[街中で見かけた話題、光景] 直江津港 LNGタンカー ZEKREET

2013-09-30

 

 

今月の6日に中部電力上越火力発電所に燃料の液化天然ガス(LNG)を積んだタンカー ONAIZA が入港して以来、約3週間ぶりにLNGタンカー ZEKREET (写真)が入港した。一昨年の10月に第一船が入港して以来、通算で第27船目となる。私の調べたところでは朝の7時に直江津沖に着くことになっている、専用桟橋に着桟するのは10時過ぎだろう、、今日は勤務は休み、慌てる事は無い、昼休みの時間帯は比較的いつものシャッターポイントのあたりを通る車は少ない、、南埠頭の前を通るとタグボート1隻の姿が無い、これは警戒船としてタンカーの近くに停泊しているわけだし、もう着桟しているな、海岸通りに出ると、いました、見慣れたファンネル(煙突)のタンカーが、モス型と呼ばれる球形のタンクを積んだLNGタンカーだ、この船は確か以前にも入港したと思うんだが、、最近では珍しく日本船籍の大手船会社が運行管理している船だ。乗組員の士官(航海士、機関士)は日本人の乗組員だろう、、、いつものシャッターポイントでパチリ、パチリ、よし、よし、うまくいったな! しかーしだ! 帰ろうと後ろを振り向くと、なんだー、勤務先のタクシーがお客さんを乗せて目の前に、今日は仕事中ではなく勤務が休みなんでどーってことは無いんだが、あいつは好きだなー! と思っているに違いない、、

 

ZEKREET

 

総トン数:     111,124 トン

重量トン数:     72,316 トン

積載量:      135,420 m3

長さX幅:     298m X 46m

喫水:         11,1 m

船籍:       日本

呼び出し符号:   JMUT

建造:       1998年 三井造船

 

今日は他に西埠頭に1万トン位の外航船と東埠頭に小型の内航タンカー、小型の外航貨物船が停泊していたが珍しくコンテナ船の姿は見えなかった。

 

 

固定リンク : トラックバック(0)
124おすすめ

[今日の話] 納涼会?、暑気払い?、送別会?

2013-09-29

晩年になり、ひょんな事から始めたタクシードライバー、どちらかと言うと夜の勤務が多い、夕方から出勤して夜中の3時4時5時に帰る、もちろん泊まり勤務もある、遅い時間は酔っ払い客がほとんど、自分に勤まるかな、まー半年か1年だろう、、、そう思い勤め始めると、これが以外に自分に合う、私にとってこの仕事の一番の魅力は色々な人との出会いであろう、僅かな時間であるが、お寺の住職さん、神社の宮司さん、学校の先生、大学の教授、弁護士、警察官、お医者さん、お爺ちゃん、お婆ちゃん、小さな子供、大会社の社長さん、スナックのママさん、国会議員さん、市長さん、著名人、お百姓さん、漁師さん、看護師さん、サラリーマン、観光客、、、など等、いろいろなお客さんをお供した。昨年からは昼間の勤務に変更して頂き、お客様は高齢者が多いが、やっぱり人生の大先輩だ、学ぶことも多い、私が郷土の名所史跡に興味を持ったのも、山登りに興味を持ったのも、きっかけはお供したお客さんの影響だ。そんな仕事であったが、このたび退職を決意した、別に首になった訳じゃないんだが残り少なくなった人生だ、まだまだやり残している事がある、悔いのない人生を送りたいね、、新米ドライバーとしての6年間は私の人生のなかでも実に充実した実りの多い6年間であったと思う、また運転に対する認識も変わったのも事実だ。

先日、先輩から、あんたの送別会~~、、との話があった、とんでもない、相手は30年、40年、50年近くも勤め上げた大先輩だ、たかが6年勤務の者の送別会なんてとんでもない、反対なら話が解るが、、それじゃちょっと遅くなった納涼会、暑気払いにしよう、、と言うことで先日、ちょっと遅くなった納涼会、暑気払いに行き、ちょっと時間を頂き退職の挨拶、お礼を述べさせていただくと、私にと花束まで用意してあった、万感胸に迫るものがあったが有難く頂戴してきた、我が家の食卓の上に飾られている。大切なお客様の命を預かる仕事だ、あと残された数日間だが無事に仕事を全うしたいもんだ、、、

固定リンク : トラックバック(0)
133おすすめ

[古い航海日誌 錦陽丸] 博多入港、沖待ち

2013-09-28

いつも航海中はエンジンの心地よい振動の中、目が覚めるんだが、ふと目が覚めると、しーんと静まり返っている、んッ、どうしたんだ! 我に返りベッドから下りてポールドを覗くと本船は港外にアンカー(錨)を下ろして停泊している、慌てて着替えて無線室に行くと通信長が書類の整理をしている、おー、次席君か、3日間ほど沖待ちだそうだ、、正直なところ何もやる事が無い、テレビを見たり、部屋で週刊誌を見たり、なにもやる事のないのも辛いもんだ。出港すれば免税のアルコール類が飲めるんだが、入港中に飲む酒類を買いに夕方、夕食を食べて上陸することにした。サンパン(沖に停泊中の各船を周り上陸者を乗せる通船)が本船に着いた、タラップを下りて揺れるサンパンに飛び乗る、既に他船を廻って来たんだろう、数人の人が乗船している、本船から一度、他船を回り30分ほどかかって通船乗り場に着いた。どこに行くあてもなく歩いて一軒の酒屋さんによりお気に入りのニッカウヰスキーG&G と缶ビールを数缶買い、さてと、何処に行くかな、最終の通船の時間までだいぶあるしな、、そーだ、九州最大の歓楽街、中州ってとこに行ってみるかネ、、タクシーをひろい中州へ、さすが九州最大の歓楽街と言われることはある、すごい数だ、あてもなく歩いていると変わった名前の看板が目に入った、 スナック 汽笛 と書いてある。名前につられてドアーを開けて入ってみた、ボックス席とカウンターに一人、ボックス席に誘われたが、いや、カウンターで良いよ、カウンターの端に掛けて荷物をカウンターの上に置くと、勝手に荷物を覗きこんで、 あら、ウイスキーとビールじゃない、うちは酒を売る店だから持ち込みはダメよ、、こっちも負けていない、なんだよ、持ち込みの方が安いと思って持って来たのにダメかい、冗談がきついわね! 今のようにカラオケなんてない、森 進一 の「港町ブルース」をリクエストしてしんみりと聞いているとママさんがカウンター超しに前に来て、森 進一が好きなんですか?  いや、森進一が好きなんじゃない、この曲が好きなんです、、店の名前の 汽笛 の由来を尋ねるとママさん、小さな港町の出身なんだそうだ、船の汽笛を聞くと田舎を思い出し、あの汽笛の音が好きだと言う、ねー、お客さんどんな人?どんな人って普通の人さね、なにかしら気が合いそうな気がして、もう少しお店に居たいんだが通船の時間が迫ってきた、これに乗り遅れると船に戻れないことになる、、、名残惜しいが又行く約束をして店を後にした、、、

