[今日の話] 庭の手入れ、、?

2010-09-30

以前から気には成っていたんだが庭の雑草(写真)
花たちは可哀そうに雑草に埋まっているって感じだな、、2カ月ちょっと前の暑いさ中に2日ほどかけて庭の草取りをした、、今年の夏は猛暑続きでさすがの雑草もその後伸びず、、猛暑続きも良い事も有るんだな―、、、! 喜んでいたが10日ほど前から雨が降ったり、すっかり涼しく成った、、途端に我が家の雑草が元気に成り始めたね、、、今日は疲れた、今日は気が乗らない、、、など等、嫌な事はついついあと送り、、
しかーしだ!  そうそう何時までもほっておく訳にもいかない、、いろいろと近所の目も有るしネ、、、
とうとう重い腰を上げて朝から3時間ほど草取りだ、もう止めよ、、もう止めよ、、と思いつつ、、 いや、待て、もうちょっと、、、昼まで3時間頑張ってようやく半分は終わった、、気が付いた時に少しづつ取ればこんなに苦労しないで良いのに、、ネ


   すっかり綺麗になりましたってー!
しかし残りの半分、いつやるか悩みのたね、、





    ポチッと押して にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
172おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] アラビア海、エンジンルーム見学、

2010-09-29

サウジアラビアのカフジを出港して(出港と言っても陸から数10キロも沖合に停泊していただけ)2日目ホルムズ海峡を通過してアラビア海に出た、後は早く日本に帰るだけだな、、、、もうカフジには行かなくてもいいな、、、、でもアジ釣りだけは魅力があるね、、、!

   
午後の当直中機関部にちょっと用事があるんだがエンジンルームに電話するとセコンドエンジニアー(2等機関士)が電話に出た、ちょっとエンジンルームに行く事に、、乗船中を含めエンジンルームに行く事は滅多に無い、乗船中一度も行かない事もある、、エンジンルームへ行くドアーを開けると、特有の騒音と共にムッとする熱気が伝わってくる、機関部の人はこの中で仕事をするわけだ、機関部の苦労がうかがえる、、、滑らない様にハンドレールに掴まり何段かの階段を下りてコントロールルームへ、ここだけは冷房が利いていて快適だ、、用事を済ませて帰ろうとすると、、お茶を飲んで行け、との事、、 当直中だからと、ちゅうちょすると、、、次席さん、機関部のお茶も是非飲んで行ってくれ、、予想もしない他のパートの珍客に大歓迎だ、、 そのうちに頼みもしないのに、エンジンルームを案内してやるって事に、、、、、

本船は27,600馬力の低速2サイクルのディーゼルエンジンを1基搭載している、(写真は工場で組み立て中の16,000馬力のエンジン)航海中は100回転ちょっとだ、大型船はプロペラ軸がクランクシャフトに直結されている為後進時はエンジンを逆回転させるわけだ、プロペラにつながっているシャフトの重さも100トン以上あるとの事、あらためてビックリだね、、大型船はエンジンの起動時はセルモーターではなく圧縮空気をシリンダーに送り始動させる、又船ではコスト削減のため、航海中は極めて低質な燃料(C重油と呼ばれる)が使われるが不純物が多いことからこのままでは精密なディーゼルエンジンの使用に耐えないため、油清浄機を何度も通され綺麗な燃料にする。又 低質のC重油は常温での粘度が高いため、使用に際して加熱する必要があり、燃料の粘度を低めてエンジンへスムーズに送る為、蒸気を使用して加熱して燃料の粘度を下げて使用するが、入出港時、狭い海域などを航行するなどエンジンの始動、停止が頻繁に予想される時は良質のA重油を使う。大きな発電機など、なんだか解らないがいろいろな物がところ狭しと並んでいる、船の心臓部だ、、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 
固定リンク : トラックバック(0)
206おすすめ

[我が故郷] 親鸞聖人と、日の丸の御名号

2010-09-28

親鸞親鸞は承安3年(1173)、日野有範の子として京都(現在の伏見区)で生まれた。日野家は藤原家の流れを汲む下級貴族であったと言われる。有範の朝廷での地位は皇太后宮大進で、恵まれた家庭ではなかった。4歳の安元2年(1176)に父を、8歳の治承4年(1180)に母を失ったといわれている。養和元年(1181)、9歳の春、青蓮院の慈円の門に入って得度し、比叡山延暦寺に登った。以後、建仁元年(1201)、29歳で山を下るまでの20年間、常行三昧堂で不断念仏を行ったがなんの光明も得る事が出来なかった。当時の社会は、平安時代の終わりにあたり、自然の災害や、平氏と源氏の戦いが続き、この世の終わりが近づいたと人々の目に映っていました。建仁元年、京都の吉水に聖徳太子が建てられた六角堂にこもり、百日参りをされた、そして95日目に親鸞は夢を見、法然上人を訪ねるようお告げがあった、親鸞聖人の夢記にはこう書かれています。

六角堂の救世大菩薩、顔容端政の僧形を示現して、白柄の御袈裟を服著せしめて、広大の白蓮に端座して、善信(親鸞の当時の名前)に告命して言はく。行者宿報にて設ひ女犯すとも我れ玉女の身となりて犯せられむ。一生の間、能く荘厳して、臨終に引導して極楽に生ぜしめむ。

この夢が後の親鸞聖人の性に関する思想のベースになったとされています。
親鸞はこの年、法然の門をたたいた、親鸞29歳。法然により念仏によってのみ人間は救われることを 教わった。元久元年(1204)、法然は延暦寺の宗徒と対立し「七箇条起請分」を延暦寺に送った。この中に親鸞の名前「綽空(しゃくくう)も見える。承元元年(1207)1月24日、念仏禁止令が出され、法然が土佐に流された。親鸞も3月、越後国府に流された、35歳であった。
親鸞は、京都から北陸道を通り能生町木の浦から舟に乗り長旅のすえ弟子と共に居多ヶ浜(上越市五智6丁目)に上陸された。 (写真は上陸の地)

居多ヶ浜に上陸された親鸞聖人は案内人の浜の助惣にそこに見える神社は、と尋ねられた、浜の助惣は、大国主命、と奴奈川姫命を祭った居多神社だと告げ、早速、越後一宮 居多神社を参拝されると、一瞬にして夕日が海面に輝き 南無阿弥陀仏 の6字の御名号が現れたと言われています。
親鸞聖人は直ぐに筆をお取りになり、日の丸の中に 南無阿弥陀仏 とお書きに成り
 --- すゑ遠く方を守らせ居多の神
     弥陀と衆生のあらん限りは 
---

と詠み一首を添えて神前に祈願し、早く赦免になり越後に念仏が広がる事を一心に願われたところ、一夜にして居多神社境内の蘆(あし)が片葉になったという
(越後の七不思議の一つ)。今日も居多神社境内に「片葉の蘆」が群生している。居多神社には、親鸞自筆の「日の丸の御名号」も所蔵されている。

