2014-09-30

懐かしい言葉

駅前にあるホテルに配車になった、温泉が有り屋上に露天風呂もあり、以前に私も何度か宿泊した事がある。60代と思われる男性が右手に大きな包帯をして乗車してきた。行き先を尋ねようとすると、一言 ここね! ある病院の診察券を提示した、俺は耳も聞こえるんだ、口で言ったら良いじゃねーか、、と内心腹も立ったが、病院に向かっていると、ホテルに温泉が有るんだけどさ、そこで転んじゃってさ、とんだ災難だわね、、、ははー、それで病院へ行ってるんだな、、浴室内のタイルで滑って転び、右を突いて手首を負傷したそうだ、若い時であればどーって事は無いんだろうが、よくある話だ。それにしても、このお客さん、大分県の人でないのは間違いないが、東日本の人だなー、、、お客さん、ご出張に来られて怪我で災難ですね、、、今こっちのデパートで大新潟展をやっているんだけど、それに来ているんだわ、お客さん、それじゃ新潟県から来ておられるんですか?大新潟展を開催しているのは知っていたんだが、それから新潟弁で話が弾んだのは言うまでもない、、こんなところに新潟県の人がいるんだねー! えー、こんなところに新潟県の人がいるんですわ、、、ご当地に来て間もなく十一か月になるが、新潟県から約1,000キロ、同県人と話したのは今回で二人目だね、、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
135おすすめ

2014-09-29

[古い航海日誌 日正丸②] パナマ、バルボア到着


朝方、本船日正丸/JMVY(16,159重量トン)の前方にパナマの太平洋側の町バルボアが見えてきた(写真)、間もなく国際VHFで本船を呼んできて、指示通りに錨地にアンカー(錨)を下ろした。暫くするとパナマ運河通行の為の担当者が数名本船に乗船してきた。話には聞いたが勿論パナマ運河を通るのは初めてだ、わくわくするね!昼前にはアンカーを巻きあげてパナマ運河に向かうとの事だ。早めに昼食を済ませて無線室にいると作業員、パイロットが乗船してアンカーが巻きあげられデッドスロー、アヘッド(前進微速)の指示が出、エンジンが動き本船はゆっくりと動き始めパナマ運河に向かった、、、

大正3年(1914)熱帯のジャングルを切り開き、約10年の歳月をかけて完成したパナマ運河は、全長がおよそ80キロ。現在航行する船は年間約1万5,000隻。世界の貿易の要衝として発展しています。日本は運河の利用国として世界第4位。穀物、鉄鉱石、自動車など年間およそ2,000万トンの貨物が、日本を発着地としてパナマ運河を通って運ばれます。パナマ運河では現在、運河の幅を大型船が通れるよう拡張工事が行われています。完成すれば輸送量は今までの3倍に増えるとみられ、数年後に始まるアメリカからのシェールガス輸入ルートとして日本企業の期待も高 まっています。
固定リンク : トラックバック(0)
93おすすめ

2014-09-28

[豊後ぶらり旅] 国東半島ぶらり旅

久し振りの雲一つないスッキリと晴れあがった秋晴れの天気、本来であれば久し振りに山行き、九重連山の三俣山行きを考えていた。しかし昨日の木曽御嶽山の噴火により多くの犠牲者、怪我人が出ている、ちょうど昼近くで多くの登山者は頂上付近で絶景を堪能し昼食をしていたに違いない、、、同じ山を愛する一人として、なんとも気の毒で言葉もない、、怪我をされた方々には心よりお見舞いを申し上げ、不幸にして犠牲になられた方々には心からお悔やみを申し上げます、、、  合掌

 

 
上記の理由により急遽、山行きを取りやめ、国東半島へ出かけてきた。国道10号線の日出町よりR213号線に入り、杵築市、国東市、宇佐市に出て国東半島を1周してきた。国道213号線より時々顔を出す別府湾、周防灘の海は秋の日差しに眩しいくらいに輝いていた。途中、道の駅くにさき(写真)に寄ってみた。近隣の農家が生産している新鮮な野菜をしこたま買い込んだ、値段がかなり安いと言う。その後、国東半島での古刹である”三人よれば文殊の知恵”の発祥の地で日本三文殊の一つとして知られている文殊仙寺へ参拝した、(いずれ当ブログでご紹介したいと思います)。
 

 
豊後高田市の長崎鼻から眺める海は綺麗の一言であった、コンビニで買ったオニギリを海を眺めながら食べたが至福のひと時であったな、、そのご豊後高田市内の「昭和の町」に行ってみた、昔懐かしい物が所狭しと並んでいたが、いずれ当ブログでご紹介したいと思います。200キロちょっとの国東半島のぶらり旅でした。

 
固定リンク : トラックバック(0)
104おすすめ

2014-09-26

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ みちずれ ♪ 牧村三枝子

作詞: 水木かおる
作曲: 遠藤 実        みちずれ
 
 
「みちずれ」はもともとは歌手であり俳優の 渡 哲也 が歌った曲らしいんだが、牧村三枝子が渡 哲也に、この曲を歌わせてほしい、と直談判し男っ気のある先輩の渡 哲也が快諾、自分の曲は廃版にして、牧村三枝子が昭和53年の秋に発表、100万枚ちかい売り上げをあげた。ちょうど船員生活に終止符をうち、田舎に帰り商売を始めた時だったが、テレビでよく流れていた、私の好きな曲だ。ほかに「友禅流し」 「夫婦きどり」などがヒットした。
固定リンク : トラックバック(0)
98おすすめ

