2010-05-31

[我が故郷] 道案内と無病息災の守仏、追分地蔵、

上越市木田新田地内、三叉路に有る「追分地蔵」、(旧18号線、上越大通り、高志小学校入口の信号から入り、旧道と交差する右角)、「追分」とは分かれ道、道の分岐点のこと、電気などの無い昔は暗くなってからの人通りの無い夜道、山道は旅人にとっては大きな不安の一つでした。
この木田新田地内に建てられている「追分地蔵」と呼ばれているお地蔵さんは道しるべを兼ねた供養碑です、旅人に道案内をし、旅の安全を祈り、又途中事故に遭った人達の冥福を祈る、当時の人達の深い思いが偲ばれるお地蔵さんである。いつ通ってもどなたがあげているのか、綺麗な花が供えてある。
   
高田には昔、加賀街道(北陸街道)奥州街道(江戸時代の五街道の奥州街道ではなく、春日新田、黒井、を通り出雲崎までを奥州街道と呼んでいたようである)、信州街道(北国街道)など三つの脇往還が集まっていた。このお地蔵さんには「左かゝかいたう」 「右いまゝちみち」 と刻んである(写真)。左は加賀街道と言って糸魚川、親不知、富山を経て加賀百万石の城下町金沢へ通じ、右は今町と言って今の直江津である。北国街道は直江津から黒井に通じていたが、高田の城下町の繁栄を図る為、当時の高田藩は今町(直江津)にある荒川の橋を落とし、富山、柏崎方面から往来する旅人を必ず高田城下に廻らせるようにした為、このお地蔵さんのところからでないと今町には行けなかった。旅人の道案内と道中の無事息災を祈る守仏として親しまれ今日に至っている。

木田新田地内、三叉路にある「追分地蔵」(上記)は2代目地蔵菩薩として復元されました。慶応年間に造られた元々のお地蔵さんは近くにある諏訪神社境内に移設されているが、左半分は破損している(写真)。

             


      にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
259おすすめ

2010-05-30

[古いスコアカード 第3の人生] ふじ丸の旅、

K社の一年に一回の総会、当初は熱海温泉の”金城館”で何年間か行われた、その後は場所を移し、ざっと思い出しただけでも、北海道、札幌の定山渓、トマム、宮城県の松島、群馬県の水上、広島県の宮島、徳島県の鳴門、宮崎市のフェニックス、沖縄県、などなど、、、その他に支部総会で春、秋、関東、甲信越地方で開催されたので随分と有難い思いをさせて頂いた、今回の総会はちょっと趣向が変わっていた。豪華客船 ふじ丸 23、000トン(写真)での開催だ。

ちょうど海外ツアーから帰り名古屋に入港、その後東京の晴海埠頭まで廻航される間を貸し切り。夕方名古屋港を出港して翌日の午後東京晴海埠頭入港までの1泊2日の航海だ、従って乗客は全てK社の関係者と、東京からわざわざ呼ばれた数十名のコンパニオン、お金はかけられないが、カジノもオープンした。

10年近く船乗りの経験のある私だが、豪華客船は又格別だ、、宴会の後、酒でほてった顔、デッキに出て遠くに見える陸の夜景を見ながら気の合う仲間と久し振りに語り合う、、時間の経つのも忘れる、、(写真左) 翌日は東京湾を航行中だ、移り行く景色を眺めながら艫のデッキ(後部)上でバイキングの食事(写真上)、何とも贅沢なひと時だった。

   ブログランキングに参加中、
  ポチッとクリック、サンキュウです
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
161おすすめ

2010-05-28

[今日の話] 寒くて参った、、

今年は例年になく天候不順だ、暑くなったり寒くなったり、3月に入り長年使ったホットカーペットが壊れ使用不能に、初めてネットオークションで競り落とし、1カ月後今度は長年使った石油ファンヒーターが使用不能に、本来ならストーブは11月まで使わないし、、まー良いか! と成るんだが今年はいつになっても寒い日が多い、ホームセンター、家電量販店を数軒周ったが、どこの店も 冬物は全て売り切れで展示もしていません! との事、それはそーだわな、4月に成ってストーブを売っているところなんて有る筈がない、そーだ、、前回のホットカーペットですっかり味をしめたネットオークションを覗いたらいくらでもある、、今回もオークションで競り落とした、、(写真のカーペットとストーブ)。例年だと5月の連休前後に炬燵、などの冬物を片づけるんだが、、、5月もあと数日で終わると言うのに、暦の上では夏になると言うのに、、、昨夜は寒くて一旦寝たんだが又起きて布団を1枚追加、、今日は寒くてストーブを入れている、、リクも延びた髪をなびかせてストーブの前から離れない(写真) 、、、、、、寒くて参った、、 

             にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
207おすすめ

2010-05-27

新米ドライバー、私の運転心得、 SSP、

決して若くは無い私が、ひょんな事から予期もせずタクシードライバーになって2年半になる、仕事は極めて楽しく働いている、お陰で自慢じゃないが今まで無遅刻、無欠勤、一日も休んでいない、、但しだ、運動不足でメタボ予備軍になった事が気になる。



