[第2の人生] 調査終了、お別れ会

2015-10-30

1ヶ月にわたる東シナ海の尖閣諸島近海での石油の調査が終了した。海洋調査を続けながら清水港へ向かう。キャプテン主催のご苦労会、お別れ会が有ると言う、石油公団の技術者、学校の教授陣、それと清水で下船する臨時の乗組員の私も対象だと言う、内心は有難迷惑なんだがそうも言えないしね、、士官食堂は狭いので学生食堂を使う事になった。大したご馳走は無いが乗組員の中に昔漁船に乗船していた乗組員が数人いて魚捕りのプロだ、東シナ海で捕獲した魚が沢山ありご馳走のほとんどが魚料理だね、お酒は沖縄で仕入れたオリオンビール、ウイスキー、泡盛、それとキャプテンが故郷山形の酒の差し入れだ、キャプテンが、君は下船後はどうするんだね? 私は秋の通信士の国家試験の受験勉強をします! そうか、若い時は勉強をしなきゃな、、キャプテンは小さな揺れる船の中で身体を柱にロープで縛り勉強をした、と言う話は有名な話だ。通信長がワッチは私がするからゆっくり飲め、、と言う事でお開きになるまで、ぐっつりとやったね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
52おすすめ

[新米ドライバー ②] 再び熊本へ、疲れましたって―!

2015-10-29

先週の土曜日につづき今週もお偉さんをお供して熊本へ、朝ご自宅へお迎えに、いつもの道を熊本へ向かったが朝の時間帯は10~15分違うと道路の混み方が違う、11時からの行事だがお客様をお迎するため現地には15~20分前にはどうしても着けないといけない。余裕をもって1~2時間も前に出発できれば有難いんだがそうもいくまい、、少しでも現地に近づいておかないといけない、内緒だが初めはある程度飛ばせるところは飛ばす、かと言って1000に一つでも事故を起こす訳にはいかない、荷物を運んでいるいるわけではない、私一人ならともかく、お客さんが気分が悪くなったり疲れるような運転はできない、急発進、急停車、急ハンドルは厳禁だ、いつ走ったか、いつ止ったか解らないような運転を心掛けているんだが高級車は比較的にやり易い、とばす時は後ろに妙な車が付いていないか、にも気を付けなければいけない、念のためGPSをセットして現地までの残りの距離を確認しながらハンドルを握り、時々さりげなくお客様の様子を確認する、会話にも気を遣い、かなり急いで20分前に無事に到着した。やれやれですわ! 帰りは時間を気にする必要が無いだけ気が楽だ。夕方無事に大分に戻ってきたが、疲れたねー、やっぱり歳だね、、
固定リンク : トラックバック(0)
41おすすめ

[古い航海日誌 日正丸②] ポートケンブラ出港、韓国釜山向け

2015-10-27

オーストラリアのシドニー近郊ポートケンブラの製鉄所で鋼材を積んだ本船は夕方岸壁を離れ揚げ地、韓国の釜山向かった。オーストラリアではタスマニア島のホバート、アデレード近郊のポートピリーそしてシドニー近郊のポートケンブラと3港に寄港した。ポートピリーではちょっと奮発してお土産にオーストラリア、オパール、コアラの縫いぐるみを買った。ホバートの綺麗な街並み、ポートケンブラではシドニーまで出かけ、寿司を食べた事、現地に居住の数人の日本人からシドニー見物のいろいろなアドバイスをもらった事、など思い出一杯だった。出港して間もなくシドニー沖を航行、沖から眺めるシドニーの景色が素晴らしい。夜のワッチ(当直)でSydney Radio/VIS と日本の長崎無線局/JOS 銚子無線局/JCS にTR(入出港通知)を送り1通の電報を受信した。Brisbane Radio/VIB ニューカレドニアのNoumea Radio/FJP の中波の電波が強力に入感している、佐賀関丸/JKSTで何回もニューカレドニアに行ったが懐かしいね、韓国の釜山まで2週間の航海が始まったが、やっぱり航海中の方が落ち着くね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
39おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] ナッチャン World

2015-10-26

 

仕事で大分港近くの高台を走っていると沖合に停泊している大型船が良く見える、今日は15~20万トン位の鉱石専用船と2~3万トン位のばら積み船が停泊しているようだ、あれー、なにか大型カーフェリーのようなのがいるがチョット型がおかしいなー、 しかしカーフェリーのような船がなんでこんなところにいるんだい? ちょっと興味が有り、お客さんを降ろしてからちょっと遠回りをして港の方に行ってみた、好きだねー! ちょうど着岸したところのようだ、双胴船だ、本物の双胴船を見るのは初めてだ、おもて(船首)を見ると ナッチャン World と書いてある(写真)。たしか青森と函館航路に就航していたはずだが、燃料の高騰などで廃船になったとか、不定期で就航しているとかのニュースを見たことが有るんだが、なんでこんな所にいるんだい? そうだ今週の土、日と大分港開港50周年のイベントがあるんでそれに来たんだな、帆船の海王丸なども入港する事になっている、それにしちゃー早くから来たもんだね、しかーしだ! 夕方また仕事で港の近くにくると、あれーいない!沖にいるのであれば近くの造船所に入渠と言う事もあるが着岸していたんだ、家に帰りいろいろと調べてみると、以前に陸上自衛隊の戦車や兵員を輸送するために大分港に入港した事があるようだし、たぶん今回もそんなところだろ。防衛省が大災害などに備えるとの名目で借り上げているようだな、双胴船で時化にも比較的強いし、スピードも速く車両、人員輸送にはもってこいの船であるのは間違いが無い、

ナッチャン World 要 目

総トン数:   10,712 トン
長さ:        112 メーター
幅:         30、5 メーター
機関:      ディーゼルX4
推進器:     ウオータージェット推進X4
出力:      9,000KW X 4
航海速力:       36 ノット (時速約60キロ)
旅客定員:    1,746(最大)
積載車両:    普通車195台 トラック33台