固定リンク : トラックバック(0)
143おすすめ

[新米ドライバー] 大忙しのジャンボタクシー

2013-09-27

あまり言いたくはないんだが、最近はジャンボタクシーの需要がどんどん増えている、原因は明らかだ、ジャンボタクシーの良さが一般の人にも浸透してきているからだ。タクシー料金が高いだろうから一般的ではないと思われていたに違いない、しかし決して高くは無い、勿論このジャンボタクシーに一人や二人で乗るのなら高くつくがネ、、今は防犯の関係もあり中型タクシーも小型タクシーも最近は4人乗りだ、5人以上であればタクシーを2台使うよりジャンボタクシーの方が断然お得、定員は大人で9人乗り、子供ならもっと乗れる、荷物もたくさん積める、それに最近のジャンボタクシーは内装も良いし、乗り心地も最高だ、ただ運転手は車は大きいし、乗客も多いので気も遣うがね、、、

朝の7時に点呼を終えて出庫して、一回仕事をするとフロントから車庫に戻りジャンボタクシーに乗り換えるよう指示がきた、大手企業の社員さんを借り上げ社宅から7人勤務先までお供すると今度はある中学校へ、生徒さんを、ある会場までお供し、空車になると今度はある小学校の〇〇山登山のお供だ、途中までバスで来てその先は道路が狭くバスは行けないのでジャンボタクシーの出番だ。小学校の低学年となると可愛いもんだねー、走り始めると一人の男の子が、あー、運転手さんうちの爺ちゃんにそっくりだ! ときたネ、女の先生が申し訳なさそうに、 すいませんね、〇〇君、運転手さんに失礼でしょー、、 私もつい調子に乗って、君の爺ちゃん、ハンサムだろう? と尋ねると、ちがう、うちの爺ちゃんダサイよ! ときた、、、その内に唄を歌い始める、そして高度が上がり窓から下の景色が綺麗に見え始めると、おー、すげー、 ヤッ 、、! まー賑やかだが可愛いもんですね、こっちは道路は狭いは、カーブは多いは、急な登り坂、この子たちは将来の日本を背負ってたつ若者だ、もしもの事があってはいけない、性根を入れてハンドルを握った。子供たちを下ろして車庫に向かっていると、ある大手企業に行けと言う、ビジネスマン5人をお供して駅まで、料金を告げると、おー、安いねー! 昼食を食べて又登山の小学生を迎えに行ったり、中学生を迎えに行ったりで車庫に戻ったのは4時過ぎだ、今日は一日ジャンボタクシー、全走行距離164キロ、その割に売り上げが少ないねー、、、

固定リンク : トラックバック(0)
118おすすめ

[第2の人生] 補講に訓練、忙しい毎日

2013-09-26

毎日学校の授業が始まる前、毎日8時から1時間は通信術の補講訓練がある、モールス符号の受信の訓練だ、反射式の受信訓練、モールス符号を覚えるのではなく、ト、ツー (・-)ときたら手がAと動くように訓練する、テープから ト、ツー、 とくると先輩が エー と言う、それで受信用紙にAと書く、欧文から始めるんだが、こりゃー時間がかかります、授業でも通信術の時間があるが、毎日、朝と放課後、通信術の補講があるわけ、、初めのころは、夜中に寝てても ト、ツー、 ト、ツー、、、、と夢を見る。

それが終わると今度は校舎の屋上に行き、整列、 休め、 キョ―ツケー、 敬礼、 などの練習が始まる、こらー!そんな、へなへなした態度で船乗りが務まるか―! えらそうに先輩達の罵声が飛ぶ、くそー、いまに見てろ! いつも下宿に帰ると暗くなっている、同じ下宿の仲間は既に夕食は終わっている、それでも下宿の小母さんは私一人の為に冷めた味噌汁などを温めてくれる、、お風呂も初めは大家さんの風呂に入れ、と言うことでお言葉にあまえて入っていたが、同じ年頃の女性が二人いる、どうも気を遣ってゆっくり風呂に浸かっておれない、他の二人の下宿人にも話すと、いやー、同感です、銭との方が良いです、〇〇さん、大家さんに話してください、、、と言うことで私が嫌な役を引き受けて小母さんに話してその後は近くの銭とに行くようになったが、時間を気にしないで良いし、いくらお湯を使っても関係ないし、いやー、じょんのび、じょんのび、、、、

固定リンク : トラックバック(0)
120おすすめ

[新米ドライバー] いやー、大失敗

2013-09-24

秋の交通安全週間が始まり朝の通学時間帯、あちこちの交差点に警察官、交通指導員が立っている、そんな中、京都でまたしても若者が運転する車が猛スピードで小学生の登校の列に突っ込むと言う痛ましい事故が起きた。朝の点呼時に運行管理者から注意を喚起する話が、、、緊張感を持ってハンドルを握らないとな、、、しかーしだ! 先日の病院での検査の結果が思わしくなく、少しんでいる、こんな時こそ気をつけて運転をしないといけない、自分に言い聞かせて車庫を出た。仕事も終わりに近づいた頃、あるパチンコ店に配車になった、入り口に着けると80歳くらいのお婆ちゃんが乗車された、 ○○町2丁目、〇〇〇の四軒先です、、近い距離なんだが、ついうっかりと、気が付くと本来は交差点で右折しないといけないんだが真っ直ぐに来てしまった、あッ、お客さん〇〇町でしたよね! はー、私また運転手さん、何処へ行きなんだやーと思ってたんだけど、すみません、〇〇町と勘違いして、直にUターンしますから、、お客さん、言ってくだされば良いのに、、メーターを切ってモニターの♯を押して(配車になると困るしネ、、)お客さんの家に向かった、料金を告げると、お釣りは良いですから、、いえ、ご迷惑をかけちゃったのに、、、いつもの倍も乗せてもらったから良いですよ、、と、いやみとも取れる話の解るお婆ちゃん、、いつもこんなお客さんばかりだと良いんだがね!