出勤して車の点検、運行管理者の点呼、安全運転の心得 の斉唱、
1、人命の尊さを知る
1、法令を正しく守る
1、譲り合いといたわりの精神
1、運転技術の過信はしない
1、道路状況に応じた運転をする


フロントに無線で、おはようございます、3○○ 異状なし開局、どうぞ! 
1日の始まりだ。
      
新米ドライバーの私は常に心がけて運転している事がある、私の 運転の心得、SSP、
 Safety     安全
 Speedy    スピーディー
 Pleasant   快適


安全にスピーディーにお客様を目的地までお供をする事は当たり前の事、お客様からお金を頂戴しているのだから私は自分なりにもう一つ、Pleasant、快適に、、、、、を心がけている。
ご高齢のお客様、身体の不自由なお客様は急発進、急ブレーキ、急ハンドルは、身体に堪えるはずだ、、乗っている車は今どき、マニュアル車だ、ギヤ―チェンジ、クラッチの使い方、エンジンブレーキを有効に使い常に快適に、を心がけている。従ってお客様により、あまり距離に差が無い場合は道順も変える事にしている、、右折する為交差点内、右折車線で対向車との距離などを考え、待機していると後ろの車が、早く行け!とばかりにクラクションを鳴らす者がいる、、ひどいのは、待ち切れづに後ろから私の車の右側を先に右折して行く車もたまにある、、こっちはお客様が乗車されているんだ、そんなに急加速、急ハンドルで発進出来ないんだわ! と言ってやりたい、マナーの悪いドライバーがいる、それも若者では無く、結構年のいった男だ、、最近は長距離トラックのドライバーの方がよっぽどマナーが良いね、、さすがプロだ、、しかーしだ!  残念だが、、言いたくはないが、??、毎日運転していて、若い時に比べ、判断力、注意力、等がおちてきている、と言う事実は否定できない、、後半年か、1年か、2年か、、、

     
               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(124)
231おすすめ

2010-05-26

[古い航海日誌 本社勤務] 銀座のクラブの思い出、

2年間の本社勤務のお陰で銀座のクラブで随分お酒を飲む事が出来た。勿論カバン持ちでだ、自慢じゃないが一度もお金を払った事が無い、、もっとも銀座のクラブで飲むほど高給取りでもないし、そんなお金は無い。銀座並木通りのあるビルの5階だったか7階だったかにあった、 クラブ ○ 、仙台出身の和服の似合うママさん、、、No,1 ホステスのYさん、50代くらいだろうか、決して美人ではないんだがさすが接客のプロだ、同じ新潟県出身と言う事で随分と可愛がって頂いた、、   ○○さん、ここは会社では無いんだから上司にそんなに気を使わなくて良いんだから、、、 そんな事言ってもねー、私のようなカバン持ちにも随分と気遣いをしてくれる、、さすがだ、、このクラブはいつも最後に寄る店だ、、当然店を出るのは午前様、、タクシーを呼び首都高で当時は北池袋で下りて我が家のマンションの前は素通り、埼玉、浦和の上司の家に直行だ、、ここで驚くのは上司の奥様だ、どんなに帰宅が遅くとも、タクシーが家の前に着くと数秒で玄関の灯りが点灯する、しかもだ玄関を開けて ”お帰りなさい” そして私にも向かって ”いつも有難うございます、悪いわねー” 申し訳なさそうに言われる、、ただ頭が下がるだけだ、、この怖い?上司、キャプテン○○さんも退職して数年後、病には勝てず他界された、奥様とは毎年年賀状は来ていたのだが2年前より途絶えた、、我が家の長男の出産の折にも随分とお世話になった、上司のご霊前にお参りも兼ねて一度、家内と尋ねようと思っているんだが、、、、

退職して故郷に帰り独立して社用で上京した折、歌舞伎座の近くにホテルをとり、数年振りに クラブ ○ を訪ねた、ママさんは今日はお店には来ないと言うことだったが、電話をしてくれたらしく、わざわざ支度をして渋谷のマンションから来て頂いた、、数年振りの再開で感激した、、、 (^0^;)
それから間もなく、1通の手紙を頂いた、、バブルの崩壊で銀座も随分暇に成ったとの事、歳もとり、夜の遅くまでの仕事は大変なので、お店は閉じて縁があって新橋駅の近くに小さな料理屋を開店したとの事、、お店の名前は北海道、道東のある地名を取った名前だ、、一度上京の折に寄ろうと思っていたんだが、、お元気ならもう随分と高齢だと思う、、No,1ホステスのYさん、故郷の新潟に帰り、小さな喫茶店でも始めると言う事で郷里に帰った、との事であったが、、随分とお世話になった懐かしい二人、今はどうされているだろう、、、!

             にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
217おすすめ

2010-05-25

人の好意を踏みにじる行為、、

1ヶ月も前のある日曜日の夜の事である。日曜日の夜は暇な日が多い、今日は午前1時までの勤務、日付も変わろうとしている12時近く、駅の正面で客待ちをしていると1人の若い女性が乗車してきた。 ○○までお願いします、、と小さな声で告げてきた、、一瞬耳を疑った、こんな時間に20代の女性が隣の市までだ、隣の市と言ってもこっちの隣の市はかなり遠い、、内心、ニタニタっとしたね、、しかし何か、いやーな予感が、??? 走り始めて暫くするとタクシー代は幾らくらいかかりますか? 正確には解りませんが○○、○○○円くらいだと思います すいません、手持ちが11,000円しかないんですが、ときた。色々と話を聞くと会社の飲み会で飲み、帰りの電車に乗ったが寝てしまい終点まで来て車掌に起こされてびっくり、、、、良くある話だが、家に電話をしたら、タクシーで帰れ、、、、、ここで携帯の電池も無くなり通話不能、、との事、、、、、



固定リンク : コメント(4) / トラックバック(0)
198おすすめ

2010-05-24

[我が故郷] 直江津捕虜収容所と平和記念公園、

上越市の旧直江津地区、保倉川が関川に合流する南側、佐渡汽船に向かって古城橋の手前左側に平和記念公園(写真)がある。しかしこの公園には第2次世界大戦の悲しい歴史が残されている。ここには直江津捕虜収容所があった。戦後半世紀が過ぎ捕虜収容所の悲劇は市民から忘れられていました。

しかし、オーストラリア元捕虜兵との交流は、1978年、一通の手紙がもとで英会話サークルとの文通が始まり、1988年、Tグリン神父がオーストラリア元捕虜兵と一緒に直江津を訪問し、元捕虜兵が故人をしのぶ銘版を当時の市長に託しました。その時の日本人参加者は、オーストラリアのカウラ捕虜収容所事件で戦死した日本兵と犠牲になったオーストラリアの警備兵を弔い、毎年慰霊祭を行っているカウラ市民のことを初めて知りました。そして6年後、その参加者と有志が「平和友好像を建てる会」を組織して募金活動を始め、多くの障害もありましたが、市民の間に賛同の輪が広がり、元捕虜の一部と日本の犠牲者遺族との和解が成立し、両者の除幕式参加が決定し、1995年10月8日、市の協力もあり、両国関係者と多くの市民が参加。元捕虜代表ミューディーさんは「心が愛で満たされていれば憎しみの余地はありません」と挨拶し、二つの銘板と平和友好像の除幕式が行われここに平和記念公園が完成しました。

カウラ捕虜収容所事件
カウラ事件は、第二次世界大戦時の1944年8月5日に、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州カウラで起こった日本兵捕虜脱走事件。捕虜収容所の脱走事件としては、史上最多の人数(日本人収容者数1,104名の内、545名以上)と見られる。死者数235名(オーストラリア人4名、日本人231名)、日本人負傷者数108名。

カウラ
カウラ (Cowra) は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州(シドニーの有る州)にある人口80,000人くらいの街。カウラ事件が起きたことで知られる。カウラ日本人墓地とカウラ日本庭園がある。
カウラにある日本庭園は「回遊式庭園」と呼ばれるもので、日本を代表する造園家として海外でも広く活躍した中島健(1914年 - 2000年)によって設計され、南半球では最も面積の広い日本庭園である。



直江津捕虜収容所
第2次世界大戦時日本軍は、5ヶ月でアジア各地の連合軍約26万人を捕虜にし、うち3万2千人を日本国内91箇所の捕虜収容所に収容した。開戦から1年後の昭和17年12月に、古い塩の倉庫を改造した直江津捕虜収容所(正式には、東京俘虜収容所第4分所)が設置されオーストラリア兵300人をはじめとする連合軍の捕虜が収容され、最大で700人余りの捕虜が近隣の工場での労働を強いられていたということである。その後、戦局の悪化によって、捕虜に支給するための食料や医療品が不足するなか、昭和18年に異常寒波が襲来し、厳しい冬を越すことができなかった60人のオーストラリア兵捕虜が、栄養失調や病気によって死亡するという悲惨な出来事が起こってしまったのである。

