hamさんのひとり言。

昔の話と今の話。

[我が故郷] 直江津、佐内町、 道標、、

2011-02-28

 

上越市佐内町地内、バス停「佐内」すぐ近くの丁字路に道標(写真)がある、一般の民家の敷地内の為、注意して見ないと見落としてしまう、、、、

 

 

この道標は江戸時代、街道を往来する旅人の便宜を図る為に建てられたもので、

「右  さいみち」      「左  おう志う道」   と書かれている。

北陸方面からの旅人は一旦、高田の町に入り稲田橋を渡り下門前、春日新田の宿場を通り奥州路へ向かうが、ここ佐内町の丁字路が「さいみち」 「奥州道」のわかれ道であった。ここで言う「さいみち」と言うのは薄学なhamさんには解らない、、案内板も昭和59年に建てられたもので肝心な部分は消えていて解らず、管理している市役所の担当課に問い合わせたが30分位して全く的を外れた回答が返ってきた、、恐らくここから浦川原、大島区、方面に続いていたのであろうと想像するところである。 「おう志う道」はここから現在の黒井駅、黒井宿場跡、を通り出雲崎方面へ続いていた、江戸へ金、銀、を運んだ重要な脇往還であった、(五街道の奥州街道とは違う)。

 

         にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
234おすすめ

[今日の話] リクからのお願い、ひとり言、、

2011-02-27

よけいな話だが、うちのパパさん、東京マラソン参加の為、昨日から東京へ、、昼過ぎに無事に完走したとママさんに電話が入ったらしいヨ、、、

とうぜん、俺と仲良しな、乃愛ちゃんと爺ちゃん、婆ちゃん家へ昨日から来たってわけさ、

爺ちゃん、昨夜は忙しくて朝の5時近くに帰って寝たらしい、、、

俺と乃愛ちゃん、そんなのかんけーねー、、! 

一緒に遊ぼうと思って乃愛ちゃんと、8時過ぎに起こしたってわけさ、、爺ちゃん、目をしゃぼしょぼさせて、起きてきた、そして今日は又夜から朝まで泊まり勤務だって
そんな訳で今日は手抜きの更新で 勘弁、勘弁、って言ってた、、、、、

よろしく頼む、 ワン! 

            
                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(2)
182おすすめ

車内の講演、、

2011-02-26

10日近く続いた昼間の勤務が終わり今日から又夜が主の勤務だ、12週間後に又廻って来るから今度は5月だな、、、今日は夕方5時から夜中の2時までの勤務、週末のしかも25日だ、ちょっと忙しく成るかな、、、!
特に週末の夕方の時間帯は忙しくなる、30分早く4時30分に出庫、週末で家に帰るのだろう単身赴任のビジネスマンを駅までお供して、直ぐに下りの特急から降りてきた2人の男性客、行き先はある料亭だ、 お客さん、道順は○○と○○どちらにしますか? 運転手さんにお任せします、早く着ける方で、、、、 話の内容からして2人とも医師である事は明白だ、、2人の会話を聞いていると、、 ははー、、 首都圏の大学病院の先生だ、しかも50歳前後と思われる先生は日本でも著名な名医師のようだ、もう一人の30歳代の男は同じ病院の若手医師のようだ、、 どうやらこの有名な先生、今日は地元のいくつかの病院の医師が集まる席で講演をするようだ、、2人の会話を聞いていると素人の私でも理解できる興味のある話も出てきた、、日本の最先端の医学を僅かチョビット少しだが垣間見る事が出来た、、相手によって運転の仕方が変わるわけではないが、、 こんな偉い先生をお供して事故でも起こしたら一大事だぜ、、ハンドルを握る手に自然と力が入る、、、、
 
しかーしだ!  そこはチャッカリちゃ―んと盗み聞きした、、、 ただで偉い先生の講演を聞けたってもんだ、この仕事の特権だね、、、、 私が興味を持ったのは、、今の世の中新しい技術、開発、発明などに関しては特許、と言うものがあるが、医学の世界では治療技術などで特許、なんてものはない、、と言うような意味の事を話されていた、、決して今の自分に満足することなく、常に研究し自己鍛錬を欠かせてはいけない、、、と言っておられた、もう少し2人の会話を聞きたかったんだが30分位で目的地に着いた。 若い医師が 先生、カバンをお持ちします、、 いや、大丈夫だ、、  いや、それでは私の格好がつきませんから、、、 首都圏から来られた大学病院の二人の医師は女将さんに案内されて中に消えて行った、、、
やっぱり偉くなる人は言う事が違うね、、、


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
172おすすめ

[今日の話] おッ、 雨だ、、、、

2011-02-25

朝、雨が屋根を打つ音で目が覚めた、、 んッ、雨か、、、久し振りに耳にする音だ、、と言う事は屋根の雪も消えて無くなったって事だな、、、! 2月に入り一変、晴天続きで昨日は16,5度、昼間の勤務中は上着を脱ぎ仕事をした。 こちらの2月は雪、雨が少なく、降水量は平年比39パーセント、23日までの降水量は83,0ミリで1922年からの統計で最も少なかった2003年の149ミリを更新するのは確実、、、との事だ、1月は晴れの日が少なく日照時間は統計を取り始めてから過去で最も短かった との事、今度は雨、雪が降らず、降雨量が少なく記録を更新しそう、、、 昨年の夏は連日36度を超す暑さが続き、秋を感じる暇も無く冬に突入した、今度は大雪ときた、、 どうなってんのかねー、、!  今度は春を感じなくていきなり夏になるか、夏、秋を感じる暇も無く冬になるか、、、 最近の天気は極端だ、地球がおかしくなってきているね、、これみーんな人間がそうさせてきたんだね、今になりその、つけが廻って来たってことでしょう、、何万年も前から自然に進化して来た地球を人類が無理やりに壊しちゃったんだろう、、、 と素人の気象薄士のhamさんが考えるところ、、、、、


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
189おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] 待ちに待った、霞峰丸、休暇下船、

