[hamさんの日本の歌心の歌] 低音の魅力 ♪ 男のブルース ♪ 三船 浩

2014-08-31

  作詞:藤間哲郎
  作曲:山口俊郎     男のブルース


 
 

昭和30年代だ、フランク永井、神戸一郎、石原裕次郎、などと共に、低音の魅力で一世を風靡した歌手、hamさんの故郷、新潟県の上越市の隣、新井市(現妙高市)出身の歌手、三船 浩(本名 森田肖三)。NHKのど自慢で新潟県代表となり、関東甲信越大会で優勝、全国大会で3位になった実力派だ。スポーツマンでもあり柔道4段の腕前で、名前の三船は講道館の三船久蔵十段からの命名と言われている。昭和31年「男のブルース」でキングレコードからデビューしNHKの紅白にも3回出場し、晩年は日本歌手協会の理事長なども務めたが平成17年7月8日脳梗塞のため死去した。数あるヒット曲でも私はこの曲が好きだ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
115おすすめ

[今日の話] 夏も終わりだね、、

2014-08-30

 
朝カーテンを開けるとパッと明るい陽射しが、こんな朝は久しぶりだ。8月に入り2個の台風の影響もあり真夏を感じた日は1~2日くらい、後は曇り空か、時々短い時間だが強烈な雨が。昨年の夏は全国的に暑い日が続き35度を超す猛暑日が何日もあったが今年は逆だ。今日は土曜日、明日は日曜日で1週間ぶりに仕事が休み、明日は休みと思うと、この歳になっても嬉しいもんだネ。出勤して車の点検をして点呼を受けて出庫する、いつもちょっと遠回りになるが、海の見える住吉泊地を通って町の中心地へ向かうんだが、いつもは5~6はい(隻)くらい係船しているが、土曜日になると20はい(隻)くらいびっしりと係船している(写真)。1,000トンくらいの内航船だが月曜日になるとまた出港して行く。別府方面を眺めると空気が澄みわたり高崎山、鶴見岳、別府市街がはっきりと見渡せ、すっかり秋の気配を感じる。今のところ働く意欲が旺盛で毎朝、気持ちよく出勤している、よーし、今日も頑張るぞ! ってね、しかし昼食時を除いて7~8時間ハンドルを握りっ放しは結構つかれるネ、、いつまで続くかは全く不明だ。8月もあと一日、今年の夏は終わったって感じだね、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
101おすすめ

[古い航海日誌 日正丸②] 日付変更線通過

2014-08-28

千葉県の君津を出港し大圏コースを通るため、房総沖よりどんどん北上する、北米航路のようにアリューシャン列島のすぐ近くまでは北上しないが北緯40数度まで北に上がる。空は鉛色、時々小雪のようなものが舞っている、海は相変わらず時化もようでローリング(横揺れ)がある。食欲もでてきたし揺れにはだいぶ慣れてきたようだな、午後の当直に入っていると通信長がやってきた、次席君、わしゃ明日からマージャンもう止めるわ!どうやら昼食後のマージャンでカモにされたようだ、何日間止めるんですか?とたずねると、ずっとだよ、、その言葉は何回か聞いたことがある、私は船が揺れている時はとてもマージャンをする気になれない。通信長は広島県の瀬戸内海の島の出身だ、東に進む本船は船内時間が毎日20~30分くらいづつ時間が進む、一日が短くなるわけだ、そして午後、日付変更線を通過し、日付が一日バックした。夜の零時にワッチ(当直)が終わり風呂に入り一杯を飲みながら日本で積み込んだ1~2か月前の歌番組などのビデオを見るのが楽しみだ。2時過ぎにベッドに入り週刊誌を読んでいるとそのうちに寝ているネ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
155おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] デパートの定休日

2014-08-27


大分市内には駅を起点に南北に走る大分市のメインストリートである中央通りが走り、通り沿いに地上8階、地下2階のトキハ(tokiwa)百貨店本館と(写真)地上6階、地下2階のトキハ会館がサンサン通りを挟んで通路で結ばれている。本館だけで42,564㎡の売り場面積を有する地方都市では異例の巨大百貨店で両方の総延べ床面積は93,356㎡で駅前商店街の集客に大きく貢献している。市内に郊外型のトキハわさだ店と別府店の3店を展開している。いつもは10時の開店を1時間ほど過ぎると正面入り口の前のスクランブル交差点、横のサンサン通りを、たくさんの人がデパートのマークが入った袋、ひまわりの絵が入った紙袋を提げて歩いている。そのトキハが今日は定休日、周りのお店もシャッターを降ろしている店が多い、サンサン通り、いつもはひっきりなしに道路を横断したり、タクシーに乗るために手が挙がるが今日は人通りはぱらぱら、、、いつもはタクシーも5~6台くらい列をなして走るが、今日はタクシーもぱらぱら、したがって売り上げも最悪だね! デパートの集客力の凄さに驚いた、しかし近年は高速バスで安い料金で福岡の天神まで気軽に行ける、週末ともなれば20分間隔で出る高速バスもたくさんの乗客が乗っている、、来年の3月に駅ビルが開業し東急ハンズが出店すると言う、はたしてどのように変わるだろうか、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
88おすすめ

[豊後の偉人] 豊後の三賢、 帆足萬里(ほあしばんり)