固定リンク : トラックバック(0)
104おすすめ

[今日の話] 彼岸のお中日

2013-09-23

今日は秋分の日、お彼岸の中日だ、ここのところ秋らしい晴天が続いている、昔から 暑さ寒さも彼岸まで と言う言葉があるが日中は30度をきって少しは過ごしやすくなってきたネ、、、日の出が遅くなり昼間が短くなり秋の深まりを感じるこの頃だが、妻がおはぎを作ってくれたので3個ほど食べたが、子供のころ母が、大きな ぼた餅 を作ってくれたのを思い出した。最近になるまで おはぎ と言うのは ぼた餅 を上品に言い表したものだと思っていたんだが、これは違ったねー、、、 (汗) 

春分の日と秋分の日を中心とした前3日間と後ろ3日間を含めて7日間を彼岸と言い、ご先祖様を供養する期間にあたります。このお彼岸に付き物なのが邪気を払うと言われる小豆を使った おはぎ もしくは ぼたもち。萩の花や萩餅、牡丹餅などとも呼ばれるようである。基本的にはどちらも同じものですが由来には諸説あります。小豆の粒が萩の花の咲き乱れる様に似てるから おはぎ、また牡丹の花に見立てて ぼた餅 と言う説に、春は ぼた餅、秋は おはぎ と季節で呼び分けをするとも言われます。うるち米を主にしたものと、もち米を主にしたもので呼び分けたり、米粒を残すか半分つぶすかで変わることもあるようです。又 こしあんにするか、つぶあんにするか、あんで包むか、きなこをまぶすか、その形と大きさで呼び分けるとも、、、。

 

固定リンク : トラックバック(0)
104おすすめ

[今日の話] 不用品の整理、廃棄

2013-09-22

日曜日に休む事は滅多にないことだが、今日、明日と久しぶりに仕事が休み、長いこと人生をやっていると、色々な物がたまってくる、お金が貯まるんなら一向に構わないんだが、勿体ないから、そのうちに使うことがあるだろう、無駄な物、不必要な物がどんどん貯まって行く、以前から不用品の整理をしようと考えていたんだが思い切って二人で始めた。妻は台所用品から、私はアルバムの整理から始めた。小学校に入学する時から現在までずっととってあったものだから、おびただしい数の写真だ、アルバムの入っている戸棚を開けた時に気が向くと、それこそ数年に一度だが、古いアルバムを開いてニヤッとする程度、この先他人に見せる事もないし、家族に見せる事もないし、、アルバムにきれいにコーナーを使って貼ってある写真を取り外して、ちょっと心に引っ掛かるものを感じたが思い切ってアルバムは燃えないゴミに、写真は燃えるゴミに分けて、、、、今日は6冊のアルバムを整理したが未だ10冊以上のアルバムが残っているが又明日だ、、必要と思われる写真はパソコンに取り込み大部分は整理する予定だ。

台所では使っていないポット、ジューサーミキサーなど等、勿体ないが処分することにした。ついでに本棚の本も整理しようと思い、捨てるのもしのびない気がして40冊ほど古本を買い取る本屋に持って行った。10分ほどすると店員さんに呼ばれて、カウンターに行くと、7~8冊の本と残りの本に分けられていた、こちらの本は古いのでお金になりませんので持ち帰りますか? との事、内心、よく言うよ、何をもって古いと判断するんだい、、、2か月前に買った山の本もあるんだ、買い取り代金は7~8冊分で¥450円也、残りの30冊くらいはタダ、、、ほとんどの雑誌は一度読んだだけ、いい加減なもんだね、、こんなんなら捨てた方が良かったかな!とも思ったが相手も商売だ、まーいいか!

固定リンク : トラックバック(0)
119おすすめ

[今日の話] 訪問有難うございます、私とブログ

2013-09-21

平成19年7月14日、ちょうど中越地震の2日前だ、初めてブログと言うものを始めた日だ、アメリカのあるIT企業の会員になり毎月コンテンツ使用料を払い込んでいたが、勿体ないねー、たくさんあるコンテンツの中からブログを選んでブログと言うものを始めたわけだ。初めのころは面白半分で書いていたが、その内にコメントが入って来た、面白いもんだなや

そして2か月前の7月でブログを書き始めて7年目に入った事になる。今思うと、よーく書いたなー、そんなに何を書くことがあったんだろう、、!  そしてつい先日150万アクセスを突破した、何処のどなた様が訪問してくださっているのか解らないが本当に有難い事だ、これ、だーれも見て下さらなかったら間違いなく書き続けてはいない、ここまで書き続けて来れたのはつまらないブログを訪問してくださる方がいらっしゃる事にほかならない。書くにあたっては自分なりに十分注意して書いているつもりだが、なるべく解りやすく(もっとも難しい事は書きようにも私の頭では無理だが)書くようにしている、そして怠けないでなるべく書き綴るようにしている、、最近はアクセス数が増えてきたせいか、コメントに明らかに自分のサイトに勧誘するための特に海外からの広告目的のコメントが多数入り苦慮している関係で少しの間コメント欄を閉じて様子を見ようと思っている。

 