2011-02-24

7ヶ月振りの休暇下船と言う事で嬉しさのあまり、いつもは10時頃目が覚めるが今朝は7時前に目が覚めた、ポールドを覗くと懐かしい日本の島影が見える、さっそく着替えてデッキに出てみると左舷に四国の山々が見渡せる、デッキでの潮風は結構冷たい、、、1月だもんなー、、! 部屋に戻り洗面を済ませ船尾(とも)の士官食堂へ、私は朝食を食べるのは停泊中だけだが、テーブルには私の分も用意してあった、味噌汁に焼き魚、焼のり、生卵、佃煮、納豆だ、、、食事を済ませ船首(おもと)に帰る時、フライングパッセージを歩きながら昨年の6月に乗船以来7ヶ月お世話になった本船をじっくりと眺めた、、、この船は貴重な三島型の大型タンカーで 乗り心地は最高だ、、出来ればこの次も本船に乗りたいなー、、、、
間もなく紀伊水道から友ヶ島水道を通り大阪湾に入った、前方に堺の石油コンビナートが見えてきた、タグボートが本船に付き添うように並走している、昼前に堺市の関西石油の桟橋に無事接岸した。いつもの事だが戦場のような慌ただしさだ、2泊して3日目の朝早く出港する、正味1日半しかない、バタバタして忙しくなるのも無理はない、、、昼食時、士官食堂で霞峰丸最後の食事だ、居合わせた乗組員に下船の挨拶をして部員食堂へ行き甲板長、躁機長、司厨長に下船の挨拶、、昼食後、私の交替で乗船してきた先輩の次席さんと機器及び書類関係の引き継ぎをして3時過ぎ本船での全ての任務が終了した。改めて上司の通信長、キャプテンに挨拶を済ませてタラップを降りた、、、陸から見る本船 霞峰丸/JFVQ 300メーター近い巨体が横たわっている、、 長い間お世話になったな、又戻ってくるから頼むな、、、タクシーで一旦、南海電車の駅に向かったが、、運転手さん、このまま大阪空港まで頼むわ! 大阪、伊丹から最終便の飛行機に乗り9時近くに妻と長男が待つ南大分のマンションに7ヶ月振りに戻った、、、、


                 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(5)
201おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 最後の展示会、、

2011-02-23

開業以来、支店を含め年2回の展示会はずっと続けてきた、N店を閉店してからも本店だけは続けてきた夏と年末の大売り出し、思えば古い小さいビルの一室を借りて初めて行った展示会、協賛出店メーカーも僅かの3社だった、その後、厚生南会館、高陽荘、ホテルのイベント会場、観光物産センター、と会場は変わったが続けた展示会、、、、、、、しかーしだ! バブル崩壊後の市場の低迷はとどまるところを知らなかった、、
ピーク時は協賛出店メーカーも20社近くあり売り上げも大台を遥かに超えていたが半分以下にまで落ち込んできた、出店メーカーも数社、、いろいろと企画を考えるんだが、以前のように  ”こちらが太鼓を叩いてもお客さんが踊ってくれない、、、、、” 原因はいろいろあると思うが、景気の悪さは勿論だが、趣味の多様化も大きな要因だ、、、   今回の展示会で目標を達成出来なかったら今回で最後にしよう、、、、そう心に決めて気合いを入れて行った展示会、残念だが、やはり目標を達成できなかった、、20年続いた恒例の展示会も最後となった、、、、


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
202おすすめ

[我が故郷] 直江津、春日新田宿場跡、

2011-02-22

 

上越市春日新田(旧直江津)、春日新田の踏切を渡ったあたりは江戸時代、宿場があったところである。慶長19年(1614)松平忠輝による高田城の築城により、それまで直江津にあった福島城が廃城となり、高田の町が繁栄するように多くの施設が高田へ移りました。又関川に掛かっていた橋も壊され奥州方面から今町(現直江津)に行く旅人、北陸方面から直江津を通り北に向かう旅人も全て高田を通るように街道が設けられ、それ以後、高田を起点とした街道が設けられた。

長野方面からの北国街道は現、南本町から本町へ入り本町7丁目の変形十字路(道標あり)から現北本町を通り加賀街道、北陸街道へ続く道、、、十字路から東本町を通り稲田橋を渡り稲田、富岡、藤野新田、下門前、春日新田へと通じていました。さらに佐内町、黒井、に通じる北国街道の重要な拠点である春日新田には宿場がありました。宿場は幕府の指定した場所に限られ、勝手に旅人や荷物の運搬、茶屋や旅館営業も禁止されていた。春日新田には本陣(間口八間)をはじめ、旅籠が6軒、角の茶屋、中の茶屋、蔵番などの名前が残っている、又道路には馬に水を飲ませる井戸もいくつか有り、馬つなぎ場も造られていた。 (写真は春日新田、踏切付近)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(2)
253おすすめ

[仲良し、ちびっ子二人] ちびっ子のひとり言、、

2011-02-21

 

あれー、爺ちゃん、写真撮ってるの、、、

だめー、言わなきゃ、、あたし今おやつたべてんだからさ、、、、

ちゃんと、ポーズをとるんだから、、、

 

 こんなんで、どうかしら、、、、!

 

爺ちゃん、あたしの自家用車、かっこいいでしょう、、、

こんど押さなくても動くの買って、、、、

と頼んだら、、

はやく大きくなって、働いて買え、、、  だって、、、

 

ポッチン、ポッチン、と押してちょうだい、、 ⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
224おすすめ

[今日の話] 妙高連峰、、、

2011-02-20

 

朝起きると晴れている、、シメシメ、、、今日は日曜日なので仕事は暇な筈だ、、カメラを忍ばせて出勤、以前から妙高連峰を写真に撮ろうと思っていたがなかなかチャンスが無かった。 昼間の勤務の事、 晴れている事、 空車の時でないと写真が撮れない、 市街地ではダメだ、 車の通りの激しいところはダメ、、だって仕事中にこんな事するんだ、誰が見ているかわからんし、、、、 とうとうチャンスがやってきたが、いまいち空気が澄み切っていない、焼山が見えるビュウポイントでは無いんだが、、 まーいいか、、!

