2013-03-31

[今日の話] マナ―の悪いドライバー

朝の朝刊の投稿欄に新潟県の自動車運転マナーの悪さを指摘する記事が投稿されていた。投稿者は仕事の関係で日本各地で数年ずつ生活をされた経験から、特に本県の運転マナーの悪さを指摘されていた。特にバス、タクシー、などプロの運転手の運転マナーを見れば大体その地方のドライバーの運転のマナーが解ると書いてあった、同じ職業ドライバーとして、なんとも情けないやら複雑な気持ちだ、。毎日仕事で市内を走り回っていると残念だが、 やっぱりなー! 認めざるをえないのではないだろうか。毎日駅前の待機場所で待機して、駅前のロータリーを眺めていると、バスの降車所、停留所、タクシー降車所、タクシー乗り場、があるんだが、駅へ送迎に来た車が平気でバスの停留所等に車を停めて人待ちをしている、駐車禁止の標識が無くてもバス停留所から半径10メーター以内は駐停車禁止と言う事を知らない訳はないだろう、、狭い駅前のロータリーの停留所に車を停めればバスの運行に支障をきたすのは当たり前だ、その為に一方通行になっているんだが、、今日も初心者マークを付けた軽自動車を運転していた若い女、バス停留所に車を停めてハザードを点灯して、ご丁寧に車のドアーをロックして駅の中に入って行った。よっぽど車から飛び出して行って、おい、そこはバスの停留所だ、車を停めちゃいけない場所だろう、、と言ってやりたかったが、どうせ言えば、すぐに戻るんです、、とか、いいんじゃないですか、今バスがいないんだから、、、と言うに違いない。そのために20メーターも歩けば送迎用に30分間無料の駐車場があるんだがネ、、、勿論、ちゃんと駐車場に停めて駅に行く人も沢山いるんだが、、、昼過ぎ空車になり駅に戻って来ると、タクシーの待機場所、通常は16台駐車出来るんだが、あいにくタクシーが全て出払っていた、、、あれッ! 待機場所に一般の車が8台も停まっている、全てドライバーが乗っていない、、一瞬、目を疑った、フロントに無線で、タクシーの待機場所にタクシーは1台もいないが、一般車が何台も停まっているが何かあったんですか、? 待機場所が空になって一台が停まったら次々と勝手に停めたと言う、、見ると全て地元ナンバーの車だ、ここがタクシーの待機場所と言う事は解っている筈だ、一台停まったから私も、俺もって訳だろう、赤信号、皆で渡れば怖くない、ってやつだ、、、、

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                 

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
124おすすめ

2013-03-30

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 昭和歌メドレー ♪ 「青春ビッグ4」

 

 
 
田舎育ちの16歳の少年が都会に出て昼間は油まみれで働き、夜は眠い目を擦りながらの夜間高校生、辞めて田舎に帰りたくなったのは一度や二度ではない、、そんな時に勇気、元気をもらったのが歌謡曲だ、特に日曜日の午後、寮の食堂に一台ある14インチのテレビ、名司会の玉置 宏さんの 「一週間のご無沙汰です、、」 で始まる ” ロッテ歌のアルバム ” を見る事だった。
 
当時、「御三家」 と呼ばれた、橋 幸夫、 舟木一夫、 西郷輝彦、 この三人に一人 三田 明 が加わって「四天王」 と呼ばれた。青春時代まっただ中、同年代の四人の歌声が聞こえると、つい口ずさんでしまう、、、、。
 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(8)
150おすすめ

2013-03-29

頑張れ高田本町商店街、

 

 

 

高田駅前通りの長崎屋が閉店してから数年、、そして三年前、上越市の本町四丁目の大和デパートが閉店し上越地方からデパートが消えた。かっては多くの人が行きかった本町通りの人影もまばら、、昔の本町通りを知っているだけに寂しいかぎりだ、、しかーしだ! この大和跡地に 「イレブンプラザ」 が昨日オープンした。イベント広場を備えた建物の中には飲食店、ドラッグストアー、百円ショップ、など等が出展しオープンの昨日は長蛇の列が出来、久し振りに街の灯りがついた感がしたと言う。

 

同じ本町五丁目の旧長崎屋跡地に建設中の複合ビル「あすとぴあ高田」(写真)も四月十二日にオープンする。分譲マンションと一体化した16階建ての建物は上越地方では最も高い建物になる。「あすとぴあ高田」には食料品、飲食店など幾つかのテナントが入居し、又イベント施設、市の施設なども入居し、この二つの核となる施設を中心に本町通りが再び活気を取り戻す事ができるか、、特にこの地方は新しい物がオープンすると、初めは多くの人が集まるんだが、時間と共に静かになる傾向がある、今の時期、なかなか大変だとは思うが関係者には是非頑張って頂きたいと思う、、二年後には北陸新幹線も開業する、チャンスだ、、

 

本町商店街ポータルサイト   ホンチョウウェブ! 

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(41)
190おすすめ

2013-03-28

お年寄りはお金持ち?

この仕事をやっていると色々なお客様をお供するんだが 人生いろいろだねー、! 高齢化が進み特に地方は高齢者の一人、二人住まいの家庭が多い、、特に一人住まいのお婆ちゃんは普段、喋る機会が少ないせいか、こっちも若くはないので話し易いのか、聞きもしないのにいろいろと話してくれる、、勉強になると言うか、考えさせられる事もある。 

 

廻りが田園風景の一軒にお迎えに行った。以前にも来た事があるお宅だな、又ご夫婦でお孫さんの処に遊びに行かれるのかな、、乗車されて、お客さん、学校も春休みになったし、お孫さんの処にでもお出かけですか? と尋ねると、ピンポーンだ、、お孫さんが春から高校に入学で学資保険も満期になったので祝いを持って、、、お金は大金なので口座に振り込んだので祝儀袋だけ持ってネ、、、羨ましい話です。どうしても大学へ行きたいと言うので、何れは田舎に帰って来る、と言う事を条件に大学にやったんだけどね、、、都会で就職し、所帯を持ち、家も持ったので、持ったと言ってもこっちがお金を出したんだけど、、もう諦めました、、。毎年、何回かお孫さんの処に行かれるそうだが、その度に旅行に連れて行ってやる、と言って連れて行ってくれるのはいいんだが、旅費、宿泊費、み―んなこちらが負担するんだがネ、、、有難迷惑だね、、、と言っておられたが、お客さん、お元気だからお二人でお孫さんの処に行けるんじゃないですか、羨ましい話ですが、親が元気なうちですヨ、、、、そーだね、孫は可愛いしネー、、、なんとも羨ましい老夫婦だった。

 

ある住宅街の一軒に配車になった、ここはご高齢のお婆ちゃんの一人暮らしだ。運転手さん、○○郵便局まで行って、そこでちっと(少し)待っててくんない(ください)、そしたらその後、○○銀行まで、、、金融機関のハシゴだ、、、ご主人は亡くなられたが、お二人に子供さんが無く、他人の子供さんを養子にもらったんだそうだ、その子供さん結婚して子供も出来たんだそうだが、両親と若夫婦がうまくゆかず、暴力をふるったりで、縁を切ったんだと言う、縁を切った若夫婦は三年前に東京に出て生活しているんだそうだが、最近になりお金をせびるんだとの事、先日も五万円を貸してくれと電話が来たんだが、振り込め詐欺もあるんで電話じゃダメだ、金を取りに来い、、と言ったら取りに来られたと言う、お婆ちやん、一人暮らしで高齢なので、もし何かがあっても困るし、あちこちの金融機関に預けてある貯金を一ヶ所にまとめるんだと、、お金の無いのも困るが、沢山有るのも困るね、、、、