2014-09-25

寮生活はじまる

3月の下旬に下宿から高輪の泉岳寺の隣の寮に引っ越した。寮と言えば聞いたところが良いが、戦前に建てられた長屋続きの木造の一般住宅を改造して寮にした施設だ。押入れがベッド、長机を並べた部屋が食堂兼自習室だ。学生の寮生が当番で食事を(朝、夕)作る、食器はかねの食器、味噌汁を入れると熱くて普通には持てないが、コツがあるんだ。わずかな食費で作る食事だ、ご飯に味噌汁、おかずは1品、あとはオシンコだ、寮に入って太るやつは先ずいないな、、ここで朝6時の総員起こし、甲板掃除、食事、国旗掲揚、、など等と規則正しい生活だ。卒業生の私は食事当番は無い、しかし学生の手前、あまりだらけた生活は禁物だ。寮長、卒業生は2階で寝る、プライバシーもなにもあったもんじゃないネ、、。新入生は先輩に説教をされて、罰で腕立て伏せ、腹筋をやらされる、寮を飛び出した学生もいるが、寮生活を経験した学生は他の学生に比べるとひと味違う、、私にとって、ここでの貴重な経験は半世紀近くたった今でも忘れる事はない、、、
固定リンク : トラックバック(0)
96おすすめ

2014-09-24

ふないサンサン通り


大分駅前の中央通りから、県庁の横の遊歩公園通りまでの東西方向に約400メーターの商店街、「ふないサンサン通り」レンガで舗装された都会的なショッピング通りだ。通りには県内唯一のトキハデパート、サンサン通りを挟んでトキハ会館などが有り多くの人で賑わう。一方通行の通り、朝の時間帯は商店に荷物を届けるトラックなども通り、日中は駐車場に向かう車、タクシーなどで渋滞するほどだ。レンガの通りは時々レンガが割れたり、ゆるんだりで車が通るとガタンと音がする、しかーしだ! 翌日になると必ず早朝から業者が来て道路を補修している。道路の両側の歩道に街路樹が植えられているが、時々落ち葉が落ちる、今日も台風の影響で少し風が有り落ち葉が落ちるが、商店の人が一日に何回でも外に出て歩道、道路を履いている、当り前と言えばそれまでだが、感心だネ、、、駐輪場以外の歩道に自転車を止めて歩行に支障をきたす違法駐輪、市の委託を受けた二人組が常に巡回している、自転車に警告書を貼りつけ、写真を撮り、長い時間の駐輪は、車の違法駐車のレッカー移動と同じで、ロックされたタイヤを専用の台車に乗せて、どこかに持って行っている、、早朝の時間帯は人通りもまばらだが(写真)、日中は多くの人、車で賑やかだ。
 
仕事でこのサンサン通りを一日、少なくとも10回は通るだろう、一番お客さんを拾える場所だ、それだけに色々なタクシー会社の車が列を作っている、、通りの両側の歩道に、ところどころ石で造った動物の彫刻が置かれている、熊、キリン、パンダ、像、カバ、亀、、、、、など等、中でも子供に一番人気のあるのはパンダの親子(写真)だ。一緒に写真を撮ったり、頭を撫でたり、抱きついたり、、、
固定リンク : トラックバック(0)
84おすすめ

2014-09-23

[豊後の名所・史跡] 岩屋寺石仏


 
上野ヶ丘の丘陵地、大分市古国府の岩屋寺石仏、9月14日掲載の元町石仏から200メーター位のところに位置する(写真)
 

大分元町石仏同様に凝灰岩質で、ここの凝灰岩は特に岩質があらく、永年の風雨のため腹部から脚部に下る程侵食がひどく、すでに輪郭をとどめる像も少なくありません。全部で17躯の磨崖仏から構成されており、崖面の中央にある大きな如来坐像を挟んで、向かって右側には最も右側の十一面観音菩薩立像など六像が並んでいます。向かって左側には最も右側の不動明王立像など合わせて十像が彫りだされています。どの像も彫刻面がひどく傷んでいるため像名の解らないのもありますが、近くの元町石仏(国指定史跡)にならって考えると、中央の如来坐像を薬師如来とし、その左右に釈迦如来、阿弥陀如来の二組の三尊像を陽刻し、過去、現在、未来、の三世信仰を表わそうとしたのが基本の仏像配置であったと推定されます。平安時代後期の制作と思われ、当時の優れた仏教美術の技と仏教信仰の厚さをうかがう事ができます。国指定の史跡でしたが、傷みが著しいために県指定の史跡に変更されました。   = 案内板より一部抜粋 =

「岩屋寺」の寺名は平安時代後期の「宇佐大鏡」(宇佐八幡神宮文書)の中で、天喜元年(1053)、康平2年(1059)にその名が見えます。当時この一帯は宇佐神宮の領地で、現在の円寿寺で当時、石仏は岩屋寺の境内であったと言われている。

 
固定リンク : トラックバック(0)
202おすすめ

2014-09-21

幸か、不幸か!