固定リンク : トラックバック(0)
139おすすめ

[古い航海日誌 錦陽丸] 宇野出港、博多行き

2013-09-20

岸壁に同じ会社の船が2はい、並んで着岸している珍しい光景、瑞陽丸での最後の朝食を食べてキャプテンを初め乗組員に挨拶してタラップを降りて1航海お世話になった瑞陽丸を後にして隣に停泊中の錦陽丸に乗船した。乗組員は皆初めての人ばかり、本船は積み荷の材木の半分を宇野で下ろして残りは博多港での2港揚げ、瑞陽丸より1年早く就航した船で大きさもほとんど変わらない、総トン数 9,627トンの貨物船だ、荷役も終わりデッキではハッチ(船倉の蓋)を閉めたり出港の準備で忙しそうだ。通信長の部屋に挨拶に行くと、おー、君か、短い間だが頼むぞ、無線室に行きお茶タイムだ、当社には先輩が何人もいるので何かとやり易い昼食を食べて博多に向け出港した。大型船、小型船、内航のフェリーなどが行き交う、大小たくさんの島が見えなんとも絵になる光景だ、午後のワッチ(当直)が終わり夕食後、デッキに出てぼんやりと通り過ぎる景色を眺めていると冬の夕暮れは早い、島々には電気が灯りあちこちの灯台が光を放っている、、飽きない光景だ、夜の8時から当直に入り夜中の12時に当直が終わり入浴後、本来ならばビールをグイッとなるんだが乗船したばかりでビールもないし、入浴後おとなしく寝ることにした、あさ目が覚めれば関門海峡を通過して玄界灘に出ているだろう、、

固定リンク : トラックバック(0)
150おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] 秋を感じる今日この頃

2013-09-18

連休最後の日に日本列島を縦断した台風18号、各地に被害をもたらした、市内でも保倉川、戸野目川、などの一部で避難勧告が出たり、矢代川が一部で決壊し避難指示が出たりで慌ただしい一日だったが、台風一過の昨日からはスッキリ晴れ上がった秋空だ、天気予報を見ても、ここしばらくは晴れマーク、気温も30度を下回り25度~27度くらい、しかし今朝は肌寒い感じだった、夏の間は靄がかかったような感じでなかなか綺麗な妙高連山の姿を見る事が出来なかったんだが、ここにきて朝などは綺麗な妙高連山を眺めることが出来る。仕事でお年寄りをお供するとよく、今年の夏はあっつかったねや(暑かったですね)、こんな年も珍しいね! と言う言葉をよく聞くが私は決してそうは思わない。昨年の夏に比べると随分と過ごし易かった、夜など寝苦しくて寝れなかった、と言う日はほとんど無かったように思う。昨年は寝苦しい夜はしょっちゅうあった、ちょうど1年前の9月17日に鉾ヶ岳に登ったんだが、ご当地は38度を超す気温であった、もう1か月もすれば今度は、さーぶくなったねや(寒くなりましたね)と言う言葉を聞くころだ、仕事で郊外を走っていたらススキが咲いていた(写真)、、毎朝、今日は白のYシャツ、半袖にしようか、長袖にしようか悩むんだが暦の上では秋だもんなー、早いですねー!

固定リンク : トラックバック(0)
141おすすめ

[第2の人生] 退職、学生生活始まる

2013-09-17

4年間勤めた会社を退職することになった、僅かだが退職金も頂いた、やっぱり大きい会社は良いねー、会社の同じ課の外注のFさんが以前に、私が通学する学校の近くに下宿していたことがある、と言うことでその下宿に電話をしてくれて、その下宿にお世話になる事になった。下宿は小母さんと子供が男一人、女2人の4人家族、旦那さんは数年前に病死されたとの事、下宿の建物のすぐ隣に住んでおられる。いったん帰省して入学式の2日前に上京し下宿に入る。夜の食事の時に他の下宿人を紹介された、なんと同じ学校のしかも同じ専攻の鹿児島出身と言うT君、おとなし、居るのかいないのか解らないような男、内心、こんな男とは気が合わないな俺は! やっぱり2か月後くらいで退学していなくなった、他は富山市からの同じ高校で神田の同じ学校へ入学したK君、F君、下宿の近くの学校に入学した久留米市出身のK君、愛知県出身のK君、みんな気の良さそうな男だ、、、

 

入学式が終わり翌日からオリエンテーションが始まった。我が専攻は制服制帽だ、先輩の顔を見ると皆、人相の悪い怖そうな顔をしているのばかり、俺も他人の事は言えないけどさ、、授業のカリキュラムも毎日、朝から夕方までびっしりと詰まっている、内心予想外だ、もっと休みが有ったり比較的ゆっくりした学生生活を送れると思ったがとんでもないよーだな、、しかも休みの時は色々と訓練があるようだ、、、 えらい学校に来てしまったなー!楽しみは下宿に帰って夕食を食べる事と仲間と喋る事だ、神田の学校に通う二人と私は朝と夕の食事つき、他の二人は外食だ、後で一杯やりますか、! と誘うと、いや、○○さん、僕たちは未だ未成年ですから、 ときたネ、、真面目だなやー、と思ったが本来はそれが当り前なんだね、、、

固定リンク : トラックバック(0)
137おすすめ

[新米ドライバー] 大荒れの仕事

2013-09-16

朝の5時過ぎより雨がパラパラと降り始めた、6時過ぎに家を出る時は小雨程度だが出勤して準備をしていると段々と雨足が強くなってきた。そして出庫する頃には風も出てきて雨風だ、今日は連休の最終日で暇だろう、久し振りにラジオでも聞いてゆっくりさせてもらうわ、、雨風で傘もさせないしドアーサービスも大変だ、、、8時過ぎに北陸本線のあるローカル駅に配車になった、駅まで30分近くかかる、まさかその駅からすぐ近くまでじゃあるめーなー! 駅の近くまで行くと向こうから風で傘もまともにさせない状態で一人の男がこちらに歩いてきて手を上げている、この男か? 名前を聞くと間違いない、運転手さん、○○○市まで急いで頼みます、9時までどうしても行かないといけない、高速でも良いから、と言う、お客さん、高速は速度制限になっていると思いますし遠回りになります、下道の方が良いと思います、海岸線の道は風が強くて時々ハンドルを取られる、足をふんばり気合を入れてハンドルを握る、雨で視界も悪い、、運がよく信号機はほとんど青信号ですいすいと順調に飛ばし9時7分前に着いた、やれやれ!

