2012-01-31

直江津港のLNGタンカー

昨年の10月に建設中の火力発電所の専用桟橋に燃料に使うLNG(液化天然ガス)を積んだLNGタンカーの第一船が入港した。過去に直江津港に入港した船では最も大きな船だ、1系統のうちの1号機の試運転が始まり昨年の12月に試運転による発電が開始された、今度は2月頃にLNGを積んだタンカーが入港するとの情報が有ったが1昨日、31日にLNGタンカーが入港するとの情報が、、、たまたま午後にお客様をお供して発電所建設現場に、、いたいた、、、恐らく夜には沖に着いて、沖待ち、明るくなって着桟したんだろう、既に荷役が始まっているようだ、今回入港している船は典型的なLNG船、球形タンク方式と呼ばれる大きなタンクを備えている、前回10月に入港した時のLNG船はメンブレン方式と呼ばれる船体本体がタンクに成っている方式、最近はこの方式の方が多いと聞いているが、、前回は初めての入港であり色々なレセプション、試験などで1週間くらい停泊していたが今回は恐らく明日には出港するだろう、はるばる中近東のカタールから17~18日かけてLNGを運んできたのに、、停泊すればそれだけ多額の税金(トン税)もかかる、荷役が終われば1時間でも早く出港する筈だ、、、、

 

LNG(Liquefied  Natural  Gas  Tanker) タンカーは液化天然ガスを専用に運ぶタンカーである、液化天然ガスはマイナス162度以下でないと液化しない為、極低温下に耐えうる金属の使用、LNG漏洩防止と爆発防止の為の数々の安全システム、など等最新の技術が使われており、又比重も原油に比べると軽い為、船体に対する荷物の体積が多くなり普通のタンカーに比べると荷物を入れる部分が大きくなる(上手く説明出来ないネ、、、)、通常の原油タンカーに比べると船の建造費はかなり割高のようである、従ってLNGを運ぶ運賃も高いんでしょうね、、、球形タンク方式とメンブレン方式、それぞれ一長一短があると思うが、球形タンク方式の上部をキャットウエイと呼ばれる橋が通っているがこの上に上ると海面まで数十メーター、足がすくむであろう、、、。

今回入港したLNGタンカーは積載重量トンで約十万トンくらいではないだろうか、陸上の3つの保管用のタンクのうち完成している一番左側の1番タンクに移されるのだろう、、今年の7月には1号機が営業運転に入り順次営業運転が始まり、2014年の5月には1系統の1号機2号機、2系統の1号機、2号機、全てが営業運転に入る予定と言われている、するとLNGタンカーも月に2~3はい(大型船は1ぱい2はいと数える)入港するだろう。

 

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(135)
201おすすめ

2012-01-30

[今日の話] 身体の異変、

今まではたまに昼間の勤務があり、月に数回の泊まり勤務、どちらかと言うと夕方からの夜の勤務が主体の不規則な勤務であったが、今年から完全に昼間の勤務に変更して頂いた、以前は朝方の3~4時頃寝ても大体が朝の8時過ぎには目が覚めてしまう、今は土、日以外は朝が早い勤務なので朝の5時に目覚ましで起きる、遅くとも夜の10半までには寝るようにしている、6~7時間は睡眠時間をとっているんだが朝起きるのが辛いね、、今は特に朝、寒い精もあると思うが若い時なら兎も角、約5年間と言うものは不規則な生活が続いて、自然と疲れも蓄積していたんでしょうね、夜主体の生活に慣れたとはいえ、人間と言うものはやはり明るい時に働き暗い時に寝る、と言う習性なんでしょうね、あと1~2ヶ月もすれば昼間の勤務にも慣れるでしょう。今は兎に角一日が短く時間が足りない感じだ、朝まだ暗いうちに家を出る、家に帰るとじきに暗くなる、ジョギング、史跡巡りも始めたいんだが今は雪もあり暗くなるのが早く無理、、、3月の中旬にでもなれば昼間も長くなるし雪も消えるだろう、この雪では何も出来やしない、すべではそれからだ、、今はじっと我慢の子だネ、、、、、。


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(4)
207おすすめ

2012-01-29

[古い航海日誌 霞峰丸②] 休暇下船決まる、南シナ海北上中、

昨日マラッカ海峡通過中、本社より交替電報がきた、通信長も次航、下船するので私にもう一航海付き合え、、、と言うが、今航休暇下船すると恐らく正月前には又乗船となるだろうが、予定通り今航、堺で下船する事にした。昨夜シンガポール海峡を通過、海上から見るシンガポールの夜景も綺麗だね、、朝、目が覚めると南シナ海だ、昼食を食べにフライングパッセージを海を眺めながら歩いていると、真っ青な静かな海に波を切る音、エンジンの音だけが聞こえる、満載ドラフト(喫水)15メーター、つまり15メーター海面下に沈んでいる訳だ、長さ265メーター、幅44メーターの巨体を動かしている27,600馬力のエンジン、1日数十トンのC重油を消費する、金額にして数十万円に成るだろう、、、船の前方を見ると真っ黒な雲が、、こりゃスコール(Squall)が来るなー、、、そして食事をしていると、きました、スコールが,食事が終わって船首の方に戻らなければいけないが、激しい雨だ、赤道直下、雨に濡れても寒くはない、むしろ気持ちが良いくらいだが、このスコールじゃ100メーターのフライングパッセージを走っても下着までずぶ濡れは免れないだろうな、、雲を見るとこのスコール、通過するのにしばらくかかるな、、どうする? 男だ、行くか! 途中2ヶ所ある待避用のトンネルまでダッシュ、、、少し休んで又ダッシュ、、、案の定、下着のパンツまでずぶ濡れ、急いでバスルームに飛び込みシャワーを浴びてスッキリ当直だ、、、交替した通信長、この雨の中どうするんだろうとチョッピリ興味が、数分してパッセージのドアーを開けて様子を見ると雨合羽を着こんで悠々と歩いている姿が、、、、さすがー! しかし、おいらはあんな面倒な事は出来ねー、、、 休暇下船も決まったし、休暇中の色々な計画を立てないとなー、、、。