2014-08-26


豊後の三賢と呼ばれる、江戸時代後期の儒学者、帆足萬里(ほあしばんり)は安永7年(1778)、日出藩の家老、帆足通文(ほあしみちぶみ)の三男として生まれた。寛政3年(1791)14歳で豊岡の儒学者、脇蘭室(わきらんしつ)の門に入り独学で研究に努めた、21歳の時に大阪の中井竹山、京都の皆川淇園、にも学んでいる。経済、物理、医学、天文などの各分野にも通じ、萬里の学識は西欧の諸学者に肩を並べるものがあったと言われている。天保3年(1832)13代日出藩主の木下俊敦(きのしたとしあつ)に藩の立て直しを請け家老に任じられた。家老職を引き受けるにあたり、藩主から一切、口出しをしないと約束を取り付け、思う存分に改革の腕を振るった。嘉永5年(1852)6月14日、多くの弟子に見守られて75歳の生涯を閉じた。墓は木下家の菩提寺の松屋寺にある、墓のあちこちが欠けているが、萬里にあやかって学問の向上を願う人々が持って行ったためだ、現在は棚で囲まれている。帆足萬里の代表的著書に、「窮理通」「東潜夫論」などがある。三浦梅園(現、国東市安岐)、広瀬淡窓(日田市)とともに、豊後の三賢と呼ばれている。(写真は日出城址公園の萬里の像)
固定リンク : トラックバック(0)
106おすすめ

[第2の人生] いろいろな訓練

2014-08-25

乗船実習が終わり後期の授業が始まると、今度は秋の海上自衛隊横須賀教育隊における海洋訓練に向けて晴れた日曜日は多摩川の河川敷での訓練だ、歩行訓練、整列、敬礼、歌、など等、、しかし今度は後輩たちを指導する立場だかららくだ、、夏休みが終わり既に数人の学生が辞めたようだ。昼休みをはさみ、3時頃までばっちり鍛え上げるわけだ、、、

 
もう一つ大事な訓練がある、カッター訓練(端艇)だ、越中島から漕ぎはじめ東京湾で訓練をする、後輩たちと一緒に漕ぐわけだが、後輩たちの手前、音をあげるわけにはいかない、きついのなんの、、昼に浜離宮に上陸し弁当を食べ裸で恒例の騎馬戦をやる、やじ馬がたくさん見物に集まってくる。そして又カッターに乗艇しカッター訓練(写真)が始まる、手のマメが潰れ海水の塩水が滲みるが、そのうちに麻痺してしまう、、、
固定リンク : トラックバック(0)
154おすすめ

[今日の話] まったりとした日曜日

2014-08-24

今月に入り夏らしい天気はほとんど無い大分地方だ、午前中晴れ間がのぞいたと思えば午後からは曇りか小雨、日照不足が続きスーパーに並ぶ夏野菜は倍以上に跳ね上がっているようだ、女房が嘆くこと、、夏の間に九重の山々を1~2つ登ろうと思ったが日曜日はいつも雨か晴れた日は無い、技術、体力、経験からして一人登山の私には無理は禁物だ、元気であればいつでも行ける。高校野球の準決勝、テレビでじっくりと観戦したが、郷里の新潟代表の日本文理、残念ながら明日の決勝には進めなかったが強くなったネ、、、決勝戦は三重高と大阪桐蔭に決まったが、私個人的には日本文理を破った三重高に優勝してもらいたい、だって大阪桐蔭は何回も優勝してんねかね、、、と言う訳で一日、のーんびりと過ごした、明日からまた1週間の頑張りだ、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
98おすすめ

[新米ドライバー ②] 新米タクシードライバーの一日

2014-08-23

ジィ ジィ ジィ~~~、、朝5時、けたたましく鳴る目覚まし、安物の目覚まし時計だが、音だけはでかい音がする、まー大体は目覚ましが鳴る前に目が覚めていますが、、、布団の中で手術後の後遺症を改善する体操を数分間、、5時半に起床、 パンとコーヒーで朝刊を見ながら簡単な朝食、パンくずが新聞紙に落ちているといつも叱られていますがネ、シャワーを浴びて支度を整えて、ちょこっとパソコンをチェック、07:00車で家を出る、(土曜日は07:30)2~30分で会社に到着、担当車(写真)を点検、アルコールチェック、点呼を受けて気合を入れて出庫する。ラジオで渋滞情報を聞きながら渋滞個所を避けて、なるべくホテルの多い中心部あたりをながす、ベテランの先輩方はホテルの待機場所で待機している、ちょろちょろしなくても少し待てばお客がいるが、新米はちょっと遠慮して付近をながして、おこぼれを待つ、運が良ければ配車の指令がくる、12時頃になるとコンビニへへ寄り、パンと飲み物を買い、いつもの海の見える公園の駐車場(写真)へ行き、昼食休憩、、、、
しかーしだ! 最近になり、昼ごろになるとどの車も昼食の休憩に入るので、動いている車の台数が極端に減る事に気づいた。昼食休憩を4~50分早めて、勿論、実際に休むのは2~30分程度だが、一番お客を拾えるデパートの前のスクランブル交差点のあるところをクルクルと周回するわけさ、必ずお客を拾える、、又あちこちとながして、お客を探す、時々指令が入るが、調子の良い日は5時近くまで頑張り、ダメな日は諦めて3時過ぎに車庫に戻り納金し洗車、4時頃には会社をあとにする。家に帰り夕刊に目を通し夕食となる、毎日の焼酎の水割りが楽しみだ。風呂に入り、暑い夏はシャワーが多いが、、毎日の日課でパソコンに向かうが遅くても9時過ぎには止める、、と言うより眠くなるわけさ、、、
そうは若くない、睡眠時間が短いと判断力、思考力、注意力がどうしても鈍くなる、車に乗る時は睡眠を十分にとり、体調管理に気をつけるよう心掛けている、明日は休みだが、九時を過ぎたら眠くなってきましたって―、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
88おすすめ

