hamさんのひとり言。

昔の話と今の話。

[今日の話] 北国にも春の足音

2013-02-28

 

2月も今日で終わり、明日から3月、暦の上では春だ、、、今日は朝から晴れ上がり日中は十度を越したようだ。仕事で車を運転していても暖房はいらない、郊外に出ると妙高連山が綺麗だねー、、、田んぼの雪は7~80センチくらいだろうか、思わず車を停めてパチリ、逆光でイマイチだが、写真の真ん中が妙高山、右の端に見えるのが火打山(いずれも百名山)、左の端に見えるのが黒姫山の外輪山の小黒姫(御巣鷹山)だ。こうして頚城(くびき)の山々を見渡すと、主だった山は大体登った事になる、残すは、大倉山、鍋倉山と焼山だ、しかし活火山の、この焼山(2,400メーター)が問題なんだ、現在は登山禁止は解除にはなっているがネ、、、出来る事であれば今年中にはと思っているがはたして、、、。春めいて来ると気持ちがいいねー、、! もうひと月もすれば高田城址公園の花見も始まる、夏山シーズンに向けて体力作りも始めないといけない、家庭菜園の準備も始まるし、、、 忙しくなるねー、、、さー、明日から3月、頑張るぞ―、、、、

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
159おすすめ

女パチンコ狂

2013-02-27

あるパチンコ店に配車になった、、モニターを見ると ○○様 とある、 あー、あの人だな! 大型パチンコ店に着くと入口の前で立っている、あー、間違いない、しかしチョット機嫌の悪そうな顔つきだ、 ははー、多分パチンコに負けたな! 乗車するなり、 ○○○まで、 と一言、勿論家まで解っているんだが、 はい、かしこまりました、、久し振りに来たんだけど、出ないネ、、内心、何が久し振りだね、1週間ほど前にもパチンコ○○○○から、お供しているがネ、、しょっちゅう来ているじゃないですか、と言いたいんだがそこまで言ったら話しが終わってしまう、、いつも家の前まで行かないで近くでタクシーを降りるんだが、お客さん、こちらでよろしいですか? と言うと、いや、そこを曲がって、、家の前に着くと、ちょっと待ってて、お金とってくるから、、タクシー代も無くなるほどスッテンテンに負けたようだネ、、、、。

しかーしだ! 家の中に入って行かれたが、いつになっても出てくる気配が無い、住宅街の中だ、雪で道幅が狭くなっている、こんな時に限って車が来る、その度にバックしたり、まったくよー!タクシー代をとりに行くのに何分かかるんだい、、、と言いたい。4~5分位してやっと出てこられた、運転手さん、家の者が誰もいないんだわ、このままもう一度行ってくれる? 家に入る時にドアーの鍵を空けないでそのまま入って行ったじゃないか、と言う事は家の中に誰かが居ると言う事だろう、、、、変な言い訳をしているねー、、又メーターを入れて元来たパチンコ店に向かった、パチンコ店に着いて先程の料金と今回の料金の合計を告げると、、五百円硬貨数枚で支払われた、、勿論悪い事ではないし、私には関係の無い事だが、、このお婆ちゃん、年金の殆んどをパチンコにつぎ込んでいるんだろう、、、よくパチンコ店へお供する後期高齢者の女性数人、、共通しているのは、どなたも家の前までタクシーで行かないで近くで下車される、お迎えに行く時も家まで行かないで近くで乗車される、恐らく近所のてまえ、、、、、、と言う事だろうがそこまでしてパチンコをしたいものかねー、、、。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                  

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
144おすすめ

正月の帰省、スキー仲間

2013-02-26

高校生活もすっかり慣れて気の合う仲間もたくさん出来た。殆んどが横浜市、川崎市、など神奈川県内が多い、地方から来ているのは数人だ、、ある時、仲間の一人が、 おい○○、お前んとこは新潟だから雪が降るだろう、、 おー、 うんざりするほど雪が降るよ、、 俺達、冬休みにスキーに行きたいんだけどお前んち、行っても良いか、、? と聞いて来た。 おれんとこは田舎だからダメだよ、、 いいじゃんかよー! (これ浜っ子の言葉)、あまり気が進まないんだが、 お前の往復の電車賃、おいらで出すからよ―! 内心、心が動いた、、聞いて見ると四人だと言う、、、田舎に電話してみると、、家は広いので四人でも十人でも良いが、その代わりご馳走はできないぞ、、、と快く了承してくれた。 と言う事で正月の帰省は友達四人も一緒だ、上野駅から金沢行きの急行 白山 で高田へ向った、長野を過ぎて古間(ふるま)あたりから雪化粧、柏原、田口(現、妙高高原)駅に着くと大変な雪だ、おー、すげーじゃん! 内心、 ばーか、そんなに雪が珍しいかヨ、、、。 初日は地元の金谷山スキー場に行ったんだが、スキーは全員、子供のころに1~2度滑った程度、スキー場は狭いし初心者には無理だったなー、おい○○、おまえ上手だな、、、! ときた、2日目、3日目は赤倉スキー場(写真)、関スキー場に出かけた、3日目には全員結構滑れるようになった、チョット滑る腰つきが悪いがネ、、、最後の日はみんなで市内の映画館に出かけた、日活の小林 旭の渡り鳥シリーズだ、女優の浅丘ルリ子、笹森礼子、が人気のあった頃だが、正月で映画館は満員、立ち見も沢山いるしまつ、帰りに高田駅前通りにあった ” 玉八食堂 ” によって支那そば(ラーメン)を食べて(確か70円位だったような気がするが)帰ってきた。そして翌日、又急行 白山号でみんなと一緒に横浜に戻った。今回の帰省はゆっくり出来なかった、今度の帰省はお盆の8月になりそうだ、、、。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
141おすすめ

[郷土の偉人] 上杉景勝(うえすぎかげかつ)

2013-02-25

上杉景勝は弘治元年(1555)11月27日、坂戸城(現、新潟県南魚沼市坂戸)城主長尾政景の二男として誕生した。母は上杉謙信の姉の仙桃院。少年期の名前は卯松、喜平次、顕景、少年期、後の直江兼続とともに雲洞庵で修業し、ここで読み書きはもとより、仏教や歴史、政治などの学問・教養を身に付け、さらに兵法・軍事も学んだ。この時の通天存達(つうてんそんたつ)、北高全祝(ほっこうぜんしゅく)の教えは後の景勝と兼続の精神形成に大きな影響を与えたとされる。永禄7年(1564)坂戸城主長尾政景が溺死し、その後、顕景は上杉謙信の養子となり天正3年(1575)名を景勝と改め、弾正少弼(だんじょうしょうひつ)に叙任された。天正6年3月13日上杉謙信が49歳の生涯を閉じると、養子の景勝と景虎が家督相続をめぐって争った、いわゆる「御館の乱」である。景勝はいち早く春日山城を占領し、御館の景虎と国内を二分して戦った。天正8年(1580)、この乱で勝利した景勝は謙信の遺領を継ぎ越後の大名となった。ところが同9年、新発田重家が御館の乱の恩賞に不満を持ち、織田信長の勧誘に応じて謀反を起こしたが重家を討伐した。天正17年には舟千余艘をもって佐渡に渡り、羽茂本間氏をやぶり越後・佐渡を支配下におさめた。

天正14年、兵士四千人を率いて上洛し豊臣秀吉に臣下の礼をとった。ついで参内し正親町天皇から天盃を賜り、従四位下、左近衛権少将に任ぜられた。16年にも上洛し、従三位参議、中将に任ぜられ、秀吉から豊臣、羽柴の姓と在京料一万石を賜った。 (写真は上杉景勝像、上杉神社蔵)

 

 

天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原征伐に参陣し、上野国松井田城、武蔵国鉢形城、八王子城攻めで戦功をあげた。文禄元年(1592)、朝鮮出兵には兵士三千人を率いて海を渡り熊川城で諸軍を指揮し翌年に帰国した。同3年秀吉から伏見城惣構堀の普請を命ぜられ人夫四千人を連れて上洛し聚楽第で秀吉の饗応をうけた。慶長3年(1598)秀吉の命で会津百二十万石にうつり、徳川家康、前田利家、、毛利輝元、宇喜多秀家とともに五大老に名をつらねた。秀吉の遺言状に「秀頼を補佐してほしい、、、」とあるように秀吉は景勝に秀頼の成長を託した。