越後での親鸞は、追放された流人として、国府の代官荻原年景に預けられ、現在の五智国分寺にあたるところに小さな竹ノ内草庵を建てて頂き生活されたと言われている。一年後にそこから南の竹ヶ前草庵(現在の国府別院に移られた。親鸞は、念仏の教えを広めることも禁じられ、僧の身分さへ許されず、「藤井善信(よしざね)」という俗名を名乗り、「僧に非ず俗に非ず」という生活を送る。
赦免まで5 年、その後の2年間も越後で過ごした。そのうち遅くても承元4年には恵信尼と結婚し 、信蓮房が生まれる。
1211年に流罪は赦免になりますが、法然がまもなく亡くなったこともあり、建保2年(1214)、親鸞上人は京都には戻らず、常陸国(茨城県)へと旅立ち、、常陸の国の稲田(現在の笠間市)を本拠地にして、関東方面で布教につとめる一方、教行信証・唯信鈔文意・愚禿鈔などの多くの著作を書き浄土真宗を開き、弘長2年(1262)京都で末娘の覚信尼にみとられ90歳の生涯を閉じた。
(写真右は国分寺の裏門の前、鏡が池の直ぐ東にある日の丸の御名号の碑)

 ポチッとクリック、サンキュウです ⇒   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
固定リンク : トラックバック(8)
295おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 古物商と中古品販売、①

2010-09-27

支店も増えて販売量も多少増えてくると当然商品の下取りも発生してくるし、下取りをする事により拡販にもつながる、所轄の警察署に申請して公安委員会の古物商の許可をとる事にした。申請して1ヶ月くらいで(この間にいろいろと身辺調査などがされるようだな)、許可が降りて、古物商の許可証(写真)、古物台帳が交付された。
この機会に中古品販売にも力を入れる事にし、これにより商品の販売もしやすくなる、又中古品の買い取りも積極的に行う事にした。こうなると中古品の販路の拡大も必要に成る、、思い切って業界の月刊誌に1/2ページを使い、かなりの出費だが広告を出すことにした。販路の対象が全国ベースとなり売り上げに大きく貢献する事に成った、しかーしだ!  えらく痛い目にあった事も何回かある、、、それは又、、、

古物商
古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物(いわゆる中古品)を売買する業者・個人のことで、幾つかの業種に分類されている。


               
              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
215おすすめ

変わり行く我が町のネオン街、

2010-09-26

我が町は2つの市(高田市、直江津市)が合併して上越市が誕生して来年で40年に成る。ネオン街も北(旧直江津)と南(旧高田)、2か所に存在する、規模的には南が圧倒的に多い、昔は人口比率から数えると全国有数の数を誇っていたんだが、今は随分と数が減った、特に儀明川の西側は殆んど店が無くなった、私も全盛期、仕事の関係で3日と空けずにネオン街に繰り出したもんだが、当時良く行った10軒ほどの店で今も残っているのは4軒だけ、、先日会社の同期の同僚が休みを利用して昼間、高田のネオン街のお店をチェックしに行ってきたそうだ、、3年前より40軒お店が無くなっていると言っていた、、 おー、40軒も店が変わったのかね、、  いや違う、店が無くなったのが40軒、名前の変わったのなんか数えきんねわね、(数えきれないです)、、との事だ。 私の仕事エリアの直江津地区も同様だ、毎日のように夜の町を走っていると、 あッ、ここのスナック今日もシャッターが降りているな、、2-3日経って通ると違う名前の看板が上っている、ひょんなことからタクシードライバーを始めてもうすぐ3年に成るが、今までに4回名前の変わったお店も有る、、会社の運行管理室の壁には、「閉店のご案内」、 の葉書が良く貼られている、、特に 寿司やさん 旧直江津地区に数軒残っていたんだが今年に入り3軒が店じまい、残るは大手チェーン店と1-2軒だけか、、、、一般家族客は安い、廻り寿司(回転寿司)へと客足を奪われたか、、
    
盆暮には届け物がきたほど昔よく行った一軒の、 クラブ ○ この地区では老舗のお店だ、当時は比較的、言い方は悪いがつぶ揃いの女性が揃っていてたまにショ―があり賑わっていたお店だ、、当然店のママさんも良く知っている、この仕事に入りお店にお客さんをお迎えに行った時だ、ママさんが私の顔を見て、キョトン、としていた、帽子を被っているし多分解らなかったろう、、、、面倒だから私も黙っていましたがね、、、今は外国の女性が数名、、いつ行ってもボックス席が一つか二つうまっている程度、、随分変わったなー、、! 別のやはり地元では老舗で比較的高級なお店、、客の殆んどが会社の社長、医者、大手企業のビジネスマンなど、不景気な昨今でも比較的に賑わっていたお店だ、しかーしだ!  最近は作業服姿のお客、サンダル履きのお客、などが良く目に付く、、こうなると以前のお客は自然と足が遠のく、、お店としても断る訳にもいかず不景気な昨今、苦渋の選択だろう、、、今地元では火力発電所が建設されている、この工事関係者が現在全国から1,500人くらいの人が来て働いている、毎日のように関係者をお供しているが、この経済効果だけでも大変なもんだろう、、、この工事が無ければ全く無い話だ、、、数年後、工事が終われば殆んどの人がいなくなる、、我が町のネオン街、どうなるんだろう、、、、

             にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
196おすすめ

加賀街道、大豆2丁目と伊豆殿、

2010-09-25

上越市の旧加賀街道沿いに大豆2丁目と言う町名がある(勿論1丁目もあるが)、加賀町、国府3丁目、に隣接している町である。大豆2丁目に住んでいる人は別として、一般の人は大豆と言う町名は解るが、はたして2丁目は何処か、となると解る人は少ない、、しかーしだ!  伊豆殿(いずでん)団地 と言えば大体の人は解る筈だ、、バスの停留所も伊豆殿団地(写真)となっている。

  
昔はこの辺一帯は田んぼであった、通っている加賀街道も江戸時代の松並木が残り(写真)、 下に―、下に―、、、、 加賀の殿様が参勤交代で大行列の匂いを感じさせる光景であった、、小学校の頃、遠足で未だ砂利道の加賀街道の松並木の下を通り五智の国分寺へ行った記憶が鮮明に残っている、古いねー! ここに40年くらい前だと思うが出来たのが伊豆殿団地だ、、

      
何で 伊豆殿団地 と言うんだろうね、、、、と言う疑問は前から持っていたんだが別に気にも留めなかった、、、しかし最近、郷土の歴史に興味を持ち始めた、素人歴史学者の hamさん、いろいろと調べると解りましたってー、、、、、、
この付近の小字名に伊豆殿と言うのがあるが、昔この付近は伊豆田と呼ばれる水田地帯であった、今日、住宅化となり伊豆殿団地と呼ばれているこの地に上杉謙信公の戦国時代、謙信公の家来の 荒川伊豆守長実(ながざね)の屋敷跡があった事に由来する。 (写真左は現在の加賀街道)


荒川伊豆守長実(あらかわいずのかみながざね) 
戦国時代の越後の武将、荒川保(現村上市荒川地区)の領主、上杉謙信の家臣で越後の17将に数えられる猛将の一人で、謙信の影武者ではないか、と言う説もあるが何れも確証はないようだ。
永禄4年(1561)の第4次川中島の合戦の際活躍した、この時武田信玄と一騎打ちに及んだのは謙信ではなく荒川伊豆守長実であったと言う伝えもある。