ある住宅街の一軒に配車になった、住宅街の一方通行の狭い道路、早く乗車してくれないと後ろから車が来たら困るなー!家の中から男性が出てきて、悪いがバックで敷地内の裏に車を回してくれて言うが、狭いのにやっとの思いで裏に着けた。
90歳くらいだろうか、足の悪いお婆ちゃんが乗車のようだ、20歳くらいの孫のようだが女性と50歳代と思われる息子だろう、お婆ちゃんに靴を履かせたり、手を貸したりで、やっと乗車された、息子さんも、お孫さんも一緒に乗車。行き先は美術館だ、車内の会話を聞いていると、お婆ちゃんが家族に大事にされている事が手に取るように解る。孫だろう、お婆ちゃん、これから行くところの名前言える? お婆ちゃん、先ほどまで解っていたんだが英語の名前だから思い出せないね! 息子だろう、お婆ちゃん、よーく考えて思い出してー! 一時してお婆ちゃんが、 アートプラザだ! 息子と孫さんが手をたたいて、ピンポーン、お婆ちゃん良く思い出したねー! お婆ちゃん未だ10年や20年くらい元気でおれるわ!そんなにプレッシャーをかけないで!、、目的地に着くと、先に行ってたんだろうか、息子さんの嫁だろう、車イスを押してニコニコしながら、お婆ちゃん、疲れなかったー!、、こーいう家族の中で生活していればボケもしないで長生き出来るわな、幸せなお婆ちゃんだなー、、、

午後、デパートの横のスクランブル交差点の前で信号待ちしていると、道路の向かい側から90度近く腰を曲げ杖をつき荷物を持って歩いてくるお婆ちゃん、こちらのタクシーを見てちょっと手を挙げるような素振り、んッ、タクシーに乗るんだなー、しかし信号がもうすぐ変わるがそれまで間に合うかなー、、何とか信号が変わる間際に乗車出来た。行き先を聞いて、ピンッと、思い出した、以前にもお供したことがあるお婆ちゃんだ、87歳と言う一人暮らしのお婆ちゃん、道路からちょっと下がった一角に5軒ほど小さな古い平屋の借家が建っている、お世辞にも良い家とは言えないが、、、腰が曲がって、足が悪いから杖をついて傘をさせないんで、天気が何よりだねー、雨が続くと買い物に出れないし、かといって食べるのは毎日だから、早く迎えが来てくれれば良いんだがねー! とポツリと言われた。狭い敷地の中で何回もハンドルを切ってUターンしてくると、前回と同じく玄関の前で待っていて、頭を下げて手を振っていた、、100歳を目前にして亡くなった、腰の曲がった母親を思い出した、、詳しい家庭環境は解らないが、午前中にお供したお婆ちゃんと随分と違う環境だね、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
82おすすめ

2014-09-20

[古い航海日誌 日正丸②] 順調な航海、中米沖を南下中

中米沖を順調に南下中だ、ブリッジに行きチャートを覗くと、ちょうどニカラグア沖を航行中、左舷にはうっすらとニカラグアの島影が見える(写真)空はいまいちパッとしないが海は紺碧の海だね、、デッキから海面を眺めると吸い込まれそうな気がする。パナマ運河から日本に向かうのだろうか時々、北上する船と行き交う、多分パナマ運河経由でカリブ海に向かうのだろうか、真っ白な豪華客船がスピードの遅い本船を追い抜いて行く。明日の昼前にはパナマ運河の入り口の町、バルボアに着く予定だ。
 
午後のワッチの時に電波法で定められた非常用の送受信機のテストを行った、バッテリーで動く50Wの送信機と受信機の試験、結果良好だがその旨、ログブック(業務日誌)に記入、そして救命艇用の持ち運び式の無線機の試験も実施した、ホイップアンテナを組み立てて、ハンドルを回して発電し、送信、受信、の動作を確認した、結果は良好だがその旨、業務日誌に記入、そしてバッテリーの点検だ、比重を測り、バッテリー液を点検し補液する、そして数時間かけて充電する。ワッチ中の一括呼び出し、毎15分、45分の沈黙時間の聴取、FAXの受信、などの合間合間に時間を見ながら行う。日本との距離は離れているが日本との通信は、時間と周波数を選べば比較的に楽だが時差が結構あるので、いつでもってわけにはいかない。船内時間の16:00、午後のワッチは終わったがバッテリーの充電は夜のワッチまでかかりそうだ。今日のワッチは忙しかったねー、、一服して16:30から夕食だ、食事と夜のワッチ(当直)が終わって風呂に入り、一杯やるのが一日の楽しみだ、、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
86おすすめ

2014-09-19

[今日の話] 日本一の、おんせん県おおいた


日本は火山国なんで、何処の県に行っても温泉の一つや二つは有るだろうが、大分県は温泉の源泉数、湧出量、ともに日本一だ、福岡県、関西地方ではテレビでCMが流れているそうだが、 まーいちど見ちょくれ!
 
固定リンク : トラックバック(0)
69おすすめ

2014-09-18

一大決心!

