hamさんのひとり言。

昔の話と今の話。

今日の直江津港

2012-11-30

 

中部電力の上越火力発電所に昨年10月に第一船が入港以来、第十船目となるLNGタンカーが入港した。今月の16日に入港したが今月は2回目の入港だ。今日、入港すると言う事は解っていたんだが、朝7時過ぎに仕事で港の横を通るといつものタグボート4はいの姿が無い、、やっぱり入港したな、、! 写真はタグボートの力を借りて着桟体制に入ったLNGタンカーだ。狭い港内でこれだけの大型船になるとエンジンは使えないだろう、タグボートに引かれて港内に入り、今度は後進で動いているかいないか解らない様なスピードで慎重に着桟する。写真で船首、船尾、にデッキ(甲板)から糸のような白い物が数本、垂れ下がっているが、これは着桟して船を係船する為のホーサー(太いロープ)であろう、、、、。

 

 

今回もモス型と呼ばれる球状のタンクを積んだタンカーだ、最近はメンブレン型と呼ばれる船体がタンクに成っているLNGタンカーが主役のようだが何れの型も一長一短があるが、やはりモス型(写真)の方がLNGタンカーらしくて良いね、、あいにくの天気で写真の写りはイマイチってとこだネ、、、今回も十四万トンくらいであろう、船の長さも270メーターくらいかね、、明日の昼頃には出港するだろう。

 

 

西埠頭には25,000重量トンくらいの貨物船(写真)が2日ほど前より着岸し荷役をしている。いかにも外国船だネ、船体が赤と黒のツートンカラーは一般的なんだがこの船、喫水船のところが白のラインが入っているのは始めて見たね、、、そして船体の船尾の一部分が青と白、派手な船だね、、、、。

 

今日は他に中央埠頭に5,000トンくらいのロシアの古い船と数百トンの国内の内航船、コンテナ埠頭に韓国、中国との定期コンテナ船が入港、荷役をしていた。

 

                       にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
171おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ 知床旅情 ♪ 森繁久弥

2012-11-29

 
 知 床 旅 情

   作詩作曲 森繁久弥
   昭和35年 
 
 
 
    1 知床の岬に はまなすの咲く頃
     思い出しておくれ 俺達のことを
     飲んで騒いで 丘に登れば
     遥か国後に 白夜は明ける
  

   2 旅の情けか 酔うほどにさまよい
     浜に出てみれば 月は照る波の上
     今宵こそ君を 抱きしめんと
     岩影に寄れば ピリカが笑う


   3 別れの日は来た 羅臼の村にも
     君は出て行く 峠を越えて
     忘れちゃ嫌だよ 気まぐれ烏さん
     私を泣かすな 白いカモメよ
     白いカモメよ
 
 
この曲は今から52年前の昭和35年(1960)に森繁久弥さんが作詞、作曲した。大正2年(1913)年生まれの森繁久彌さんが47歳の時のこと。北海道の知床半島の羅臼村(現羅臼町)で現地の人々に協力をして頂き映画のロケをしていた。ロケ地での撮影も終了し、森繁久弥さんが知床半島の羅臼村(当時)を離れる日がきたがその前夜、森繁久弥さんは村の人に書くものを準備してもらい、達筆で一気に詩を書き上げた。それが、「知床旅情」(当時の題名は「さらばラウスよ」)であった。詩を書き上げると、すぐさまギターを爪弾き、あっという間に作曲もしたと言われている。そして、森繁久弥さんは、離村を惜しみ森繁久弥さんを取り囲んだ羅臼の人々に、惜別と感謝の想いを込めてギター片手に、「知床旅情」を披露したのである。その後この曲は昭和46年(1971)に加藤登紀子さんが歌って大ヒットした。

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
174おすすめ

 「あすとぴあ高田」 「ポレスタータワー高田」

2012-11-28

 

 

高田駅前の本町5丁目十字路、ロワジールホテルの向かい(旧 長崎屋跡地)に建設中の当市では最も高層ビルとなる建物だが来春の完成を目指して工事が進んでいる。1~5階部分の 「あすとぴあ高田」 が姿を現した(写真) 。国の認定を受けた高田地区の中心市街地活性化基本計画の核施設の一つで、1~5階部分は駐車場、食料品店、飲食店などのテナントの他に5階部分に市民ギャラリーなどの機能を備えた市の公益施設、多目的スペースなどが入ると言う。「あすとぴあ高田」の名称は一般公募で名古屋市在住の男性からの応募が採用された。

 

6~16階部分の分譲マンション 「ポレスタータワー高田」、2LDKから4LDKまで5タイプ55戸分は驚くなかれ発売から僅か2ヶ月で完売したと言う。お金持ちが多いねー! 今年は例年にない大雪で、お年寄りだけの家庭の高齢者は除雪の作業に困り果てたと聞いている、、それで雪の心配(除雪、屋根の雪降ろし等)が要らない、買い物に便利、など等の利点からマンションに人気が集まり、高齢者の購入が多かったと聞いている。

 

かつては市内で最も賑やかであった一等地、最近はどこの地方都市にも共通している事だが、すっかり静かになり閑散としているが、市街地活性化の一助になれば良いんだが、、、、。

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
180おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸③] CQ CQ CQ アマチュア無線 

2012-11-27

CQ CQ CQ こちらは JR6KRG/MM 海上移動、南シナ海、、、、、、、、 南シナ海に入ると、21Mhz  での電波の伝搬は素晴らしい、、一番交信し易い距離だろう、日本との時差も1時間くらいでやり易い、受信すると、うわーッと呼んでくる、超パイルアップで、まるで珍局でも出ているかのように呼んでくる、殆んどが日本の局だが中に旧、ソ連、ヨーロッパの局も含まれる、、たまに夕食が終わってから、1~2時間日本の局とQSO(交信)するんだが8時から又ワッチ(当直)が有るので早目に終わろうとするんだが、次から次へと呼んできて嬉しい悲鳴だネ、、、アンテナは簡単なダイポールアンテナだが海面から20メーターは有るだろう、それになんと言ってもアースが完璧だし効率は最高だ、本当はゆっくりとQSOしたいんだが沢山の局が呼んできてくれるので少しでも多くの局とQSO出来るように簡単な交信になっちゃうが、、、QSOは口で喋れば良いんだが、あとからQSLカード(交信証)を書くのが大変、なるべく貯めない無いようにするんだが、、

 

船内時間、夜中の12時に当直が終わる、いつものようにフライングパッセージを歩いて艫のドクターの部屋へ、凪の月夜の時は良いんだが時化の時は命がけだ、この時間、起きているのはブリッジ(船橋)に二人、エンジンルームに二人だけ、それとhamさん、(笑)、船内は無気味に静まりかえっている、日本では夜中の1時を過ぎている、いつもの周波数で CQ CQ CQ こちらは JR6KRG/MM 海上移動、南シナ海、、、、、、、、 受信すると相変わらず日本全国から沢山の局が呼んできてくれる、中には毎日の事で知っていて、、○○さん、ご苦労様です、お待ちしていました、、 と、恐れ入ったネ、、船内時間の2時近くになると日本との交信は段々とフェードアウトしてくる、すると今度はヨーロッパ方面が強力に入感してくる、その中に珍しいイランの局 EP2○○ (イラン滞在の日本人だ、)が呼んできた、ヨーロッパ方面の局と数局、交信してそろそろ喋るのも面倒になったし、今度は電信(モールス)で  CQ CQ CQ DE JR6KRG/MM ,,, K すると又数局のイギリス、ハンガリー、ユーゴスラビアの局が呼んできた、、今日は夕方、夜中と30局近くの人とQSO(交信)した。そろそろシャワーを浴びてビールでも飲んで寝るかね、、

 

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(3) / トラックバック(0)
175おすすめ

[仲良し、ちびっ子二人] 仲良しちびっ子二人と一匹のひとり言、帰省しました、

2012-11-26

爺ちゃん、婆ちゃんが、帰ってこい、! 帰ってこい、! と言うので連休に仲良しちびっ子二人と一匹、(乃愛ちゃん真愛ちゃんリク、)が故郷に帰ってきました。1ヶ月半ぶりのご対面です、、、。

 

 

おー、ノアちゃん、すごいなー、

    もうパソコン使えるの、、?

 

     じいちゃん、しらないの、これパソコンじゃないの、

 

あいぱっど、、、!