終戦後、GHQの指示で収容所の看守は逮捕され、BC級の戦争裁判で15人が捕虜虐待の罪でその責任を問われた。そして、8人の看守が有罪となり(兵卒2名、軍属6名)悲痛な遺書を残し巣鴨プリズンで絞首刑にされた。日本国内に数多くあった捕虜収容所のなかで、8人もの看守が処刑されたのは直江津捕虜収容所だけである。直江津捕虜収容所の看守が、捕虜のために調達したゴボウを食事に出したら「木の根っこ」を食べさせられた、脚の治療のためにお灸をしたら「身体に火を押し付けられた」などの捕虜の証言が、極刑の判決につながったと言われている。戦後(1953年)政府はこれを公務上の死と認め、年金など戦死者と同等に待遇しました。同事件を題材にした「貝になった男-直江津捕虜収容所事件」上坂冬子著がある。 慰霊碑(写真)には、、、 平和の空に八つの星  と書いてある。
巣鴨プリズン
巣鴨プリズンは、昭和38年にGHQから日本に返還され、東京巣鴨拘置所となった。その後、新しい東京拘置所が小菅に新設され移転したあと巣鴨拘置所は解体、昭和53年にサンシャインシティーに生まれ変わった。現在ではサンシャイン60が高くそびえ立っている。ビル建設中も、しばらくのあいだ鉄板で囲まれてそのままになっていた巣鴨プリズン当時の処刑場も、いまは池袋中央公園となっている。絞首刑台のあった場所には平和を願う記念碑がひっそりと置かれている。

平和友好祈念、飛天の像(写真右)
右側がユーカリの枝をまいている西洋の少女
左側が日本のサクラの天女
2人は横笛をもって平和のメロディを吹き鳴らしているのだそうです。
オーストラリア兵慰霊の碑(写真右)
碑には、 「この碑を1942年から1945年にかけて直江津で没した2/20オーストラリア歩兵大隊長ロバートソン中佐および59人のオーストラリア兵軍人の霊にささげる。私たちはこの人たちのことを永久に忘れない。」 と英語で書いてあるらしい。

 
資料館(写真右)
敷地内には当時の資料を展示する資料館があり、当時の資料などが展示されている。資料館は通常は無人で施錠されているが、公園向かいの保坂さん宅から鍵を借りて見学が出来る。又平和を願う「上越日豪協会」などが中心となり、市民レベルでオーストラリアとの交流が続けられている。

          にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
固定リンク : コメント(4) / トラックバック(104)
255おすすめ

2010-05-23

[古いスコアカード 第3の人生] 組織変更とロゴマーク、、

開業して12年、手探り状態ではあったが、家族、取引メーカー各社、お客様、スタッフのお陰で何とかここまで来れた。お世話になっている税理士事務所の勧めもあり、税制上、対外的、今後の事も考え法人化する事にした。
問題は社名だ、、ずっとついて回る名前、考えに考えて幾つかの候補を決めたがなかなか決まらない、、、取引先のあるメーカーの専門の部署に相談し、今度はあっさりと決めた。資本金五百万円の有限会社でスタートする事に、、、、、


4月から新しい会社でスタートした、初めは電話の応対などなど、しっくりこない感じもあったが1カ月もすれば慣れるもんだ、そして今度はロゴマークをどうしても作りたかった、こんな田舎のスタッフが7-8名の吹けば飛ぶような小さな会社にロゴマークなんて必要か、、、? と思うだろうがこれには深い意味があるんだ。以前にあるメーカーの集まりの、その会社の社長の話の中でロゴマークの大切さ、重要性、の話があった事を思い出した、これだ、! 貧乏な当社だ、業者に依頼するだけの余裕はない、又取引先のメーカーの専門部署にお願いしてロゴマークが出来た(写真上)。今度はいつもお世話になっている業者に頼んで2種類のサイズのステッカーを作った(写真右)。これを店内の目立つところに積み上げて置く、、お客さんがよく、、このステッカーはいくらですか、、?  いえー、お客さん、いつもお世話になっているんですからサービスで差し上げますよ、、と言うと大体のお客さんは 2枚貰って良いですか、、?  どうぞ、2枚でも3枚でも差し上げますよ、、! ステッカーを貰って行ったお客さんの半分近くはそれを自分の車や、仕事の車に貼ってくれる、、お客様がタダで当社を宣伝してくれる訳だ、 こんな安い宣伝方法は他に有るー、、! 半年もしたら結構とこのステッカーを貼った車を見るようになった。

   いつも有難うございます、
    おついでにポチッと押して
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
212おすすめ

2010-05-22

[今日の話] 幻魚(げんぎょ、げんげ)

泊まり勤務が空けて昼頃に帰宅、、3時間ほど寝たか、眠い目を擦りながら起きてシャワーを浴びて、夕方から久し振りに一杯会だ、我が班にも新人が一人加わって2年半の下っ端生活におさらばだ、私の下に一人新人が、、社内では「年寄り班」と呼ばれるくらい平均年齢が高い斑、、これで平均年齢も少し下がった、今日は新人の歓迎会だ。
駅前のホテルの中にある食事処  ”多七” たしち と言う、私は何回も利用した事があるが、ここの海鮮料理はお薦めだ、地物も多く値段も安い、、、地酒も豊富だ、私はこの店に来て必ず注文するのが、幻魚(写真)だ。
 
幻魚、玄魚とも書くようだ、新潟では幻魚(げんぎょ)と言うが北陸地方では幻魚(げんげ)と呼ぶようだ。見た感じは決して食欲を誘う姿ではない、ゼラチン質の、ぬるぬるっとした感じ(写真上)。主に日本海の北陸地方で捕れる深海魚で底曳網、カゴ魚で多量に混獲されて捨てられていた、そんな関係で ゲギョ(下魚)と呼ばれ、それがなまって「ゲンゲ」に成ったとも、、この辺ではこの幻魚を良く干しものにする、これをサッと焼いて(写真)酒のともに、、これが又最高なんだ、、、、と言う訳でちょっと飲み過ぎて頭がイターイ、、、、、
こちらに来られたら是非お試しを、、但し何処にでも無いようだ、今は(まぼろし)のなのかねー、、、!

             にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
216おすすめ

2010-05-20

[古い航海日誌 本社勤務] 待望の長男誕生、、

本社勤務2年目の秋、我が家に待望の長男が誕生した、難産だったが3100グラムの元気な男の子だ、近くには身内もなく妻もさぞかし不安だったろうが、男の私には何もできない、幸い上司の奥様に随分とお世話になった、産後は私の母が上京し手伝って頂いたが、、その母も数年前に100歳を目前にして他界した。数年前に上京した折、時間を見つけて昔住んでいた板橋区のマンションを30年ぶりに訪ねてみた、地下鉄、蓮根駅からの道の沿道は随分変わってしまったがマンションは当時のままだった、ついでに長男が出産した近くの個人病院へも薄れた記憶を頼りに行ってみた、当時も結構古い建物だったが30年を経たコンクリートの建物は今にも崩れ落ちそうな感じさへしたが、細々と診療はしているようだった、、、。
何れ私にとっての第4の人生が始まる前にじっくりと時間をかけて若かりし頃歩んだ道を訪ねてみようと思っている、、、、、、、

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(2)
297おすすめ

2010-05-19

進む高齢化、、

久し振りに昼間の勤務が数日間続いた、昼間の勤務は体力的には随分と楽だ、しかし、近い距離のところを、チョコチョコと大変なんだ、お客様は半分はお年寄り、運転手さん、悪いけどそこを入ってくれる、、! えッ、ここを入るんですか、、車1台がギリギリだ、しかも片側は隣の家のブロック塀、反対側は側溝だ、、 お家の方はいつもここを車で出入りされているんですか?と尋ねると、 大きな車は大変なんで軽自動車に乗っているようですよ、、、!  との事、タクシーは軽自動車じゃないんだよなー、、と言いたいが、そうもいかない、しかもだ、この道は行き止まりだぜ、参ったネ! お客様は入ったのだから当然出るのもOK,と思うだろう、、、特にお年寄りは、、後ろを見ながらバックなんて道幅じゃないんだ、ドアーを少し開けて右側のタイヤと側溝を見ながらタイヤと側溝の間隔を保ちながらのバック、、、、、 夜なら勘弁だ、、、
大体のお年寄りは足が悪くよちよち歩きのお客様が多い、、もっとも歩くのが不自由だからタクシーを使われる訳だ、、男のお客さんには良く、私につかまりますか? と尋ねるんだが、お婆ちゃん、お年寄りとは言え女性だ、、遠慮したり躊躇するんだが、それでも大変そうなお客さんには声をかけてあげる、、待ってましたとばかりに、、 悪いねー!
でも高齢者は人生の大先輩だ、車内でお話をする中で大変勉強に成る事がたくさんある、、70歳まで総合病院で医師をされていたお客さん、たまに近くのスーパーまで往復でお供させて頂く、80歳はゆうに過ぎているだろう、降りる時にはいつも、ハイ、運転手さん、と百円硬貨を一枚くださる、帽子をとって深深と、有難うございます、、、! いつも一人でスーパーに買い物に行かれる、奥さまはお亡くなりに成られたんだろうか、、、、、

夕方、当社駅前タクシー乗り場から乗車の80歳代と思われる同級会帰りの男性、毎年同級会をやっているんだが年々参加者が減り今年は5人で今年が最後の集まりだ、、としみじみ話しておられた、お客様の方から、家はお寺だが、寺だけでは食っていけないんで中学の教師をやっていた、奥様も先生、との事だ、運転手さん、この歳で夫婦そろって元気でえれる事って有難い事だわね、女房に感謝だね、俺なんか、なーも出来ねえ男だしさ、、でもこんな事、しょうしくて女房にせ―わんねしね(恥ずかしくて女房に言えないしね)との事、、私もつい、調子に乗って、奥さんに言われたらどうですか、喜ばれますよ!  いやー、そんな事せったら(言ったら)すぐ、ずに乗っちゃうわね、、アハハハーー! 大学に行っている2人のお孫さん、休みに帰って来られるのが楽しみだとの事、、運転手さん、孫ってのは、でっかく成っても可愛いね、、来るたんびに(たびに)小遣いとられるけどさ、又孫も心得ていて、爺ちゃん、爺ちゃん、って来るんだわね、、少ない年金から2人で、えっぱい(たくさん)持ってえがれちゃうけどさ、、 内心、長い間夫婦で教師をやられていれば年金も大変な額だろう、、毎月小遣いをあげても、へ―でもないでしょう、、、その点、私なんか7ヶ月の孫、今のところスーパーのビニールの袋をあげれば、手に持って喜んでいる、、


          にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
176おすすめ

2010-05-17

妙高連峰、ビューポイント、、

新潟県南部を流れる、関川以西で姫川以東、長野県と新潟県との境に連なる山域を頚城山塊(くびきさんかい)と呼ぶが、「頸城アルプス」あるいは「妙高連峰」と呼ばれることもある。主要な山、火打山、妙高山、新潟焼山は「頸城三山」と呼ばれる。山は見るポイントにより大きくその姿が変わる、この「頸城三山」は毎日のように目にするが、見る場所により、一部が重なったり、あるいは他の山の陰になったり色々と変化する、、、しかーしだ! この三山が綺麗に見事な間隔で素晴らしい姿で見えるポイントがあるんだ、少し高くなった、この国道上から見ると国道がスッと延び、目線を上げると妙高連峰が連なり、その中にひときわ、際立つ「頸城三山」が見渡せる、、
いつかきっと、スッキリ晴れ渡った時カメラに収めようと思っているが、しかし私の安物のカメラでは無理か、、、、毎日車で走り回っていると色々なものが目に入る、

妙高山(2454m)
活火山で日本百名山の一つに数えられる、美しい姿から別名、越後富士の異名を持つ、昔の日本海軍の重巡洋艦「妙高」、現在の海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」、JRの急行「妙高」今は快速「妙高」などに使われている。

火打山(2462m)
日本百名山の一つに数えられる。火山ではない為、高山植物が多いと言われている。

新潟焼山(2400m)
活火山である。

              にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
202おすすめ

2010-05-16

[今日の話] ヨーキー ” リク ”

我が家と言うより娘夫婦のところに2才になる手の平に乗る、ヨークシャテリアの”リク”がいる、しょっちゅう我が家に来ているので半分は我が家の飼い犬のようなもんだ。孫娘の 乃愛ちゃん が生まれた時は自分と同じくらいの大きさ、兄ちゃんとでも思っているのか、リク、乃愛ちゃんを見ておけ、、と言うと、解っているのかどうかは不明だが、ちゃんと寝ている乃愛ちゃんの横に行って暫くは愛情たっぷりの目つきで見ていてくれる(写真)。しかーしだ!  最近は乃愛ちゃんも7ヶ月になり動きも活発になると可愛いもんだから、爺も婆も乃愛ちゃんばかり可愛がるもんだから、ヤキモチをやいて私と乃愛ちゃんの間に割り込んできて、ちょこんと座り、しっぽをチョコチョコと振る、、馬鹿じゃないねー! 最近は自分の延びた毛を掴まれて、引っ張られても、ワンともスンとも言わずにじっと我慢している、乃愛ちゃんが寝ていると自分もその布団の上で一緒に寝ている、、仲の良い仲間だね、、、

飼い主は餌はドッグフード以外は与えていないようだ、、家へ来ると可愛いもんだからたまに、飼い主に内緒でちょこっと美味しい物をあげる、、妻が食事の支度をしていると、じーっと下で何か落ちてこないか待っている、たまに落ちてくるようだな、、昨日も娘から電話がきたようだ、、お母さん、リクに何食べさせたの? 、、、何も食べさせていないよ! 、リクがもどしてその中に、ニンジンや豆が入っていた、なんでも食べさせちゃ駄目! 叱られたようだ、、嘘はつけないね、、、


運動不足とメタボ予防にたまに散歩に付き合ってもらう、本人は走りたくてしょうがないんだろうなー、、リードを緩めると一目散に走り始める、20~30メーターくらいはついていけるがそれ以上は無理、、、、情けねー!

           にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
193おすすめ

2010-05-15

[古いスコアカード 第3の人生] オランダ、ドイツの旅、、

今回のK社コンテストのご褒美旅行、スタッフも皆、1-2度参加したし、今回は私が参加した。オランダとドイツの旅だ、成田より二班に分かれての出発だ、一つは英国航空の直行便でロンドンへ、そしてオランダへ、、私はもう一つの班、KLMオランダ航空、しかもアンカレッジ経由だと、嫌に成るほど飛行機に乗った、、もううんざり! 無事にオランダのアムステルダム近郊のスキポール国際空港へ、、風車(写真)有名な花の市場、とてつもない広さ、ここからヨーロッパや世界各地へ出荷されるそーだ、等を見学。オランダで1泊してドイツのフランクフルトへ