 

ある住宅街の一軒にお迎えに行くと、お婆ちゃんが乗車された。 ○○町の家まで行って、ちっと(少し)待っててくんない、忘れ物をとってすぐ又、こっちまで(こちらまで)戻ってくんない、、、との事。1時間も前から準備しておいたのに、それを忘れてきたとの事、家に着いて待っているんだが、いつになっても出てこられない、、、内心、おかしいなー、もう5分以上も待っている、まさか中で倒れているんじゃあるめ―な―、、後5分待って出てこられなかったら見に行こう、、、それから2~3分したら出てこられたが、いくら探しても見つからない、との事、なんのために戻ってきたのかネ、、又乗車されて元のところに戻ったが、運転手さん、馬鹿だと思うだろね(思うでしょう)、、まさか、そうですね、、とも言えないし、いや、私も最近はチョット前の事でもよく忘れますよ、、、 

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                    

固定リンク : コメント(1) / トラックバック(0)
145おすすめ

2013-03-27

[我が故郷] 陀羅尼 八幡宮(だらにはちまんぐう)

 

上越市北本町二丁目にある 陀羅尼(だらに)八幡宮(写真)、創建は十六世紀の中頃、上杉氏の武将らが春日山城の南の岩木村(現在の上越市岩木あたり)に、京都男山の石清水八幡宮の分霊を祀った事にはじまる。上杉謙信死後の内乱(御館の乱)で焼け、松平忠輝の高田城の築城(1614)後、城下町に移り、1700年頃、現在地に祀られてから町名にちなみ「陀羅尼・八幡」と呼ばれるようになった。相殿の大国主命(おおくにぬしのみこと)は榊原候が前任地の姫路の惣社分霊を祀ったもので榊原家は厚く当社を崇敬した。祭神は 品陀別命(ほんだわけのみこと){応神天皇、おぅじんてんのう}である。末社として、子安神社、稲荷神社がある。

 

北本町二丁目は、松平忠輝の高田開府から昭和五年三月までの三百十七年間「陀羅尼町」と呼ばれたところである。永禄二年(1559)、小田原北条氏の一族、仏元(ぶつげん)が諸国行脚の道すがら当地の大水害にであった時、梵語(釈迦の時代に使われていた古代インド語)の呪文(じゅもん)「ダ―ラニ―」を繰り返し唱えて熱心に祈り続けたところ、大雨が治まった。「ダ―ラニ―」の功徳に感激した住民たちはその、お経を地中に埋めて「波除陀羅尼塚」を造り、近くにお堂も建てて長く祀ったと言われている。そしてこの辺一帯の広大な原野がいつしか「陀羅尼原」と呼ばれるように成り、町名もそれにちなんで付けられたと言う。

 

                    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
217おすすめ

2013-03-26

忙しいこの頃、いろいろなお客さん

あさ出勤のため家を出ると小雪が舞う寒い朝だ、えー、天気予報は晴れだぜ! 会社に着き出勤簿に記入、アルコールチェックをして車の準備をしていると運行管理者から、 バタバタしているようだから準備出来次第でてくれ、、、 06:20 出庫 おはようございます、3○○ 異状なし開局どうぞ、! すぐにある住宅街に配車だ、玄関のチャイムを押して玄関に入ると大きな旅行カバンが三つ、デ―ンと置いてある、車のトランクに積み込み待っていると以外にも60代くらいの女性が二人、30代くらいだろうかの女性、小学校だろうかの男の子、行き先は駅だ、運転手さん、重たいのが三人も乗ってるから重たいでしょ、! えー、まー、返事に困りますが、まー、、、、 いいの、解ってんだから、、 内心、解っているんなら聞くな、、、お客さん、海外旅行ですか、、 と尋ねると、 これから新潟まで電車で行き、沖縄に行くんだそうだ、沖縄は何回も行ってるんだけど、すっかり沖縄に、はまっちゃって、なにもかも沖縄が好き、と言う、今回は主に石垣島方面だそうだ、私も遊び仕事を含めて10回以上沖縄を訪ねたが気持ちは解るネ、、、、すっかり上機嫌で駅に着くと、運転手さん、お釣りは要らないから、、と言うから790円かと思ったら、90円だったネ、、、、

 

3月に入り歓送迎会、転勤、卒業、入学など一年で一番移動する時期だ、駅の正面から乗車の埼玉県から来たと言う若い男性、知り合いが転勤するので引っ越しの手伝いに来たんだそうだ、二年前、転勤でこちらに来た時も引っ越しの手伝いで来たんだが今回は雪は全く無いですね、、、、今年の冬は比較的雪は少なかった、降っても翌日は晴れたり雨で、降っては消え、降っては消え、いつも、こんな冬だと良いんだがねー!

 

    

 

                                       

 

直江津沖を埋め立てた後に建設中の中部電力上越火力発電所(写真左)と国際石油開発帝石LNG基地(写真右)、今日も三回お客様をお供して訪れた。日本を代表する大手企業が何社も建設に参加している、大手企業のエリートビジネスマン、座席で話している会話を聞いていると、やっぱり会話の内容が違うね、、、盗み聞き(勝手に聞こえちゃうんだけどさ、、)していると随分と勉強になる事がある、、。火力発電所は来年の完了に向けて(既に一部運転している)工事はピークを過ぎている。国際石油開発帝石(INPEX)のLNG基地も近いうちに一部試運転が始まるらしい、こちらは700人くらいの関係者が作業に従事しておられると言う、火力発電所を含めるとピークは過ぎたとはいえ2000人近い人が関係しているであろう、、しかし、恐らく夏以降には半分以下に減るのではないだろうかネ、、、昨日も著名な国会議員が日本で最も二酸化炭素の排出量を押さえられ、熱効率の良い最新鋭のコンバインドサイクル方式の火力発電所を視察に見えた、、、、

 

ある住宅街からお年寄りのお婆ちゃんと60歳代の付き添いの娘か嫁か解らないが病院までお供したが、車内の会話を聞いていると、失礼だがまるで邪魔者扱いだ、もっと親切にしてあげたらどーなの、あんたも何れは歳を取るんだからよ―、、、と言ってやりたい、、、

 

今日も比較的こまかい仕事が多かったが結構忙しかったなー、20回お客様をお供した、今日の全走行距離は138キロ、、疲れたねー!

