2011-04-30

マナーの悪い釣り人、、

昨夜は泊まり勤務、いよいよ大型連休に突入、夜9時頃ある居酒屋から浜の奥さん4人をお供して港の前を通ると南埠頭の岸壁に釣り人が釣りを楽しんでいる、暗くて人数は解らないが電灯の明かりなどから判断するとかなりの人数であろう、、お客さんが また県外から来た釣り、ゴミをいっぱい置いて行くんだろうね、、、! 最近は直江津港の岸壁はほとんどが 「入ってはいけません」 「釣り禁止」 の看板が立っている。しかしここ南埠頭は特別に釣り禁止の看板などは見当たらない、海岸道路の脇にある為、平日でもよく釣り人が糸を垂らしている、、こんな港の奥まった中で大して釣れないだろう、、、と思っていたが、色々と聞いてみると大物は釣れないが、小アジ、小さいイワシが良く釣れるんだそうだ。
朝方7時過ぎにお客をお供して海岸を通ると、いるわいるわ、、南埠頭はもちろん、入ってはいけません 釣り禁止 の東埠頭、多くの釣り客がいる、ほとんどが県外から来た釣り客だろう、しかーしだ!  この釣り客が問題なんだ、本当の釣り人は良いんだが、遊び半分に家族ずれで来ている釣り客にマナーの悪い人がいる、、岸壁でバーべキュウをやりゴミをどこにでも置いて行く人、余った釣りの餌をそこいら辺に捨てていく、、一体このゴミは誰がかたずけるんだい、、! と言いたくなる、、以前にも入ってはいけない防波堤に入り、時化てきた波に浚われ死亡する事故も起きている、、私も以前にプレジャーボートを持ち、沖釣りや岸壁などで良く釣りもした経験があるが本当にマナーの悪い人がいるんだ、、「釣り禁止」 の看板が立つのも無理はないネ、、先月は人通りもまばらだった荒浜埠頭(写真)も朝の早い時間から釣り人でいっぱいだった、、、、

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(74)
229おすすめ

2011-04-29

[今日の話] 誕生40周年の上越市、、

現上越市は直江津地区、春日地区、高田地区、と大きく分けて3つの地域が存在した。直江津地区は荒川(関川)の西岸に国府、国分寺を中心に府中文化が花開き、ついで慶長12年(1607)堀 忠俊が荒川の東岸に福島城(現古城小学校周辺)を築き、荒川河口港として発展した。春日地区は高田、直江津の中間に位置し上杉謙信の居城があり城下として名をはせた、しかし上杉謙信の死後、養子の上杉景勝、景虎による相続争い、「御館の乱」 により春日山城下、府中は焼失した、その後入城した堀 忠俊が上杉的な春日山城を廃し福島城に移った為、春日山山下は荒地、水田と化した。しかし現在では高田、直江津両市が合併し新しい上越市が生まれると市役所、文化会館、などの施設が置かれ行政、文化の中枢的な位置を占めるようになった。
高田地区は関川と矢代川の合流点の河原、荒れ地を切り開いて高田城と城下町を造ったところである、原野であった為、都市計画は思い通りに行われ京都にならって碁盤状に道路を走らせ理想的な城下町が造られた。城下町は春日山山下、福島城下町から寺社や商工業者に特権を与えて強制的に移住させて造ったものであった。こうして江戸時代は高田が政治、産業、文化の中心地として活気を見せたのである。
直江津
上越地方は大宝2年(702)にそれまで属していた越中国(現富山県)から越後国(現新潟県)に組み入れられたがこの時に国府(今で言う県庁所在地)が上越の地に置かれた。国府、国分寺の位置に関しては色々な説があるが、ともあれ直江津には国分寺、府中八幡宮、居多神社、八坂神社など古代にまつわる寺社があり、鎌倉時代には親鸞聖人の配流にちなむ光源寺、国府別院、上杉謙信時代のものとしては至徳寺、安国寺、などの他お館城など武将の居館跡が確認されている。
直江津港の歴史も古代にさかのぼり港の周辺は廻船問屋、港湾関係者が多く住み、蔵などが建ち並び福島城築城後は城下町は春日山山下から移し、寺社などによって形を整えたが完成を見ぬ間に高田城の築城により福島城下は取り壊され荒野と化したのであるが、直江津港を中心とした港町は高田藩の保護により高田城下などと違った繁栄をきたした。
高田
高田築城前の高田は関川、矢代川の合流点に当たる一面の河原と原野でその周辺に村落が発達していたと言う、松平忠輝はこの周辺の村落に幕府から動員を命ぜられた13藩の大名が出した10万人の人夫を駐留させ物資を供給させたという、城下町の建設の為に福島城下に移らないで春日山山下に留まっていた寺社や町など、それに福島城下の寺社、町を根こそぎにして高田に移動させた。このように江戸時代に入り高田は直江津に替り賑わい繁栄した。
この様な輝かしい歴史を持つ高田市、直江津市が合併して40年に成る、本来であれば本日40周年記念式典が盛大に行われる予定であったが先月の東北大震災により中止となった。40年前の私は首都圏で働いていたので合併当時の事は解らないが、私個人としては新しい上越市と言う名前に違和感があったのも事実だ、上越 と言うと何か上越線沿線のイメージが頭にあるからだ、、今でも県外の人は、特に高齢者は上越市と言うより高田市、直江津市と言った方が通りが良い、こんな我が町、上越市だが地理的にいっても日本のほぼ真ん中に位置し、海があり、山があり、平野があり、、、鉄道も信越本線、北陸本線、ほくほく線が通り、数年後には北陸新幹線も開業する、高速道路を見ても、北陸高速、上信越自動車道、が通り、古い歴史があり、多くの名所、史跡を持ち、又多くの偉人を輩出している市、これだけの条件を兼ね備えたところは他にあるだろうか、、、、、こんな我が町、上越市に誇りを持ち、沢山の人に上越市を知ってもらい、沢山の人に上越市を訪れてもらいたいものだ、、、、