 

影の声、、正直なところアイパッドとは、てっきり最近の若い人が使ってる、携帯電話の種類と思っていましたってー、、(汗、汗) 調べてみたら、アメリカのアップル社が開発した、タブレット型のコンピューターの事を言うんだそうですね、、 iPad  3才の孫に教えてもらいました。

 

 

 

一人で画面をだして、見ていました、、(手付きの良い事)

たまげましたってー、、!

 

 

もこもこよく食べること、乃愛ちゃんより食べるネ、、、、

デブにならなければ良いがねー、、!

 

 

誕生日に婆ちゃんが、ぽぽちゃん人形を買ってやったんだが、二人で奪い合いの喧嘩をすると言う、ママちゃんにもう一つ必要だ、、と頼まれて今度は爺ちゃんが犠牲になり、ぽぽちゃん人形を買ってきた。乃愛ちゃん、ぽぽちゃん人形を背中におんぶして、超ごきげん、、

 

 

 ↑ やっぱり食べる方だ、、! (オモチャのご飯を食べる真愛ちゃん)

 

 

あーあー、もうかえるのか、

 

もうちょっと爺ちゃん、婆ちゃんとこにいたいなー、!

 

ねー、おねえちゃん、二人でもうちょっと泊まるか、、!

 

 

ぼくも帰るのいやだなー、、!

 

  ほろ、リク、すねていないでかえるよ、、!

 

 

と言う事で、ちびっ子二人と一匹、また帰って行きました、

ちょっと寂しいけどね、、

今度は正月かな、、!

 

  ポチッと押してちょーだい! ⇒  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
170おすすめ

深まりゆく秋 (Ⅲ)、ウォーキング

2012-11-25

11月も残りあと数日、3連休の最後の日は久し振りの晴天、朝から雲一つない秋晴れだ。遊びに来た孫たちも帰り家の中は静かになった。3時頃よりウォーキングで今日は春日山へ行ってみた、途中、上杉謙信公ゆかりの曹洞宗林泉寺の前を通ると境内の木々は紅葉して綺麗だ(写真下)、駐車場には10台くらいの車が停まっていたが今年も随分と多くの観光客が来た事だろう、、私も仕事で何度も観光案内で訪れた、、しかしあと2~3週間もすれば白いものがチラチラする時期だ、。

 

 

林泉寺の前から緩い坂を上り春日山神社下の石段から135段の急な石段を一気に登る、初めの頃は途中で2~3回は休んで息を整えたが、今は一気に登る、やっぱり訓練だねー! 石段を登りきると春日山神社の境内になる、いつもはここで参拝をして戻るコースだが今日は天気も良い、紅葉見物を兼ねて春日山城跡まで行ってきた。駐車場にはこの時間でも結構な数の県外ナンバーの車が停まっている。何と言っても、ここ春日山は我が故郷では一番の観光スポットだ、今年も沢山の観光客が訪れた。神社横の登山コースを15分位で一気に登る、180メーターの低い山だが途中、頂上(本丸跡)からの眺めは最高だ、上越市街は一望でき、遠く霊峰米山、日本海、晴れていれば佐渡島などが臨める。暫く頂上で周囲を眺めているとそろそろ夕方になるのに未だたまに登ってくる人がいる、周りの木々もすっかり色付いて見事だ。眼下の三の丸にある松の大木、(写真下、中央)樹齢500年以上の松の木で、当時を知る唯一の生き証人だ。暫く頂上で景色を堪能して下山を始め帰路に着いたがこの晴天、今日限りで明日から又雨模様の肌寒い天気が続きそうだ、、、。

 

 

 

 スライドショーは   = こちら =

 

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
196おすすめ

50年振りの再会、、

2012-11-23

3連休に突入したが、朝方晴れていた空も雨がポツポツとあたってきた。上りの一番の特急列車は超満員で出発していった、グリーン車以外の車両は全て乗客が立っていた、それもかなりの人が、、みんな何処へ行くんだろうね、、! 東京からの新幹線に連絡する下りの金沢行きの特急が入ってきた、駅の正面に出て待機していると二人の70歳前後か、の女性が乗車された、運転手さん、近くて悪いんだけど、○○○まで、○○です、、 との事、んッ、○○と言う名前は極めて少ない、しかもお客さんが言われる当たりには中学校でお世話になった○○先生の自宅があるんだが、、思い切って、お客さん、失礼ですが○○先生のお宅でしょうか、 と尋ねると、びっくりしたご様子で、そーです、ご存知ですか、、はい、その○○先生でしたら、私は先生の教え子です! あらー、何処の中学ですか? はい、今は無くなりましたが○○中学です、しかも2年生の時の担任でした、、このお二人の女性は姉妹で先生の妹さんとの事だ、先生はお元気ですか、、 と尋ねると、少し前に腹を切ったもんですから、顔を見に来たんですが、元気ですヨ、、との事、、、、、

家に着くと一人の女性が玄関の戸を開けて、ほら運転手さん、中学の教え子なんだって、、中から先生らしき老人?が出てこられた様子、料金を頂戴して車を降りて玄関に行くと、、あー、間違いない○○先生だわ、しかし、年寄りになったなー、、、先生、ご無沙汰しています、○○中学でお世話になりました○○です、、と言うと、キョトンとした顔、そりゃそうだわな、、教え子と言っても何百人もいるだろう、、、ましてや成績がトップクラスで有れば覚えているかもしれないが、当時の成績は中の上、、バスケット部の顧問をしておられた、試しにバスケット部にいた同級生の名前を、、、と思い、先生、2年生の時に担任をしてもらいました、○○君、○○君、とは同級生です、、、、と言うと、私の制服の胸に付いている名札を手にとり、眺めて、、おー、○○君か、、との事、内心、先生、本当に解ってんのかな―、、恐らく中学を卒業以来50年振りくらいか、、先生は80歳はゆうに超えているだろう、90歳近いかもな、、、暫く立ち話をしたが、懐かしく、時間があればもう少しお話もしたいところだが仕事中だ、、先生、お元気で、、と言うと 君もなー、、と言って手を差し出してこられた、、しわだらけの手だったが温もりのある手だ、握手をして別れたが、、そう言えば中学校の同級会、前回の同級会からもう11年も経った、その後、皆元気でやっているだろうか、、、近いうちに又同級会をやりたいもんだが、、、、。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
146おすすめ

賑わう直江津港

2012-11-22

今日11月22日は二十四節気の小雪、秋も終わりに近づき晴れの日は滅多にない、 雨風の荒れた天気の日が多くなった、街路樹のケヤキ、イチョウの葉っぱは大部分が散ってしまった、風で飛ばされた葉っぱは道路の隅に集まっている。雨風の日は傘もさせないし、帽子も飛ばないように注意が必要だし、運転中は道路に溜まった水を撥ねない様に注意しなければいけない、水を撥ねて歩いている人にかけたら大変だ、一般の車ならともかく、看板をしょっている、直ぐに電話で文句を言ってくる、、気持ちは解るがネ、この様に天気の悪い日は又仕事が忙しくなるんだ、、良いような、悪いような、? このところ直江津港も賑やかだ、数百トンの内、外航船から数千トンの外航船まで多い時は7~8はい入港している。

 

 

港の東埠頭、○○号岸壁、○○○丸に配車になった、指定された岸壁付近に行くがそれらしき日本船、○○○丸の姿が無い、おかしいなー、しかし船名もチョット変わった船名だなー、、しかし 2,000トンクラスの外国籍のケミカルタンカー ”BLUE KINGDAM"  が着岸している、 勘の良いhamさん、ピンときた、ハハ―、外国人からの電話で発音が悪いのか良いのか、電話をとった人が船名を正確に理解出来なかったんだな! 途中岸壁の入口で警備しているガードマンに話してタラップのところまで行くと手を振って3人の乗組員がタラップを降りて来た。行き先はパチンコと言う、乗組員は韓国人だ、一人だけ日本語を少し話せるようだ、 しかーしだ! 外は雨で窓を閉めているんだが3人とも臭いのなんの、参った! ニンニク、キムチ、の匂いだ、私は両方とも嫌いなんだ、運転席の窓を全開するのも嫌味だし、我慢したが、死にそうだったネ、、、 (^0^;) 、、

翌日又同じ船に配車になった、一人の男が乗車して来た、パチンコ、ジジョン と言う、そんなパチンコはない、日本語は全く通じないし、参ったなー!かと言って私は韓国語は解らない、 んッ、ひょっとしてパチンコ D-ZONE の事ではないか? ピンポーンだ、、この人達はパチンコ知っているんだろうか、、と思ったが、考えてみたらパチンコは韓国の方が本場だわな、、、いつ出港か尋ねると、Tomorrow  ときた。パチンコ D-ZONE に着いて降りるときに 韓国語で カムサ ハムニダ と言うと、 ニタっと笑ってくれた、、私の韓国語も通じたみたいだね、、、