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(1) / トラックバック(0)
143おすすめ

2013-03-24

[今日の話] 観光シーズン到来、佐渡汽船

 

三月も下旬になり雪国、越後にもようやく春の訪れだ、佐渡汽船ターミナル(写真)の前を通ると冬のあいだ欠航していた直江津、小木航路のカーフェリーも先日より正規なダイヤで運行し始めたようだ。と言っても一日、一往復半の運行だ、なんとも利用し難い運航スケヂュールだね、十年ちょっと前までは大型フェリー2隻が4往復していた、更には同航路を1時間でむすぶ高速船、ジェットフォイルが2往復していた。それが今は冬の間は欠航、春からカーフェリーが一日一往復半だ、直江津からの日帰りは出来なくなった。今の時期、週末以外の乗客はパラパラ、、以前は仕事の関係で毎月のようにこの航路を利用した、朝のフェリーで佐渡に渡りゴルフを1ラウンド楽しみ最終のフェリーで帰ってこれた、新造船の建造など色々と計画が進行中のようだが、、2年後には北陸新幹線も開業する、関西方面、関東方面からは更に来やすくなる、、あさ出発して昼頃のフェリーで佐渡に渡り1~2泊して直江津に戻りこちらの温泉で一泊して観光し夕方の新幹線、又は遠くの場合は富山空港からの飛行機で帰る、、ってのはどうだ、、、

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
153おすすめ

2013-03-23

自慢じゃないが万年ベンチの野球部

昼休みに野球部の練習を見ていたばっかりに、野球部に入部を勧められ、調子に乗って軟式野球部に入ったんだが、入ってみると高校の時に県大会で準優勝で惜しくも甲子園出場が出来なかった、とか大学で野球部にいたとか、、そんな部員が何人もいる、当然、私なんかの出るまくがないわな、、それでも晴れた日の日曜日は大体会社のグラウンドで練習だ、鶴見駅の西口からバスに乗り東寺尾と言うところにグラゥンドがあった。運動が好きだし、中学時代は野球部も経験した、特別いやでもなく練習に出かけた。私のポジションはキャッチャーと外野だ、キャッチャーは三番手、試合ではなく練習の時にピッチャーのボールをうけるだけ、打撃練習もレギュラーの選手が終わって時間が有れば少し打たせてもらえるだけだ、、、特別に身体が大きいわけでもないし、長打力がある訳でもない、足が早いわけでもない、強いて言えば肩は良かったが、これだけじゃレギュラーとして使ってはもらえない、、草野球に毛の生えたようなチームだが、何処から見つけてくるのかよく試合があった、 しかーしだ! ベンチを温めているだけだ、三~四試合に一度、負け試合の最後にピンチヒッターで打撃に立たせてもらったが、、、四年目の秋のある試合、九回表を終わって同点であった、最後の守り、同じ新潟県新津市出身のキャッチャーである先輩が、 おい、○○、九回の裏の守り、キャッチャーお前やってみろ、、、 思いがけない言葉にあっけに取られた、、 いや先輩、点を取られれば負けじゃないですか! すると、 そんな事は解っている、やってみろ! 夢中でマスクを付けて守備についた、、。アウトを一つ取ったが次の打者にヒットを打たれ、すぐに走られた、夢中でセカンドに投げたがこれが暴投だ、ランナーは三塁まで来た、次の投球でバッターが打った打球は二塁ゴロ、、シメタ、ツーアウトか、、と思ったが三塁ランナーが本塁に突っ込んで来た、セカンドが投げたボールを受けてスライディングしてきたランナーにタッチしたがミットからボールがこぼれた、、、、、さよなら負けだ、、私が出て相手チームに良いようにひっかき回された、、、みろ、俺なんか出すからじゃん、、試合が終わり先輩の一人が、 おい、○○君、足どーしたんだよ、、、何の事か、ポカーンとしていると私の左足首を指さして、、、足を見ると、ストッキングの下の白いアンダーソックスが血で真っ赤に染まっている、、なんだー! スパイクを脱いでストッキングも脱ぐと、五センチほどパックリと切れて口を開けている、、スパイクされたんだ、そりゃすぐに医者に行って縫わないとダメだな、、、、内心、縫うなんてとんでもねー、、! 寮に帰り傷口をよく見るとそんなには深くなさそうだ、赤チンでも付けておけば良いだろう、と言う事で医者にも行かず、赤チンで直したが大きな傷痕は残った。今でも風呂に入り傷跡を見るたびに五〇年近くも前の事をハッキリと思いだす、、、

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ              

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(2)
129おすすめ

2013-03-22

[仲良し、ちびっ子二人] たまには、僕も!

 

 いつも ノア ちゃんと マナ ちゃん

 

    のことばかりだけどよー、俺ももうすぐ五歳になるよ、、

 

         俺の名前は リク ♂ だ、、、宜しく!

 

 

 

 

                     俺の べろ  あじがあるだろー !

   

                     こう見えても  ♂  だ!! 

                

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
125おすすめ

2013-03-21

[古い航海日誌 霞峰丸③] 下船前夜、最後の当直

心配した台風も大した影響はなく順調に航海を続け奄美諸島の東岸を北上中だ、家に船舶電話で電話してみたが、みんな元気で安心した。左舷には奄美諸島の島影が見渡せる、、もうこの光景を見るのも最後になるか、予定通り明日の昼には堺港、関西石油の専用桟橋に着桟予定だ。本船での最後の夕食を食べて、当直交替の1時間前に無線室に行った。今航休暇下船し退職する旨まだ誰にも話しをしてないんだが、せめて上司の通信長には話さないといけないだろう、、、、お茶を飲みながらその旨を話すと、、以外にも、そーか、実は私も若い頃に一度、大手船舶会社を退職したんだが1年後に又今の○○汽船に入ったんだよ、、と言う。「免状を持っている船舶職員は仕事を辞めても又ダメなら船に戻ればいい、、と安易な気持ちで船を降りて、陸上の仕事を始めても、賃金など色々な面で又船に戻ってくる人が多い、家庭などの問題もあるし、決して反対はしないが、君も船を辞めるのであれば免状を海に捨てて行く、位の覚悟は無いとダメだ、、、」といろいろアドバイスを頂いた。私は船舶通信士が好きだし、決して船が嫌な訳ではないんだが、人生は一度きりだ、、どうしてもやりたい事がある、それに船の甲板部、機関部、に比べると無線部のエレクトロニクスの技術革新は顕著だ、人工衛星を幾つか打ちあげれば地球上の何処にいても簡単に通信ができる時代が来る、既に通信士が三名から二名に減員された、いずれは近い将来、通信士は要らなくなるのは間違いない、(現に今はごく一部の船舶以外は通信士は乗船していない)。と私も熱っぽく持論をぶち明けた、、私はもうすぐ定年だが君はまだ若いんだ、よく考えて自分の進む道を決めたらいい、、、! 8時より本船での最後のワッチだ、いつものように仕事を進め夜の24:00、オートアラーム(警急自動受信機)の試験をしてログブックに Tested  auto  alarm  in  good  condition  and  then  commenced  watch  on  A.A  at  1500z   とログブックに記入、本船と言うより船舶通信士としての最後の当直が終わった。

 

 

当直が終わりいつものように腰にバスタオルを巻き付けてバスルームへ、昨日より湯船も海水から清水に変わった、霞峰丸温泉の風呂にゆっくりつかって着替えてサロンで映りの悪いテレビを見ながら一人で一杯始めた、残った缶ビールも二缶を残して通信長に差し上げ、愛用のウイスキー ニッカ G&G は今日飲んでちょうど無くなる、、飲み方が上手だねやー、、一人でチビチビやっていると、ニューカレドニアでの観光、パナマ運河、イタリヤのベネチア観光、アラスカ、スキャグウエーでの氷河、韓国、釜山での楽しかった事、オーストラリアのシドニー、シンガポール、アメリカのフロリダ、シアトル、、など等いろいろな事が思い出される。船舶通信士に未だ多少の未練はあるがもう決めた事だ、自分の思った道を進もう、、、。本船での生活も残すところあす一日だけ、今日は早めに寝よう、、、