 


故郷の新潟県の直江津港と佐渡、小木港に今春就航した佐渡汽船の双胴船、”あかね” (写真)総トン数5、702トン、速力30ノットよりも一回り大きいようだ。速力が30ノットを超えるとデッキに立っているのは怖くて危険だろう、「ナッチャン World」 も 「あかね」 も双胴船の建造で実績のあるオーストラリアのインキャット社で建造された。
固定リンク : トラックバック(0)
56おすすめ

[hamさんの登山記] 九重 扇ヶ鼻登山

2015-10-25


前回の登山では途中からの体調不良と悪天候で目的の稲星山登山は諦めて九州本土の最高峰、中岳に登り引き返してきた。今日はリベンジで稲星山と思っていたが今年から一緒に山登りを始めた息子が足が痛いと言う事で今回は一人登山、牧ノ戸の登山口から入ると一番初めの分岐点から登る扇ヶ鼻(1,698m)に決めた。6時に家を出て1時間半、県道別府、一ノ宮線(通称やまなみハイウエー)に出ると九重の山々が綺麗に見える(写真)、今日は一日晴れの予報、真っ直ぐに延びる高原の道路は気持ちが良い、、、
広い駐車場に着くと、何ー!既に満杯だ、路肩も一杯だし、筋湯温泉に向かう脇道に入るがこちらも道路の両側が一杯だ、奥へ奥へと進みやっと駐車したが、ここで準備をして登山口までテクテク、、




登山口からコンクリートの急登を行くと夏の富士山登山のようだ、行列だね、駐車場には続々と車が入って来るが満杯で道路の路肩に、広い駐車場に黄色い線を引いた駐車禁止エリアが有るがここには一台も止ってない、いつも感じる事だが山に登る人は比較的にマナーが良いね、同じ山に登る初歩の登山家として嬉しくなる、途中から振り返り下を見ると車で一杯だ(写真)みんな何処から来るんだろうかねー、言葉を聞くと、ばってん、長崎弁が聞こえたり、福岡弁が聞こえたり、韓国語も聞こえる、九重の山々は比較的に気軽に登れるので人気が有るんだろう、特に牧ノ戸登山口からの登山者が一番多い。
 

今日は最高の登山日和だ、周りの山々の景色を眺めながら順調に進み、タイムレコードよりも少し早めに久住と扇ヶ鼻の分岐点に到着した(写真)体調も良いし、このまま予定変更で稲星山に向かおうか、とも思ったが、いや、今回は予定通りに扇ヶ鼻にしよう、、一息入れて扇ヶ鼻に向かった、、



分岐点から少し登ると稜線に出ると登山道の両脇がミヤマキリシマの群生地が(写真)、今は見る影もないが満開を迎える5月の下旬から6月の初旬は見事だろう、来年の春に久住の山に来た時は是非とも寄り道をしてみたいもんだ、きっと感激するだろう、、、
 

ミヤマキリシマの群生地から少し登り返すと扇ヶ鼻の頂上にたどり着く(写真)、360度のパノラマだね、由布岳から福岡の山々、遠く長崎の山も見えるようだ、南に目を向けると祖母、傾山系の山々、阿蘇の山々遠く霧島の山々も臨めそうだ、、昼飯には早いし20分ほど景色を堪能し頂上を後にした、、、



久住方面との分岐点に来たが順調すぎてなにか物足りない感じが、久住別れあたりまで足を延ばそうとも考えたが、いや、今回はこのまま下山しよう、快調に下山を始めたがゾクゾクと登って来る、昼前には登山口に戻ってきた。駐車場前の売店などは登山客にくわえ紅葉見物客も繰り出し大変な賑わいだ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
67おすすめ

[新米ドライバー ②] 熊本へGo!

2015-10-24


大分市は今月の1日より雨が降っていないと言う、数日前にラジオを聞いていると過去に降雨が無い最長記録は97日で大分市だそうだ、確か10月の何日か忘れたが、~1月の何日かまで雨無しが続いたようだ。朝起きると晴れていますがね、しかし道路が少し濡れているような気配も、ひょっとすると夜中にパラパラと少し降ったのかもしれない、、。今日は仕事でいつもの会社のお偉さんをお供して熊本まで。土曜日の朝でいつもより道路は空いている、ご自宅にお迎えに行き高級車に乗り換えて熊本へGo!
途中から国道57号線へ入り高原を快適に飛ばして阿蘇の熊本県へ。阿蘇は外輪山と数個の火口丘からなり南北に約25キロ、東西に約18キロ、周囲約128キロからなる世界最大級のカルデラ地形を形成し、この火口原に約5万人が生活している。8月に登った阿蘇の高岳、中岳、そして根子岳、烏帽子岳、杵島岳、の阿蘇五岳やその外側の外輪山眺めながら快調に走る、良く晴れた高原は気持ちが良いね~、一人なら鼻歌でも出るんだがねー、、、



ほぼ予定通り大手企業の熊本工場(写真)に到着した。今回が2回目だが工場見学が自由に出来るのが面白い、熊本駅からシャトルバスも出ているようだし、観光バスもしょっちゅう出入りしている。工場の敷地内に芝生公園やレストランもあり一般の人も自由に出入りしている。お偉さんを待っている間、公園のベンチで来月の大分検定試験の勉強だ、しかし全く気が乗らない、駐車場や公園あたりを巡回している警備員に、工場の写真を撮っても良いですか? とたずねると、えー、どこから撮っても良いですが怪我をしないでください! 敷地内には一般者の立派なトイレや自動販売機などもあり、いたれりつくせりだ、おまけに見学者の希望者にはビールの試飲もあるようだ,運転者にはソフトドリンクもでるようだし、この次に来た時は時間が有れば見学でもしようかね、、、3時半ごろには大分に戻り、営業所に寄り今日は営業車には乗らず、ちょっと疲れたのでそのまま家に帰り今日の予定は終わりだ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
58おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 青い山脈 ♪ 藤山一郎 奈良光枝