秀吉の死後、上洛し翌4年8月、会津に帰ると居城を始め領国内諸城の普請、道路、橋梁の整備、軍備の拡張を始めた。すると越後春日山城主、堀 秀治、出羽角館城主戸沢政盛らは「景勝に謀反の企てあり、、、」と徳川家康に密告した。家康は使者を会津に派遣するとともに、景勝の家老、直江兼続と親しい豊光寺の僧西笑承兌を通じて景勝の上洛を促した。家康は景勝に上洛と謝罪を要求したが景勝が応じようとしなかったので、豊臣政権に対する謀反であるとし、会津征伐を決意するに至った。6月18日伏見城を出発して江戸城に入りここで軍議を開いて会津に向かった。家康の会津征伐である。家康の目的は石田三成に挙兵させる事にあった。家康は小山(栃木県小山市)で軍議を開き会津攻めの策を立てた。これが世に言う有名な「小山評定」である。その最中に石田三成の挙兵を知り、会津の押さえとして結城秀康を残し、全軍を西上させた。9月15日家康は関ヶ原で三成を中心とする西軍を破り覇権を掌中に収めた。

一方、上杉家では10月1日、関ヶ原の合戦での西軍の敗北を知り、直江兼続は直ちに軍を撤退させた。会津若松城では和戦両論が論議されたが翌6年、景勝は家康の子息、結城秀康を頼って上洛、8月8日、家康に謁見して謝罪し、17日、米沢城三十万石に移封を命ぜられた。この時の上杉家の政治工作、情勢判断は実に素晴らしかった、ひとえに直江兼続の手腕によるものと言い継がれている。

慶長19年(1614)の大阪冬の陣、翌元和元年(1615)の大阪夏の陣では先鋒を承り、戦功をたてて家康、秀忠の信任をえた。元和9年3月20日、米沢城で69歳の生涯を閉じた。墓は上杉家御廟所(山形県米沢市御廟一丁目)と高野山(和歌山県伊都郡高野町高野山)にある。 (写真は春日山城址にある景勝屋敷跡)     =参考文献、花ヶ前盛明著、上杉謙信、直江兼続、など=

 

                   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
163おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 幸せを掴んじゃおう ♪ 金田星雄 小宮恵子

2013-02-24

確か以前にも一度アップした事があるんだが削除されてしまった、昭和37年都会に出て昼間大手機械メーカーで働き、夜は定時制高校に通っていた、グラウンドの端に建っていたプレハブの教室、冬の夜は寒い日もある、震えながら授業をうけた事が懐かしく思い出される。鶴見線の国道駅で降りて寮に帰る途中、東海道線、京浜急行線の線路わきの路地を歩いていると大衆食堂、居酒屋から良く聞こえていた曲だ。辛い時などは足を止めて聞き入り故郷を思い出し又元気をもらった好きな忘れられない曲だ、、、。

 

金田星雄さんは元プロ野球、国鉄スワローズ、巨人で活躍した400勝投手、金田正一さんの弟さんだ、国鉄スワローズに投手として入団したが1軍での出番はなく二年で退団し歌手となった。小宮恵子さんとのデュエットで歌った「幸せを掴んじゃおう」が大ヒットした。

清純派美人歌手の小宮恵子さんは石川県金沢市出身で16歳でキングレコードよりデビュー「幸せを掴んじゃおう」が大ヒットし一躍有名スターに、その後ソロで歌った「島のアンコさん」などがヒットした。

 

 

  (1)  幸せは どこにある
      あの雲の 行くところ
      しあわせは 遠いもの
      あの山の その向こう
      そうじゃない そうじゃない
      街角の 工事場に
      横丁の 石垣に
      ポッチリと 止まってる


  (2)  幸せは どこにある
      宝石の 城の中
      幸せは 遠いもの
      七彩の 虹越えて
      そうじゃない そうじゃない
      母さんの 丸い背に
      あの人の ほっぺたに
      ポッチリと 光ってる


   (3) だけど だけど
      幸せは すぐ消える
      幸せは すぐ逃げる
      つかんじゃおう 両手で


 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                   

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(22)
200おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸③] 南シナ海、船上の散髪

2013-02-23

シンガポールを通過した本船は南シナ海にはいり順調に航海を続けている、この時期はよっぽど運が悪くない限り時化る事はない、ただフィリピンの遥か東方海上、カロリン諸島付近に二つの台風が発生し西にゆっくりと進んでいる、小さな台風の子供だが段々と発達してくる可能性が大きいな、、、。朝、目が覚めてベッドでゴロゴロしていると部屋の電話が鳴った、出て見ると司厨長からだ、 次席さん、起きてますか、散髪しますか、、? 以前よりお願いしておいたんだが、はい、お願いします、、 すぐに洗面を済ませて事務室へ、上は裸になり本船の理容室オープンだ、、、少しくらいトラ刈りでも日本に着く頃にはちょうど良くなりますからね、、、 そんな事言わないで丁寧に頼みますよ、、電気バリカンで裾を刈りあとはハサミでチョキチョキとプロ顔負けだ、時々、痛い! ごめん、ハサミが切れないんだわ、、終わって頭のすそを剃刀で剃って終了だ、、、バスルームに行きシャワーを浴びる、鏡で自分の顔を覗くと、、んーん、立派なもんだぜ、 着替えて昼食を食べに艫のサロン食堂へ、ついでに散髪料、缶ビール四缶を持って司厨長へ、有難うございました、散髪代です、一杯飲んで下さい、、、これでOKだ。今日は洋食、野菜スープから始まる、ボーイさんが、次席さん、肉の焼き方はどうしますか、、、 焦げるほど焼いて下さい、、大きな牛肉だが、レストランで食べれば数千円はするだろう、、最後はコーヒーにデザートのオレンジだ、、食事が終わり冷房のきいた船内から外に出ると焼けるような暑さだ、フライングパッセージを歩いていると約15ノットのスピード(時速約28キロ)で走っている本船、自然に起きる風が気持ちが良い、左舷水平線を見ると南下している大型タンカーが見える、これからペルシャ湾に向かうんだろう、、ざまーみろー、こちらはあと一週間で日本だわ、、、

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
179おすすめ

荒瀧六郎の碑

2013-02-22

 

国道253(大島線)上千原地内、R8号線三ツ屋の交差点から十日町方面へ向かい、福田、福橋を過ぎて暫くで北陸高速の下をくぐるが、約100メーター程手前に右に曲がるT字路があるが、(上千原、中真砂方面に行く)このT字路から20メーター程東に(十日町方面)に行ったところの左側の民家の一角に案内板が建ち、その隣に石碑が建っている(写真) 。好奇心旺盛と言うか物好きと言うか以前から仕事で通るたびに気になって仕方がなかった、、丁度T字路の交差点に近い為、脇見運転はできない、、、丁度こちら方面にお客様をお供してきたので、よし、帰りにタイミングがよかったら思い切って見ていこう、、、空車になり現場近くに来たがこの辺に来ると配車になる可能性があるんだが、ちょうど駅前の待機の車が10台以上ある、チャンスだな! 2車線の国道で結構、車の通りも多いし、長居は無用だ、誰に見られるかもわからないしネ、、、車を目立たないT字路を左折したところに停めて道路を横断し雪の中を現場に来て見た、、、好きだねー! 案内板には、、

 

荒瀧六郎の碑

江戸時代には相撲が広く普及し、庶民は草相撲や辻相撲を楽しんでいました。一時衰えましたが、明治二十年ころから伝統を見直す風潮が生まれ、再び盛んになりました。大正三年(1914)17歳で相撲界に入った小林六郎は、「千歳野」の名で活躍しました。大正七年頚城三郡の大関に昇進し、同十五年には横綱を張って一世を風靡しました。昭和三年に現役を引退し、年寄荒瀧を襲名して後進の指導にあたりました。なお近隣からは、師匠の荒瀧勘六をはじめ荒浪など草相撲で活躍した多くの力士が育っています。  平成四年    上越市

