2015-01-31

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 浪花節だよ人生は ♪ 木村友衛

作詞: 藤田まさと
作曲: 四方章人      浪花節だよ人生は
唄 : 木村友衛

 
 

「浪花節だよ人生は」は歌手の小野由紀子が昭和51年に唄ったのが最初である、その後、浪曲師の二代目木村友衛がこの歌詞が自分の人生の写しのような気がする、と言う事で作詞家の藤田まさとに直訴し昭和56年(1981)に唄い初め、地道なキャンペーンなどが実を結び徐々に人気が出、細川たかし、水前寺清子など、16人とも17人とも言われる人に唄われ大ヒットした。私は酒場の女の生き様を唄ったのであろうこの曲は、やっぱり木村友衛が歌うのが一番好きだ。歌手は加齢とともに歌い方などが微妙に変化するが、本当は木村友衛が歌い始めたころの歌が好きなんだがブログに埋め込み禁止となっているのでこちらにした、、、   こちらもどうぞ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
113おすすめ

2015-01-30

早朝から北九州へゴー!

昨夜良い気分で一杯やっていると携帯に電話が、見ると勤務先からだ、んッ、こんな時間に何事だ? 電話にでると上司からだ、○○さん、また例の仕事がきたんよ、それも明日だよ、、きたんよって、次回から他の人を探してくれるってことになったんじゃないですかね、 それが中々おらんのよ、悪いが頼むわ、頼む!そこまで言われりゃ俺も使われている身で男だ、解りました! 07:45お偉さんをご自宅にお迎えで、今回は北九州支店まで頼む、との事だ。6時に家を出ないと間に合わない、04:30起床だな、目が覚めるとは思うんだが寝過ごす訳にはいかない、念のため目覚まし時計をセットして早めに寝た。気が張っているせいか4時過ぎには目が覚めた、一人でそっと起きてお湯を沸かしコーヒーとパンで簡単に朝食、会社に顔を出してお偉さんのご自宅へ。ご自宅から少し離れた近所に迷惑にならないところで少し時間調整し10分前にご自宅へお迎えに、車を準備し北九州に向かった。 しかーしだ! 大分自動車道は日出ジャンクションから玖珠まで雪の為チェーン規制に、雪と言ってもこちらの雪はちらつく程度だがネ、、東九州自動車道は関係ないんだが日出ジャンクション方面に向かう車を別府SAに入れてチェックしているため数キロの渋滞だ、お偉さんは携帯電話で遅れる旨、部下に指示をしていたが、いつも思うんだが、もう少し余裕のある計画をたてて頂きたいね、、、電話でいろいろ部下とお話ししている内容を盗み聞きすると、聞く気が無くても聞こえちゃうんだけどね、責任者の人事の件で急遽行かれるようだ。内緒だが、後ろに変な車が付いていないかルームミラー、フェンダーミラーを確認しながらアクセルを踏み、だいぶ遅れを取り戻したが少し遅れて目的地へ無事到着した。車を洗車したり、待つこと数時間、思ったより早く終わったようだ。帰りはもと来た道を気合を入れて運転、予定通り大分に戻ってきた、やれやれですわ、、、
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
81おすすめ

2015-01-29

[古い航海日誌 日正丸②] イタリア、キオッジヤ停泊中

二回目のベネッチア観光に一人で行ってきた、今回は二回目なので順調に進んだが、とにかくよく歩いた。サンマルコ寺院をじっくり見学し、サンマルコ広場で休憩をしていると日本人と思われる若いカップルに出会った、向こうの方から声をかけてきた、観光で来たんですか? 若い二人は新婚旅行でイタリアに来たがローマでは日本人に会ったがベネッチアでは初めて日本人に会ったと言う事で10分ほどお話をした。バンスしたイタリアの紙幣、リラも手持ちが少なくなったし早めにバスで本船に戻った。積み荷の鋼材の荷下ろしも順調にすすみ船体も浮いてきた、着岸時に座礁したがダイバーが潜り船底を点検し異常がないことが判明し、出港が二日後の午後の予定となったが肝心な次航の仕向地が決まっていない、今の時点ではパナマ運河に向けて航行せよ、との事で決まり次第連絡が来ることになっているが、南米のチリかメキシコの可能性が高いと言う。何ともミステリーだねや、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
95おすすめ