[古い航海日誌 日正丸②] 時化の房総沖

2014-08-22

房総半島の野島崎沖300キロを航行中だ、外は低気圧の接近で時化ている(写真)、この程度の時化はよくある事だが積み荷が鋼材で重い為、重心が低いので揺れる周期が早い、ゴロゴロよく揺れる。2か月の休暇で身体から塩気が抜けて軽い船酔いだ、まったく食欲が無い、陸の仕事であれば休暇でもとって休むところだが船ではそうはいかない。まー4~5日もすれば慣れるだろう、、1年前にはこの海域で第一中央汽船のかりふぉるにあ丸(62,147トン)が船体が折れて沈没している、2年前にはやはりこの海域でジャパンラインの鉱石運搬船ぼりばあ丸(54,342トン)が船体が折れて沈没している。本船は16,159重量トン、なんだか不気味で気持ちが悪いね、、、当直中にブリッジに行きセコンドオフィサー(2等航海士)に、セコンドオフィサー、この揺れなんとかならんのですか? 訊ねると、次席さん、この揺れはアメリカの沿岸までダメだね、、2週間ほど我慢だね、なんならもう少し北へ上がりもうちょっと揺らすかね!と言うが、先が思いやられる、、、。

ぼりばあ丸
昭和44年1月4日、ペルーのサンニコラスから鉄鉱石を積んで川崎に向かう途中、房総沖で時化の為浸水しSOSを発信、近くを航行中の健島丸が漂流中の2人を救助したが31名の乗組員が行方不明となり、5日に沈没した。

かりふぉるにあ丸
ロサンジェルスを出港した かりふぉるにあ丸は2月9日、時化の野島崎沖で大波を受け航行不能となりSOSを発信、近くを航行中のニュージーランド船「オーテアロア号」、自動車運搬船「えくあどる丸」などが救助に向かった。
全ての救命ボートを荒天で喪失した為、かりふぉるにあ丸は脱出不能に陥っていたため救助に向かった米軍救難機が救命ボートを投下したが、船体に投下出来ず、「オーテアロア号」から荒天下決死の覚悟で発進した救難艇によって22人を救助した。しかし住村博船長と三等航海士が退船を拒否し、救難艇の固定用に下ろしたロープが救難艇に絡んだため住村船長の指示で三等航海士は切断作業の為の器具を持って下船し、直後にロープが外れるが、住村船長は自ら、沈み行く船と行動を共にする、として下船せず、結果的に殉職した。 船長の最後の言葉は みんな行ってくれ わしゃ残るわ である、、、また救命艇降下作業中に転落したボートにて漂流していた2人が「えくあどる丸」に発見され、米軍救難機の支援の下救助された。悪いが数か月前の韓国、旅客船沈没事故の乗組員、船長の行動とえらい違いだネ、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
112おすすめ

[今日の話] 5年前の再現成るか、日本文理高校

2014-08-21

第96回全国高等学校野球選手権大会も終盤、ベスト8がでそろった。ご当地、大分県代表の初出場の大分高校と故郷新潟県代表の日本文理高校、私は両方を応援したんだが、私の予想通り日本文理が勝利した。こうなったら日本文理を応援しなきゃなー!2回戦は愛知県代表の強豪、東邦高校に決まった。内心、東邦高校がちょっと有利かなー、、と思ったが勝った。そして今日の3回戦、相手は隣りの富山県代表の富山商業だ、内心、日本文理が僅か有利かな?しかし富山商業には勢いがある、今日も仕事でテレビは見れないし、車のラジオに耳を傾けた、幸か不幸か試合終了まで一度も配車は無し、流していてもお客は無し、、、3-1で日本文理がリードしていたが4点を取られ5-3と逆転された、1点を取り返し5-4で迎えた9回裏、糸魚川中学出身の新井君の逆転サヨナラ2点本塁打で劇的な勝利。5年前の甲子園を思い出した、あれよあれよと決勝まで勝ち進み愛知県代表の中京大中京との決勝戦、10-4と敗戦が濃厚と思われた9回裏5点を奪い10-9となったが力尽き準優勝となった。今大会は北陸、信越5校が全て1回戦を突破したり、東日本の躍進がすごい、青森の八戸学院光星、福島の聖光学院、新潟の日本文理、群馬の健康福祉大高崎、福井の敦賀気比、三重の三重、大阪の大阪桐蔭、沖縄の沖縄尚学、明日で4校になるが、、こうなったら故郷の日本文理に頑張ってもらいたいなー、、、
固定リンク : トラックバック(0)
97おすすめ

[新米ドライバー ②] 愉快なお客さん

2014-08-20

ある山の上の住宅街に配車になった、カーブの多い、急な狭い坂道、雪国だと四駆でも怖い坂道だ、内心、こんなところには住みたくはないネ!狭い急な坂道の途中にあるお宅だ、しかし立派な家だ、70歳前後だろうか、上品な女性が乗車された、助手席のヘッドレスとについている名前を見たんだろう、運転手さん家は初めてでしょう! こりゃよく利用されるお客さんだな、、すると、運転手さん火星人でしょう?内心、失礼な、俺は地球人だわ!と思ったが、星の事だな? えっ、お客さんどうして解るんですか、私は九紫火星です、すると、だと思ったわ、火星の人は好奇心旺盛で物知りで頭が良いのよねー、それに山に登る人は頭が良い人が多いんです、ときた。お客さん、私は好奇心旺盛で趣味も浅く広くですがたくさんありますし大体あたっていますが、残念ですが頭の良い人が多いと言うのは外れていますあはは、自分で自分の事を頭が良いなんて言う人は馬鹿ですよ、、参った、名前を見て、それに苗字が○画の人は頭が良い人が多いんです、数名の著名人の名前を言い、みんな頭が良いですよ、私はそちらの方を勉強しているんです、内心、ちょっとだけ、俺も頭がいいのかなー、と思ったが、いや、違う、例外もあるわな、今さら勉強しても遅いね、、、
固定リンク : トラックバック(0)
101おすすめ