 

しかーしだ! 看板を眺め写真を撮っていると、 ピピー、 クラクションの音が、びっくりして後ろを振り向くと、しまったー、我社のタクシー(プリウス)が通過して行った、多分、 あいつ、仕事中に何やってんだ! と思ってるに違いない、悪い事はできないネ、、、

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(69)
158おすすめ

気の合うお婆ちゃん

2013-02-21

ある住宅街に配車になった、、高齢のご夫婦が出てこられたが、ご主人は歩くのがやっと、奥様は付き添いの介護士みたいなもんだ、今朝は雪が少し降り冷え込み凍結して滑るんだが、、奥さまが、ほら、滑るしけ転びなんな(滑るから転ばないように)、ほら、頭ぶつけなんな(頭をぶつけないように)、、 ご主人、 おー、解ってんがな、うっさいなー、(解っています、うるさいねー)、 転ぶといけんしけ、せってんだねかね(転ぶといけないので言ってるんじゃないですか) うっさいなー(うるさいなー)、、、たまりかねて、 お客さん、喧嘩しないでください、、行き先は○○医院、 まー、運転手さん聞いてくんなえ(聞いてください)、この人、私の言う事なんか聞かないんですがネ、、よーく、せってくんなえ(よーく言い聞かせて下さい)、しばし困ったが、 ご主人、歳をとったら奥さんの言う事を聞いていれば間違いないですよ、、、 ほらみなえ(ほらみなさい)、運転手さんも、せってなんねかね(言っておられるじゃないですか)、、 ご主人、 あー、解ったでね、 ほんとに解ってんのかねー、、

 

ある住宅街から乗車の90歳近いだろうか、お婆ちゃん、行き先はお医者さんだ、お孫さんが最近車の運転の仕事をされているんだそうだが、お婆ちゃん、冬なんか車の運転、大変ですヨ、自分で運転するように成って良く解ります、タクシーの運転手なんて大変だねー、、 と言ってました。 と嬉しい事をおっしゃる、、すると、失礼ですが運転手さん、おいくつですか? と聞いてこられた、、 えー、私はまだ6○歳ですよ、、 すると、 えッ、運転手さん、そんなにいってるんですか、、、 これって、私が若く見えたって事なんだろうか? えらいですねー、、いえ、お客さん、私はこの仕事が好きなんですヨ、、、

 

ある住宅街から乗車のお婆ちゃん、行き先は病院だ、昔は百姓育ちでご苦労されたそうだ、百姓育ちの私も子供の頃、田植えには定規持ち(こうし持ち)、田植えが終わって1~2ヶ月経つと、田んぼに入り、ゴロと呼ばれる道具を使いました、秋になると刈り取りをしたばかりの重い稲を、乾燥させるはさまで担いで行きました、、脱穀など色々と大変だったお話をすると、、運転手さんもそんな経験があるんですか、今の若い人にこんな話をしても、時代が違うわね、、、と言われるのがおちですヨ、、、久し振りに昔を思い出しました、と喜んでおられた、おまけに下車される時に、百円硬貨を二枚おいて、コーヒーでも飲んで、久し振りに楽しい思いをした、、、と嬉しい事を、、、

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                   

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
192おすすめ

[今日の話] 嬉しくない誕生日

2013-02-20

 

チリリーン、 チリリーン、チリリーン、、、 Skype のベルが鳴った、リモコンのOKボタンを押すとテレビの画面が Skype の画面に切り替わり 乃愛ちゃん、真愛ちゃん、リク、の顔が映し出された、 (写真)、乃愛(のあ)ちゃんが、 「じいちゃん、おたんじょうび、おめでとうございます、、、、」   有難うねー!  6○歳の誕生日を迎えた、、若い頃は還暦を過ぎたような人を見ると、、爺さ(じさ)、と馬鹿にしたもんだが、いざ自分がその様な年齢になるとチョイと複雑だ、ましてや還暦を遥かに過ぎたぜ、、、最近は一日が短く感じられ、あれもしたい、これもしなければ、 一日が30時間くらいにならないかな―、、一年が500日位にならないかな―、、、と思うこの頃だ、春になればウォーキング、ジョギングも始る、益々時間が足りなくなる、、、でもこの位が良いのかもしれないネ、朝起きて、今日は何をしようか! なんて考えるようじゃ呆けるかもね、、いまだ元気に働ける事に感謝だ、、、

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
160おすすめ

上越火力発電所

2013-02-19

 

朝一番であるホテルから中部電力上越火力発電所内の大手メーカーまで数名の若いスタッフをお供した。以前はこの時間帯、海岸通りは発電所建設地へ向かう車で渋滞したほどだ、車のナンバーを見ると北は北海道から南は九州、沖縄まで様々な県の車のナンバーを見る事が出来た。近くに大きなプレハブの作業員宿泊用の2階建ての施設が5棟くらいあったが数ヶ月前撤去された、又近くのコンビニも朝は弁当などを買う作業員で混雑していたが最近はそれほどでもなくなった。発電所敷地内にはピーク時は大手企業の2階建ての大きなプレハブ現場事務所が十数棟あったが今は半分以下に減ったな。ピーク時は仕事で殆んど毎日建設地に来た、多い時は一日数回来る事もあった、しかーしだ!  最近は来ない日も結構あるなー、、、私がこの仕事を始めた(新米ドライバー)ちょうど6年前、発電所の建設工事が始まった、当時はおびただしい数の杭打ち機が杭打ち作業をしていた(写真下)、いわば発電所の建設工事とともに歩んで来たと言っても過言ではない、それだけに愛着と言うか親しみがある、今は工事の進捗率は7~80%を過ぎたのではないだろうか、4つの発電機のうち1、2号機は既に営業運転に入っている、3号機が試運転に入り夏前には営業運転に入る、4号機はちょっと遅れて来年の5月に営業運転に入ると言う。最近はクレーンの姿も見えなくなった、 (写真上、2/12撮影)、威容をほこる現在では国内最大級と言われる容量18万キロリッターのLNGを保管する3つのタンクのうち2つは既に稼働しているし、残り一つも間もなく完成するだろう、最近はLNGを積んだタンカーの入港も多くなった、夏頃には26万キロリッター積める世界最大のLNGタンカー(Q-MAX)も入港予定と言う、恐らく長さは330メーター、幅も60メーターくらいあるだろう、、、

 

 

敷地内の緑化工事も昨年の秋頃より始りだいぶ進んだ、春には花が咲き綺麗な緑が見られるだろう、スタッフ用の独身寮も完成して既に稼働している、地元にもたらした経済効果は計り知れない、、何だか寂しくなるねー! 、、、

 

 

同じ埋め立て敷地内で後を追うように始った国際石油開発帝石(INPEX)のLNG備蓄基地の工事(写真上)も来年の操業開始にむけピークを迎えている、既にLNGタンカーが着桟する荷役設備の工事は終わっているようだな、、、間もなく敷地内の緑化工事も始まるであろう、、、この二つの大プロジェクト工事が終わりに差しかかる頃には私の 新米ドライバーの仕事も終わりを告げるだろう、、

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(94)
187おすすめ

自作送信機、完成

2013-02-18

 

 

 

電話級アマチュア無線の国家試験に合格、念願の受信機が完成し、決して立派とは言えないがアンテナも上がった、後は送信機だ、、、しがないアマチュア無銭家だ、一番ポピュラーな3,5/7MhzのA3送信機を作る事にしている、休みの時は秋葉原に通い続け、リードのアンプケース、真空管、抵抗、コンデンサー、トランス、メーター、、、などなど部品を少しづつ買いそろえた、帰りは電車賃をうかせるため当然?キセルだ、(もう時効だから言えるがネ)運が悪く車掌が検札に来ると前の車両に移動して次の駅で降りて又次の電車に乗車する、確か最低運賃が20円だったような記憶がるが、、、苦労したねー!、、、 ???