  
ドイツではウィ―ズバーデン、ローデンブルグ、フィッセン、ミュンヘン、に宿泊、ロマンチック街道の旅だ、バスの車窓から眺める景色、何とも心が癒される光景が続く、、、途中通った有名なアウトバーン、日本で言う高速道路だ、日本のように高架などは無く殆んどが大地の真ん中、平地を進む、、
そんなに飛ばして大丈夫! と心配に成るほど飛ばしている、、制限速度100キロではないらしい、、好きなだけって感じだな、、、途中で焼け焦げた車を数台見たが、ガイドさんに聞くと、、スピードの出し過ぎでエンジンが焼け、燃えた車らしい、、、

ロマンチック街道
ビュルツブルグからドイツの南のはずれの町、フュッセン、までの366キロを言う。

         
ローデンブルグは「ロマンチック街道の宝石」と呼ばれ、中世の街並みがそのまま残る綺麗な町だ、ここはからくり時計が有名だ、今回の旅行での土産の大一番、高さ2メーターくらいの大時計をゲットし、2カ月後くらいに送られてきた。シュバンガウでの有名なホーヘンシュバンガウ城、ノイシュバンシュタイン城の素晴らしさにただ驚くばかり、、、そして南部の町フュッセンで宿泊、、ここからもう少しでイタリヤだ、、


ミュンヘンでは夜、ビヤガーデンへ出かけた、、有名なビヤガーデンらしいが広いのには驚いた、学校の体育館の数倍もあるようなスペースに沢山のテーブルが並びお客さんがびっしり、、ミュンヘンにはこの様な大きなビヤガーデンが幾つかあるそーだが、さすがビールの本場だね! ローレライで有名なライン川も忘れられない光景だった、、、思い出多き旅だったが、、帰りは又、KLMオランダ航空でアンカレッジ経由だ、、、、、しかし出来る事なら、元気なうちにもう一度、ロマンチック街道をゆっくり旅してみたいもんだが、はたして、、、


           にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(6)
179おすすめ

2010-05-14

[我が故郷] 黒井公園と直江津空襲、

第2次世界大戦で広島、長崎、での原爆投下、東京大空襲、の話は昔からよく耳にしたが、我が町にも爆弾が投下され犠牲者が出た、、と言う話も何回か耳にした、そして毎年被爆の日に犠牲者の鎮魂と平和を考えることを目的に平和の集いが開かれている、との事、何処に爆弾が落ちたんだろう、何かがある筈だがなー、、、、! 以前から思っていたんだが、先日仕事で市内、黒井地区を走っていると、ある公園の一角に 被爆 という文字のある標柱が目に入った、、 あッ、ここだな! 先日、興味はんぶん、頼りにならない記憶を頼りに行ってきた。 自分でも、好きだなー、と感心するわ、、
国道8号線の黒井の交差点を北(海の方)に入り、150メーターくらい、セブンイレブンの道路を挟んだ向かい、黒井公園の一角に 直江津空襲、黒井被爆の地 の標柱がある(写真)。

直江津空襲
第二次世界大戦も日本の敗戦が濃厚となった昭和20年5月5日、近くの信越化学工業、直江津工場を爆撃目標に南のテニアン島から飛び立った米軍のB-29 戦略爆撃機(写真)が信越化学に数個の爆弾を投化した、しかし目標を外れた1個が近くの現、黒井公園近くに落ちた。県下で初めての空襲で犠牲者3人、重軽傷者5人を出した。毎年5月5日、ここ黒井公園で被爆時間の午前11:15 犠牲者に黙とうを捧げ 平和の集い が開かれている。同公園には市民らの協力で10年前に標柱が建てられ、植樹したケヤキの木も平和を象徴するかのように枝、葉を大きく広げている。

             にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
272おすすめ

2010-05-13

魅力的なスナックのママさん、、

久し振りの泊まり勤務だ、夕食を食べて、さーて、そろそろ行くか! 外に出ると雨が、、俺が出勤しようとしたら雨か、しかも雨風だ、ついてねー!
予想通りあまり忙しくはなかった、、こんなもんか、、3時近く、いつものパターン、メロンパンとアップルジュースで夜食、、、、さーて、久し振りにNHK ラジオ深夜便、懐かしの歌謡曲でも効くか、、今日は 森進一 特集だ、襟裳岬、おふくろさん、花と蝶、、などなど、、座席を倒して良い調子で効いていると、 ピンポーン、配車だ、 えー、もうちょっとで終わるのに、、、朝方近くまで営業している居酒屋に配車だ、行ってみると二人の男女がカウンターに、、んッ、見た事ある女性だな?、、、そーだ、スナック○○のママさんだわ、、ここの店はいつもはママさんが一人でやっている、しかし、いつ行っても誰かお客さんがいる、もっとも誰かお客さんがいるからお迎えに行くわけか、、