我が故郷から毎日のように目にする妙高連峰、、、見る場所によりその姿が変化するし、何回見ても飽きない景色だ、、、、頚城三山の一つ、妙高山、2,454m (写真の左側) 神奈山、大倉山、などの外輪山がU字型に取り巻いている、日本の百名山の一つに数えられる、美しい姿だ。しかし未だに登った事が無い、、普段の運動不足の解消も兼ねて昨年より近くの低い山に登っているが、、、、、今年は少し足を鍛えて是非登ってみようと思っている、、、、、

頚城三山の一つで、最高峰の火打山、 2,462m (写真、真ん中あたりのとがった山) 高山植物の宝庫とも言われている、半世紀も前に一度登った事が有るが、ただ学校の行事で嫌々、登っただけ、感動もなにもありゃしない、、、、今度、もう一度じっくりと噛みしめて登ってみたいと思っている、、、、、

頚城三山のもう一つ、焼山(新潟)、 2,402m 写真では見えないが、我が故郷からは場所により三山が望める、、活火山で入山禁止で有ったが今は登る事が出来るようだ、こちらも是非この際登りたいと思っている、、、、、

写真の右側の手前のこんもりとした山が南葉山、 949m だ、こちらは昨年、念願がかなって登る事が出来た、、、、、雪が消えて春になると、山登り、史跡巡り、、、などなど計画がめじろおしだわね、、、参ったって―、、 嬉しい悲鳴、、、、

             

                    

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(1)
185おすすめ

マナーの悪い大人、、、

2011-02-19

昼前より太陽も顔を出しポカポカ陽気に、、、おまけに土曜日ときた 、暇だねー、、 ある医院に配車になった、行ってみると80歳はゆうに超えているだろう、杖をついたお婆ちゃんと付き添いの女性、、 運転手さん悪いけど近くのスーパー○○に寄って少し時間がかかるが待っていてもらえませんか、、、 モニターを見ると駅の構内に10数台待機している、 えー、良いですよ、ごゆっくりどうぞ! 内心、 どうせ暇なんだ、メーターが入っているんで30分でも40分でも、、、 って感じ、、、、、、

なるべく入口の近くのお客さんが出て来られても直ぐに解る場所に移動してラジオを聞きながら待っている、、と、入り口横の身体の不自由な人専用の2台分の駐車スペースに1台の車がスーッと入ってきた、降りてきたのは40代だろうかの女性、見た感じどこも悪くはない、いたって健康そうな女性だ、悪びれた様子も無くスーパーの中に入って行った。他には誰も乗っていない、何を考えているんだろうね、、

私の停まっている車の横を自転車に乗ったジャージを着た一見、男の目を引きそうなやはり40前後か?の女性、、、入口まで自転車で乗り付けて、自転車は入口のまん前の横に置いて中に入って行った、、、当然出入りする人の邪魔になる、、3メーター程離れたところに自転車置き場が有り、がらがら空いている、見ていると自転車に乗ってきた子供が2人、ちゃんと自転車置き場に置いて中に入って行った、 一体どうなっているんだい、、、!

スーパーの入口を眺めているとカートに荷物を積んだ女性が出てきた、入口の近くに止めてあった自分の車に荷物を積んで、、、 そこまでは良くある光景で文句も言う気はないんだが問題はその後だ、、、荷物を降ろして空になったカートを押して入口の自動ドアーの前に置いてさっさと車に乗って帰って行った、、、入口のドアーも自動だ、別に手であける必要もない、もうあと2メーターも歩けばドアーの中にカートを置く場所が有るのに、、当然人が通るのに邪魔に成る、、見ているとすぐ後に来た60代くらいの女性がわざわざ中に持って行った、、ちょっと考えられないね、、

たかが15分~20分くらいの間、スーパーの入口付近だけで目についたマナーの悪い光景だ、、、 私も決して立派な人間ではないが、こんな大人が子供をどうやって教育するんだろうね、、、全く情けない話だ、お客様だからなかなか難しいところもあるだろうが、スーパー側も警備員でも雇って、こんな常識の無いお客はびしびし注意するべきだね、、、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(6)
220おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] バシ―海峡通過、南西諸島を北上、、

2011-02-18

シンガポールを通過して南シナ海に出たとたん海は時化ている、この航路は半分は時化で半分はべた凪だ、、うまい事したもんだネ、、、季節風で前から強い風が吹いている、船が進んで自然に発生する風も加わって食事に船尾の居住区から船首の居住区に帰る時は向かい風で大変だ、ハンドレールに掴まりながら命がけだぜ、、、、300メーター近い船、ピッチング(縦揺れ)で船が折れないか心配になる、、、、 台湾の南端のガランピ岬を通過して台湾東岸を北上しいよいよ南西諸島まで来た、もう日本の領海内だ、乗船した時は夏の初めだったが下船する時は冬の真っ最中だ、生まれて7ヶ月だった長男は1才2ヶ月に成っている、、大きく成ったろうなー、、、、 夕食後久し振りに家に電話してみた、元気そうな妻の声を聞いて安心、、、あと3日もすれば家に帰れるかな、、、、、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
163おすすめ

日本3大夜桜、第86回高田城百万人観桜会、、

2011-02-17

 

2月に入り雪国もようやく春の気配が感じられる今日この頃、、、2~3日前より市内のあちらこちらで今年も春の大イベント、 第86回高田城百万人観桜会 のポスター(写真)が目に付くようになった。   

今年は4月8日~24日までの17日間だ、この観桜会、回を増すごとに見物客が増えて最近の傾向としては全国各地から見物客が訪れるようになった、 それだけ有名に成ったって事かネ、、、、一昨年はNHKの大河ドラマ ”天地人”  ” 天地人博” とも重なり130万人近くの見物客であった、昨年は天候不順でかなり落ち込んだと思っていたが110万8千人との事、、、 ほんとかね、、、!