                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
                 


固定リンク : コメント(4) / トラックバック(0)
175おすすめ

2011-04-28

車内の会話、、

ひょんな事からこの道に足を踏み入れて4年、お陰で老若男女、色々な職業の人と僅かな時間であるが時を共有する事が出来た、それがこの仕事の魅力でもある。昼間の勤務の時は病院、医院、薬局、スーパー等へお供したり、お迎えに行ったり、ご高齢のお客さんがほとんど、後はビジネスのお客さんだ。夜の勤務の時は午後8時以降はほとんどがお酒を飲んだお客さんだ。
地方は人口の多い都市と違いタクシーは流しでは営業が成り立たない、いわゆるハイヤーの要素が強い、お客さんから車を呼んで頂くわけだ、お客様にタクシー会社を選ぶ権利がある、決してお客さんはサービスの悪いタクシーを呼ばないだろう流しの場合はお客さんは特別な場合を除き、来たタクシーを利用するのが普通だ、偉そうに言うようだが、私は仕事をするにあたり常に3つの用語(SSP)を念頭に置いている。
1)Safety  安全  2)Speedy  スピーディー  3)Pleasant  快適、楽しい、
安全、スピーディー、は当然のことだが、少なくとも、お金を頂戴しているのだから短い時間ではあるが、快適な空間、時間でなければいけない、、、
お客さんがご乗車されると先ず、天気、季節の挨拶などで、探りを入れる、中にはお客により、タクシーの運転手くらいが気安く話しかけるな、、! と言わんばかりのお客もいる、会話をするにあたり話題つくりも大事な事、情報を仕入れるのに新聞も大事な情報源だ、ベテラン乗務員は構内に待機している時に良く新聞を読んでいるが私のような新米ドライバーはそうもゆくまい、、ならばラジオだ、これなら外の状況を見ながら耳で聞けばいい、、この仕事を始めてからはNHKのファンだ、ラジオ深夜便、地球ラジオ、など若者から高齢まで幅広い年代層にあった情報を提供してくれる、昔の歌謡曲などは民放ではなかなか耳にすることは出来ないネ、、、又地元の名所、史跡など地元の人でも知らない処がたくさんある、私はこの仕事を始めて地元の史跡、名所に興味を持つように成った、もっとも最近はちょっとのめり込み過ぎるような気もしますがネ、、仕事で毎日、何回も渡る直江津橋日本百名橋 の一つである事は地元の人でも知っている人はほとんどいないだろう、(県内では新潟市の万代橋と直江津橋)昨夜も車内の会話で色々と直江津の話をしていると運転手さん、おまんタクシーの運転手なんか止めて他の仕事しなえ、、 いや、お客さん、私はそのタクシーの運転手なんかが好きなんですでね、、 そっか、おまんも変わってるね、! 内心、どこが変わってんだよ、、、、、
日本百名橋
橋梁工学の専門家である松村 博氏がその著書「日本百名橋」において私選した日本の百の名橋、


                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
    

 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
192おすすめ

2011-04-27

観桜会、5年振りの百万人割れ

昨日、高田公園の横を仕事で通ると、日本三大夜桜を誇る桜だが、葉桜だな、、! 観桜会で賑わった公園も人影もまばら、、新聞によると今年の第86回高田城百万人観桜会の人出は5年振りに百万人を割り込み79万6700人との事、昨年の第85回は110万8000人,約3割減だ、私の感想は、 えー、そんなに多かったのー! 1昨年の第84回は折からのNHK大河ドラマ ”天地人” 開催中の、「天地人博」の影響もあり過去最高の人出だった。今年は3月の東北大震災の影響、原発の事故、と自粛ムードで規模も大幅に縮小された、当初はボンボリなどの点灯も土日に限定されるとの事で観光バスなどによる遠方からの見物客が殆んどキャンセルに成ったとの事、それでも満開となった16,17日が比較的天候に恵まれ、特に17日の日曜日はポカポカ陽気で観桜会会場の駐車場に通ずる道路は大渋滞、大変な人出だったようだ。ところで、あの花見の人出の人数だが、 「えったい、誰が、どうやってかんじょしてんだね、、」(翻訳、一体、誰がどうやって数えているんですか)とよく話題になるが、以前、仕事で関係者をお供した時に聞いた事がある、、するとこうだ、、それぞれの駐車場に入る車の数に(勿論、シャトルバスも含まれると思うが)ある定数を掛けるんだそうだ、成るほど、それでは数字的には細かい数字まで出るけど、かなりいい加減な数字ですネ、、 と言うと ところがこれがかなり正確な数に成るんですわ、との事だ、、嘘か本当かは知りませんがネ、、、、 :P
観桜会で賑わった高田公園も今度は3ヶ月もすると、外堀は東洋一のハス祭りで賑わうネ、、、 (写真は西堀より妙高山)

 

  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ                        

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
182おすすめ

2011-04-26

[仲良し、ちびっ子二人] お散歩、、、

爺ちゃんが天気がいいので、あたしの自家用車で

近くの公園に、桜を見に、お散歩につれて行ってくれました、、、、

 

でも桜は半分は散っていました、

  爺ちゃんが、桜の枝を折ってくれました、、(でも帰って婆ちゃんに、しかられていました)

    あー、いい匂い、、、あたしとどっちが綺麗、、、、!

 

爺ちゃんが自慢の花壇に綺麗な

          花が咲いたのであたしに見れ、と言うけど、、、

                あたし花よりも、アンパンマンの方がいいの、、、、

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
179おすすめ

2011-04-24

[我が故郷] 曹洞宗保寧山,顕聖寺

曹洞宗保寧山、顕聖寺へ入る石段の脇に 不許葷酒入山門 と書かれた禁牌石(きんばいせき)が建っている。(お酒を飲んだり生臭い匂いをさせている人は山門から中に入ってはいけません)という意味であろう、、、、

 

上越市浦川原区顕聖寺(けんしょうじ)地内にある、曹洞宗のお寺、保寧山顕聖寺へ行ってきた、顕聖寺集落は、かっては顕聖寺の寺領であった。長い石段を登ると杉の生い茂る広い境内には、本堂(写真)、庫裏、鐘楼、経堂、などが建ち並び、ところどころ未だ雪が残っていた。

顕聖寺は応仁元年(1467)の創建で、開山は快庵妙慶、開基は坊金城(安塚町)主、石田大膳小弼である石田大膳は鎌倉将軍第六代宗尊親王の後裔と伝えられている。当寺は最初は現在地の東方の小字牧山に有ったが二世、黙室周言が文亀3年(1503)、竜神の住む池の水が枯れて竜神が退散した為、その跡に寺を移したと言う、現在の場所である。境内の東隅に黙室周言手植えの杉と伝えられている大杉がうっそうと茂り、二代杉と呼ばれている。黙室周言は直峰城(安塚)主、吉田周坊入道英忠の菩提寺、賞泉寺の開山となった。

 

  

顕聖寺の第31代住職、武田範之は文久3年(1863)11月23日久留米藩、士沢四兵衛の三男として誕生、明治17年顕聖寺第29世住職、玄道和尚の教えを受けて得度し、雲水として厳しい修行に励んだ。明治25年韓国に渡り日本との関係を深めようと努めた。明治33年顕聖寺住職となると、寺内に黄葉学院(写真上)という図書館を開設した。寺に範之の書いた屏風、書籍、遺品などが所蔵されている、明治44年6月23日49歳の波瀾にみちた生涯をとじた。