[乗船実習 新勝丸] 5か月ぶりの帰省

2014-08-18

ブルートレイン富士で翌朝、東京駅に到着し、そのまま学校に向かい下船の報告をして乗船実習が終了した。同じ会社で実習中の同僚のY君は下船前の社船連絡でインドを出港しマラッカ海峡を日本に向け航行中なので帰るのは10日後くらいだろう。久し振りに下宿に戻ったが、下宿の小母さんに小倉で買ったお土産を渡し、今日は下宿で過ごして明日、5か月ぶりに田舎へ帰る予定だが、春休みに同じ下宿の同僚のY君の故郷の和歌山県の串本へ遊びに行きお世話になった。夏は私の田舎に来ることになっているが、私は一足先に帰る事とし、翌日上野駅から急行白山で5か月ぶりに田舎に帰った。田舎を出て6年になるが田舎はちっとも変っていない、久し振りにのんびりとした生活だ、そして実習を終わった同僚のY君が汽車でやってきた。串本の出身のY君、俺のとこは周りは海ばかりだが、お前んとこは田んぼばかりだな、、、旨いご飯と新鮮な野菜だけは自慢できる、Y君、旨い旨いと言って食べていた。3日間私の家に滞在し映画に行ったり金谷山に行ったり、それなりに楽しかったな、帰りは二人で一緒に東京へ戻った。下宿に帰ると三重県出身で東京の高校に通うK君も田舎から帰ってきて、下宿は3人そろい又賑やかになった、、。(写真は下宿の玄関でY君と)
固定リンク : トラックバック(0)
99おすすめ

[豊後の名所・史跡] 日出城跡(ひじじょう)

2014-08-17

『古事記』によると、九州は6世紀前後には筑紫国・豊国(とよくに)・肥国・熊襲(くまそ)国に四分割されていたと言われる。豊国は景行(けいこう)天皇が九州で最初に上陸した場所であり、ここを前進基地として九州巡行を始めた。豊国という呼び名は、九州の中では大和政権との結び付きが強かったこの地域に与えられた。やがて豊国は豊前と豊後に分かれ、現大分県は豊前2郡(下毛、宇佐)と豊後8郡(国東、速見、大分、海部、大野、直入、玖珠、日田)からなっている。ここから豊(とよ)の国と呼ばれたとされる。幕末段階において、県下の支配形態は8藩7領であった、(中津藩、杵築藩、日出藩、府内藩、佐伯藩、臼杵藩、岡藩(竹田藩)、森藩(日田藩))。速見郡日出町にある木下氏(3万石)の日出城跡に行ってきた。
 

 
日出城は別府湾を望む台地に築かれた階郭式の平城で別名、暘谷城(ようこく)とも呼ばれる。初代藩主の木下延俊(きのしたのぶとし)は父家定と共に豊臣秀吉に仕え全国でも数少ない豊臣秀吉ゆかりの大名で、初代藩主木下延俊の父、家定の妹おね(高台院)が秀吉の正室(妻)となった為、木下姓を許されました。関ヶ原の戦いでは義兄の細川忠興(ほそかわただおき)の強い説得により徳川方に付き、忠興の幕府への取り成しによって豊後国速見郡(はやみぐん)日出3万石が与えられました。
慶長六年(1601)八月、日出に入国を果たしたの延俊は日出城の築城に着手、城の縄張(設計)は忠興が行い、石垣も忠興の家臣の穴生理右衛門(あのうりえもん)を棟梁に構築されました。天守は家定の助勢により築かれ、裏門の扉は富来城(国東市)の城門扉を転用したと言われています。本丸には、御殿を中心に天守、大手門、搦手門(からめてもん)、櫓が築かれ、鬼門にあたる北東隅の城壁は入隅(いりずみ)の構造をなし、その上に築かれた鬼門櫓本体も隅欠きを施した特異な構造となっていました。裏鬼門(南西)の城壁も隅を欠き、横矢がかけられています。築城をはじめ1年後の慶長七年八月には概ね完成し、延俊は築城する間、領内の藤原村に設けていた仮館を離れ日出城に入城を果たしました。明治四年(1871)の廃藩置県以降、鬼門櫓を除き、城内の建物は次々に取り壊されました。

 

横矢(横矢掛り)
横矢(横矢掛り)とは、侵攻する敵に対して側面から攻撃する行為を指す。

 

日出城の石垣
日出藩初代藩主、木下延俊は約一年の歳月をかけて日出城を築きましたが、石垣の構築は細川忠興の家臣で築城の名手、穴生理右衛門(あのうりえもん)の指揮によってなされたと言われています。「穴生」は近江国穴太(おうみのくにあのう)、今の滋賀県の石工の集団、穴太衆(あのうしゅう)を指し、安土桃山時代から江戸時代にかけ多くの城の石垣を手がけました。穴生理右衛門もその一員であったと思われ、彼の指揮により築かれた日出城の石垣は「穴太積み」として呼ばれています。日出城の石垣は築石に自然石や粗割石(あらわりいし)を用いた「野面積み」の技法で「乱積み」(石材を不規則に積み上げ横目地が通らない」と「布積み」(石材を一段づつ横に並べて据え、横目地を通す)の中間にあたる「布目崩し積み」により構築されました(写真)

 

隅櫓(鬼門櫓)
隅櫓(すみやぐら)は日出城本丸の東北隅に築かれた二層二階櫓で、「鬼門櫓」とも呼ばれています(写真)。隅櫓の特色は、櫓の東北隅を欠いた特異な構造に有ります、当時、東北の方位は禍を招く「鬼門」の方向として忌(い)み嫌われていたことから、これを除けるために隅を欠いたと言われています。こうした櫓は全国でも大変珍しく日出城の他に例を見ないと言われています。明治四年(1871)、廃藩置県により日出藩が廃止されると明治八年(1875)には本丸内の天守や櫓が競売に付せられ、次々と取り壊されていきました。しかし隅櫓はこれを免れ、山村羊太郎氏、南喜平氏、を経て中村貢氏が所有し、大正十年(1921)に下仁王(現東仁王)に移築され、平成二十年に中村家より日出町に寄付されました。