今年の開花予想は4月6日との事だが、、、桜の開花はただ暖かければ早くなる と言う事でもないんだ、秋にぐっと寒くなり2月のこれから暖かい日が続くと、桜も冬、春、を感じ一気に蕾が膨らみ開花する訳だ、昨年の秋は寒い日が多かったし、2月に入り比較的暖かい日が続いている、、、今年は開花が早まりそうだね、、、、 

高田公園を中心に4000本の桜、3000個のボンボリがお濠に映る光景、ライトアップされた桜ロード、三重櫓、なかなか見ごたえがある、、、又300軒を超す露店を見て回るのも良いもんだ、、

おまんたも、たまねわどーだね、、、

   高田の夜桜、、見に来てくんなえや、、、、

 (翻訳、皆さまも、たまには如何ですか、、 高田の夜桜を見に来て下さい、、、、)

 

  第86回高田城百万人観桜会 の情報は  = こちら =

 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
192おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 30数年振りの再会、、、

2011-02-16

毎月、業界紙の1/2ページを使い広告を出していた、かなりの費用がかかるんだがそれなりの効果もあった、しかし当然の事だが毎月、月刊誌が発売に成る1ヶ月くらい前に原稿を出さないといけない、従って発売に成った頃にはかなり原稿と違いが出て来てしまう、、、、そんな折、IT関係はすごい勢いで普及していた、 そろそろ考えないといけないな、、、、 思い切って我社も業者に頼んでホームページを作ってもらう事にした、これであれば内容に変更があればこちらで更新すれば良い、若手のスタッフに任せれば良い訳だし、、J-フォンのショップと2つのホームページが出来た、これならば最初の製作費だけ業者に払うだけだ、、次第にアクセス数も増えてきた、 これからの時代はこれだね、、、!
そんなある日1通のメールがきた、、 横浜の定時制高校に通っていた頃の同級生のN君からだ、30数年振りだ、N君は高知県の中村市出身で川崎市のある大手企業で働いていた、同じ趣味と言う事で気も合いそれぞれの寮にもよく行った、いつもホンダの250CCのバイクに乗って遊びに来たもんだ、丁度、新潟県で集中豪雨が有り各地で大きな被害が出ていた、そんな折、見舞い方々懐かしく思いメールをしてきたようだ、、その後電話で懐かしく2時間近く話した、今は高知市の隣の市に住んでいて電気工事の仕事を自営でやっているとの事、、、いつか再会を約束して電話を切ったが、、、、、、


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
247おすすめ

[我が故郷] 直江津、黒井宿

2011-02-15

国道8号線、黒井の信号を北西(海の方)に進むと信越線の陸橋を渡りセブンイレブンを過ぎると旧8号線(通称、はま線)の信号があるが、この辺一帯の黒井地内には昔は宿場があり大変栄賑わったところであるが、今の黒井地内からは想像できるであろうか。黒井郵便局から荒浜に至るあたりまで、 (写真は同地にある本敬寺入口)

   
黒井宿の始まりは、約400年前の天正年間の頃と伝えられており、越後府中(現、直江津)と奥州(東北地方)とをつなぐ奥州道(ここで言う奥州道は、宇都宮と白河間の奥州街道とは違う、高田の城下より春日新田、黒井を通り出雲崎までの街道を言う)の一番目の宿場として栄えた。松平忠輝により高田に城が築かれた江戸時代には直江津の橋が壊され街道も高田城下を通るように変えられたが、それでも黒井は稲田橋を通り春日新田の次の宿場として多くの人に利用されていた。当時の宿場には大名や重臣の泊まる本陣や脇本陣、旅人が泊まる旅籠(はたご)、木賃宿などがあり、これらは街並みのなかでも幕府の決めた一定の場所に造られ、街道の道幅よりも広く道が造られていた、又道には井戸などが有り主に馬に水を飲ませる為に使われていた、しかし明治以降になると交通機関が発達し、次第に黒井宿もその使命を果たす事がうすれてきた。他の町より広い道幅が黒井宿の有ったただ一つの名残である。 (写真で途中まで道路が広いのがわかる)


                にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(146)
234おすすめ

[今日の話] 久し振りのドライブ、、、

2011-02-14

3連休は残念ながら仕事であったが今日、明日と2日間は休み、しかーしだ! 今回の休みは休んでいるわけにはいかないんだ、廃業する数年前より新しく始めた防犯事業、異常発生時に自動的に指定されたところに通報する装置を販売し、殆んどが5年~7年のリースだが、そのリース期間が満了する時期が来ている、その内数社から、廃業予定、経済状況の悪化、などを理由に再リースはしない旨の連絡が、、、当然、リース物件の取り外しが必要になる、今日はその1件の物件の取り外しに隣の市まで行ってきた、片道1時間、久し振りのドライブだ、ドライブと言っても車に乗る事は仕事で毎日150キロくらいは最低走っているんだが、これはあくまでも仕事、仕事を離れての100キロ以上のドライブなんて何ヶ月振りだろう、、、、穏やかな日本海を眺めながら国道8号線を走る、、、久し振りに良い気分転換に成ったネ、、、、


                  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
207おすすめ

[今日の話] スキー発祥100周年、、レルヒ祭

2011-02-13

今から100年前の明治44年1月12日、オーストリアの軍人、レルヒ少佐によって日本に初めてスキーが伝えられたのが旧高田市(現上越市)の金谷山、今年は スキー発祥100周年の年、市内ではいろいろなイベントがくりひろげられている、又毎年2月に行われる”レルヒ祭”も今年は100周年の記念の年、昨日からのレルヒ祭、普段の行いが悪いのか、丁度昨日から泊まり勤務で見に行く事が出来なかったが、一昨年のNHK大河ドラマ ”天地人”の直江兼続の幼年期役を演じて人気をはくした 加藤清史郎くんも登場して盛り上がったようだ、又3月31日までレルヒマンスも開催中で多彩なイベントが繰り広げられる。

 

スキー発祥100周年を記念して 可愛い小学生3人のシュプール音楽隊が歌う、 レルヒさんの歌 も作られた、、、、

 

 
 