2015-01-28

朝一番で空港へ

未だ夜も完全に明けきらない朝の出勤時、細かい雨が少し降っているようだ。降るなら本降りの方が仕事が忙しくなるんだが、ちょっと中途半端な降り方だな、、会社で車の点検をして点呼を受け出庫し、いつものコースで中心部に向かう。中心部を流すかホテルの待機に入るか迷うところだ、このホテルは当社を含めて4社が入れることになっている、ホテルの前を通ると他社の車が2台ホテルで待機している、しかしすぐ近くにある待機場所は空っぽだ、こちらは各社2台づつ8台待機できる。ホテルの正面からお客様が乗車されると1台づつ正面に移動するようになっている(モニターで確認できる)。よし今の時間なら3番目だし1時間以内には乗車される可能性が高いな、、、??
待機場所でラジオを聞きながら待機していると数分でホテル正面の1台にお客さんがご乗車された、直に正面へ移動し数分、前の車が出て1番目になった。ここでは行儀よく車の中で待機していないとホテル側からお叱りのクレームが付く、じっと待つ事5分、ホテルの中から上品な60代くらいと思われる紳士が小さなカバンを持って出てこられた、んッ、乗車されるかな? しかし車の横を通って後ろの方へ、スモーキングエリア(喫煙場所)でタバコを吸いにいかれたようだ。コンコン!ドアーをノックする音にふと振り向くと先ほどの紳士だ、慌ててドアーを開け、どうも失礼しました、どーぞ!ご乗車されると、大分空港までお願いします、高速は景色が良く無いので一般道で向かってくれとの事だ、念のためフライト時刻を尋ねると、アクシデントが無い限り空港に到着して出発まで35~40分くらい有るはずだ。
初めは少し喋っておられたが、そのうちに静かになった、眠られたようだな、こう言うお客さんは一番いいね。ビジネスホテルからのお客さんは空港まで行かれる事はあまりないようだが、こちらのホテルはちょっとグレードが高いホテルだ、朝の時間帯はホテルから空港までのお客さんはたまにある。そのかわり運が悪いと2時間も待って大分駅までワンメーターの¥640てのもよくある、ガックリとくるがね、、しかし私はこんな時はいつまでも尾を引かないように意識してお客さんに対する対応を良くするようにしている、半分やけくそだね、、この仕事は水ものだ、良い時もあれば悪い時もある。予定通りに大分空港に到着した、空港のエリアに入った時にお客さんが起きられたようだ、いやー、よく寝ちゃったねー、ちょうどいい時間だ、!料金を告げると、内心カード決済かな?と思ったが、財布を出して万札をサッと出されて、領収書が必要か尋ねると、領収書は結構です、、、羨ましいですなー、、、朝一回で今日の目標運収を楽に突破、帰りはルンルンで帰って来ましたってー、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
85おすすめ

2015-01-27

歩きながらのスマホ

今の時代、一部の人を除いて携帯電話を持っていない人はほとんどいない、携帯電話が無いと不安でしょうがないだろう、実際に私もちょっとした用事で外出した時など、財布を忘れても、あー、今日はお金を使う用事ではないので、まーいいか! しかし携帯電話を忘れると取りに引き返すネ、、それだけ生活に密着し必要な物になっている、数年前よりガラケーからスマートフォンに変わってきている、若い人は100パーセントスマホだろう、パーソナルコンピューター的な利用は勿論だがマルチメディアプレイヤー、カメラ、ゲーム、電子辞書、電子書籍、電卓、GPS機能搭載で位置情報サービス、ブルートゥース搭載、Wi-Fi、など等の機能で使いこなせばこれ程便利な物はないだろう、、最近はスマホの使い過ぎによるスマホ症候群などが懸念されたり、市町村によっては小中学生などの夜9時、10時以降の使用禁止などを打ち出している所もあるようだ。
私の言いたいのは歩きながらのスマホだ、仕事で一日中市内を走り回っていると歩行者の歩きながらのスマホが多いこと、特に若い女性が多いように見えるがね、、使っている本人は恐らく、誰にも迷惑をかけている訳でもなし、良いじゃない! となるだろう。しかし迷惑をかけていないと思っているのは本人だけで、結構迷惑をかけているし危ないね、信号待ちで横断歩道を眺めているとスマホをいじりながら横断歩道を歩いている、本人は気づかないだろうが対向して歩いてくる人は大体除けて歩いていく。車で左折、右折する時に歩行者がいる時は当然歩道の手前で止って歩行者が渡るのを待っている、大体の歩行者は車が待っているのを見ると早足で渡って行くが、中には小走りで渡る人もいる、しかーしだ! 横断歩道を渡りながらもスマホを見ながら渡る若い女性、中には途中で立ち止まりスマホを操作する人も、そりゃー歩行者優先はわかるが、少なくとも横断歩道を渡るときくらいはスマホをいじらないで、サッと渡ってもらいたいね!

 
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
83おすすめ

2015-01-26

[第2の人生] 日永丸 順調な航海、肩振り

東シナ海から太平洋に出た本船(写真)は台湾の東方海上を南下し、フィリピンのルソン島の東方海上を南下している。夜になると南十字星が綺麗だし、空を見上げれば満天の星だ。朝目が覚めポールド(窓)を覗くと右舷に島影が見える、朝食を食べブリッジに肩振りに登った、当直のサードオフィサー(3等航海士)は大阪府出身の国立神戸商船大学出身だ、右舷に見える島影はサマール島だと、サードオフィサーが、アップさんが乗船しているから今航は本船スピードが出ているんだわ、今15ノットも出ているので入港が少し早くなるよ、との事だ、潮が良いらしいな、夜にはミンダナオ島のダバオ沖に着くと言う。ここで官憲などが乗船し入港手続後、ダバオ湾を少し奥に入ったマコに向かい、こちらで材木(ラワン)を積み込む。外国は実習でマレーシアに行った時いらいだ、クオーターマスター(操舵手)がコーヒーを入れてくれたのでご馳走になり2時間ほどブリッジで肩を振ってきた、、、 「肩を振る」とは船乗り言葉で、雑談をする、と言うような意味だ、、、
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
92おすすめ