 

郵政省関東電波監理局(現、関東総合通信局)に無線局の開局申請も既に申請済みだし、部屋の万年床に近い布団は座布団かわりでもある、布団の上でハンドドリル、シャーシパンチでシャーシに穴を空け部品を取り付ける、コイルはボビンに手で巻く、、、みーんな手作りだ、半田ごてを持って部品を配線する、半田のクズが布団の中にいっぱい落ちる、夜寝ると半田のクズがチクチク痛いんだ、、、慣れるとこれが又快感だ、、、写真上は開局当時の無線設備、受信機(9R-59)の上が3,5/7Mhz送信機、その上がスピーカーと自作のVFO,左側一番下が電源制御盤??だ、その上が送信機電源、その上が変調機、その上が予備のアンプケースだ、、、、 写真下が数十年後、一番アクティブの頃の500W無線局、、だいぶ違うね、、、

 

 

 

 

アンテナが上り、念願の無線機が揃うとチョットいたずらをしてみたくなるってもんだ、、はたして自分の作った送信機からうまく電波が出るんだろうか、、当時の7Mhzは今のように混みあっていない、バンドの空いているところでVFOでキャリブレをとり同調をとり無変調で電波を出してみた、計算では10W位は出ている筈だが、送信を辞めると同じ周波数で強力な電波が飛び込んで来た、んッ、、又電波を出してみた、送信を辞めると又強力な電波が、、、、、???、試しにもう一度、電波を出してみた、すると又強力な電波が、、そして、 誰ですか? と言ってきた、 とっさに、こちらは、 俺だ! と言うと、相手が、俺って誰ですか、コールサインは? と聞いて来た、、当然まだ局免許は来ていないのでコールサインなんてのは無い、困ったなーこちらは越後の、みつえもんだ! と口から出てしまった、なんだ、アンカバーか、、 と言うが、これでちゃ―んと電波が出ているのがわかったし一安心だ。

 

しかーしだ! ちゃんと電波が出ているのが解ると免許が来るのが待ち遠しい、と言うか、待てない、アマチュアバンドを少し外れたところ(オフバンド)でアンカバー局だ、どなたか聞こえませんか、こちらは越後のみつえもんです、、すると、越後のみつえもんさん、こちらは秋田のなまはげです、、と応答があった、いやー、秋田県まで届いたか、、、興奮してマイクを握っていたのが思い出される、あまり長くやっていると、捕まるといけないので数分で止める、免許が来るのが待ち遠しいねー!、、上の写真は開局当時の粗末なアンテナ、下の写真は一番アクティブな頃のアンテナ、だいぶ違うね、、、

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                

固定リンク : コメント(4) / トラックバック(0)
205おすすめ

今日の直江津港 LNG タンカー EXPEDIENT

2013-02-17

 

 

 

 

つい先日(12日)の火曜日に中部電力上越火力発電所の専用桟橋にLNG タンカーが入港したばかりだが、今日又第16船目となるLNGタンカーが入港した。私の調べた限りでは昨日の昼頃に着予定が時化で多少遅れて夜に沖に着いて沖待ち、今日の11時頃に着桟したようだ、今日は晴れ間も覗くまーまーの天気、しかもだ、10時過ぎフロントから船が入港するので乗組員の上陸用のジャンボタクシーの運転を依頼された。ついてるねー! 駅前のホテルから乗船する8人の乗組員を乗せて発電所へ、フィリピンの乗組員だが恐らく部員の乗組員だろう、航海士、機関士などの士官はヨーロッパの国籍の乗組員だろう、オレンジ色の船体が綺麗なベルギ―船籍の船だ、2010年に建造された、まだ新しい船だね。お客さんを降ろして比較的近くでじっくりと眺めてきた、そしていつものシャッターポイントでパチリ、、、 (写真)、

 

午後上陸する乗組員を迎えに行くと50歳代と思われる男女が乗車して来た、、 多分キャプテン(船長)と奥さんだろう、久し振りの上陸であろう、(積地のペルシャ湾では上陸はしてないだろうからネ、、)嬉しそうに話しているが言葉はチンプンカン、、、ドイツ語に似ているが違うね、フランス語ではないし、多分オランダ語だろうな、、(ベルギーの公用語はフランス語とオランダ語だがドイツに接している地方はドイツ語を話すやっかいな国)、市内の大型ショッピングゾーンまでお供したが、、。

 

” EXPEDIENT ”

 

  • 総トン数     100,361 トン
  • 重量トン      83,166 トン
  • 長さ          292 メーター
  • 幅            43 メーター
  • 満載喫水       11,8 メーター

 

16~7万キロリッターのLNGを積んで来たのでは無いだろうか、明日の昼過ぎには出港し、又1ヶ月以上の航海に出る、、、 Bon Voyage 、、、

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(7)
197おすすめ

[今日の話] ついに壊れた!

2013-02-16

パチパチ、、ピューン、、、、昨夜、夕食を食べていると、リンナイ ガス ファンヒーター (RC-406) (写真)から異音が発せられた、何だ! 慌ててファンヒーターの電源を切った、ついに寿命がきたか! 焦げ臭い匂いがする、裏の吸気部分に触ると熱くなっている、電子部品が焼けたんだろう、、数年前より、このファンヒーター随分長持ちするなー、、そろそろ寿命が来るだろうなー、、 と心配はしていたんだが、とうとうその時がきたようだ、、。 以前は居間で、現在は食事をする所で11月頃から4月頃までの約半年間、我が家を温めてくれた、20数年前に買った製品だ、この間一度も故障する事も無く働いてくれた、治るかどうかは解らないがメーカーに修理依頼も考えたが、たとえ治ってもその先どのくらい使えるか、、、愛着が有り寂しい気もするが廃棄する事にした。昔の製品は頑丈で長持ちだね、しかし最近の製品はこうはいかないだろう、、、断腸の思いだが、長い間ありがとうねー、、、

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
157おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸③] シンガポール通過、

2013-02-15

スリランカのドンドラヘッドを通過した本船はインド洋、ベンガル湾を横断してマラッカ海峡に入った、左舷にマレー半島、右舷にインドネシアのスマトラ島が見渡せる。大小たくさんの船とすれ違うが三分の一くらいは日本船のようだ、さすがは海運国日本だ、(残念だが今は違うネ)。そしてシンガポール海峡だ、シンガポールの高層ビルが手に取るように見える、そしてたくさんの船が停泊している(写真)、この海域は何回通ったろうか、30回近くは通ったろう。しかしこの光景を眺めるのも今回が最後になりそうだ、、、少なくとも海から眺めるのは最後だ。こうしてシンガポールを眺めていると、以前に日正丸で大分県の津久見市からセメントを積んでシンガポールに入港した、そして港外で沖待ちをしている時に、よりもよって本船のホイップアンテナに雷が落ちてアンテナが破損してしまった事、沖待ちの時に小さな船で現地の住民が船にお土産を売りに来るんだが、値切りに値切って べっ甲亀を買った事などが懐かしく思い出される。夜には南シナ海に入るだろう、、、。

 

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(83)
181おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] 「海」 松原遠く、、消ゆるところ、、、

2013-02-14

朝から春を思わせるような天気、厳しかった北国の冬もようやく終盤かな、、18日は二十四節気の雨水だ、仕事で海岸線を走っていると太陽の光がベタ凪の日本海に反射して眩しい感じさえする。つい2日前までは連日の荒天で大時化が続いていたのに信じられない光景だ、やっぱり晴れは良いネ、、思わず歌を口ずさんでしまう、、  松原遠く消ゆるところ、白帆の影は浮かぶー、、、、 と、、、

一)

 松原遠く消ゆるところ、
 白帆の影は浮かぶ、
 干網浜に高くして、
 かもめは低く波に飛ぶ、
 見よ、昼の海、
 見よ、昼の海、


 (二)