                    にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
193おすすめ

能ある鷹、爪を隠す、、威張る客、、

2011-02-12

乗車すると大抵のお客はこちらから行き先を聞く前に、 ○○○まで、、、、と告げるお客が多いんだが、乗車しても知らん顔、、 こちらで行き先を聞くと、 家、  の一言、 この手のお客は意地が悪いようだが、家が解っていても訪ねる事にしている、乗車したからと言って必ず家に帰るとは限らないしね、、、これが又面白くないようなんだな、、、  これ○○のタクシーだろう、、 内心、自分で○○のタクシーを頼んだんだろうに、、、 ○○町、、 素っ気なく言う、、それからタラタラと喋り始める、、 俺はもう、おまんとこ(貴方のところの)のタクシーを30年も使ってる、昔は乗れや黙っててもつんてってくんた(昔は乗れば黙っていても連れて行ってくれた)、、こう言うお客にかぎってたまに乗るだけなんだ、、、この地域にはタクシー会社は5社くらい、 内心、私だって昔からタクシーに乗る時は○○に決めていた、飲みに行っても帰る時は ○○を呼んでくれ、、 と頼む、30数年も前から使っているわね、、、 家に着くと、 こんど覚えててくんないネ(今度覚えておいて下さいね)、 ハイ、 と返事はしたが、こういうお客、家を知ってても黙って連れては行かないね、、、、、、、、。
、、、かと言うと、、、地元では知っている人が多い、社会的にも地位のある人、ましてやこのタクシー業界では知らないドライバーはいないだろう、大抵のドライバーは家も知っている筈だ、 乗車して、 運転手さん、悪いけどね  (ちっとも悪くないですって)、丁寧に説明してくれるお客さん、こう言うお客さんの事を言うんですな、、 能ある鷹、爪を隠す、、 このようなお客さんの場合は、家が解っていればこちらから、 お客さん、ご自宅でよろしいですか、、、? となる、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ  
固定リンク : トラックバック(0)
173おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] シンガポール通過、休暇下船決まる、

2011-02-11

セイロン島、ドンドラヘッドを通過して3日目、マラッカ海峡で倉敷市の水島港からイランのカーグ島に向かう社船 ”日鉱丸/JGKV” 180,000トンとすれ違った、後輩のT君が乗船しているが卒業してからは会っていない、元気でやっているだろう、、そして難所のシンガポール海峡だ、船上からシンガポールの高層ビルが見渡せる(写真)、、、以前にも日正丸でシンガポールに入港した事はあるが一度、観光でゆっくりと来てみたいもんだね、、、、、、、

  
本来であれば前航、大阪の堺港で休暇下船し正月は家で過ごす予定が交替者の手配がつかず1航海延ばされた、今航は下船は間違いはないだろう、、そろそろ交替電報が来る頃だが、、、午後、本社宛てにシンガポールの通過電報を打電した、 ホンヒ1130ポールツウカ、へムイサカイ25ヒヒル」センテウ ( 本日11:30シンガポール通過、25日昼、堺着予定」船長 ) と言うぐあいだ、、、そして当直も終わりに近づいたが日本の長崎無線局/JOS の一括呼び出しで本船が呼ばれた、、 来たな、、これだな、、! 早速に長崎無線局と連絡を取ると QTC だ、、 サカイニテ、、、、二ツ、、、、、、、ゲセン、カワリ、、、、、、、、、、」センインカ やったー、下船が決まった、、    思えば昨年の6月24日瀬戸内海の広島県因島市の日立造船で本船に乗船し7ヶ月、5航海、乗船した、、これから日本に帰るまでの約8日間、ゆっくりと休暇中の過ごし方を考える、、これが又楽しいんだわね、、、、、、

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
166おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 携帯電話事業、J-フォン へ、、、

2011-02-10

デジタルツーカーのショップを開業したが予想に反した苦戦が続いた、一番の原因はインフラの遅れだ、いわゆる通話エリアが狭い事があげられる、ドコモ、AU、に比べると同じ基地局の数でも使用している周波数(1,5Ghz)から見ても極めて不利になる、その代り通話品質は負けないんだが、何がともあれ使えないのでは携帯電話の意味がない、他社と同じラインに並べない、、、、、ましてや同じグループでも、デジタルツーカー、 デジタルフォン、とやり難いんだ、現場の我々が一番やり難く苦労する、、、      しかーしだ!  

 
数年後日産自動車が業績悪化により株式をテレコムに売却した事にともない、グループ9社が J-フォン に社名変更され更に持ち株会社と全国3社の地域会社に合併された。 随分とやり易くなってきた、スカイウオーカー、 写メール などが人気を呼び徐々に契約数も増えて行った、更にテレビなどのCMに藤原紀香が登場して益々良い方向に向かった、他社の広末涼子も、藤原紀香には勝てなかったようだネ。こうなると機種も各社から次々と発売される、、(写真は人気機種、シャープ J-SH52) 店舗の看板などが全て JPHONE に統一、変更された、 いいぞー、、! 


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
214おすすめ

[今日の話] 消雪作業、、、

2011-02-09

 

いやー、今年の冬は参った、、、、と言っても未だ冬が終わったわけではないんだけどさ。。。。。市内では比較的雪の少ない方なんだが、それでも家の周りで多い時は1メーター以上は楽にあったな、、市内の1月の日照時間の合計が31、6時間と統計を取り始めた22年以降では最も短かったとの事だが、1月は寒い日も多かった、屋根のつらら(写真上)も久し振りに見たような気がする、子供の頃はもっと太くて長いのが何時でも見れたが、これを取って口にほうばりオヤツ代わりにカリカリと食べたもんだ、しかし2月に入り結構、晴れの日が続いている、市内では屋根の一斉雪降ろし、道路の排雪作業が連日、行われている、市、県の除雪費が底をつき補正予算が組まれ国に援助を要請したくらいだ、これ雪が少なければ全く必要の無いもの、、、、家の前にうず高く積み上げられた、駐車場の除雪をした雪、今度はその山を崩して駐車場に散りばめる、、、早く雪を消すためだ、、なんか雪に遊ばれているような気がする、、、どんなに沢山降った雪でも春に成ればちゃーんと消えるんだがね、2ヶ月後の今頃は花見で賑わっているだろう、、厳しかった今年の冬もそろそろ終わりに近づいたネ、、、、、春はそこまで来ている、もちょっとの辛抱だ、、、、