2015-01-25

[今日の話] 大分と言うところ、 食べ物

故郷の新潟から千キロちかくも離れると気候、食べ物、風習など等の違いがある。食べ物に関してはかなりの違いがある、新潟は食べ物が美味しいのは誰もが認めるところだろう、しかーしだ! 大分県が食べ物が美味しいと言うのは意外であった、これは私だけではなく地元の人は勿論、出張で大分に来た人、転勤などで大分に住んでいる人、過去に住んだ事のある人など、一様に大分は食べるものが美味いねー、と口にするから間違いないだろう、但し米は新潟県の「コシヒカリ」の方が圧倒的に美味しいネ、、。スーパーに行くと温暖な気候のせいか新潟には無い野菜、果物などがある、カボス(写真)、あらゆる食べ物に搾ってかけるとひと味ちがう触感と香りを味わう事ができる。ナスも種類が違うのだろうが長さが30センチを超す長いナスも並んでいる。サツマイモの「甘太くん」(かんたくん)、高糖度で煮つけ、焼き芋などで絶品だ、ちょっと値段も高めだが通販でも手に入る。魚類は間違いなく種類も多く美味しい魚が沢山ある、日本有数の漁場である豊後水道のお陰だろう、魚が好物の私にとっては有難い事だが、新潟のスーパーには沢山ある鱈の姿が無いのが少し寂しい、また秋のサンマの値段が高いのが気に入らないがね。肉類はこちらは豚肉より牛肉の方が沢山ならんでいる、また鶏肉は種類も多い、鶏のから揚げは大分県が日本発祥の地だけあり市内のいたる所にから揚げ専門店がある。果物は圧倒的にスーパーに並んでいる種類が多い、柑橘類はほぼ一年中ならんでいる、イチゴなどは値段が比較にならないほど安いようだ。「大分県が日本一」と言うのは沢山あるが、食べ物、植物では、シイタケの生産量、カボスの生産量、養殖ヒラメの収穫量、から揚げの生産量、ほうずきの出荷本数、サフラン(花芯)の生産量、七島イの生産量、ま竹の生産量が日本一だ。
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
104おすすめ

2015-01-24

[豊後の偉人] 日本画家 福田平八郎


大分市の春日神社前の交差点を西の方に200メーターほど進んだ左側(大分市王子中町)に日本画家福田平八郎の生家跡(写真)がある。明治25年(1892)2月28日、文房具店を営む父福田馬太郎と母、安(アン)の長男として生まれる。大正7年(1918)、京都市立絵画専門学校卒。翌年、第1回帝展初入選。以後、帝展、新文展、日展を中心に活躍。昭和11年(1936)、京都市立絵画専門学校(現、京都市立芸術大学)教授。昭和36年(1964)、文化勲章受章。同年、大分市名誉市民の第一号となる。昭和49年(1974)3月22日死亡。大分市には福田平八郎にちなんだ、福田平八郎賞大分市小中学校図画展、通称「福田賞」「福田展」という名称の賞がある。生家跡は現在小公園となっている。

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
98おすすめ

2015-01-22

羨ましいお婆ちゃん

市内の一見、高そうなマンションにお住まいの老夫婦、二人の会話などを聞いていても実に仲の良い品のある喋りかた、また着ている衣服をみても実にお洒落なんだなー、、市内のデパートの横の一方通行の道路でいつもニコニコしながら当社のタクシーに乗車される、いつも手にはデパートの袋を2~3個持って、あー重たかったわ―! 見るとフランスの高級化粧品メーカーの袋であったり、高級ブランドの洋服のケースであったり、、身に付けておられる衣服は失礼だが年の割には実に派手なんだ、しかし全く違和感がなくお似合いだから不思議だね、最近は一人の時が多いが、乗車されると気さくに話してこられる、デパート横の一方通行の道路は昼過ぎから沢山のお客さんがタクシーを拾われるので各社のタクシーが行列で流しているところだ、乗車されるのは当社だけのようだが、私だけでも月に数回お供する、と言うことは週に1~2回くらいは来られるのではないだろうか、81歳と言われるが、主人は又海外に旅行に行こうと誘ってくれるんだが、私はもう疲れるから海外はいいわ、と言っておられたが、今までに海外も旅行で26か国行かれたそうだ、恐らくお金は使いきれないほど有るんだろうねー、マンションに着くといつもタクシーチケットに金額をサッと書き入れて、悪いけどチケットでお願いね! 羨ましいですな、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
110おすすめ

2015-01-21

[古い航海日誌 日正丸②] 退屈な毎日

停泊も五日目ともなると、そろそろ退屈になってきた。日本で積み込んだVTRのテープも全て見終わって、もう三回も繰り返し見ているし、週刊誌も全て見終わり、他のパートの見てない週刊誌と交換してもらったがそれも見終わった、今の時代であればメールをしたり、インターネットという事も可能だろうがネ、、
朝食が済むと、とりあえず無線室でストアーの整理をしたり、バルブチェック(真空管のチェック)をしたり、バッテリーチェック、無線室床のワックスかけなどをして過ごす。日本との時差もかなりあるのでFAXでの共同ニュース(JJC)の受信も混信などで大変だ、2回くらい受信したものを貼り合せたり、手で修正したりして仕上げる、結構大変なんだが乗組員が楽しみにしているので仕方がないね、、午後は一応フリーなんだが仕事をしている乗組員もいるので、そこはうまくやらないといけない、昼食後は岸壁の近くにある野菜の選果場の若い女性スタッフとソフトボールをすると言うか、教えてやる、そして昼寝をして港の近くを散歩したり、通信長は昼食後はキャプテンなどとマージャンが多い、その後はデッキで二人でゴルフの練習だが見ていると講釈だけは立派だが下手だネ、、、数人の乗組員がベネティア(ベニス)から飛行機でローマまで観光に行ったが私は明日二回目のベネティア観光に行こうと思っている、、、