                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
 
固定リンク : トラックバック(2)
201おすすめ

2012-01-28

危険な雪国の信号機、

最近めっきり増えてきたLEDを使った信号機、以前の電球を使っている信号機、晴れた日に太陽の光などが当たると赤、橙、青、共に光ってしまい現在の信号機の色が解らなく交差点で一瞬、焦った事が良くあった、その点なるほど新しいLEDを使った信号機はその様な事は無くなった、他にも電球の場合は恐らく1年くらいで交換していたんだろうと思うがLEDは寿命が比べ物にならない位、長い筈だ、又電気の消費量も電球に比べれば恐らく数分の一だろう、色々なコスト、性能、大きさ等から見ても圧倒的にLED式の信号機に軍配が挙がる、、、、、、しかーしだ! 数日前、雪の時に県道から国道へ出る、ある信号機のある交差点に来たが、、 あれッ、信号機が止っている、、、、? よく見ると、信号機は点灯しているんだが雪が付いていて良く見えないんだ、上の部分のひさしの付いている下だけが辛うじて雪が無く、見える程度、、、、今日、仕事で市内を走り回っていると3ヶ所の交差点で同じような結果を見つけた、何れの信号機も北、北西、西、方向を向いた箇所の信号機だネ、、、そこでhamさん、悪い頭を働かせて原因を考えたんだが、結果は、恐らく以前のような電球式の信号機は当然、それ相当の熱が出る、雪が付いても熱で溶けていたんだね、LEDは電球の様な熱は出ない筈だ、そこで北、西、方向に向いた信号機だけ少し風のある時は雪が信号機に付いて見え難くなるって訳だ(写真)、上の写真は未だいい方だネ、右折用のの信号はほとんど見えなかった、特に雪の降る地方の信号機は降らない地方の信号機と違い雪が積もらないように縦型だ、地元の人はいつも通るところは何処に信号機があるか解るが、県外など他方から来られたドライバーは、ややもすると信号機を見落としてしまう可能性がある、、危険だねー! この様な事が原因で事故が起きて裁判にでもなれば明らかに行政側が不利だと思うが、、幸いにも事故に結びつかなくても信号が見え難く赤の時に交差点に進入した場合、もし警察官、あるいはパトロール中のパトカーでもいれば違反として切符を切るんだろうか、、多分、ニコニコして切符を切るんだろうね、、私が不思議に思うのはこの様な箇所は何ヶ所もある筈だ、毎日、市民の為にご苦労様にパトロールしているパトカーなどは気が付かないんだろうかネ、、、、もっとも先日、仕事で運転していた時、前を走っていたパトカー、道路に結構大きな落下物が有ったにもかかわらず、止ってそれを端かなにかに動かすのかと思ったら、その落下物を避けて通り去った、私はお客様をお供している途中だったので私も落下物を避けて通りすぎたがネ、、、、勤務先の会社と国交省の担当部署と、管轄する道路の、危険を予想される異常、落下物、動物の死骸、など等を発見した場合、国交省の担当部署に情報を提供する旨の提携をしている、過去に国道を走行中に大きな落下物を見つけたので無線でフロントに連絡した事がある、後からスタッフが○○さんからの連絡、指定された部署に電話したんですが、担当が違うとか、部署が違うとか、どうなっているんでしょうかね、、、、と嘆いておられた事がある、勿論、全員とは言わないが、もっと責任感を持って、緊張感を持って仕事をしてもらいたいね、、、、、。

 

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
249おすすめ

2012-01-27

連日、ばーか忙しいネ、、

3~4日、穏やかな天気が続いたが3日ほど前から一転、冬型の荒れ模様の天気に、とッ、途端に忙しくなるから不思議だ、それじゃ、毎日荒れた天気ならば、、、と思うが、それじゃこっちが参る、、、
バスの営業所から乗車の60台の女性、申し訳なさそうに、運転手さん、あたし、○○○まで行きたいんだわ、 山間部の結構遠いところだ、内心、おー、ごっつお、ごっつお、(ご馳走)山の方に向かうと雪の降り方も半端じゃない、視界も数十メーターくらい、道路、両脇も真っ白の雪、たまにライトも点灯しない白い車が走ってくる、ばーか、ライトくらい点灯して走れや、、こっちがびっくりする、運転手さん、こんな雪の中、悪いお客に捕まっちゃって悪いね、、 90近い母親と二人、公営の住宅に住んでいるらしい、その母親も怪我で入院、寝たきりのようだ、その病院の帰りらしい、内心、悪いが この小母さん、お金持っているんだろうなー、、心配になって来た、料金も冬期料金で一万円近く、目的地に着くと料金は○110円、千円札を出して、運転手さん、お釣りはいいわ、、えー人は見かけによらないもんだねー!
今日も雪で朝の7時前から走りっぱなし、おまけに除雪が間に合わないのか路面状態は最悪の穴だらけの道路が多い、信越線は線路の除雪で電車が止っている、他の線の電車も大幅に遅れている、普段はたくさんいる駅前のタクシー乗り場もほとんどタクシーが待機していない、駅前でお客を降ろすとタクシー乗り場に数人寒い中並んでいる、フロントに確認しお供する事に、行き先は隣の駅だ、その隣の駅に着くとここも普段はたくさん止っているタクシーは1台もいない、60代の女性がこちらを見ている、お客さんが降りると小走りに寄って来て、すいません、○○まで幾らくらいかかりますか? 一万円近くになると思いますが、、 暫く考えて、お願いします、、積雪が3メーターに成ろうかと言う豪雪地だ、内心、雪で登れなくてチェーンを巻くなんて事はないだろうなー、、、目的地に近づくと凄い雪だ、道路脇の雪の壁は2メーター近くはあるだろう、運転手さん、そこを左にお願いします、、曲がろうとすると除雪もしていない新雪が30センチくらいありそうだ、、こんな処に入ったら完全にカメな成るな、 お客さん、4WDじゃないんで無理です、申し訳ありません、 数百メーター行くと、そこからも行けるんで、そこからは近いので歩いて行くとの事、こちらで料金メーターは切って、そのようにさせて頂いた、ヤレヤレ! 帰りは少し下りだ、とにかく雪の壁でカーブの先は全く見えない、慎重に運転して無事戻って来たが次から次へと配車に成り今日は駅構内の待機は1度だけ数分いただけだな、、、よく走り回った、疲れましたって―!


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(6)
152おすすめ

2012-01-26

[今日の話] 雪の新年会、

昨夜は毎年恒例の新年会、日曜日、祝日、お盆、正月、関係なし、地球が動いている間は24時間、年中無休の仕事、従って社員全員がが一同に会してと言うのは無理、2日間に分けて行われた新年会、hamさんは今年は駅前のホテルの会場だ、2~3日前からこの冬一番の寒気団の到来で激しい雪だ、仕事が終わり、家に帰り着替えてトンボ帰りで会場へ、先ずは会社のトップの話、毎年お決まり文句、 我が業界は大変厳しい状況に置かれている、、、、、ーーーーー、、 そんな事はどこの業界も一緒だ、もうちょっと希望の持てる話はないのかね、、、、と言いたくなる、、、。
宴会が始まり結構盛り上がっていたな、、しかーしだ!  今日も朝の7時から仕事、5時には起きなければいけない、ましてやこの雪だ、除雪車が来ている、車が出れるように除雪しなければいけない、従って4時には起きなければ間に合わない、じっくり飲んでいる場合じゃないんだ、ましてや出勤時、アルコールチェックがある、これにひっかかると大変だ、 マイカーの車の鍵を預けられ、 ハイ、歩きかタクシーでお帰り下さい! おまけに○○書まで書かされる、、、最近は休みの前以外は落ち着いて飲めないネ、、 2次会にちょこっと付き合って早々に引き揚げた。明日休みの人と一緒に付きあっておれないわ、、