年がかわり卒業試験が始まった、長い人生で学校での試験は最後になるだろう、頑張るかー!試験も何とか終わりひと段落したある日のこと、先生が、○○、お前は卒業したら国家試験に合格するまでどうするんだ! 卒業しても国家試験に合格しないと船には乗れない、 田舎に帰って勉強するか、未だはっきりと決めていません! すると国家試験に合格するまで研究室を手伝ってくれないか、との事だ、特に今年は色々な実験などの予定もあり忙しいので是非との事。田舎に帰りじっくりと勉強するのも一案だが、下手をすると自分に負けてしまう可能性もある、学校にとどまり研究室の手伝いをしながら勉強するのも一つの手だ、、今さら田舎に帰ってもなー! 田舎に帰り親父に相談すると、おらわからんしけ、お前の良いようにやれや、応援はしてやるしけ(私には解らないので、お前のやりたいようにやればいい、応援はしてやるから)、、、涙が出るほど嬉しかった、親の有難たみが身にしみた、絶対に国家試験に合格しないとな、、心に誓った。
固定リンク : トラックバック(0)
111おすすめ

2014-09-17

[今日の話] すっかり秋の気配

九州に来て初めての夏を過ごしたが、正直なところ夏を過ごしたと言う気がしないのが本音だ、7月の後半に数日だが、暑いなー!と言う日があったような気がするが、8月に入り二つの大型台風の接近があったが、ご当地はお陰でほとんど影響がなかった、それ以降はほとんどが曇り空か、雨、雷、午前中晴れたと思ったら午後には小雨、、朝から夕方まで真夏の日差しが照りつけた、と言うのは1~2日くらいだろうか、それほど日照時間が少なかった。お陰でエアコンを入れる時間が極端に少なく、節電に貢献した。例年であれば9月に入っても残暑が厳しいんだが、今年はそんな感じがしない、最近は朝など夏の恰好じゃ寒いくらいだ、お陰で仕事で疲れている精もあるがよく寝れる。今月に入り、通勤時に大分川下流の弁天橋上から眺める別府市街は空気が澄んでいるのか綺麗に見える。
固定リンク : トラックバック(0)
68おすすめ

2014-09-16

危ない歩きながらのスマホ

今の時代、携帯電話を持っていないのは小さな子供と、高齢者くらいだろう、私も携帯電話を持ち始めて20年くらいになるだろうか、最近はあまり使う事も無いが持っていないと不安になる。最近はスマートフォンが人気が有り、若い人はほとんどスマートフォンを使っている。小さなパソコンで、ついでに通話もできる、と言った方が正解だろう、それほど便利な物である事は間違いない。しかーしだ! 特にさいきん感じるんだが、歩きながらスマホを操作している人の多いこと、若い女性に多いような気がするがね、危なくてしょーがない、、、通勤時間帯の狭い一方通行の道路、こっちは慎重に2~30キロくらいで走行する、右足はブレーキペダルとアクセルペダルを忙しく動く、そんな狭い道路でもスマホを操作しながら歩いてくる若い女性、、、交差点で左折しようとすると横断歩道を渡ってくる人、ここでもスマホを操作しながらか、見ながら渡ってくる若い女性、青信号の横断歩道、歩行者優先だし、走れとは言わないが、さっと渡ってもらいたいネ、、通勤途中の歩いている時間、しかも横断歩道を渡る時までスマホを操作しなければいけないもんですかね、前を見ないでスマホを見ながら歩くんだから、危なくてしょうがない、、、
固定リンク : トラックバック(0)
79おすすめ

2014-09-14

[豊後の名所・史跡] 大分元町石仏



大分市内、上野ヶ丘台地東端の凝灰岩の崖に刻まれた石仏で、国道10号線の岩屋寺入り口より徒歩数分である。昭和9年(1934)に国指定史跡となり(写真)、県南の臼杵石仏と並ぶ大分県を代表する磨崖仏です。
 

木造瓦葺の覆堂の中には、露出した溶結凝灰岩の岩肌に、高さ3メーターの薬師如来坐像を中央に(写真)、左に多聞天(たもんてん)立像をはさんで、その妻子とされる善膩師童子(ぜんにしどうし)と吉祥天像が左右に、右に不動明王をはさんで左右に矜羯羅(こんがら)、制タ迦(せいたか)の二童子が刻まれています。薬師如来坐像を本尊とする仏像群は定朝様式の見事な作風が見られ12世紀(平安時代後期)の制作と推定されています。平安時代後期、この付近は宇佐神宮領の「勝津留畠」(がちがずるはた)と言われていた場所であり、宇佐神宮の力が関係したものと言われています。「豊後国志」によれば敏達(びだつ)天皇の時代に、百済から来朝した日羅の作と伝えられていますが伝承にすぎません。 (一部案内板より抜粋)
固定リンク : トラックバック(0)
94おすすめ

2014-09-13

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 朝 ♪ 高田彬生、コロムビア合唱団

いつものように今日も仕事、土曜日は暇だ、特に午前中は。中心部にあるトキハ(ときわ)デパート横の一方通行のサンサン通り、デパートが開くまでは人通りもまばらだ、朝の時間帯は商店、デパートへの納入業者のとトラックがたくさん止まっている。ご当地で新米タクシードライバーになって3か月、サンサン通りをゆっくり流していると、朝ーは ふたたーびー、♪♪ 何とも懐かしいメロディーが流れてきた、、時間は10時、そーか、トキハの開店時にこの曲が流れるのか、、、最近はほとんど耳にしないが、幼少の頃ラジオからよく流れていた、思わず車を端に止めて聞き入った、、、 

作詞: 島崎藤村
作曲: 小田進吾          
唄 : 高田彬生、コロムビア合唱団


 
 

1) 朝は再び 此処にあり
   朝は我等と 共にあり
   埋れよ眠り 行けよ夢
   隠れよ さらば小夜嵐

2) 諸羽うち振る くだかけ(鶏)は
   咽喉(のんど)の笛を 吹鳴らし
   きょうの命の 戦闘(たたかい)の
   よそおいせよと 叫ぶかな

3) 野に出でよ 野に出でよ
   稲の穂は 黄にみのりたり
   草鞋(わらじ)とく結(ゆ)え 鍬も取れ
   風に嘶(いなな)く 馬もやれ

 
固定リンク : トラックバック(0)
102おすすめ

2014-09-12

今日はついてたねー!