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
94おすすめ

2015-01-20

[今日の話] 大分と言うところ、 気候

大寒の今日、大分市の日中の最高気温は13.5度、北国育ちの私は仕事中は上着を脱ぎ車の暖房を切ってちょうどいい感じだ。しかし街を行く人の姿を見ると暖かそうな防寒着を着て、首にはマフラーを巻きつけて手袋をしている人が多い、中には耳あてまでしている人も目につく、、お供したお客さん、今朝はすごく寒かったねー! 暑くはないが、寒いって言うほどの事はない、悪いが北国育ちの私とはだいぶ気温の感覚が違うようだ。大分市の1月の平均気温は6.2度、郷里の新潟の1月の平均気温は2.8度だ、大分市の朝はそこそこに気温が下がるが日中は結構暖かくなる、日中だけを比較すれば5~6度くらいは違うだろう、ただ大分県も内陸部は今の時期、朝は氷点下になる。新潟に比べると1か月遅く冬が訪れ、1か月早く春が訪れる感じだな、、。大分県に住んでいる人が誰も言う事だが、今のところ大きな自然災害の無いところのようだ、昨年も大きな台風が何回か九州に向かって進んで来たが、うまいこと大分県を避けて行った、先日お供したお客さんが言っておられた、大分県は今のところ大きな災害が無いので大分県民は災害に対する認識がうすい、、とね。我が故郷の新潟県も四季がはっきりして、食べるものも美味しいし、綺麗な良いところだが、ご当地大分も、地元の人は勿論、出張や転勤で来られた人など一様に、「大分は災害が無く、食べるものが美味しいし良いところだ、」と言う、、、
 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
108おすすめ

2015-01-19

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 木曽路の女 ♪ 原田悠里

木曽路の女
     
    

     唄 : 原田悠里


  

原田悠里
昭和29年(1954)熊本県本渡市(現天草市)生まれ、鹿児島大学教育学部音楽科卒、横浜市の公立小学校に音楽の教師で2年間勤め、歌手の道へ進み昭和57年(1982)6月「俺に咲いた花」でデビュー、昭和60年「木曽路の女」が大ヒットした、、、

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
150おすすめ

2015-01-18

[今日の話] 今日の一日



いつものように朝の五時に目が覚めた、習慣と言うのは恐ろしいね、目覚まし時計と同じだ、今日は日曜日だ、起きてもやる事が無い、もうひと寝りするかね、ウトウトと6時半、もうこれ以上眠れない、起きて一人でコーヒーを飲みながらテレビを見ていると皆起きだしてきた。休みなのになんでこんなに早く起きるの、もっとゆっくり寝ていれば良いのに!早く起きるのが悪いような言い方だ、そんなに寝てられねーよ、、。私はミカンが大好物だ、安くできているね、私に似たのか二人の孫もミカンが大好物だ、ミカンが無くなったし孫に送ってやろうと、いつも行く佐賀関の青果店(写真)へ二人で出かけた。開店して間もない時間だろうが既に何組かの先客が、今は柑橘類が主だが道路を挟んで向い合せに色々な果物が並んでいる、宣伝するわけではないが、ここの良いところは試食して品物を選べることだ、食べ比べると同じミカンでも種類、産地、などに寄って味が違うのが解る。袋に詰め放題を二袋、せこいねー!孫に一箱送り、妻は野菜の詰め放題をガツガツと袋にねじ込んでいる、お店のスタッフが、よく見る顔だねー、!こちらも負けずに、しょっちゅう来ているがね!お店のスタッフが一袋サービスしてくれた、言ってみるもんだねー。次から次へと車が入ってくる、、、

時間も良い時間だ、そろそろ腹も減ったし途中のファミリーレストランへ入ってみた。最近は食べる量も減った、なるべく簡単な量の少な目の品を二人で注文した、するとお店の女性のスタッフが、お客さん、失礼ですがこちらですと、60歳以上限定で同じ品が同じ値段でドリンクバーが付いていますが!内心、やっぱり60歳以下には見えないんだなー、と少し寂しい気がしないでもないが、この際見栄を張る必要もない、おー、そーかね、それにして、、コーヒー、梅茶、など三杯ずつ飲みましたって―、、良心的な店だねー、、、

 

腹も一杯になったし、市内のデパートで「沖縄物産展」が開催されている、昨年は行けなかったので今年は是非、と言う事で行ってきた。仕事、遊びを含め10回ほど沖縄に行っているが大好きなところだ、日曜日と言う事で多くのお客さんが来店していた、美味しいと言うものではないが、珍しく口あたりが良い、海ブドウ、定番の黒糖、泡盛を買ってみた。三つの泡盛のメーカーが出店していたが「久米島の久米仙」を選んだ、「久米仙」と言うのもあるがね、イベントでの販売限定の35度の3年古酒の「球美島3年古酒」(写真)にした。沖縄本島の西に位置し、その昔「球美島」の名で呼ばれた360度サンゴ礁に囲まれ、蝶が羽を広げたシルエットで浮かぶ、豊かな自然と水に恵まれた美しい島で生まれた泡盛だ、さぞ美味しかろう、、時々楽しみながら、ちびり、ちびり、と頂こう、、、

と言う訳で楽しみにしていた休みが終わってしまった、明日からまた一週間の頑張りだ、、、

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
106おすすめ

2015-01-17

[第2の人生] 日永丸 時化の東シナ海から太平洋へ

冬型の気圧配置で連日海は時化ている、船酔いで苦しいのに、そんな中でも実験は続けなければいけない、合羽を着て安全帯を付けて気象衛星からの電波を受信するためにアンテナを回す、電界強度の測定の受信をする、夜はキャプテンと通信長のK先生の一杯の準備やら大変だ。食事といっても沢山のご馳走が喉をとおらない、長崎県の口之津町出身というボーイさんが給仕で立っていて、アップさん、お代わりいかがですか! 内心、お前も人が悪いなー、、新潟を出港いらい数キロは痩せた。夜になっても風呂に入る元気も無い、当直が終わると直にベッドに横になるがローリングとピッチングで寝不足なのになかなか寝付けない。本船は沖縄の宮古島、石垣島の間を通り太平洋に抜けた、ようやく時化も収まり南国の天気に変わってきた。げんきんなもんだ、船の揺れが収まってくると次第に食欲もでてきた、こーでなくちゃねー、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
96おすすめ

2015-01-16

遠距離で疲れましたって―!