                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
188おすすめ

2012-01-24

北陸新幹線、駅名問題、

北陸、金沢までの北陸新幹線、長野までは開業済みであるが、長野から金沢までの区間が平成27年春の開業だ、と言う事は26年の秋にはほとんど終わっているだろう、俄然、注目をあび始めたのが駅名問題だ、、、色々な団体、機関、などでアンケート、各方面の関係者、学識経験者の意見などを参考に検討されているようである。ここにきてだいぶ名前も絞られてきたようだな、、、一番の大きな問題は市の名前の、上越を付けるか、ほかの名前にするかだ、本来であれば問題なく上越駅となるんだろうが、この上越市と言う名前が前々から人気が無く問題視されてきたからだ、一時期、市の名前を替えると言う噂もあったくらいだ、私は高田市と直江津市が合併して上越市と言う名前になった経緯は当時は上越にいなかったので詳しい事は解らないが、恐らく私の想像では新潟県は上越地方、中越地方、下越地方、に分けられるが上越地方の中心地、中心都市である事からこの名前が付いたんではないだろうか、、 昨年、合併して40年を迎えた、大々的な式典が予定されていたようだが東北大震災で中止になった、上越市と言うのは上越線沿線の都市と間違われやすい、上越新幹線の沿線と間違いやすい、未だに馴染みが無い、などなど人気が無い、、  しかーしだ! 私は既に合併して40年も過ぎ少なくとも人口21万人の都市になっているんだ、市内にはJRの駅は多くあるが上越と名の付く駅名はない、新幹線の駅名は上越駅とし、上越市を全国に知らしめる絶好のチャンスと考えるが、、毎日数10万人が利用する東京駅の緑の窓口、その他の路線図に上越駅の名前が載る、車内で到着駅名と到着時間のアナウンスなど等、、、、上越市を知って頂くこれ以上の方法はないだろう、、今のところ、「上越」「上越+アルファー」「妙高、高田」の案が有力のようだが、私は個人的に上越が付かない駅名なんてあり得ないと考えるが、、上越市と言う名前を替えるんなら別だが、、、



               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ  
固定リンク : トラックバック(0)
161おすすめ

2012-01-23

[hamさんの日本の歌心の歌] 東京オリンピックと♪ オリンピック行進曲 ♭ 

昭和39年(1964)10月10日、晴天の国立霞ヶ丘競技場(一般的には国立競技場と呼ばれている)においてアジアでは初めての開催となる第18回夏季オリンピックの開会式が行われた。私は当時働いていた横浜にある会社の寮で他の寮生とテレビに釘付で見ていたが未だハッキリと脳裏に焼き付いている。第2次世界大戦で敗北し見事に復興を成し遂げた日本が再び国際社会の中心的な役割に復帰する足がかりとなる大会になった。その開会式の入場行進に使われたのが、作曲家、古関裕而さんの作った オリンピック行進曲だ、行進曲の軽快さに4年に一回行われる世界の祭典、オリンピックに相応しい上品さをかけ備えた素晴らしい曲だ。

 

防衛大学校の学生が持つ各国の国名を記したプラカードを先頭にオリンピック発祥の地、ギリシャを先頭に各国の役員、選手団が行進する、そしてメインスタンドの貴賓席にご臨席の昭和天皇に敬礼をして整然と行進する様は見ていて実に気持ちが良く感激をしたのを覚えている。最近の入場行進はお祭り、友好ムードが先行して緊張感に欠けるような気がするが、時代の流れだろうか、せめて4年に一度の世界のスポーツの祭典、オリンピックの入場行進はある程度の規律もあっても良いような気がするが、、、。

開会式の聖火の最終ランナーは、1945年昭和20年(1945)8月6日に広島近郊の現三次市で生まれた当時早稲田大学陸上部所属の19歳の坂井義則さんだ。原爆投下の日に広島市に程近い場所で誕生した。私と同輩の若者が、青空の下、聖火台への階段を駆け上る姿はまさに日本復興の象徴であった。

この大会で日本はレスリング、体操、柔道、ボクシング、女子バレーボール、重量挙げ、などでアメリカ、ソビエト連邦についで三番目に多い16個の金メダルを獲得した。

東京オリンピックの開催を契機に競技施設や日本国内の交通網の整備に多額の建設費が投入された、又競技やこれらの施設を見る為の旅行需要が喚起され、カラー放送を見るためのカラ―テレビ購入など、色々な面で消費も増えたため、日本経済に「オリンピック景気」といわれる好景気をもたらした。特に開催地の東京では、開催に向けて競技施設のみならず地下鉄やモノレール、ホテル、首都高速道路など様々なインフラ整備が行なわれ、都市間交通機関の中核として東京(首都圏)から名古屋(中京圏)を経由して大阪(京阪神)に至る三大都市圏を結ぶ東海道新幹線も開会式9日前の10月1日に開業した。

 

作曲家 古関裕而

作曲家 古関裕而さんは明治42年(1909)福島市の呉服店に生まれた、父親が音楽が好きで大正時代では未だ珍しかった蓄音器を買い、いつもレコードをかけていたという、幼いころから音楽の中で育ち、ほとんど独学で作曲の道をこころざした。山田耕筰の推挙で東京の楽壇に進出、クラシック畑からポピュラー畑に転身し、多数の軍歌、歌謡曲、早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」、慶應義塾大学応援歌「我ぞ覇者」、東京農業大学応援歌「カレッジソング」、中央大学応援歌「あゝ中央の若き日に」、 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」、読売ジャイアンツの応援歌「闘魂こめて」、東京五輪のオリンピックマーチなど多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけ和製スーザと呼ばれる、「フランチェスカの鐘」「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」「あこがれの郵便馬車」「君の名は」「高原列車は行く」、、、、など多数の名曲を残している。誕生日を迎えて1週間足らずの平成元年(1989)8月18日死去。盛大な音楽葬が催され生前、早稲田大学、慶應義塾大学の応援歌を作曲していた古関のために、参列した両大学の応援団がそれぞれの応援歌を歌い、古関の棺は左右からさしかけられた両校の校旗をくぐって進み多くの参列者に見送られた。福島市最初の名誉市民で、同地には1988年11月12日、「古関裕而記念館」も建てられている、しかし本人はこの頃すでに入院生活を送っていたため、足を運ぶことは出来なかった。 2009年4月11日、生誕100年を記念し、JR福島駅の発車メロディに古関メロディが採用された。在来線ホームに「高原列車は行く」、新幹線ホームに「栄冠は君に輝く」が採用され、発車メロディ用に30秒間にアレンジされた曲が流れている。
 

 

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ   

固定リンク : トラックバック(152)
196おすすめ

2012-01-22

[今日の話] 念願のノートパソコン、、

パソコンど素人が何とか自分でパソコンを使い始めたきっかけは、年甲斐も無くブログとやらをかき始めようと偉そうに考えたのが始まりだ、それまではすべてスタッフ任せ、ブログをかき始めて4年半になる、内容も当時に比べるとだいぶ見栄えがするようになった、しかし使っているデスクトップパソコンも大分古く成って来た、故障などの事も考え、そろそろもう一台ほしいな、、と考えていたんだが、寒い時はコタツ等、家の中であれば何処でも使用場所を選ばないノートパソコンと考えていた、色々なところに持ち運びをする事は無い、ならば使いやすさを考え15・6型のテンキ―付きが良いね、、、と言う事で写真のモデルにした、ノートだが今使っているデスクトップとスペックなど天地の差だね、、メモリーも4GB、(最大8GB),HDDも640GB,ブルーレイディスクドライブもOK,使ってみると、サクサクと動くし、ディスプレイも明るくて綺麗だ、Windows 7 で未だちょっと慣れずもたもたするがネ、、、。
思えば初めてパソコンと言うものを手に入れたのは30年くらい前だろうか、シャープ製のMZ-80C(写真)だ、グリーンモニターでカセットテープを使っていた、値段も20数万円はしたと思う、それまで仕事のDMの発送はあて名など全て手書きで行っていたがMZ-80Cのお陰で随分と楽に成り、改めてパソコンの威力を痛感したもんだが、、、今の時代、ほとんどがパソコンが無ければ動いて行かないだろう、、、。



