んで2年の私にとってはかなりのハンディーが有りそうだ。正直なところ今回はあまり勉強もできなかった、時間が無かったと言えば噓になるだろうか、時間は待っているのではなく作るものだ、と誰かが言っていた、、来年はどうするかなー、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
102おすすめ

2015-11-02

[豊後の名所・史跡] 国の重要文化的景観 田染荘(たしぶのしょう)


 
国東半島の現豊後高田市の田染荘(たしぶのしょう)は中世の平安時代、鎌倉時代、全国の八幡総本宮の宇佐神宮の根本荘園として栄えた。


田染荘小崎地区にはパズルのように細かく区画された棚田が残されているが(写真)、平安時代、鎌倉時代の集落や水田などの位置がほとんど当時と変わらず、その当時の風景を色濃く残すことが高く評価され、「田染荘小崎の農村景観」は、2010年に国の重要文化的景観に選定、ユネスコの第3回「プロジェクト未来遺産」に登録され、世界農業遺産「国東半島・宇佐地域」(2013年に選定)の象徴的な場所として残されている。毎年6月の第2日曜日には御田植祭が行われ、昔ながらの苗植え体験は誰でも自由に参加できる。 又ホタルの名所としても有名で6月頃からはホタルの乱舞が鑑賞できます。

~ 空から ~ 色づく田んぼのパズル

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
112おすすめ

2015-11-01

[街中で見かけた話題、光景] みなとフェスOITA


昨日、今日と市内では大きなイベントなどが開催されている、なかでも元船乗りのhamさんが選んだのは、大分港開港50周年記念事業 みなとフェスOITA だ。大分港が昭和40年に関税法に基づく国際貿易港として開港してから今年でちょうど50周年を迎えることになり、港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。



10時過ぎに会場となる大在埠頭に向かうと大在、大分港線(通称、40メーター道路)は日曜日にもかかわらず車が多いような気がする、するとかなり手前から3車線の外側の車線だけが渋滞で長い列ができている、おい、おい、これみんなイベント会場に向うのかい、、広い第1、第2、第3、4、も既に満車で第5駐車場に回された、段々と会場よりも離れてくる、テクテクと歩いて会場へ、すごい人だね!食べ物のテント、色々な物を販売するテント、など賑やかなもんだ。
独立行政法人 航海訓練所の帆船 ”海王丸” (写真)も入港、一般公開されていた、夜はライトアップされるが夜は一杯飲むので無理だ、テントでは海王丸に関する色々なグッズなどが販売されていて私は海王丸の来年のカレンダー(1,000円)を買った、お客さんここにある物はどこででも手に入らないんだから、、と なかなか商魂たくましいねー、


海王丸Ⅱ世 要目
船型:       4檣バーク型帆船
総トン数:     2,556トン
全長:       110.09 m
全幅:        13.8 m
総帆数:       36枚
メインマスト高:   43.5 m(船楼甲板からの高さ)
最大搭載人員:   199 名
航続距離:     9,800海里(約18,150 km)
主機 :      ディーゼル機関(1,500馬力×2基)による機走可能
竣工、建造:   1989年9月15日、 住友重機械追浜造船所浦賀工場



 

大分海上保安部の巡視艇 ”やまくに” (写真)も着岸し一般公開されていた、若い頃に海上保安官にも憧れ海上保安大学は到底無理なので舞鶴の海上保安学校の灯台科から保安大学の無線科に進むことを企んだが不合格で夢はかなわなかった、、

やまくに PM29 要目
総トン数:    355トン
全長:       56,0m
全幅:        8,5m
機関:      ジーゼルエンジン X 3基

出力:     15,000馬力
速力:       35ノット以上






大分県の津久見高等学校海洋科学校の漁業実習船 ”新大分丸/JNWI” (写真)も入港し一般公開されていた。乗組員が船内を案内しいろいろと説明していただいた、ブリッジなどは興味をもって見学したが40年近く前に比べると航海計器、レーダーなどの進歩には驚いたね、、、

新大分丸 要目
総トン数:     499トン
長さ:        56,96m
幅:          9,40m
機関:        ディーゼル 1,800馬力
速力:        12,5ノット
竣工:        平成12年5月29日 下ノ江造船





 

陸上自衛隊の74式戦車、装甲車、などなどが公開され興味深そうに覗いたり乗ったりしていたが、自衛隊員の募集やPRなど、抜け目がないね、やっぱり小さな子供には、救急車、消防車、パトカー、白バイ(写真)などが人気があるようだ、乗車してサイレンを鳴らしたり、マイクで喋ったり、まー賑やかな事、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
96おすすめ

TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03908842

QRコード