雨、風で電車が遅れたり運転見合わせで特急電車は駅に止まったまま、駅の正面から長岡駅、越後湯沢駅、長野駅など長距離のお客がどんどん乗車する、長岡のタクシーがどんどんと駅に到着する、良い仕事してるなー、、、でも俺はこんな荒れた天気の日の長距離はいいわ、、たのむ、長距離のお客は乗るなや! 夕方になると河川の近くの町内に避難勧告も出た、矢代川が決壊して付近の住民に避難指示も出た、雨、風もだいぶ弱くなってきたようだが、大荒れの一日の仕事が無事に終わった、、。

固定リンク : トラックバック(0)
132おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 落ち葉しぐれ ♪ 三浦洸一

2013-09-15

           落ち葉しぐれ

 

作詞: 吉川静夫
作曲: 吉田 正
唄 : 三浦洸一

 

1)旅の落葉が しぐれに濡れて
  流れはてない ギターひき
  のぞみも夢も はかなく消えて
  唄も涙の 渡り鳥

2)酒にやつれて 未練にやせて
  男流れの ギターひき
  あの日も君も 帰らぬものを
  呼ぶな他国の 夜の風

3)暗い裏街 酒場の隅が
  せめてねぐらの ギターひき
  灯かげも淋し 蛍光灯の
  影にしみじみ ひとり泣く

 

三浦洸一(本名、桑田利康)、昭和3年1月1日神奈川県三浦市出身の85歳、東洋音楽学校(現、東京音楽大学)声楽科卒、昭和28年「落ち葉しぐれ」が大ヒットし、一躍注目を集めた。「踊り子」「異国の丘」「東京の人」「弁天小僧」などがヒットした。

子供の頃のNHKのど自慢、でよく歌われ、大人がよく口ずさんでいたのを思い出す、、、
 

固定リンク : トラックバック(0)
149おすすめ

[新米ドライバー] 馬~鹿ついてた一日

2013-09-14

今日は3連休の初日で上り、下りの特急は満員で駅に入ってくる、みんな何処かに遊びに行くんだろうかネ、こちらは3日間とも仕事だぜ、、下りの一番の特急が入って来た、何人かがタクシーに乗車、私の順番が来て駅の正面に出たが私の前でお客さんは終わり、ついてねー!ラジオを聞いてぼけーっとしていると後部座席の窓をコンコンと叩く音、はッとして外を見ると70歳くらいの旅行カバンを引いた女性、ドアーを開けて、はいどうぞ!行き先を聞くと総合病院だ、今日は土曜日で確か病院は休みだし、カバンを持っている事は地元の人ではなさそうだし、医者だろうか?、それにしてはちょっと歳を取りすぎているがネ、、それとも入院中の身内の者が危篤状態とか、、、、??こういう時はあまり喋らないで黙っているか、走り始めて暫くするとお客さんの方から、弟が入院中なんだが昨夜、病院の看護師さんからの電話で容体が良くないので直に来るように、、との事らしい、東京から一番の電車に乗り到着されたようだ。東京の品川駅の近くにお住まいと言うことで、私も昔、近くに住んでいた旨を話し、泉岳寺、魚籃坂、伊皿子、高輪ホテル、などの地名を話すとその近くによくいくとの事で、すっかり話が弾んじゃったね、30歳までこちらで過ごされたがその後、東京に出て生活されているようだ。30歳まで○○に勤めていました、との事、そーですか、仕事でよくそちらの会社の社長さんのお宅に行きますよ、、、私は○○高校に行き、、、、、、、いやー、お客さん、私も偶然その高校の定時制に1年間通いました、、○○先生が担任でした、と話すと、私も○○先生に習いました、国語の先生も同じ先生だったようだ、すっかり話が弾んで、あっという間に病院へ着いた、料金を告げると、千円札を数枚だされて、運転手さん、おつりは良いですから、、お釣りと言っても千円近くのお釣りだ、やっぱり都会の人は気前が良いね、!降りてドアーを開けて、丁重にお礼を言って、お客さん、つい余計なお喋りをしてしまい申し訳ございません、いえ、私も憂鬱だったんですが、すっかり話が弾んで弟が危篤だってことを忘れていました、との事。

不思議なことに今日はそれ以後、昼まで乗車されるお客さんが、運転手さん、お釣りはいいよ! 少しだけどコーヒーでも飲んで、、、、など等、雑収入が多い事、、、今日はついてたねー!

固定リンク : トラックバック(0)
127おすすめ

[仲良し、ちびっ子二人] リクのひとり言

2013-09-12

 

昔はよくブログにも登場したんだが、、

 

最近はすっかり、のあちゃん、まなちゃん、の二人に

お株を取られちゃってさー、、

寂しくなった ワン、  リク ♂ 5歳です、、

 

 

のあちゃん、まなちゃん、が小さい頃は、僕が子守をしてやったんだ、、

寝ている時は、僕が見張りをして(写真)、起きて泣くと、ママちゃんに

教えてやるんだ、、

 

そんな恩も知らずに、一人で大きくなったつもりでいる、お二人さん、、、

 

 

寒い時は良いけどよー、

暑い時は、やってられねーよなー、

 

僕も眠くなってくるんだ ワン !

固定リンク : トラックバック(0)
177おすすめ

[古い航海日誌 瑞陽丸 ] 宇野港入港、錦陽丸転船

2013-09-11

1か月以上も日本を離れたのは初めて、学生の頃、実習で乗船したのはマレーシアで20数日間、前夜は興奮してなかなか寝付けなかった。紀伊水道を通り大阪湾に入ると大小たくさんの船が行きかう、大阪港、神戸港の沖には沢山の船が停泊している、デッキに出ると風は肌寒いが瀬戸内海の島々、陸の景色を眺めていると飽きないネ、、、勿論今のような本四連絡橋なんて無い、昼過ぎに本船は宇野港の材木岸壁に着岸した、本船の前に転船で乗船する北米航路、総トン数9,627トンの錦陽丸が着岸している、同じファンネルマーク(写真)の船が2はい、並んで着岸している滅多に見れない光景だ、。さっそく税関、検疫、代理店などが乗船して入港手続きが始まり税関による乗組員の携帯品の通関手続き、サンキストオレンジなどの植物検査など、てんてこ舞いの忙しさだね、私も外地で買った酒、キスチョコ、サンキストオレンジなど通関しスタンプを押してもらった。交代の次席さんと引き継ぎを行い、サンキストオレンジを田舎に送るべく担いで駅まで送りに行ってきた、こんな美味しいオレンジ、田舎では食べたことが無いだろう、、、