               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
162おすすめ

2012-01-21

安全運転に思う事、、

   安全運転の心得

Ⅰ、 人命の尊さを知る
Ⅰ、 法令を正しく守る
Ⅰ、 譲り合いと労わりの精神、
Ⅰ、 運転技術の過信はしない、
Ⅰ、 道路状況に応じた運転をする、


仕事で出庫する前、点呼の時に一人が前に出て、大きな声で全員が斉唱する、内容は違っても企業がよくやる事だ、この短い五つの項目だが私は実に安全運転を心得た言葉だと思う。ドライバーが皆、この言葉の内容をよく理解して運転にあたれば事故も半減すると思うんだが、、、。
偉そうに言う私も職業ドライバーになり、最近は運転に対する意識が変わった事を感じる、以前はスピードにしても、制限速度が50キロであれば、当たり前のように60キロくらいで走る、なんて事はない、この位までであればスピードの取り締まりに捕まらない、と言うお粗末な認識だ、50キロ制限のところを50キロ、ピシャリで走っていると、たまに後ろに付いた車、私の車にピッタリとくっついて、おい、タクシー、何もたもたしてんだや、早く行かんか、、、と言うような顔をしているのがルームミラーに映る顔で解る、50キロのところを違反して走りたいのなら、違反をして追い越して行けや、、! と言いたくなる、、勿論、制限速度で走っていても無意識のうちにうっかり、多少オーバーして慌ててアクセルを戻す事もあるが、、先日も高速道路を既定の70キロで走っていると(勿論、対面通行)、後ろに4~5台くっついている、直ぐ後ろの車は、私の車との車間距離は10メーターくらい、見ると40代くらいの男女、ニコニコして喋っている、ちょっとブレーキを踏んでやりたくなる、間違いなく追突するだろう、、恐らく、急ブレーキなんかをかけて、、、と言うに違いない、、逆に言ってやりたい、この車を運転しているのは私だ、危険と察すればブレーキもかけるわね、前の車が急ブレーキをかけても止れる車間距離をとっておけや、、、交差点で赤信号で止まっていると、右折車線に止り、信号が変わると右折しないで追い越して行くのがいる、、、考えられないネ、、横断歩道を渡ろうとしているような感じの人を見かけると横断歩道の手前で止る、するとどうだ、対向車線を走って来た車、気が付かなかったのかは解らないが全く止る気配も無く走り去る、、緊急車両の出入り口、バスなどの営業所の出入り口、道路に大きく、駐停車禁止、と書かれたゾーンがあっても平気でその中で止る、、 最近は大型トラックなどの方がよっぽどマナーの良い車が多い、ドライバーは皆、上記の言葉を理解した運転を心がければ、事故も減るし、楽しいカーライフをおくれると思う、、、、勿論安全運転をされているドライバーも沢山おられるが、、。



                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(2)
184おすすめ

2012-01-20

[仲良し、ちびっ子二人] 姉妹

あたしの妹の真愛(まな)です、、、可愛いでしょう、、

さいきんはハイハイも上手になりました。

あたしとどっちが可愛い、、?

乃愛(のあ)ちゃん、最近、喋るのもだいぶ上手になりましたってー!

 

お姉ちゃん、たまにあたしをいじめます、、

あたしの、あたまをおして、あたしを、おしたおします、

あたしは、あたまが重いので、コロンッ とひっくり返ります、

でも泣きません、、、いまに見てろ、、、!

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
169おすすめ

2012-01-19

[古い航海日誌 霞峰丸②] スリランカ、ドンドラ岬通過、、

アラビア海を南下した本船は朝、セイロン島(現スリランカ)のドンドラ岬を通過した、赤道直下のインド洋はべた凪、海は青と言うよりも紫系の青、強い太陽の光が海面にギラギラ輝いている、フライングパッセージを潮風に吹かれながら艫のサロンルームの食堂に昼食を食べに、今日は洋食のフルコース、ボーイさんが、次席さん、焼き方はどうしますか?  焦げるほど焼いてくれる、、、、デザートは今日はアイスクリーム、これが一番美味いね! 食後、煙草を一服吸って又、フライングパッセージを、食後の良い運動だね、、、船内時間の正午からワッチ(当直)だ、仕事の引き継ぎで通信長が、次席さん、仕事を残しておいてやったからな、、、ドンドラヘッドを通過すると日本の海岸局と通信する、通信士が3名から2名に減員されてからは基本的にはドンドラ岬から西側では日本の海岸局と通信はしない事になっている、、、、 
日本が世界に誇る、銚子無線局/JCS、長崎無線局/JOS と通信するんだが、この海域からの通信は結構大変なんだ、日本と4時間くらいの時差がある、1時間ほどかかって2つの海岸局から5通の電報を受信した、中に嬉しいお目出度い電報も1通含まれていた、受取人に渡す時、おめでとうございます、心配だったでしょう、と尋ねると、 いやー、もう3人目だし、心配しても遠い海の上じゃどうしょうもならないしネ、、、、だと。  FAXのニュースを受信すると、国内では当時、巨人軍の王 貞治選手がホームラン756号の世界新を達成し初めての国民栄誉賞が授与されたと報じられていた。



              にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
184おすすめ

2012-01-18

雪の妙高連山、、

朝の5時に目覚ましで起きる、新聞をとって空を眺めると満天の星、、今日は良い天気になりそうだな、、当然、冷え込んでガチガチに凍っている、朝のうちは運転、要注意だな! 朝食を食べて(朝食と言ってもパンとコーヒーだが)6時過ぎ出勤だ、未だ外は真っ暗だ、昼間の勤務に変わって半月が過ぎて、ようやく少し昼間の勤務にも慣れてきたかな、、夜が明けると青空の良い天気だね、今の時期こんな天気は久し振りだ、ハンドルを握っていてもつい、、 はーるばる来たではーこだてー ♭♯ と、 口ずさんでしまう、やっぱり晴れはいいねー! それ程今の時期の晴れは雪国にとって嬉しい出来事だ、、、顔もほころんで来るわね、、越後の人は性格が暗い、とよく言われるが、毎日雪が降ったり、晴れても鉛色の空、こんな日が続くわけだ、そんな条件下でニコニコしていたら、反対に、 ちょっと変わっているね、、ちょっとおかしいんじゃないの? となる、、おー、妙高山がきれいだねー 郊外でちょっと車を停めて、内緒だが立ち小便をするようなふりをしてパチリ、、、、頚城三山と呼ばれる、妙高山(写真左)、火打山(真ん中の山)、焼山(火打山の右側)、、、、