 

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ  

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
276おすすめ

2011-04-23

[古いスコアカード 第3の人生] 苦しい時の神頼み、、祐気取り、、

念願の大祓祝詞を覚え、他に九神神詞、龍神祝詞、など幾つかの祝詞も覚え、月に一回来越される先生の指導を受けた、、、、、
九星気学の私の本命星 (生まれ星)は九紫火星 (きゅうしかせい)だ、吉方位と凶方位を 割り出し、月に数回、多い時は10日くらいあるが吉方位へ赴いて祐気取りを行った。日中忙しい時は、早朝又は夜、閉店してから車で吉方位の神社に向かう、拝殿に入れる神社では拝殿にあがり無心に祝詞を奏上する、、なるべく長い時間その場所に留まるように車の中で休むか、その地に温泉施設があるところは温泉に浸かり良い気、波動を吸収する、閉店後吹雪の中を車で1時間近くかけて現大島区の神社には何回訪れたか計り知れない、、、祐気取りに佐渡島へも渡った、又遠く能登半島先端の珠洲市の須ゝ神社も数回訪れた、、結構遠いんだわね、、!
近隣の主だった神社は大体出向き参拝した、、、、、

 祐気取りとは、吉方位に行きその土地の持つ良きエネルギー(気、波動)を吸収する方法。
 エネルギーを取る方法、
1)その土地の神社を参拝する。
1)その土地の湧水をのむ(長い間その土地のエネルギーを吸収している)
1)温泉に入る。(その土地のエネルギー、植物成分が溶け込んでおり、熱エネルギ
  ーも兼ね備えている)
1)その土地で食事をする。(その土地のエネルギーを吸収した素材を使う)
1)なるべく長時間その土地に留まりエネルギーを吸収する

方位別運勢

北  、、隠れの方位(地道に成功、良き部下に恵まれる、若い力を得る、物事
       を隠したい)
南  、、現れの方位(名誉、名声、地位の向上など)
西  、、喜びの方位(苦労から脱出、金融の目途、金運を得る等)
東  、、発展の方位(アイデアを生かす、古い事と縁切れ、新規事)
北東 、、変化の方位(窮地を脱する、性格を温厚に、良き相手と協力等)
南東 、、実りの方位(良縁を得たい、信用を得る、目上の引き立てを得る
      癌にならない等)
南西 、、物質の方位(仕事を順調に、物質運が良くなる、大衆相手の仕事
      で成功等)
北西 、、勝負運の方位(世間に認められる、大きな仕事で成功、一発勝負
      に勝つ、一攫千金、信用がつく等)


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ


固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
213おすすめ

2011-04-22

[古い航海日誌 霞峰丸①] 休暇中、 乗船命令、、、

月日の経つのは早い、1月24日大阪の堺港で霞峰丸を休暇下船して2ヶ月が過ぎた4月のある日、本社より1通の電報がきた、  乗船命令だ、、、! 4ツキ20ヒ、サカイニテ、カホ○ゼウセンネガウ」センインカ (4月20日堺にて霞峰丸乗船願う」船員課 ) 実は前に本社の船員課に電話して乗船希望などを連絡してある、どうせタンカーに乗るなら霞峰丸が最高だ、最新鋭の20万トンクラスのタンカーはどうも乗り心地が悪い、その点、12万トンの三島型の霞峰丸は最高だ、、本社船員課勤務の経験があるんだ、多少は無理も聞いて頂けるってもんだ、、私が下船した時に交替で乗船してきた2等通信士の先輩が通信長に昇格し、私がその後に2等通信士で乗船するわけだ、乗船中は毎日、無線で社船連絡と言うのがあり、社船の動静は解っている、通信士の特権だ、 下船前から、この次の乗船する船は 又霞峰丸にしよう、、、! 自分で決めていた。 乗船が決まると又何かと忙しいんだ、、半年ほど家を留守にする訳だ、これもやっておこう、あれもやらなければ、、、、、、、 

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
234おすすめ

2011-04-21

[今日の話] どこかで春が、、、、

 

どこかで春が 生まれてる
どこかで水が 流れ出す

どこかで雲雀(ひばり)が 鳴いている
どこかで芽の出る 音がする

 山の三月 そよ風吹いて
どこかで春が 生まれてる

ホー、ホヶキョ、、、、 ウグイスの鳴き声で目が覚めた、、なんとも贅沢な話だ、昨年は確か6月にウグイスの鳴き声を聞いたんだが、今年は寒くて厳しい冬だったから、ウグイスも春の足音に早めに泣き始めたのかもしれないねー、、、、。ウグイスは1羽の雄が複数の雌を引き連れて、一夫多妻だ、繁殖地に向かう途中に人家の庭や公園で鳴くらしい、、ホー、は息を吸う時の音、 ホヶキョ、は息を吐く時の音だと言うがよくもあんなに綺麗な音が出るもんだネ、、、、窓から庭を覗くと水仙が綺麗に咲いている、チュウ―リップも蕾を付けはじめている、後3~4日もすれば咲くだろう、、、名前の解らない花も幾つか咲いている、、長い厳しかった冬が終わり、やっぱり春はいいねー、、、、、、、!

 

                               

        にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
208おすすめ

2011-04-20

やり難いお客さん、、

この仕事を4年間やっているが私の頭の中に乗せたくない嫌なお客さんが10数人いる、、嫌な理由もいろいろと違う、酔っ払っていつも絡んでくるタイプ、、偉そうに威張っているタイプ、、、言葉が何を喋っているのか解らない人、、、など夕方7時近くにある喫茶店に配車になった、多分あの人ではないかなー、、、予感は見事に当たった、東北のある県出身の40代であろうか、単身でこの地で働いているようだ、もっとも妻帯者か独身者かは不明だが、、、今までにも何度かお供させて頂いている、社内でも知らない人はいない位のお客さんだ、乗車すると降りるまで喋っている、 しかーしだ! この喋っている言葉が全く解らない、、いわゆるズーズ―弁だ、酒を飲んでいない時でも解らないのに、酔っ払ったら100パーセント解らない、全く無視するわけにもいかず、お客さんが喋っている内容を自分なりに想像し、悪いが適当に、えー、、ほおー、、んー、、の繰り返しです、、時々、運ちゃん、わがるけー、、! と来る、(これだけは解る)、ズーズ―弁でお客さんが言ってる事が解りません、、 とも言えず、 えー、、 のひと事、、でもこのお客さんは酒癖は悪くない、、たまに気前よくチップもくれる、、、、、、、 
しかーしだ! もう一人、言葉の解らないお客さんがいらっしゃる、、虫の居所によっては絡んでくる、喋っている事が解らず黙っていると、おまえ、俺を馬鹿にしてんのか、、! と来る、、そー言う時の言葉は解るんだ、、、やり難いお客さん、、

