2011-10-31

[今日の話] 健康第一、② クアンタムエネルギー

量子を英語でクアンタム(Quantum)と言い、1,000万分の1ミリ以下の物質の大きさの総称です、量子の世界を学問的に捉えているのが量子力学や量子物理学とよばれ、医学者、物理学者の間では量子医学、波動(振動)医学と言われ急激に注目され始めています。

1905年に、A,アインシュタインは「すべての物体からは光量子が出ている」と光量子理論を唱えています。1974年にはアメリカの物理学者、フリッツアルバート、ポップが生体光子(光量子)が出ている事の証明をしています、光量子は別名オーラ(後光、霊光)とも呼ばれています、一般的には見えないが感じる事があります、最近ではオーラ写真で映し出す事も可能です。現在の量子物理学の基礎を築いたとされる、ドイツのノーベル物理学賞を授賞された、マックス・プランク博士は「すべては振動で有り、その影響である、現実には何も物質も存在しない、すべてのもの、各々のものは、振動から構成されている」と言っています。

私たちの身体から出ている生体光子(光量子)とは、東洋医学では「気」を差しています、「気」=生命エネルギー(生命力)です、「気」のつく言葉はたくさん有ります、勇気、元気、強気、、、、又、病気とは気が病む、と書きます、生命エネルギーが病んでいる状態です。

赤外線と紫外線の間に、 赤、 橙、  緑、 青、 藍、 紫、 と言った色の持つ波長が存在します(可視光線)、 (写真)これらの色の持つ波長が私たちにとって重要な役割を持っています。身体の部分や臓器の個々の異なる振動と可視光線のそれぞれの色の波長が共鳴共振しています、地球上に生息している人間を含む動植物には光が不可欠です。可視光線は虹と言う形で目にする事が出来るが、普段は光として存在している。


1896年、デンマークのN・R・フィンセンは太陽光線の科学的特性を突き止め、結核治療に太陽光線と人工紫外線を使用して、多くの結核患者を治療し、その驚異的成果に対して1903年にノーベル賞が授与されました。

ピッツバーグ大学のジェフリー・ウォルチ医学博士の研究によると、手術後の患者の病室が日の当たる側にある場合は、患者は心理的なストレスや、肉体的な痛みを感じることが少なく、鎮痛剤の使用量も少なくて済むことが分かりました。

南国などの日差しの強い地域では、子どもの出生数が多いことが知られています。又養鶏場などでは鶏の目に光線を浴びせると卵をたくさん産むことが知られています。北極に住むイヌイットの女性は、太陽の出ない長い冬の間は、月経が休止し男性は性的欲求が著しく低下すると言われ性的欲求は冬眠状態に入るわけです。そのため、イヌイットの子どもは、北極に太陽がもどる春から9ケ月経って生まれることが多いと言います。

冬になり日照時間が少なくなると筋力や持久力が低下することが知られています。特に副腎は紫外線の影響を大きく受けます。適度に紫外線を浴びないと副腎の働きが低下して血液中の血糖が低下し、その結果、筋力や持久力が低くなります。

明るい太陽が燦々と降り注ぐ赤道直下の野鳥やサンゴ礁で泳ぐ魚が鮮やかな原色なのは赤道と言うどこよりも多くの光エネルギーを受けているからです、太陽光の少ない極地では生命の息吹さえ閉ざされてしまいます。

M・ラッキーシュやA.J.パシニは、「日光にはホルモンの分泌を正常に保つ働きがあるので、若返りの作用があり、逆に日光を浴びないでいると全ての内分泌腺が萎縮してしまい老化の進行が早くなる」と言っています。
 

量子医学の研究は「生命の科学」としてアメリカを始めイギリス、オランダ、ドイツ、オーストラリア、、など欧米を中心に26ヶ国、ドイツでは5000ヶ所以上の医療機関で取りいれられています、しかし日本では残念ながらこの分野では遅れをとっていると言わざるをえません、21世紀は量子の時代と言われていますが量子物理学の世界からやがて「クアンタムエネルギー」の理論が説き明かされようとしています、既に多くの事実がこの振動エネルギーの凄さを実証しています。私も7年前より人工的に造り出した「クアンタムエネルギー」を家庭で浴びて、このエネルギーを照射した水を飲み続けています、これが我が家の健康に大きく寄与していると確信しています。

 

                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(105)
230おすすめ

2011-10-30

[hamさんの日本の歌心の歌] ”故郷” 高野辰之記念館

1  兎追ひし かの山
   小鮒(こぶな)釣りし かの川
   夢は今も めぐりて
   忘れがたき 故郷(ふるさと)

2  如何(いか)にいます 父母
   恙(つつが)なしや 友がき
   雨に風に つけても
   思ひ出(い)づる 故郷

3  志(こころざし)を はたして
   いつの日にか 帰らん
   山は靑き 故郷
   水は淸き 故郷

♪ 兎追ひし かの山 小鮒釣りし かの川、、、、、、、 誰もが口ずさんだ事のある 小学校唱歌 ”故郷” あまりにも有名なこの歌詞に出る かの山 とは昨日登った「斑尾山」、付近の「熊坂山」、「大平山」と言われ、又 かの川 とは街の中を流れる「斑川」と言われている、同じ小学校唱歌の有名な「春の小川」もこの川であると言われている。この曲の作詞者は長野県の豊田村(現、中野市)出身の高野辰之である、この美しいであろう故郷を訪ねてみたく、斑尾山を下山して旧、豊田村に向かった、、、、やはり想像していた通り、なだらかな山に囲まれ、棚田や畑が広がるのどかな山裾にあり、今もなお静かな美しいところであった、、、、、、、。

 
高野辰之は明治42年(1909)に文部省の小学校唱歌教科書編さん委員に委嘱され、この作詞委員として、「尋常小学唱歌」(全六冊)の作成に携わり、作曲者の岡野貞一とのコンビで今に残る名唱歌を世に出しました。これらの歌は文化庁実施の親子で歌いつごう日本の歌百選に5曲が選ばれ今なお人々に愛され歌い継がれています。
● 第一学年用 、、、 「日の丸の歌」
● 第二学年用 、、、 「紅葉、もみじ」
● 第三学年用 、、、 「春が来た」
● 第四学年用 、、、 「春の小川」
● 第六学年用 、、、 「故郷」 「朧月夜、おぼろつきよ」
高野辰之の歌からは、故郷を遠く離れて、なお断ちがたい懐旧の念を感じる事ができる、、、、、、。
 
 
文学博士 高野辰之(1876~1947)
明治9年(1876)長野県北部の永江村(現、中野市)の農家に生まれた辰之は豊かな自然の中、厳しい父のもとで農業の手伝いをするかたわら土蔵に隠れて本をむさぼり読むという向学心にあふれた少年であったと言われている。高等小学校を卒業後、母校の永田尋常小学校の代用教員を勤め3年後に長野県尋常師範学校(現信州大学教育学部)に入学、26歳の時、上田万年文学博士(円地文子の父)をたよって上京、博士のもとで国語、国文学の研究に没頭し、やがて「文部省国語教科書編さん委員」に選ばれて国文学者としての地を固めていった。国が初めて発行した国定音楽教科書「尋常小学唱歌」を編さんする一方、「春が来た」、「紅葉」、「朧月夜」、などの唱歌、又全国の多くの小学校、中学校、高校、その他の学校などの校歌などを作詞した。明治後期からは「日本歌謡史」「江戸文学史」「日本演劇史」を次々と書きあげ、これらは高野辰之の三大著作として近代の国文学に大きな功績を残しました。大正14年に東京帝国大学から文学博士の学位を、昭和3年には帝国学士院賞を授与されています。昭和22年(1947)野沢温泉村の別荘「対雲山荘」で永眠、享年71歳。
 