天気は良いんだが逆光線でちょっと解りにくいが、一番左の低い山が、飯縄山(1917,4m)、すぐ右のピークが二つある山が、黒姫山(2053,4m)、その右側の高い山が、妙高山(2454m)、少し右のちょこっと、尖って見えるのが、火打山(2462m)、その前の大きな、こんもりとした山が、南葉山、(949,3m)、南葉山は一昨年、妙高山、黒姫山、火打山、飯縄山は昨年、登る事が出来た、山を眺めていても、なんとなく愛着が湧いてくる、別に仕事をさぼって山を眺めていた訳ではないんだが、、、、。薬局からお供した足の悪そうな高齢のお婆ちゃん、途中、八百屋さんに寄って買い物、見ると袋が二つ、お店の中に入って袋を持ってきてあげると、あー、運転手さん、悪かったわねー、助かりました、、降りる時に、料金は千円ちょっと、二千円を出されて、お釣りは結構ですからとっておいて頂戴、、、、内心、そんなつもりで荷物を持ったんじゃないんだけどね、お客さんから見れば私なんか子供みたいな歳、、お年寄りは意外とお金持ちが多いからねー、、、遠慮なく頂いておこう、、いやー、有難うございます、、、、。 あるホテルから乗車のビジネスマン、おい、運ちゃん、その2割増ってのは何だね、いい加減なことするなよな、、、、 お客さん、申し訳ありません、この地方は今の時期、冬期料金が適用になるんです、申し訳ありません、、、 冬期料金って、雪も降っていないこんな天気にか、、?  色々な人がいるね、、、、、

 

 

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
167おすすめ

2012-01-17

[古いスコアカード 第3の人生] 止まらない業績悪化、、

景気の良い頃は取引メーカーも入れ替わり立ち替わりやって来た、メーカーによっては毎週、担当営業スタッフがやってくる、時間によっては食事に誘ったりご当地で泊まる時は一杯に付き合う、たまに ”社長、一杯行きましょう、こちらで出しますから、、、、、、、、” 安い居酒屋に行く、しかしこれ一軒で ご馳走さまネ、、 と言って帰る訳にもいかず、、じゃーもう一軒行くかね、と成る訳だ、二軒目、三軒目の方が随分高くつく、、、。業界の業績低迷は行きつくところを知らない、景気が悪くなると財布の紐もかたくなる、特に趣味の要素が強い我々の業界は影響をもろに受ける、何とかしようと色々と企画を考え、太鼓を叩くんだがお客さんは踊ってくれないのが現状、、、どうしょうもないネ、、 倒産するメーカーも出てくる、どこも業務縮小に追いやられる、取引メーカーでも特に大手企業は手を引くのも早い、我々の業種の営業所だけでも全国に八つあった営業所をいきなり東京と大阪の二か所に縮小、しかもスタッフは夫々一人ずつだ、一年に一回も廻ってこなくなった、すべて電話対応のみだ、、ロータリークラブの仲間が いやー売り上げが一割落ちた、二割落ちた、、と言うが、内心、こっちはそんなもんじゃないぜよ、悲惨だぜ、、何とかしなければと気ばかりは焦るんだが、、、防犯事業、携帯電話事業と手がけるんだがそれとて限度がある、、、あー、頭の痛い眠れない日が続くね、、、、、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
180おすすめ

2012-01-16

[今日の話] 豪華客船、”コスタ コンコルディア” の事故

昨日、イタリアの豪華客船 ”コスタ コンコルディア ” (114,147トン)が地中海クルーズの航海中、イタリア西岸のジーリオ島沿岸で座標事故を起こし死者が出て尚不明者も多数いるとの事。元船乗りのhamさんからすれば考えられない事だ、元船乗りとは言え、デッキオフィサー(航海士)ではない、素人に毛の生えた知識で語るのもなんだが、あくまでも私個人の考えだ、、、、。昔、イタリア半島の東岸、アドリア海に面した、ラベンナ、べネティア近郊のキオッジアに行った事がある、イタリア半島の廻りは大小、多数の島が点在する美しい海域だ。今回の事故はイタリアの西岸のローマから船で数時間、北西方向に走った、フランスのコルシカ島の東方向だ、観光地も多く小さな島が多数点在する海域、船長は、船体とぶつかったジーリオ島沖の岩礁は、海図に記載されていなかったと供述していると言うが、今の時代にチャート(海図)に載っていないなんてあるんだろうか、、客船はトン数が大きい割にドラフト(喫水)が浅い、海域からしてももっと喫水の深い大きな貨物船、タンカーなどが航行する海域だと思うんだが、又夜とは言え沿岸を航行中だ、これだけの大型客船、ブリッジ(船橋)の当直も一人や二人じゃ無いはずだ、ブラックボックス・レコーダーを回収し事故原因が特定されると思うが、今は未だ原因を判断するには早尚であろう。しかーしだ!  一部の報道によると、過失致死などの容疑で検察に身柄を拘束されたスケッティーノ船長が、乗客らより先にジーリオ島に避難しているのを沿岸警備隊関係者に見とがめられ、船に戻るよう説得された、との事、こんな事があるのだろうか、、もし事実とすれば元船乗りとして、情けなく悲しい事だ、使命感、プライドなど著しく欠落し、なるべくして成った、と思わざるを得ない、、、。

事故当時は夜の9時頃、丁度ディナーも終わり、ダンス、カジノ、読書、映画、ショーの鑑賞など乗客それぞれが豪華な船旅を堪能していた頃だろう、客室が1,500もある超大型客船となると一旦事故が起きるとパニック状態になり、乗客への周知、避難誘導などなど難しい問題が多いと思う、なにせ日本が誇る豪華客船 ”飛鳥 Ⅱ” のトン数にして2倍以上の客船だ。黄色い大きな煙突に「C」と書かれたトレードマークが特徴、日本にも2010年の4月、姉妹船の ”コスタ クラシカ ” が横浜港に入港している、他にコスタ シリーズの姉妹船が数隻周航し今年の春に ”コスタ ファシノサ ”が竣工するらしいが、、今回の事故の影響はどうだろうか、、?


          
                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
249おすすめ

2012-01-15

[今日の話] 雪だるま、

今日は久し振りに休み、いつもの5時起きから8時近くまで布団の中、又少し雪が積もったようだ、同じ市内でも山寄りの地域では昨日で積雪が2メーター87センに達し、新潟県に大雪警戒本部が設置された、昨年より7日早いと言う、海岸線から国道を山寄りに走って行くと道路脇、屋根の雪の量がどんどん多くなるのに気付く。孫2人と仔犬が一匹やって来た、少し、喋れる様になった乃愛ちゃん、私の手を引っ張って玄関に行き、キュッ、キュッ、ポン、、、と言う、 外で雪投げをしよう、、と言う事。、爺ちゃん、外で寒いのに雪だるまの制作だ、、ちょっと体型の悪い年寄りの雪だるまだが、作る人がシャキッとしていないんだから仕方があるめー! 昔は冬になるとあちこちの家の庭に雪だるまが見られたが、最近は滅多に見なくなったネ、、最近の子供は寒いのに雪だるま、なんて作るよりも、家の中でテレビを見ながらアイスクリームでも食べていた方が良いようだね、、、、

 

 

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ  

固定リンク : トラックバック(0)
196おすすめ

2012-01-14

[hamさんの日本の歌心の歌] 青春真っただ中♯夢呼ぶ海の歌声♭

 

青春時代真っただ中の頃、歌の訓練、カッタ―訓練、酒を飲んだ時、など等、必ずと言っても良いほど歌った歌の一つだ、本当の歌の題名が解らず「眉あげて」と言う事で先輩から後輩に歌い継がれた歌、2年ほど前、NHKのラジオから流れ、我に返って聞き入った「夢呼ぶ海の歌声」だ、、、、明治43年1月23日、逗子開成中学校の生徒12人が漕いで沖に出たボートが転覆、全員が死亡した事件を唄った曲に有名な「真白き富士の嶺」があるが原曲は「七里ヶ浜の哀歌」 とも呼ばれる。映画化された時の主題歌として歌われたのがこの曲だ、、、、。