朝一番で指令がきた、ある中心部のマンションから40代くらいのビジネスマンが乗車、行き先は世界を代表する大企業だ、しめた!数千円になるな、、、大体が640円~千円以内が大部分だ。正門で手続きをして構内へ、膨大な敷地の中に工場がある、外部からは樹木、緑地で中は高い建物、煙突以外は見えないが、工場内のメイン道路は4車線だ、あちこちに信号機がある、たまげたネ、、
その後はたいして忙しくない、ここ数日はどちらかと言うと暇だ、、今日もダメか!!    しかーしだ!   暇だし早めにあがるかな、、、と思いつつ中心部の夜の歓楽街を流して信号待ちをしていると、20歳代の男が小走りに近づいてきた、ドアーを開けると、良いですか? どーぞ、行き先は市内だがかなりの料金になるはずだ、ビジネスホテルで友達と待ち合わせのようだ、メールで連絡を取り合っているようだが、運転手さん、あと何分くらいかかりますか!ホテルの場所も解らないようだし、言葉もちょっと大分弁と違うようだ。目的地のホテルに着くと、あッ、いたいた、、見るとサングラスをかけた太めの若い女性が寄ってきた、料金を告げると、このまま又乗ります、と太めの女性も乗ってきた。お客さん、次はどちらの方まで、女性が、 ○○まで、2人の会話を盗み聞きしていると、全くの初めてでもなさそうだが、お客さん、○○のどの辺にお着けしますか? と尋ねると女性が、 ○○のホテル街! と一言。勘の良いhamさん、なるほど、そう言う事か、、ホテル街に着き、お客さん、どちらにお着けしますか? と尋ねると、男が嬉しそうに、運転手さん、どこが良いですかね? と聞いてきた、お客さん、私は入った事が無いので良く解りませんんが、やる事は同じなんでどちらも変わらないんじゃないですか! 運転手さんもなかなか言いますネ、、、一気に売り上げもあがったし、気を良くして、今日は終わりにするか、と思い、信号待ちで、ふと後ろのシートを見ると何やら瓶が置いてある、忘れ物か? 心配になり車を端に寄せ止めてよく見ると、精力増強の栄養ドリンクの空瓶じゃないか、女性が乗る前に車の中で飲んだらしい、別に羨ましいわけではないが、若いんだから、こんな物必要ないだろうに、、、お主もやるよのー! もう終わりにする予定で40メーター道路を走っていると指令(配車)がきた、空車で戻る予定が帰りも実車だ、それからツキまくり、2時間ほど稼ぎまくりましたって―、、、夜勤務の乗務員が出社してくる時間まぎわまで稼いだネ、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
103おすすめ

2014-09-11

[古い航海日誌 日正丸②] アメリカ大陸だー!

数日前より船内は冷房に切り替わった、ローリング(横揺れ)もほとんど無くなり快適な航海だ。船内時間と日本とは18時間くらいの時差がある、日本では翌日の朝の3時頃だがネ、、揺れも無くなり久し振りに熟睡した、ベッドから起き、タバコをくわえてボートデッキに出てみた。んッ、、、曇り空だが水平線が少し黒い、アメリカ大陸か?さっそくブリッジに上がってチャートルームのチャート(海図)を覗くと、カリフォルニア半島だ(写真)、2週間以上も海しか見えない生活、、サードオフィサー(3等航海士)に尋ねると、これからはパナマ運河まで大陸に沿って南下していくと言う、メキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、と続くわけだ。サードオフィサーが、次席さん、本船の左舷側にクジラがいるんですよ、もう少しすると潮を吹きますよ、、海面を見つめていると、少し離れているが潮が上がった、双眼鏡で見ると間違いない大きなクジラだ、、コーヒーをよばれて昼食まで肩を振ってきた、、、
固定リンク : トラックバック(0)
101おすすめ

2014-09-10

[パチリ と一枚] ミヤマキリシマと九重連山


6月15日に九重連山の平治岳(ひいじだけ)に登った時、大戸越(うとんごし)よりミヤマキリシマと九重連山の眺めだ、、夢にまで見たミヤマキリシマを心行くまで堪能した。頂上付近が一面にピンク色に染まっていた、来年のこの時期には、今度は大船山、三俣山に行きたいと思っている、、、
固定リンク : トラックバック(0)
102おすすめ

2014-09-09

箱根へ旅行会

乗船実習が終わり、後期の授業が始まりひと段落すると、毎年お世話になっている方々をお招きして一泊旅行に出かける。土曜日の午後にバスで東京を出発し温泉地で一泊し、翌日は近隣を観光し夕方までに東京に戻るスケヂュールで、そうは遠くには行けない。今年は箱根旅行に決まった(写真)、毎年休暇下船中の先輩も数名参加される。夜は温泉に浸かり宴会となるわけだ、この時ばかりは先輩、後輩の壁を少しだけ取り払い飲み明かす、この頃は二日酔いなんて無かったような気がするがネ、、、、、
乗船実習、旅行会、海上自衛隊での海洋訓練が終わると、大体の大きなスケヂュールが終わりになる、今度は国家試験の準備やらで少しは勉強をしないとね、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
94おすすめ