               

                     にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
182おすすめ

[今日の話] もうすぐ雛祭り、

2011-02-07

今日は休み、予定していた事が出来なくなり、何すっかなー、、、! 外はうすら寒い冬空、しかし雪は振っていない、その代り時々雨交じり、今の時期、雨は苦にならない、むしろ雪が消えるし歓迎だ、、、 そーだ、孫の乃愛ちゃんの顔でも見に行くかな、、、途中スーパーに寄り、ニヤニヤしながら好物のオヤツのビスコとミカンを買って娘の家に、、、乃愛、寝てるよ、、、、まだ寝たばかりだと言う、 ちょっと遅かったか、しかーしだ! 10~15分もすると気配を感じたのか、うす目を開けて、爺ちゃんの顔を見て、ニタっとして起きあがってきた、 シメシメ、、、、 娘が、起こしたの、、、   起こしたんじゃねーよ、勝手に起きてきたんだわ、、、、、!

家には雛祭りをまえに雛人形が飾ってあった、、、、

爺ちゃん、このお雛さんいいだろう、、かっこいいだろう、、、

1年も経つと大きく成るねー、、、 して1年前は、、と言うと、、、 ↓ ↓

 

                   あたしまだ一人ではすわれません、、、、

 

ポッチン、ポッチン押してちょ~~だい、、 ⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ

固定リンク : トラックバック(0)
241おすすめ

泊まり勤務とNHK「ラジオ深夜便」

2011-02-06

 
そうは若くない私にとって月に2~3回廻ってくる泊まり勤務、眠い目を擦りながら睡魔との闘い、そーわ楽じゃない、、、、 ;(  しかーしだ! それを癒してくれるのが NHKのラジオ深夜便 「日本の歌、心の歌」だ、、、 週末の泊まり勤務、そーは楽をさせてくれない、、3時近くにサンドイッチで軽い食事、そして待ちに待った「日本の歌、心の歌」 今日は岡本敦郎、江利チエミ特集だ、、、、
岡本敦郎のあの甘い歌声、何とも心に響く歌声である、90歳に近い歌声とは到底想像できない、最近の若い歌手でも素晴らしい歌手は沢山いるが、やはりテレビの無い頃の歌手は容姿などでは評価されない、あくまで歌そのものだ、やっぱり鍛え方が違うね、、! 1946年「朝はどこから」でデビューした。 1946年~1962年までNHKラジオ第一放送で放送された「ラジオ歌謡」のホームソングで、敗戦で暗い日本を励ます為、朝日新聞が企画した応募曲だそうだ、小さい頃によく耳にした曲だ。 、「白い花の咲く頃」の大ヒットや「チャペルの鐘」、「あこがれの郵便馬車」、「高原列車は行く」 などヒット曲が多い、、
 
朝はどこから 来るかしら
あの空越えて 雲越えて
光の国から 来るかしら
いえいえ そうではありませぬ
それは 希望の家庭から
朝が来る来る 朝が来る
「おはよう」「おはよう」

昼はどこから 来るかしら
あの山越えて 野を越えて
ねんねの里から 来るかしら
いえいえ そうではありませぬ
それは 働く家庭から
昼が来る来る 昼が来る
「今日は」「今日は」

夜はどこから 来るかしら
あの星越えて 月越えて
お伽
(とぎ)の国から 来るかしら
いえいえ そうではありませぬ
それは 楽しい家庭から
夜が来る来る 夜が来る
「今晩は」「今晩は」

 
 
 
  
座席を倒してニヤニヤ気持ちよーく聞いていると、 ピンポーン! 配車だ、誰だよ、こんな時間に、何時だと思っているんだい、、、もー!  ある住宅街のアパートに配車だ、細い道路が除雪の雪で車が通るのが一杯の狭い道、アパートはその路地から30メーターほど入った行き止まりのところだ、Uターンは出来そうもない、しかもそこからの路地は20センチほどの圧雪だ、思案のしどころだが、思い切ってバックで入ってみた、20メーター程入るとスリップ、、、、、しまった―、、、!  僅かな凹みに後輪の片方のタイヤが入っただけなんだが、スリップで脱出出来ない、スコップを出し雪をつついてみたがガチガチに凍結していて歯がたたない、、、、よし、この位であればお客さんが乗車されれば重みで何とかなるだろう、ダメならお客さんにちょっと後ろを押してもらおう、こんな時間だ、多分男だろう、、、 最近は特にアパートは標札などは出ていない、こんな時間に間違って他人の部屋のブザーを押すわけにはいかない、、勘を働かせ外から先ず部屋の窓から僅かに漏れる部屋の灯りを確認、よし、あの部屋に間違いがないな! ブザーを押すと中から小さな女の声で  今行きます、、、、 待っていると出てきたのは若い女性と母親と思われる女性だ、 何、、男じゃないの、、、
旅行カバンを持った若い女性だけが乗車、やはりスリップして凹みから脱出が出来ない、しかし、空車の時よりも僅かに感触が違う、 何とかなるな!僅かな動きの前進、後進、を素早くギアーチェンジで繰り返すと、段々と前進、後進のストロークが長くなった、 よーし、もう少しだ、 あとはエンジンをふかして脱出成功、、、、やれやれ、、、(汗) 電車もバスもないこんな時間に若い女性がどうしたんだろう、、、行き先を再度確認すると バスの本社、、  ○○の本社ですか? なんだ同じグループ会社のバスのガイドさんだわ、、! お客さん、これから遠くまでいらっしゃるんですか? えー、仙台まで、、 目的地に着くとたくさん並んでいるバスだが既に数台のバスがエンジンをかけて準備をしている、、 お客さん気を付けて行ってきて下さい、、、  有難うございます、運転手さんも気を付けて、 と言い残して一台のバスの中に消えて行った、、、、、 そして朝の10時過ぎ長ーい泊まり勤務が終わった。


                   にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(9)
158おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] 南十字星と肩振り、、、