 


 

作詩 清水みのる  作曲 福島正二  (昭和29年 白根一夫が歌った)

1 眉あげて 富士を仰ぐ  大空は 今日も真澄(ますみ)よ 

  流れ来る 汐の香りに  よみがえる 若き血潮よ 

  漕ぎゆけば オール持つ手に  ほほえみの 瞳かがやく

 

2 群(むれ)唄う かもめつれて  コバルトの 海をいざ行こう 

  夢呼ぶは 島のそよ風 ささやくは 金の小波(さざなみ)  

  君知るや オール持つ手に  虹立つよ 波のしぶきに

 

3 夕なぎの 海もはるか  むらさきに 霞む江ノ島 

  あこがれを 友と歌えば  手を振りて 招く人影  

  いつの日も オール持つ手に  若き日の 夢は躍るよ

 

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(170)
250おすすめ

2012-01-13

運転が始まった? 火力発電所、

 数年前より建設が続いている火力発電所、LNG貯蔵用の3つのタンクのうち2つは完成しているようだ、タービン建屋も外観はほぼ完成した感じだな、、、昨年の10月、燃料のLNGを積んだ第一船が入港以来、小さな煙突から連日、オレンジ色の炎が上がっていた。今日は朝から雪模様の天気、何気なくデジカメを持って仕事に出かけた、昼前、駅よりお客様をお供して建設所に行くと、 んっ、煙が出ているな! 丁度雪も止み煙突の方向が雲も切れて(写真)青空が覗いた、、丁度、お客様が入門の手続きで守衛所に行かれた隙に車の中からパチリ、、、見ると小さな煙突の炎は今日は見えない、、いよいよ1号機の本格的な試運転が始まっているな、、この煙突、地上高150メーターでこのへんでは一番高い工作物だ、2系統あり、それぞれ1号機~4号機まで運転されるように成る、従って煙突も4本建っている、2年後くらいには4つの発電機が営業運転に入るが今は1号機が試運転を兼ねて運転されているようだな、、、

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ    

固定リンク : トラックバック(0)
209おすすめ

2012-01-12

[古い航海日誌 霞峰丸②] イラン、カーグ島,荷役中、、

前航に引き続きイランのカーグ島に入港した、桟橋に着桟後、直ちに荷役作業が始まった。兎に角、外は暑い、40度はゆうに超えているだろう、荷役中は火気厳禁だ、荷役中は喫煙出来るのは艫の1部屋だけ、当時、ヘビースモーカーのhamさんにとっては辛い(今は、禁煙して20数年になりますが)、船首から暑い中をフライングパッセージをてくてくと歩いて艫までタバコを吸いに行く、とにかく火気は厳しく制限されるので仕事もある程度、制限される事になる、FAXの受信なども火花が散るのでNGだ、昼間は部屋のソファーにひっくり返り読書か昼寝、後は無線室で簡単な仕事とお茶タイムだネ、、、、今航は日本で休暇下船の予定なのでお土産にペルシャ絨毯の壁掛け、マーテル(MARTELL)の最高級コニャック,コードンブルー(cordon bleu)を買った、フランス語でブルーリボンの事、『最高に栄誉あるものに送られる青いリボンの勲章』を意味する、日本で買えば数万円はするだろうな、あと嫁さんにtabuとchanel #5の香水を買った、壁掛けは今も実家でガラスの大きな額に入れて飾られている、、、夕食後、霞峰丸温泉に浸かっていると、おーい、次席さん、一杯やるぞー! 通信長から一杯のお誘いだ、二人ともヘビースモーカーなので艫のタバコの吸える部屋に移動して飲む事に、通信長がこれも高級酒、コニャックのレミーマルタン(remy martin)VSOPを持ってきた、しかーしだ! おつまみはちょっと落ちる、、チーズとサバの水煮の缶詰だ、、、二人で1本、空になったネ、、、、、



               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(142)
218おすすめ

2012-01-11

[仲良し、ちびっ子二人] ちびっ子のひとり言、

爺ちゃんの家に行き、そりであそびました、、、

   ほら、爺ちゃん、もっと元気よくそりをひっぱって、!

     ノアちゃん、意外と重いなー、、、、

冬は寒くていやだねー、!

あたし雪国はきらい、、

あたし、みんなが気にしていた、かみの毛ものびたし、

ママちゃんに、あたまを チョッピンしてもらいました、可愛いでしょう、、!

ちょっと!

あたしのこと、忘れちゃいませんかって、

みんな、あたしのこと、

声がわるいっていいます、、しつれいしちゃうわ

 

ポチッとおして、ちょーだい  ⇒  にほんブログ村 シニア日記ブログへ  人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
189おすすめ

2012-01-10

[今日の話] 連合艦隊司令長官 山本五十六

昨日勤務が終わって帰ろうとすると、同じく勤務が終わった同僚が、さー、明日は休みだし映画でも見に行くかな、、!  俺も明日は休みで 連合艦隊司令長官 山本五十六 を見に行くよ、 じゃ一緒に行くかネ、、 と言う事で久し振りに映画を見に行ってきた、数年前の正月に見た 男たちの大和 以来だ、、。元来この様な戦争映画は好きなんだが、以前にも太平洋戦争の映画、テレビは何度か見ているが、今回は越後が生んだ偉大な軍人、山本五十六 を描いた作品だ、誰よりも開戦に反対した男が開戦の指揮をとる、、、山本五十六の苦悩、この映画ではどのように表現、描いているのか大変興味があった。海軍省の中で大部分が三国同盟を推し進める中で 「内乱では国は滅びないが、戦争では国が滅びる、内乱を避けるために戦争に賭けるとは、主客顛倒もはなはだしい」と話した五十六、くしくも山本五十六が連合艦隊司令長官として、太平洋戦争突入のきっかけとなった真珠湾攻撃、以前に娘とハワイ旅行に行った際に真珠湾観光に行ってきた、日本軍の爆撃で沈没した戦艦 アリゾナ の上に記念館が建っている、戦死した乗組員の怒りだろうか、今でも海底から油が時々 ボコッと浮いてくる、、、そして山本五十六が戦死したブーゲンビル島、昔、船員時代に偶然にもブーゲンビル島に銅鉱石を積みに行った事がある、停泊した湾には沈没した船の残骸が海面から顔を出していたのを思い出した、、、戦後70年近く経った今でも地球のどこかで人間が殺し合いをしている、真の平和は何時訪れるのだろうか、、、、。



                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(231)
258おすすめ

2012-01-09

[郷土の偉人] 官僚政治家 、荒井賢太郎

荒井賢太郎(1863-1938)は、大正時代、昭和時代の官僚政治家である、文久3年(1863)高田藩士荒井直静の長男として生まれる。高田の修道館に学び、明治13年(1880)新潟学校師範学科(現新潟大学教育学部)を卒業後、小学校で教鞭をとる。その後上京し、明治25年(1892)東京帝国大学法科(現東京大学法学部)に学び卒業後大蔵省に入省、大蔵省主計官、同参事官、主計局長などの要職を歴任し、1907年韓国に渡り、朝鮮総督府参与官、朝鮮総督府度支部(たくしぶ)長官を経て、1917年5月より勅撰貴族院議員となる。大正11年(1922)加藤友三郎内閣の時に、新潟県出身者としては最初の大臣として、農商務大臣に新任された。枢密院(すうみついん)副議長、行政裁判所長官、文官高等懲戒裁判所長官などの要職を歴任したが在職中の昭和13年(1938)1月29日76歳で死去した。  (写真は多磨霊園にある荒井家と荒井賢太郎の墓)