 
 


日出城跡一帯は公園として整備され城内には現在、日出小学校があり、校門のあるところが大手門跡である、観光案内所、食堂などもあり(写真)、また周囲には日出町ゆかりの偉人の銅像、記念碑などがあり訪れる価値はあるだろう、、、。

 日出城跡のスライドショーは = こちら =

 
固定リンク : トラックバック(0)
105おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 黄色いリボン ♪ ジョニー ハート楽団

2014-08-16

黄色いリボン  ジョニー・ハート楽団
 


 
固定リンク : トラックバック(0)
121おすすめ

[古い航海日誌 日正丸②] 君津出港、パナマ運河経由イタリヤ行き

2014-08-15

千葉県君津市の現、新日鐵住金君津製鉄所で鋼材約1万トンを積み込む、大きな分厚い鉄板、鉄板をコイル状に巻いたものを荷崩れを起こさないように固定しながら積み込む。今航は長い航海になる、パナマ運河経由でイタリア東岸のラベンナ、チオギア(ベニスの近く)の2港揚げ、その後の予定は未だ解らない、イタリアに着くまでに決まると言う、日本に帰るのは早くて来年の桜咲く頃だろう、、停泊中に4~5ヶ月分の消耗品、主に一杯のおつまみ、週刊誌、航海中、暇つぶしに作るボトルシップの材料などなどを買い込んだ。本船 日正丸/JMVY 15,000トン(写真)は新日鐵住金君津製鉄所の専用岸壁を静かに離れた、岸壁から工場の関係者、代理店が手を振っている、寂しいもんですな、、東京湾の浦賀水道には大小たくさんの船が航行している、房総半島南岸の野嶋崎灯台が見え、右舷側には伊豆大島の島影も見渡せる、段々と日本の島影も薄れてとうとう見えなくなった、どっちを向いても、海、海、海、大圏コースをとるためにいったん北へ進路をとる。パナマ運河の太平洋岸のバルボア(今は名前が変わっていると思うが)まで約14,000キロ、スピードの遅い本船では23~4日くらいかかるのではないだろうか、、先が長いねー、、!
固定リンク : トラックバック(0)
117おすすめ

[新米ドライバー ②] いろいろなお客さま

2014-08-14

お盆だし暇だろうなー、、いつもよりゆっくりと出勤した、やっぱり指令(配車)は来ないし久し振りにのんびりと市内中心部を流していると配車だ、到着すると高級そうな老人施設だ、車椅子に乗ったお婆ちゃんと中年の女性、どうやら娘さんのようだ、お二人とも上品なお客さんだ、美容院で車いすのお婆ちゃんを降ろしてご自宅へ、そしてあるセレモニーホールへ、そして又先ほどの美容院へ、途中、運転手さん趣味は山登りですか? いえ、私の山登りはまだ4~5年で素人にちょっと毛のはえた程度です、、私も若い頃よく山にいきましたよ、、久住連山、坊がつる、の話になった、どうやらこのお客様、大きな本社ビルを構える株式上場会社の○○の奥様のようだ、運転手さん、差し支えなければ又○○:○○に迎えに来て頂けないかしら! 有難うございます、お迎えに参ります、、指定時間にお迎えに行くと、高級らしい美容院のスタッフ5~6人がお客様をお見送りに、お供した車が見えなくなるまでお店の前でお見送りしているではないか、、車椅子を車のトランクに積んだり降ろしたり、目的地に着き荷物を持っておられるので車椅子を押して中のセレモニーホールの会場まで、、丁重にお礼を言って帰りかけると、○○さーん、名前まで覚えられましたって―、後を追いかけて来られて、運転手さん、いろいろと親切にしていただき、ご面倒を掛けました、後でお茶でも飲んで、と、お客様、とんでもございません、これは仕事ですから、又よろしくお願いします、ここまでして頂ける運転手さんはいないんだから! との事、私の胸ポケットに入れられるので、周りの事も考え、丁重にお礼を言って頂いた、車に戻りポケットから出してみると、複数枚のお札が、、、  車椅子を押してあげたり、ドアーサービスなんてことは以前のタクシー会社ではごく当たり前のことでしたがね、、、

 
駅前のデパートの横で上品なお婆ちゃんが乗車された、行き先は数十キロ離れた隣の市だ、ご実家だそうだが現在は別府市で一人暮らしとの事、90歳近いのにお元気だ、90歳を過ぎたお姉さんに会いに行かれるとの事、途中いろいろと昔の為になる話をしていただいた、人生の先生だね、、、

駅前の交差点で信号待ちしていると、歩道の二人の中学生らしい男の子が合図してきた、こちらも合図すると歩道のガードレールをヒョイと乗り越えて乗車してきた、行き先は大型ショッピングゾーンだ、これも結構な距離になる、お客さん、○○経由と○○から行くのと、どちらにしますか? どちらでも、安い方で、、 あたり前だわな、、近いと思われるコースは行ったことが無い、道を間違えばメーターを切れば良い、お客さん、早めにメーターを切ってあげますから! 孫のようなもんだ、少しでも安い方が良いだろう目的地に着く前にメーターを切ってあげた。1万円札を出されたので、お客さん、細かいのお持ちではないですか? 財布を出して中を見て、千円札は2枚しかないな、、ついでに何気なく私も財布を覗くと、オイオイ、財布の中には1万円札が5~6枚も見える、なんでこんなにお金を持っているのかね、メーターを早めに切る必要はまったくなかったネ、、、