 

駅の正面で待機していると一人のカバンを持った50代くらいの男が乗車して来た、行き先は直江津港東埠頭と言う、お客さん、船の乗組員の方ですか? はい、直江津は何回か来たが遠いねー、、 熊本県の天草から来られたようだ、私は船の乗組員の人をお供するのは大好きだ、何故ならば船まで行けるからだ、普段は一般の人は埠頭には立ち入り出来ないからだ、、3ヶ月間乗船するんだそうだが、これからの日本海は時化る日が多く大変なんだ、途中でお客さん携帯電話で船の乗組員と話し始めたがチンプンカンだネ、、熊本の方言も大したもんだ、殆んど何を喋っているか解らない、、、、

 

あるスーパーに配車になった、3人の男が沢山の荷物を持って乗車して来た。行き先は中央埠頭と言う、又船か、、800トンの内航船、色々と話をしていると、運転手さん、船の事詳しいねー、、 いやー、船が好きなんですヨ、、、 と言うと、今人手不足だから運転手さん、あと30年若かったらなー、、と言う、30年前じゃ私が中学生じゃないですか、、と言うと、運転手さん30年前が中学生じゃ今43-4歳じゃないですか、冗談がきついなー、、、埠頭に着くと ”日安丸” と書いた船が着岸していた、、 にちあんまるですか、いい船名ですネ、、と言うと、一回で にちあんまる と読んだのはほとんどいない、大体が にちやすまる と読むと言う、、私が船乗りの時の会社に 日安丸 (にちあんまる)と言う同名の船があった、、暫く岸壁から船を眺めて帰ってきた。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(10)
154おすすめ

[今日の話] NHKラジオ、”昼のいこい”

2012-11-21

懐かしのNHKテーマソング
 
 
 
今の仕事を(新米タクシードライバー)始めてからは勤務が昼であったり夜であったり、泊まりであったり、不規則な勤務でテレビを見る時間が極端に少なくなった。そして今年から勤務を昼間だけに変更して頂いた、しかーしだ! 土、日、を除いて朝の7時からの勤務、6時には出勤する、今の時期は未だ暗いですでね、、、、朝の4時半には起きる事にしている、もう1時間くらい寝たいんですがネ、、夜の10時頃には寝る準備をしないといけない、、夕食、風呂、チョットパソコンに向かう、など等で休み以外はあまりテレビを見る時間が無い、まー、あまり見たい番組もないんだけどさ、、ニュース、天気予報は見るが、どうしても見たい番組があるが見れない時はブルーレイに録画する、、、逆に仕事中、空車の時はラジオを聞くようになった、それも殆んどNHK第一放送を聞く事が多い、さすがにNHKは若者が好む番組、比較的高齢者が好む番組、適当なお笑い系の番組、随分とためになる番組と、バライティーに富んでいる、特に歌謡番組は時々、ハッとするような古い懐かしい曲が流れる事もある、、好きな番組は、ひるのいこい、 歌の散歩道、 地球ラジオ、きらめき歌謡ライブ、 ラジオ深夜便、、歌の日曜散歩、など等、、特にお昼のニュースの後に始る 「ひるのいこい」 は毎日聞くが先日、11月17日に放送開始60周年を迎えたと言う。と言う事は昭和27年の11月17日から始まった番組だろう、子供の頃、家のラジオ、ST管を使った五球スーパーから流れていたテーマソング、今も変わらずニュースの後に流れている。作曲家 古関 裕而 さんの作られた曲だと思うが、、、、、。
 
 
今週の明星
 
昭和25年1月から始まったラジオの公開歌謡番組、昭和39年まで続いた。
 
日曜名作座
 
昭和32年(1957)から平成20年(2008)3月30日まで約50年間放送されたラジオドラマ番組だ、2008年4月からは「新・日曜名作座」として放送されている。
 

                        にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
187おすすめ

寮生活、始る

2012-11-19

 

入社式が終わり、配属になった課(設備課)の事務所、現場の皆さんに挨拶だ、現場は同僚のN君の他は20代の男が一人、40代くらいの男が一人、後は皆50代か、自分の親父のような年代の人ばかりだ、先が思いやられるねー! 今回の入社した社員のほとんどが寮に入る事になる、迎えに来た寮長さんに連れられて寮に向かった。鶴見駅の一つ手前の国道駅が最寄り駅だ、ここから歩いて15分位、寮は生麦町にあった。寮に着いてみると、 えー、このボロの建物が寮かよ、、! (写真) 木造の2階建ての建物が1号館から3号館まで3棟ある、後は食堂の建物が1棟、私の入るのは1号館(写真)一番古いようだな、、戦前に建てられたものだろう、、中に入ると階段などはギシギシと音がする、真ん中に廊下が通りその両側が部屋に成っている、8畳と聞いたが中に入って見ると押入れ、僅かな入口があり実質的には6畳だ、ここでN君と二人で住むのかよ、、参ったな、! でもみんな同じ条件だ、窓などは今のようにアルミサッシなんかじゃない、木枠の窓、しかもだ、隙間が空いているじゃないか、部屋にそれぞれの送った布団などが置いてあった、仲間のN君が、 ここにお前の机を置いたら寝れないじゃないか、、と怒るが、折角、父親が作ってくれたものだ、ましてや俺は高校生でもある、勉強もしないといけない、、仕方なく机は部屋の隅に置いて寝る時は私は頭を机の中に少し突っ込んで寝る事になる、、、、元々N君とはあまり馬が合う方じゃないんだ、、、、、。

 

とにかく恐ろしく古い建物だ、玄関でスリッパに履き替えて外履きの靴を持って部屋の狭い下駄箱に入れる、プライバシーもなにも有ったもんじゃない、、でも仕方がない。朝食と夕食は食堂で食べ、食堂にあるテレビをみんなで見る、各部屋にテレビなんて勿論ない、、、、2~3日で自分と気の合いそうな仲間が数人できた、丁度、寮の前に小さな雑貨屋さんが一軒ありお菓子なども売っている、私の部屋が仲間の集まり場所になった、なったと言うよりも私が仲間を誘った訳だ、仲間が来ると同僚のN君が部屋を出て行ってしまう、付き合い難い男だなー、、部屋でお菓子を食べながら色々と田舎の話しなどに話が弾む、、、父親が作ってくれた机は腰かけだ(写真)、向いの棟には先輩方が入寮しているようだが、新入社員の大部分は甲信越から東北出身者だが、みんな方言まる出しだネ、、、60歳代と思われる寮長さんも恐らく東北出身だろう、東北なまりのようだが、、食堂で朝食を食べて、国道駅まで行き鶴見線で海芝浦までの通勤が始まった、座席には坐れないが5つの駅で終点の海芝浦に着くのでどうってことはない、、次の鶴見小野駅を過ぎると大手企業が続いている、当時は旭硝子、味の素、日本鋼管、いすゞ自動車、など等、、、、。

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
175おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸③] バリンタン海峡通過、南シナ海へ、肩振り

2012-11-18

 

オイルロードと呼ばれる日本から中近東のペルシャ湾まで約6,500海里(12,000キロ)何往復したろうか(写真)、奄美諸島の東岸を南下し沖縄、南西諸島東岸を通り往航は台湾とフィリピンの間のフィリピン寄りのバリンタン海峡、そして南シナ海に入る。海峡を通過中、昼食を食べに食堂に行く時にスコールにやられた、猛烈なスコールで100メーターあるフライングパッセージをさすがに走って行く勇気が無い、久し振りに合羽を着こんで食事に出かける、、このスコール、塩風に当たっている船体を真水で洗い流してくれる、たまには必要なんだ、、本船は往復共にシンガポール、マラッカ海峡を通るが超大型タンカー(VLCC)は往復、又は復航時のみ水深のあるジャワ島の近くのロンボック海峡を通り、ボルネオ島、セレベス島の間のマカッサル海峡を通り日本に向かう訳だ。

 