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ   

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
141おすすめ

2013-03-20

[今日の話] ウォーキング、ジョギング再開

3月になりすっかり春めいてきた、昨年の11月より中止していたウォーキング、ジョギング、4月より再開しようと考えていたんだが急遽、今日よりスタートした。仕事柄どうしても運動不足になり易いうえに、二年前より始めた山登り、昨年もお陰で富士山を始め10回ほど山登りに行ってきた。今年も昨年以上の山行きを考えているんだが、それにはどうしても足を鍛えなければいけない。昨年の山行きで一年前よりも更に体力の低下を痛感した。今の勤務体系からして朝のウォーキングは無理である、従って夕方勤務が終わり家に帰ってからと言う事になる。今日は幾つか決めているコースのうち最も距離の短いコース、それでも展望台までの登りは久し振りのウオーキングで結構堪えるね、、暖かくなると結構散歩やらウオーキングの人に出会うんだが未だほとんど会わなかったな、、こっちがフーフー言って登り坂を歩いていると後ろから走って坂を登ってくる若者がいた、、、やっぱり若さだねー! 一時間近く歩いたが久し振りに気持ちが良い汗をかいた、、このコース(八重桜ロード)はあと3週間もすれば八重桜が満開になるだろう。明日から状況が許す限りウォーキングを続けようと思う、、、

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
133おすすめ

2013-03-19

今日の直江津港LNGタンカー AL ZUBARAH

 

 

 

 

今月の7日に続いて昨日、中部電力上越火力発電所の専用桟橋に燃料の液化天然ガス(LNG)を積んだ第18船目となるタンカー ” AL ZUBARAH ” が入港した (写真) 。昨日の早朝7時前に仕事で南埠頭の前を通るとタグボートは四はい、いつもの処に係船されていたが岸壁とタグボートの間に橋がかけられていた、 んッ、出るのかな? 風が強く着桟は無理かなー、、と思ったが、お客さんを降ろし空車になり港の近くに来るとパイロットボートらしき船が港外へ向っているのが見えた。南埠頭の前に来るとタグボート4はいの姿がない、ほー、着桟するんだなー、 昨日は火力発電所に行く機会がなく写真撮影は出来なかった、本来なら夕方勤務が終わってから行くところだが、昨日は夕方から大先輩の退職送別会で行けずじまい、、幸い今日は勤務は休み、少々二日酔いだが8時前に出かけた、南埠頭の前を通るとタグボートもパイロットボートもいない、急ぎ発電所に向かった、 間に合った―! ロープが外され桟橋を離れるところだ、、モス型と呼ばれるタンクを積んだ船、このファンネルマークの同型船は今年の1月8日、2012年1月31日にも入港しているが1年前の1月31日に入港した船と同じ様な気もするがネ、、、

 

 

 ” AL ZUBARAH ”

 

総トン数     111,079トン  

重量トン数     72,557トン

長さ          283メーター

幅           47,75メーター

喫水         11,25メーター 

建造       三井造船、千葉事業所 (28、Nov,1996)

船籍       日本

呼び出し符号  JPDP 

 

最近では珍しく日本で建造された日本船籍の船だ、乗組員はデッキオフィサー、エンジニアー(航海士、機関士)などの士官は日本人が乗船しているようだ。乗組員の上陸などに勤務先のジャンボタクシーを運行している、、、本船の右舷に小さく見えるのはパイロットボートだ、タグボートは離れ、ブリッジではデッドスローアヘッド(前進微速)の号令がかかったろう、間もなくパイロット(水先案内人)が下船してペルシャ湾のカタールに向かうのであろう(写真) Bon Voyage、

 

 

西埠頭には昨日から第9管区海上保安部所属の大型巡視船 ” ひだ ” が停泊している、ちょうど写真を撮っているとレーダーのスキャナー(アンテナ)が回り始め間もなく出港するようだ、、、

 

巡視船 ひだ

 

船体番号・      PL51

総トン数・      1,800トン

長さX幅X深さ・   95X13X6メーター

就役年月・      平成18年4月

(第9管区海上保安部サイトより抜粋)

 

今日は他に数100トンの内航のタンカーが1隻停泊しているだけで静かな直江津港であった、、、

 

 

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
148おすすめ

2013-03-17

ついてねー! ばーか暇な一日

朝から雲一つない良い天気の日曜日、 こ―いう日は暇なんだよなー! 会社関係は休み、医療機関も休み、暇で、ぼけーっと駅構内の待機場所で待機、たまには、のんびりとするか、、、と思うが、あまり暇なのも疲れるね、、下りの特急電車が着いても降りてくる人はパラパラ、それも家族が迎えに来ている、泊まり勤務の班が勤務が終了する10時過ぎまではまったく暇だ、10時半にもう昼食だと、まだ腹が減ってねー! ポカポカ陽気で車の中にいると眠気が襲う、、駅正面に出る順番が来て、正面に出るがさっぱりお客さんがこない、やっとお客さんが、 運転手さん、近くて悪いんだけど○○○の宝くじ売り場まで、、! 歩いても5分はかからないだろう、悪いと思うんなら歩いて行ってちょうだい、、 と言いたいくらいだ。空車になり駅構内の待機場所に戻る、又順番がきて正面にでた、四人連れの70歳代と思われるお婆ちゃんグループ、、こちらを見ている、こりゃ大した処には行かないな、、一人が乗車された、 運転手さん、駅前を真っすぐ行って○○を左に曲がって、突きあたりを右に曲がって、、、、、、! これも基本料金だな、この辺なんだけどねー、行きすぎたかしら、運転手さん少し戻ってくれますか、、 ときた、 お客さん、ここは一方通行でUターン出来ませんが、、あらー、そーなの、じゃここで良いわ! 今日はついてないネ、、、駅前のホテルに配車になった、この時間じゃ宿泊客ではないし、法要かな、多分お寺の住職さんだろう、運が良ければ遠く、運が悪ければ近く、あちゃー、すぐ近くのお寺の住職さんだわ。 あるファッションホテル(ラブホテル)に配車になった、待っているとスーツをビシッと着て旅行カバンを持った50歳前後くらいの男が出てきた、内心、ちょっと場違いなお客が出てきたな、、! 乗車するなり、 ○○駅まで料金は幾らくらいですか? と聞いて来た、 内心、シメシメ、、お客さん、2500~3000円位だと思います、 するとどーだ、そんなにするの、やめた、○○○駅にするわ、1000円位だろう、、あんた今どこから出てきたの、部屋で一人、読書をしていた訳でもあるまい、、ケチケチするなよな、、、と言いたい。今日は初めから最後まで付いていなかったねー、おまけに近距離ばかり、 まー、こんな日もあるわね、、、

 

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
134おすすめ

2013-03-16

[郷土の偉人] 文武両道に秀でた名将、直江兼続(なおえかねつぐ)

 

 

春日山城本丸跡から春日山神社に下る途中、毘沙門堂、お花畑の下方に「直江山城守宅跡」と刻まれた石碑がたっている(写真) 。直江山城守とは直江兼続の事である、兼続は上杉謙信のあとを継いで春日山城主となった上杉景勝の家老としてその名が高い。豊臣秀吉をして「天下の政治を安心して預けられるのは、直江兼続など数人にすぎない」 と言わしめた言葉は有名である。徳川家康も兼続にはいちもくを置いていたと言う。アメリカのケネディー第35代大統領が日本の記者団の質問に「日本で一番尊敬する人物は上杉鷹山です」 と答えたと言う。上杉鷹山(うえすぎようざん)は財政難で苦しんでいた米沢藩(山形県米沢市)を藩政改革で藩財政を見事に再建した米沢藩十代目藩主である、その鷹山が師と仰いだのが上杉景勝の家老、直江兼続であった。平成21年に放送されたNHK大河ドラマ「天地人」の主人公である、俳優の妻夫木聡さんが兼続役を演じ高視聴率で見応えがあった、、、