修道館
藩校「修道館」は高田藩主、榊原家の藩祖が文武の道を奨励し作った道場であり、多くの藩士がその遺風を継いで昼は武技、夜は学問に励んだ。明治5年(1872)学制が発布されると修道館の校舎や資産は小学校と洋学校(幕末・明治期、西洋の学問、語学を教えた学校)に譲り渡され、そして現在の大手町小学校および高田高等学校へと引き継がれていった。

朝鮮総督府度支部
明治43年(1910)10月1日、韓国併合にともない朝鮮総督府が設置されると、度支部が置かれた。度支部には庶務課・税関工事課の2課および司税局・司計局の2局が置かれた。

枢密院(すうみついん) 
天皇の諮問機関で憲法問題も扱ったため、「憲法の番人」とも呼ばれた。明治21年(1888)創設、昭和22年(1947)に廃止された。



                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(2)
196おすすめ

2012-01-08

ちょっと刺激が少ないね、、、

昼間の勤務に変わって1週間が過ぎた、一般の人が夕方仕事が終わって家に帰る頃こちらは出勤だ、夕食を家族と食べるのは、たまの昼間の勤務と休みの時くらいだ、、土日以外はちょっと朝が早いが夕方5時前には家に帰る、これが普通なんだがネ、、仕事の時の客層も随分と違う、今まで夜の時は7~8割がいわゆる酔っぱらい客だ、絡んでこなくても、プーンと酒臭い、なんとも嫌な臭い、こんな人が3~4人も乗るとこっちの方が気分が悪くなりそうだ、、でもこれも慣れダネ、今までに一度だけ絡まれてお客とトラブッタ事がある、私自身、今でもお供したくない10人の一人、入社して間もない冬のある夜、スナックから乗車だ、お客さん、滑りますから気をつけて下さい、、、と言った後からツルっと転んだ、、まずこれが面白くなかったんだろうなー、、このお客さん、良く利用されるんだが、乗車したら行先を言わなくても黙って自分の家まで連れて行かないと機嫌が悪い、お客さん、どちらまでいらっしゃいますか? おまえ俺を知らないのか、  すみません、初めてなもので、 よし、じゃ千円で俺のとこまで行けや! とこうだ、 申し訳ございません、新人な者ですから、、 新人! 新人と言うのはもっと痩せているもんだわ、ぶくぶくと太りやがって、、、、内心、大きなお世話だ、お前なんかに言われる筋合いは無いわ、、もっと偉いのと話すから会社に連れて行け、、、、、と、こうだ、  はい、解りました、、、。 暴力でも振るうのなら兎も角、酒を飲んでの暴言だ、ましてや一応はお客、悪いが適当に、上手にあしらうより仕方が無いネ 今はちょっと刺激が無くなって物足りない感じ、、、、。

今日、駅の正面より乗車の隣の市から映画を見に来たと言う中学生の男の子二人、 「連合艦隊司令長官 山本五十六」でも見に行くの、 と聞くと、 えー、そんなの見ません、そりゃそうだわな、こんな爺爺臭い映画なんか見ないわな、、二人の会話を聞いていると財布の中に三千円入っているようだ、タクシー料金のメーターが上る度に、あー上った、あー又上った、あと何回くらい上るかな、、?帰りの電車賃をとっておかないといけないし、ミスドー(ミスタードーナツの事らしいな、、)では2個にしておくか、、所持金を心配している、可愛いもんだね! よし、内緒だがタクシー料金は○○○○円で良いわ、足らない分は私が出しておくから、ミスドーで2個ではなくて4個くらい食べな、、、ささやかなお年玉だよ、 えー、良いんですか、有難うございます、、 酔っぱらいと、えらい違いだねや、、、、。 


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
171おすすめ

2012-01-07

マナーの悪い大人、、

仕事が終わり帰ろうとすると相方から電話でスーパーに寄って買い物を頼まれた。いつも行くスーパーに行くと夕方の時間帯だ広い駐車場は混雑している、私の前にいる2~3台の車が動かない、 こんな所でなにを止まってんの、、! 良く見ると駐車スペースから外れた車の通る所に1台の車が駐車している(写真)丁度カーブするところ、対向車もひっきりなしに来るのでこちらからの車が先に行けないわけだ、、スーパーの入口に近いところは満杯だが2~3列離れたところは未だ十分に駐車スペースが残っている、それをなにもこんな邪魔に成り迷惑するところに止める常識の無い人の顔を見てみたいもんだね、、10分ほどして戻ってみると未だ止っている、、ものはついでだ、こんな常識の無い人の顔を見てやろうじゃん、、丁度この車の近くで1台分のスペースが空いたのでそちらに移り車の中でじっと待つ事10分、、、俺も物好きで暇人だねや、、、大体この様な自分勝手な人は私の想像じゃ60歳前後だな、それもお金持ちに多い、車を他人に見せびらかすように目立つところに止める、嫌な性格だねー、、待っていると突然ドアーミラー、ハザードランプが光った、、来たな、、!  眼鏡を掛け帽子を被った60代くらいの男だ、、想像通りだ、車を発進させると今度は前の障害者用の空いている駐車スペースに車の頭を突っ込んでUターンを始めた、当然行き来する車の障害になる、Uターンなんてしなくても3~40メーター余計に走ればいい事だ、私の帰る方向と同じ方向に曲がったので後ろに付いてみた、次の大きな交差点で信号が赤なので止まるかと思ったらどうだ、右側の食品、衣料品、コンビニの駐車場の中を走りショートカットで走って行くではないか、、良く若者が信号待ちするのが嫌で角のコンビニ、大型店の駐車場を横切って行くのは見るが、60を過ぎたであろう人が、、、全く自己中心的な行動に呆れてしまった、、どうせ同年輩の我々が注意すれば、 おまんに(貴方に)関係ないだろう、、何様のつもりだね、、! とくるだろう、、、。出来れば90歳代の人に注意してもらいたい、この男、何と言うだろう、恐らく何も言えないだろうなー、、、。



                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
145おすすめ

2012-01-06

[古い航海日誌 霞峰丸②] ホルムズ海峡通過、ペルシャ湾へ

アラビア海を北上しオマーン湾に入ると途端に暑くなる、右舷にイラン本土、左舷にオマーン王国が見える、赤茶けた色の丘が見えるんだが緑は見えない、そして間もなくホルムズ海峡だ、イラン本土とオマーンの飛び地に挟まれた33キロの海峡、日本に入港するタンカーの8割、年間約3,400隻がここを通過する、核開発問題でEU諸国、アメリカとにらみ合っているイランが「ホルムズ海峡を封鎖するのはコップの水を飲む事と同じく簡単な事だ、、」と言っているがアメリカの第五艦隊が睨みを利かしている、封鎖が現実となれば第3次湾岸戦争に突入も懸念される、、、、、。
ホルムズ海峡を通過するとリトルクオインと言う小さな岩ばかりのクサビを逆にした形の島がある、この辺まで来ると日本との通信がなかなか大変なんだが、この海域にくると何故か比較的容易に日本と通信が出来るんだ、本船の通信設備、、、、。
1KW短波送信機        1台
1KW短波500W中波送信機 1台
オールバンド受信機       3台
非常用短波中短波送受信機  1台
警急自動受信機(オートアラーム)1台
救命艇用無線機          1式
国際VHF送受信機        1式
レーダー              2台
荷役用防爆型トランシーバー  5台
ファクシミリ受信機         1式
など等、、、、