  
            にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(6)
227おすすめ

[今日の話] 私のブログ事情、、

2010-09-24

私がブログと言う、自分にとっては思いもしないものを初めた一番の理由はアメリカのIT企業、Interush/インターラッシュ 、という会社に関わった事である。年もおしせまった、5年前のH17年の暮、知人の紹介で初めてインターラッシュと言う名前を知った。アメリカ発のIT企業と言う事で、硬くなり始めた私の頭に一つピリッと来るものを感じた、これだ! 早速に会員に登録しこの企業が提供している幾つかのサービスを使い始めた、勿論、会員は無料だ、(一般にも有料でサービスを提供している)当時はサービスの数も今よりは少なかったが、段々と増え始め、これからも増えて行くだろう、、以前に加入していたプロバイダーもインターラッシュの提供しているプロバイダーに切り替えた、だって会員は無料なんだから使わない手はない、、、そのサービスの中の一つに webrush builder と言うブログサービスがある、専門的な知識は全く必要が無い、簡単に出来るように成っている、、 これなら私にも出来そうだな、、、、

丁度、中越沖地震のあった2日前の、平成19年7月14日、昔、色々なところに行ったゴルフの事、昔の船乗り時代の時の事、ちょっとした日常の出来事、ブログと言う言葉くらいは知っていたが、まさか自分がブログを始めるとは、、「古いスコアーカード」 「古い航海日誌」「今日の話」のカテゴリーで呆け防止に綴り始めた。他人のブログを見ると綺麗な写真が掲載してある、、よし、俺も、、! と言う事で試しに中古のデジカメを買ってきてブログにアップし始めた、 アクセスカウンターを見ると毎日10~20位は増えている、 あらー、私のブログでも見てくれる有難い人がいるんだ、、、そのうちに何処のどなたか解らないがコメントも入ってきた、、感激―! ひょんな事から始めたタクシードライバー 「新米ドライバー」でカテゴリーも増えた、折角だから自分の故郷の名所、史跡、偉人、も紹介しよう、、と言う事で 「我が故郷」「郷土の偉人」のカテゴリーが増えた、古いスコアーカード が終わったのでゴルフを始めるきっかけとなった、商売の事、 「古いスコアーカード 第3の人生」で綴り始めた、後は、船乗りを始めるきっかけとなった 「古い航海日誌 第2の人生」 間もなく始まるであろう 「第4の人生」が残っている、、 パソコンの故障、光回線への変更などで暫く更新出来なかった時も有ったが、よくもまー3年以上も続けられたなー、と自分自身でも感心する。アフィリエイト目的のブログ、日々の出来事を綴っているブログ、色々な写真を綴っているブログ、実に千差万別だ、しかしどのブログを見ても共通して言える事は、何れも他人に見てもらう為に書いている、と言う事だ、、、、、
最近はブログの更新も全く苦にならない、むしろ日課で楽しみでもある、一応仕事も有るので更新も朝であったり、真夜中であったり、又、更新中にテレビを見たり、昼寝をしたり、眠い目を擦りながらの更新であったり、、従って誤字、脱字、おかしな文章など結構有ると思いますがね、、、こんなブログにも目を止めて頂ける、感謝でいっぱいだ、、少しでも読みやすいように字はなるべく大きく、改行なども気を付けているつもりなんだが、、、いつも目を止めて頂いている人々に感謝しつつ、もう少し続けようと思う。


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
181おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] カフジ出港、日本向け、

2010-09-23

夜中、カフジでの原油の積み込みが終わった、代理店が来船しキャプテンが各書類にサイン、通信長と一緒に立ち会い、クリアランス(出港許可証)を受け取る、直ぐに出港スタンバイがかかる、、、何でそんなに急がんといけないかねー、、、、
船首と船尾のホーサー(ロープ)が外されエンジンが動き始め、本船も静かに船首をペルシャ湾入り口のホルムズ海峡に向け動き始めた。日本での揚げ地大阪の堺まで約18日間の航海が始まる、入港前に乗組員から預かった酒、タバコ類をストアーを開けて出す、、入港中は規定量以外の酒、タバコ類はストアーに保管し税関が封印して行く、ここサウジアラビアは特にうるさい、、デッキに出てみると真っ暗闇、何も見えないが満点の星だ、サーッと言う本船が波をかき分けて進む音だけが不気味に聞こえる、さー、先が長いシャワーを浴びて一杯飲んで寝るかな、、、!

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
245おすすめ

どうにもならない酔っぱらい客、

2010-09-22

連休後半の泊まり勤務は暇だ、スナック、居酒屋関係は大部分が休み、、午前1時過ぎ駅近くの一軒のスナックに配車に成った。一人の大きな男が店のお客と思われる男の人に肩を抱えられてママさんと一緒に出てきた、又酔っぱらいかよ、、、! やっとの思いで車に乗せた、ママさんに、 お客さんの家は何処でしょうかね、、 と尋ねると ○○なんだけどお客さん知ってるから、、との事、そりゃお客さんは自分の家は判るだろうが酔っぱらっていて多分解らない状態だから聞いてんのに、、、ママさんも無責任で早くタクシーに乗せちゃえ、、って感じだね。 お客さんに家を聞いても、 おまん、俺の家解らんかね、、、、! 一度お供させて頂いた事はあると思うんですがハッキリ解りません、、 案の定、 もうちっと先だ、、来過ぎた だの、、行ったり来たり、の繰り返し、、どうにもならない、、そのうちに、ここだ! との事、やっとの思いで料金を頂いて車から降ろしたが、、バッタリと地面に倒れてしまった、、怪我をしなかっただけ良かったでー、、、大きな身体だ、起こすのがやっと、、 おまん、親切だね、、! 足も、頭も、まともに動かない割に口だけはうごく、、 そのうちに二人の会話の音に前の家の人がブツブツ言いながら出てきた、、 人の家の前でよー、、、 事情を話して謝って、、 おまんも大変だね、! 同情される始末だ、名前だけは解ったので無線でフロントに連絡、 多分隣町の○○さんではないか、、との事だ、一応GPS AVM 装置で誘導してもらい近くの目的地へ、狭い路地を入ったところだ、 ここは一度来た事があるな、、、目的地へ着くと、お客さん、あー、俺の家ここらしいな、、おまん解らんかったかね、、、! 内心、ふざけるなって言いたいよ、、 前回の泊まり勤務も女性の酔っぱらい客で手を焼いた、、今回は男の酔っぱらい客だ、ついてねなー! 午前3時からは泊まり勤務の楽しみの一つ NHK ラジオ深夜便 思い出の歌謡曲 今日は昭和40年にヒットした曲、ゆっくりと聞く事が出来た。


                にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(0)
190おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 一番印象に残るゴルフ場、

2010-09-20

各地から桜の便りが聞こえる3月の下旬、M社の販売コンテストの表彰式が四国松山の道後温泉、道後館で行われた。全国から業界の選ばれた70社位が集まった、M社スタッフも入れると100人は超えるだろう、、、夜は例により大宴会、2次会、3次会と進み翌日は観光組とゴルフ組に分れる、当然、ゴルフだろう、以前女子プロオープンの健勝苑レディ―スが毎年行われた、道後ゴルフ倶楽部でのプレイだ、、、、
 