 

直江兼続は永禄三年(1560)坂戸城(現、南魚沼市)主、長尾政景の家臣樋口惣右衛門兼豊の長男として誕生した、幼名は与六。非凡な才能を見込まれ五歳で政景の子の景勝の小姓となり、その後、上杉謙信の養子となった景勝に従って春日山城に入った。兼続は天正九年(1581)上杉家の重臣、与板城(与板町)主、直江家を相続した。兼続二十二歳であり、妻のお船は二十五歳であった。豊臣秀吉が没すると、徳川家康は慶長五年(1600)会津の上杉景勝征伐の軍をおこした。西軍の石田三成に挙兵させて豊臣家を滅ぼし徳川政権を樹立するための誘導作戦であり家康の罠であった。九月十五日、関ヶ原の合戦で西軍が破れると、兼続は上杉家安泰のため政治工作をして米沢藩三十万石に留まらせたのである。兼続は民政にも優れた手腕を発揮した、新田開発、水利事業、商工業の振興、農作物の栽培奨励、鉱山の採掘、鉄砲の鋳造などに力を入れ富国強兵につとめた。一般庶民の衣料として大切であった青そ、漆、桑、楮(こうぞ、紙の原料)などの栽培を奨励した。又みずからも「四季農戒書」という農業の手引書を出版し農作物の増産を図った。又佐渡金山、高根(鳴海)金山(旧、岩船郡朝日村)、上田銀山(現、南魚沼市六日町)、の開発に力を注いだ。元和五年(1619)十二月江戸の鱗屋敷で60歳の生涯を閉じた、、、

 

                      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
139おすすめ

2013-03-14

待ちに待った免許状(JA1MBB)

年の瀬も押しせまった12月のある日、夜間高校から帰り、いつものようにその足で10時近く食堂で遅い夕食を食べて自分の部屋に入ると一通の茶封筒が入口の戸の隙間から投げ込まれていた、。   んッ、何だ! 拾い上げて裏を見ると、 関東電波監理局 と書いてある、急いで封を開けてみると無線局の免許状だ。やっときたか、、気になる呼び出し符号の欄を見ると JA1MBB とある、、 これが世界に一つしかない俺のコールサインかね、、、今日は風呂に行くのはやめだわ! すぐに無線機の前に坐り(写真)空いている周波数を探してVFOでキャリブレをとる、、、たか鳴る胸をおさえてマイクに向かって CQ CQ CQ こちらは JA1MBB ,,,,,,,,,,,,横浜、鶴見区です、どうぞ! 受信すると、 Sメーターが振り切れた、JA1MBB こちらは JA1K○○ 鶴見区です、Sメーター振り切れで入感しています、どうぞ、! あの時の感動、感激は今でも思い出される。いろいろと話していると 1ST QSO (初めての交信)は同じ高校の(昼間部)の先輩であった、自分の無線機の紹介をしたり高校の話しなど1時間近く喋り、QSLカード(交信証)は、明日、夕方私が登校する時間に私の教室に届けてくれると言う事になった。続いて二局目の交信は寮のすぐ近くの高台に見える大手鋳造メーカーの鉄筋造りの寮から JA1H○○局だ、その後、東京渋谷区の局、秋田県仙北郡の局とQSO(交信)できた。

 

翌日も朝早く起きてマイクに向かって、 CQ CQ CQ 今日は会社、サボりだな、! 9時近くになると寮長さんが廊下の掃除に来る、、部屋に私がいる事に気づき、、 おい、○○君、会社はどうするんだ? 今日は会社休みます! 会社に電話しておけよ、、 そしてマイクに向かって又、 CQ CQ CQ 、、、、昼は寮の下にある雑貨屋さんに行ってパンを買いパンをかじりながらマイクに向かう、、日中は比較的にバンドも空いていてQRM(混信)も無く快適なQSO(交信)ができる、一日でログブック(業務日誌)2ページを使った、キチガイだネ、QSLカード(交信証)もすぐに注文をして10日後に届いた(写真)、お金がないので取りあえず一番やすいものにした。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(6) / トラックバック(46)
148おすすめ

2013-03-13

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 別れの磯千鳥 ♪ 井上ひろし

 

 

作詞・ 横山たか子        別れの磯千鳥       

作曲・ フランシス座波

編曲・ 大橋節夫

 

1.
   逢うが別れの はじめとは
   知らぬ私じゃ ないけれど
   切なく残る この思い
   知っているのは 磯千鳥

2.
   泣いてくれるな そよ風よ
   希望抱いた あの人に
   晴れの笑顔が 何故悲し
   沖のかもめも 涙声

3.
   希望の船よ ドラの音に
   いとしあなたの 面影が
   はるか彼方に 消えて行く
   青い空には 黒けむり


 

むかしの古い写真を整理していると懐かしい写真が出てきた、大手機械メーカーの同じ寮に住んでいた同僚がハワイアンバンドを作り毎日部屋で練習をやっていた。スチールギター、ドラム、ギターなどを部屋に並べて数人でやっていた、寮の同じ棟の同じ2階だ嫌でも音が聞こえてくる、リーダーは岩手県出身のスチールギターを弾いていたY君、夏になるとよく、どちらかに出かけて演奏をしていたようだが、、、良く弾いていた曲だ、、、

 

この曲の作曲者のフランシスコ座波(ざなみ)は、本名座波(ざは)嘉一と言い、両親は沖縄出身でハワイに生れた日系二世。父はハワイで財を成した日系一世である。この曲の作曲は1941年頃と言われているが彼は1949年、35歳の若さで死去した事で詳細はわからない。歌詞も日本の無名の女学生が作ったとも言われているが真相は不明のようだ。
 

 

井上ひろしは昭和16年8月23日横浜市に生まれた。水原 弘、守屋 浩、とともにロカビリー三人ひろし、(これに、かまやつひろしを加えて四人ひろし)と言われたが、44歳の若さで心筋梗塞で死去した。飛行機事故で亡くなられた歌手の坂本 九は井上ひろしのバンドボーイとしてこの世界に入っている。
 

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                  

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(159)
148おすすめ

2013-03-12

[古い航海日誌 霞峰丸③] バシ―海峡通過、大時化の台湾沖

ホンヒ1030バシーツウカETAサカイ1ヒ1100ヨテ」センテウ (本日10:30バシー海峡通過、堺1日11:00着予定」船長 本社宛てに通過電報を打電した。 しかーしだ! 台風の通過で台湾東方海上は大時化だ、心配した台風はスピードをあげコースを少し北寄りに向けて沖縄先島諸島の一部を暴風圏に巻き込み東シナ海に抜けた。それでも海上は20メーターを越す強風が吹き荒れ海上は大時化状態が続いている。ローリング(横揺れ)は僅かだが時々おおきな波にぶち当たり船体がギシギシ音をたてる、、波がデッキ(甲板)の上を流れる、、全長278メーター、幅44メーター、121,298重量トン、原油を満載した本船はびくともしない、時化のためスピードが落ちているが27,600馬力のエンジンが回り巨体が波を押しのけて進んでいる、やっぱり大きな船は時化の時は楽だねー、以前に乗船した事のある北米航路の材木専用船、清峰丸(15,720DWT)、冬の北太平洋は日本を出港してからアメリカに着くまで大時化状態だ、空船時20数度揺れる事もある、(言っておきますが、大型船で二十数度の揺れとは大変なもんですでネ、、)外を見ると恐怖をおぼえる、先日、仕事で最近まで遠洋漁業のマグロ船に乗っていたと言う人をお供したんだが、あんな船、おらにせわせると遊びだネ、、(あのような船{大型船}の仕事、私に言わせると遊びのようなものですね、、)と言っておられたが、確かに数百トンの漁船と大型船を比べると仕事環境の厳しさはそれぞれ違うと思うが、大型船には大型船の厳しさがあると思うがネ、、、