  
                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ     
                 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
179おすすめ

2011-04-19

日本三大夜桜、高田城百万人観桜会

 

毎年の大イベント、 日本三大夜桜、 第86回高田城百万人観桜会  3月初めの東北大震災、それに伴う原子力発電所の事故と悲痛な状況の中での開催となった今年の観桜会。自粛ムードが続き、ボンボリの点灯は週末のみ、桜ロードのライトアップの中止、などなど規模は大幅に縮小され関係者をやきもきさせての開催となったが、桜の開花は待ってはくれない、例年よりも遅れ昨年より3日遅れの12日に開花宣言、、、ボンボリノ点灯は連日、夜の10時まで点灯する事に変更となりホット胸をなでおろす関係者、、17日の日曜日はポカポカ陽気となり観桜会に向かう車で何処も大渋滞、、、これではゆっくりと見れないな、、! 月曜日も天気予報では晴れ、、月曜日に行こう、、と言う事で午前中に行ってきたが、改めてその素晴らしさに感動した。

 

  高田公園のさくらについては     = こちら =

 高田城、三重櫓、などについては  = こちら =

 観桜会、写真スライドショーは     = こちら =

● 各写真の説明は             = こちら =(写真をクリックしてください)

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

 

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
218おすすめ

2011-04-18

[仲良し、ちびっ子二人] 乃愛ちゃんのひとり言

あたしもうすぐ、お姉ちゃんになります、、

   爺ちゃん、婆ちゃんが、おりこうになったと言います。

 いつも爺ちゃんに頼んで、パソコンで

   アンパンマンとトトロを見ています、、、   

                         

今日は暖かくて外で爺ちゃんと遊びました、

爺ちゃんが、、 ノアちゃん、お腹が出てきたな、、、、と言います、、

ママちゃんに聞いたら、ごく標準の身長、体重だそうです、、、よかった、!

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
176おすすめ

2011-04-17

[今日の話] いやー忙しい一日、、

久し振りの土、日の2連休で、今日は朝から良い天気だ、高田城の観桜会は丁度満開だし大変な人出になるだろう、、明日からは夜の勤務になるし、昼間ゆっくり花見に行こう、、、午前中は部屋の引っ越し、二番目の子供の出産をまじかに控えた娘が孫のノ乃愛ちゃんと家に帰っている、私が今まで使っていた10畳の一番良い部屋を占領される事になった。机からパソコン等すべて他の部屋に移動だ、そして午後からは車のタイヤ交換、この次の休みにしよう、、今度の休みの時に、、、ぐーたらで延び延びになった訳さ、、自分の車は仕方がないが、、終わると今度は相方の車、そして娘の車と3台のタイヤ交換、これって結構疲れるんです、、一服して今度は前回の続きの花壇作り、そして先日造った家庭菜園用の畑だが、欲も出て少し広くするべく隣の荒れ地を開墾して畑作り、、近いうちに苗を植えて、上手に育つかは不明だが今年の夏の収穫期が楽しみだね、、と言う訳で今日は一日、たっぷりと動き回り疲れましたって―、、!

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

   
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
261おすすめ

2011-04-15

[我が故郷] 瑞泉寺と時の鐘

 

上越市南本町3丁目9番13号に 時の鐘 として有名な瑞泉寺(写真)が有る、「いずみ幼稚園」のあるところと言った方が解るかもしれない。 信濃国高井郡の井上越後守善勝の嫡男、義親が親鸞聖人の弟子となって善性と称し、承久3年(1221)下総国磯部村(現茨城県猿島郡総和町磯部)に勝願寺を建立した。そして後、十二世慶順の時信濃国水内郡南条町(現飯山市)に移った。松平忠輝は福島城(上越市港町)から高田城に移った翌年の慶長20年(1615)、真宗本願寺派の録所接頭として、信濃より勝願寺を出雲町(現南本町1丁目)に招いた。そして寛永元年(1624)松平光長が高田城に入ると横春日町(現南本町3丁目)の現在地に移った。寛文元年(1661)後小松天皇勅願所で越中井波町の井波園瑞泉寺の寺号を承継し今日に至っている。

瑞泉寺には高田城下に時刻を知らせた釣鐘が所蔵されている。高さ132,1センチ、口径92,2センチで上越市の文化財に指定されている。梵鐘として現在している時の鐘は、銘文から寛文9(1669)年、光長の母、高田姫勝子(かつこ)が鍋屋町(東本町5)の大鐘屋、土肥佐兵衛藤原宅次(どいさへえふじわらたくつぐ)に鋳造させたものである。この時の鐘は、呉服町(大町2)の町年寄、吉田七兵衛の屋敷に設けられました。代々の七兵衛が、尺時計(日時計)などで時刻を計って、一時(いっとき・2時間)ごとに昼夜12回打ち鳴らしたようです。この鐘の美しい音は遠く直江津まで響いたと言われている。明治9年(1876)の大火以後、時報の役を終え、瑞泉寺の釣鐘になるまで「越後高田にすぎたるものは、犬、寺、道心(一般に、仏道に帰依した人)、時の鐘」と歌われ町民に親しまれた。 天保6年(1835)12月、伏見宮貞敬親王の第十王女、政子姫が、瑞泉寺二十五世広了に降嫁した、歌人であったが夫広了に早く死に別れ78歳で死去した、本堂の裏に立派なお墓がある。

 

                             

              にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
258おすすめ

2011-04-14

[古い航海日誌 霞峰丸①] 休暇中、県内観光、、

1月25日に大阪の堺港で霞峰丸を休暇下船して早いもので1ヶ月が過ぎちゃった、2月初めに一人で鹿児島へ観光に出かけ、天気の良い日は1才を過ぎヨチヨチ歩きの長男を連れて3人で県内の観光地によく出かけた、、せっかく借りたレンタカーだ、使わない手はない、、、臼杵市の大仏見物、高崎山の猿を見たり、結構忙しい毎日だ、乗船は4月の下旬の予定だ、ポカポカ陽気のある日、家族3人で竹田市の岡城見物に出かけた(写真) 。