2011-02-05

オマーンのマスカットを出港してアラビア海を南東に進みスリランカ(旧セイロン)のドンドラ岬の灯台の光が見える、ペルシャ湾航路の片道のおよそ三分の一近く来た事になる、夜の12時にワッチ(当直)が終わり、久し振りにブリッジ(船橋)に行って肩振ってくるか、、、『肩ふり』とは、典型的な船乗り言葉で『仲間同士が気軽に、気ままにおしゃべりをする、、、』というような意味です。
ブリッジに行くとサードオフィサー(3等航海士)から引き継いだセコンドオフィサー(2等航海士)が真っ暗なブリッジのカーテンで仕切られたチャートルームで海図に向かっていた、、、 おー、次席さん、今コーヒー入れますよ、、、、、

クオーターマスターがコーヒーをおとしている、、、ブリッジに良い香りが漂う、、、コーヒーカップを片手に持ち、真っ暗で何も見えない海を眺めながら特別にテーマがあるわけでもない、、、いろいろな話が始まる、セコンドオフィサーは九州のある国立大学の出身だ、、酒を一滴も飲まない、飲まないと言うより飲めない変わり者だ、、クオーターマスターは四国の瀬戸内海のある島の出身、、、、私は船員生活がそんなに長い訳でもないが、それでもいろいろな事があった、、、、冬の大時化の北太平洋で、飲んだ風邪薬が原因か、、?、、死ぬ思いをした事、  パナマのクリストバルでスリに追っかけられた事、   イタリアのベニス近郊の港で近くの工場の女子社員と行ったソフトボール、、、など等、いろいろと思い出される、、空を見上げると一面、満天の星、、南十字星がくっきりと見える、日本では見る事は出来ないだろう、、、多分沖縄では季節により水平線、低い位置に見えるかもネ、、 さーて、そろそろ寝るかな! なに、寝るの? 4時まで仕事をするのに付き合いが悪いね! とうとうワッチの終わる4時まで付き合わされた、、、、、


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
175おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 最後の接待ゴルフ、、、

2011-02-04

スタッフが10人位の吹けば飛ぶような小さな会社だが貴重な体験を多くさせて頂き、又有難い良い思いも随分とさせて頂いた。同業の仲間に誘われて始めたゴルフもその一つだ、ある株式上場メーカーのトップから毎年、春と秋、同業のYさんと2泊3日のゴルフに誘って頂いた、軽井沢、埼玉、のゴルフ場、その後は福島県のグローリーヒルズゴルフ倶楽部(今は名前が変わったようだが)、で数回、そして最後が私とYさん、仲良しの同業、Mさん、も加わり、メーカーから担当営業を含めて3人、他のメーカー2社からトップ2人が加わり8人で天候にも恵まれた2泊3日のリッチな気分のゴルフを楽しむ事が出来た、ただ感謝の気持ちで一杯だった、頑張って少しでも拡販に協力する事が恩返しと思い頑張ったが、市場の経済状況は意に反した方向に、、、、、、、、当社との楽しいゴルフはこれが最後となった、、、、
 
取引先のある上場会社のお偉さんから全国の7社を毎年3泊4日のゴルフにお誘いして頂いた、、、 第1回目が沖縄シリーズ、
旧大京カントリークラブ、  沖縄国際ゴルフ倶楽部、  サザンリンクスゴルフクラブ、  
第2回目が南九州シリーズ、 
種子島ゴルフリゾート、  霧島ゴルフクラブ、   フェニックスカントリークラブ、  
第3回目が長崎シリーズ、 
長崎空港カントリー倶楽部、  長崎国際ゴルフ倶楽部、  ハウステンボスカントリークラブ、  
第4回目が新潟シリーズ、  
紫雲ゴルフ倶楽部、  旧佐渡ゴルフ倶楽部、  中峰ゴルフ倶楽部、

楽しい4回のゴルフツアーであった、ゴルフのプレイは勿論の事、各地での観光、夜の宴会、などなど至福のひと時であったな、、、、
3日目の中峰ゴルフ倶楽部(写真右)での昼食時、同行のお偉さんから、4回続けたゴルフシリーズ、昨今の経済状況を鑑み、今回が最後の予定だ、又状況が好転したら是非復活したい、、、、 一瞬、シーン、、、誰からともなく、 いやー、随分お世話になった、、有難う、、 の言葉が、 しかしその後、復活する事はなかった、、廃業した今も新聞の株式欄を見るたびに、繁栄を祈っている、、、


          
                にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
212おすすめ

雪国の道路事情、

2011-02-03

  

 

玄関口、JR直江津駅前も雪の山、これでも50センチくらいは消えて少なくなったんだ、道路標識も雪に埋まる寸前、これでは意味をなさない。             大雪も小康状態、今市内の道路は雪を満載したダンプカーが走り回っている、道路の除雪により道路脇に積み上げられた雪の壁の排雪作業だ、これ以上雪が降ると道路の除雪に支障が出る事になる。建設機械のユンボで雪の壁を崩す、その後からロータリー除雪車と並行してゆっくり走るダンプカーにロータリー除雪車で雪を積み込む、ものの数十秒でダンプ1台の積み込みが完了する、 はい、次、、、、流れ作業のように作業が進む、、、、、

  

行政より指定された雪捨て場所が河川敷、海岸の砂浜など数か所あるが、雪を積んだダンプカーが24時間昼夜を問わず作業にあたっている、直江津港の関川の河口付近も雪の捨て場所でダンプが列をなしてやって来る、(写真)海が雪で埋め立てられて行く、今日から道路の排雪に加えて地域ごとに屋根の一斉雪降ろしも始まった、商店街は長屋続きの為、屋根の雪を道路を通行止めにして一斉に道路に降ろす、その雪もダンプで捨て場所に捨てる事になる、市内の建設業者のダンプカーのフル動員だ、それでも足りなくて近隣の市や県外からもダンプカーが応援に来ている、延べで数千台にはなるだろうな、、この作業があと数日続く事になる、勿論この億単位の費用は税金でまかなわれる、雪が降らなければ全く必要の無い事だ、不況で公共事業も減る中で建設会社は何処も厳しい状況だが、業者によっては恵みの雪、と言う事になる、雪が降って倒産を免れた、と言う話もよく耳にする事だ、、どんなに大雪の歳でも春になれば、ちゃーんと、不思議とこの雪も消えて無くなっている、、この雪、何かに利用できないもんかねー、、!