 

本船は三島型の船のため、居住部が船首と船尾にある、時化の時は艫の士官食堂まで食事に行くのも命がけだ、たくさんのパイプが張りめぐらされているデッキ(甲板)の上、2メーターくらいの処にフライングパッセージ(通路)が通っている、途中に2ヶ所、避難用のトンネルがあるが、時化の時は波しぶきが容赦なく襲いかぶる、雨の日に道路を歩いていて車に泥水をかけられるのとわけが違う、下手をすると怪我をしたり命取りになりかねない、波の合間をぬってトンネルまでダッシュする、その代わり凪の時は景色を眺めながら(景色と言っても見えるのは海ばかりだがネ、、) 鼻歌まじりだ。

趣味のアマチュア無線のアンテナを撤去しないといけないんだがこの時化では無理だし、食事が終わりレクリェーションルームを覗くと、 いやー、次席さんお待ちしていました、、 案の定マージャンに誘いこまれた、結果は予定通り大負けでした、マージャンが下手なhamさん、本船でも結構、奉公したネ、本船での最後のマージャンも終わったし夜のワッチに行くか、、、

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(3)
172おすすめ

2013-03-11

[今日の話] あれから二年!

今の日本の人々が、かつて経験した事のないマグニチュード 9 と言う大地震、二年前の今日を忘れる事は出来ない。夕方からの出勤に備えて準備をしていると突然襲った強烈な揺れ、、、テレビのスイッチを入れると大地震の発生、そして大津波の襲来を告げ避難を呼び掛けている、間もなく次々に襲ってくる大津波の映像が映し出される、目を覆いたくなる光景に、映画でも見ているのかと錯覚を起こす、、こりゃえらい事になったなー、、早目に出勤すると社内の皆も興奮し殺気だっている、JRも止りすぐにお客さんをお供して小雪の舞う中を高速道経由で長野に向かったが反対側の車線では、赤色灯を回し、サイレンを鳴らしてくる、おびただしい数の救急車、消防車、工作車に出会う、、、異様な感じだ、、、あれから二年になる。町のネオンが消え、3月の異動時期を迎えても歓楽街の人通りもまばら、、被災地から避難されてこられた人々をよく仕事でお供した、とてもお客様からタクシー料金を頂く気になれない、、行方不明者を含め2万人を越す方々が犠牲になられ、いまだ30万人を超す方々が避難所、仮設住宅で不便な生活をされていると言う。復興は決して順調とは言い難い、しかし少しずつではあるが確実に動き始めている、少しでもピッチを上げ一日も早く復興出来る事を祈らずにはおれない、、、。

 

十数年前、以前の仕事の関係で友人の会社のコンペに誘われて車で福島市からR115号線を通り相馬市で宿泊、新地町を通り山元町の宮城野カントリークラブでプレイをした事がある、その隣町が亘理町だ。楽しい思い出のある一帯が津波で大きな被害が出たようだ、、、、
 
岩手県の一関市の隣の千厩町に取引先メーカーの工場が有り見学を兼ねて呼んで頂いた、その後、陸前高田市にある工場も見学をした、宿泊したホテルの窓から広大な松原が見えていた、その松原も奇跡の一本松を除き、すべて津波にのみ込まれたと言う、、美味しい料理をいただいたが漁業関係も甚大な被害をうけたと言う、、宮古市に向かうため、車で大船渡市、三陸町、釜石市、大槌町、山田町を通り宮古市に行った、あの三陸の美しい海岸線も見る影がないほどの被害を受けたと言う、、、あの美しい浄土ヶ浜は今はどうなっているんだろう、遊覧船から、なついたカモメが観光客が手に持った餌を食べに来る、、あのカモメたちは今はどうしているだろうか、、宮古カントリークラブで二日間、プレイを楽しんだが、あの辺は被害はなかったんだろうか、そのすぐ北側がテレビなどのニュースでよく名前が出る田老町だが、、、
 
大きな被害が出た福島県、宮城県、岩手県、何度か訪れお世話になり思い出が多い処だけに気の毒でならない、、一日も早く復興し、以前のような故郷の生活が出来る事を祈るのみだ、、、、  
 
 
 
 

  

                

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
214おすすめ

2013-03-10

久し振りの観光案内

今日は日曜日で仕事は暇なはずだがネ、、ここんところ比較的 忙しかったので久し振りにのんびりしよう、、、夏山シーズンに向けて山行きの資料、パソコンの本などを持って出勤した。やはり暇だな、低気圧の通過で、風雨が強まり電車も大幅に遅れている、駅の正面に出る順番が廻ってきたが、電車の遅れで特急電車も入ってこない、正面に出たので、座席を倒してリラックスするわけにもいかず、資料に目を通す訳にも行かず、ただただ、ぼけーっと待つだけ、、ついてねーなー! 待つ事45分、やっと一人のお客さんが乗車、総合病院までお供して休憩(昼食)だ、今日は暇だからゆっくりと食事にしよう、、、久し振りにゆっくりと食事をして出庫すると、フロントから寄るように指示が来た、、んッ、なに用事だい、特別に悪い事もしていないし、こんな冬に観光案内もないだろう、そーか、電車の遅れでJRの仕事で遠距離か、、、! フロントに行くと観光案内と言う、今お客さんが食事に行っておられるが間もなく来られる との事、、間もなく60歳くらいだろうか、ご夫婦だが帰りの電車の時間まで観光案内を頼むとの事、ご当地は古い史跡が多く、比較的、高齢のお客さんの方が説明もし易いし有難い、若いお客さんは苦手だね、、以前にも若いお客さんの観光案内で、浄土真宗(じょうどしんしゅう)、、、、、、と言ったら、運転手さん、じょうどしんしゅう、って長野県にあるんですか? と聞いてこられた、これには参った、笑う訳にもいかず真面目な顔をして説明したがネ。

安寿と厨子王の供養塔から親鸞聖人上陸の地、越後一宮居多神社、国分寺、国府別院、林泉寺、春日山城跡、金谷山、御館跡、、、、お客さん、まだまだご案内したいところがたくさん有るんですが、電車の時間も有りますしネ、、 すると御主人、 少し遅れても良いですヨ、なんでしたらもう一晩泊まっても良いし、、すると奥さま、 ダメダメ、今日帰らなきゃ、、、広島まで帰られるんだそうだ、風が強く天気はイマイチであったが、荒れた日本海を見て、冬の新潟も良いですね、、、広島ではこんな荒れた海は台風が来た時くらいです、との事だ、お客さん、冬はこんな天気はしょっちゅうです、人間が凹みますよ、、その分、春の訪れは格別です、、15分ほどオーバーの大サービスで予定通り電車時刻の15分前に駅に戻り観光案内が終了した。お二人に大変喜んで頂き、おまけに、お心付けまで頂きこっちが恐縮した、、、、。

 

                       にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                   

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
186おすすめ

2013-03-09

[今日の話] 日本三大夜桜、第88回高田城百万人観桜会

 

 

 