道後ゴルフ倶楽部でのプレイ、表彰式が終わって仲良し4人でもう一泊してゴルフをする事にあらかじめ決まっていた。タクシーで今日の宿泊のホテル奥道後 (写真)に向かった、ジャングル風呂など色々な風呂が有り素晴らしいホテルだ、夜は遊び人、Uさんが前日の宴会の時に来ていた美人のコンパニオン2人にちゃんと話を付けていたらしく、東京赤坂の有名な料亭、中川 を持ってきたと言う離れの 坪中川 で楽しい宴席に成った、途中から女将さんも加わり盛り上がる事、、、
  
さて、本題はこれからだ、、、
翌朝、四人とも激しい二日酔いの中、タクシーで向かったのが 奥道後ゴルフ倶楽部(写真)だ、玄関に着いた時から感動が始まった、数名のスタッフが走って出て来て深ゝと頭を下げている、大体が1~2名のキャディーさんが ”いらっしゃいませ” この程度だぜ、、通されたのがここのオーナーの”再建王”と言われたあの有名な坪内寿夫さんが接待用に使っている部屋だ、、ここのスタッフに訪ねると、空いているので大事なお客さんに使って頂け、、 と言う事だそうだ、、それが何故我々に成ったかは未だ謎だ、どのホールからも瀬戸内海が見渡せる、を念頭に造ったコースとの事、プロゴルファーの 青木 功 が世界の五指に入るコースでしょう、と言っているのもうなずける、、丁度、辛夷(こぶし)木蓮、の花が見事に咲き誇っていた、刑務所の囚人が作業でコースの手入れもするんだとか、ここの受刑者が又社会復帰で良い結果が出ているとの事、なるほどコースのあちこちに有名人がプレイの折の記念樹が植えられているがその中に多くの 第○○代検事総長 ○○○○ の記念樹と案内板が見れる。

日本には多くのゴルフ場が存在する、クラブハウスの素晴らしいゴルフ場、コースの素晴らしいゴルフ場、など等はたくさんある、しかーしだ! 全てにおいて、これはすごい、これは素晴らしい、 は私はここだと思う、スコアー(写真は当時のスコアーカード)は2日酔いの精にする訳ではないがメタメタ、、、  (^0^;) しかし機会が有れば是非もう一度、ホテル奥道後に泊まって 奥道後ゴルフクラブ でプレイをしてみたいもんだネ、、、。

            にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
231おすすめ

我が町のタクシー事情、、

2010-09-18

先日もご不幸が有り東京から帰省されたと言う女性客をお供した、、 主人は東京の人間ですがこちらに来てタクシーに乗りサービスの良さにえらく感激していました、、、 こんな話は良く聞く話、、、、我が町には5社のタクシー会社が有るが降りてドアーサービスなんてのは当たり前の事、、、勿論会社によりちょっと差が有るようだが、、、私が見た限りでは我社が一番サービスが徹底しているかな、、自分で言うのもなんだけど、、、首都圏から出張で来られたビジネスマン、到着してドライバーが降りて小走りで行ってドアーを開ける、帽子をとってきちんと礼を言う、、 いやいや、これはご丁寧に恐縮です、、、 良く耳にする言葉だ、、この辺は田舎なもんで流しでは殆んど成り立たない、、勿論空車時、途中で手を挙げれば止まるんだが、但しお客様をお迎えに行く途中は勿論止まらない、、従ってタクシーと言うよりハイヤーのような存在だ、勿論料金はタクシー料金、、九割はお客さんに電話で呼んで頂くわけだ、、当然お客様に呼んで頂けるようなサービス、対応が要求される、、、駅前の待機場所で待機して順番に正面に2台待機するが、乗車されたお客さん、特に女性客、 あー、丁度おたくの会社の車で良かったわ、私おたくの車しか乗らないの、、 良くある話だが、 お客さん、都会なら順番に乗らないと注意されますがこちらは全く関係有りません、お客様に選ぶ権利が有るわけですから、正面に当社の車がいなければ前の待機場所に居る車に合図して頂ければ前に出ますから、、、、
たまにお客様に成り澄ましてモニターが乗車してくる、、接客態度、服装、運転の仕方、、など等、細部にわたってチェックされる、、、当然その結果は後日みんなに公表される事に成る、良いのも、悪いのもネ、、、出庫する前しょっちゅうロープレで練習させられる、、

              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(6)
210おすすめ

[我が故郷] 安寿と厨子王、と乳母嶽明神、、

2010-09-17

上越市五智六町目の ”越後一宮 居多神社(こたじんじゃ)”の北参道入り口(鳥居の手前右側)に鎮座する、乳母嶽明神 (うばたけみょうじん) (写真)、道路脇に木が生い茂った一角が有る、その気に成って見ないと気が付かないだろう、、、恐らく近所の人でも若い人はその存在も解らないと思う、偉そうな事を言う私も知らなかった、良く見ると案内板と木と木の間にしめ縄が張ってある。有名な安寿と厨子王の物語に出てくる乳母 宇和竹 は悲しみのあまりに海に身を投じ、毒蛇となった、この乳母を篤く祀ったのが乳母嶽明神である。特にお乳の出ない人に信仰されている。

   
乳母嶽明神については、江戸時代の終わり、元治元年(1864)に書かれた紀興之の「越後土産」という本に、、、、、、
「姥嶽明神 居多浜式内居多神社の末社也、里人伝云、昔丹後の人買船来て、今町湊にて安寿姫と買取行、其乳母たけと云女是を聞、慕ひ来りし二、舟ハはや沖に出、たけ女一念毒蛇となり、海中に飛入、追かけしとぞ、其霊を祭りて居多の末社とす伝々、今も、丹後舟今町湊へ入時ハ、必海荒ると伝、安寿姫の事ハ世人知るところ故に略す」    
とある。 又宝暦6年(1756)に丸山元純が書いた「越後名寄」に、、、、
「居多神社 居多浜村 神領百石、 祭神 うはたけ明神ト鳥居ノ額二有」とある。 既に18世紀中頃には居多神社に「うばたけ明神」が祀られていた事がわかる。  =上越の史跡と人物= 花ヶ前盛明著より、

           
               にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
固定リンク : トラックバック(4)
226おすすめ

[仲良し、ちびっ子二人] ちびっ子二人のひとり言、、

2010-09-16

 
 さーて、今日も朝の涼しいうちに、
  ブログの更新でもするかな、、

 このパソコン古くて、動きが遅いんだわ、
  もっとサクサクといかなきゃネ、、、
 
 さーて、リク、一緒におやつ食べよー、、
    ちゃんと手を洗った、、


 おらー、そんなの関係ねー、、
    早くおやつちょうだい、、、
 
 リク、ここんとこ触ると
   気持ちい―でしょう、、、


 乃愛ちゃん、やめて、そこんとこ
  くすぐったいんだわ、、やめて、、


おやつを食べたし、汗をかいて
 着替えもしたし、少し教育テレビでも
  見て勉強するか、、、

それにしても、ここんちのテレビ
 今どきアナログで写りが悪いねー、、
  参っちゃう、、



ランキングに参加中、、
右下の四角いの四つ、ポッチン、ポッチン、押してちょうだい、、! 
⇒ ⇒
固定リンク : トラックバック(0)
169おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] ペルシャ湾のアジ釣り、