 
 
 高野辰之記念館
高野辰之がかって学び、代用教員として教鞭をとった永江学校、永田尋常小学校の後身の永田小学校の跡地に高野辰之記念館が有ります。敷地内には小川が流れ高野辰之の銅像が建ち、館内には辰之の生涯を紹介したビデオが放映されたくさんの資料が展示されている。又付近には辰之の生家、高野家の菩提寺、唱歌「朧月夜」の歌詞に登場する鐘のあるお寺の真宝寺、「故郷」の かの川 の「斑川」が流れ、又歌碑が歩道に建てられています。
 
岡野辰之記念館の写真は   = こちら =

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(207)
180おすすめ

2011-10-29

[hamさんの登山記] 斑尾山(まだらお)登山

今日、明日と休み、今日は秋晴れの予報、明日は曇り、、、、よし、今日だな、! 北信五岳の一つ、斑尾山(1,381・8m)に登って来た。色々と調べた結果、ゆっくりとした行程で行ける筈だ、朝8時半に家を出発、長男が ”親父、斑尾山付近は熊が出るそうだな、、、、” どこもいっしょだよ、出る時は出る、、、 幾つかの登山道があるが今回は野尻湖の周りの菅川(すがかわ)登山口から登る事にした。高速道の信濃町、野尻湖 I・Cで降り野尻湖の北側を野尻湖を眺めながら進み菅川集落に着いた、、、バス停留所のすぐ横に登山道入り口の看板がある、細い道を登って行くとやがて ”しらかば台” に着いた。車が2台とオートバイが停まっている、ここで車を降りて登山靴に履き替え支度をしているといつの間にか20代の若い男がオートバイの横に立っている、 頂上まで行ってきたのですか? と尋ねると はい、 どの位時間がかかりましたか、、、? 8時にここを出て今10時ですから2時間です、、、 えー、2時間ですか、早いですネ、、 冗談のつもりで、 歩いて行ったんでしょネ、、、 はい、 と返事が返ると思ったら、 オートバイで頂上まで行きたかったんですがネ、、、、 ときた。 おぬしもやるよのー、、! この若い青年が2時間と言う事は俺の足だと4時間だな、、、、10:00 ブナの木立の中を歩き始めた、15分ほどで釜石山に到着、ここで5分ほど休み暫く歩くと 蟻のと渡り に着いた、ここから本番だな、、、ところどころ急な登りがあるが足場が良いので楽だ、海抜も上り木立の隙間から北信の山々が見える、落ち葉を踏みしめて登ると30分くらいで急に大勢の人の声が聞こえる、急に視界が開け大明神岳に着いた、えー、もう着いちゃったの、、、 270度のパノラマだ、眼下に野尻湖、(写真) 妙高山、黒姫山、飯縄山、遠く北アルプスが見渡せる、7-8人の先客がいる、10分ほど休憩、景色を堪能して頂上に向かった、、、、。

 

大明神岳を出て10分、11:20 斑尾山山頂(写真)に着いた、十三体の薬師如来の祠に参拝をし頂上は20人位の先客が、、、丁度汗もかき始め調子が出て来たところだ、、周りは木立で視界は利かない、10分ほど頂上に留まり下山を始めた、大明神岳で昼飯にするかな、、、 前に6人の女性のグループ、大明神岳に着くとここも先客が大勢いる、、、参ったなー! この際一気に下山するか、、 元の道を下り始めて35分、12:05 登山口に着いた、登り始めて2時間05分、 登る時に出会った若い青年とほぼ同じ時間だ、 俺も若いなー、! 途中コンビニで買ったオニギリも食べずに、今回の斑尾山にちなんだ、どうしても訪ねてみたい所があるので急遽そちらに向かう事にした、、、、、、。

 

斑尾登山のスライドショーは  = こちら =

 

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(50)
196おすすめ

2011-10-28

[仲良し、ちびっ子二人] 入院、、、

 

あたし、ウイルスとやらで入院してます、、、

いつも点滴です、、、でもママちゃんがいつもいるので嬉しいです、、

お姉ちゃんの、ノアちゃん、爺ちゃん、婆ちゃんも毎日きます、、

でももうすぐ退院です、、うれしいな、、、、、

 

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
208おすすめ

2011-10-27

[古い航海日誌 霞峰丸②] 遭難訓練、、

マラッカ海峡、シンガポール海峡を通過して本船は南シナ海に出た、日本まで約8日だ、急に何かと慌ただしくなってくる、午後の当直中に交替電報がきた、我が事務部ではアップさんが実習を終えて下船、ボーイさんが交替し、今航8人の乗組員が交替する、私は今回休暇申請して次航休暇下船する予定だ、、、、3時近く、ーーーー 船内の非常ベルがけたたましく鳴り響いた、 何だ! 船内のスピーカーからキャプテンの声が響く、遭難訓練、乗組員全員、右舷、艫のボートデッキに集まれ、、! 直ぐに部屋に戻りヘルメットを被りライフジャケットを着けて無線のストアーから救命艇用の無線機を出しアップさんと二人、フライングパッセージを走る、この無線機が又重いんだわ、、、通信長も持ち出し用の重要書類を持って走って来た、救命艇に乗り込み途中までボートを降ろし訓練は終わった、このキャプテンは遭難訓練はいつも予告なしだ、予告をしたんじゃ訓練にならん、、とこうだ、ついでに電波法に定められている救命艇用の無線機、非常用補助送受信機の動作試験もしてその旨、ログブック(業務日誌)に記入した。


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
206おすすめ

2011-10-26

[我が故郷] 川浦代官所跡

三和村川浦字番町(現上越市三和区川浦)、川浦郵便局の斜め向かいを入ったところにある、稲荷神社境内に川浦代官所跡(陣屋跡)がある。江戸時代、幕府は四百万石の幕府領(天領)を代官(旗本)に支配させた。寛保2年(1742)4月に川浦に代官所が設置された。それは延宝9年(1681)越後騒動で高田藩主松平光長が改易となり高田藩が小藩となった為、川浦、新井・吉木(現妙高市)、高野(現板倉区)、百間町(現頚城区)、潟町(現大潟区)、馬正面(現柿崎区)、稲村、戸の目、黒井、(上越市)などに代官所が置かれた、これらの代官所は統合や廃止されたりで常時置かれたものではなかった。川浦代官所は寛保2年に設置されてから明治元年(1868)、廃陣となるまで、途中文政4年((1821)6月から天保2年(1831)10月までの約10年間は、脇野町(三島郡)代官の支配となったが36代にわたり116年間天領を支配した。

 川浦代官所は最初、79ヶ村、六万石を支配した、初代の代官は萩原藤七郎、最後の代官は大草太郎左衛門、特に安永年間(1772~1781)には449ヶ村、八万二千六百二十四石を支配した。代官所は堀と土塁で囲まれていて代官所の西に牢屋があったそうである。代官所には代官が一人と、手付(てっき、事務をとる人)、手代、書記などの属史(役人)が十数人いた。支配地の村々の租税徴収、民政、勧農、警察、裁判などの事務をとった。慶応4年(明治元年、1868年)江戸幕府が崩壊すると、代官所の第二門は三和村野にある善巧寺の山門となった、建物の一部は上越市四辻町の浄雲寺や三和村末野の蓮花寺に移されたと言われている。稲荷神社(写真)は陣屋の鎮守の為に天明8年2月、竹垣三右衛門代官の願いにより建立したもので(祭神・倉稲魂命)ある。

 

                 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(241)
222おすすめ

2011-10-25

[hamさんの日本の歌心の歌] 里の秋

 