2015-10-23

 青い山脈   作詞:西條八十
         作曲:服部良一

石坂洋二郎原作の映画「青い山脈」の主題歌として昭和24年(1949)に発表された曲で、当初は藤山一郎と奈良光枝が歌っていた。「昭和の歌謡曲」「心に残る歌謡曲」「懐かしの歌謡曲」などなどで常に一位の座を占める人気の歌謡曲で老若男女を問わず知らない人はいないだろう、、、

 
 
固定リンク : トラックバック(0)
40おすすめ

[今日の話] おおいた弁

2015-10-22

2年前の今頃は引っ越しの準備で忙しい日々を送っていた、縁が有りご当地、大分市に来て間もなく2年になろうとしている。お陰でご当地の生活にも慣れ、ほとんど不自由を感じる事は無い、心配した新米タクシードライバーの道路の不慣れも当初は苦労もしたが、最近はよほどの事が無いかぎりあまり心配をする事は無い。 しかーしだ! おおいた弁、これだけはちっとも慣れないし、いまだにほとんど解らない、大分県は九州でも瀬戸内海に面していて、昔から関西との海上交通が盛んであったと言われている、その為かどうかは知らないが方言もどちらかと言うと関西弁に似たところがあるようだ。故郷の新潟県に比べるとはるかに方言の種類が多いように感じる。仕事中お客様との会話は標準語で喋り何ら問題は無いんだがお客さまからの話が大分弁で帰ってくるとあまり意味が良く解らない、何度も聞き返すのも失礼だし、はい、はー、でごまかすことがたびたび、、、会社で仲間どうしが大分弁で喋っている中に標準語で割り込むのもおかしな感じだし、いつも標準語で喋っている私を、あいつ、いい歳をして何を気取っているんだよ! と思っていたに違いあるまい、しかし最近は九州では場違いな長岡ナンバーの車で通勤している私を見て、長岡ナンバーって何県かね? 新潟県ですよ! おー、山本五十六の! スタンドでもよく長岡ナンバーは何県ですか? とよく聞かれた、意外と知らない人が多いのには驚いたね、、、いまのところ大分弁ではっきりと解るのは「よだきい」⇒かったるい くらいだね、後何年生きられるか解らないが一生かかっても大分弁は覚えられそうにないし、今さら覚える気も無いね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
58おすすめ

[新米ドライバー ②] 為になるお客さん

2015-10-21

この仕事をやっていてマスコミ関係者の利用の多いのに驚いた、本当に有難い事だ、、それも一日1回や2回なんてもんじゃない、インタビューする人、カメラマン、助手、だいたい3人が多いが一人、二人の時もある、車内でのスタッフ同士の会話、電話での会話を聞いていると、なるほどねー、えッ、本当かね! と言う事はしょっちゅうで実に勉強になる。裁判所にお供する途中でカメラマンが助手に、被告人は車の○○に乗って来る事が多いから○○○の場所にいると顔を撮れる確率がたかいんだ、、、、、、! など等。時々テレビ局のアナウンサーもお供する事が有る、テレビに映る時の顔とだいぶ違うね、私は特別に意識する事も無く他のお客さんと同じ感覚で会話をする事にしている、晴れが続きますねー、10月の1日から雨が降ってないそうですねー! ってな具合だ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
58おすすめ

[第2の人生] 那覇出港、東シナ海へ

2015-10-20



那覇港に2回目の入港で2日間停泊し飲料水と少しの生鮮食料日を積み込み再び東シナ海へ向け出港した。2~3日くらい海洋観測をしながら最後の石油調査をして母校の清水港に向かう予定だ。今回の調査で、尖閣諸島周辺の海域には世界一の原油埋蔵量のサウジアラビアには及ばないが、イラクやクウエートに匹敵する1,095億バレルの原油の埋蔵量があり、「世界的な産油地域となるであろう」と新聞などで騒がれた記憶がある。 ただ、当時の調査方法はスパーカ震源による地震探査法と呼ばれる、船より2本の電極を海中に流して海中放電(スパーク)による衝撃を震源とする調査だった。 その後の調査をもとに経済産業省石油審議会が1994年に試算したところよると、尖閣沖周辺の原油埋蔵量は約32.6億バレルになるとされ、当時の調査時のおよそ30分の1になってしまった。日本 政府が2012年9月11日、尖閣諸島の魚釣島と北小島、南小島を国有化し、中国も領有権を主張し始め、国際的に安全が担保されない限りこれ以上の前進はないでしょうネ。新聞、テレビで尖閣諸島近海のニュースが流れるたびに40数年前の当時を思い出す、、、
固定リンク : トラックバック(0)
45おすすめ

[豊後の名所・史跡] 国宝 臼杵石仏と名物臼杵せんべい

2015-10-19


40年近く前に一度見物に来た事がある臼杵石仏、もう記憶は薄らいでいる、縁が有りこちらに来て早く訪ねたいと思っていたが2年近く経ってしまった。薄らいだ記憶ながら石仏が建物で覆われ、土産店などが建ち目を疑う変貌ぶりには驚いた。昭和55年から14年間におよぶ保存修復工事が行われ、平成7年6月、臼杵磨崖仏4郡59体が磨崖仏では全国初、彫刻においても九州初の国宝に指定された。凝灰岩の岩壁に刻まれた多くの磨崖仏は平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られたと言われているが、誰がどのような目的で造ったのか解かっておらず今なお多くの謎に包まれている。
我が国の石造美術の最高傑作と言われる臼杵磨崖仏、平安時代末期から室町時代末期まで磨崖仏と関連すると思われる寺院が存在していたと言われていたが、昭和51年から随時行われてきた発掘調査によって近くの満月寺や湿田から多数の存在を裏付ける物が発見されました。無料駐車場の奥にヤマコ臼杵美術博物館があるがこちらに発掘時の貴重な遺物や臼杵藩稲葉家の資料などが多数展示されている。