昨年末よりまわって来た大仕事、そろそろくる頃じゃないかなー、、と思っていたら上司から携帯に電話、又きたけどたのむねー! 良いも悪いも無い、今回が最後にしてもらいたいね、、又お偉さんをお供して会社の熊本営業所行きだ、今回はお偉さんの自家用車だ、これが又最新鋭の高級車の新車に近い車ときた、ご自宅までお迎えにあがり下道で熊本へ向かった。荷物を運ぶのならともかく、大事なお客さんをお供するわけだ、一般道は信号、カーブなどが多いので特に気を遣う、初めは車内で新聞を読んでおられたが、間もなく休まれたようだ、当然のことながら特に、発進、停車、カーブ、気を遣う、それにしても高級車は気を遣うが運転は楽だねー、ほぼ予定通り熊本の営業車に到着した。営業所の洗車場で1時間半かけて車の洗車、車内清掃をした。あとは車内でひたすら待つだけ、いつ来られるか解らないし、じっと我慢の子だな、途中スタッフの女性がお茶やらコーヒーを持ってこられた。帰りは一般道と高速、どちらにするかね、高速の方が100キロほど遠いが、かかる時間は一般道と同じだ、どちらでも良いが! それじゃ高速でよろしいでしょうか、、と言う事で帰りは高速道で戻ってきた。プライベートであれば、どこででも休憩をするんだが、お客様相手となればそうもいかない、無事にお客様をお届けし、どっと疲れが出てくるね、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
89おすすめ

2015-01-14

JRおおいたシティー、4月16日オープンへ


JR大分駅に2年前より建設中であった駅ビル、「JRおおいたシティー」の商業施設「アミュプラザおおいた」のオープンが4月16日に決まったようだ。当初は3月中のオープン予定であったが諸般の事情で遅れたようだが、またアミュプラザに併設するタワー棟の「JR九州ホテル ブラッサム大分」と地上19階から21階に出来る温泉施設は1週間後の4月23日にオープンするようだ。商業施設の「アミュプラザ」は1階から4階までの約3万1,000平方メーターには、核テナントの「東急ハンズ」をはじめ、ユニクロ、紀伊国屋、トーホーシネマ、など183店が入居する、既存の41店舗を含めると220店舗を超える。5階からは駐車場となり既存の駐車場を含めると2,000台の駐車場となる。また8階には国内でも有数の広さを誇る屋上庭園もできる。現在はクレーンも撤去され外装工事はほとんど終わり、内装工事が行われているようだ。併行して行われている北口の駅前広場の工事も急ピッチで進んで3月中旬には完了するようだ、2~3日前には樹木も植栽され、照明塔も設置されたし、大友宗麟かザビエルの銅像が乗るのか、台座のような物が造られていた。ようやく県都の駅にふさわしい駅ビルができそうだ、完成すれば駅周辺も活気づくであろう、、週末ともなれば20分おきに出る福岡行きの高速バスは若い女性で一杯だが、これで多少は流出を食い止められるかな、、、

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
169おすすめ

2015-01-13

[古い航海日誌 日正丸②] ベネティア観光 ②


ベネティアは何と言っても運河と橋の街だ、大小の運河が街の中を通り約100の島を作っている。それぞれの島と島の間には400以上の橋が架けられいて、ほとんどの橋はアーチ状になっている。街での交通手段は船と徒歩で自転車も乗り入れ禁止、街全体が歴史が作りだした何の意図もない芸術、テーマパークでただ感嘆する。ベネティアはそんな場面が延々と続く街である。路地の両側には色々な店が並んでいる、ベネティアはガラス細工が有名である、一軒の店に入ってみた。へー! ため息がでる品がたくさん並んでいる。どうしてガラスでこんな色が出るんだろう、、、形状、色、などが全く違う灰皿を3個買った、灰皿と言うより置物だな、とても吸い殻を入れる気にはならない品だ。あとブランデーグラス6個のセットも買った、グラスには綺麗な模様が描かれ、これで安物のブランデーは飲めないなー! 別の店でゴンドラの置物をゲットした。ベネティアでの名所の一つのリアルト橋(写真)に行った。リアルト橋はベネティアのカナル・グランデに架かる4つの橋の一つでベネティアで最も歴史が深くたくさんの土産物屋などが立ち並び賑わっていた。街を歩き回り腹も減ってきた、一軒のレストランに入り通信長が、本当はラーメンが食べたいが無いよなー! イタリアに来たらやっぱり、スパゲティーを食べなきゃいけないでしょ、、似たようなもんだから、それにするか!と言いう事で三人でスパゲティーにしたが色々な種類があるんだな、私はフィッシと言う事で頼んだら魚が入っているスパゲティーだ。賑やかな路地を歩いていると日本人らしい綺麗な女性が、1か月半ぶりに見る乗組員以外の日本人だ、しかも綺麗な若い女性、自然と声が出てしまった、すいません、日本の方ですか? びっくりした様子で、えー、日本です、実家は東京の杉並区ですが今はこちらに住んでいます、、、今のように海外旅行が盛んではない、海外で日本人に会うと珍しく、つい声を掛けたくなる、、一日中歩き回り又バスで船に戻ってきたがもう1~2回ベネティアに行こうと思う、、、
 