作詞
作曲
斎藤信夫
海沼  実      の秋
 


静かな静かな 里の秋
お背戸(せど)に 木(き)の実の 落ちる夜は
  ■ああ 母さんと ただ二人
  ■栗の実 煮てます いろりばた

 
明るい明るい 星の空
鳴き鳴き夜鴨(よがも)の 渡る夜は
  ■ああ 父さんの あの笑顔
  ■栗の実 食べては 思い出す

 
さよならさよなら 椰子(やし)の島
お舟にゆられて 帰られる
  ■おお 父さんよ 御無事(ごぶじ)でと
  ■今夜も 母さんと 祈ります

 

10月も残すところ僅かになった、紅葉前線も駆け足で山を下り、里にも少しづつやって来たようだ、いつも通る道のイチョウの街路樹の葉が黄色く色づき、風に舞っていた、、、、、、、。

 

 

 1945年(昭和20年)12月のNHKラジオ番組「外地引揚同胞激励の午後」で童謡歌手、川田正子の新曲として全国に向けて放送された歌で、父親らの帰還を待ち焦がれる人々の心を瞬く間に捉えた歌。1番ではふるさとの秋を母親と過ごす様子、2番では夜空の下で遠くにいる父親を思う様子、3番では父親の無事の帰りを願う母子の思いを表現している。平成19年(2007)「日本の歌百選」に選ばれた。


 

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
188おすすめ

2011-10-24

[古いスコアカード 第3の人生] 消防設備士国家試験

新しい事業として防犯関係に取り組むと防犯設備士という資格の他に消防設備士と言う資格、こちらは国家資格だが持っているとより優位に仕事が出来、又事業を拡大するにはどうしても必要な資格である事がわかった。資格があると優位である事は解っているんだが国家試験に合格しなければならない、これが問題だ、、、乙種とより高度な甲種に分けられる、どうせ受験するなら甲種だろう、、甲種の中でも消防用設備等の種類により第一類から第五類までに分かれているが、取りあえず一番関係の深い第四類を受験する事に決めた、合格すれば又順次、一類、二類、、、、、と受験すれば良い、、とまあ口で言うのは簡単だが、取り合えづ二冊の参考書を買ってきてパラパラと読み始めてみたが、電気に関する基礎的知識、消防用設備等の構造、機能及び工事又は整備の方法に関してはまんざら素人でも無いのでなんとかなりそうな雰囲気なんだが問題は消防関係法令だ、法令は単に覚えれば良いんだが、それが古ぼけた頭になかなか反応してくれない、、時間だけはどんどんと過ぎていく、、、、よし、今回は様子見で軽い気持ちで行こう、、、そうと決まると気が楽だ、、、試験当日、受験会場には甲種、乙種、各分類で相当の受験者だ、試験が始まったがやはり勉強不足で三分の一くらいしか回答出来なかった、結果は 不合格 ときた、、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
181おすすめ

2011-10-23

[今日の話] 恒例のゴルフコンペ、

第38回目を迎える会社の恒例のゴルフコンペ、勤務の都合で一日では出来ない為、数日に分けて行われる、前回はハンディーに恵まれて誰もが予想をしなかった優勝、、ディフェンディングチャンピオンで臨んだ今回、ハンディーも随分上ったし優勝はもう無理だろうが、クラブを握るのも触るのも自慢じゃないが前回の大会以来、、大きなコンペが入っているとの事でゴルフ場は久し振りで大賑わいであった。今日の天気は曇りのち午後より雨の予想、、早いスタートで順調に廻ったがスコアーは、と言うと、予想を下回ったがビールでも飲んで午後は頑張ろう、、、、、、、。レストランで昼食を食べていると雨が降り出した、次第に大降りに、、、参ったなー! 食事も終わり外に出ると少し小降りに、、、しかーしだ! 午後は込み合って前に6-7組が待っている、様子を見て雨合羽を着ようと準備をした、合羽を着るのも10数年振りだネ、、、雨はだいぶ小降りになっているんだが込み合ってすっかり調子が狂う、やっと自分の番が廻って来ても一打毎に待たないといけない、特に前の前の若い二人ずれの組が問題だ、二人にも関わらず時間がかかる事、常にグリーンが空いている、マイペースでプレイをしている、クラブを持って走れ、 と言いたくなる、もっと先輩方と廻ってマナ―と言うものも学んでもらいたいもんだ、、、しかし天気の方は徐々に回復し時々陽が差してきた、、やっぱり普段の行いだね! 結果スコアーはと言うとすっかり調子も狂い挽回とはいかず前半と同スコアー、、水平賞は確実だね、、、会社のコンペに参加するようになって毎回、何かもらってくる、今までは、ブービー賞、水平賞、大波賞、最後に優勝、、、、最後はゆっくりと温泉に浸かって、楽しい一日であった、、、、

 

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(1)
214おすすめ

2011-10-21

良い―仕事です、、

今日から4-5日は昼間の勤務、昼間は半分くらいはご年配のお客様をお供する事が多い、比較的若い? hamさん 車内の会話でも勉強になり為になる事も多い、あらー、○○さん、久し振りだね、、! 内心、 俺も随分有名になったなー、、、、でも嬉しい事です、買い物の荷物を玄関まで運んだり、ちょっと手を貸してあげて、、親切に有りがとネ、、やはり褒められると言う事は歳をとっても嬉しい事ですネ、、、昼食を済ませて午後の比較的暇な時間帯、駅の正面から70歳くらいの3人連れのお客様、魚を買いたいと言う事で大きな鮮魚センターへお供した、その後、上杉謙信でお馴染のお寺へ、そしてお土産を買うので物産センターへ行きたいとの事、帰りの電車の時間まで1時間半の予定、ピピッと悪い頭を働かせてみるとこのコース、この距離だと貸し切りよりもメーターの方が安くなる筈だ、北関東の○○県から来られたとの事、 運転手さん、海の無い県だから新鮮な魚が魅力だね、、えー、お客さんごゆっくりと買い物をして下さい、、、、お客さんをお待ちしている間はラジオを聞いてくつろぐ、、、悪いがメーターは入っているんで幾ら待っても構いません、どうせ暇な時間帯なんだから、、、お寺を参拝して折角だ、直ぐ近くの神社の参拝を提案すると、是非、 との事、神社下の駐車場に着いて、 お客さん、この135段の石段を登れば目の前が神社ですが、車ですとちょっと回れば神社に行けますが、、運転手さん、135段も階段登るの勘弁してもらいたい、満場一致で車で行きますわ、、、、私のジョギングのコースの一つだ、最近は135段の急な階段、早足で一気に登るネ、、、時間通りに駅に着くと料金は結構に成る、、お客さん、大した仕事もしてないのに結構な料金で申し訳ございません、、、いやー、運転手さん、色々と案内して頂いて、それに色々と待たせて悪かったね、、、内心は、いやー、お客さんちっとも悪くありません、、お客さん、お気をつけてお帰り下さい、、、、、、。
今日の最後の仕事は、やはり駅の正面から、ドアーを開けると、運転手さん、○○までどの位かかる、、? 料金ですか? ○○○○くらいだと思います、ちょっと考えて、それじゃ頼むわ、、 シメタ、! 市内は市内だがはずれ、実兄が急に亡くなられたとの事、つい先日、稲刈りの手伝いに来たんだが元気で昨夜、電話がきたんだが今でも信じられない、、、との事、山の中の家に着くとたくさんの花輪が飾られていた、、、、、、、。今日はついていた一日だったネ、、、、