 
石仏へ向かう参道などに何軒かの食堂や土産店が並んでいる、どちらの土産店にも臼杵市の銘菓、臼杵煎餅(写真)が多数ならんでいるが臼杵せんべいの名前は知っていた。店のスタッフが、どうぞ食べてみて下さい! 一枚の煎餅を小さく割った物が置いてある、何だ、煎餅かよ! ちょうど昼で少し腹も減っていた、手に取ってたべてみると、 んッ、良いねー美味いねー! ちょっと品が無いが、ついつい三回、四回と口に入れた。べつに臼杵煎餅の会社の関係者でも、まわし者でもないんだが、美味しく癖になりそうだ、臼杵市内の複数の菓子店で製造、販売されているようだ、包装には臼杵石仏の大日如来像が使われている。
固定リンク : トラックバック(0)
47おすすめ

[古い航海日誌 日正丸②] ポートケンブラ入港中 シドニー見物

2015-10-18


4月、南半球では秋だ、暑くも無し寒くも無しオーストラリアのシドニーは最高の気候だね。予定通りエンジニアー3人と一緒にシドニー見物に出かけた。甲板部は荷役作業が有るため遠くまでは無理のようだ、バスで出かけたがウーロンゴングの町を出るとバスは暫く郊外を走るが、いやー、オーストラリアの国土の広さを実感したね、右を見ても、左を見ても、前を見ても後ろを見ても山が見えない、まず狭い日本では考えられない光景だ。

 

あらかじめ代理店に聞いておいたんだが、バスを降りてハーバーブリッジを見渡せる港の公園までやってきた、近くにはオペラハウスも見える、シドニーを代表する二つのシンボルだ。



公園のベンチに腰かけてシドニー湾を眺めると多くの外航船が停泊している、4人で当てもなくシドニーの中心街を歩くと SUSHI 寿司 と言う看板が目に入った。ファーストエンジニアー(1等機関士)が、おい、久し振りに寿司でも食おうか! いいね、いいね、、すぐにまとまり寿司やへ、日本人の板前さんが我々の顔を見て、へー、いらっしゃい! やっぱり旨いねー、何か月ぶりだろう、ビールもキリンビールが有るじゃないか、夜になるとお客の大部分が日本人だそうだ。中心部を散策するがポートピリーでお土産も買ったし特別に買うものも無い。航海中は運動不足だ、足が棒のようになるまで歩き帰りはバスに乗る元気がない、割り勘でタクシーで帰ろう、と言う事になりタクシーで船に向かったが、ここでも初めての体験が、夕陽が水平線に沈むのは航海中はほとんど毎日のように眺めるが、夕陽が地平線に沈むのは初めて見たね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
46おすすめ

[豊後ぶらり旅] 大分遺産検定 国東半島ぶらり旅

2015-10-17


5月より受講している大分遺産、大分学検定受験講座の座学は先月で終了した、今日は最後の現地講習の日だ。仕事は休みではないんだが、私の場合はどちらかと言うと仕事よりもこちらの方が好きだし興味があるネ、、朝から秋晴れの晴天だ、今回の参加者は40名弱、バスで国東半島へ Go!
 

国東半島(くにさき)は大分県の北東部、周防灘と伊予灘、別府湾に突き出た丸い形をした半島だ。国東半島の最高峰、標高721mの両子山をはじめとする両子火山群の峰々がそびえる火山地形であり、自然が豊かな世界農業遺産の里、瀬戸内海式気候の国東半島に他県より移住する人も少なくない。また奈良時代~平安時代にかけて仏教(天台宗)に神道(宇佐八幡宮の八幡信仰)を取り入れた「六郷満山」と呼ばれる山岳仏教が形成され、宇佐神宮を中心に六郷満山文化が伝播した国東半島は、神と仏が共存する神仏習合文化の発祥の地と言える。そして異教を認め合い、共存すると言う独特の思想や理念は世界でもあまり例を見ず、今なお国東半島には特異な文化や奇祭が受け継がれている。

★ 六郷満山  
   
(六郷満山とは 六郷 + 満山 の総称)

* 六郷
    ・ 来縄 (くわな、現豊後高田市)
    ・ 田染 (たしぶ、豊後高田市)
    ・ 伊美 (いみ、 国東市国見町)
    ・ 国東 (くにさき、国東市国東町)
    ・ 安岐 (あき、 国東市安岐町)
    ・ 武蔵 (むさし、国東市武蔵町)
                    計 6地域

* 満山
    ・ 本山 (もとやま):学問を行う
    ・ 中山 (なかやま):修行を行う
    ・ 末山 (すえやま):布教を行う  

仁聞が養老2年(718)に国東半島の各地に28の寺院を創建したと伝えられ、盛時には65の寺院があったと伝えられる。本山(もとやま)、中山(なかやま)、末山(すえやま)の上記3郡に分けられ、更に本寺(ほんじ){ 本山本寺ー後山金剛寺、大折山報恩寺など8寺、中山本寺ー足曳山両子寺、金剛山長安寺など10寺、末山本寺ー峨眉山文殊仙寺、見地山東光寺など10寺 } など28寺と末寺37寺に分けられる。国宝の富貴寺大堂、や国の重要文化財などに指定される名所史跡は多数存在し見所が多い。上記写真は国選定の重要文化的景観に指定されている田染荘(たしぶのしょう)で曲線を描いた独特の水田や小川のせせらぎ等は800年前と変わらず今も息づいている。詳細は後日にアップしたいと思う。