日本を出港して2~3日は何かと落ちつかないが、この辺まで来ると自分のペースで仕事が出来る、夜の12時ワッチ(当直)が終わり、久し振りにブリッジに肩振りに行く事にした。夜はブリッジ(船橋)は真っ暗だ、暫く目が慣れるまでは全く見えない、、クオーターマスター(操舵手)が、おー、いらっしゃい、田舎の土産があるから早速コーヒータイムだネ、、、ポットでお湯を沸かしコーヒーを落としてくれる、インスタントじゃないんだ、、ブリッジ中プーンとコーヒーの良い香りが漂う、、瀬戸内海の小さな島出身のクオーターマスター、今航、奥さんが訪船されてその時の土産だそうだ、、いつも同じ海の上の生活、大した話題はない、精々、マージャンに勝った、負けたの話し、、あとは昔の話し、家庭の話しになる、本船は古い船なので40名近い乗組員が乗船している。セコンドオフィサー(2等航海士)は時々レーダーを覗き航路上に異常は無いか確認している、前々航に故障し苦労したレーダー、その後は順調に動いている。ブリッジからウイングに出てみるとサーっと言う本船が波を切って進む音が聞こえる、空を見上げると満天の星だ、南の方向を見ると水平線の少し上、低い位置に南十字星が輝いている、、、さーて、そろそろ寝るかね、、 と言うと、おー、コーヒーもう一杯入れるから、、、そんなにコーヒーばっかり要りませんがネ、、ブリッジも夜は暇だ、話し相手がほしい訳さ、、とうとう3時を過ぎた、もう寝なきゃな、、と思いきや、セコンドオイサーが あと30分でワッチが終わるから一緒に軽く一杯やりましょう、、と無理やりに誘われとうとう4時まで付き合わされた格好だ、交替のチョフサー(1等航海士)、交替のクオーターマスターもブリッジに来て引き継ぎ、一足お先に宴会の準備をして二人で宴会を始めハッと気が付くと外が明るくなり始めた、、、時計を見ると6時近く、、、

まー二人とも昼近くまで寝る時間がある、、ど―って事はない、、、、。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
233おすすめ

今日の直江津港

2012-11-17

 

 

 

先月の26日に中部電力、上越火力発電所に燃料のLNG(液化天然ガス)を積んだLNGタンカーが昨年の10月に第一船目が入港してから8船目となるLNGタンカーが入港したんだが昨日、第9船目となるLNGタンカーが入港した(写真上)、今月の下旬頃かなー、、と予想はしていたんだが、先日、担当者を仕事でお供した折にちゃ―んと聞いておいた、昨日朝、仕事で港の横を通るといつものタグボート4はいの姿が見えない、、入ったな、、! 沖を見るとタンカーらしい船の姿が見える、仕事が終わってから写真を撮りに来るか、、、、しかーしだ! 3時半に仕事が終わる予定が忙しくて終わったのが5時、もう暗くなっている、ついてねーなー、、と言う事で今朝は8時から仕事なので出勤の前に来る事にした。海岸通りに来ると居ました、、6時45分、朝がまだ完全に空け切っていないんだが仕方がない、この時間、いつもだと海岸通りは発電所の関係者の車で渋滞するんだが今日は土曜日で少しはましだネ、、、船体は明るいグリーンの綺麗な船だ、煙突を見ると、んッ、以前に見た事があるファンネルマークだな、、今年の3月21日に入港したモス型のタンカー(写真下)と同じ様な気がするがネ、、今回入港したのはメンブレン型と呼ばれる船体がタンクに成っている船だ、145,000と聞いたので145,000キロリッター積んでいるんだろう、全長は270-80メーターくらいか、、、、昼頃には出港するだろう、、

 

 

燃料の貯蔵用のLNGタンクも3つ目が間もなく完成するのではないだろうか(天井が赤く見える)4つの発電機も1号機は既に営業運転を始めている、2号機(1ー2)も年明けには営業運転に入ると聞いている。建物内の事は解らないが敷地内の緑化の工事も進んでいる、平成26年5月には全て完成すると聞いている。工事の開始から見て来ているので自分の事のように完成が楽しみだ。すぐ隣の国際石油開発帝石のLNG備蓄基地も大がかりな工事が進んでいる、LNGタンカーが付く桟橋、荷役設備は既に工事が終わっているようだな、、こちらも平成26年には操業が始まると言う、、、。

 

今日は大型LNGタンカーの他に数100トンから5,000トンくらいの内、外航船が6はい、停泊していた。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
163おすすめ

とんでもねーお客だ、

2012-11-16

 

朝の9時過ぎ駅前の待機場所で待機していると東京からの新幹線乗り継ぎの一番の下りの特急が入ってきた。自分の順番が来て駅の正面に出ると私の前でタクシーに乗る乗客が切れた、、ついてねーなー! 暫く待っていると、アーケードをよぼよぼした足取りで一人の70歳前後くらいと思われる男が歩いてくる、小さなビニールの袋をぶら下げて、ズボンの膝の部分が擦り切れた、よれよれのズボンに上着、誰が見ても、ちょっとおかしいんじゃない? と思うに違いない、 あの人まさかタクシーに乗るんじゃあるめーなー、、! 見ているとタクシーの横に来た、自動ドアーを開けるとタクシーに乗り込んできた、タクシーの天井に頭をぶつけて、、 痛いなー、、! ときた、 後ろを向いて、 お客さん、どちらまでいらっしゃいますか? と尋ねると、  と一言、お客さん、海ってどちらの海でしょうか、、 と尋ねると、 海が見たいんだわ、長野から来たんだが長野は海が無いから、、、、海は良いねー、、! どうも酒臭い、喋る口も少し、ろれつが回らないような時もある、、顔を見ると何ヶ所もどこかにぶつけて内出血した跡が残っている、、どうせ酒に酔っ払ってあちこちに顔をぶつけたに違いない、、嫌なのが乗ってきたなー、、しかしこの人、お金持ってるんだろうなー??? 内心心配になってきたが、まさか お客さんお金持っていますか? と聞くわけにもいかないし、、、お客様の身なり等でその人を判断、評価してはいけないんだが、 まさか、モニターじゃあるめ―な―、、 (お客様に成りすまして乗車し、ドライバーの運転、接客態度、挨拶、言葉つかいなどなど詳しくチェックし評価する制度が当社にあるんだが、まー会社の回し者だネ)酔っ払った真似をしてまで手の込んだ事はしないだろう、、コンビニへ寄ってくれと言うのでコンビニへ寄ると数分経っても出てこない、まさか裏口、トイレ等から逃げたんじゃないだろうなー、、心配になりコンビニの店内を覗くと小さなビニール袋を二つ下げて出て来た、その一つを私に差し出してきた、、いや、お客さん、私はもうすぐ昼食ですから、、と言ったが、なにかブツブツ言って差し出すので、礼を言って頂いたが、見るとプラスチックの容器に入った洋菓子が二個入っている、正直なところ、うす汚い格好の人からの物、食べる気もしないんだが、、、、、。

 

色々と探りを入れてみた、、海が好きで今は長野県に住んでいるが海が無いので時々、電車に乗って海を見に来ると言う、生まれは横浜で子供の頃から海を見て育ったと言うが、、私も昔、横浜に4年間住んだ事がある、試しに横浜のどちらですか? と尋ねると、うしおだ と言う、 鶴見区の潮田ですか? と尋ねると、あー、 と一言、こりゃ間違いないな、、、そのうちに、今日は休みだし、不倫をするよりも海を眺めた方が良いしねー、、と訳の解らない事を言っている、内心、不倫と言う柄じゃないだろうに、、、海岸線を走りながら砂浜の近くまで行けるところまで行こうと思ったが、雨がポツポツ、、海を眺めながら一杯飲みたいんだが雨じゃダメだね、駅へ行ってくれる、、内心、早くこのお客から解放したかったので、ヤレヤレと思い駅に向かった、途中、安い旅館に連れてってくれだの、、、こっちはタクシー料金が心配だわね、、駅に着いて料金を告げると財布を出してもたもたしながらお金を出している、さりげなく財布を盗み見するとタクシー料金くらいは何とか有りそうだ、、ヤレヤレ、、、ヨタヨタしながら車から降りると、お婆ちゃんが立っていて、黒い車は中型でしょう、、小型で良いんだが、、との事、今この車が空車になりますからどうぞ、、、お客さんが降りたのでお婆ちゃんにどうぞ、、と言うと、 中が汚れていませんか、、今のお客さんのお尻が濡れているけど、、と言う、中の座席を見ると、、あちゃー! やられた、車内でコンビニで買ったらしい酒のような物を飲んでいたようだが酒でもこぼしたのか、、これじゃ仕事が出来ない、待機場所を見ると中型に乗っている先輩が顔を出して、 おまん(貴方)もやられたのかね、俺もさっき、○○ホテルから乗せてコンビニに寄り海へ行ったんだが車の中を汚され、えらい目にあったわね、、、と言う、酒かなにか溢されたようです、、と言うと、それ酒じゃなくて小便だわネ、、小便たれやがったんだわネ、ゲッ、、そっと匂いを嗅いでみると、こりゃ、酒の匂いではないな、先輩が言うとおりだわ、、、フロントに連絡して車庫に戻り座席を外して何回も何回も拭いて座席カバーを新しい物に交換、洗濯をして消臭剤を吹きかけ、、、お婆ちゃんには逃げられるし、えらい目に遭ったわね、とんでもねーお客だ!