                  
                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
153おすすめ

2011-10-20

泊まり勤務、

月に2-3回廻って来る泊まり勤務、週の中のしかも給料前だ、そんなに忙しくは無い筈だが、まー朝までボチボチ行くか、、、午後8時、車の点検をして管理者の点呼を受けて我が班は予定通り出庫した。パラパラと仕事をこなして午前1時過ぎには落ちついてきた、フロントの指示で2時近くに夜食の休憩だ、コンビニでパンとジュースを買い15分位休憩だ、そして泊まり勤務の楽しみの一つ NHKラジオ深夜便 日本の歌心の歌 駅構内の待機場所で車の座席を倒して、藤山一郎、藤島恒夫、石原裕次郎、、、、など等、懐かしい歌を堪能出来た、、、しかし、最後の方はハッキリと覚えていない、多分しらずに寝てしまったんだろう、、ピンポーン! 配車だ、いつも朝方までやっているスナックだ、ママさんが、 今日は暇だからもう閉めるわ、、、細い体でほとんど休み無しで朝方まで頑張っておられる、まー、頭が下がるね、、駅構内に戻り座席を倒してウトウトすると又、 ピンポーン、 ホストクラブに配車だ、 外で待っていると今日は寒いくらいに冷え込んでいる、空を見上げると満天の星、よくお供する女性だ、子供さん、旦那さんもいるんだがこんなに遅くまで、どーなってんのかね、、5時を過ぎると東の空がうっすらと明るくなってきた、、急に街には車が動き初め、ジョギングをする人、ゴミを出しに行く人、、、一日が始まったと言う感じだな、、それからはほとんど休む暇もなく動き始める、今日はいい天気になりそうだ、海岸通りから南方向を眺めると、妙高、頚城連山、西の方から、鉾ヶ岳、権現岳、鋸山、焼山、火打山、妙高山、黒姫山、飯縄山、と美しい姿を見せている。10時過ぎ下りの特急列車を見て今日の泊まり勤務が終わった、今日も色々なお客様をお供した。車庫に戻り洗車して家に帰ったのが昼近く、焼酎で一杯やって直ぐに布団の中に、、疲れたから夕方まで寝るかな、、、 しかーしだ! 廊下を走る音がしたと思ったら部屋のドアーが空き、、、寝ている布団に飛び乗って来た、、爺ー、、、、娘が幼稚園から帰った孫の乃愛ちゃんを連れて来たようだ、、、


                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ              
固定リンク : トラックバック(0)
176おすすめ

2011-10-19

釣り人で賑わう直江津港、、、

仕事が休みの時以外はほとんど毎日と言っていいほど仕事で直江津港の横を通る、天候が大荒れの時はともかく必ずと言っていいほどいる直江津港中央埠頭付近の釣り人(写真)、この辺りは一応、関係者以外進入禁止、の立て看板があるが自由に出入り出来る、これが週末ともなると大変だ、多少の天候の悪さは関係ない、早朝にも関わらず釣り人でびっしり、、、車を見るとほとんどが県外ナンバーだな、、それも長野県が圧倒的に多い、海の無い県の人から見れば当然の事で、めずらしさ、憧れもあるだろう、恐らく車の中で仮眠したりするのだろう、、最近は24時間営業のコンビニがあちこちにあり大体の用は足りるから便利だ、、海岸通り沿いにある東埠頭の道路沿いの岸壁も大変な人だ、こちらは 釣り禁止、立ち入り禁止 の大きな看板がある、道路沿いにはずっと高さが2mくらいの金網の柵が張ってあるが、これを乗り越えるのか、どこかの隙間から入るのかたくさんの釣り人が糸を垂れている、、これだけの人だ、地元に与える経済効果もたいしたものだろう、そう言った意味では有難い話だ、、、 しかーしだ! どこにでも居るんだ、ごく一部のマナーの悪い人が、、地元の人が嘆いておられた、荒浜埠頭あたりで釣りをして物を食べたゴミ、中にはバーべキュウをした残りのゴミなどをビニールの袋に入れたまま置いて行ったり、道路脇の草むらに車の窓から投げて行ったり、、、、カラスがきてまき散らしたり、風で飛んで困る、、、と言っておられた。

 

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(45)
210おすすめ

2011-10-18

[古い航海日誌 霞峰丸②] 洋上の手術、、、?

本船は大阪の堺に向けてインド洋を順調に航行している、明日にはマラッカ海峡に入る、、以前よりたまにお尻にオデキが出来る事があったんだが久し振りに、今航2-3日前からお尻にオデキが顔を出した、場所が場所だけに自分では簡単に見れない部屋のベ―シンの前にイスを持ってきてその上に中腰で後ろ向きで立ち鏡を覗くとかなり赤くはれ上がっている、これじゃ痛い訳だわ、、、! こんな不細工な格好、他人には見せられないね、、休暇中に痛くなれば思い切って医者に行くんだが、痛くなるのはいつも乗船中だ、乗船中は比較的、食事も肉が多いからそれも影響するのかもしれない、食堂で夕食を食べているとチョフサー(1等航海士)も早めに食事に来られた、本船の主任衛生管理者だ、状況を話すと、、あッ、次席さん、それは切って中の膿みを出さないとダメだわ、、、これから手術しますか、、 手術って誰がするんですか、? 私ですよ、! 任せておきなえ、、、 と、こうだ、、、、。

本船には以前はドクター(船医)が乗船していた、立派な診察室も揃っている、ちょっとした小さな町の診療所だ、夕食後、チョフサーと医務室へ、次席さん、汚いケツ出してこのベッドに寝て、、、私のお尻を見て、これや痛いわ、思い切って切りますか、、切るって麻酔かなんかあるんでしょうね、 麻酔?、そんなもんある訳無いでしょう、、、チョフサーが副衛生管理者のセコンドオフィサー(2等航海士)に力の有りそうなの一人連れて医務室にくるように電話するとセーラー(甲板員)のH君を連れてセコンドオフィサーもやって来た、ベッドにうつ伏せに寝た私を両脇から二人が押さえつける、もう腹を決めた、死ぬ事は無いだろう、 思い切ってブッつりとやって下さい、、セコンドオフィサーが傷の上をアルコールで消毒、、チョフサー、そのメス、消毒しないで大丈夫ですか、、? あー、消毒ね、、 ポケットからライタ―を取り出し火をつけてメスを火であぶり、、、これで良いわ、、 とこうだ、鈍い痛みが走った、どうやらメスが入ったようだ、むしろその後、膿みを出すと言って周りを押された時の方が痛いのなんのしかし押さえられて動けない、、 これや芯が深いね、今度休暇中にでも医者に行った方が良いよ、、、と言う事で傷口を消毒、リバガ―ゼをあてて化膿止め薬をもらって手術の真似ごとは無事に終わった、幸か不幸か休暇中には痛くならない。
乗船中に衛生管理者にお世話になったのは時化の北太平洋、北米航路の時以来だ、、、 

緊急入港?、 えらい事になりました、、
緊急入港?、 元気になりました、、
時化の続く北太平洋、、


           にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
                
固定リンク : トラックバック(0)
198おすすめ

2011-10-17

[今日の話] 柘榴(ざくろ)

庭の柘榴の木に今年もたくさんの実が生っている、赤くなり大きくぱっくりと口を開けているのもある、今年は例年よりもたくさん実のっているようだな、、、今まではこのまま下に落ちたり、鳥が飛んできて実をつついたりで終わってしまう、今年は脚立を掛けて手の届く範囲の大きいのだけを収穫してみた、まだ子供の頃、よその家の庭になっている柘榴を無断で採り食べた記憶が有るがどんな味がしたのかは全く覚えていない、赤く大きく口を開いているのを選んで2-3個食べてみたが、甘酸っぱい味だ、おせいじにも、私は美味いものとは思わないが人それぞれ食感も違うし、相方は、あー、美味しい、、、! と言って食べていたがどんな口をしているのかネ、、、、