 
固定リンク : トラックバック(0)
37おすすめ

[癌ばる日記] しぶしぶと病院へ

2015-10-15

以前は健康診断で要精密検査などの指摘があっても、そのうちに検査するかね! で終わっていたが、最近は先が短くなってきたせいか、いやに健康が気になるようになってきた。先月受診した健康診断の結果が送られてきたが中に封をした医療機関への紹介状が、素人の私にも大体の想像はつく、このまま放っておいたんじゃ健康診断を受けた意味が無い。出社して点呼を受けて上司に、病院へ行きたいんで1~2時間時間を頂けませんか! すると、 あー、いいよ、いっちょいで(行っておいで) とあっさり許可が出た。2時間ほど仕事をして今も術後の経過観察で通院している病院へ、数週間前に行ったばかりだが、今回は別の診療科だ、受付を済ませて2階の外来の受付へ行くと凄い人だ、看護師さんが、○○さん、今日は混んでいるので、かなーり時間がかかりますよ! すこしさばをよんで、2時間くらいかかりますか? んー、そのくらいはかかるかも! しかーしだ! 待つ事2時間、自分が呼ばれる気配はまったく無い、そして待つ事3時間ちょっと、名前が呼ばれて診察室へ、机の上のモニターには以前に手術した病気のデーター等が映し出され若い主治医が見ていた、さーすがハイテクだなや、、来月に胃と大腸の内視鏡検査が決まった。大したことが無ければいいがねー!
固定リンク : トラックバック(0)
54おすすめ

[今日の話] コシヒカリ新米

2015-10-14

収穫の秋、スーパーなどの店頭には新米と表示された米が並んでいる、新潟県の百姓生まれの私にとって申し訳ないが大分米はお世辞にも美味いとは言い難い、先日も孫たちが来て皆でファミリーレストランに久し振りに行ったがご飯、美味しくないねー! 料金が安いんだから仕方がないだろう、、と言われればそれまでだがね、、ご当地に引っ越して未だ大分の米は買った事が無い。先日も新潟の仲間から電話がきて、出張で九州に行くが新米が採れたが何十キロ車に積んでいくかね? と言う事で30キロ袋を3つ車に積んできてもらった、有難い事に他からも新米が出来ると送って頂いたりでご当地に来ていつも美味しいご飯を食べている、悪いが、こんなに違うかね、と言うほど美味しさが違うね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
54おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] 開港50周年の大分港

2015-10-13


大分港と言ってもあまりパッとしないのが一般的な見方だな、しかしその大分港が昭和40年に関税法に基づく国際貿易港として開港してから今年でちょうど50周年を迎えることになり、港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。日本を代表する企業のシーバースは水深27メーターで40万トンクラスの船が着桟出来る国内屈指の港である事を知る人は少ないであろう。写真手前は大在コンテナターミナルで外航定期コンテナ航路として「釜山航路」「上海航路」また神戸などを結ぶ内航航路も開設されている。
 

仕事で市内の高台を通ると時々車を止めて別府湾を眺める、元船乗りのhamさんにとって懐かしく気持ちが癒されるひと時だ、工業地帯には日本を代表する大手企業の工場が建ち並び、沖には鉄鉱石を満載した2~30万トンクラスの鉱石船、原油、LNGを積んだタンカー、ばら積船、など多い時には10ぱい近い大型船が沖待している、その間を内航船が通り、朝晩には阪神間を結ぶ大型フェリーが入出港し立派な港だ。大在のコンテナターミナルの横に小さな公園が有るのを知っている人は少ないだろう、海の広場、緑の広場、多目的広場などがあるが訪れる人はいない、公園内の展望台(写真)に登り海を眺めるのも良いですでね、、、

 大分港開港50周年記念行事で10月31日(土)、11月1日(日)  に帆船海王丸の一般公開など多彩な記念行事があるようだネ、
= 詳細はこちら =

 
固定リンク : トラックバック(0)
62おすすめ

[新米ドライバー ②] ば~か暇な一日

2015-10-12

今日は三連休の最終日、仕事は暇だろう、昨日の九重連山中岳登山の疲れで今朝は6時半までゆっくりと寝た。いつもより45分遅く出勤だ、8時30分から点呼を受けて出庫した。どうせ配車も無いだろうし久し振りに○○○○ホテルで待機でもするかな、、しかしホテルの前を通るとホテルの正面、待機場所も一杯だ、考える事はみんな同じだね、これじゃ自分の番がいつ廻って来るか解らない、ヤメタ、 いつものコースを流すが人の数も少ない。駅南のマンション街の裏通りのスペースに車を止め座席を倒してラジオを聞きながらウトウト、、、車も滅多に通らないし邪魔になる事も無い、私の秘密の待機場所だ。来月の大分検定の勉強をちょっとするがなかなか気が乗らない、、3回ほど仕事をして家に帰り早めの昼食だ。午後も相変わらず暇だねー、デパート横の一方通行の通りを流すがほとんど手が上がらない、人は結構歩いているんだが若い人ばかりでタクシーを利用するお年寄りは少ない、たまに手が上がるがワンメーターの近くばかり、3時過ぎ、今日はもう止めるか、車庫に向かい営業所の近くに来たら、チンコン、チンコン、配車だ、こちらでは大きな会社の社長宅だ、社長が乗車され行き先はスーパーだ、この社長、お金持ちの割にケチでね、案の定スーパーに着くと、ちょっと待っててくれないか、、、はい、かしこまりました、 悪いが待っている間はメーターを切っておいてくれないか! 15分くらいで戻ってこられた、メーターを覗きこんで料金が動いていないのを確認して、 眠気ざましだ! とガムを差し出してきた、 有難うございます、 内心、もっと良いものをくれれば良いのにネ、、家の近くに来ると、料金は障害者割引をしてな! 今日はさっぱりだ、車庫に帰り洗車をし、座席シートのカバーを交換し5時前には帰宅だ、今日はば~か暇な一日だった、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
36おすすめ