岡城は竹田市出身の滝廉太郎の ”荒城の月” の舞台になった城はあまりにも有名だ。源平合戦において、郷土の武将「緒方三郎惟栄(これよし)」が九州武士団を率いて、大宰府に落ちてきた平氏を九州から追い落とし、平氏滅亡のきっかけとなった事は有名である。豪傑で知られる惟栄だが、源頼朝と仲違いをした源義経を迎え入れるため、文治元年(1185)岡城を築城したと伝えられている。しかし、頼朝の怒りを買った惟栄は群馬県沼田に流され義経入城の夢は幻と消えたのである。
その後、岡城は中世では志賀氏の居城となり、天正14年(1586)には島津藩3万7000人もの軍勢に対し、わずか1,000人で撃退した。その戦いぶりに豊臣秀吉から感状を与えられたと言う。難攻不落の名城は、文禄3年(1594)、中川公の入封によって岡藩の城となった。
現在残されている城郭は、中川公によって築城されたもので、本丸、二の丸、三の丸、西の丸などの主な曲輪(くるわ)から成っている。趣味人であった藩主は、城の北側にある絶壁を三日月型にくり抜き、その中に明かりを灯して、月のない夜も月見の宴を楽しんだと言われている。又
岡城跡の松籟(しょうらい)」(松葉が風にゆれ動く際に立てる音)は、『日本の音風景100選』に選ばれている。

 

 

   

     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ  

   

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
203おすすめ

2011-04-13

[古いスコアカード 第3の人生] 苦しい時の神頼み、、

開業以来上がり続けた業績もバブルの崩壊の数年後からジワジワ下がり始め、消費税が5%にアップしてからは更に下降の勢いも増した感じだ。そんなある時に行きつけの○○○ショップの紹介である○○○○神社、教司の先生を紹介された、興味も半分、ちょっと相談したい事もありお会いする機会を得た、女性だがなかなか厳しそうな一見して直ぐに解る感じだな、、プロスポーツ選手、芸能人、事業家など、相談、指導を受けている人は全国にまたがっている、毎月、来越しているのでその時に良かったら出て来なさい、、との事でそれから毎月、あるところに行くと数十人の方が集まっておられた、神棚に向かって祝詞(のりと)の奏上を行う、祝詞と言っても全く解らない、ただ皆の奏上を聞いているだけだ、、その後、各自の生まれた月、などにより色々な注意事項など(仕事、金銭、人との関係、行動など、、、)の説明がある、、、とにかく祝詞を覚えなくては始まらない、しかも大祓い祝詞、随分長い祝詞なんだ、神様言葉はなおさらに難しい、これを覚えるのは、私の古ぼけた頭では至難の業だ、、、 高天原尓神留坐。皇親神漏岐神漏美乃命以弖、八百萬神、、、、、、、、、、、、、、、、 1行覚えると2行忘れてしまう、、祝詞を書いた紙を枕元に置き寝る前に、夜中に目が覚めたら、朝起きたら、、ちょっと暇な時に、、、何回も何回も読む、でもなかなか覚えられない、少しも先に進まない、、参った、、 しかーしだ!  3~4ヶ月したある時にすすっと頭に入るではないか、 どーしたんだろう、、俺、頭が良くなったんだろうか、、、、 全体の4分の1を覚えるのに4ヶ月かかったのに残りの4分の3を覚えるのに1~2週間で覚えられた、、、これって神様の力だろうか、、、、、

                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ


                
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
182おすすめ

2011-04-12

日本三大夜桜、本日開花、、

日本三大夜桜 第86回高田城百万人観桜会 本日開花しました、昨年も天候不順で平年より開花が遅れたが今年は更に昨年よりも三日遅れの開花だ。今週の週末は多分満開で最高でしょう、天気予報もまーまーのようだ。大震災の影響で観桜会の規模は縮小されたが4,000本のソメイヨシノの咲く規模は縮小されたわけではない、、、 (写真は昨年の観桜会)

◎ボンボリの点灯、三重櫓のライトアップは当初、大震災、節電を考慮し週末の土、日、となって いたが過度な自粛は地元の経済に大きな影響を与えかねない、との理由で期間中は週日も、夜の10時まで点灯、ライトアップされる事になった。

私は関係者の正しい判断だと思う、大震災から1か月が経過したが、この悲しい出来事を日本の、いや世界の人々が共に共有し悲しみ、立ち直る事を祈っている、、今度は幸いにも災害に遭わなかった地域の人々が思い切って気分を入れ変えて、震災以前のような生活パターンに戻り被災地にハード的なたくさんの援助などが必要ではないだろうか、、、、、。

 

 第86回高田城百万人観桜会の情報は  = こちら =

 

日本三大夜桜

高田公園のは明治42年、陸軍第13師団の設置を 記念して在郷軍人会によって2,200本の 桜(ソメイヨシノ)を植えたのが始まりで、 現在公園内には約4,000本の桜が植え られています。 桜がボンボリの明かりに映え日本三大夜桜と 言われています。 又三重櫓と桜がボンボリの明かりに映え、 お堀の水面に映る様は日本三大夜景の一つ とも言われ華やかさに包まれます。 毎年4月上旬に開かれる観桜会には春を待ち かねた市民はもとより、期間中各地より 花見に訪れる100万人を超す人達で賑わう。 上越市の高田城址の夜桜は「日本三大夜桜」 とPRされている。後の二つは昔(10年 程前)は京都の円山公園、長崎の丸山公園、 だと言っていました。両者とも桜の規模は 小さく、夜桜はPRしていない為、最近は 東京の上野公園、青森県の弘前公園、と 言っている。上野も弘前も日本三大夜桜とは 言っておらず、上越市民の自称のようだ。。 いずれにしても上越市の夜桜は規模、内容 からしても日本一といっても過言ではない。

                           

     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
167おすすめ

2011-04-11

日本三大夜桜、今日開花宣言か、、?

4月8日から始まった、日本三大夜桜 第86回高田城百万人観桜会 3月の天候不順、今月に入ってからも月初めは、寒い日が続き開花が遅れていたが昨日仕事で高田公園の横を通ると、20度近くまで上ったポカポカ陽気に誘われてか、公園内の歩行者天国は大勢の家族ずれ、子供ずれで賑わっていた。桜の蕾もピンクになり数本の気は既に開花して1分咲きってとこだな、、今日はあいにくの曇り空、午後より雨の予報、、自称、当たらない偽 気象予報士のhamさんの予想では晴れていれば間違いなしだが、午後位に開花宣言となるでしょう、、、、今度の週末は満開で、天気次第だが大変な人出になるでしょう、、、、東北大震災、節電問題で規模は縮小を余儀なくされたが、桜の咲く規模は縮小されていない、期間中、天気と仕事の都合をみて行ってきたいと思う、、、