柘榴(ざくろ)とは、ザクロ科ザクロ属の落葉小高木で、又はその果実の事で、原産地については、トルコあるいはイランから北インドのヒマラヤ山地にいたる西南アジアとする説、南ヨーロッパ原産とする説、およびカルタゴなど北アフリカを原産とする説などがある。庭木などの観賞用に栽培されるほか、果実は食用としても利用される。おもしろい形。不規則に裂けている。 種(タネ)が多いことから、アジアでは昔しから   子孫繁栄、豊穣のシンボルだった。 又、実を煎じた液でうがいをすると扁桃腺に 効き、陰干しした花や実を煎じて飲むと下痢止めに効果があると言われる。又 実に残る”帽子状”のガクの部分は冠にも似ており 王冠をいただく果物として権威の象徴にもなった。男性の中にいる唯一の女性のことを「紅一点」と いうが、これは中国の王安石が石榴の林の中に 咲く花を詠んだ詩から出た言葉だと言われている。何れにしてもやっぱり何か、いわれのあるタダもので無い雰囲気のする果物だと思ったね、、、、、
                     

 

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
195おすすめ

2011-10-16

[仲良し、ちびっ子二人] 孫の日

今日10月16日は孫の日

 爺ちゃんが、 ファンファン キーボード

  婆ちゃんが、 ぽぽちゃん人形を買ってくれた、、あたしうれしいなー、、、

 

しかーしだ !

爺ちゃん、婆ちゃん、真愛ちゃん の忘れて買ってこなかった、、、、 ^0^;

ママちゃんが、もう一人孫が居るのにって、、、、cool

爺ちゃん、慌てて買ってきてくれた、、

 これ真愛ちゃんへのプレゼント、、、 いいでしょう、、、、!

   あたしもうじき、6ヶ月になります、、、

 

◎ 孫の日は平成11年(1999)7月、孫へのプレゼントで消費を喚起し売り上げの拡大を図る為日本百貨店協会が最初に提唱し、日本記念日協会の認定を受けている。毎年10月の第3日曜日を孫の日、と制定している。

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(1)
242おすすめ

2011-10-14

[我が故郷] 大間城跡

上越市三和区にある大間城跡に行ってきた。県道、新井柿崎線の錦の交差点を東に進み三和中学を過ぎて暫く行くと島倉集落を過ぎて北代集落に入ると田んぼの左手に昔、大間城が有った、こんもりとした山が見える(写真)、集落の途中で北代ブドウ園、浦川原方面に左折して暫く進むと左手に大間城跡の看板が目に入る(写真下)

大間城跡は、標高96メーター程の城山に存在する山城である、現在は雑木林の中に埋もれているが山城の特色をよく残しています、特に上越地方ではあまり見られない本丸跡の「囲郭土塁」(かこみくるわどるい)や壮大な空掘、土塁などは見事です。また、県内に存在する山城跡の中でも、当時の遺構を留めている点では非常に少ない城跡の一つといわれています。築城の時期など詳しい事は解らないが南北朝時代には安塚の直峰城の支城として、戦国時代には上杉氏の春日山城の支城として重要な役割を果たしていました。また春日山から関東へ通じる三国街道に沿って造られた最初の関門の役目も果たしていたと思われる。

山城には全く知識の無いhamさん、案内標識などが無ければ ただの山だな、、、くらいにしか思わないんだが、県内に存在する山城跡の中でも、当時の遺構を留めている点では非常に少ない城跡の一つ、と言われているが、なるほど土塁、虎口、空堀、、、などなどハッキリと解る、特に本丸跡(写真)の囲み土塁は保存がよく当時の原形をほぼとどめていると言われる。本丸跡に物を燃やした跡が有る、、、 なんだ、こんなところで、、、、??  どうやら、夏の謙信公祭の時、狼煙をあげた跡だね、、、、

 

大間城跡の写真のスライドショーは    = こちら =

 

                   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
223おすすめ

2011-10-13

[hamさんの登山記] 飯綱山(いいづなやま)登山

昨夜は夜中の12時までの勤務、朝8時に目が覚めた、天気はどうだ、、カーテンを開けると薄曇り、パソコンを開いて天気予報を見ると曇りのち晴れ、、、降水確率は10パーセント、明日は晴れのち曇り、降水確率は30パーセント、よし、行くか、! 北信五岳の一つ飯綱山(飯縄山)(1,917,4m)に登る事に決めた。支度と言ってもいつでも行けるようにほとんど準備は出来ている、色々と調べた結果では日が短くなったがこれからでも十分登頂は可能だ、天気が快晴とはいかないが雨が降る事はまず無い、紅葉は十分楽しめるだろう、、、、遅い出発だが9時に家を出て途中コンビニに寄りオニギリ、ポカリ、お茶を買い高速経由で信濃町、野尻湖 I、C で降りて飯綱高原へ、、、、、、

途中から戸隠バードラインに入り、長野カントリー倶楽部入口斜め前にある飯綱登山口駐車場に10:40に着いた、ここに車を停めて別荘地の中を歩き11:00 一の鳥居(写真)から登山道を登り始めた。飯綱山は4つの登山コースがあるが今回は初めての事もあるし最も人気の高い南登山道を登る事にした、途中13の石仏が有ると言う事も選択しの一つだ、飯縄大権現の鳥居をくぐり暫くで奥宮一の鳥居へ、

木立の中を進むと間もなく第一番目の石仏 第一 不動明王 の石仏が有る、帽子を取り手を合わせ参拝した、、そして第二番目の 第二 釈迦如来、  第三 文殊菩薩、 第四 普賢菩薩 、、、、、、、、第十二 大日如来、 第十三 虚空蔵菩薩、と続くがその度毎に手を合わせ参拝した。この石仏は文化13年に栃原の大昌寺九世和尚が、現世未来の道しるべとして建立したと言われている。出発して1時間15分後の11:55 第十一 阿閉如来 のある駒のつなぎ場に着いた、ここで今日初めて5分間の休憩だ、

途中、富士見の水場、天狗の硯岩、と言われる大きな岩を通り登り続ける、この辺りよりところどころ視界が開けている、高度が上るにつれて紅葉も綺麗に成って来た、歩き始めて2時間5分、12:45 戸隠からの西登山道との分岐点に出た、南のピークまではもう一息だ、、、

ゴロゴロした岩場を登ると15分ほどで鳥居が有り祠が有る、ここで参拝、少し歩くと飯縄山南峰に着く、暫く周りの景色を堪能して少し下ったところにある飯縄神社(写真)に参拝、、、、雪の無い時期には毎日、山伏姿の信者が参拝に登って来られるとの事だ、越後の武将、上杉謙信の兜の前立ては飯縄大権現だと言われている。飯縄信仰は当時から根強いものがあり、今でも伝承されている。

南峰から10分位稜線を歩くと山頂のある北峰に到着した、歩き始めて2時間30分、13:10 飯縄山山頂(1,917m) (写真)だ、頂上には二等三角点がある、多少靄がかかり視界はいまいちだが360度の大パノラマだ、戸隠山、大妻山、雨飾山、黒姫山、妙高連山が見える、遠く北アルプスの山々も見えている、感無量だな、、、!  女性の二人ずれが先客だ、ここで買ってきたオニギリをほおばり、旨い事、口では言い表せない、、今年の夏以降、菱ヶ岳、妙高山、黒姫山、火打山、に次ぐ5つ目の登頂だ、、、、30分ちょっと休憩して13:45 下山を開始した、下りはラジオを聴きながらハイペースで下山、途中60代くらいの4人ずれの女性集団を追い越した、お先に失礼します、、、 あら、さっき頂上付近ですれ違った人でしょう、、?、  あー、思い出しました、、、  随分早いですネ、、 いや、特別に早くはないと思いますが、皆さん楽しんで歩いていらっしゃるから、、、 と言いうと、 私たちは口は出るんだけど、足が出ないの、、、 だと、  なるほどネ、、、、、 下山を始めて1時間25分後の、15:10無事駐車場に戻って来た、、、、、

 帰りは来る時に来た道を帰るのも芸が無いな、、、戸隠の方を回って来たが途中の紅葉の素晴らしい事、しばし車を停めて見惚れたね、、、、 (写真) 途中で目にした戸隠山の岩肌、、、あれも登ってみたいが今の私の知識、技術、経験では無理だろう、、来年だね、、、山頂から眺めた百名山の一つ、雨飾山、高妻山、、、、これも何とか登ってみたいもんだ、、、、忙しいね、!