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
101おすすめ

2015-01-12

[豊後の名所・史跡] ムッちゃん平和像


大分市の中心部より少し東の位置に長さ1,8キロにおよぶ細長い平和市民公園がある。市民の文化教養、休養散策、スポーツ等の多様なニーズに対応する施設として昭和54年から実に12年の歳月をかけて建設された総合公園です。園内には国際交流広場をはじめ、ワンパク広場、また行事やレクリエーションに利用できる多目的広場や芝生広場など様々な広場があります。また公園の南側に位置する能楽堂では能楽はもとより、日本舞踊、邦楽、民謡、茶道など広く古典芸能での利用が可能です。
公園の裏側の裏川沿いにはソメイヨシノが約650本、八重桜約160本を植栽し、国際交流広場には季節に応じた花を植えるなど四季を通じて楽しめる市民の憩いの場となっており、毎日多くの市民が利用しています。この公園の南側にあるワンパク広場の一角に 「ムッちゃん平和像」(写真)がある。

この「ムッちゃん平和像」は昭和52年に毎日新聞大阪本社が企画した、戦争体験(終戦三十三回忌の夏)に、京都府宇治市の主婦、中尾町子さんが疎開先の大分市で出会った少女「ムッちゃん」の思い出の手記を投稿し、それが記事として掲載されたことが建立のきっかけとなりました。
横浜で両親と弟を戦災で亡くし、大分のおばさんを頼って疎開していたムッちゃん(当時十二歳)は結核を患い飢えと孤独の苦しみの中、昭和二十年の終戦直後、西大分駅近くの防空壕の中でひとり寂しく死んでいったという。この戦争悲話は全国的な反響を呼ぶことになり、ムッちゃんの記念像建立にと各地から約650万円の寄付金が寄せられ、その平和を願う多くの浄財により昭和58年8月12日、ここ平和市民公園ワンパク広場に「ムッちゃん平和像」が建立除幕されました。二度と戦争による悲惨な惨禍を繰り返さないためにも、この平和像建立を機に平和への誓いを新たにするとともに、平和像が恒久平和のシンボルとして皆様に愛され、そして平和の輪がさらに広がることを願っております。  大分市     =案内板より抜粋=

昭和60年(1985)にはそのムッちゃん、こと山下睦子ちゃんの物語を綴った映画「ムッちゃんの詩」が上映されました。今でも大分市では毎年8月に「ムッちゃん平和祭」というセレモニーが行われ、市内の小、中学生による千羽鶴が飾られる。「ムッちゃん平和像」の周りには千羽鶴、お花が飾られていた。

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
115おすすめ

2015-01-11

春の足音が、、


鏡開きも済み正月気分も覚めてきた、天気予報では大分地方は日中の最高気温が15度という、午後からぶらりと近くのウオーキングコースの堤防へ、、といっても最近は時間が無くほとんどウオーキングはやっていないがね、、たしょう風があるが、風が無ければポカポカだろうが堤防を歩いてみた。堤防には誰が植えたのかわからないが水仙がたくさん植えられている、よく見るとどの株にも蕾が付き一輪くらいづつ水仙が咲いている(写真)、へー、つい先日小寒が過ぎたばかり、大寒前だぜ、、そう言えば一年前は入院前で精神的にも周りの景色をじっくりと眺める余裕が無かったな、よく見ると菜の花もポツンと一本咲いている、暫くは天気が続きそうだし、1~2週間もすれば水仙も満開だろう。そして1か月もすれば堤防が黄色い菜の花で一杯になるだろう、遠い北の国では、これからが冬本番だろうが、南の国ではもう春の足音が聞こえはじめましたって―、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
91おすすめ

2015-01-10

[今日の話] 大分と言うところ、 方言

仕事で(タクシー運転手)お客さんとお話をするとよく、運転手さんは関東地方の出身ですか? と言われる事がある。新潟県の田舎で生まれ育ち、16歳で都会に就職し、社会人、学生生活を経験し船員生活を経験した。船の乗組員は全国から集まっている、それぞれが方言で話をしたら会話にならない、船内は標準語が当たり前だ、その後陸に上がり長い間お客さま相手の仕事をしていた関係で、私の口からは方言と言うのが出てこない。ご当地大分の方言は西日本の精だろうか、やはり東日本、関東地方の方言とはちょっと違い関西弁に比較的に似ている、しかし言葉がきついね、これは大分県人も認めるところだ。東日本から来た人が聞けば叱られているように感じる、特に大分県でも国東半島の言葉はきついようだ、この地方の人が話しているのを聞くとまるで喧嘩をしているようだとの事だ。しかし大分県の方言は一般的には比較的に解り易い方言ではないだろうか。
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
116おすすめ

2015-01-09

エッチなお客さん

市内中心部のあるファッションホテルに2台口で配車になった。私はどういうわけかこのホテルにはしょっちゅう配車になる。1台目は既に到着していた、間もなく若い男女二人が出てきた。私は内心、男性の方が乗車しないかなー、、と思っていたが、20歳代と思われる男性が乗車した、お客さん、今日は結構暖かいですね! 私は差し支えの無いような言葉を掛けるようにしている、するとお客さんも、なにか後ろめたさから解放された様に喋りはじめるんだ。大分の人にしては言葉使いが都会的だなー、と思っていたんだが、東京からUターンで大分に帰って来たんですが彼女ができてホテルへ行ってきたんです!と言う、そーですか、よかったですね、若いんだから良いじゃないですか、、下車する時にお釣りを受け取り、200円を置いて、運転手さん、缶コーヒーくらいしか飲めないですが、飲んでください!息子よりも若い感じだ、若い青年のせっかくのご厚意だし、お客さんそんな気を遣わなくていいんですよ、良いんですか、頂戴する事にした。頂いたから言うわけではないが、好青年だったな、彼女と仲よくやってもらいたいね、、、