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ


固定リンク : コメント(4) / トラックバック(0)
143おすすめ

2011-04-09

[今日の話] 日本の素晴らしさ、底じから、

今日本に生存している人々が、かつて経験した事が無いマグニチュード9,0の大震災、今回は大地震に大津波が加わった、おまけに原発の事故も、、、日本の大危機だ、その大地震が発生してから間もなく1ヶ月になろうとしている、、未だに不明者が1万人を超えているなか、僅かながら復興への足音も聞こえ始めている。これだけの大震災を目のあたりにしてか、被害に遭わなかった人々の復興への期待、支援の輪が広がっている、、沢山の義援金が集まり、今も増え続け金額も100億円、数億円、数千万円とケタ違いの申し出も多いようだ、又今回は海外からも色々と支援の輪が広がっている、日本と言う国の素晴らしさ、底力、頼もしさを感じる。
今日もニュースで、私も以前に一度だけだがちょっと乗船した事のある、豪華客船 ”ふじ丸”(23,000トン 写真)を船主が東北の幾つかの港に停泊させ、避難住民にバイキング形式の食事、大浴場等を提供すると言う。
私も大きな事は出来ないが、救援物資、僅かな義援金などを提供させてもらったが、これからも機会がある毎にささやかであるが支援を続けたいと思う。戦争、そして敗戦と言う苦い経験をし短期間に見事に復興し今や世界トップクラスの経済国にまで発展した日本だ、きっと短期間に見事に復興するであろう。

    頑張れ日本
        頑張れ東北


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ    
           
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
181おすすめ

2011-04-08

[今日の話] 運転の適性検査、

2週間ほど前、勤務先より新潟まで運転の適性検査に行ってくれと言われていた、その時に新入社員(男性1、女性1)も一緒に引率して行ってくれとの事、、今日は昼間の勤務の日だ、久し振りに新潟まで気分転換にドライブと行くか、、、途中、長岡駅に寄り、新潟駅南口を案内し、ファミレスに寄って昼食、そして新潟県庁近くの会場へ、入社時一度来た事があるので大体の要領は解っている、先ず目の検査だ、測定機を覗いていると強烈な光が、目が見え難い状態で画面にある物体が出てくるがそれを見分ける、 おッ、早いね、、お歳の割に大したもんだね、、内心、 お歳だけよけいだろう、、ほとんどの測定はモニターに向かいマウスやジョグダイヤルで操作する、随分進歩して便利に成ったねー、、全ての検査項目が終わり、担当者から色々な検査の結果などの説明がある○○さん、目の検査は数科目の検査全て標準以上ですネ、素晴らしいですネ、、内心、運転の時は眼鏡着用だし、最近は自分でも目が悪くなった事を感じ一番心配していたんだが、、あと他の項目の検査は歳相応ですネ、、、ときた、、歯切れの悪い言い方をするなー、歳相応と言うのは運転にはどうなんですかね? するとこうだ、 ○○さんに20代の人と一緒になって走れと言っても無理でしょう、、まー、良いんじゃないですか、、、との事、特別に悪いと言う事もなさそーだし、もうちょこっとこの仕事頑張ってみようと思う。

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(6) / トラックバック(0)
171おすすめ

2011-04-07

僅かばかりのお見舞い、、

今日は泊まり勤務、夜8時、運行管理者の点呼の後いつもの通り出庫したが、相変わらず静かな夜だ、今の時期やはり震災の影響か、、、、午前2時近く最後の勤務の班が勤務終了した、あとは残っているのは我が泊まり班だけだ、3時近くにいつもの通りサンドイッチとオレンジジュースで軽い夜食、駅構内の待機場所で楽しみの NHK ラジオ深夜便 日本の歌心の歌 今日は昭和20年代の歌だって、1曲目は 青い山脈 良いねー! 座席を倒して一緒に下手な歌を歌っている、、多分他人が聞いたらあまりにも下手で笑うだろうが、、、、、、、、、
、、、スヤスヤ、、、、フガフガ、、、、。。。
ピンポーン、、、 配車だ、時計を見ると朝の4時、 シマッター、、寝てしまった、、結局、聞いたのは1曲だけ、、駅前のホテルより神奈川県から来たと言う釣り客をお供して漁港まで、既に何人かの釣り人が釣り船に乗船の準備をしている、空車になると直ぐに市内に2か所ある今回の震災の避難場所へ、初めて避難住民をお供する、50代くらいの女性だ、福島県から避難して来ていたが、いつまでも避難所にいる訳にいかない、家も心配だし、働かないと食べていけないし、着の身着のままで来たから、、 との事、高速バスで新潟まで行き又バスで福島に帰ると言う、、高速バス乗り場に着き、 お客さん、タクシー代は結構です、私からささやかなお見舞いです、、! えッ、良いんですか、、 ハイ、良いんです、、 つい、口から言葉が出てしまった、、まー、良いか、8時近く又おなじ避難場所に配車、60代だろうか、ご夫婦が乗車された、残っている避難住民の人々が見送りに出て来ている、1ヶ月近く一緒に暮らした同じ避難民だ、別れを惜しんでいる、、やはり高速バスで新潟に行き又バスで福島に帰るとの事、、避難所では大変良くして頂いて不満も無いんだが、いつまでも甘えて避難所で過ごしている訳には行かないしね、帰って又これから先の事を考えないと、、、、との事だ、バス乗り場に着くと料金は当然、先程のお客さんと同じ3,190円だ、 この際良いか、!  お客さん料金は私から、ささやかなお見舞いです! 東北なまりの方言で何度もお礼を言っておられたが、、、お客さん、又元気で頑張って下さい! 暫く二人で手を振っている姿がルームミラーに映っていた、今頃は福島についてどうされているだろうか、、ちょっと気になるが、、深夜暇だった分、朝方の4時から勤務の終わる10時までドップリと走りっぱなし、、勤務が終わり昼近くに帰り一杯飲んで夕方の4時まで、  バタンキュウ、、、!

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
                                   
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
195おすすめ

2011-04-06

[古い航海日誌 霞峰丸①] 休暇、鹿児島の旅④ 旅の最後、、

上司のN通信長から 遠慮するな、ゆっくりすれば良い、! という言葉に甘えて一泊の予定が三泊してしまった、すっかりお世話になり又どこかの船で再会を約束して朝九時前に鹿児島市のN通信長宅を出発し一路、大分の自宅へ向かった。国道10号線を都城市を通り宮崎市へ、山の中、平野、と単純な道だ、レンタカーのニッサンサニーは順調に走り昼過ぎに宮崎市へ、ここでドライブインへ寄り昼食、ここで腹も満腹、30分ほど休憩をした後、いよいよ最後の行程、大分へ向かった。新富町、高鍋町、川南町、都農町を通り、海岸線、平野と結構、飽きがこない光景だ、一気に日向市まで来た。ここで休憩タイム、そして海岸線を景色を眺めながら延岡市まで来た、ここで休憩タイム、大分県まであとわずかだが、ここで国道10号線を行くか、海岸線の国道388号線を佐伯市、津久見市、臼杵市経由で帰るか、思案のしどころ、、、海岸線を景色を眺めながら、、、、と思ったが、こちらは後ほど又ゆっくり来る事にして、今回は国道10号線を急ぐ事にした。山の中を何とも面白くも無いルートだ、途中2回ほど小休憩してとっぷりと陽も暮れた7時前に大分の自宅に無事に帰りついた。
今回すっかりお世話になったN通信長、その後霞峰丸で一度一緒に乗船したがその後、定年を迎えられたが数年前に持病の糖尿病が原因で他界されたと言う風のたより、、、一度、機会があれば墓前にお参りをしたいと思っているが、、、、