2010-09-15

夏の中近東の暑い事、、日中は40度を軽く超える、暑いと言うより痛いと言う感じだ、、船のデッキ(甲板)に卵を落せば半熟の目玉焼きは間違いないだろう、それでも夕方、陽が沈むと急に涼しくなる、涼しいと言っても30度はらくにあるが、、それでも現地の人は寒い寒いと言ってセーターを着込む、、数名の現地人の作業員がデッキにござを敷き夕日に向かって祈りを捧げている、、荷役中は火気厳禁だ、タバコを吸えるのは船の艫の食堂だけ、元ヘビースモーカーの私はほぼ1時間おきに暑い中を艫の食堂まで100メーター以上歩いてタバコを吸いに出かける。夜は娯楽室のマージャン卓はフル稼働だ、マージャンの下手な私は滅多にやらないが、どうしてもメンバーの揃わない時はお声がかかる、、、、
        
夕食後、少し涼しくなったしデッキに出てみた、先客が2人釣りをやっている、釣れますかねー! いやー次席さん、入れ食いだわ、、 誰の釣り竿か知らないがデッキに置いてある釣り竿を無断で拝借、、 餌は何を使うんですかね? 餌なんて要らないよ、、との事、、見ると毛針のようだ、、空船時は海面からデッキまでの距離があり大変だが既に四分の三は原油の積み込みは終わっている、夜半には出港する予定だ、釣り糸を垂らしてみると直ぐに何か手応えを感じた、リールを巻いてみると何と2匹釣れている、、20センチくらいのアジだ、外して直ぐに糸を垂らすと直ぐに何やら手応えが、、引き上げると又アジ、、多い時は3匹、かかってくる、釣ると言うよりも釣り針に引っかかってくると言う感じ、、こちらのアジはちょっと頭が大きい感じがするが、その割には頭が悪いと言うか、素朴と言うか、餌なんて必要無い、針が餌変わりだ、、釣りにはあまり興味の無い私でも面白い、1時間近くでバケツ1杯近くに、、、この辺で止めておこう、、早速にパントリーに行き腹を開いて天日干しの準備、、細い針金をS字に切り、ボートデッキに紐を張りこれに引っかけて天日干し、、これで帰りの航海の一杯のおつまみが出来た訳だ、、、

            にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
275おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] ケンウッドカップ観戦ツアー、、

2010-09-14

取引先のメーカーがスポンサーに成っている1年おきにハワイで開催されるケンウッドカップ ヨットレース、以前よりお客様の中から行ってみたいとの要望が何人かから出ていた、ならば、と言う事で募集したが最終的に行く人は一人だけ、、、この一人が又頑固で、どうしても行きたい と、、、結局は私は2回目の観戦ツアーだが付き合わされることに、、折角なので娘を誘うと、父親なんかと一緒に歩くのは嫌な年頃なんだろうが、ハワイ、と言う事で、まー、いいか! と言う感じだな、、、 まー、一緒に居てもうるさい事、、、

今回の宿泊はワイキキ海岸よりちょっと離れているが、アラモアナショッピングセンターは近い ハワイプリンスホテルワイキキ(写真)。相変わらず何処を見ても日本人の顔ばかり、しかーしだ! 6年振りの今回は顔を見ても解らなかったんだが、ホテルのフロント、DFS(免税店)などでの韓国人、中国人観光客の多い事、、、

               
私は寝るのは布団の上、と言う事に成っているのでそれ以外の処ではなかなか熟睡できない、ハワイのたかが5時間の時差でも時差ぼけで頭がパットしない、もともとあまりパットしない頭なんだが、、、
私はヨットなんてのはあまり関心が無い、、義理で一日だけヨットレース観戦に出かけるが後はオプショナルツアーだ、、、、


ハワイは今回で4回目だがハワイ島ツアーは行った事が無い、今回初めての参加、中でもキラウエアー火山の見物(写真)は楽しみにしていた一つ、真っ黒に焼けた溶岩の上を歩く、、あちこちより煙と言うか水蒸気が上がっている、、、あとは有名なコナコーヒーの見学などハワイ島は広いなー、、、

            
今回は真珠湾を船で廻る遊覧ツアーにも参加した、写真は「この木何の木、、、、」 のモアナルアガーデン、ハワイは何度来ても、いいところだねー、、、
4泊6日のハワイ、ケンウッドカップ観戦ツアーは楽しかった、今度はいつ来れるかね、、、


             にほんブログ村 シニア日記ブログへ            
固定リンク : トラックバック(0)
228おすすめ

女性の酔っぱらい客、

2010-09-13

虫の鳴き声で目が覚めた、腕時計に目をやると6時近く、んッ、朝か、、、?? ふと我にかえると、、 あー、夕方だ、随分と陽も短くなった、ここ2~3日は涼しくなり、すっかり秋を感じる。 暫くは昼間の勤務が続いたが3日前から又夜が主体の勤務に、、そして昨日は久しぶりの泊まり勤務だった。朝10時近くに勤務が終わり、本来ならば車のワックス掛けをしようと張り切っていたんだが雨で中止、一軒寄る予定のところも疲れていたので寄らずに帰宅、定番の焼酎を2杯飲んで、、バタンキュウ、、、、、

  
日曜日の泊まり勤務は大体が暇だ、、各班の勤務も早い時間に終了する、1時過ぎ残っているのは泊まりの我が班だけだ、、あるスナックに配車だ、、しかーしだ!  いつに成ってもお客さんが出てこない、、15分くらい待っていると、がやがやと大きな声で階段を降りてきた、2人の男に担がれて降りてくる、、、 又酔っぱらいか、、 いやーな予感、、良く見ると担がれているのは女性だ、、立つ事も口も利けない状態だ、仲間の2人の女性が一緒に行く事に成った、目的地を聞いても ○○高校のとこ、、これだけしか言えない、目的地の近くには着いているんだが何処だかさっぱり要領を得ない、家の電話番号を聞いても自分の携帯の番号をやっと言うだけ、、こんな夜中に他人の家に間違って入る訳に行かないし、、完全にお手上げだ、、、多分本人は目が廻っているんだろう、、、それでもやっとの思いで住所を聞き出した、フロントに無線で連絡、GPSで誘導、何とか目的地には着いたが、家は真っ暗、乗っている車を聞くと ワゴンR と言う、家の前に確かにスズキのワゴンR が止まっている、ここで間違いなさそうだな、、女性としては大柄な体だ、、やっとの思いで車から降ろして、、参ったネ、連れの2人の女性は一緒に家に入り10分くらい待たされて又元の店に戻ったが、、料金は8千円ちょっと、、それにしてもあんなに成るまで飲まなくても、、、 腹が立つよりも、可哀そうになっちゃったよ、、、今回の泊まり勤務は3時からの NHK ラジオ深夜便 懐かしの歌、 今日は青江美奈特集、、「恍惚のブルース」「伊勢佐木町ブルース」、、、など、泊まり勤務の楽しみな気が休まるひと時だった、、、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(1)
169おすすめ

[今日の話] 春日山登山、??