錦陽丸へは明日乗船しようと思うが夕食後、隣に停泊中の錦陽丸に挨拶に行ったが通信長は家に帰っていて不在、夜遅く船に戻られるとの事だ、夜、交代の次席さんと通信長と三人で通信長の部屋で一杯会となった、そして瑞陽丸での最後の夜は更けていった、、、

 

固定リンク : トラックバック(0)
149おすすめ

[今日の話] 憂鬱な一日

2013-09-10

先週、行きつけの医院で検査の結果の異状を告げられ紹介状を持って総合病院へ、元来、元気印のhamさん、病院なんて見舞いに行った程度で診察なんて初めてだ、そー言えば若い頃(船員時代)酒を飲みすぎて健康診断で引っかかり、急性肝炎、黄疸、とやらで東京の船員保険病院に検査も含めて2週間ほど入院したことを思いだしたが、それ以来だネ、、先生に診察して頂き1週間後に検査すると言うことで今日また病院へ行ってきた。朝から憂鬱だが、今日はMRIでの検査、造影剤を注射して又検査、検査は30分くらいで終わったが来週又検査の結果を聞きに又病院へ行かないといけない、その結果により今度は入院して更に検査となる模様だが、結果によっては勿論入院だ、何とか今日の検査で終わりにしてもらいたいね、、、体力、気力だけは同年配の人には負けないつもりだったが、まさか体内に異常とは考えてもみなかったが、、

 

固定リンク : トラックバック(0)
133おすすめ

[第2の人生] 寮の送別会

2013-09-09

四年前の春3月、田んぼには未だ雪が残る田舎を離れ同じ会社に就職する仲間2人と夜行の汽車に乗り翌朝、東京の上野駅に着いた。大手機械メーカーに就職し都会での生活が始まった。鶴見区にある会社の寮は木造2階建ての恐ろしく古い建物だ、冬などたまに雪が降ると窓の隙間から雪が吹きこみ、寝ている布団の上に雪があったことも何度か経験した。ここから鶴見線の国道駅まで歩き、終点の海芝浦まであずき色の古い電車で4年間通勤し、退社後は同じ鶴見線の鶴見小野駅前の工業高校の定時制課程に4年間かよい無事卒業した。趣味のアマチュア無線、そして会社の前の京浜運河を通る外国航路の大型船、よし、外国航路の通信士になろう! と決心して進学を決め第二希望の学校には合格することが出来た、が第一希望の学校の入学試験は3月だ、その前に合格校の入学金などの入学手続きをしなければならない、第一希望は私にはちょっと難しい状況だし、とりあえず入学手続きを完了した、途端に受験勉強の意欲が薄らいだ、、、もうここにしよう、、! と言うことで受験も止ーめた。

初任給は7千円ちょっと、その中から定時制高校の月謝を払い、趣味のアマチュア無線を始め、休みの野球の練習の無い時は映画を見に行ったり、クラシックギターを始めたり、旅行に行ったり、青春まっただ中、仲間もたくさんでき楽しい日々だったが退職も決まったある日、寮長の小父さんが、おい○○君、仲間で君の送別会をやろうと言う事になったんだが日にちを開けておいてくれ、、と言うことで送別会をやってくれた(写真)、みんなどうしているだろうか、鶴見工場は閉鎖になったので他の工場に転勤になったろうが、高校の仲間、会社の仲間、一度会ってみたいもんだねー、、、

固定リンク : トラックバック(0)
153おすすめ

[今日の話] 2020年オリンピック、東京開催きまる

2013-09-08

昭和39年(1964)10月10日、晴天の東京国立競技場において、アジアでは初めての開催となる第18回オリンピックの開会式が行われた。私は横浜の鶴見区にある当時働いていた会社の寮で開会式の模様を他の寮生と共にテレビに釘づけで見ていたのを思いだした。第2次世界大戦で敗北し見事に復興を成し遂げた日本が再び国際社会の中心的な役割に復帰する足がかりとなる大会になった。防衛大学の学生が持つ各国の国名を記したプラカードを先頭にオリンピック発祥の地、ギリシャを先頭に各国の役員、選手団が行進する、そしてメインスタンドの貴賓席にご臨席の昭和天皇に敬礼をして整然と行進する様は見ていて実に気持ちが良く感激をしたのを今でもはっきりと覚えている。あれからもう49年になるのかね、、歳を取るわけだわな、、、

 

今日も仕事、朝起きてテレビを付けると、 東京、イスタンブール、2020年オリンピック開催地、間もなく決定です、、、、えッ、私は内心、個人的にはトルコのイスタンブールが開催地になると予想していた、スペイン、日本も二回目の名乗りだ、次回は南米のリオデジャネイロ、、IOCのロゲ会長が封筒から取り出した開催地を記載した紙、、、TOKYO と書いてあるのが見えたし、はっきり一言、とーきょー! やったー、、 

 

前回は東京オリンピックの開催を契機に競技施設や日本国内の交通網の整備に多額の建設費が投入された、又競技やこれらの施設を見る為の旅行需要が喚起され、カラー放送を見るためのカラ―テレビ購入など、色々な面で消費も増えたため、日本経済に「オリンピック景気」といわれる好景気をもたらした。東京(首都圏)から名古屋(中京圏)を経由して大阪(京阪神)に至る三大都市圏を結ぶ東海道新幹線も開会式9日前の10月1日に開業した。 本日の東京開催地決定により僅かながら景気回復に動き始めた経済がさらに確実なものになる事は確実だろう、、、よほどのアクシデントが無い限り、一生に冬のオリンピックが2回、夏のオリンピックが2回、日本での開催を見ることが出来そうだ、有難いねー!