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
194おすすめ

2011-04-05

今日の直江津港、巡視船 ”のりくら”

昨夜仕事で直江津港の横を通ると東埠頭に見慣れない船が停泊している、遠くからでも巡視船である事は直ぐに解ったが、直江津港に停泊する事は滅多にない事だ、、よし、明日昼間、写真を撮りに行こう、今朝10時頃直江津港に出かけると、、あッ、いない、遅かったか―、!  ;(

 家に帰り早速、海上保安署に電話して尋ねてみると(好きだネ―、、)朝出港したとの事、写真を撮りたかった旨告げると、いろいろと親切に教えてくれた、伏木保安部所属の巡視船 ”のりくら” だそうだ、今度いつ入港するか訪ねると、未定だがこれからは第九管区の巡視船はよく入港するとの事であった、電話で対応してくれた係官、気の毒に思ったのか、 中央埠頭に巡視艇 ”なつぎり” が停泊していますとの事、 内心、そんな事は解っていますがね、殆んど動かないでいつも停泊しているのに、、、 巡視船の写真は撮れなかったので第九管区海上保安本部のサイトから写真をパクッテきた、、、、  ↓

 

 

巡視船      のりくら  (PS203) 伏木海上保安部所属

総トン数     220トン

長さX幅X深さ  50X8X4 メーター

平成13年就航

↑ めったに動かなくいつも停泊している巡視艇  ”なつぎり”  PC86

上越海上保安署所属、、

総トン数     54トン

長さ27 X幅5,6 メーター

平成2年1月就航  、、

昨年、直江津港、西埠頭に入港した巡視船 ”やひこ”  ↑

総トン数     1,250トン

長さX幅X深さ  91,4 X 11,0 X 5,0 メーター

真っ青に晴れ上がった今日の直江津港には西埠頭、東埠頭(写真)に数百トンの外航船が停泊し荷役中であった。海上保安庁の船艇を見るたびに、40数年前、通信士に憧れて舞鶴にある海上保安学校の灯台科を受験し見事に失敗した事を思い出す。私の実力からして不合格は明白であった、1次試験の受験地は全国の海上保安本部のある地域を含め10数か所、私の受験した横浜会場だけで既に定員の4倍近い受験者、20数倍の難関だ、それでも図々しく合格発表の日、受験会場の確か横浜国立大学まで、もしや、、間違い、を信じ見に行った、もしだよ、合格していれば私の人生も、良い、悪い、は別として変わった人生を歩んだろう、海上保安学校の灯台科に進み、2年後、試験で呉市の海上保安大学の通信科に編入、、海上保安庁には何人かの先輩、後輩が通信所、巡視船に勤務していたが大部分は定年を向かへ次の人生を歩んでいる、、、、私は海上保安庁へは行けなかったが外航船の船舶通信士として10年近く勤務し良い経験をした、、満足じゃ、、!

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
279おすすめ

2011-04-04

[古いスコアカード 第3の人生] 新しい道路と業績、

景気の低迷は止まるところを知らない、特に地方の零細企業の影響は大きい国は 景気は緩やかな回復傾向にある なんて言うがそれは一部の大手企業の話だ、特に我社のような趣味の要素の強い業種は特に影響が大きい、我社も業績は下降の一途をたどっている、、何とかしなければ、! 気は焦るんだがこれと言って決め手となる企画,対策は無い、販売がだめなら当然、生産もだめになる、そんな折、市内を南北に走る二本の幹線道路を東西に結ぶ一部片側2車線の新しい道路が店舗の近くに完成した、それまで朝晩のラッシュ時は信号待ちの車が200メーター位、当店の前まで並んでいたが新しい道路が完成するとガラガラ空きだ、当然、日中も車の通る数も激減した。
正直なところ、こんなに影響があるとは思わなかったな、、道路1本で商圏がガラッと変わってしまった。お店と言うのはやっぱり場所が大きく左右される、内心、不動産購入の場所が間違っていたか、、! しかし後のまつりだ、、不動産購入時では予想もしていなかった事だ、、何とかしなければ、、、、やるしかない!

                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
215おすすめ

2011-04-03

[今日の話] 小さな家庭菜園、、

木、金、日、3日間の休み、天気はまーまーだ、今日は少し肌寒い感じだが朝から快晴、外で土いじりには丁度良い感じだ、毎年春から夏にかけて雑草で悩む、思い切って家庭菜園を作ろうと決めたのが木曜日、土が流れないようにブロックで仕切り今日は朝から畑のスペースをスコップで掘り起こし作業、雑草の根っ子、特に どくだみ などは根が深く大変な作業、しかしこれをきれいに取らないと又雑草で苦労する、一通りスコップで掘り起こし、今度は3本鍬でもう一度丹念に掘り起こし、雑草の根っ子を拾う、数時間かけてやっと12㎡のミニ菜園が完成した(写真)。ここまでが大変なんだ、後はもう少しして夏野菜の苗がホームセンターに並び始めたら鼻歌交じりで畝を造り苗を植えるだけ、ここ数十年は鉛筆、電鍵、半田こて、車のハンドルくらいしか持ってないが、元々は百姓の出だ、やれば出来る、、、しかーしだ! すでに身体じゅうが痛いが、明日から仕事、出来るかしらなー、、、!


                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

                         
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(1)
183おすすめ

2011-04-02

[仲良し、ちびっ子二人] ちびっ子のひとり言、、

今日は爺ちゃん、婆ちゃん家へ来ました。

ママちゃんがシャボン玉で遊んでくれました、、、

                    おもしろかったー、、、、、、!

           爺ちゃん、春になったし、あたし三輪車がほしいの、、、

               と頼んだら

          おー、いいよ、、これから買いに行くか、、、

               ということで、アンパンマンの三輪車を買ってくれた、

               爺ちゃん、あたしの言う事はすぐに聞いてくれる、

           家の中では気分が出なーい、、、

家の前に出て、

へーい、爺ちゃん押して、、

しゅっぱーつ、! 