現在ではGMDSS(Global Maritime Distress and Safety System : 海上における遭難及び安全に関する世界的な制度)の導入により船舶通信士の職が奪われた形になった。


       
                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ  
固定リンク : トラックバック(0)
201おすすめ

2012-01-05

[古いスコアカード 第3の人生] 佐渡店の閉鎖、

思えば開業して間もなく知人に借りたライトバンや軽のワンボックスに商品を積み込み佐渡島に渡り年に2回、展示会を開いた。次第にお客様も増えて平成5年(1993)の秋に当社では4店舗目となる佐和田店をオープンした、そして数年後には予定通りにフランチャイズに移行し営業を続けた、家主の都合で真野町に移店し営業を続けたが消費税率が増加した頃よりどんどん業績が悪くなってきた、携帯電話のふっきゅう、パソコンのふっきゅう、など趣味の多様化などがあげられる、、店長から店を閉めたい旨の相談が有り考えた末、これ以上営業を続けるだけの魅力のある業種では無くなった、店長の意向を汲み閉鎖する事にした、、、 その間色々な事があった、年2回開催した展示会、時化で船が欠航し当日、メーカーともども佐渡に渡る事が出来ず急遽中止にした、折角発送したDMが無駄になった、又日を替えて行った事もあった、佐渡に渡り宿泊する度に美味い海鮮料理を食べる事も出来た、佐渡ヶ島で唯一のゴルフ場でも数回プレイをする事が出来た、当時は毎月のように佐渡に渡ったがもう10年近く佐渡に行ってないだろうか、、、
直江津-小木航路のフェリーも1万トン近い大型フェリーが2隻で4往復し、ピーク時は他に高速船(ジェットフォイル)も何便か周航していたのに今はフェリーが1隻で1日1往復半の周航、しかも冬は休航となっている、年間100万人を超えた観光客も今は100万人を大きく割り込んでいる、佐渡金山の世界遺産登録、トキの増殖など色々と頑張ってはいるが、、、
最近は8月の野外コンサート、アースセレブレーション、  秋の佐渡トライアスロン、などが定着し随分と人が集まるようになったようだ、、


          
           にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
174おすすめ

2012-01-04

[hamさんの日本の歌心の歌] ♪ ああ上野駅、

      ♪ ♯   ああ上野駅           作詞 関口義昭                                        
                                       作曲 荒井英一       
                                    唄 井沢八郎

どこかに故郷の 香りをのせて
入る列車の なつかしさ
上野は俺らの 心の駅だ
くじけちゃならない 人生が
あの日ここから 始まった

就職列車に ゆられて着いた
遠いあの夜を 思いだす
上野は俺らの 心の駅だ
配達帰りの 自転車を
とめて聞いてる 国なまり

ホームの時計を 見つめていたら
母の笑顔に なってきた
上野は俺らの 心の駅だ
お店の仕事は 辛いけど
胸にゃでっかい 夢がある

 

東京オリンピックの開催、それに合わせて東海道新幹線の開業など、昭和30年代の後半は日本の高度成長期の出発点であった。当時の日本経済の根幹を支え、その労働力の基となったのが田舎から集団就職で都会に迎えられ「金の卵」ともてはやされた若者達である。当時の上野駅は東北、信越から上京する時の玄関口であり、「集団就職」や「出稼ぎ」を象徴する駅であった。歌手 井沢八郎の代表作の「ああ上野駅」が世に出たのが昭和39年である。東北出身者を中心に多くの人に愛され続け、心の励みとなり又人生の応援歌にもなっています。

年末、仕事で駅前で待機していると下りの特急列車が着くたびに大きなカバンを引いた、たくさんのお客さんが降りてくる、、、年が明けて3日4日、今度はUターンが始まった、駅前で待機していると家族に車で送ってもらい、 バイバイ、、! まるでちょっと買い物にでも行ってくるような風景だ、、、上りの特急に乗れば途中で新幹線に乗り換えて2時間ちょっとで東京駅に着いてしまう、、、、つくずく時代の流れを感じずにはおれなかったなー、、、、、、、、、。

昭和30年代、まだ田んぼには雪が残っている3月下旬、仲間と上野行きの夜行普通列車に乗った、私の場合は「銀か銅の卵」くらいだが、、、早朝に上野駅に降り立った、私の第二の人生はここから始まった。そして5ヶ月後のお盆に初めての帰省、今度は自分で働いたお金で列車も 急行 白山 お土産は 象印の魔法瓶 と呼ばれるもの(今で言う保温ポットだ)、意気揚々と駅に降りた。しかし又東京に帰る時の寂しさ、、家で両親に ”頑張るんだぞ” と励まされて、とぼとぼ砂利道を歩いて県道まで、そこから、おんぼろバスに揺られて駅へ、そして又蒸気機関車に引かれた急行 白山 で7時間かけて上野駅に降り立った、、、、、特急 はくたか から降りてくる人々を眺めて、つくずく50年、半世紀と言う時代の流れを感じた、。

 

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
227おすすめ

2012-01-02

[今日の話] 初詣、、

2012年、平成24年の新年は例年に無く穏やかな新年の幕開けとなりました。今年は正月1,2日は休み、こんなにのんびりゆっくりとした正月は何年振りであろうか、、元旦は時折陽が差す穏やかな日より、昼前に家族3人で近くの 越後一宮 居多神社 へ初詣に出かけた(写真)、やはり天気が良いのでいつもよりもかなり多い人出だ、駐車場から拝殿まで人の列、拝殿に辿りつくのに45分かかったねー、、、この人出にいつも仕事でお世話になっている宮司の○○○先生、  まーニコニコと愛想の良い事、、、 解るネ、その気持ち、、、、
運だめしでひいた御神籤、、昨年に続き今年も大吉と出た、それまで何年かは、吉 末吉 小吉 が続いたが、予想通りの大吉だ、私は自分で言うのも何だが、小振りな大器晩成型 と思っている、いよいよ少しづつ運気が上昇して来たな、、、焦るな、じっくりと行こう、、、 とは言えもうそんなに若くはない、ちょっとだけ急ごう、、
今年から勤務は以前の夜が主体の勤務から完全な昼間の勤務に変更して頂いた、何時までも きっつばって(強がって)いてもいけないしネ、、、規則正しい生活に戻る事になる、今年は近くの日本百名山の制覇、日本一の富士山登頂、故郷の名所史跡廻りにけりをつける、家庭菜園、体力作り、第四の人生に向けての準備、など等、今年も忙しく成りそうだ、、、、。


                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
177おすすめ

2012-01-01

[今日の話] 謹賀新年

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

平成24年元旦     By     ham

固定リンク : トラックバック(0)
173おすすめ

TOOLS




現在の閲覧者数:



ブログランキングに参加中
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03860380

QRコード