2014-09-08

[今日の話] インターネット、オークション

数年前だが、娘がパソコンのオークションで子供の衣類などを買い、また不要になった品物をオークションで売っていた。リサイクル屋さんに持って行くと特に衣類なんかは二束三文も良いところだ、これはお金にはなりませんがお持ち帰りになりますか、必要なければこちらで処分しますが!となる、こちらに引っ越す前に多くの商品をリサイクル屋に持ち込んだ、ゴミに出してもお金がかかる時代だ、4~50冊くらいの本を大手の古本屋さんに持って行ったが、頂いた代金は数百円、お金になるのは数冊のみとの事、腹が立ったのは1年くらい前に有名な通販会社から1万数千円で買った地図帳(箱入りの2冊)、店頭に同じ商品が透明なビニールで包装されて6千円で並んでいた、スタッフ曰く、これは申し訳ございませんがお金になりません、と言う。こちらも商売だ、私も長い間商売をやらせていただき中古品も扱ってきた、気の小さいhamさん? 黙って帰ってきた。 しかーしだ! インターネット、オークションを覚えたhamさん、数年前より、せっせとオークションで稼いでいますってー、、、  捨てればただのゴミだが、オークションに出せば金額は別として、大体の物は売れる、今までに300円から45,000円まで7~80点くらいオークションで売りさばいた、当然、かみさんには内緒さ、、スリルもあって病み付きになりそー! 

 
固定リンク : トラックバック(0)
83おすすめ

2014-09-07

[豊後の名所・史跡] 日出城址公園、二つの碑

日出町の日出城(暘谷城)跡に二つの碑があり、いつも綺麗な花が供えられている。

艦 海鷹(かいよう)の碑



空母海鷹は旧大阪商船所属の初代「あるぜんちな丸」である。昭和14年(1939)竣工した、総トン数12,755トンの豪華客船で南米航路に就航していた。しかし南米航路に就航していたのは僅か15か月で、昭和16年に海軍に徴用され、航空母艦に改装された。主に船団護衛や輸送の任務につき、南方作戦にて活躍した。また特攻機の訓練目標艦としての任務にもつき、航空機による特攻隊のみならず、人間魚雷「回天」の訓練にも使用された。
昭和20年7月24日、豊後水道で任務中に触雷、翌25日駆逐艦に曳航されて日出城跡下の城下海岸に係留着底した。以後、米軍機による空襲が頻繁になり、動けぬ海鷹は猛烈な攻撃を受けて中破しそのまま終戦を迎えた。軍艦海鷹の碑(写真)は、乗組員戦没者の鎮魂と世界恒久平和の願いを込め、昭和57年11月22日、元乗組員たちによる海鷹会の手によって建てられたものである。


小田先生の殉職碑

 

昭和20年7月25日、豊後水道にて触雷した航空母艦海鷹が、駆逐艦に曳船されて日出の城下海岸に係留着底した(上掲載)。この日以来、米軍機による空襲が頻繁に行われ、7月28日、日出国民学校(現日出小学校)訓導の小田三郎氏が空襲による銃弾に倒れ殉職した。当時小田三郎氏は37歳で学校に宿直出勤していた空襲を受け、登校していた生徒たちを防空豪に誘導中に被弾したと言われている。碑は小田三郎氏の遺徳を讃え冥福を祈るため、教え子や知友によって命日である昭和49年7月28日に建てられた(写真)

                                                   (案内板より一部抜粋しました)

 
固定リンク : トラックバック(0)
106おすすめ

2014-09-06

いろいろなお客様

朝の9時過ぎだ、駅前通りをゆっくりと流しているとバス停で手を上げている高齢なお客さん、バスが来ていない事を確認して止ると、あれー、○○さんじゃないですか、先日はどうも有難うございました! おー、あんたか! 1週間ほど前に駅前通りから公設市場までお供したんだが、なかなか面白いお客さんなんだ、恐らく80歳くらいだろうか、帰りに私を呼んでくれてお迎えに行ったお客だ。例により公設市場までお供したんだが、また電話するから頼むよ、との事だったが、フロントから連絡が入り11時に迎えに来てくれ、との事だ。前回と同じ市場内の食堂に迎えに行くと、りゅうきゅう丼おごるから、、、、との事だ、一応丁重にお断りしたが、せっかくの御好意だ、早めの昼食でご馳走になった。大分にはりゅうきゅうと言うのがある、これがまた旨いんだわ、来週また来るから頼むな!との事で専属ドライバーになっちゃった、、

デパートの横の道を流していると旅行カバンを引いた40代の女性、行き先は市内だが結構な距離だ、お客さんはどちらからですか? と尋ねると、千葉の袖ヶ浦からよ、今日大銀ドームで大分トリニータの試合があるでしょう、応援に来たの、ついでに実家が大分だから家に顔を出してね、、、、熱狂的なサポーターだ、俺には良く理解できないがね、、面白いお客さんで家に着くまで喋りっ放し、、、