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
156おすすめ

[我が故郷] 東本願寺、新井別院

2012-11-15

 

真宗大谷派東本願寺新井別院は妙高市(旧新井市)下町、旧北国街道沿いにある。新井掛所、新井御坊とも呼ばれている。親鸞聖人の高弟善性が開いた願正寺が上杉謙信の招きでこの地に移り、広範囲に影響を及ぼしていました。ところが十五世英誓の時、高田の(現、上越市)の浄興寺との間で教義上の論争を起こした。異安心(いあんじん)事件である。教義異安心論争に敗れ、裁定を取り持った東本願寺は貞享二年(1685)英誓を追放しその後に新井道場としました。元禄元年(1688)東本願寺十六世一如上人が荒井掛所と改称し、以後教化統制に力を入れ、高田別院や稲田別院(光明寺)などの支院や願楽寺、聞称寺、照光寺などの寺院を合わせて60余ヶ寺の崇敬寺院を擁する中心道場となりました。明治9年(1876)に新井別院と改めた。何度も災害にあい現在の本堂は明治11年(1878)に雷による火災で焼失後、明治28年(1895)に再建されたもので桁行き、梁間それぞれ十八間は木造建築として新潟県最大級を誇っています(写真)

 

 

 

新井別院の庫裏は明治11年の火災で全焼したが同年、関山の関山神社の宝蔵院の庫裏を移築した。ここに明治天皇は9月11日午後1時3分御到着され、ご昼食後、高田へ向われた。この時の行在所がそのまま保存されている。境内には鐘楼、樹齢四百年を越す銀杏の大木、又昭和31年に恵信尼公堂(写真)が建立され親鸞聖人奥方恵信尼公の尊像を安置している。墓地に嘉永6年(1853)、俳人和田清風らによって建立された芭蕉句碑 「人声やこの道かへるあきの暮」 や江戸時代の画家、森蘭斎の墓、新井問屋和田家の墓、大相撲立行司、式守鬼一郎の墓碑などがある。

毎年11月1日~4日までの「報恩講」は ”おたや” の名で親しまれ上越地方最大の仏事とされている。

 

                     にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(5) / トラックバック(0)
222おすすめ

[今日の話] ピンチはチャンス、、

2012-11-14

2010年9月7日東支那海に浮かぶ日本の尖閣諸島付近で操業中の中国漁船と取り締まり中の海上保安庁の巡視船との衝突事件、国会でも取り上げられ大きな論議となったが、それ以来どうも中国との関係がギクシャクしている、そして最近になり尖閣諸島の国有化に踏み切った事から関係は最悪な状態になった。中国はあの手この手で報復処置ともとれる行動に出て来た。日本向けの輸出を一時停止する等、レアアースを外交カードとして利用し、ハイテク産業が日本の経済を牽引している日本経済の先行きに大きな影響を与えました。日本は世界第2位のレアアース消費国と言われています、しかも世界のレアアース生産は中国が97パーセントを占め日本も輸入の大半を中国に依存しています。しかーしだ! 以前に新聞だったかなんだか忘れたが、「夢のレアアース発見」と言う記事を見た。

東大の研究チームが昨年(2011年)南東太平洋の海底にレアアースを大量に含む泥の層が存在するのを世界で初めて発見している、しかし公開上の為、事業化に制約がありEEZ(排他的経済水域)内での早期発見を目指していたところ今年の夏、本州から約1,800キロ離れた日本の最東端に位置する南鳥島(東京都小笠原村)周辺のEEZ内で不透明な日本経済の先行きにパット明るい光を投げかける大発見がありました。少量を添加するだけで性能や機能が飛躍的に向上する事から、ハイテク素材の製造、開発に欠かせない産業のビタミンと呼ばれている「レアアース(稀土類)」の大鉱床が国内で初めて見つかった、と言う事です。レアアース(17種類の希土類元素の総称)と言っても中にはあまり産業的価値がない元素も存在しているんだそうだが、今回南鳥島付近の海域で発見された大鉱床にはハイブリッド車のモーターなどに欠かせない、これまでは中国でしか産出しなかった鉱物(名前は忘れた)が日本の年間消費量の400年分、光磁気ディスクに必要な鉱物(名前は忘れた)は同4,600年分が眠っていると言うものだ、、、。EEZ内の為日本が自由に鉱床を開発し独占的に採掘をする事が可能で、レアアースを国内で自給し、急務となっていた中国依存からの脱却が急浮上しています。しかも日本の海洋開発では既に海面下7,000メーターの海底油田から原油を採掘している実績があり技術的に難しい事ではないとの事だ。又レアアースの入手が難しくなった以降、日本のメーカーでも従来はレアアースを使用していた分野でレアアースを使用しなくても同効果がある方法を開発したり、この分野で急激に技術開発が進んだのは皮肉なもんだ、、、。

 

日本は島国、資源の無い日本は朝鮮半島、中国などを占領する作戦に出た、結果的に戦争に敗れたが、元来、日本人は頭がよく勤勉で努力する人種だ、島国で小さな敗戦国の日本が先人達の努力により短期間に世界有数の経済大国になった、多くの犠牲をはらった戦争に勝利していたならばどうなったろう、、、中国との関係悪化により、関係者の努力で大鉱床が発見されたと言っても過言ではないだろう、日本海を含む日本近海でメタンハイドレ―ドが大量に埋蔵されている可能性も出て来ている、近い将来、今度は日本が他国に輸出する時代が来るかもしれないネ、、、。

 

上記で南硫黄島と言う記事を見て、以前、船舶通信士として南太平洋のニューカレドニアからニッケル鉱を運搬する船に乗船時、おりしも航路上に発生した台風を避けるために航路を東寄りに外れた為に南硫黄島の西岸を航行した、岩だらけの島を見てカメラに収めた(写真)、噴火によりできた岩だけの無人島だが海抜916メーターある、懐かしい島だ、、、、。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                 

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
164おすすめ

[hamさんの登山記] 今年最後、? 米山登山

2012-11-13

 

 

朝起きると雲が多いが晴れている、天気予報では曇りから雨、降水確率が段々と高くなる、午前中は20パーセント、明日は今日よりも天気は悪い、よーし、行くか! 先月に火打山に登って以来だ、四阿山に登りたかったんだが天気、仕事で行けずじまい、身体がムズムズしていたんだが、今年最後の山行きは米山と決めていた、今年は米山登山から始まり米山登山で今年の山行きは終わりにしようと考えていた。4回目の米山だ、天候は午後より悪くなる事を考え今回は一番近い水野口から登る事にした。いつもの通り途中のコンビニでオニギリとお茶を買って登山口へ向った。段々と近づくと紅葉が綺麗だ、途中の棚田も結構絵になるね、、思わず車を止めてシャッターを切った(写真)、正面の山が米山(993m)、、、

 

 

林道を進み登山口に着いたがさすがに車は止っていない、準備をして登山者カードを書いて登り始めた、直ぐに結構な登りになるが人気のある山だ、登山道は良く整備されている、関係者に感謝だネ、、しかし登山道は落ち葉に覆われているところが多い、岩、石などが見えないところがあるので下山は十分に気を付ける必要があるな、、古呆けた自分の頭に言い聞かせてどんどん進む、登るにしたがい段々と紅葉が終わっている、下牧口コースとの合流点そ過ぎ間もなくで しらば避難小屋 (写真) に着いた。以前新聞で関係者のご尽力で避難小屋が綺麗に修繕されたと言う記事を見たが綺麗になっていた。天候の急変も考えドンドン先を急いだ、、、

 

 