2010-09-12

連日の猛暑の中、普段の運動不足解消を兼ねて春日山登山に行ってきた。登山と言っても180メーターの山だ、駐車場から20~30分も歩けば着いてしまうが、暇人が暇にまかせてあちこちと回った郷土の名所、史跡を一冊に纏めようと思いそれの資料調査も含めてカメラを持って行ったわけさ、、、
国の史跡に指定されている春日山城、本丸跡、各家来の屋敷跡、土塁、空堀、毘沙門堂、お花畑跡、千貫門跡、など等、案内板を読んだり、カメラに収めたりたっぷり2時間ほど掛けて廻ってきた、今年に入り4回目だ。 (写真は頂上、本丸跡)
春日山城は天下の名城に相応しく、春日山の全域におよび面積は五百ヘクタールを超えると言われ、その規模の大きさに圧倒される。

本丸跡西側のすぐ下にある大井戸は山城の井戸としては全国最大で今も水を満々とたたえている。
二の丸跡に未だに残っている一本の松の大木、樹齢500年を超えると言われている(写真)。当時を知る唯一の生き証人だ、ここから当時の上杉謙信公、景勝公、など等の動きをじっと見つめていたに違いない、、、、おーい、松さん、俺に昔の、おまんの知ってなる事、聞かしてくんなんねかね、、、、! 問いかけてみたが返事が無かった、、

               
              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
246おすすめ

[我が故郷] 安寿と厨子王丸の供養塔

2010-09-11

安寿と厨子王丸(津志王丸)の物語で有名な「山椒大夫」は森鴎外が中世の説教節「さんせう大夫」を題材に大正4年(1915)小説化したものである。
安寿と厨子王の父は奥州岩城国信夫郡(福島県)の領主岩城判官(いわきほうがん)正氏は国の役人であったが中傷により九州、筑紫の国(福岡県)へ流された。14歳と12歳の姉弟、安寿と厨子王と乳母の宇和竹と安寿と厨子王の母とともに父の無実を訴える為、父を訪ねる旅に出た。京へ上る途中ここ直江津の関川にかかる応化(おうげ)の橋付近で人買いの山岡太夫に騙されて売られることになる、、、、、。
母と乳母は佐渡へ、姉弟は丹後(たんご)の由良湊(京都府宮津市)の山椒大夫に売られました。北と西とに漕ぎ別れて行く舟に、子を呼ぶ母、母を呼ぶ子、その悲観のうちに海に身を投げ毒蛇となった乳母、宇和竹を土地の人々が厚く弔ってここに供養の塔をたてました。安寿は悲しみのあまり沼に身を投じて死ぬが、厨子王は逃れて上洛し学問に励み名を正道と改め、父の無実を証明して旧本願と丹後5郡を領有するに出世した。安寿姫が実を投じた沼のほとりに尼寺を建立し菩提をとむらい、山椒大夫を討った後、母を捜しに佐渡に渡る。島内を廻っている時、たまたま「安寿恋しや、ほうやらほ、厨子王恋しや、ほうはらほ、鳥も生(しょう)あるものなれば、とうとう逃げよ、追わずとも、、、、、、」と歌を耳にし、盲(めしい)になった母に逢えた。厨子王は父の形見の放光王地蔵菩薩を母に握らせると再び目が開いたという。宇和竹の供養塔の脇に沼に身を投げた安寿姫の供養塔が建てられた。
乳母 宇和竹
この乳母を厚く祀ったのが乳母嶽明神(うばたけみょうじん)で五智六丁目の居多神社の北参道入り口に鎮座する。

昭和29年(1954)安寿と厨子王の供養塔(写真)が直江津の関川河口近くの琴平神社の境内に建てられた。直江津は中世海陸交通が盛んに成るにつれ遠国との交通の要路となり、人買いも行われた様である。市内寺町3丁目の妙国寺(日蓮宗)に山椒大夫の墓と称するものが伝わる。又佐渡の相川町、畑野町に安寿塚があり、伝承から中世の姿を偲べる。
安寿と厨子王の供養塔(写真)にはいつも綺麗な花が供えられている。土地の古老は「丹後の船が入ると海が荒れる」と言っていたと言う。
 
山椒大夫(さんしょうだゆう) 
「山椒大夫」は説教節の「さんせう太夫」の想を得て書かれたと言われていますが、「直江の浦」つまり直江津の情景がより細かく描かれています。
鴎外は明治15年、軍医として新潟県を訪れて高田に宿泊、直江津を徒歩で通過しています。「北遊日乗」(ほくゆうにちじょ)と言う日記には、加賀街道の景色や町で出会った人々の事が漢詩に残されていますのでこの時の印象が物語の中に強く反映されたようです。写真の石碑は近くの三八朝市周辺まちずくり協議会が建てたもの。(森林太郎は鴎外の本名)


            にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
固定リンク : トラックバック(0)
248おすすめ

美味しい水、「謙信公出陣 御前清水」

2010-09-10

最近は水もお金を出して買う時代、未だ子供の頃は遊びに行って喉が渇くとそこいら辺の小さな小川の綺麗な水を手ですくって、旨い、旨い、、とよく飲んだ、別に下痢をした記憶も無いし、具合が悪くなった記憶も無い、、、、。
美味しい水、身体に良い水、病気に良く効く水、などは結構あちこちに有る、我が町にも何箇所が有るんだが上杉謙信公の居城があった春日山山麓にある 謙信公出陣 御前清水 は晴れている時は水汲みの人が切れる事は無い。私が行った時も3人の先客がいたが、写真だけ、、と言う事で先に写真を撮らせて頂いた。勿論昔は無かったんだが、恐らくチョロチョロと水が出ていたのがいつの日か水を汲みに来る人が増えて、綺麗に整備されたようだ(写真) 。
  
最近は水道水に色々な形で手を加え旨い水が出来る装置が発売されているようだ。我が家では10年近く前より水道水に、ある周波数の量子エネルギー(quantum energy)をある強さで照射した水を飲み水、料理、等に利用している(写真)。数日間量子エネルギーを照射した水を飲むと、水道水との違いがはっきりと実感できる。
量子エネルギーは、あらゆる自然科学の分野の研究において又は工業、医療、農業、などの様々な産業分野においても不可欠なものとなっており、又新たな応用領域においても、開拓、研究がされている。ヨーロッパでは量子医療がかなり進んでいると聞くが日本でも最近、大学、研究機関などで研究されているようだ。