デパートの横で乗車された太目の5~60代の女性、デパートの大きな買い物袋を二つも提げて、行き先を尋ねたら別府まで、との事、これはまたついてるネ、お客さんはずっと別府でお住まいなんですか? と尋ねると、いえ、日出です、別府で買い物をして日出まで帰ります、との事だ、別府のデパートの前で止めてくれとの事だ、大分市のデパートで買いものをしてタクシーで別府まで来て又デパートで買いものとは、お金持ちかな??デパートの前に着いて料金を告げ、さりげなく見ると、身に付けているもの、出した財布、着ているもの、すべて安物ではなさそうだネ、、、

別府からの帰り、今日は予想外に売り上げが上がったし今日はこれで終わりにするかネ、、と思ったが、いや、ついているし、もう一回デパートの横のサンサン通りを流してみよう、、案の定、これまた太目の60代の女性が二人、二人とも沢山の買い物袋を持っている、ドアーを開けると、運転手さん、二人ともふくよかでしょう、二人乗ると荷物が置けないの、助手席に置いてくれる!えーどうぞ、行き先は近くのマンションだ、料金はワンメーターの640円、千円札を出して、重たかったでしょう、お釣りはいいわ!との事だ、こう言うお客さんが毎日4~5人いると助かるがね、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
108おすすめ

2014-09-05

[今日の話] 歳はとりたくないねー!

朝起きて1時間以内と夜寝る前に必ず行う事がある、血圧測定だ、昔からショッパイものが好きだ。会社の健康診断で毎回、血圧が少し高いので診断を受けるように、と指摘され続けて4年、仕事でよくお医者さんをお供するんだが、話やすいお医者さんをお供した時に、先生、私は血圧が上が140代なんですが治療が必要でしょうか、、? と尋ねると、微妙な数値ですね、今ほかに悪いところがあって治療していなければ、もう少し様子を見るかな! また他の先生は、いちど医者に行ってそうだんしてみるといいね!などの意見が多かった。クリニックに行って相談する事にした、先生、私は運動と食生活で血圧を下げようと思うんですが、、、と相談すると、年齢からして今の数値より血圧が上がるのを抑える事は可能だが数値を下げるのは難しい、との事で降圧剤を飲むことになった。毎日朝と寝る前に必ず血圧を測定し、結果を先生に診て頂き3回ほど薬をかえて、それからはずっと同じ降圧剤だ、毎朝食後に1錠(10mg)を飲んで2年になる。紹介状を書いていただき、こちらのクリニックでも月に一度通院し血圧を測定して頂くが、いつも数値は上が110代、下が70代、んー、良いですね! 私が愛用しているのはオムロンの自動血圧計 HEM-1025(写真)だ。この血圧計、優れもので、腕を通してボタンを押すだけ、測定時間、血圧、脈拍などを測定し記憶している、1~2か月に一度、パソコンとUSBケーブルで繋いでデーターを転送する、必要な時に、表やグラフで表示した資料をプリントアウトできる。
昨年の秋以来、病気で入院、退院後の静養などで体重が4~5kg増えた、それでなくてもメタボ予備軍、と言われてきた、しかーしだ! ここにきてやっと、規則正しい生活、食事の注意、などで元の体重にほぼなりつつある、この際、あと2~3kgくらい減量したいと思うがね、毎日、体重計に乗るのが楽しみになってきましたってー!  

 
固定リンク : トラックバック(0)
89おすすめ

2014-09-04

[古い航海日誌 日正丸②] はるかハワイ沖航行中

大圏コースを通り日付変更線を通過した本船は少しづつ南下している、写真は日本から北米に行く場合の体験コースだが、パナマ運河に向かう本船は写真のコースより南を通る、ちょうどハワイ諸島の遥か北を航行中だ、コースをハワイに向ければ1日半も走ればホノルルに着くんだがねー、、ローリング(横揺れ)もだいぶ少なくなってきた。日本で積み込んだ娯楽用のビデオも全て見終わってしまったし、今日から退屈まぎれにボトルシップ(空瓶の中に帆船を作る)の作成にとりかかった。作り方は以前に乗船した佐賀関丸で乗組員のクオーターマスター(操舵手)に教わったんだが、何個も作り、今では師匠に負けない位な腕前になりましたってー、小さな材木を削ってサンドペーパーで磨いて帆船の本体作りにとりかかった、急ぐ事はない、まだ先は長い、、、
固定リンク : トラックバック(0)
79おすすめ

2014-09-03

マナーの悪い大人

毎日07:40頃には営業所を出て市内の中心部へ向かい、感心するんだが会社の社員が事業所の前の歩道のゴミ拾い、又ホーキを持って履いている。雨の日以外は毎日、日課のようにやっている、今の時期、街路樹の落ち葉が落ちる時期でもない、、ある大きな交差点、ここにはある銀行の支店がある、例により社員が数人、ゴミ拾いをしている、私は毎朝この交差点を左折するので、左折用の矢印が出るまで止まって待っている間、この光景を眺めている、横断歩道の手前で2~3人信号が変わるのを待っていたが、タバコを吸っていた50代くらいの男、横断歩道の信号が青に変わると吸っていたタバコを、ポイと下に落とし、足で踏みつぶして歩き始めた、ゴミ拾いをしている社員が目に入らないわけはない、、たまげたネ、、
次の赤信号で信号待ちをしていると、前の車、吸っていたタバコを道路に捨てやがった、道路からまだ煙がでている、車に灰皿くらい付いているだろうに、、、私も昔は他人に負けないほどのヘビースモーカーだった、3~40年前はタバコを吸いながら歩き、吸い終わると、ポイッ とやったもんだが、今は世の中が変わった、、こういう人はタバコを吸う資格が無いネ、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
136おすすめ