[hamさんの登山記] 九重 中岳登山

2015-10-11


孫たちが遊びに来て暫く山行きが御無沙汰していた、天気予報は曇りのち晴れ、今回は九重連山の稲星山と決めていた、行きか帰りに調子が良ければ中岳に登る事にしていた、体力にご相談だな、天気も回復方向だし決行す事にした。6時前に家を出て今回は久住高原を経由し瀬の本からやまなみハイウエーに入り登山口の牧ノ戸に向かった。厚い雲がかかっていたが、段々と雲も薄くなり昼頃には晴れるだろう、、しかーしだ! 雨がポツリ、ポツリ、九重連山に近づくにつれ雨も本降りに、 最近は天気予報もよく外れるからなー、話が違うじゃないか! 牧ノ戸の登山口に着くと広い駐車場は満杯に近い、県外ナンバー車も結構止っている。車の中で思案していると雨も小降りになってきた、仕度をし天気予報を信じ登る事にした。登山口を入るとコンクリートの登山道だが結構きつい登りなんだ、20分くらいで展望台へ、ここからは本格的な登山道になる、しかしこのコースは結構と利用者も多く整備されている。約1時間ちょっとで扇ヶ鼻との分岐(写真)に到着だ、、、



扇ヶ鼻の分岐から40分くらいで久住別れの避難小屋、トイレに着いた(写真)ここで用を足し中岳に向かった。今回は息子も一緒だ、経験は俺の方が未だ少し上だね、、悔しいが歩きは完全に大きく水をあけられているのは明白だ、雨こそ降っていないがガスがかかり視界は悪い、風が強く周りの山は何も見えない、しかし空は少しずつ明るくなってきている、ぼつぼつと下山して来る登山客に会う、、、
 

男池を過ぎると最後の急登を登り10:40に九州本土の最高峰九重連山の中岳(1,791m)に到着した(写真)依然と視界が悪く周りの山は見えないが数人の先客が寒そうに休憩をしていた。私は昨年に続き2回目、息子は初めての登頂だ。ここから稲星山はどうするか、急登を下りその後稲星山に登り返す
が私の足では2時間近く余計にかかるはずだ、体力的にはなんとかなりそうだが視界が悪くコースを見失う可能性もある、おまけに寒く風が強く時々身体のバランスを崩しそうになる、又ここから先は登山客も激減するはずだ、天気もどのように変わるか解らない、私の経験、体力では今日は止めよう、、、結果的には正しい判断だったね、15分くらい頂上にいて下山を始めて間もなく、急に体調が思わしくない、吐き気がしてきた、きたない話、数回吐くが何も食べてない、出るのは黄色い液体だけだ、目も焦点が合わない感じで歩くのも危ない、ゆっくりゆっくり注意しながら休み休み下山し、気持ちが悪くなると吐くが何も出ない、参ったねー、、、




しかしこの頃より雲も切れ初め陽も差してきた、来る時はガスで見えなかった男池(写真)も綺麗に見えてきた、この辺りでは相変わらず風が強いが避難小屋まで来ると風も収まり晴れてきた。既に紅葉も一部で始まり坊がつる、周りの山々の景色が素晴らしいんだが、今回は景色を楽しむ元気はまるでない、なんとか早く登山口まで帰りたかった、途中で何回か吐き、息子は展望台でコンビニで買ったオニギリを食べているが私はまるで食欲は無し、なんとか無事に登山口まで帰り着いたが、もし昨年までのように一人登山で帰りの車の運転を考えるとぞっとする、、、帰りの車の中で休み家に帰り熱い風呂に入り、夕食でいつも通り焼酎を一杯飲んだら何とか元気を取り戻したが、寒かったのが原因だろうか、やっぱり悔しいが歳をとったんだろうかねー、  明日から又1週間の頑張りだ、、、


昨夜NHKのBS放送でプロ登山家、田中陽希さんの「日本2百名山一筆書き」が放映されていて今回は故郷の上信越地方の2百名山が登場したので懐かしく興味を持って見た。特に田中陽希さんもビビった戸隠山、今さらながら、私のような素人がよく登ったなー、、、

戸隠山登山       = こちら =
黒姫山登山       = こちら =
飯縄山登山       = こちら =    



 
固定リンク : トラックバック(0)
53おすすめ

[第2の人生] 腹の立つドライバー

2015-10-10

ご当地のドライバーは私の感じるところでは、一般的にマナーの悪いドライバーが多いような気がするが、勿論マナーの良いドライバーもたくさんいるんだが、悪いドライバーと良いドライバーが極端だ、、信号無視が酷い、赤信号で平気で突っ込んでいく、ひどいドライバーはこちらが交差点手前で黄信号で減速し止ると後ろから車線を変更して追い越し赤信号を突っ込んで行く、、あとは車間距離を空けないドライバーが多い、追突事故が全国でワースト3が実証している。今日も仕事で住宅街の狭い道でお年寄りのお客さんが下車されるため停車し料金を頂きドアーを空けると後ろから、プ、プー、 クラクションが、住宅街の狭い道路、ドアーを開ける都合が有るので車を左側に寄せられないので後ろから追い抜きはできない、せいぜい後ろの車を待たせても数十秒くらいだ、そのくらい待てないのかね、ましてやお客さんはお年寄りだ、車を下りて後ろの車のドライバーを見ると40歳くらいの男だ、いつもは下りた時に後ろの車のドライバーに手を挙げて謝るんだが、クラクションを鳴らす奴に謝るなんてとんでもねー、、2~30年前なら後ろの車まで行って、なんでクラクションなんて鳴らすんだよ! と逆に怒鳴っていたろう、赤信号で停車し、信号が青になり発車が少し遅れると後ろから、早く行け、とばかりにクラクションを鳴らす奴が結構いる、信号が変わったのに気付かないドライバーに教えてやる為に鳴らすクラクションは聞いていても申し訳なさそうなクラクションだがネ、、
固定リンク : トラックバック(0)
58おすすめ