              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(13)
211おすすめ

[今日の話] 建設が進む火力発電所

2010-09-09

山を削り海を埋め立て、膨大な敷地に平成20年の春より本格的に建設工事の始まった○○電力の火力発電所(写真)、平成24年一部操業開始に向けて工事が急ピッチで進んでいる、日本を代表する大企業が名を連ねている、全国から集まっている工事に従事する関係者、約1,500人との事、もう少しでピークに成ると言う、既にこの地方では最も高い建造物と言われる150メーターの煙突も完成しているようだ、3つ出来ると言うLNG貯蔵用のタンクも3つ目の建設に入っている、送電用の鉄塔も完成しているようだ、そして事務棟の建設も始まった、仕事でちょいちょいと建設現場に行くが、最近は行く毎に工事が進み景色が変わっている、完成した暁には日本最大の火力発電所となるそうだ。又同じ埋立地には大手、エネルギー企業のLNG備蓄タンクの建設も始まっている、又その横には別の○○電力も火力発電所を建設予定と言う。近い将来10万トン、20万トンのLNGタンカーが出入りし日本最大のエネルギー基地に成るかも、、、、、

   
2009年10月の時点では こうでした 
2009年6月の時点では こうでした 
2008年7月の時点では こうでした 





  
いつも有難うございます、
ランキングに参加中、右のバナーをポチッとクリックして頂けると嬉しいです ⇒

  
固定リンク : トラックバック(0)
199おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] カフジ入港? あッ、殺される、!

2010-09-08

本船は夕方、カフジ(Khafji)に入港した(写真の印)、入港と言っても港なんてのは無い、カフジ沖のブイに係留するだけだ、ホースを拾い上げて本船につなぎ原油を積み込む、周りを見渡しても陸なんてのはまるで見えない、これだからタンカーは嫌なんだわ、、、! 見えるのは最近の爆発事故で焼け焦げた船が見えるだけ、、

カフジ(Khafji) 
カフジ油田はサウジアラビアとクウェートの中間地帯の沖合40キロに位置し日本のアラビア石油が1957年以降サウジアラビアとクウェートから権益を獲得し1960年に油田を掘り当てた。一日当たり約30万バレルを産出し日本の石油消費量の約5~8%をしめた時期もあった。

沖のブイに係留が終わると直ぐに税関、検疫官、代理店などが来船、入港手続き、終了すると直ぐに荷役が始まる、タンカーは積み荷中、ガスを発生する為、火気厳禁だ、シャワーを浴びて腰にバスタオルを巻きつけて机に向かい部屋でくつろいでいると、
ドアーをノックする音、、、 どーぞ!
振り返ると髭をはやした現地のアラブ人だ、シマッター、鍵を掛けなかった、 私の部屋に入り中から カチッと鍵を掛けるではないか、、 一瞬あたまをよぎった、、、
 ヤバイ、殺される、、、



固定リンク : トラックバック(1)
214おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 社員旅行、道南の旅、、

2010-09-07

佐渡店がオープンして4店舗と成った、県内は大体カバーしたように思うが、、、スタッフの頑張りに感謝して思い切って全員で1泊2泊の社員旅行に行く事にした。ちょうどとびきり安いチケットが入手出来た、往復の航空券とホテルがセットに成っている、現地は自由行動でジャンボタクシーを手配した。各店から8人全員が新潟空港に集合し午前の便で千歳空港へ、ブルブル、やっぱり北海道は寒いわ!
手配しておいたジャンボタクシーで高速道を経由して白老町のポロトコタン(写真)へ、支笏湖、登別温泉など等を回り夕方、札幌に戻った。夕食は事前にM社の札幌営業所T所長に頼んだところ、それはここが良いでしょう、安くて、美味しくて、、、 予約を入れておいてくれたお店に、、さすが地下のお店から地上までお客さんが順番待ちの列だ、、さすが北海道、量が多くて美味しくて、これでお店は合うのかね、心配になるくらいだ、、 その後自由行動とした、、
 私は札幌に在住の後輩のT君に電話してみた、、すると今仕事で函館に居ると言う、、私も旅行で札幌に居る事を告げると、、 これから車を飛ばして札幌に行くから2-3時間待って、、、との事だ、 T君とは何年振りだろう、札幌のすすき野で遅くまで飲み明かした、、、
   
翌朝目が覚めると案の定、、頭が痛い、二日酔いですがね、、時計台、など市内をちょっと観光して、羊ヶ丘展望台へ(写真) 千歳空港へ行き午後の便で新潟に戻った。スタッフ全員が一堂に会する事は殆んど無い、電話で喋るくらいだ、、久し振りに全員が揃っての一泊二日の社員旅行、無事に終わった。出来れば毎年続けたいもんだが、、、、、


              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
  
固定リンク : トラックバック(0)
180おすすめ

[我が故郷] 越後国分寺守護神、白山神社

2010-09-06

国府1丁目、赤い鳥居の愛宕神社の北隣に鎮座する白山神社は五智の国分寺の守護神として加賀一の宮、白山比咩神社(石川県白山市)より勧請され国分寺境内に鎮座された。その後江戸時代に現在地、五智国分松山に移転す。
春季例大祭(5月4,5,6日)は「五智まつり」とも呼ばれている。社殿より御神体を国分寺境内の神輿殿に移され祭りのクライマックスは国分寺本堂を神輿が勇壮に駆けまわり三周する「堂回り」である、神仏習合の名残を今に伝えている。

 
                 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
固定リンク : トラックバック(0)
252おすすめ

[今日の話] 青春ど真ん中、”♪ 夢呼ぶ海の歌声♯”

2010-09-05

今日は日曜日だが勤務だ、予想通り暇な事、参った、駅構内でラジオを聞いて待機だ、、、11時過ぎ、何気なくNHKを聞いていると、流れてきた曲に一瞬耳が釘付けされた、、
青春ど真ん中の学生時代に色々な訓練の折によく歌い歌わされた歌だ、、ラジオ、レコードなどで聴くのは初めてだ、、、、 懐かしいなー、、!
思わずボリュームを上げて口ずさんだ、、、      ♪ 
家に帰り調べたらNHKラジオ「歌の日曜散歩」と言う番組のようだ。

夢呼ぶ海の歌声 (音量に注意)

作詩 清水みのる  作曲 福島正二  昭和29年 白根一夫が歌った、

1 眉あげて 富士を仰ぐ
  大空は 今日も真澄(ますみ)よ
  流れ来る 汐の香りに
  よみがえる 若き血潮よ
  漕ぎゆけば オール持つ手に
  ほほえみの 瞳かがやく

2 群(むれ)唄う かもめつれて
  コバルトの 海をいざ行こう
  夢呼ぶは 島のそよ風
  ささやくは 金の小波(さざなみ)
  君知るや オール持つ手に
  虹立つよ 波のしぶきに

3 夕なぎの 海もはるか
  むらさきに 霞む江ノ島
  あこがれを 友と歌えば
  手を振りて 招く人影
  いつの日も オール持つ手に
  若き日の 夢は躍るよ


歌の題名は知らなかった、「眉あげて」 と覚えていたんだが、曲が終わり注意して聞いていると「夢呼ぶ海の歌声」との事、、有名な「真白き富士の嶺」のB面に入っているんだとの事だ、、オールを持つ手の豆がつぶれ、やがて血が滲んでくる、そこに塩水がかぶる、海洋訓練、東京湾でのカッタ―訓練など等(写真)、青春真っただ中、まさに当時の思い出を歌った歌だ。