 

飯縄山登山のスライドショーは  = こちら =

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

 

固定リンク : トラックバック(0)
205おすすめ

2011-10-12

[今日の話] 健康第一、、、①

勤務先の食堂で食事をしているとよく先輩に ○○さん、おまん(貴方)薬飲んでないのかね、、とよく言われる、 えー別に飲んでません、、 どこも悪くねのかね(悪く無いのですか)、、 はい、どこも悪く無いです、強いて言えば頭が少し悪い程度です、、 そりゃ俺もいっしょだわね、! とこうだ、、同輩の先輩諸氏は大体が食事が終わるとテーブルに多くの薬を並べて飲んでおられる、、糖尿病、血圧、関係の薬が多いようだが、まー、この仕事、不規則で運動不足になりがちだ、解らん事は無いが、、お陰で決して若くは無いが今のところ、どこも悪いところはない、血圧がちょっと高めだが、昔から今も人一倍、しょっぱいものが好きだし無理もない、仕事で医者をお供した時に、気さくな先生の時は色々と聞くんだが、 血圧がそのくらいの値は微妙なんだね、他に悪いところは有りますか、 いえ別に頭以外は悪いところは有りません、 他に悪いところが無ければ様子を見るってとこでしょう、、、それと運転手さん、頭の悪いのは医者や薬では良くならんネ、、本人の努力だね、とこうだ、なるほど、。
先日、相方が最近頭が少し痛い時がある、、、と言う事で脳外科の医者に行ってきた、色々検査の結果、特別に異状は無いとの事、肩こりから来ている、と意外な診断であったそうだ、今何の薬を飲んでますか、と聞かれて、別に飲んでません、と答えると、何か飲んでるでしょう、、と飲んでないのが悪いと言わんばかりの言い方なんだわ、、、それに上手くしたもんで神様が貧乏人には医療費がかからないようにして下さっているんだわ、それと我家ではクアンタムエネルギーを浴びているから健康なんだね、、、と言っていた、、なるほどね、、! (クアンタムエネルギーの話は又このつぎ、、)



                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
204おすすめ

2011-10-11

[古いスコアカード 第3の人生] 国際ロータリークラブ、 クラブの退会、

クラブが出来て翌年、取引先の銀行の支店長の紹介で(紹介と言っても無理やりに入れられた様なもんだが)入会したロータリークラブ、入会して9年になる、早いもんだねー! 入会当時は60人近くいた会員も景気の低迷で少しづつ退会者が出て来た、30数名にまで会員の数が減った、かと言ってこの様な状況では入会者もなかなか無いのが現状だ、私とて同じだ、売り上げはどんどん減少、対策に苦慮しているのが現状だ、毎週のロータリークラブの例会に出てもなかなか気分が乗らない、そんな折、クラブの次年度の役員改正で会長の次に大役の幹事にさせられる雰囲気になって来た、ある程度順番で何れは廻って来るんだが時期が悪い、毎週の例会の資料作り、地区の集まりには会長、幹事は必ずと行っても良いくらい出席しなければならない、むしろ会長よりもハード的には大変だ、、このまま引き受けて、途中で辞めるなんて事はクラブに大変な迷惑をかける事につながる、、、今であれば他の人にお願いする事も出来る、 どうする、考えに考え、悩みに悩み、退会する事に心は決まった、退会届を会長に持っていくと留意されたが、ここで撤回するくらいなら初めから出さなければいい、、、、志し半ばの ”夢実現倶楽部”で、仲間と沖縄に別荘を持つ、、これも途中で放棄する事になる、色々と未練もあるが、断腸の思いで決断した、、、クラブのホームページを見ると現在44名の会員のうち私が在籍当時の会員は、僅か18名残っているだけだ、、在籍中は他では経験できない色々な経験、人とのつながりを経験する事が出来た貴重な9年間だった、、、、


                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ 
固定リンク : トラックバック(7)
253おすすめ

2011-10-10

色々な家庭と老夫婦、

ある住宅街の一軒に配車になった、、、頭に包帯をしている80代と思われる杖をついたお婆ちゃんと、家の嫁と思われる30代の女性、お婆ちゃんは額に巻いた包帯から血が滲んでいる、後から心配そうな顔をして出て来たお爺ちゃん、○○さん、すまんがお婆ちゃんのこと宜しく頼みますね、、、 はい、御父さん私が付いていますから大丈夫ですよ、心配しないで家で待ってて下さいね、、 手を振るような仕草のお爺ちゃん、、、なんとも微笑ましい感じのする家庭だ、行き先は総合病院だ、車内の二人の会話を聞いていると、どうやらお婆ちゃんは転んで額を切った様だ、それで病院に行くところ、世間で良く言う、嫁、姑の難しい関係なんて全く関係ない感じだな、、、、お互いを気遣い、親子以上のような感じさえする、、、病院に着いて料金を告げると、お婆ちゃんがお金を出すと、 あッ、お婆ちゃん私が出しますから、、、、

夕方、ある総合病院に配車になった、、、杖をついた80歳はとうに越したと思われる老人が立っていた、、んッ、見た事があるがな、、、 ちょっと待ってて、、 と言い残して又病院の中へ、、暫くでベッドを押した看護師さんと老人が出て来た、ベッドには老婆が横たわっている、、えッ、この人が乗るの、、、、? 女性の看護師さんが、 ○○さん、骨折でなくて良かったですネ、、、あッ、思い出した、何回かお供した事のある○○さんだわ、、1週間ほど前にお供した時も足を引きずっておられたが、どうやら転んだか何かで悪化したんだろう、車内で奥さんが、  お父さん、私二階に登る時、手を貸して下さいね、、、ここで約束をしてもらわないと安心出来ませんから、、内心、何か難しい話をしておられるが、そんな問題かね、、その内にご主人、大きな声で そんなに口説いてばかりいて、、、、、、家に着くと料金を払って杖をついてさっさと家の玄関に、、おい、誰か居ないのか、、玄関も空いて電気もついているが誰も出てくる気配は無い、、ご主人、自分も足が悪く、イライラされているのだろう、玄関から手押し車を持ってきて、 ほら、これにつかまれ、、、、と言って車を置いて自分は家の中に入ってしまった、手押し車では上手くいかず、お婆ちゃんの手を持ってゆっくりと歩いてやっとの思いで家の中にお連れした、、家の中からは誰も出てこない、 このお宅はどうなってんだろう、 家族がバラバラだなー、、 考えさせられた二軒の家庭の老夫婦だったな、、