 島山闇に著(しる)きあたり、
 漁火、光淡し、
 寄る波岸に緩くして、
 浦風輕く沙吹く、
 見よ、夜の海、
 見よ、夜の海、


この小学校唱歌 「海」 の作詞、作曲者は我が故郷が生んだ、音楽教育の母 と呼ばれた小山作之助である事を知っている人は何人いるだろうか、殆んどの資料では作詞、作曲者不詳となっている。小山作之助は29歳で最初の歌曲集「国民唱歌集」を 発表し、唱歌、軍歌、校歌、などたくさんの曲を作ったが「作曲者不詳」として自分の名前 を出さなかったものが多かった為と言われている。この曲は大正2年(1913)に発行された「尋常小学唱歌」にて発表され、地元の大潟町(現、上越市大潟区)の海岸の景色、昼と夜の海の情景を歌った曲である。昭和16年(1941)に発表された「海は広いな 大きいなー」の歌い出しで始まる童謡「海」とは同名異曲である。他にも、卯の花の匂う垣根に、ほととぎす、、、で有名な「夏は来ぬ」、「漁業の歌」、、、、などが有名である。

地元の人でさへ知らないのに他所の人は尚の事、知る由もない、、地元出身の偉人が作曲した曲を列車が着くたびに駅のホームで流している駅を幾つも知っている、地元の関係者は何故もっと宣伝しないのだろうか、、この地は歴史に残る偉人をたくさん輩出している、、、又この地には名所、史跡がたくさん存在する、これほどの地は国内にはそうはないだろう?、行政、関係者が努力しているのは解るんだが、失礼ながら何かポイントがずれているような気がしてならない、2年後には北陸新幹線も開業し首都圏から僅か1時間45分位で来れるように成る、一日観光して日帰りでも十分楽しめる、近くには温泉もたくさんある、ゴルフ場もたくさんある、ご飯、肴、酒も美味しい処だ、週末ともなれば新幹線が着くたびに観光バスが発車するようになると良いんだがねー、、 そう言う日が来る事を夢み、願っている、、、。
 

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
12おすすめ

[今日の話] 今日の一日、知遊堂(ちゆうどう)

2013-02-13

 

 一週間振りの休み、いつもより2時間ほどゆっくり寝て6時半頃起きる、、目覚ましで無理やりに起きるのと違い自然に目が覚めたのは、さすがに気持ちが良い目覚めだネ、、パンとコーヒーで朝食を食べながらいつもより念入りに朝刊に目を通す、テレビを点ければ北朝鮮の核実験に関する番組が多い、全くややこしい国だネ、、パソコンを覗いてメールなどをチェック、神さんに頼まれた、風呂掃除、各部屋の掃除機かけ、をこなして久し振りにテレビを見るがウィークデイの日中、高齢者用の通信販売の宣伝ばっかだぜ、1時間ほどテレビを見て、怪我をして狭いアパートで退屈している同僚に電話、待ってましたとばかりに二人で軽く昼食を食べに出た。食後、大型書店に併設している喫茶コーナーへ、1週間前にも来たんだが結構お客さんが入っている、家事が終わった家庭の主婦だろうか、買った本を読んでいる人、若いグル―プ、大学生と思われる学生が一生懸命にノートに何か書いている、完全にガラスで仕切られた隣のスペースでは喫煙が出来る、こちらもテーブルがふさがっている、お客の半分以上は女性客だ、二人でドリップしたコーヒーとケーキを頼んだ。このお店、以前は大型スーパーが入っていたんだが近くに移転し、その跡にオープンした大型書店だ(写真)、10:00~24:00まで営業している。駐車場も100台以上は楽に駐車できるが、いつも7~8割はうまっている、広い店内に整然と書棚が並び、広い文具スペースもある、別に宣伝をする訳ではないが、お店の名前は 知遊堂(ちゆうどう)と言う、全国チェーンのお店かと思ったら県内の新潟、三条、に店舗があるようだ。市内には他に 戸田書店、蔦谷などがあるが私が見た限りではここが一番人気があるように思うがネ、、地方は車社会、広い駐車場の無い店舗は商売は難しくなっている、昨年も市内では最も歴史があると言われた書店も閉店された。ドリップしたコーヒーとケーキを頼んで二人で二時間ほど喋りまくって帰ってきた、、、。

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
210おすすめ

今日の直江津港

2013-02-12

 

 

 

 

7日の朝、久し振りに中部電力のスタッフを仕事でお供した、お客さん、今度LNGタンカーはいつ頃入るんですか?  すると、 えー、明日ですね、その次は10日後の予定です、、と意外な言葉が帰ってきた、先月の28日に第14船が入港したばかりだぜ、それにしても最近は激しいネ、、、しかーしだ! 翌日からは大荒れの天気が続いた、8日の日は勿論入ってこなかった、9日の日午後より時々晴れ間が覗いたが又風雪がが強まってきた、夕方仕事が終わり、急いで港の方に行ってみるとタグボートが4はいの姿が見えない、えー、こんなに風が強いし、視界が悪いのに着桟するか、、、海岸通りに出たが全く視界が悪く150~200メーターくらい、しかも暗くなり始めている、こんなのに着桟するのかなー、、、? 暫く待ってみたが姿が見えない、これじゃ写真も撮れない、明日朝にしよう、、翌朝又出勤前に海岸線に来て見たが依然として時化ている、勝手にイライラしたが、今日ようやく天気も落ち着き晴れ間が出てきた、今日は間違いないだろう、、朝、仕事で南埠頭の前を通るとタグボートに乗組員らしき人が乗船していた、間違いないな、昼頃、郷津海岸を通ると、火力発電所の専用桟橋に着桟している姿が見えた。第15船目となる、

夕方仕事が終わり一目散に海岸通りのいつものシャッターポイントへ、、あれー、この船、昨年の11月にも入ったなー、、同じ船かどうかは不明だが同じ船主であるのは間違いない、、 LNG ENUGU  総トン数 97,561トン  重量トン数 83,160トン 恐らく150、000 キロリッター位のLNG(液化天然ガス)を積んで来たんだろう、ノルウェ―の船のようだ、明日の昼頃には出港するだろう、、、。

 

 

 

東埠頭には25,000トンくらいの材木船 (写真上)が入港していた、この船、年に数回、直江津港に入港しているね、、西埠頭には10,000トンくらいの随分古い船が着桟していた(写真下)、他に2,000トンくらいと数100トンの外航船が2はい入港していた、、、。

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
149おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 愛と死をみつめて ♪ 青山和子

2013-02-11

 
 
 
 

      

愛と死を見つめて

作詞:大矢弘子
作曲:土田啓四郎      唄: 青山和子

まこ・・・・
甘えてばかりで ごめんネ
みこは、とってもしあわせなの
はかないいのちと しった日に
意地悪いって 泣いたとき
涙をふいて くれた・・まこ

まこ・・・・
わがままいって ごめんネ
みこは、ほんとにうれしかったの
たとえその瞳は 見えずとも
ふたりでゆめみた 信濃路を
せおって歩くと いった・・まこ

まこ・・・・
げんきになれずに ごめんネ
みこは、もっと生きたかったの
たとえこの身は 召されても
二人の愛は 永遠に咲く
みこのいのちを いきて・・まこ

 
 

愛と死をみつめて』は実存した大学生河野 実(まこと)さん、(マコ)と難病の軟骨肉腫に冒されて21年の生涯を閉じた大島 みち子(ミコ)さん、との実際の3年間に及ぶ純愛文通を書籍化したものであり、昭和38年に出版されて160万部を売り、大ヒットとなった。

TBS系の「東芝日曜劇場」で放映され、日活で浜田光夫、吉永小百合、主演で映画化され空前の大ヒットとなった、歌手、青山和子でレコードが発売されてこれも大ヒット、その年のレコード大賞に選ばれた。その後も映画化されたりテレビなどで放映されている。主人公の河野 実さんは現在、コンサルティング会社を経営されていると言う記事を以前に見た事があるが、、、。

 

 