空車になり中心部に向かっていると手が挙がった、中年の男女が乗車された。運転手さん、何処でも良いんだけどホテルに言ってくれる? 内心、こんな時間にホテルと言うと???? お客さん、ビジネスホテルでしょうか? 運転手さん、こんな時間にビジネスホテルに行ってどげんすると! 内心、それもそうだわな、、 いやー、失礼しました、どちらのホテルに? 運転手さん、何処が良いかね? いやー、お客さん、私も行ったことが無いんで良く解りませんが一番行くホテルでよろしいですか? と言う事で今行ってきたホテルへ案内する事にした。すると聞きもしないのに、いや、バスに乗り遅れちゃって、今度午後まで無いんだわ、、内心、こっちは慣れているんだ、そんな下手な言い訳をしなくても、と思ったがどうも本当のようだな、以前に新潟に居る時も雪で電車が止り、帰れなくなりファッションホテルまでお供をした中年のご夫婦を思い出した。運転手さん、ホテルなんか行くこと有りますかね? お客さんしょっちゅう行きますよ、今も行ってきたところです、、暫くすると男が、おい、ホテルを止めてパチンコにするか、、すると奥さんだろう、パチンコの方が高くつきますって!すると男性が、へー、あんたいやに乗り気だね、するとどうだ、そーよ、覚悟して頂戴、、内心、中年になると羞恥心と言うのが無いのかね、、ホテルの中の暗い駐車場に車を入れると旦那さんが料金を払い中に消えて行ったがね、、、

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
94おすすめ

2015-01-08

実験開始

本船の一番高いコンパスデッキのハンドレールに足場の板を渡し、その上で受信用のクロス八木アンテナを衛星に向けて受信するんだが、気象衛星(ESSA6)は静止衛星ではないので動く衛星にアンテナを向けて衛星を追っかけるわけだ。時化で船が揺れる時は転落防止にハンドレールに安全ロープを結び命がけだ。通信長のK先生と次席通信士の○○○大学のT先生は無線室で受信のスタンバイ、私とH先輩は水平線にアンテナを向けて衛星が水平線から顔を出すのを待つ、極軌道を周回する衛星だ、そろそろ顔を出す時間だがなー、、?? 不安になってきた、もう一度コンパスで方向を確認するが間違いない。するとノイズに混じってキーン、キーン、キーン、と言う独特の音がモニターのスピーカーから聞こえてきた、来た! 感動の一瞬だ、すぐにアンテナを少し動かし一番電界強度の強いところにアンテナを向ける、信号が段々と強くなる、アンテナも水平方向から段々と上へ向け真上を通過する、無線室では受信信号をファクシミリで受信し衛星が撮影した画像を受信する。約100分で極軌道を周回しているが船上では水平線から反対方向の水平線に消えるまで数十分受信できる、なるべく高いところで受信した方が受信時間が長くなるわけだ。無線室に戻ると素晴らしく鮮明な画像が受信されている、K先生が、ESSAの画像を海上で受信するのは日本では勿論、恐らく世界で初めてだろう、今日は記念すべき日だよ! 信号はテープにも録画してある。終わると休む間もなく次に受信できる時間を計算し又待機する。電界強度の受信実験は、日本の銚子無線局/JCS 長崎無線局/JOSの一括呼び出しの信号を受信し記録計に印刷しデーターを残し下船後に分析する。要領が解ると段々と受信も上手くなる。夜はキャプテンを交えて祝杯だ、しかし、こっちは準備やら、おつまみを準備したり、後片付けなどで大変だわ、、、
(写真、通信長のK先生、次席通信士のT先生、後ろが受信用のクロス八木アンテナ)