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
176おすすめ

[今日の話] おッ、晴れマークだ!

2011-02-02

ここ2日間は朝の7時からの仕事で目覚ましで5時起き、今日は9時から夜中の12時まで15時間の長ーい勤務、6時に目が覚めて起き、6時半頃、カーテンをちょっと空けて外を見ると東の空が朝焼けでうっすらと染まっている、やったー、晴れだ! もうすぐ立春、日も長くなってきたねー、、 心もうきうきする、暫く続いた雪も小康状態、1週間ほど前からの天気予報でも晴れマークが出ていた、この地方で晴れマークが出るのは何日振りであろうか、多分1カ月以上は無かったな!それ程、晴れの日が貴重だ、首都圏は晴れ続きで空気がカラカラと言うが、小さな日本、何でそんなに違うの、、 毎日あのような天気が続けば心も暗くなりますって、仕事でお客様をお供していて出てくる挨拶の言葉は決まって、 よく降りますね、、寒いですね、、雪はもういりませんね、、、、、などなど、、越後の人は性格が暗い人が多い、とよく言われるが、こんな状態でいつもニコニコしていられるかって言うんだ、それこそ、ちょっとおかしいんじゃないの? って事になる、、その代り根性だけは負けないね! 朝のこんな時間にブログの更新するのは珍しい、今の時期、晴れると気分も乗って来るネ、、、、!   (^0^) 
ちなみに我が故郷の1月の日照時間の合計が31.6時間で統計を取り始めた22年以降で最も短かった、 これじゃー天気予報で晴れマークなんて出ないわネ! 
しかーしだ! この晴れマークも今日1日、明日から又曇り、雪マーク、、、


              にほんブログ村 シニア日記ブログへ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
218おすすめ

[郷土の偉人] 親鸞聖人の妻、恵信尼公

2011-02-01

親鸞聖人の妻、恵信尼(ゑしんに)「1182-1269」の出自には諸説ある、京都の貴族「三善為教(為則)」の娘という説や、越後の豪族、現在の上越市板倉区にあった三善という豪族という説がある。
親鸞は承元元年(1207)2月、専修念仏停止により越後国府に遠流となった。親鸞が越後に流されてまもなく、親鸞35歳、恵信尼26,7歳の時結ばれたと伝えられている(京都で結ばれたと言う説もある)。恵信尼には越後に所領があり、流罪地、越後での生活はそれほど経済的に困窮することはなかったかとも考えられる。親鸞の流罪について、これまで北国、越後への配流と言う事で、厳しくも寂しく暗い生活を送られていた、と言う印象がより強く語られてきたきらいがありました。しかし最近になり親鸞の伯父、日野宗業(ひのむねなり)が越後権介(えちごごんすけ)の地位にあった事から、むしろ親鸞聖人は経済的にも文化的にも厚い保護を受けつつ思索を深めた、と言う説も唱えられています。恵信尼との結婚や生活もこうした背景によるものなのかもしれない、と推測します。
   
親鸞が越後に流されて5年後、その罪を許すという赦免の知らせが届くが、親鸞は都へ戻ろうとせず、それから3年間、越後の各地を念仏を広めるために歩きまわる。建保2年(1214)、親鸞42歳、恵信尼33歳で、一家は関東に移住する。この移住の理由もまた諸説あるが、おそらく親鸞の流罪勅免後、翌年に法然が没し、京都に戻る理由がなくなったこと、関東に法然の根本の弟子がいたこと、なかでも鎌倉時代に入り関東が新たな布教場所として注目されたことなどが上げられる。
門人は農民や下級武士、漁民や猟師等で、その多くは20代前後の血気盛んな若者が中心であったと考えられる。説法には恵信尼も加わり、親鸞の教えを体得したものと思われる。関東での20年余に及ぶ生活は「稲田草庵」「小島草庵」「大山草庵」など転々と所を移し、その中で子を産み育て、又門人に接した恵信尼にとっては、苦労の多いものであったでしょう。しかし、そうした中で親鸞の布教活動で、門人が増えて行く事は恵信尼にとっての喜びであったろう。

嘉禎元年(1235)親鸞聖人60歳の頃、親鸞一家は京都に戻る。その後、恵信尼は末娘の覚信尼を残し京都の親鸞の元を離れ、越後の板倉に生活の場を移す。板倉周辺には恵信尼の子である小黒女房、信蓮房、益方入道らが住んでいたことから、板倉への転居は主に生活面での経済的理由が考えられる。文永5年(1268)子や孫たちに看取られて87歳で亡くなったと言われています。恵信尼は87歳まで生きたが、その最後の地は「といたのまき」だと言われている。恵信尼が京都にいる娘の覚信尼へ書き送った消息の手紙10通が、大正10年(1921)、鷲尾享受によって京都西本願寺の宝庫から発見され、うち文久4年(1267)7月9日のものに「といのたまきより」と住所が記されてあった。「といのたまき」については、恵信尼廟所北東の町内長塚飛田とするのが通説である。上越市板倉区米増には、恵信尼廟所があり、恵信尼の墓といわれる五輪の塔がまつられている(写真右) 。


ゑしんの里記念館
ゑしんの里記念館は、親鸞聖人、恵信尼ゆかりの歴史資料や関連書物・研究書などを展示するゑしんミュージアム、地域の観光情報を広く紹介する観光情報コーナー、そのほかに特産品販売コーナー、多目的ホール、和室、食堂、芝生広場などが設けられており、板倉区の観光拠点施設として整備されました。

〒944-0135
新潟県上越市板倉区米増27-4
電話 0255-81-4541

開館時間 午前9時~午後9時
休館日  火曜日(祝日の場合はその翌日)
入館料  無料


                
               にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ 人気ブログランキングへ
固定リンク : トラックバック(0)
264おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

04048970

QRコード