兵庫県の県立西脇高等学校に通うミコ(本名、大島みち子)は、顔を難病の軟骨肉腫に冒されていた。そして大阪大学付属病院に入院した際、同じ病棟で大阪府出身で長野県に疎開し、長野県の伊那北高校出身の浪人生マコ(本名、河野 実)と出会い、お互いに阪神タイガースファン同士で意気投合し文通を始める。その後ミコが京都の同志社大学、マコが東京の中央大学へ進学してからも文通は続き、ミコの病気が再発して再入院した後も、マコは夏休みに大阪駅のホームでビール売りのアルバイトなどをしてミコを励ます。夏休みが終わって東京に戻ったあとも、ミコはマコとの文通が闘病生活の大きな支えになっていた。マコはその後もアルバイトをして長距離電話で励ましたり、旅費を工面して阪大病院を訪れるなどして2人の愛はますます深まるばかり、しかしミコの病状は悪化をたどり、手術で顔の半分を失うがさらに病気は悪化していく。そしてマコの願いも届かず、22歳の誕生日の前日にミコはこの世を去って逝った、、、、、。

 

病院の外に、健康な日を三日ください。

 

 一日目、私は故郷に飛んで帰りましょう。

 

   二日目、私は貴方の所へ飛んで行きたい。

 

     三日目、私は一人ぼっちで思い出と遊びます。

 

       そして静かに一日が過ぎたら、三日間の健康をありがとう、

         

            と笑っ­て永遠の眠りにつくでしょう

 

東京オリンピックのあった年の暮れ、横浜で働いていた私は、川崎の映画館に吉永小百合、浜田光夫、主演の「愛と死を見つめて」を見に行った。二人の愛情に胸が熱くなり、柄にもなく何度も涙を流した、ハンカチなんて上品な物は持っていない、館内が暗くなると手で涙を拭いたのを昨日のように思い出す、、、、。

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(1)
206おすすめ

連日の大忙し

2013-02-09

勤務が休み明けの今日までの3日間は悪天候で大忙しだったね、一昨日と昨日の昼頃までは積雪の他に猛吹雪が加わって大変な二日間だった。そこそこの積雪があるとまず道路の渋滞から始まる、特に朝は駅からの電車の乗り込みがある、予約を頂き時間を指定してある場合は先ず、その時間までにお迎えに行かなければいけない、道路が渋滞したので迎えが遅れました、、なんてのはあまり理由に成らない、ましてや指定した時間までにお迎えに行けなくて、乗車予定の電車に乗り遅れた、、なんて事になれば大変だ、 おまん、くんの遅かったしけ電車に乗りおくんたねかね、! (貴方が迎えに来る時間が遅れたので電車に乗り遅れたじゃないですか)、どーしてくれんね、、、! (どうしてくれるんですか)、と言う事になる可能性があるから気を付けないといけない、ましてや雪があると運転も2~3倍気をつかう。日中は高齢者のお客様が多いんだが雪が降ったりすると急に忙しくなる、 こんな雪があるのに滑って転んで骨折でもしたらタクシー代に替えてらんねわね、、と、こーなる。早朝あるお宅に配車になった、行き先は隣の市の総合病院まで、女性のドクターだ、見送りに出た母親、運転手さん、道路が凍っているから運転、気をつけて下さいね、内心、そんな事わかってますがネ、、と思うが、有難うございます、気をつけて行きます、、乗車して、運転手さん、私こんな凍結して吹雪の時なんか怖くて運転できません、、二人にプレッシャーをかけられて運転だ、急ハンドル、急ブレーキなんて当たり前だが、ブレーキもポンピングブレーキ、車間距離、おまけに対向車線からスリップして突っ込んで来ないか、にも気を付けて、、時々、猛吹雪になる、視界が悪くライトをつけても見難い、おまけに忙しいってもんだ、どっと疲れる、会社から荒天手当でももらいたいもんだネ、。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ    

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
124おすすめ

アマチュア無線局開局準備、アンテナ立て、

2013-02-08

 

恐らく戦前に出来た建て物であろう、恐ろしく古い木造2階建ての寮(写真)に入寮して7ヶ月ほど経ったある日寮長が、君は定時制高校にも行っているし勉強もしないといけないだろう、帰りも遅くなるし一人が退寮したので同室の○○君はそちらに移ってもらうから君は一人で部屋を使っていいよ、、、と嬉しい話が、ついでに寮長にアマチュア無線の国家試験に合格したのでアマチュア無線局を開局したいんだが屋根にアンテナを立てても良いか尋ねると、建物も古いし他人に迷惑がかからなければ良いよ、、と許可も頂いた。宮城県出身の方言丸出しの、寮においては親代わりのようなもんだ、奥さんと中学、高校の女の子が二人同じ寮に住んでいる。

休みにアンテナを立てる事にした、同じ寮の3号館にいる山形市出身の同僚のK君、どう言う訳か馬が合い良く彼の部屋に遊びに行ったんだがアンテナを立てるのを手伝ってもらう事にした。7Mhz用の折り返しダイポールアンテナ(フォールデッドダイポールアンテナ)にする事にした。秋葉原に行きテレビアンテナに使う300Ω(オーム)のフィーダーを買ってきて使う事にした、一番簡単で安上がりに出来るわけだ。問題はアンテナを上げるポールだ、寮の2号館の裏に何に使ったのか知らないが、多分足場かなにかに使ったんだろう丸太が数本あるのに目をつけておいたんだが、寮長に尋ねると快く使っていいと言う、屋根に穴を空けるなよ、、! 二人でアンテナ立てが始まった(写真、右がK君、2階の写真左の部屋が私の部屋だ)、チョット見苦しいが何とかアンテナが上った、まー、寮も古いから文句も出ないんだろう、、、。あとは送信機は自作でいくことにし 3,5Mhz 7Mhz で開局申請の準備にかかった。

 

折り返しダイポール(フォールデッドダイポール)

 

全長が1/2波長のダイポールアンテナと平行に、もう1本の導線を設け、それぞれの両端を短絡した構造で、インピーダンスはダイポールアンテナの4倍の約293Ωとなる為300Ωのフィーダーでそのまま給電出来る。通常のインピーダンスが50Ωまたは75Ωの同軸ケーブルで給電する場合には、インピーダンス変換の(バラン)が必要になる。

 

古いとは言え、青春時代の4年間を過ごした懐かしい寮だが、一昨年の11月、久し振りに上京し、かねてから思っていた当時の懐かしい地を40数年振りに巡ってみた。当時の寮の跡は想像していた通りマンションが建っていた(写真) 。

 

 

 

 

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(161)
215おすすめ

[今日の話] 昔の思い出、 ソロモン諸島沖 M8.0

2013-02-07

 

昨日は仕事が休みで昼過ぎテレビをつけると、南太平洋のソロモン諸島沖で10:12(日本時間)マグニチュード8.0の強い地震があり日本にも津波注意報が発令されている旨の放送が、、、、若い頃の船員時代を思い出した。

 