[第2の人生] 沖縄、那覇入港

2015-10-09

東シナ海の尖閣諸島近海での石油の調査及び海洋調査は順調に進み、予定通り那覇港に入港した。今回は船内の一般公開もないし、歓迎レセプションなど公式行事もない、2日間停泊し海洋調査をしながら母校の清水港に帰ることになる。本土復帰前の沖縄、車は右側通行で通過はアメリカ$が使われている、確か1ドルが360円だったような気がするがね、当然行き来するにはパスポートが必要だ、今こそは観光地として活気を帯びているが、当時の沖縄はまるで違っていた、、、
夕食が終わり部屋で秋の無線通信士の国家試験の勉強をしていると通信長がやってきて、次席さん、これからの予定は? 予定って、すこし勉強をしようと思っていますが、何か?  無理には誘わないが沖縄まで来て勉強をしなくてもいいんじゃないの、この間の店に行こうや! ときた。私はあまりお金もないし、、、 すると、 お金はいいよ、○○ちゃんに電話したら次席さんも誘って必ず店に来い、って言うんだよ、 内心、もう電話までして、私をだしに使ってもてようと思ってんだなー、、、まー、ただなら良いか、と言う事で二人で松山の前回行った店に出かけた。時間が早いせいもあるが、相変わらずお店にはお客さんが誰もいない、沖縄のオリオンビールで乾杯だ、キリンビールなどは目が飛び出るほど値段が高い、今のオリオンビールはすごく美味しい、少し薄味のようで飲みやすい、私は好きだが当時のオリオンビールは飲むと後で頭がガンガン痛くなる、、ビールで乾杯した後はジョニ黒(ジョニーウオーカー黒ラベル)だ、すっかり調子ついた独身の通信長、俺は今度船を下りたら沖縄へ来て住もうかな! 今はどちらにお住まいか解らないが、ご健在であれば90歳近いだろうが、、、
固定リンク : トラックバック(0)
48おすすめ

[今日の話] 二十四節気の寒露

2015-10-08

2~3日前より朝は少し肌寒さを感じるようになった。仕事中に車の中でラジオを聞いていると、今日は二十四節気の寒露、朝露も一段と冷たく感じられ、秋が深まってくる頃、朝晩は寒気さえ感じる事もあり、と言いう。なるほど上手い事を言うね、、あさ家を出る時に駐車場に止めてあった車が朝露に濡れていた。年に1回勤務先の簡単な健康診断があるんだが、何が気が向いたのか先月、勤務先の健康診断とは別に自費で近くの検診施設で健康診断を受け、その結果が数日前に送られてきた。要観察、医師に相談、の項目は数か所あるが、中に封をしたお土産が同封されていた、近いうちに病院へ行く予定だが大した事が無い事を祈るだけだ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
36おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] 世界の三大行進曲

2015-10-07

旧友 (Teike 「Alte Kameraden」) 演奏: 陸上自衛隊東部方面音楽隊
1889年にカール、タイケが作曲したドイツを代表する軍隊行進曲である。

 



星条旗よ永遠なれ (Stars and Stripes Forever )
演奏: 日米海軍軍楽隊 

行進曲の神様と呼ばれた、元アメリカ海兵隊音楽隊隊長のスーザが作曲した行進曲の1つで、最もよく知られておりアメリカ合衆国の「国の公式行進曲」(National March)に制定されている。

 



行進曲「軍艦」  (March "Man of War" )
演奏: 海上自衛隊東京音楽隊
明治33年(1900)に瀬戸口藤吉が作曲し「軍艦行進曲」として日本を代表する行進曲の一つであり、以前は必ずと言っても良いほどパチンコ店などでBGMとして流されるなど広く国民に親しまれていた。


 
固定リンク : トラックバック(0)
48おすすめ

[古い航海日誌 日正丸②] オーストラリア ポートケンブラ入港

2015-10-05

タスマニア島のホバート、オーストラリア南岸のポートピリーで亜鉛鉱を荷揚げし空船になりオーストラリア3港目、シドニー近郊のウーロンゴング(Wollongong)のポートケンブラ(Port Kembla)沖に到着し直にパイロットが乗船、製鉄所の専用岸壁に着岸した。代理店と工場の関係者が乗船し荷役の打ち合わせだ、翌日より鋼材の荷役作業が始まるが4~5日停泊の予定という。代理店に訊ねるとシドニーまではバスがたくさん出ていると言うし是非シドニー見物に出かけようと思っているが、一人ではちょっと心細いし通信長を誘うと、私は留守番をしているから君一人で行って来いよ! と冷たい返事、夕食時に同じテーブルの仲間を誘うが、デッキオフィサー(2等航海士、3等航海士)は荷役作業が有るので無理と言いう、ならばとエンジニアーを誘うと、セコンドエンジニアー(2等機関士)が、えー、良いと思いますよ、すると隣の席のサードエンジニアー(3等機関士)も、私も一緒に行きたいですねー、ファーストエンジニアー(1等機関士)に相談してみますよ、との事。すると隣のテーブルで食事をしていたファーストエンジニアーが、おー、俺が留守番しているから二人とも行って来いよ!すると、隣のチーフエンジニアー(機関長)が、いや、俺が留守番しているからファーストエンジニアーも皆で行って来いよ、、との事になった、結局、私とエンジニアー3人で明日シドニー見物に行く話がまとまった。楽しみだねー!
固定リンク : トラックバック(0)
41おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] 大分生活文化展