 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
82おすすめ

2015-01-06

腹の立つ女性客

ある古いマンションに11:00の時間指定で配車になった、モニターに 11:00までに出て来られない時は引き上げてよい、本人了承済み とある。私も以前に数回来た事があるお客だ、いずれも5分くらい待った記憶がある、ははー、いつも時間通りに出て来なくて運転手から苦情がでているんだなー、、10分近く前に到着したが11時まで待つ事に、しかーしだ! 予想通り11時になっても出てこない、無線で連絡を入れて引き上げようとも思ったが、まー、5分間だけ待ってみるか、5分経つが出てこない、よし、連絡をして引き上げよう、その時、コツコツと早足で階段を下りてくる靴の音が、夜の仕事をしているいつもの若い女性だ、尻が見えるような短いスカートをはいている。運転手さん別府まで行って、急ぐの11:30分までに着かないといけないの、近道を急いで! なるべく急ぎますが11:30分まではちょっと無理と思いますよ、すると、この間の運転手さんは10分に出て25分に着いたんだけど!内心、噓をつくんじゃねー、信号もノンストップで80キロくらいで飛ばせば行けない事も無いだろうが、、車は流れているが3車線とも車が多く追い越しもできない、お客さん、こりゃ30分までは無理です!すると、この間はもっと混んでいた、と言う。行き先は他のお客さん(女性)を何度かお供した事があるので解っていた、そのうちに、途中のローソンに寄ってくれる!お客さん益々間に合いませんよ、何か食べないと夜まで食べれない、とか、今日はなにも食べていないとか、わけのわからない事を言っているがね、、別府の街に入ると既に27分だ、ショッピングセンターに入る車で渋滞気味だ、目的地は近いのでメーターを切った、国道から左折し目的地に着いたので、お客さん、この辺でよろしいですか、すると、人に見られないようにもうちょっと先まで行って!時計は既に30分を過ぎている、そのままゆっくりと先に進んで行くが何も言わない、お客さん未だ良いんですか?すると、あれ、ここは何処? お客さんの言われた処はもう過ぎましたよ、時計は既に37分、30分を過ぎると罰金なんだと喚きたてている、 ○○で止めてくれって言ったでしょ! こちらで良いですか、と訊ねたらもうちょっと先まで進んでくれと言ったじゃないですか、すると、そこを左に曲がって、と言うので曲がるが段々遠くなる、ここから戻って!お客さん、ここは一方通行で戻れませんが、すると、ここで降りるわ、と言って車が動いているのに勝手にドアーを開けるじゃないか、内心、おー、早く降りてくれや、、早めにメーターを切って料金を頂いておいてよかった、車から飛び降りて走って行ったがね、、座席を見ると、車内で化粧をしていたんだが、髪の毛がたくさん落ちているは、よごれたティッシュペーパーのような物をおいていくは、汚れた綿棒のような物を置いていくは、シートカバーは汚すは、遅れたら罰金をとられるのならば余裕をもって早めに出ればいいものを、最低なお客だったな、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
132おすすめ

2015-01-05

[古い航海日誌 日正丸②] ベネティア観光 ①



荷役作業が始まったが荷役設備が悪い為すべての鋼材を陸揚げするのに1週間から10日ほどかかると言う、良いね、良いね!せっかく楽しみにしていたんだ、停泊が2日、3日じゃつまらん、、さっそくベニス(ベネティア)観光に行くことにした。通信長とボーイさんの三人で行くことに、とりあえず日本円で5万円ほどイタリアの紙幣リラを借りた。キオッジヤの街から湾の向かい側のベネティアまではバスで4~50分くらいと言う、バス停から三人でバスに乗ってはみたが、はたしてベネティアに行くのか心配になってきた、通信長が、おい、次席君、君はイタリア語が得意だろう、ちょっと運転手に聞いてこいや!いや、僕はフランス語は得意ですがイタリア語はちょっと、まー聞いてきます、日本人は我々だけだ、旅の恥はかき捨て、運転手の所に行き、ヘイ、ベネッティア OK?運転手がニコニコしながら OK,OK,局長、行くそうです!バスは段々と混んできて満員状態になったが、なんとかベネティアに着いたようだ。バスを降りてサンマルコ広場へ向かっていると一人のイタリア人の青年が声をかけてきた、Ciao (チャオ)、どうやら一緒に写真を撮ってくれ、と言っているようだ(写真)
 

ベネティアは水の都と呼ばれるにふさわしい、ゴンドラが行き交う光景は素晴らしい、サンマルコ広場(写真)は観光客が行き交い活気があり、人に慣れた鳩も寄ってくるサンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿など素晴らしい建築だ、、、
 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
148おすすめ

2015-01-04

[今日の話] 初詣

年末年始はずっと仕事、今日は一週間ぶりの休みで以前から今年の初詣は4日と決めていた。近くには小さな神社は沢山あるが、今年も比較的近くにある大分県護国神社に行くことにした。午前中にいろいろやり残した雑用を済ませ午後から出かけてきた。初めは運動を兼ねて家から歩いていく予定だったが家を出る段階にになってズクが無くなった。車で出かけ途中のイオンで買い物の予定があったのでイオンの駐車場に内緒で車を置き、その先歩いて神社に向かったが、これが正解だったね、、今日は4日だが神社に近づくにつれ道路は神社に向かう車で渋滞だ、神社に着くと多くの参拝客で混雑しているが参拝を済ませて歩いてイオンまで帰ってきた。今年はどんな年になるだろうか、自然災害が無ければいいがね、明日からまた平成27年度も本格的に始動する、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
93おすすめ

2015-01-03

[今日の話] 平成27年、 年頭にあたり

昨年の正月に一年のおおよその計画をたてたが、ほぼ予定通りにいったような気がする。今年はどんな年になるだろうか、、昨年末、以前にお世話になった会社の仲間からのメールで、同じタクシー運転手が明け方近くまで仕事をし、帰宅し間もなく亡くなったと言う。また今お世話になっている会社の配車係りの女性だが、仕事をして帰宅し翌日に亡くなった。日本の高度成長期を経験し、今までがむしゃらに人生を突っ走ってきたが、恥ずかしながら古希を迎える、しかし本人はまったくそのような認識はない。しかし悔しいが、力が無くなった、走るのがバタバタと遅くなった、ゴルフのドライバーが飛ばなくなったなど等、体力の衰えを痛感する、体力だけではない、物忘れがひどくなった。これからは、そうは無理がきかない、健康管理には性根をいれて気をつけたいね、、あとはいつまで続けられるか解らないが安全運行に徹して仕事に頑張るだけだ、合間に出来る範囲で山登り、名所史跡などを廻ってみたい、、、
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
118おすすめ

2015-01-02

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ お正月 ♪

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
111おすすめ

2015-01-01

[今日の話] 明けましておめでとう御座います

固定リンク : コメント(6) / トラックバック(0)
98おすすめ

TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03908846

QRコード