三月に入り日中の気温も上昇し、すっかり春めいてきた感じの今日この頃、厳しかった冬もようやく終わりに近づいた、、、昨日仕事で高田公園の横を通ると歩道に植えられた樹木の冬囲いの取り外し作業が行われていた。今年で88回目を数える日本三大夜桜高田城百万人観桜会も一ヶ月後に迫ってきた。今年は4月5日(金)~21日(日)までの予定、会期のスタートは変わらないが、終わりは桜の開花状況により延期になる場合がある。最近はPRもだんだんと行き届いて会期中の人出も百万人を突破する、(一昨年の東北大震災の年は百万人を割り込んだ)、遠方からの見物客も随分増えてきたネ、、、市内のあちこちにPR用のポスター(写真上)も見られる、勤務先と同じグループ会社の高速バス(新潟行き、東京行き)にも大きく高田公園の桜が描かれている(写真下)。4,000本の桜(ソメイヨシノ)に3,000個のボンボリの灯りがお濠に写る眺めは 日本三大夜桜 と呼ばれるにふさわしい眺めだ、、又300店を越す屋台も恒例だ、期間中は高田公園を中心に多彩なイベントが企画されている、今のところ4月の13日あたりが満開と予想されている。    乞う、ご期待

 

 高田公園の桜について         = こちら =

 

 観桜会の情報、観光協会        = こちら =

 

 

 

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
158おすすめ

2013-03-08

間もなく北へ帰る白鳥

 

昨日は日中20度近くまで気温が上昇した、今日も10度は超し、すっかり春めいてきた感じだな、陽もだいぶ長くなった、仕事で六時過ぎに家を出るときは未だ真っ暗だったのに、最近は少し明るくなった。今日も日中は晴れ間も覗き、今日は仕事も忙しくはないだろう、、と思いきや、それが以外に忙しかった、ハンドルを握り、次から次へとお客様をお供して結構疲れた、、勤務も終わりに近づき、総合病院から高齢のお客さまを郊外までお供した。田んぼには1メーター以上あった雪もすっかり消えている。 しかーしだ! 段々と山の方に向かっていくと未だ雪が残りその量も段々と多くなる。ちょうど雪が無くなった水田に50羽近くの白鳥が餌を探していた(写真)。夜は近くの池に帰り日中は仲間と餌を探しに出張してくる、間もなくシベリヤ方面に帰って行くんだろうが、長旅にそなえて餌をたくさん食べて体力増強だな、車を停めて車外に出て気分転換に暫く白鳥を眺めてきた、人間に慣れているのだろうか、近くまで寄っても逃げようとしない、、、、

可愛いもんですな、、、、  今日は18回お客様をお供した、本日の全走行距離149キロ、、疲れたねー、、、!

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
130おすすめ

2013-03-07

今日の直江津港 LNGタンカー LNG RIVERS

 

 

 

先月の17日に中部電力、上越火力発電所の専用桟橋に燃料の液化天然ガス(LNG)を積んだタンカーの第16船目となる ” EXPEDIENT ” が入港したんだが、今日第17船目のLNGタンカー ” LNG RIVERS ” が入港した。  (写真)hamさん、の調べたところでは5日の0900UTC(18:00JST)入港予定だったが日没後のため着桟できないだろう、昨日、入港、着桟と思ったが時化ていた為、着桟出来なかったのだろう、、、今日は朝から良い天気だ、7時過ぎ仕事で港を通るとタグボートもパイロットボートも定位置に係船されている、、おかしいなー、、???  しかーしだ! 空車になり20分後に通ると、タグボート四はい、パイロットボートの姿が無い、、間違いない、着桟するな、、10時半過ぎ、駅正面より実車になった、行き先は火力発電所と同じ埋立地にあるINPEXのLNG備蓄基地だ、、ついてるねー! 空車になり、いつものシャッターポイントでパチリ、、今回、入港したのはモス型と呼ばれるタンクを積んだ船だ。特徴のあるこの船体の色、ファンネルマーク(煙突のマーク)、過去にモス型メンブレン型を含め今回で5船目だ、昨年の12月21日に入港した船と同じ様だ、積地がアフリカのアルジェリアあたりであれば日数的に計算が合うんだが、良く見るとハウス廻りが微妙に違うような気もするがネ、、。

 

” LNG  RIVERS ”

  • 総トン数      114,354トン
  • 重量トン数     79,866トン
  • 長さ          289メーター
  • 幅            48メーター
  • 喫水         10.4メーター
  • 船籍         BERMUDA
  • 建造年月      2002年 韓国 Hyundai Heavy Indu’

 

船の大きさからすると、恐らく15~16万キロリッター位のLNG(液化天然ガス)を積んで来たと思われるが、、今日は他に韓国、中国航路の定期コンテナー船、1000トン位の内航タンカー、2000トン位の外航貨物船が入港していた。

                  

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(2)
132おすすめ

2013-03-06

機械工の一日

 

眠い目を擦りながら寮の食堂で朝飯を食べてJR鶴見線の国道駅(写真)へ、鶴見線の電車は駅のホームも短く車輛の長さも短い、当時はあずき色のレトロな電車だ、一昨年の秋、40数年振りに上京した折に青春時代を過ごした各所を訪れて見たが今は随分スマートな電車に成っていた。国道駅から鶴見小野、弁天橋、浅野、新芝浦、終点、海芝浦だがここで下車する、駅前がすべて東芝のグループ会社だ、タイムカードをガチャン、、、今はICカードだろう、、自分の所属の設備課の現場に向かう、ロッカーで作業着に着替えて現場事務所へ、始業ベルと共に班長から今日の仕事の説明があり、それぞれの作業現場へ向かう、、、

 

工場の加工棟には大小いろいろな旋盤(写真)、フライス盤、ボウリング盤、など等、大小の工作機械がびっしりと並んでいる、組み立て現場では色々な工作機械、印刷機、などなどを製造している。我が設備課の仕事は各現場の工作機械の設置、修理が主な仕事だ。旋盤のベッドが減り精度が悪くなった場合、キサゲを使いベッドを削り、擦り合わせをして制度をあげる、、わかるかな! 故障した機械の修理など、なんでもやる、従って作業着は油まみれになる、手の爪の隙間が黒く汚れる、これが又洗ってもおちないんだわ、、あまり良い現場ではないんだが、各現場を廻るので、いろいろな人に顔、名前を早く覚えてもらえるかな、、昼のベルが鳴ると手を洗い社員食堂へダッシュ、食券を渡して、定食、うどん、そば、など好きな物を食べる、昼食を食べ終わるとすぐに社内の広場で野球部の練習だ、練習と言ってもグラウンドではないのでキャッチボールだがネ、、私は主に遠投の練習だ、始業ベルが鳴るまでみっちりと練習だ、始業のベルが鳴ると又午前中に引き続きそれぞれの現場に行き作業をする、、何だよ、まだ2時か、、、なんだ、まだ3時かよ、、、時計の進むのが遅い事、、、 crying

                     

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(42)
139おすすめ

2013-03-05

[郷土の偉人] 上杉三郎景虎(うえすぎさぶろうかげとら)