赤道を通過して2日目、本船、佐賀関丸/JKST 19,000重量トンは、天国に一番近い島 ニューカレドニアに向かってソロモン諸島沖を南下していた。    さーて、もうすぐワッチ(当直)も終わるし夕食か、今日のご馳走はなにかな、、? まもなく外で、(無線室の前あたりで) ボーン と言う大きな反響音が聞こえた、 何だ! エンジンルームで何か爆発でもあったか、、聞こえてきたのは外の方からだ、衝突したのか! 頭をよぎった、しかしそのような衝撃は無かった、ポールド(窓)を覗くとその様な物は見えない、キャプテンが部屋から出てきてブリッジの階段を早足で登って行く、間もなく、 ストップ、エンジン、 エンジンが止まった、無気味なくらい静かだ、クジラとでも衝突したのかな、、、? 通信長も部屋をでてきて無線室に、何の音だネ、、 クジラと衝突したんだろう、、 この海域は第2次世界大戦の激戦地だ、沈船(沈没している船)を引っかけたのか、、 しかしこの海域は水深数百メーターある、ちょうどデリック(荷役に使うウインチが付いているところ)が落下したような音だ、、キャプテンの指示で甲板部がデッキに集合した、船が止まり本船の救命艇が降ろされチョフサー(1等航海士)など数名が乗り込み本船の周りを点検する事に、 しかーしだ! 目視では船体には異常は認められない、 オイオイ、浸水して夜中あたりに沈没は無いだろうな、、 不安が頭をよぎる、全く原因がわからない、謎に包まれた大音響だ、、、1時間半後、本船は又ニューカレドニア向け動き始めた、段々とエンジンンの回転をあげて、フルアヘッド(全速前進)、早々に夕食をきりあげて又無線室へ、当直の通信長はFAXで共同ニュース(JJC)を受信している、、すると、 んッ、さっきの音、これじゃないか!  ソロモン諸島沖で大地震、、、、、 地震発生時間などを見ると同じ時間だ、通信長が、キャプテンに連絡してくれ、、キャプテンが無線室にやってきた、恐らく航行海域付近で大地震があったんだろう、、という結論になった。勿論キャプテンはじめ通信長も長い船員生活で初めての経験と言う、この大反響音のメカニズムは素人の私には説明できないが、恐らくボートなどでは聞こえない音だと思う、大型船であった事、空船でハッチ(船倉)は空っぽであった事、などなど色々な条件が重なって地震のエネルギ―波が船体に当たり聞こえた音と思うが、、、勿論、間違いかもしれないが、貴重な経験をした。私の知る限りでは過去にも何回かソロモン諸島付近での大地震が報道されている、その度にこの貴重な謎の経験を思い出す、、、。

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
136おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸③] ドンドラ岬通過、休暇下船決まる

2013-02-06

10時過ぎに目が覚めたが昨夜はワッチが終わってから、一人でかなり飲んだようだ、ビールを一缶飲みほしてウイスキーをロックで3~4杯飲んだろうか、顔がほてっているのがわかる、腰にバスタオルを巻き付けてバスルームへ、海水風呂に浸かりシャワーを浴びて部屋に戻るとボーイさんが部屋掃除に来ていた、 次席さん、今航休暇下船ですか、? んー、交替者がいればその予定だが、、 すると、 マージャンのメンバーがいなくなり困ったなー、、 と言う、 下手くそがいなくなり、まきあげる相手がいなくなるもんなー、、! いやー、そー言う意味じゃないんですが、、このボーイさんも麻雀は初心者で下手な私がちょうど良い相手のようだ、、、ポールド(窓)を覗くと白波がたちインド洋は時化ている、南半球では冬だ、先程セイロン島(スリランカ)のドンドラ岬を通過したようだ。サロン食堂に行き昼食を済ませ午後のワッチに入った、キャプテンが食事に行く途中、電報送信ノートを持って無線室に来た、本社宛ての電報だ、 ホンヒ1015ドンドラツウカ、ヘムイサカイ1ヒヒル」センテウ (本日10:15ドンドラ岬通過、ETA(着予定)堺1日昼」船長)、ポットでお湯を沸かして、まず熱いコーヒーを一杯飲んでからだ、、いよいよ日本の海岸局との通信も再開だ、長崎無線局/JOS、銚子無線局/JCS に電報があるのは前もって両局のTL(一括呼び出し)でわかっている、この海域からの日本との通信は結構大変だ、、、16:30JSTの長崎無線局の一括呼び出しの後QRY(通信の順番をつける)のタイミングを狙う事にした、22Mhz帯で5番目に連絡が取れた、本船の順番がきて通信を始めると3通の電報があると言う、2通は乗組員個人宛、そのうちの一通はあまり知らせたくない内容の電報だ、もう一通は家族から堺に訪船するという内容の電報、残りは本社からの電報だが、以外にも堺での交替電報だ、今航はいやに早く来たなー、! 今航は7名の乗組員が交替する予定だが、受信すると全員の交替が決まった、やったー、下船が決まった! その後、銚子無線局と交信し1通の個人宛の電報を受信し、ワッチが終わり夕食を食べに行くと同じテーブルのセコンドオフィサー(2等航海士)が、次席さん、今航休暇下船で、この次も又本船ですか、ときた、 いやー、本船(タンカー)に続けて3回乗船したんでこの次は日寿丸(ニューカレドニア航路の貨物船)が良いですね!、乗組員には誰一人と今航で退職するなんて話してない、、、、。

 

夜のワッチが終わり月あかりのなかフライングパッセージを歩き艫のドクターの部屋に行き趣味のアマチュア無線を始めた、日本とは未だ時差が3時間ちょっとあり日本では朝方に近い、 CQ CQ CQ こちらは JR6KRG 海上移動、、、受信するとヨーロッパの局がどっさりと呼んでくる、イタリヤ、ユウゴスラビア、チェコスロバキヤ、ドイツ、フランス、など等だ、2~3局とQSO(交信)したが、かすかに日本の局も数局呼んできている、週末でもないのにこんな時間にかー、、、と思うが有難い話だ、頼みもしないのに、なにか家族にことづけでもあれば連絡しますが、、 と親切な人もいる、こうして海上移動で運用できるのもあと1週間足らずだ、今日は早目に1時間ほどで切り上げシャワーを浴びて、スナック霞峰丸の開店だ、缶ビールを一缶飲んで ニッカG&G のロック、おつまみはペルシャ湾のアジの開きとチーズだわね、、昨夜はチョット飲み過ぎたので今夜はほどほどに、、準備した氷も無くなったし2杯で終わりにした、、2時過ぎにベッドに入ったがいつの間にか寝ていたネ、、、。

 

                       にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
160おすすめ

[今日の話] 多忙な休日

2013-02-05

今日は仕事は休み、久し振りにゆっくり寝ていようと思ったが、いつもの時間に目が覚めてしまう、やっぱりいつもの習慣だネ、、無理やりに布団をかぶっているといつの間にウトウトして目が覚めると6時半、やおら起きて朝食を済ませてパソコンに向かいメールなどをチェック、昨年の山登りで痛めた右肩、右足首、右肩はストックを使い始めて右手だけで使っていたら、それから痛くなったように思うんだが、そのうちに治るだろう、と思っていたが一向に治らない、むしろ少しずつ悪化してきた感がある、右足首は昨年の9月に登った鉾ヶ岳の下山の際に右足首をくじいた、痛いのを我慢して下山、10日ほどは、かなりの腫れがあったが湿布などで腫れは引いたが少し痛みがある、そのうちに治るだろうと思いきや、こちらも一向に治る気配が無い、特別に歩くのに支障はないが坐ったりすると痛い、加齢とともに段々とひどくなる可能性がある、今のうちに医者に診てもらおう、、と言う事で整形外科に行く事にした。以前にも1~2度行った事がある医者だが、いつも混んでいる、妻も数回行ったがちっとも良くならないと言い、他の整形外科に行ったら治ったと言うのでこの際、私も医者を変えてみよう、パソコンで検索し数年前にできた新しい整形外科に行く事にした。最近は医院もたくさんある、昔と違い患者が医者を選ぶ時代だ、、最近の新しい医院は殆んどが電子カルテだね、いちいち紙に書いていない、キーボードを叩いている、ここは日本体育協会公認のスポーツドクターでもある、治療器具も最新式のものだ、肩、足首のレントゲンを撮り、特別に骨には異常が無いが、かなり骨が劣化し摩耗していると言う、もし山に登り始める前に私が診察して意見を聞かれれば、No, と言ったね、、、と気に入らない事を言うが、あまり無理をしないで山登りを続ける事にする。肩に注射をしてもらい、赤外線を当てて、肩に電極だろうか、を当てて低周波と思うが流す治療をし、水の入ったベッドに横になり全身マッサージをしてもらった、多少の酒はかまわないが、風呂、シャワーは24時間ダメですヨ、、と言われ湿布薬をもらい帰ってきたが、さすがだね、肩の痛みは大分軽くなった、、。

 

帰りに妻に頼まれた玄米を精米するためにコイン精米により30キロの玄米を精米し、1か月前に勤務中に足首を骨折して狭いアパートの部屋で一人で退屈している同僚に電話をして近くの喫茶店に誘い2時間ほど喋りまくり帰ってきた、、。