スクランブル交差点から乗車のお婆ちゃん、行き先はある古い住宅街、お客さんの亡くなられたご主人の友人の初盆に行かれるとの事、住所を書いたメモの紙を出されたが私も勿論わからない、昔からの古い住宅街で複雑な道路が続く、古いGPSを頼りに無事到着した、運転手さん、悪いけど帰りもお願いできないでしょうか、少し待っててもらえませんか、どうぞ、お待ちしていますから、、今日は売り上げも十分あがったし、今日はこれで終わりにしよう、、帰りもお供してデパートの近くまで、、

お客様を降ろすと直に二人の老夫婦が、運転手さん良いですか! この際だ、稼ごう、、県立芸術会館までとの事、大恐竜展を見に行くと言う、今は夏休みで市立美術館でロボット展をやっているのは知っていた、何回か子供ずれの家族をお供している、お客さん、上野の山のロボット展などをやっている所ですよね、、そーです! お客さんも初めて来られるようだ、美術館の近くまで来ると看板をみて、あら、こちらは美術館ですよね、大恐竜展は芸術会館だけど、、いやー、最後にとんだ大失敗、メーターを切って90度反対方向の県立芸術会館へ、私の知識不足と経験不足だ、、、


 
固定リンク : トラックバック(0)
88おすすめ

[今日の話] 高校野球 新潟 X 大分

2014-08-12

第96回全国高等学校野球選手権大会の抽選会が先日あり、ご当地の初出場、大分高校の対戦相手が気になっていたが、それがなんとhamさんの故郷、新潟県代表の日本文理高校となった。準々決勝、準決勝などで対戦するのならともかく、1回戦で対戦しなくてもよさそうなもんだが、、これもなにかの縁だろう、対戦相手が大分県代表の初出場、大分高校と決まり、新潟県の関係者は内心、シメタ、いただきだな、、と思ったに違いない、私も実力はせっているが密かに、わずかながら日本文理が優勢かな、、と思っていた。しかし大分高校も悲願の初優勝で、大分県決勝戦も9回裏に同点にもちこみ、延長で逆転勝利で甲子園の切符を手に入れた、のりに乗っている、投手で4番の佐野君はプロ野球も注目している好投手、好試合が期待できるな、、当初は大会2日目の第3試合、ちょうど日曜日で、じっくりテレビで応援しようと思っていたが台風の影響で今日の第三試合に延期となった、、、

 
大分県は面積、人口ともに新潟県のちょうど半分の県で、海が有り、山が有り、平野が有り似たところが多い。今日は仕事で空車の時はラジオで高校野球を聞いていた、第3試合、空車になりラジオのボリュームを上げると 1-0 大分高校がリードしている、こういう時に限って配車になったり、お客さんが乗車する、空車になり又ボリュームを上げると、ホームランで日本文理が逆転した、ほー、さすが強打力の日本文理だな、そして又実車になりその次にラジオを聞くと 2-2 同点じゃないか、こりゃー、どうなるか解らんな、そして7回の裏、日本文理が投手飯塚のタイムリーと星君の2点ホームランで5-2とリードし、大分-新潟の戦いは新潟県88校の代表、日本文理高校が 5-2 で勝利した。
固定リンク : トラックバック(0)
123おすすめ

[豊後湯めぐり] 三川の湯(みつかわのゆ)

2014-08-11


日本一のおんせん県おおいた に引っ越してきたんだから温泉三昧といきたいね、、と思いつつ入院手術などでなかなか思い通りにいかなかったが傷口もだいぶ綺麗になり目立たなくなった、家から1分もあれば行ける温泉施設 三川の湯(写真)へ初めて行ってきた。
 

入浴料360円を払い中へ入ると子供の遊びスペース、回転寿司、カラオケ、休憩スペース、、、など等が揃っている、宿泊もできるようだ、風呂も何種類かありいろいろな風呂を楽しめる、風呂に入りながら景色を楽しむと言う訳にはいかないが露天風呂もある、何種類かのサウナもあり、これで360円とは安い、これからはちょこちょこと行きたいネ、、、

 おおいた温泉物語 三川の湯  = こちら =

 
固定リンク : トラックバック(0)
110おすすめ

[豊後ぶらり旅] 城下海岸と城下(しろした)カレイ

2014-08-10


大分県と愛媛県の間の豊後水道は日本有数の漁場として有名である。特に大分市佐賀関沖で採れるアジとサバは「関アジ」「関サバ」として全国に名をとどろかせている。瀬戸内海と太平洋の海流がぶつかりあう豊後水道で、一本釣りにより採れるマアジ・マサバの事を「関アジ」「関サバ」と呼びます。その美味さ、歯ごたえのよさから高級魚として重宝されています。「関アジ」の旬は3月から10月、刺し身にして大分名産の「カボス」をかけて食べると、そりゃもー、口では言い表せない美味さだ、秋口になると脂ののりがよくなるのが「関サバ」、新鮮な刺し身は身が引き締まり、関ものならではの味と歯ごたえです。しかーしだ! 大分県にはもう一つ有名な魚があるのをご存じだろうか、、鰈(カレイ)だ、日出町(ひじまち)の日出城(暘谷城ともいう)跡の下の海岸、「城下海岸」(しろしたかいがん)と呼ばれ波静かな別府湾とお猿で有名な高崎山を望む景勝の地でもあります(写真)この城下の海中の清水の湧く海底で育ったカレイは特に美味しく、「城下カレイ」と言われ、日出城の殿様も好んで食べたと言われています。歌人の高浜虚子が日出を訪れ、
 