                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
157おすすめ

2011-10-09

[古い航海日誌 霞峰丸②] インド洋上の散髪、、

ペルシャ湾航路のシンガポール、マラッカ海峡からペルシャ湾の間は、赤道直下、低緯度の海域を航行する為、季節を問わずサイクロンにでも遭遇しない限り大した時化に合う事はほとんど無い、まー、船も300メーター近くある大型船だ、そうそう揺れる事は無い、、今航は日本ではドッグに入り家族も訪船したりしたので散髪に行く時間が無く髪もだいぶ延びた、本船の司厨長は自他ともに認めるプロ顔負けの散髪上手だ、次席さん、昼の準備も終わったし、ヘアーサロン、霞峰丸、、オープンしますかね、、! 空き部屋が散髪屋に早変わり、部屋のベ―シンの前の鏡に向かって高めのイスに座り散髪が始まる、、、、慣れたもんだわ、! 手つきはプロ顔負けだ、顔、襟もとのひげ剃りも加わって約1時間ほどで終わった、散髪料は免税の缶ビール2缶でOK,,,数千円を払った陸の散髪屋さんと何ら変わらない、、、
散髪も終わり今度は霞峰丸温泉に行きシャワーを浴びてスッキリ、何時もの日課だ、インスタントコーヒーを入れてカップを片手にボートデッキに出てみると本船の横に大型の外洋ヨットが見えている、一人の男がこっちを向いて手を振っているのが見える、世界一周の途中だろうか、、、さーて、食事にでも行くか、、

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
198おすすめ

2011-10-08

今日の直江津港、、

数年前より建設が始まっている中部電力の火力発電所、燃料に使う液化天然ガス(LNG)を積んだタンカーの第1船が本日入港する予定になっている。色々なセレモニーがあり午前9時頃には着岸するとの情報もしっかりと仕入れておいた、昨日は夜の12時まで仕事、 と言う事は夜中に直江津港沖に到着して沖待ち、朝の8時頃から着桟に向け動き始めるな、、、昔船乗りのhamさん、ピピッと頭が働いた。

眠い目を擦りながらカメラを持って直江津港に向かった、中央埠頭にいつも停泊している3隻のタグボートの姿が無い、 おー、行ったな、、、、! 向かいに停泊している海上保安部の巡視艇の姿も見えない、急いで火力発電所の建設地に向かった、海岸通りに出るとちらっと青い船体の大型船が目に入った、埋立地の建設地の近くにくると、、、 しまったー、、! もう30分早ければ船体を良い角度からのシャッターチャンスがあったんだが、既にタグに押されて後進して着桟しようとしている、内心は球形のタンクをつけた「モス型」と呼ばれるLNGタンカーを想像していたんだが、「メンブレン式」と呼ばれるタンクと船体が一体になったタンカーだ、しかし今回入港したタンカーは想像していたより小さい、恐らく7~8万トンクラスではないだろうか、、それにしても船尾の居住区とエンジン部だろうかハウスが2つに独立している珍しい形の船だわ、、、直江津港に入港した船では過去で最高の大きさの船だろう、、、数年後、発電所がフル稼働するように成れば18万キロのタンクが3基あるがもっと大きなLNGタンカーが入港するだろう、、、

これから色々と試運転が始まり来年の7月から4基のうちの1基が営業運転に入り、4基が完成する2014年には出力238万キロワットを誇る火力発電所が完成する事になる。すぐ隣には国際石油開発帝石のLNG備蓄工事も始まっている、数年後には日本屈指のエネルギー基地となるだろう、、、。

 

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
208おすすめ

2011-10-06

[今日の話] まったりとした一日、、

朝起きて窓を開けるとプーンと良い匂いがしてくる、庭の大きな金木犀(写真)の花の匂いだ、そーか、もう秋だな、耳を澄ませると、コオロギやら2~3種類の虫の鳴き声が聞こえる。今日は仕事は休み、丁度1週間前は火打山に登っていたんだが天気予報では今日はあまり良くない天気、少し風もある、、、さーて、今日は何をしようかな、、、! 史跡巡りなども考えていたんだが今日は一日まったりと過ごすことにした、、、、パソコンの前に坐り、相方に頼まれた風呂の掃除、終わりに近づいたナスの収穫、、先日植えた野菜の肥料やり、、、夕方より1時間のジョギングで汗をかいてきた。今日は一日、まったりと過ごした。

まったりと言う言葉、最近特に若い人の間でよく見たり、聞いたりする言葉だが、昔は聞いた事の無い言葉、ちょっと興味があったので色々と調べてみると、元々は京都弁で「とろんと穏やかな口あたり」という食感を表す言葉だそうな、、、、マンガ「美味しんぼ」で全国区で広がったようだ、そしてアニメの『おじゃる丸』で、ゆっくりしたさま、のんびりしたさま、くつろいださま、だらだらしたさま 、として多く使われるようになったようだ、、。

 

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(5)
190おすすめ

2011-10-05

[仲良し、ちびっ子二人] ようちえん、、

あたし、いもうとの真愛ちゃんもうまれたし、

こんど近くの、ようちえんにいっています、

爺ちゃんに、見せに来ました、、

どう、にあうでしょ、、!

 

         でもまだじょうずにしゃべれません、、、

               はずかしー、、!

 

ようちえんて、たのしいネ、、、

おやつもあるし、いろいろなオモチャもあるし、、

 

ランキングに参加中、ポチッと押して ちょうだい⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ       

固定リンク : トラックバック(0)
170おすすめ

2011-10-04

[我が故郷] 寺町界隈、常顕寺と宝蔵寺

すっかり秋を感じさせる晴れたある日、カメラを持って寺町界隈を歩いてきた。60数ヶ寺が建ち並ぶ緑の多い静かな寺町に改めて深い興味を覚えた。

日蓮宗 高顔山 常顕寺(じょうけんじ) 
寺町三丁目にある常顕寺は、日弁(鎌倉時代の僧)によって建治元年(1275)に開かれた越後で最初の日蓮宗寺院と言われている、後に越後の触頭(ふれがしら)として中心的な役割を担いました。その後、大瀁村、五智、三王屋敷と寺地を替えましたが、元禄元年(1688)、日遄(にっせん)によって現在地に再興されたと言われている。日蓮の真筆と伝えられる書のほか、江戸時代の当時の天皇が参拝したと伝えられる天拝十八枚大曼荼羅(まんだら)など多くの寺宝を所蔵している。
真言宗智山派 如意山 宝蔵寺(ほうぞうじ) 
寺町二丁目にある宝蔵寺は市内で唯一の真言宗智山派の寺院である。虚空像菩薩を本尊とし、もとは金蔵院といったので昔は「金蔵寺さん」と呼ばれ親しまれていたそうです。創建などについては不詳ですが高田城下の寺町へは、寛保2年(1742)に榊原政永にしたがって、姫路(兵庫県姫路市)から移ったといわれています。明治9年(1876)、宝蔵院と合併して宝蔵寺と改められました。智山派の総本山智積院(ちしゃくいん)は京都東山七条にある。


                にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
195おすすめ

2011-10-03

[古いスコアカード 第3の人生] 営業活動、、

昭和53年に趣味が高じて始めた事業、、比較的順調に業績を伸ばしてきた、40歳くらいには少し楽に成るかな、、、50歳くらいまでに何とかしたいなー、、、40歳代前半は気力、体力、共に充実している、業績が良ければ良いで欲も出る、しかしバブルが崩壊して数年後、地方にも不況の波がジワジワ押し寄せて来た、楽に成るどころか、色々な面で段々と厳しくなってきた、二つ目の柱にと携帯電話事業に参入、そして社運をかけて三つ目の柱にと参入した防犯事業、一つ目、二つ目の事業はほとんどお客様を待っている、ご来店されたお客様をいかに商売につなげるかだ、、、しかし、防犯事業は待っていたのでは商売にならない、こちらから出かけなければいけない、しかーしだ! 私はどちらかと言うと技術屋タイプ、性格からしても決して営業に向いている訳ではない、しかしそんな言い訳をしておれない、、知っているところに営業に行くのは楽なんだが、しかし、それとていずれは底を突く、、、後は飛び込み営業だ、、初めの頃は訪問先の会社の玄関を入る時の緊張感、、心臓がドキドキだ、、 そんつぁもん、えらんわね、、(そんなものは、必要有りません)まるで喧嘩腰だ、門前払い、しかし決してどこの会社もそうではない、、 女性社員にその旨お話をすると、上司に伝えてくれて、上司がわざわざ入口まで来て、 折角寄ってもらったんですが、、、、、、、、、 と対応してくれる会社、さまざまだ、そんな中で決して契約まで行かなくても話を聞いてもらえた時の喜びは口では言い表せない、、それが初めて知らない会社に採用して頂き契約して頂けるようになった時の嬉しさは今でもはっきりと覚えている、、、、今でも良く家に色々な業種の営業がセールスにくるが私は決して門前払いはしない、、、相手の苦労をねぎらって、お断りする事にしている、、