避難小屋を過ぎると一旦下る、そして又登りになる、上越方面、柏崎方面、日本海を眺めながら登って行くと急に風が、、日本海からの風だな、、、汗ばんだ身体に気持ちが良い、、と言うより寒い感じだ、もうこの時期、1000メーター近くになると寒い、、、そして間もなくで頂上(写真)に着いた。やっぱり先客はいない、私一人だが恐らく1~2週間前の土、日、は頂上が一杯だったろうに、一人独占で景色を眺めていると反対側の登山コースから同年輩くらいか、ご夫婦と思われる二人ずれが登ってきた。結構風が冷たい、頂上の米山薬師に参拝し今年1年、何事もなく山行きが出来た事に感謝し、来年も又山行きが出来るよう祈願してきた。天候の急変も考え15分ほど頂上に滞在し下山を始めた。オニギリは避難小屋で食べよう、、、下りは滑らないように注意をしながら一気に下る、そして しらば避難小屋 に到着、ここでコンビニで買ったオニギリ2個を食べて又下山を開始、そして昼過ぎに無事登山口に戻ってきた、ちょっと物足りないような気もしたが、、、何とか雨にも遇わず今年最後??の山行きが終わった、、、、。

 

米山

 

泰澄禅師(たいちょうぜんじ)は682年、越前の国(現、福井県)に誕生し、修行を重ねその後白山に登り山岳信仰を基に「神道・密教・道教」などを統合した。和銅5年(712)弟子の沙弥(しゃみ)を連れて修行行脚で当時「五輪山」と呼ばれていた米山に来た時 「之、薬師如来の浄土なり」 と悟り修行を重ねた。沙弥は托鉢のおわんを飛ばす術を心得ており、鉢崎沖(現、米山町)を航行する船から修行するのに必要最小限の米と塩を頂いていました。ある日、出羽の国(山形県)の上部清定が献上米を積んで京の都に向け航行していました、沙弥はいつものように「小々の米を、、」とお願いしました。清定は邪険に断ると、沙弥は何か呪文を唱えると、たちまち船に積んであった米俵が五輪山に飛んできました。その後、この山を五輪山から「米山」と呼ぶようになったと伝えられている。

 

薬師如来

 

越後の米山薬師は、九州日向の「法華嶽薬師」・三河の「鳳来寺薬師」と並んで日本三大薬師の一つとして知られている。薬師如来は、この世の病苦を取り除いてくれる仏様である。如来の中で、薬師如来だけが薬の入った壺を持っている、薬師様は十二神将を従えており、薬師十二神将とも呼ばれ、その役目は薬師如来の手助けと如来を信仰する人々を守護すると言われている。米山薬師は病気平癒だけでなく、五穀豊穣を祈る神として各地で米山薬師講が栄えた、又海の沖合から位置を知る目印にと薬師さまが灯りを灯す事で海に関係する人々からも篤く信仰されていた。  = 一部案内板より抜粋 =

 

 米山登山、スライドショー は   = こちら =

 

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(4) / トラックバック(0)
206おすすめ

入社式

2012-11-12

 

 満席に近い上野行き夜行普通列車は未だ夜も明けきらない上野駅の15番線ホームに着いた。上野駅の10番線台のホームには次々と東北、北陸、信越方面からの夜行列車が入ってくる。中学の修学旅行以来の東京だ、、東京はすげーなー、、! 3人の仲間の一人の親戚が浅草にありホームまで迎えに出て下さった、入社式まで時間があるのでそちらのお宅で休ませていただく事になった。

国電(国鉄時代)、省線電車に乗って(京浜東北線)鶴見駅へ、ここで鶴見線に乗り換えだ、少し車輛が短いあずき色の電車だった、浅野で別れて海芝浦駅が終点、駅前全体がグループ会社(50年前の写真上)、浅野駅を過ぎると、新芝浦、終点海芝浦と続くが、左側が京浜運河、右側が全て大手企業が続いている。

 

 

今回の鶴見工場の新入社員は70数名、大部分が公立の職業訓練所(今で言う、テクノスクールだ)を卒業して来た手に職を持つ金の卵だ、会社の大食堂で食事を食べて入社式、そして記念写真(写真、上)、いよいよ社会人のスタート、初任給は7,000円ちょっと、、私の職場は同じ訓練所から行ったN君と一緒で設備課に決まった。

 

退社後は鶴見線に乗車する機会もなかったが1年前の昨年の11月、学生の頃の同じ専功の同窓会があり数年振りに上京した折に、思い切って 青春時代 懐古の旅 をしてみた。40数年振りに乗車した鶴見線、綺麗な電車に成っていた、終点の4年間通った海芝浦駅の横は小さな公園に成っていた、前は京浜運河、横浜港も臨め当日は日曜日で多くの家族ずれが訪れていた、、、、。

 

                      にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ  

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
162おすすめ

深まりゆく秋、 (Ⅱ)

2012-11-11

 

11月に入り秋が深まってきた感がある、妙高連山はすっかり雪に覆われた、、(写真)、だいぶ下まで白くなったネ、、、妙高山(2,454m)は昨年はじめて登る事が出来た、隣の火打山(2,462m)は昨年に引き続き今年も登る事が出来た、何れも百名山に数えられている、さすが素晴らしい山だった。やはり登った山は眺めていてもなんとなく親しみがある、あー、あそこら辺に鎖場があったなー、あの辺が高谷池ヒュッテがある場所だな、、、、、そして隣が、唯一の活火山の焼山(2,400m)、来年は何とか登りたいんだが、今月に入り空気が住んでいる時は噴火の煙が見える事がある。今年もシベリヤから白鳥がやってきた、仕事で郊外を走っていると刈り取りの終わった田んぼで餌を食べていた、ちょっと写真には白鳥が入っていないが、、

 

 

市内の幹線道路の街路樹、すっかり紅葉して今が見頃、イチョウの木は黄色が綺麗だね、風でイチョウの葉が舞っていた、ケヤキの木も真っ赤に染まっている(写真)、周りの低い山々もすっかり色付いた。海岸線を走っていると今日は佐渡ヶ島が水平線にハッキリと見えていた、そして更に西に目をやると能登半島もうっすらと見える、こんなのは珍しい、、、もっとも、これから寒くなると空気が澄んで見える事がよくある、、。あと2~3週間もすれば白いものもちらつくだろう、いよいよだネ、、。ホットカーペット、コタツ、ストーブも稼働を始めた、私の車も早々とスタッドレスタイヤに替えた、今年から勤務が朝早いので早目の用意に超した事はない、、、、

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
156おすすめ

新米タクシードライバーの一日

2012-11-10

今日は土曜日、いつもは7時からの勤務だが土、日は8時か8時半からの勤務、チョット余裕がある、今日は8時から夕方4時までの勤務。いつもより、ちょっとゆっくりで朝5時、目覚ましのベルで目が覚めた。新聞を読みながらパンとコーヒーで朝食だ、新聞にパンくずが落ちているから新聞を読みながらパンを食べるのをやめてくれない、、! いつも叱られるが、、、。日課の血圧測定、洗面、勤務先の制服に着替えて神棚に参拝する。ようやく準備完了でパソコンの前に出勤時間まで20分位坐りメール等をチェック、、07:05家を出る(いつもは06:05家を出る)7~8分で勤務先に到着、自分の乗車する車を確認、出勤簿にサイン、アルコールチェックをしてエンジンスタート、各部の点検を済ませて待機だ、忙しい時は準備できしだい運行管理者の点呼をうけて出庫となる、今日は朝方雨で07:30点呼を受けて出庫した、、、フロントに無線で、おはようございます、3○○異状なし、開局、どうぞ! 一日の始まりだ、、、。

 

朝一番の仕事は大手薬品メーカーの単身赴任のビジネスマンをアパートに迎えに行き駅まで、今日は第2土曜日、休みの会社がほとんど、朝の早い時間は暇だ、 しかーしだ! 今日は大安吉日、9時過ぎより動き始めたネ、、、ある結婚式場に配車になった、こんな早い時間にもう披露宴が終わったのかや、、? 式場に着くと、着物姿の女性と礼服を着こなしたご夫婦、式場のスタッフと3人で立っていた。スタッフの女性が、本日はどうもおめでとうございます、お足もとが悪ーございます、、、、、、など等、、内心、ばーか丁寧な対応だな、、乗車するなりご主人が、 いやー、結婚式場間違えちゃった、運転手さん、○○○○まで、、 そーですか、それわ大変でしたね、今の結婚式場はみんな舌を噛むような似たような名前が多いですよね、、間違えられた式場のスタッフ、これ見たか、、とばかり馬鹿丁寧な対応していたわけだ、あの女性スタッフも人が悪いねー、、、、。

 

ある小学校の前から乗車の男、行き先は駅だ、勘が働いて、なにかうるさそうな男だな、、、駅に着いて料金は940円、小型なのに料金が高いんじゃないの、ちょっと安くならないの! ときた、いえ、どの車でも駅までの経路は同じだと思いますので料金は変わりませんが、940円の料金が気になるくらいならタクシーなんか乗るんじゃねー、、と言ってやりたい、、、、。