       海中に真清水わきて魚育つ   と歌っています、、、
固定リンク : トラックバック(0)
148おすすめ

[乗船実習 新勝丸] 戸畑入港、乗船実習おわる

2014-08-09

東シナ海を航行中の本船の前方に九州の島影が見えてきた、 懐かしいねー! 五島列島の島々を眺めながら玄界灘、そして北九州の工業地帯の煙突などが見えるようになってきた、だんだんと工場の建物が大きくなり、タグボートに押されて静かに八幡製鉄(現新日鐵住金)戸畑工場の専用岸壁に着岸した。すぐに検疫官、代理店が乗船してきた、パーサー(事務長)が作成した書類関係を提出し検疫が終了し、続いて税関が二人乗船して入港手続き、乗組員の陸揚げ携帯品の通関作業があり、すべてが無事終了した。
入港手続きが終わると本社、メーカー、工場の荷役関係者、家族などがぞくぞくと乗船してきて、船内はまるで戦場のような忙しさだ。


 
本船での最後の食事を済ませて部屋で下船準備をしているとパーサーが船員手帳、イエローカード(検疫証)、下船旅費を持って部屋に来られた、アップさん、1航海になったけどご苦労さん、下船旅費と給料と言うか乗船手当だ、、、、、、旅費は今のグリーン料金が支給された、半人前にもならない実習生だが船内ではいちおう士官扱いだ、無料で実習をさせて頂き、おまけに手当まで頂いた、なにがなんでも頑張って国家試験に合格し船に戻ってくるぞ、、、  心に誓ったネ、、、 メスルーム士官には昼食時に下船の挨拶はしてある、通信長に挨拶に行くと、おとなしい紳士な通信長、頑張って試験に合格して又船に戻って来なさい、、最後にキャプテン(船長)に挨拶し下船準備が終わった。タラップへ行くと当直のクオーターマスターが立っていた、制服制帽(写真)で敬礼し、いろいろお世話になりました! びっくりしたクオーターマスターが敬礼して、 アップさん、頑張ってネ、、 みんな気持ちの良い乗組員だった、タラップを下りて岸壁からしみじみ本船を眺めた、8月8日お世話になった 新勝丸を後にした。
せっかくだ、小倉城を見学し大分発、東京行きの寝台特急「富士」(ブルートレイン)に乗車し私の乗船実習は終わった、、、
固定リンク : トラックバック(0)
93おすすめ

[新米ドライバー ②] お客様の違い

2014-08-08

ほとんど知らない土地に来て、二度目のタクシードライバーになり、自立して12日で1か月になる。この間、数百人のお客様をお供し、いつも感じる事だが、ご当地のお客さんはみんな良いお客さんだ、と言うより、お客さんが近距離の場合、遠慮して乗車されている、こちらは小型の場合は基本料金が1,5キロまで640円、その後60円づつメーターが上がる、ワンメーターでそこそこのところまで走る、日中は比較的に高齢のお客様が多いのは当然だが、640円から760円くらいまでが多いが、乗車されるとほとんどのお客さんが、近くてすいません! 近くて悪いんだけど! となる、近距離のお客様は遠慮して、肩身の狭い思いをして乗車されている。と言う事は乗務員が、お客様からそのような言葉が出るような接客をしていると言う事だろう、、、
配車になりお客様を迎えに行くと9割以上のお客様は既に前に出て待っておられる、出ておられなくても、まず3分も待つことはないだろう、、、

 
固定リンク : トラックバック(0)
103おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] 開発が進む大分駅前

2014-08-07


日豊本線JR大分駅、人口約49万人の県庁所在地の表玄関としては今の時代、ちょっとお粗末という気もしないではなかった、しかーしだ! 来年の3月開業に向けて駅ビルの工事が着々と進んでいる(写真)、新駅ビルは地下1階、地上21階、延べ床面積10万7,000平方メートルで、1~4階は「東急ハンズ」や映画館、飲食店、雑貨店、など約190店が入居予定という。8~18階はJR系のホテル、19~21階は、「おんせん県、大分」にふさわしく温泉施設ができ、その他の階は駐車場などとなる予定という。1日の平均客数は約3万人が目標らしい、駅前広場には大友宗麟、フランシスコ・ザビエルの銅像が建つ、、、
 

大分駅南口(上野の森口)は緑地帯のシンボルロード(大分いこいの道)も先月すべて完成した、幅100メーター長さ444メーターの緑地帯(写真)は市民の憩いの道となっている。学校も夏休みに入り、多くの子供たちの走り回ったり、くつろいでいる姿が印象的だった、、、
固定リンク : トラックバック(0)
91おすすめ

[今日の話] 8月5日 「タクシーの日」

2014-08-05

今日8月5日は「タクシーの日」 わが国で最初にタクシーが誕生したのは大正元年(1912)8月5日、有楽町の数寄屋橋付近(現在の有楽町マリオンの地点)に設立された「タクシー自働車株式会社」でした。
フォード6台でスタートし、上野と新橋に営業所ができました、このタクシーがそれまでのハイヤーと異なる点は、料金の算出にタクシーメーターを採用したことです。当時のタクシー料金は最初の1,6キロメーターが60銭、加算料金は800メーター増すごとに10銭、待ち料金は5分ごとに10銭、深夜・雨天・ぬかるみ(泥濘)の際は400メーターごとに10銭増しとなっていました。当時の金額からすると、かなり高い料金でしたが正確なメーター器による料金算出という目新しさから利用者の人気を博したようです。タクシー業界では、この8月5日を「タクシーの日」と定め、これを記念し毎年サービスキャンペーンを実施しています、ご当地大分市タクシー協会もタクシー利用券などが抽選で当たるキャンペーンを行っています。タクシー業界は自由化、燃料の高騰に加え、労働環境の厳しさから若者に敬遠され乗務員の高齢化が進み厳しい経営環境にある。私はこのような業界を経験するとは夢にも思わなかったが、故郷の新潟で6年間、そして転居した未知のご当地でハンドルを握っている、、、
固定リンク : トラックバック(0)
110おすすめ