上杉謙信の養子となった上杉景虎は天文23年(1554)、小田原城(神奈川県小田原市)主北条氏康の七男として誕生した。幼名は氏秀、三郎であった。武田信玄、今川氏真、北条氏康が甲駿相三国同盟を結んだ時に武田信玄の養子となり、武田三郎氏秀となった。ところが永禄10年(1567)、武田信玄が駿河、相模に侵攻して同盟が破れると小田原城に帰った。元亀元年(1570)上杉謙信と北条氏康が和睦(越相同盟)すると氏秀は人質として越後にやってきた、ときに氏秀17歳であった。その後謙信の幼名、「景虎」を賜り謙信の養子となり、上杉景勝の姉を妻に迎えて春日山城二の郭(にのくるわ)に住んだ。これを聞いた父の氏康は「御城中において御祝儀をとげらるる由、誠に千秋万歳の至り、愚老(氏康)において本望満足これに過ぎず候」と謙信のとった待遇を大変喜び、礼状を送っている。謙信は氏秀(景虎)に関東管領職を継がせるつもりで「上杉」の性と「景虎」の名前を与えたと言われている。 (写真は妙高市の勝福寺にある景虎の石像

 

 

天正6年(1578)3月13日、上杉謙信が49歳で死去すると御館(上越市五智一丁目)にたて篭もり、上杉景勝と戦った、「御館の乱」である。翌天正7年3月17日、御館は景勝軍の猛攻撃をうけて落城した。昭和39年御館跡を発掘したところ出土したたくさんの遺物の中に、鼈甲の櫛とかんざしがあったと言われる、戦火に消えた景虎の妻女たちの所持品であろう、、、。御館落城後、前関東管領上杉憲政と景虎の長男道満丸は和議仲裁のため春日山城へ向かう途中、四ッ屋砦(春日山城下)で景勝の兵に斬殺された、道満丸九歳である。敗北した景虎は兄北条氏政のいる小田原城へ逃亡しようと鮫ヶ尾城(現、妙高市)へたち寄った。ところが城主堀江宗親の謀反にあい、天正7年3月24日、もうこれ以上逃げ切れないと覚悟を決め腹を切った、ときに景虎二十六歳であった。鮫ヶ尾城跡から出土する焼け米は、この戦いの兵火にかかった米蔵のものである。 (写真は春日山城址にある上杉景虎屋敷跡)

 

                    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ  

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
151おすすめ

2013-03-04

[今日の話] 郷土の名所・史跡と偉人

今の仕事(新米ドライバー)を始めて、社内の観光案内資格者の資格を取り、お客様を観光案内にお供したのがきっかけで郷土の名所・史跡に少し興味を持つようになった、、と言うよりも自分の知識の浅さに危機感を持った、この程度の知識ではお客様を案内できないなー、、おりしもNHKの大河ドラマ 「天地人」 が放送され益々、郷土の歴史というものに興味を持つように成り、自分なりに調べているうちに、故郷にはたくさんの名所、史跡が存在する事に気付いた。時間のある時に、ちょこちょこと名所史跡を訪ね歩きブログにアップしているうちに200ヶ所近く訪ね歩いた。 よし、せっかく訪ね歩いたんだ、一冊に纏めてみよう、、と思いたったが、なかなか時間が無い、(時間が無いと言うよりもやる気が無いんでしょうね、、)と言う理由からこちらの作業はちっとも進まない、春になれば益々時間がなくなる、天気が悪く外に出ない今のうちにやらなければ、、と気ばかり焦るが、、、先日より、パソコンのワードを使いまとめ始めた、しかーしだ! 結構大変だね、ワードも大した知識を持ちあわせていないし、、、参ったネ! 今日は勤務は休みで、朝からパソコンに向かい悪戦苦闘、、、何とか夏山シーズンが始まるまでに纏めたいと思っているんだがね、、その後、印刷、製本となるんだが、何とか秋までに終わらせたいと考えているがどうなる事か、、、

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
151おすすめ

2013-03-03

[今日の話] 主役の居ない我が家の雛人形

 

 

今日は日本の五節句の一つの桃の節句、昔は、雛祭りは、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての「桃の節句」が、庶民の間にも定着して行ったらしいですね。お七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事、、我が家の雛人形も娘が誕生して確か、「長崎屋」で買った記憶がある、子供の頃は毎年飾って節句を祝ったが、進学、就職で家を離れ段々と存在が薄れてきた感がある、、その娘も二人の母親になった、二人の娘(孫)の為に今度は雛人形を飾り祝ってやる立場になった。昨年は引っ越しを前に雛人形を飾れなかったので、代わりに我が家の古い雛人形が急遽カムバックし(写真)、桃の節句の祝いを我が家で行ったんだが、今年は引っ越し先の石川でお爺ちゃん、お婆ちゃんを呼んでお祝いをしたようだ。我が家の雛人形、これも持って行け、、、と言ったら 二つもいらない!と言う、主役の居なくなった我が家の雛人形、この先どうなるのだろう

 

日本の五節句

  1. 1月7日      「七草がゆ」
  2. 3月3日      「桃の節句」
  3. 5月5日      「端午の節句」
  4. 7月7日      「七夕祭り」
  5. 9月9日      「菊の節句」   ・・・・今は行われていないようですネ、

 

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                   

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
104おすすめ

2013-03-01

[古い航海日誌 霞峰丸③] 南シナ海、洋上のアマチュア無線

CQ CQ CQ こちらわ JR6KRG 海上移動、南シナ海、、、、、受信すると、 うわーっと沢山の局が呼んでくる、これがたまらなく快感だ、、、本船に乗船以来、日本のアマチュア無線局とは1,300局近くQSO(交信)した、外国の局とは100カントリー以上250局のQSOだ、日本とは殆んど21Mhz,外国は21Mhzと14Mhz、28Mhzがちょっと、、日本国内には多くの親しい友達が出来た、殆んど毎日と言っても良いくらい声をかけて頂いた局もおられる、有難いねー、、! お陰で海外の珍しい珍局とも数局、交信する事が出来た。乗船前に1000枚作ったQSLカード(交信証)も(写真)も足らなくなり嬉しい悲鳴だわね、、下船後、又作って送らないといけない、、、大西洋、アフリカのカナリー諸島沖で操業中の日本のマグロ漁船ともQSO(交信)した、半年後に三浦半島の三崎港に帰るから、マグロ一匹あげるから取りに来い、! と言われたが、、、南極の昭和基地、、故郷の局とも数局、交信できた、、、。

 

天国に一番近い島、南太平洋ニューカレドニア航路のニッケル鉱専用船に乗船していた時は当直以外の時間は読書かボトルシップ作り(空きビンの中に帆船を作る)をしたんだが、本船タンカーに乗船してからはアマチュア無線に明け暮れた、今航休暇下船してその後、退職する大きな要因の一つだ、、、八重洲無線のFT-200(写真)、故障もしないで良く働いてくれた。呼んできてくれた多くの局に、今航、休暇下船する旨お話し、明日の夜中にバシ―海峡を通過するのでオンエアーするのは明日の夜が最後になる事を説明した、、するとどうだ、益々沢山の局が呼んでくる、日本との時差が30分位しかない事もあるが、これで終わりにしようと思っても沢山の局が呼んできて終われない、、、参ったなー! 私自身も船上からのアマチュア無線は今度が最後になる、今日はサービスしちゃうか、、、と言う事で3時半(日本時間4時)まで運用したがそれでも未だ多くの局が呼んでくる、明日もう一日、QRV(運用)する旨お話し勘弁してもらった。艫のドクターの部屋から自分の部屋のある船首までフライングパッセージを歩いて帰る、今日は十五夜で明るい、パントリーに寄り冷蔵庫から缶ビールを一缶持って部屋でキューッと一杯飲んで寝るか、、、しかーしだ! 気になる台風、今の状態だと明後日に台湾の東側でバッチリと遭遇する可能性があるね、、、

 

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
144おすすめ

TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03928067

QRコード