 

11月の第2土曜日、大安吉日、さすがに結婚式が多かった、今日はジャンボタクシーを含め5ヶ所の結婚式場のお客様をお供した、、、、。セレモニーホールに告別式に向かうお婆ちゃん、法要に行く寺院の住職さん、、、、、など等、4時までの勤務が5時過ぎまでみっちりと使われたネ、、、車庫に戻り車を洗車して今日の一日が終わった。

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
184おすすめ

[hamさんの日本の歌心の歌] 新潟県民歌

2012-11-09

 
 
新潟県民歌 
 
作曲:明本京静 作詞:高下玉衛

 一、世紀明けゆく西北の
   山河新たに旭(ひ)は映えて
   県民二百五十万
   希望に燃えてこぞり起(た)つ
   ここぞ民主の新潟県

 二、五穀の宝庫土壌(つち)肥えて
   尽きぬ越後の野の幸に
   文化産業絢爛(けんらん)と
   花咲き薫るこの繁華(はんか)
   興(おこ)せ自由の新潟県

 三、日本海の若潮に
   弥彦妙高佐渡晴れて
   世界をむすぶ観光の
   絵巻彩(あや)なすわが郷土
   拓(ひら)け詩(し)の国新潟県

 四、越佐の天地玲瓏(れいろう)と
   今ぞ平和の鐘は鳴る
   ああ新しき憲法の
   聖(きよ)き理想を炬(ひ)と翳(かざ)し
   築け栄(はえ)ある新潟県
 
 
新潟県民歌を知っている県民は果たしてどの位いるだろうか、恐らく昭和20年代の前半くらいまでに生まれた人くらいではないだろうか、、、、私は歌詞は1番しか知らないが小学校の低学年のころ学校でよく歌った記憶があるが、その後は歌う機会もなかったし県民歌は殆んど聞いた事も無い、、たまに思い出して自分で勝手に口ずさむ程度だ、、県民歌に相応しい良い曲だ、折角ある県民歌、もっと広く県民にPRして県民に愛され歌い継がれるようにしたらどうだろうね。
県民歌は昭和22年に一般公募により制作され、昭和23年3月28日に新潟第一師範学校(新潟大学教育学部の前身)講堂で発表会が催された。当時はひろく愛唱されたが、その後、時の流れとともに、歌われることが少なくなりこんにちは全くと言ってもいいほど聞かれなくなった。
 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
246おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸③] 最後の航海、

2012-11-08

家族が訪船して楽しい2日間もあっという間に終わり、3日目の早朝、家族が下船して本船は又ペルシャ湾に向け静かに桟橋を離れ約40日の航海に出た。そしていつものようにシンガポール、マラッカ海峡を通過しスリランカ(ドンドラヘッド)沖を通りペルシャ湾、イランのカーグ島で原油を満載して又大阪の堺に戻ってきた。昨年の12月、クリスマスの前に本船に乗船し3航海が終わった。貨物船に乗船した時は1年近くは乗船するんだが、タンカーは面白くないネ、、行き先は中近東、ペルシャ湾、桟橋に停泊しても砂漠の何もないところ、積地によっては陸も見えない海の上での荷役、大体の乗組員は休暇の権利が発生する3航海か4航海で休暇下船する。本船 霞峰丸に連続して3回も乗船した乗組員はほとんどいないだろう、、本社勤務から海上に復帰して連続3回目の乗船も3航海が終わり、4航海目、堺の関西石油の専用桟橋をタグボートに引かれて静かに離れた、そしてサウジアラビアのカフジに向かった、、、、、、。

実はこの航海が私にとって最後の航海になるだろう、、、、、理由は未だ内緒だが、今航、堺で休暇下船し退職する予定なんだ、勿論、他の乗組員等には内緒だ、別に船乗りが嫌になった訳ではないんだが、やりたい事がある、、、今航は最後になるであろう航海をじっくり楽しもうと思っている。

 

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
213おすすめ

[今日の話] 私と山登り、

2012-11-07

山には全く興味も無く知識も無い、そうは若くは無い私が山登りに興味を持ったのには訳がある。今の仕事(新米ドライバー)でよくお供したお客さんの中に山歩きの好きな80歳代のお客さんがおられた。よく若い頃山歩きをされた話しを聞かされた、山か―、山も良さそうだなー、、、laugh 晴れていれば毎日目にする山がある、南葉山(なんばやま) と言う1,000メーター足らずの山だ、色々と話には聞いた事があるが勿論登った事は無い、山好きのお客様をお供した時に南葉山の事を色々と聞いてみた、 良い山ですヨ、でもこの辺の人は低い山だから馬鹿にしてあまり登らないんですヨ、、、との事、仕事柄、運動不足は否定できない、もともと体を動かすのは好きなタイプ、よし一度、南葉山に登って見るか、、と言う事で3年前の10月に登ってみた、頂上からの展望は良くないが、苦しい思いをして頂上にたどり着いた時の達成感は格別だ、んー、山もいいなー! 翌月の11月に近くの米山(993m)に登ってみた、よし、俺も山登りを始めよう、来年は妙高山に挑戦だ、、、と言う事で翌年の春から足を鍛える為、晴れた日は、ジョギング、ウォーキングを始めた。そして夏、試験も兼ねて菱ヶ岳(1,100m)に登ってみた、そして8月の下旬百名山の一つの、妙高山(2,454m)に挑戦し念願の頂上に立つ事が出来た。途中の苦しみは、南葉山、米山、などの比ではないが、それだけに頂上に立った時の感激は半端じゃなかったな、、すっかり自信もついた、直ぐに、黒姫山、火打山、飯縄山、斑尾山、と登る事が出来た。今年の夏が待ち遠しかったが、今年は例年になく大雪で山の雪消えも遅かった、5月に試し登山で米山へ、そして6月、北信五岳の残っていた問題の戸隠山に登ってきた。夏山のシーズンは短い、焦る訳ではないが、雨飾山、権現岳、念願の富士山、苗場山、高妻山、鉾ヶ岳、そして今年も火打山へ行ってきた。11月に入り周りの1,000メーターを越す山々は雪化粧をした、近いうちに今年の登り収めに紅葉見物も兼ねて霊峰米山へ登って米山薬師に参拝したいと思うが、、私の山登りへの橋渡しをして下さったお客さん、昨年の12月に他界された、先日、奥様をお供した折にもいろいろと昔の話しを聞かせて頂いた。今年も山行きで色々な経験、勉強をさせていただいたが来年は又身体を鍛えて、白馬岳、小蓮華岳に挑戦してみたいんだがなー、、出来れば富士山にもう一度登り今年果たせなかった剣が峰に登りたい、巻機山、越後駒ヶ岳、四阿山、浅間山、谷川岳、立山、焼山、、、、などなど、出来る事ならば歳をとるのもこの辺で5~6年ストップしてもらいたいんだが、、、、。

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
167おすすめ

[仲良し、ちびっ子二人] 仲良しちびっ子二人と一匹、

2012-11-06

 

休みにちびっ子二人と一匹が遊びに来た時の一こまです、、、、

 

  いまワンダーランド見てんだから、さわらないで、!

 

     これあたしの、おねえちゃん、!

 

 

 こんな坐り方、どこで覚えたんだろう、、多分、保育園だろうね、、、

 

 

テレビを見ている時はおとなしいネ、、、

 

 

その腰つきがいいねー!

 

 

下に届きそうな手提げ袋を持って、、こんな時が一番いいね!