               
                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
202おすすめ

2011-10-02

ちょっと変わった腹の立つお客、、

夜の11時近く駅の正面で待機しているとエスカレーターを降りて来た70代くらいのリュックを背負った男性だ、○○知ってるだろう、そっちを通って○○の方に行ってくれ、、 はい、かしこまりました、 その内に このへんに5000円以内で泊まれるところは無いかね、、  ○○は空室があるか解りませんが4000円代の部屋もあるようですが、、 それは遠いのかね、、  方向は反対ですが、、、、、 じゃ、いいわ、 それでは○○の方に向かってよろしいですか、、? と尋ねると、 いいって言ったじゃないか、あんた、頭が悪いね、、、 ムカッ、 内心、私は決して頭は良くは無いが失礼な事を言ったつもりもないし、間違った事を言ったつもりもない、他人のあんたに言われる筋合いは無いわ、、! 途中通るホテルを紹介し、 部屋が空いているか解りませんが案内では5000円以下の部屋もあるようです、、と話すと、 じゃ、寄ってみるか、、 ホテルに着いて、 それじゃこちらでお待ちしています、 と言うと、 あんたが聞いてくるんだよ、 ときた、 別に私が聞きに行くのは吝かじゃないが本人が行った方が事がスムースに進む、 フロントに行って尋ねると4000円代の部屋は一杯だが5000円の禁煙の部屋なら空いていると言う、、その旨告げると、 足元をみやがって、いいわ! と投げせりふ、、、走りながら途中の施設も説明すると、 あんたハッキリした事は解らないんだろう、、、 と言うので、 えー、部屋の空き具合は聞いて見ないと解りません、、、 あんた私よりも若いんだろうが私は今、大阪の方から来たんだが他のタクシーはもっとハキハキしているよ、もっと勉強をしておかなきゃダメだよ、、、と、こうだ、、こんな人は何を言っても気に入らないんだろう、、、先の信号を右、とか色々と指示を出す事からするとこちらの人なのか、その割にはホテルに泊まるとか、、不思議な人だ、、目的地に着いて料金を伝えると、千円札を5枚出した、お釣りを渡そうとすると、細かいのがある、、 と言って財布をゴソゴソ、、足らないとか、あるとか、、、、一円、五円硬貨を含めて料金受け皿の上に出してきた、、、数えてみると少し不足なようなので、 お客さん、お釣り差し上げますから、、と言うと、足らない分は有るとか無いとか、はっきりしない、、お客さん、こちらに有るだけで結構ですから、、、 あ、そー、! まったく腹の立つ、ただのケチなお客だな、、、、


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
168おすすめ

2011-10-01

[hamさんの日本の歌心の歌] 雪山賛歌

 ♪  雪よ岩よわれらが宿り
     俺たちゃ町には住めないからに


    山よさよならごきげんよろしゅう
     また来る時には笑ってくれ  ♪ ♪

一昨日、火打山登山に行く為、登山口のある笹ヶ峰に向かっていると、道路脇にひっそりと建っている石碑を見た、以前からある事は解っていたんだが、はたして何の碑なんだろう、、、、と思いつつ今日に至り、よし帰りにじっくりと見ていこう、、、。

大人であれば誰でも一度や二度は口ずさんだ事のある有名な歌 「雪山賛歌」、 この歌が、妙高高原、笹ヶ峰に深くかかわりがある事は恥ずかしながら全く知らなかった、、、、( 汗   )。

この歌は大正末期から昭和の初期にかけ、毎年正月に、山とスキーを愛する京大生らがスキー合宿に集まった際、アメリカ民謡「オー、マイダーリン、クレメンタイン」の替え歌として歌ったのが始まりとされ、その後、京大の山岳部歌となり、後年、ダークダックスが歌って一躍有名に成りました。多くの世界的なアルピニストを輩出した京大山岳部の全ての部員は笹ヶ峰に集い、”雪山賛歌” を歌いついで来ました。元の歌詞には京大ヒュッテから見える山々を歌ったものもあるようです。これを記念してこの地に雪山賛歌の歌碑を建立しました。    = 案内板より =

雪山賛歌の出来るまで、、

大正15年1月現京都大学の山岳部が群馬県の鹿沢温泉でスキ-合宿された。合宿が終わって後に第1次南極観測隊の越冬隊長をされた西堀栄三郎氏、京大カラコルム遠征隊長となった四手井綱彦氏、アフガニスタン遠征隊を勤めた酒戸弥二郎氏、並びに東大スキ-部OBで後にチャチャヌプリ遠征隊長をされた渡辺漸の4名にてスキ-で新鹿沢へ下って宿泊されたが翌日天候が悪化し宿に閉じこめられた。 一行は、退屈まぎれに「山岳部の歌」を作ろうと言うことになり、曲をアメリカ民謡「いとしのクレメンタイン」としこれに合わせて皆で上の句、下の句と持ち寄って作り上げたものであると言う。戦後京大山岳部員が当時の資料に記載されていたこの歌を寮歌に加え歌われ始めたのが急速に一般にも愛唱されるようになったが、作者不詳となっていたものを作詞の状況を知った、京大教授桑原武夫氏が作詞は西堀だと著作権の登録をされたもので、この印税は同山岳部の活動の大きな資金源となっていると言う。

 
第一次南極観測隊
昭和30年(1955)9月にブリュッセルで開かれたCSAGI第2回南極会議において、日本代表の長谷川万吉、永田武らは日本の南極観測参加の申し入れを正式に行った結果認められて、プリンスハラルド海岸における観測を要請された。
南極観測が国際的に承認されたことにより、早速、国内に種々の委員会が設置されて、準備に当たり又、観測隊員の人選も行われ、隊長には東大の永田武氏、副隊長には京大の西堀栄三郎氏が決まった。これらの準備を経て、昭和31年(1956)11月8日、我が国初の南極観測船「宗谷」(満載排水量4,600トン、エンジン4,800馬力)が観測隊員53名、乗組員77名、計130名を乗せて東京港、晴海埠頭を出港したのであった。途中、オーストラリアのフリーマントルに寄港、アフリカ大陸の南端、ケープタウンで観測船宗谷の随伴船として同航する東京水産大学(現、海洋大学)の海鷹丸と合流し、時化の南氷洋を越えて1957年1月30日に南極・オングル島に到着し、一帯を永田隊長が「昭和基地」と命名した。越冬隊員11人を残し、2月15日に帰国の途についた。

南極観測船 ”宗谷” はもともと観測船に建造された船ではなく南極海で厚い氷に閉ざされて動けなくなり、旧ソ連の砕氷船 ”オビ号” に救助された事があった、その後海上自衛隊が運航する、砕氷船 ”ふじ”  ”しらせ” 2009年からは二代目 ”しらせ” が南極観測に参加している。

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(119)
261おすすめ

TOOLS




現在の閲覧者数:



ブログランキングに参加中
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03860452

QRコード