家に帰りパソコンに向かい、勤務先の観光案内資格者のレポート作成に取り掛かり3時間ほどで原稿用紙三枚ほどを書きあげた、、。

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                   

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
159おすすめ

[我が故郷] 現役最古の映画館、 高田世界館

2013-02-04

 

 

 

 

上越市(旧高田市)本町6丁目にある洋風の建物(写真上)、現役では日本最古級映画館「高田世界館」である(旧、高田日活)。明治44年(1911)の建築で、野口孝博設計によって生まれた建て物で、当初は芝居小屋「高田座」として営業を始めました。その後 「日活世界座」、「高田東宝劇画劇場」、「松竹館」、「高田劇場」、「テアトル高田」、「高田日活」と名称を変えながら営業を継続し現在に至っております。明治、大正、昭和、平成、と一世紀にわたり活躍し、明治大正ロマンのレトロな建て物は今もなお現役で活躍している。平成21年2月に経済産業省から「芝居小屋としてスタートし、時代の流れと共に映画館となり繁華街の主役として人々に親しまれた」 とされ 「民力の高まりに寄与した大衆娯楽」 にかかわる産業遺跡と評価され、近代化産業遺産として認定をされました。近年、この建物を保存、活用する会が立ち上がり、不定期であるが映画の上映、寄席、コンサートなどが行われています。写真下は雁木通りに面した切符売り場のあるところ、こちらで切符を買い通路を通り館内に入る訳だ。時代の流れとともに殆んどの映画館が姿を消すなかで高田地区では最後まで残っていた映画館だ、晩年は成人用のポルノ映画を上映していた、、、。

 

 

昔は娯楽と言えば映画が最大の娯楽、旧、高田市だけでも私の記憶では本町3丁目になるだろうか、今のライオンズマンションのある辺りに、「シネマ」 裁判所前の信号を南に入ったマンションのあるところに「文化劇場」 仲町に 「東映」 その向かいに 「中劇会館」 現在のロワジールホテルが建つ前にあった、いづもや百貨店に名前は忘れたが映画館が一軒あったような記憶がある、そして上記の「高田世界館」と高田地区だけでも6軒の映画館があった事になる。小林 旭 の渡り鳥シリーズの映画を学校をさぼってよく見に行った、、「さすらい」 「北帰行」 「ギターを持った渡り鳥」 、、、などなど、、。上記の映画館にも内緒でポルノ映画を見に行った、映画館に入るのが恥ずかしくて、顔を隠して切符を買い、早足で館内に入ったもんだが、、、 (写真は高田世界館、内部)

 

                    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
207おすすめ

[今日の話] 我が家の節分、恵方巻き

2013-02-03

今日は2月3日、節分だ、子供たちが小さい頃は決まって、、 鬼わ―そと、、福わーうち、、! とやったんだが、、、  最近は孫たちがきて賑やかに豆まきをやったが昨年から他県に引っ越してしまったし、、、今さら豆まきもないだろう、、 爺々わーそと、、! と言われるのがおちだな。しかーしだ! この辺でも、恵方巻き、と呼ばれる言葉が聞かれ始めたのはそうは昔ではない、数年前より、コンビニ、スーパーで 「恵方巻き予約給わり中」 のノボリをよく目にするようになった。スーパーに行くと色々な大きさの恵方巻きがたくさん売っている、値段を見てもびっくりするような値段だ、太い恵方巻きは一本二千円近くするらしい、家内が一本二千円近くもだして買う気がしない、、、と言う。我が家では家内が作ってくれる(写真)、今年は10本作った、長男が3本、私は夕食は焼酎を飲んでご飯は食べないんだが、今日は特別だ、太い恵方巻き1本食べた、、満腹だネ、、。

 

恵方巻きの「恵方」とは、陰陽道(おんようどう)で干支のその年の最も良い方向の事を言い、その方向に歳徳神(としとくじん)がいると言われ、今年は南南東の方向。目を閉じて願い事をしながら恵方に向かって無言で一本丸かじりする、切らないで一本丸かじりするのは、「縁を切らない」と言う意味がある。

 

恵方巻きの起源は江戸時代末期にさかのぼる、大阪の船場で商売繁盛の祈願として始ったものと言われているが正確な起源は解らないと言う。この風習は一旦廃れたが、今から40年くらい前に大阪のあるイベントで復活し関西方面では一般的な風習となったようである。20年くらい前より一部のスーパーなどで売られるように成り、その後コンビニなどでも売られるように成り、急速に全国に広がったようだ。

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
164おすすめ

色々なドライバー、ありがた迷惑な運転、

2013-02-02

毎日仕事で市内、郊外、近郊を走り回っていると色々な光景を目にするが、特に他の車の運転が目に付く、長距離の運転のように比較的広い道を、ただひたすら走るのと違い、広い道、狭い道、裏通り、坂道、おまけにバックしたり、ターンしたり、バラエティーに富んでいる。相手の非常識な運転でハッとする事もたびたびある。しかし、たまにであるが、見習わなくちゃなー! と思うようなドライバーも目にする事がある。

 

通りの多い交差点で信号待ちをしていると青信号で左の方から左折しようとする高齢の男のドライバー、右の方から横断歩道を渡り始めようとする歩行者を見つけてすぐに停車した、歩行者が横断歩道を渡り始めているのにその前を右折、左折して行く車をよく見かけるんだが、、、、信号が変わり私は直進して、前の左折して行った車の後を走っていると、次のT字路の交差点、青信号で直進しないで横断歩道の手前で停車した、 んッ、どうしたんだ、、、? 見ると横断歩道で若いお母さん、小さな子供の手を引いて信号が青になるのを待っている、前の車の高齢の男のドライバー、さかんに手でどうぞ、と合図している、困ったような顔をしている若いお母さん、横断歩道を渡れと、更にどうぞどうぞと手で合図するドライバー、若いお母さん、たまりかねて今度は横断歩道の赤信号を手で指さしている、、、ばつが悪そうに走り出したドライバー、、恐らく信号機に気が付かなかったのかねー、、。

信号機のない交差点で右折しようと徐行していると対向車が左折しようと交差点に入ってきた、当然、止まって対向車が左折するのを待っていると、この対向車も停車して私に、どうぞ、、と手で合図している、やっぱり高齢のドライバーだ、こっちは、更に、お先にどうぞ! と手で合図すると、又、どうぞ、、と合図する、内心、左折が優先なんだから早く行って、、、と思うんだが、折角だ、こっちはゆっくりと動き始めると、相手も左折し始める、慌ててブレーキを踏む、、迷惑な親切だね、、、。

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                      

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
141おすすめ

[仲良し、ちびっ子二人] 我が家の新兵器

2013-02-01

 

チリリーン! チリリーン! チリリーン!  おッ、電話だ、! (NTTの電話じゃないんだ)、リモコンのボタンを押すと我が家のテレビに相手の画面が綺麗に写る、、(写真)。 今までは携帯電話の家族通話(通話料無料)で話していたんだが、今年から遠く離れた二人の孫たちと顔を見ながらお話が出来る、便利なもんだねー、、パソコンも要らない、大きなテレビの画面に動画で写る、こちらの映像もテレビの画面に小さく写るのでモニター出来る、声も部屋で喋るのがそのままマイクが拾い相手に聞こえる。欠点は部屋が散らかっているのもみな写ってしまう、、、 Skypeに登録するだけであとはパソコンも必要ない、簡単なリモコンで操作するだけ、もちろんテレビが消えていても呼ばれればチリリーン、、、と鳴るのですぐに解る、又留守であっても着信表示があるので留守中に呼ばれたのが解る、、リモコンでこちらの画面を自由にズームにしたり出来る、本体は(写真上)のテレビの上に付いているのがそうだが、そんなに見苦しい事はない、 宣伝するわけではないが結構良く出来ているネ、、、、1~2日おきに孫たちと話をしているが画面を見ながら普通に喋ればいい訳だし、優れものだね、、、便利な世の中だ、、、

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
156おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

04104469

QRコード