          

 

                       にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
194おすすめ

集団就職

2012-11-05

大手工作機械メーカーに就職が決まり、会社の寮に入る事になっているが、8畳の畳の部屋に2人が入る、部屋が狭いので布団、衣類、身の回り品以外はいらないと言うが、、3月に入ると父親が、勉強するのに机くらいはいるだろう、、、とわざわざ建具屋さんに頼み坐り机を造ってくれた。普段は厳しい父であったが子供心に嬉しかったなー、、、母は私の為に新しい布団を作り、下着などの衣類を買い揃えてくれた。そして荷物を送るのに今のように宅配なんてのはない、当時は国鉄時代、鉄道手荷物、鉄道小荷物扱いと言う、チッキ と呼ばれるのがあった、乗車券を提示すると安く送る事が出来る、そして客車に大体1両の荷物車が連結されていた記憶があるが。全て準備は終わり後は上京する日を待つだけだ、、、、。

昔は雪も多かった、3月の下旬には未だ田んぼに少し雪が残っている、、農機具修理科からは7~8人、県外に就職するが大手企業には我々3人を含め数人だ。16年間生まれ育った家を離れるのは寂しい気もするが又都会での新しい生活が楽しみでもあり、複雑な心境だな、、そしていよいよ家を離れる日が来た。出発する前、父にその旨話すと、、おー、きー付けてな(気を付けてな) の一言だ、母は外に出て来て、身体にきー付けてな、頑張るんだぞ! と言って不要な包装紙に包んだ小さな物を差しだし、なんかほしいもんあったら買えや!(何か欲しい物があったら買いなさい)後でそっと開いてみると千円札が数枚折りたたんで包まれていた、、高田駅に着くと2人の仲間が先に来ていた、上野行きの夜行の普通列車だ、就職シーズン、何人ものセーラー服、学生服を着た中学卒業生、高校卒業生の姿が見える、そして真っ黒な煙を出して上野行きの汽車が入ってきた。リクライニングなんてのは無い、向いあわせの4人掛けの座席に坐り夜汽車の人となった、、上野まで蒸気機関車で約9時間近くかかったような記憶があるが、、、、

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ 

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
133おすすめ

工事が進む北陸新幹線、

2012-11-04

 

平成27年春、開業に向け工事が進む北陸新幹線、我が故郷の上越駅(仮称)の駅舎も春以降、姿を現しここにきて外観がほぼ出来ているのではないだろうか、今日、仕事で新幹線の駅の西側の近くを通ると312メーターのホームの建物は出来ている(写真)、この中に2面のホームと軌道4線が入るはずだ。高架は全て出来ているのではないだろうか、電線を支える柱は全て建っているが電線は未だだ、以前はおびただしい数のレールが直江津港の埠頭にあったが最近は姿が見えないネ、、先日、工事中の新しい駅舎の見学会があったが沢山の応募があり抽選が行われたようだ。何れにしても27年春の開業と言う事は試運転、細部の工事などを考えると私の想像では1年前の26年春頃にはほとんど完成していなければならない、と言う事は後1年半だ、、、、

 

 

新幹線開業に向けて関心ごとの一つに「駅名」問題がある、これも来年の前半にはJRから発表されるだろう、、「妙高・高田」  「上越」  「○○上越又は上越○○」 の3案にしぼられているようだが、高田市と直江津市が合併して上越市になり41年も経っている、あくまで私の個人的な考えだが、不人気の上越市と言う名前だが今さら駅名に他の名前は考えられない、北陸新幹線の各駅の路線図に名前が載り、駅や車内で駅名などがアナウンスされる、これほどの宣伝はないだろう、、、あと少しの新幹線の開業により市内の商業パターンが大きく変わる可能性を秘めている、従来の、ほくほく線、の特急はくたか、信越本線、北陸本線の新潟、金沢間の特急北越の廃止がもたらす影響は甚大だ、特に直江津地区の影響は大きいと思われる、素人の私が一番懸念するのは上越駅(仮称)にどれだけの列車が停車するのだろうか、全部の列車が停車するのはあり得ないだろう、長野駅から上越駅まで20分もあれば来るだろう、東京から1時間45分位、恐らく2時間半チョットあれば富山、金沢まで行けるのではないだろうか、便利になって上越を通り越して観光客がみんな北陸あたりまで足を延ばしてしまう事のないように関係者に頑張って頂きたいと思う。過去にも新幹線の開業により活性化したところも多いが逆のケースもあるのは事実だ、、、、

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(4)
140おすすめ

深まりゆく秋、

2012-11-02

 

11月に入りすっかり寒くなった、ついこの間まで暑い暑いと言っていたんだが寒くなり始めたら一気に寒くなった、近年は春と秋が極端に短くなったように感じるが、これは私ばかりではない、、、いつまでも残暑が厳しく涼しくなると今度は一気に寒くなる、、先月より高田公園の木々やブロンズ像などの冬囲いが始まったし道路脇の街路樹の冬囲いもあちこちで見られるようになった。市内を走る山麓線の街路樹(写真)もすっかり色付いた、つい2週間前に妙高高原の燕温泉に紅葉を見に行ったんだが、その燕温泉では今日、一面雪化粧したと言う、昨日から冬型の気圧配置で大荒れの天気、仕事で市内を走っていると短い時間だが、バリバリっと霰が降った、ついに来たかネ、、、これからはこの様な天気が多くなる。これから春に向かうのなら元気も出るが、冬に向かうとなると意気消沈だ、、毎年の事だが、この秋から冬への切り替わり時期が一番嫌だね、、嫌だ嫌だと言いながら何十年もこの地で生きて来た、、、。

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(4)
180おすすめ

いろいろなお客さん、 

2012-11-01

昼食を食べて駅の構内でNHKの歌謡スクランブルを良い調子で聞いていた、今週は「日本列島歌巡り」良い歌をやっているんだ、待機していると、駅正面で待機している当社の2台の中型車、20代くらいの男女のお客がタクシーに乗ろうとしていたようだが、ドライバーと一言二言しゃべって構内で待機しているこちらの方に歩いて来た。ハハ―、正面に待機しているのは中型車なので小型車が希望なんだな、それともドライバーが気に入らないのか?、、そんな事はあるめー! 私の車の横に来て、 10円安いわ、、、 若いのに、けちけちしてるなー、、ドアーを空けると乗り込んできた、行き先を訪ねると、 ○○の方を曲がって海の方へ、、との事、ハッキリしねーなー、水族館かなー、もうイルカショーも終わったし、水族館へ行く歳でもないだろうに、、、車内では楽しそうに喋っている、そのうちにドラッグストアーへ行ってくれ、との事、到着すると、ちょっと待ってて下さい、と言う、ドラッグストアーから出て来て、今度はコンビニへ行ってくれと言う、酒を買いたいようだ、コンビニで酒や食べる物を買ったようだ、乗車すると、左の方に行って下さい、、内心、そんなに急に言われても困るんだが、行き先は何処かネ、、と言いたいんだが、お客さん、真っすぐで良いですか? 尋ねると、 ハイ、 と一言、街を通り過ぎて海岸線に出た、風が強く、強風注意報が出ているのに、砂浜で一杯やるってのかなー、、? んッ、まてよ、この先の高台にあるラブホテルにでも行くのかな、! お客さんに、行き先はホテルですかね! と尋ねる訳にもいかないし、、少し先のY字路でチョット意地悪くホテルと反対の方の方向指示器を出してみた、内心、私も意地が悪いね、、するとどーだ、、あッ、右です、、行き先は間違いないな、二人で食べる食べ物、飲み物まで用意して、次の交差点を左に曲がりますか? と聞こうと思ったが、真っすぐに行こうとすると、慌てて、 あッ、左です、、と、気持ちは解るが、初めからホテル○○と言えば良いのに、、こっちは別に慣れたもんだわね、、坂を登ればホテルしかない、ギヤ―を1速に入れて、ドンドンと登ってホテルの前に着けて、 ハイ、お待たせしました! こういう時は初めから、ハッキリと言えばこっちもやり易いが、、、、

 

朝ある住宅街の一軒に配車になった、こちらのお宅、夜の勤務に入っていた頃はよくお迎えに行ったのでよく解っている、今年から昼間の勤務に入ってからはご無沙汰だ、これから3日間ほど娘の処に行って来る、、と嬉しそうに話しておられた、、それから1時間ほど経った時、消防車のサイレンがあちこちで鳴っている、フロントから、○○○丁目地内で火災が発生している、緊急車両に注意するように、、と無線が入った。間もなく火災発生の近くに配車になった、迂回して目的地に向うと黒い煙がもくもくとあがっている、目的地に着くと近所の奥さん連中が集まって火災現場の方向をみて話している、 火事は何処ですか、? と尋ねると、○○の近くのようです、、、、 と言う、んッ、先程お供した○○さんの近くだなー、家を出て1時間、まさか留守宅から出火って事はないだろうなー、、暫くして駅構内へ戻り仲間の者に火災現場の事を訪ねると、なんと先程お供した娘さんの処に行かれた○○さんのお隣のお宅じゃないか、しかも、火元のそのお宅も、確か一人暮らしのお婆ちゃんを何回もお供した事がある、、今頃、○○さんの処にも連絡がいき、びっくりされているだろう、住宅街で家はくっついている、少し風もある、延焼していなければ良いが、、、その後、近くを通り火災現場を見ると火元のお婆ちゃんのお宅は全焼だ、隣の○○さんのお宅、幸い延焼はしていないようだが恐らく外壁は焦がれ放水で水浸しになったろう、、、、

  

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ  

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
169おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

04104460

QRコード