 

 

固定リンク : トラックバック(0)
132おすすめ

[新米ドライバー] 可愛そうな高齢者

2013-09-07

この仕事をやっていると色々なお客さんをお供するが、昼間は半分以上は高齢者ではないだろうか。地方は車社会、車が無ければ動きが取れない、一家に2~3台は普通だ、4~50年前の自転車が今は車に変わっている、当然のことだが高齢になれば車の運転は無理だ、タクシーを利用する事になる、この仕事にとっては大変有難い事だ、夕方になり郊外の一軒に配車になった、80歳代と思われるお爺ちゃんが紙袋を持って玄関の鍵をかけて出てこられた、んッ、留守なんだろうか、、行き先はある老人施設だ、暫くするとしみじみと話し始められた、とうとう老人ホームにえらんちゃったわね(入れられちゃいました)、情けねーねー(情けないですね)、奥様が無くなられて一人で生活していたが子供さんがお年寄りの一人暮らしが心配だから施設に入れと勧められたようだ、さーんざ苦労して働いて子供を育てて、子供がでっかくなったら(大きくなったら)今度は親が一人にさせられて、、、、、しんみりと話されたが、こちらもどのように話したらいいのか言葉が無い、この仕事(タクシードライバー)をやっているとこのような話はいくらでもある、ほとんどお婆ちゃんの一人暮らしだね、、敗戦国の日本が今や経済大国、このような日本を造り上げたのが今の高齢者だ、大変な時期を経験し、苦労をされて今の日本がある。高齢者が安心して生きがいを持って生きられる社会を造らないといけないと思うが、、、

固定リンク : トラックバック(0)
151おすすめ

[街中で見かけた話題、光景] 今日の直江津港 LNGタンカー ONAIZA

2013-09-06

 

    

 

先月の13日以来、約3週間ぶりに、一昨年10月の第1船いらい第26船目となるLNGタンカー ONAIZA が中部電力上越火力発電所の専用桟橋に入港した。本日入る事はちゃーんと解っていたんだが、昨日hamさんが調べた限りでは既に日本海を航行していた、多分、夜中には直江津沖についているな、、朝8時前、仕事でスタッフをジャンボタクシーでお供して南埠頭の前を頭を通ると既に4隻のタグボートとパイロットボートの姿が無い、、今日は早いねーもう着桟するのかね、海岸通りに出ると既に着桟している、今回もメンブレン型と呼ばれる船体がタンクになっている船だ、ファンネル(煙突)、船体、とも馴染みのタンカーだが、中近東のカタールからガスを積んできたんだろう、今回のはちょっと大きいようだ。仕事が終わったらまた写真でも撮りに来ますかネ、、、

10時過ぎ、ジャンボタクシーで駅より乗組員を船までお供する仕事がまわってきた、ついてるねー! 駅から乗車の乗組員は欧州系と東南アジア系、乗組員の士官はヨーロッパのどこかの国、部員の乗組員は多分フイリッピンであろう、ヨーロッパでもアラブ系のような気もするが、、下手な英語で聞いてみるとアルジェリアとの事、なーるほどね、俺の目もまんざらじゃーねーなー、、空車になり、いつものシャッターポイントで、と思ったが運悪くちょーど当社の中型のタクシーがこっちに向かって来る、こんなところで写真を撮っているのを見られたら、おまん(貴方)、こんなとこで(ところで)何やってんだね、、となる、ついてねー!仕事が終わってから又写真を撮りに来るかネ、 しかーしだ! 午後3時過ぎ、今度は交代下船する乗組員をジャンボタクシーで迎えに行く仕事がきた、、ついてるねー! 今度は少し早めに車庫を出て、シャッターポイントで、慎重にあたりを見渡すが害になる当社のタクシーの姿が見えない、今の内だ、パチリ! (写真) 仕事中に写真撮影、成功です、、、

 

 

ONAIZA

 

総トン数 :   136,980 GT

重量トン数:   121,939 DW

長さX幅 :   315m X 50m

船籍 :     Marshall Is

建造 :     2009年 韓国 大宇造船

 

多分21万キロくらいのLNGを積んできたんではないだろうか、、今日は他に定期コンテナ船が1ぱい、小型の内航船が1隻、小型の内航タンカーが1ぱい入港していた。

 

 

固定リンク : トラックバック(0)
152おすすめ

[古い航海日誌 瑞陽丸 ] 懐かしい日本の島影

2013-09-04

アメリカのワシントン州のタコマを出港以来2週間、青空はほとんど見ていない、日本近海に来て初めて見る青空、右舷前方を見ると日本の島影が見えてきた。連日の時化でうんざりしたが日本の島影を見ると元気が出てきたね、、段々と島影がはっきりとしてきた、房総半島の野島崎灯台だ、ここからコースを変えて紀伊半島沖に向かう、伊豆諸島の島々が見えている、右舷に美しい富士山が見える(写真)、やっぱり日本一の山は素晴らしいネ、、、昼食を食べて通信長と当直を交代しワッチをしていると、昼食の終わった通信長が無線室に来た、次席さん、キャプテンが本社に電話して聞いた結果だが、、、宇野で錦陽丸に転船なんだが話はこうだ、、、、錦陽丸の次席さん、事情があり急に下船願いが出て宇野で下船したとの事、交代を予定している次席通信士も事情があり直に乗船不可能で、錦陽丸は宇野と博多港の2港揚げで博多を出港するまでには乗船が可能と言う、と言うことは私は宇野から博多までの内航だけ乗船でその後はどうなるんですかね? 今の予定では博多で下船し翌日、山口県の下松で油送船 ”剛邦丸”に転船の予定だそうだ、、との事、俺は便利屋のようなもんだな、剛邦丸(28,294G/T)は就航当時はスーパータンカーと呼ばれた船だったが今は国内航路に就航している、と言うことはいつでも転船できる状態なので又転船だな、、、会社は一日も早く乗船経歴を付けて海技試験を受験させるつもりだな、、? まー使われている身だ、文句は言えねー!