[古い航海日誌 日正丸②] 千葉、君津入港

2014-08-04

快いエンジンの振動で目が覚めた、部屋で早々に洗面を済ませ、着替えてデッキに出てみた。少し白波が立っているが、まー凪ってもんだろう、、左舷に紀伊半島と言うよりも本州最南端の潮岬の白い灯台が見える、明日から師走だ、海を渡る風はやっぱり冷たい、、昼食を食べてワッチ(当直)だ、大型船や小型船が行き交い、景色を眺めていてもどんどんと変化し飽きないネ、、熊野灘から遠州灘、左舷前方に富士山がくっきりと見えている(写真)、この時期は晴れていれば空気が澄んでいて綺麗だ、、そして右舷に伊豆大島が見えてきた、当直中にチョイチョイと抜け出してデッキに立つわけさ、この辺りから急に行き交う船の数も多くなってきた。東京湾に入ると夜景が綺麗だ。千葉県君津市の現、新日鐵住金君津製鉄所沖にアンカー(錨)を降ろした、今夜は沖待で明日の朝着岸し荷役が始まる予定だ、、、
固定リンク : トラックバック(0)
105おすすめ

[今日の話] 第96回全国高等学校野球選手権大会

2014-08-03

8月に入りお盆が近づいてくると夏の高校野球を思い出す、、今年の第96回全国高等学校野球選手権大会も全国の出場校が決まり8月6日に抽選会が行われ9日から23日まで休養日を含め15日間の熱闘が始まる。今年もいろいろなドラマを残して初出場9校を含めた代表校が決まった。我が故郷の新潟県は故郷の関根学園が決勝戦まで7試合戦い、高田商業、高田工業(2回かな?)に次ぐ甲子園出場かと期待したんだが、決勝戦で優勝校の日本文理と対戦、2-1と勝利目前で迎えた9回、逆転負けを喫した。四国の香川県代表は20年ぶりの古豪、坂出商業。11回目の決勝進出の東東京代表の二松学舎が念願の初出場だそうだ。南北海道代表の東海大四高、千葉県代表の東海大望洋、神奈川県代表の東海大相模、山梨県代表の東海大甲府と縦じまのユニフォームが楽しみだし、付属高校同士の決勝戦なんて是非望みたいネ。2年ぶり33回目の出場の京都の名門竜谷大平安。石川県の決勝では小松大谷と強豪の巨人、ヤンキースで活躍した松井秀喜選手の母校、星陵が対戦、8-0で誰もが小松大谷の優勝を信じた9回裏、星陵があれよあれよと9点を奪いX9-8の球史に残る劇的なサヨナラ勝で2年連続の17回目の甲子園出場を決めた。昨年の優勝校、前橋育英高校は3回戦で姿を消し、多くの名門、優勝校が姿を消した。ご当地大分県代表、初出場の大分高校、昭和47年(1972)の津久見高校以来の優勝旗を持ち帰ってもらいたいネ、、、。故郷の新潟県代表の日本文理、平成21年の第91回大会で決勝まで勝ち進んだが中京大中京に惜しくも敗れて準優勝となった、昔は雪の降る日本海側の高校は出ると負けで決勝進出なんて考えられなかった、しかし近年は高校野球の野球環境もかわり、レベルが接近している、それだけにどこの高校が優勝してもおかしくない時代、初出場で初優勝なんてのもある、、、。

私は決勝戦を迎えると45年前の昭和44年、第51回大会の決勝戦、北奥羽代表、青森県三沢高校と北四国代表、愛媛県松山商業戦を思い出す。秋の国家試験受験に向け猛勉強中であった8月18日、テレビに釘づけになった。松山商業の投手井上と三沢高校の投手太田幸司(後に近鉄バッファローズに入団)の激投、決勝戦初の引き分け再試合となったが、実に4時間16分に及ぶ激闘、15回裏の三沢高校の猛攻に対しサヨナラ負けの再三のピンチを松山商業がしのぐ攻防を展開し、延長18回 0-0 で引き分け再試合となった。翌日の19日の再試合、三沢高校は太田投手の連投、4-2で松山商業が優勝したが球史に残り語り継がれる決勝戦であった。今年もいろいろなドラマが起こるだろう、、、

全国高等学校野球選手権大会の歌 
 「 栄冠は君に輝く 」 
 
 
固定リンク : トラックバック(0)
91おすすめ

[乗船実習 新勝丸] 東シナ海航行中、送別会

2014-08-02

台湾とフィリピンの間のバシー海峡を通過した本船は先島諸島から東シナ海に入った。昼食時にメスルームのテーブルマスターのセコンドオフィサー(2等航海士)から、夕食時に気持ちだけだがアップさんの送別会をしよう、、と話があった、送別会と言っても、船は航海中は当直が有り日曜もなにもない、午後の当直が終わりメスルーム食堂に行くと、テーブルにはビールが並べられていた。夕食のご馳走とは別に、刺身の盛り合わせ、乾き物の盛り合わせが、これは司厨長から特別に、ということだ、、テーブルは2等航海士、3等航海士、2等機関士、3等機関士、次席通信士、アップさん(私)の6人で賑やかなもんだ、航海士と機関士は東京商船大学(現海洋大学)と国立の広島商船高校、鳥羽商船高校出身、次席さんは国立電波高校専攻科出身でみんなエリートだ。セコンドオフィサーが、アップさんは卒業したら、うちの会社に入社するのかね! 内心は他の会社に就職したいんだが、嫌ですとも言えないし、はい、できれば採用して頂きたいです、、、当社には二人の先輩がいるんだが、サロン食堂のボーイさんが、キャプテンから皆で飲んでくれ、とのことです、とビール2本の差し入れを持ってきた、よし、俺も頑張って国家試験に合格して船に戻ってくるぞ、、、闘士が湧いてきたネ、、
固定リンク : トラックバック(0)
87おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

03967487

QRコード