2015-10-04


今日も朝から秋晴れの天気、先週、先々週の日曜日は孫たちが来てお付き合い、ならぼ久し振りに山行きも考えたが紅葉には少し早いし、市内中心部のあちこちでイベントをやっているので二人で出かけてきた。府内城跡公園(写真)をメイン会場に大分生活文化展が開かれている、真っ青に晴れあがったこの天気だ、大勢の人が訪れていた。道路を挟んだ向かいの大手公園では色々な食べ物屋が店をだしたくさんの家族連れがお店の自慢の食べ物を食べていた。大分駅の北口広場では子供たちを対象にした竹馬など色々な工作教室が開かれ、わーわーと歓声が上がり人だかりが有るので覗いて見ると大きないけすが造られ中に50センチくらいのブリ、カレイなどが泳ぎ、子供たちが軍手をはめていけすの中に入り掴み取りに挑戦していた、勿論つかみ取った魚はそのまま頂ける、びしょ濡れになり魚を追いかける子供たちを見ている方が面白かったなー、、


駅の南口(上野の森口)に行くと MOTTO JIMOTTO OAB OAB感謝祭が行われていた(写真)、こちらも大変な人出だ、広い芝生公園ではたくさんの店が立ち並びテントの中のテーブル、芝生にシートを敷き飲食を楽しんでいる家族連れ、特設舞台ではショーが行われていた。こんな今でも同じ地球では貧困に苦しみ、殺し合いが行われている地域が有る、あらためて平和な日本に感謝だ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
51おすすめ

[新米ドライバー ②] いろいろなお客さん

2015-10-03

あるファッションホテルに2台口で配車になった、薄暗い駐車場に入ると既に1台は到着していた、内心、シメシメ、 経験で1台目には女性が乗る事が多いし、男性は女性を乗せて2台目に乗車する事が多い、女性は歓楽街の近くに住んでいることが普通だ、従ってそうは遠くはない、50代くらいの男が乗車した、運転手さん、○○までね! ○○ですね、かしこまりました! 暫くすると聞きもしないのに、いやー、運転手さん飲み屋の女性と意気投合しちゃってさ、久し振りに遊んだわ! そぅですか、それは良かったですね、お客さんはお店の常連ですか? いや、未だ2回目だよ、それも3か月ぶりくらいだよ、 お客さん、女性にもてるんですねー! 運転手さん、俺がもてるような顔をしてるかね! ときた、それもそうだな、と思ったが口に出す訳にもいかないしね、いやお客さん、男は顔じゃない、と言いますから、、すると言う事に事欠いて、嫁とはずっとご無沙汰だしさ、最近は脂肪がついちゃってさ、大木と一緒だよ、その気にもならんわね! ときた。内心、おめーも他人(ひと)の事は言えねー、腹が出てるじゃないかね、、と思ったがね、、家に着くまでHな話ばかり、郊外の住宅街に着くと料金は会社のタクシーチケットをだしてきた、遊んだタクシー代まで会社に払わせるのかね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
38おすすめ

[第2の人生] へぼ通信士

2015-10-02

本船は石垣島を出港して東シナ海の尖閣諸島周辺で石油の調査を行っている、静岡県の清水港を出港して既に3週間が過ぎた。明後日には2回目の那覇港に入港だ、入港したら又あの松山のスナックに行くかな!?   
今の時代は人口衛星を経由して全世界ほぼどこの地域からもリアルタイムで連絡がとれるが、当時は日本近海で船舶電話が使えたが陸からせいぜい1時間も走れば船舶電話は使えない、船舶通信士により海岸局と通信する事になる。本船は電電公社(現NTT)の一般海岸局と漁業無線局との公衆通信ができる設備を有しているが主に静岡漁業無線局と通信する事が多い。しかしこの漁業無線局との通信が問題だ、漁業無線局は所属の漁船との通信をするが一般海岸局とはちょっと通信方法などが違う、それにモールス通信が通信士によりそれぞれ大変な癖がある、おまけに電鍵はほとんどが立てぶれではなくバッグキーや横ブレ電鍵を使っている、慣れないとモールス符号が解釈できない、ましてや未だ経験の浅いhamさん、よく受信できない、通信長に頼むのもしゃくにさわる、、仕方がなく最後の手段だ、モウスコシユックリト、キレイニウッテクダサイ、PSE  と送信すると、ヘボ、キョクチョウトカワレ と打ってきた、もう頭にきた、ワタシガキョクチョウダガ、 と送信すると今度は嫌みなのか馬鹿にしているのか、超スローでモールスを打ってきた、、電鍵を持つ手に汗をかきながら2通の電報を受信するのに20分もかかったがね、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
45おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] おおいた名産 カボス

2015-10-01

大分県ではどこのスーパーに行ってもカボス(写真)と呼ばれる柑橘類の一種のものが並んでいる。特に今の時期は露地物の最盛期でネットに入れられて店頭にたくさん並んでいる。似たものにスダチがあるがスダチより一回り大きく緑いろの時に収穫されるが熟すと黄色くなる。カボスの全国総生産量の97パーセントが大分県で収穫されている、カボスはビタミンCが多く含まれていて、酸の種類も多く特にクエン酸の含有量は他の柑橘類に比べ群を抜いています(ミカンの約6倍、レモンの約2倍、グレープフルーツの約3倍など)。我が家でも刺身、天ぷら、焼き魚、生野菜、などほとんどの食べ物にカボスの搾り汁をかけて食べる、香り、酸味などがまろやかでレモンなどとは比較にならないね、、
江戸時代にご当地の医師が京都から苗木を持ち帰り栽培した、又医師が中国の僧侶から苗木を譲り受けて栽培したのが始まり、等の説がある。又カボスは万病に効くと言われ不思議な薬効が数知れず、風邪の予防薬、整腸剤、ヒビやアカギレの薬などとしても使われていたようである。カボスの名前の由来は
蚊やブヨをいぶす薬としても使われた事から「カ イブシ→カブシ→カボス」になったと伝えられています。大分名産のカボスはこれほど素晴らしい柑橘類だが県外以外ではあまり知られていない、もったいないねー、、!          

 
固定リンク : トラックバック(0)
51おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

04000674

QRコード