固定リンク : トラックバック(0)
187おすすめ

[今日の話] ついに完成! 「上越地方の名所史跡と偉人」

2013-09-03

ブログと言うものを初めて約1年後の 平成20年6月26日(2008年)、カテゴリーで「我が故郷」という項目を増やした。理由はブログを書くネタが無くなった訳ではないんだ、仕事で(新米タクシードライバー)お客さんを何度か上杉謙信公の居城の春日山、謙信公が幼年期を過ごした林泉寺、浄土真宗の開祖、親鸞聖人上陸の地、などへお供したことがある。ほー、我が故郷には由緒ある名所史跡があるんだなー、、運転手さん、上越の夜桜は有名のようだが、他に名所はなんですか?と聞かれることがある、極簡単なことは解るが、しかし、これじゃ地元の住民として、ましてやタクシードライバーとしてまずいわなー! しょーしいなー(はずかしいなー) 

時間のある時に市内の名所・史跡を回り始め色々と調べてブログにアップした、調べ始めると歴史と言うものは奥が深く、次々と疑問やらが浮かんでくるが、俺は考古学者じゃないんだ、難しい事は解らなくてもいい、浅く広くだな、、、調べ始めると近隣には沢山の名所史跡がある事がわかった、休みの時、時間のある時にカメラを持って出かけた。社内の観光案内資格の試験を受け有資格者になった、当然、観光案内の仕事があると仕事がまわってくる、、ちょうどNHKの大河ドラマでご当地の上杉家を題材にした「天地人」が放送された、上越市が行った 上越市「謙信・兼続」 検定の初級の 愛の級を受験し合格した、ついでに新潟市でも 「愛・天地人検定」 と言うのがありこれも受験し合格した。同年の秋に初級合格者を対象にした上級の「義の級」を受験したが僅かの点数が足らずに不合格、くそー! 翌年の試験、何がなんでも合格しないと納得がいかない、夕方からの勤務の時は1~2時間くらい早めに会社に行き食堂で本を読む、、、そして2回目で見事に合格した。

 

 

3年ほど前より、折角あちこち回って調べたんだ、自分なりに一冊に纏めてみようか、、と言う気になった、しかし、この時は自分なりに思っているだけでどうにでもなる、、社内の親しい数人に話した、ブログにも書いたことがある、これは決して私がおしゃべりなんかじゃないんだ、第三者に公表することにより、言ったこと、書いたことに責任を持たなければいけない、挫折しない為の私の方法だ、だいぶ遅れたが今年に入り、もうこれ以上、あと送りは駄目だ、、資料の整理、纏めにかかり、そして2~3か月前から印刷に取り掛った、これが結構大変だ、毎日数ページずつ印刷し、インクは結構使ったね、、それでも初めがあれば終わりがある、何とか印刷は終了したが、今度は160ページ近くある印刷物を一冊ごとにページを揃える作業だ、これも毎日コツコツだね、そしてページ揃えの作業も終わった、しかしこれを綴じるのが問題だ、ホッチキスで綴じる厚さではない、、、??        お手あげだな、、 しかーしだ! 願ってもない助っ人が現れた、同じ社内で以前に夜の仕事の時に運転代行で一緒に組んだ先輩が以前、印刷業を営んでいたと言う話を思い出した、相談してみると、良いですよ、電源を切っちゃったので(3相200V)印刷、裁断はできないが綴じるのは単相(100V)なので、お易いご用です、やってあげますよ! との事、ありがとうございます、お願いします! と言うことで一件落着、さすがだ、綺麗に揃えて綴じていただいた、今度は毎日、本の背の部分に青い紙を貼る作業、そして本日すべて終了した(写真)。  自分で言うのもなんですが、どう見ても素人の仕事には見えない出来栄えですでね、、、決断してから4年がかり、約200箇所ほど訪れ160箇所の名所史跡、偉人を掲載した。

もしご当地に興味のある方がいらしたならば、部数にほんの僅かの余裕がありますので、差し支えが無ければメールで(コメント欄に書かないで下さい)送付先をお知らせ頂ければメール便ででもお送りさせていただきます(勿論無料)、、無くなった時は悪しからずご了承くださいませ。

固定リンク : トラックバック(0)
145おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 夢追い酒 ♪ 渥美二郎

2013-09-02

昭和53年(1978)2月にシングルで発売された 渥美二郎 の  夢追い酒 発売当時は鳴かず飛ばずの曲であったが渥美二郎の全国区を回っての地道な活動が実って、発売から約1年近くたって爆発的にヒットした。

 

作詞:  星野栄一

作曲:  遠藤 実

唄 :  渥美二郎


1) 悲しさまぎらす この酒を
   誰が名付けた 夢追い酒と
   あなたなぜなぜ わたしを捨てた
   みんなあげてつくした その果てに
   夜の酒場で ひとり泣く

2) 死ぬまで一緒と信じてた
   わたし馬鹿です 馬鹿でした
   あなたなぜなぜ わたしを捨てた
   指をからめ 眠った幸せを
   思い出させる 流し唄

3) おまえと呼ばれた 気がしたの
   雨ににじんだ 酒場の小窓
   あなたなぜなぜ わたしを捨てた
   じんとお酒 心に燃えさせて
   夢を追いましょ もう一度


 

 

固定リンク : トラックバック(0)
140おすすめ

[第2の人生] 卒業写真

2013-09-01

いよいよ高校生活もあと数日になったある日、担任のK先生が今度の金曜日に卒業記念写真を撮ろうと思うが都合が悪く休む予定の人はいるか、、誰も都合の悪い者はいないようだ、それじゃ金曜日に記念写真を撮るから休まないように!服装は普段通学している服装で良いとの事、背広に学生服に色々だが、定時制高校は年齢も同級生でも4年くらいの幅がある、私も田舎で1年間通学して又入学しなおした形なので現役よりも1歳年上、ほとんどは自宅から通っている仲間ばかりで地方出身者は数名だ。当日写真屋さんらしき人が来て教室の黒板の前で卒業記念写真撮影となった(写真)。入学当時は30数名いた同級生も4年後の卒業生は23名、三分の一の仲間が辞めていった、大部分は1~2年生の時だネ、、進学予定は私だけ、一人は南米のブラジルへ移民する、残りはそのままだ。思い出せば田舎の一年間を含めて5年間夜間高校に通学した、、よく通ったなー、誰かの言葉ではないが、自分で自分を褒めてやりたい、

固定リンク : トラックバック(0)
107おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

03968258

QRコード