2014-09-02

海上自衛隊、海洋訓練


恒例の海上自衛隊横須賀教育隊における3泊4日の海洋訓練だ、分隊長の挨拶で、大手企業の社員が体験入隊で入隊する事があるが、あれは半分お客さんのようなもんだが、君たちは将来船乗りを目指す学生だ、短い期間で成果をあげなければならないので、隊員以上に、しごくからそのつもりで、、、、  (写真)、毎年の事だがしごかれるんですわ、、
 
 
 
さっそく訓練が始まる、歩行訓練、整列訓練などなど、みっちり鍛えられる(写真左)、隊員と一緒に食堂で食べる麦ごはん、お世辞にもご馳走とは言えないが空腹ではご馳走だ。朝、06:00起床ラッパが鳴り総員起こし、ベッドを整え、支度をして隊舎前のグランドに走って行く、もたもたして遅れて行こうもなら、こらっ!、もたもたするな、腕立て伏せ! とやられる、、、裸で体操だ(写真右)、これが終わると、甲板掃除、部屋、便所、などの掃除だ、終わると班長の点検を受ける、悪ければ、やり直し!となる。そして朝食となり08:00課業が始まり、午後からカッター(端艇)訓練だ、夜は司令の講和などがり、時間との闘いでもある、、、
 


3日目は一日カッター訓練だ、教育隊から訓練をしながら油壺へ、ここで上陸して昼食となる、教育隊で準備してもらったべんとうだ(写真上)、おいしいねー!そして帰りは教育隊まで競争だ、約1時間、これがきつい、まー死ぬ思いをするね(写真下)、まめが潰れ手と尻からは血がでる、レースが終わって、班長から、櫂たてー!の合図が、櫂を立てる力もでないほどだが、最後の力をふりしぼり櫂を立てる、櫂から零れ落ちる海水が潰れたマメに滲みるのなんの、、、
 
 
夜、横須賀教育隊第八代司令 上村 嵐 1等海佐より hamさんが代表して修了証を頂いた(写真)。司令の訓示で「スマートで目先がきいて几帳面、負けじ魂、これぞ船乗り」 と言われた言葉と、 「一源三流」、人間、血と汗と涙を流せ、、と言われた言葉が今でも脳裏に焼き付いている。司令が執筆された「一源三流」をサイン入りで記念に頂いたんだが、色々な人に貸してあげ、どこでどうなったのか、私の手元には戻ってこなかった。

上村 嵐(かみむらあらし)
鹿児島県出身の軍人、文筆家、海軍兵学校卒、海軍少佐。海上自衛隊海将補

 

最終日は4日間の総まとめで、司令、学部長、教官、分隊長のまえで音楽隊の演奏する軍艦マーチに合わせて分列行進だ、お陰で受閲部隊の指揮官をやらせていただいた(写真)



 
学生としての参加は最後となったが、この貴重な経験は私の船員生活、その後の人生に、はかりしれない教訓を与えてくれたのは確かだ、、

 
 
固定リンク : トラックバック(0)
114おすすめ

2014-09-01

有難い可愛いお客さん

朝、目が覚めると雨の音、雨の朝は決まって忙しくなる、稼ぎ時だ、早めに出勤し車を点検、点呼を受けて出庫するが、燃料の警告灯が点いている、あちゃー!私が土曜日の終業時に燃料(LPGガス)を入れたきりだ、夜の勤務の人はスタンドが閉まっているので補給できないわけだが、ガススタンドへ寄り補給して何回かお客様をお供して11:30いつもの海の見える公園の駐車場でパンと牛乳で早めの昼食。12時を過ぎると大体のタクシーは昼食で動いている台数が極端に減る、新米タクシードライバーにとっては1時間半くらいが稼ぎ時ですでね、、、例によってデパートの横の通りをきょろきょろしながら、ゆっくりと流していると歩道で手を振っているお婆ちゃんを発見、80歳代だろうか、乗車するなり、運転手さん、わたし初めてだね!行き先は郊外の大学の方だ、街に出る時は家の近くのタクシー会社を利用されるが、帰りは必ず当社のタクシーで帰られるとの事だ、有難いねー、、いろいろとお話をしていると、運転手さん、出身はどちらですか、大分じゃないですネ、、ときた。えっ、どうして解るんですか? 地元のタクシーの運転手さんは方言まるだしですよ、私は未だ大分に来たばかりで方言は解らないんです大分の言葉はきついからねー、大分市はまだ良い方だそうだ、県内でも国東の方に行けば、知らない人が聞けば喧嘩をしているのと勘違いするそうだネ、、確かに今でも地元の人と話をすると叱られているように感じる事がある。家の前でお客様のお婆ちゃんを降ろしたが、タクシーが走り出してもずっと手を振っているではないか、歳をとってもこういうお婆ちゃんは可愛いね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
95おすすめ

TOOLS




現在の閲覧者数:



ブログランキングに参加中
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03864604

QRコード