(ちなみに頭の上の白いのゴミでは有りません、リボン)

して、リクは、と言うと、、、、、

ノアちゃんは良いな―、、いろいろ買ってもらってよ―!

俺、飼い主を間違えたな、、、、参ったワン!

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
243おすすめ

2011-04-01

[我が故郷] 越後一宮、居多神社(こたじんじゃ)

越後一宮、 居多神社は上越市五智6丁目1番11号に鎮座し、媼嶽(おうなだけ)明神・居多明神とも言う、祭神は、大国主命(おおくにぬしのみこと)、奴奈川姫(ぬながわひめのこと)、建御名方命(たけみなかたのみこと=諏訪神)、事代主命(ことしろぬしのみこと)である。境内には大国主命、奴奈川姫、建御名方命、の三神像、親鸞聖人石像、越後七不思議の一つ、「片葉の葦」、子宝と安産のご利益で有名な雁田神社などがある。 (写真は神社入り口)

 

居多神社は弘仁4年(813)に朝廷から従五位下を、貞観3年(861)には従四位下を賜った。醍醐天皇の命によって編さんされた「延喜式」に記載されている延喜式内社であり、越後国府(現直江津)に鎮座した事から国司の保護を受け、又当地は上杉謙信の居城の春日山があった為、越後守護・上杉家の厚い保護を受けまた、徳川家康以下歴代将軍・徳川家や高田藩主・松平氏・稲葉氏・榊原氏等の崇敬が篤かったといわれている。
当初は日本海に面した山腹にあったが、慶応2年(1866)海岸浸食のため、山崩れにあい、明治12年(1879)現在地に遷座。老朽化により平成20年6月新しい神殿が完成した。 (写真は神社本殿)

 

越後の歴史は「古事記」に登場する大国主命と奴奈川姫とのラブロマンによって微笑ましく幕を開けた。
出雲の国(現島根県)の大国主命は高志国(越後の国)に奴奈川姫と言う絶世の美人と噂に聞き、妻にしたく、いてもたってもおれず、長旅の末、やっとの思いで奴奈川姫の元へやってきた、旅装のまま太刀の緒を解く間も惜しんで求愛すると、姫もこれに答えて二人はめでたく結ばれた。この事からしてもご当地は諏訪神社発祥の地と言っても過言ではないと思うが、、、、このラブロマンは遠い昔に日本海を通じ出雲と高志(越後)との間に交渉があった事をものがたっている。大国主命はこの地で農業、漁業等の技術を教えられた、この事は出雲文化の伝搬であり、越後文化の幕開けであったと言えるでしょう。 (写真は三神像)

 

親鸞聖人は承元元年(1207)念仏を唱えれば救われる、と言う専修念仏の教えが弾圧され、越後国府に配流となり居多が浜にご上陸された親鸞聖人は居多神社に最初に参拝し、


すゑ遠く法を守ら居多の神

   弥陀と衆生のあらん限りは


と詠み、神前に供えて早く赦免となり越後に広く念仏が広まる事を祈願したところ、一夜にして居多神社境内の葦が片葉になったと言う、親鸞聖人越後の七不思議の一つ「片葉の葦」の由来である。
又一句を添えて祈願されると、たちまち海面が夕日に輝き「南無阿弥陀仏」の6文字が浮かび上がったと言う、親鸞聖人、自筆の「日の丸の御名号」も居多神社に所蔵されている。 (写真は親鸞聖人石像)

 

居多神社は越後守護上杉家、上杉謙信ゆかりの神社である、足利尊氏は暦応元年(1338)征夷大将軍に任じられ室町幕府を開くと、義兄弟の上杉憲顕を越後守護に任命した、越後府中(現直江津、五智地区)に入った上杉憲顕は観応2年(1351)8月13日居多神社に荒蒔保(清里区荒牧)を社領として寄進した、居多神社は以前にも室町幕府から田井保(板倉区田井)三分の二を賜っていた。この様に居多神社の社領は頚城郡だけでなく、刈羽、古志、魚沼、蒲原五郡にまたがっていた、上越市の土橋、横曽根、青野、旧新井市の高梨、中河(中川)板倉区の利苅(戸狩)、清里区の厩村(馬屋)、田嶋(上田島)、三和区の河浦(川浦)、鴨江(鴨井)などもそうである。
天文2年(1533)上杉謙信の父、長尾為景に敵対する武将たちが居多神社を焼いた、そこで長尾為景は同年の10月24日国内を平定したら社殿を造ると居多神社に戦勝を祈願した。天文17年(1548)長尾景虎(上杉謙信)は兄晴景に替って春日山城主となった、すると北条城主(柏崎)北条高広が武田信玄に内通し、謙信に背いた。天文24年、謙信は北条城攻略を安田城城主(柏崎)安田景元らに命じ、同年2月3日安田景元との連携を居多大明神に誓い自ら出陣して北条城を攻略した。起請文には謙信の奉行、本庄実乃、直江実綱、大熊朝秀が連署している。

居多神社の第29代神主、花ヶ前盛貞(はながさき)の子、智光院頼慶は上杉謙信の使者(外交官)として京都に何度も赴き朝廷や幕府との上洛の折衝などにあたっている、智光院頼慶は後の花ヶ前家盛、第30代の神主である。一乗院覚慶(のちの室町15代将軍足利義昭)が永禄8年(1565)8月5日、花ヶ前盛貞にあてた書状に、頼慶を謙信の使者として京都へ派遣してほしいと書かれている。
永禄12年11月5日、謙信の家臣で魚津城主(富山県魚津市)河田長親は花ヶ前盛貞に宮津八幡宮(魚津市宮津)の社務を兼務させ謙信の前線基地である宮津八幡宮の神主も兼ねたのである。
天正6年(1578)上杉謙信が49歳で死去すると養子の景勝と景虎が家督相続をめぐって争った、いわゆる「御館の乱」である。その際、居多神社は上杉景虎に味方をした為、上杉景勝軍の攻撃を受け神主の花ヶ前盛貞とその子、家盛は宝物を携えて能登の国(石川県)へ逃亡した。ここで5年間身を潜め天正11年越中国、魚津八幡宮(宮津八幡宮のこと)に移った、そして翌12年盛貞が没した、家盛は慶長3年(1598)上杉景勝が会津に移封となり堀 秀治が春日山城主となると晴れて越後に帰る事が出来た。しかし社領は景勝に没収されてなにも無かった、翌慶長4年2月21日居多神社は堀 秀治から社領13石を賜った、第31代、花ヶ前盛知の時である。
 
居多神社の写真及び各説明は = こちら =
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(153)
279おすすめ

TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03928802

QRコード