真白き富士の根(嶺)  (音量に注意)
真白き富士の根(ましろきふじのね)は、明治43年1月23日、逗子開成中学校の生徒12人が漕いで沖に出たボートが転覆、全員死亡した事件を唄った歌謡曲である。「真白き富士の嶺」、原曲は「七里ヶ浜の哀歌」 とも呼ばれる。
悲惨な海難事故が起きた翌2月6日に、開成中学の校庭で行われた合同慰霊祭の法要では、鎌倉高女の教師・三角錫子が自らオルガンの伴奏を奏で、同高女の生徒が追悼の心をこめて合唱したのが、この歌の始まりとされている。
日曜出勤の暇なひと時、NHKラジオのお陰で40数年前の青春時代を懐かしく思い出させて頂いたひと時だった。

  
               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
            
固定リンク : トラックバック(1)
246おすすめ

女パチンコ狂、、

2010-09-04

暦の上では夏も終わり秋だ、しかし例年の夏よりも暑い猛暑が続く、どうなってんのかね―、、、 久し振りに1週間ほど昼間の勤務が続く、、夜の勤務と比べると一長一短だ、まー、酔っぱらいの相手をしないだけ良いってもんかな、
我が故郷は田舎の小さな市だがパチンコの多い事、市内だけでも大小合わせて20店近いパチンコ店がある、、それだけ需要が有るって事なんでしょうね、、、私はもう30年近くパチンコはやっていないんで最近のパチンコ事情は解らないが、、、、

 
午前中ある郊外の一軒に配車に成った、立派な大きな家だ、 60代と思われるちょっと品のあるご婦人だ、行き先は隣町だと、 今日は行ってこの間の負けた分、取り返してこないと、、、行き先はパチンコだ、最近は負けっ放しで、右肩下がりどころか、右肩から下は無くなった、との事、、負けるのが解ってても行っちゃうんだわ、運転手さん何か良い方法ない?、との事、そんな事、行かなければ良いんじゃないですか、、 と言いたいんだが、お客さん、負ける人もいないとパチンコ店はやっていけないでしょうしね、、、往復でタクシー代8,000円も使って行かなくてもね、と思うんだが、、、、

市内のある大型パチンコ店に配車、今度は別の60代の女性だ、お客さんご自宅でよろしいですか、、当社の殆んどのドライバーはお客さんのご自宅は解るだろう、、、お客さんの言う事が良いんだわ、、 スーパーに毎日買い物に来ないといけないし、直ぐ近くにパチンコが有るからついつい寄ってしまう、、との事、、内心、 何言ってんの、お客さんの家のすぐ近く、歩いて行けるところに、こちらよりも大きなスーパーが有るじゃないですか、何もパチンコ店の近くのスーパーまで来なくても、

70代後半と思われる品の良いお婆ちゃんって感じ、、タクシーでワンメーターだ、殆んど毎日だろう、、勝ったとも負けたともパチンコの事は話されない、、家に居れば暑いし、パチンコに居れば涼しい、だけど煩くてね、、、成るほど納得、、

など等他にもいろいろ、ご高齢の女性パチンコファンが意外と多いね、、、

          
               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
  
固定リンク : トラックバック(0)
190おすすめ

[今日の話] 第3回上越市「謙信、兼続」検定、、

2010-09-03

先日、上越市「謙信、兼続」検定実行委員会より1通の手紙がきた。  何だ、、!
第3回の検定の開催に伴う「義の級」の受験案内だ。
昨年の3月に第1回目の検定が行われ受験し何とか合格した、そして秋に第2回目の検定が行われ、この時、1回目の合格者を対象に上級の「義の級」の試験も行われ受験した、 しかーしだ! 合格点に4点足らず見事に不合格、、くそー! 昨年はこのほかに県内3会場で行われた 「愛、天地人」検定 も受験、見事に合格となった、、 偉い! 今年の春頃で有れば未だ受験熱も下がっていないしやる気満々、、、、最近は脳も劣化して私の頭のメモリーのバックアップ用りチューム電池がダメになり「謙信、兼続」検定用のメモリーがみーんな消えてしまった、、、 
 (●^0^●;) 又頭に打ち込みするのは大変なんだが、、、どうする、! 
まー、受けても無駄だとは思うが一応受験する予定で申し込みだけはしてみようと思う、、  懲りない男だね、、 興味のある人は如何ですか、?  試験日は10月16日(土) 時間は 12:00~受付 試験会場は 新潟市と上越市の2会場、
 試験に関する詳細は   = こちら =

第1回「謙信、兼続」検定        = こちら =
第2回「謙信、兼続」検定 「義の級」 = こちら =
「愛、天地人」検定            = こちら =


              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
 
固定リンク : トラックバック(0)
172おすすめ

[古い航海日誌 霞峰丸①] ホルムズ海峡通過、 ペルシャ湾へ

2010-09-02

アラビア海を北西に向けて進み4日目、北にイラン、南にオマーンの間のオマーン湾に入った、外は黄砂のようにあまり視界が良くない、ムッとする暑さだ、急に行き交う船も多くなってきた。
オマーン湾を進みコースを北に変えて進むとイランの山々が水平線上に見えてきた、そして左舷にアラビア半島のアラブ首長国連邦が見える、暫く走りいよいよホルムズ海峡だ、イランとオマーン(オマーンの飛び地)の間の海峡、もっとも狭い処で33キロ、しかし大型船の通れるところはその1/4程度である、日本に入港するタンカーの8割がここを通り、年間約3,400隻と言われる、ポールド(窓)を覗くと数隻の大型船が見える、いよいよペルシャ湾だ、リトルクオイン(小さなくさび)と呼ばれる、くさびの形をした島と言うか岩が見える、この辺りまで来ると日本との通信は極めて大変なんだが、不思議とこのリトルクオインの近くでは日本との通信が出来るんだ、、、ちょっと専門的に成るが現地時間の夜、4Mhzで交信できる、、こんな海域は他にもある、南米のブラジル沖、カリブ海のメキシコ湾など、、、あと1日ちょっとでカフジに到着だ、、、
 
固定リンク : トラックバック(0)
3おすすめ

[仲良し、ちびっ子二人] ナイス、バディー、、、?

2010-09-01

10ヶ月ともなると結構こちらの言った事、行動に対して反応があるからおもしろい、、  と言うよりも逆に遊ばれているのかも、、、、
プールで水遊びをして上機嫌の乃愛ちゃん

あたしナイスバディーでしょう、、、!

後ろで見ている仲良しのリクちゃん、

おい、ノアちゃん、何をはじめるんだよ、、!



誰、そこであたしの裸、ニヤニヤしていやらしい目つきで見ているの、爺ちゃんか、、!








ご飯を食べて、ご飯と言っても色々と混じった雑炊のようなもんだが(離乳食と言うらしい)2時間ほどお昼寝タイム、、何処からともなくリクが音もなく寄って来て、添え寝、、、仲良しちびっ子一人と一匹、、、




 
ポッチン、ポッチンと押してちょうだい⇒  にほんブログ村 シニア日記ブログへ
         
固定リンク : トラックバック(0)
189おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

03967485

QRコード