ママさんをご自宅までお供して、それから男のお客さんを自宅までお供する事に、、男が 運転手さんに家の場所案内して、、、 いや、ご自宅の場所解りますから!  ほー、顔だね、、  だって毎日○○さんのタクシー乗ってんだもん、、  ハイ、いつも有難うございます、、、、
私の感じではここのママさんが一番、店が終わってからお客様に飲食のお付き合いをしているな、、、それだけお誘いをうけるって事は男から見るとそれだけ魅力が有るんだな、、、悪いがそんなに美人ではないんだが、何か男を引きつける魅力がある、、 (一番感じが出ているイラストを見つけたのでパクッテきた、上の写真、こんな感じだ、、)
私も長い間、接客の仕事も経験したが、車内で喋っている会話を聞いても、さすがお客様を引きつける事を心得ているな、、ゴルフもかなりの腕前のようだ、、
ママさんを降ろして男のお客さんの家へ、、いやー、飲んだわ、2軒の店でヘネシ―2本とって飲んだ、、、との事、それや、こんな田舎でヘネシーでも空ければママさんも上機嫌だわな、、内心、2軒目の居酒屋でヘネシ―なんて空けなくてもサントリーオールドで十分なのに、、、、随分と見栄を張ったネ、、家に着くと、さーて、タクシー代あるかな? 内心、えッ、それは無いよ、 お金が足りなければ女房を起こして借りてくるわ、怒るだろなー、運転手さん!  お客さん、来月になればもうこの時間は明るくなりますよ、、小銭入れもひっくり返し、一円硬貨も入れて何とか足りた、、やれやれ! 一度機会が有れば是非この店で一杯やりたいもんだ、


               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
174おすすめ

2010-05-12

[古い航海日誌 本社勤務] 南木曽、馬籠宿・妻籠宿 飛騨高山・白川郷の旅、

 本社勤務も年が変わった翌年の夏、向かいに座るS嬢から、秋になったら何人かで何処か旅行に行かないか、、、、、 と誘われた、  ○○さん、車の運転が出来るでしょう!  との事、 あー、出来るけど俺は運転が出来るから誘われたの、? 隣の課のM嬢も誘うと言う。 内心3人じゃまずいなー、、、、そこえちょうど私の1年先輩のNさんが休暇で下船して本社に立ち寄った、、。ちょっと話してみると、一つ返事でOK、との事、郷里の山形に帰ってくるがその頃又上京するとの事で、簡単にメンバーが決まった。11月に妻が出産予定だが、一応安定期、話すと快くかは解らないがOKとなった。 しかーしだ! 何処から噂を聞いたのかね、反対の課のOさん、女性部隊のボス的存在の人だ、 ねー、○○さん、4人で旅行に行くんだって、? えッ、まー、、、、 駄目よ、そんなの若い男女が一緒に旅行なんて、 いえ、私は嫁もいますし、しっかりと監視しますから、、、、、、 と言うと、 そー言う○○さん、貴方が一番心配なのよ、だから私も一緒に行く! と言う、、、信用がないね、、、、、;( と言う事で4人が5人になった、車も初めは私の好きなニッサン サニーと思ったが一番重量部隊?のOさんが加わる事になり、ケンとメリーのスカイライン(写真)に変更となった。

旅行が近づくと台風が接近してきた、しかもまともにこちらに向かってくる気配、、、これや中止だな! 皆に話すと、せっかく楽しみにしていたし是非行きたいと言う、そんな事言ってもねー、、本土に上陸して多少勢力は弱まったが、、、、決行する事に、、見て下さい、写真上の後ろの木の枝の揺れ具合、、、

中山道を台風に向かって進み一日目は中山道69次の42番目の宿場の妻籠宿だ、昔の古い宿場町の面影が残りしばしタイムスリップした感じだ。翌日も43番目の宿場の馬籠宿、国道41号線を北上して高山市へ、市内を見学、国道158号線を西に、、この沿線の素晴らしい光景に癒された、、、

 

158号線から156号線に入り、御母衣湖を通り白川村へ2日目の宿泊は白川郷の合掌造りの宿だ(写真)宿の前を流れる小さな川で冷やした新鮮な野菜の美味しかったこと、、、

 

3日目は白川郷から白山スーパー林道に入り途中まで(写真)、さすがに疲れて運転をN先輩に頼むと、俺は免許は持っているが、殆んど車に乗っていない、ペーパーライセンスだ、お前がやれ、、との事、先輩の命令だ、、;(  参ったネ! 国道156号線を白鳥、郡上八幡、関市を通り一宮ICよりようやく東名高速へ、途中浜名湖SAで食事だ、うな丼で勢力を付けた、、さー、出発だ! 後は東名高速を東京に向けてまっしぐら、3日間ともそうだが、まー、後ろに座る3人の美女、よく喋ること、、静かに成ったなー、、と思うと寝ている、、、途中、川崎のICで下りて川崎市のM嬢を降ろし、又高速へ、、、、都内に入り目黒でOさんを降ろしてレンタカー会社へ、、、ここで解散だ、、1000キロ近くを一人で運転、若い、とは言えさすがに疲れた、、でも楽しい3日間だった、、、

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
247おすすめ

2010-05-11

[仲良し、ちびっ子二人] 乃愛ちゃんのひとり言、、

 

 私もパソコンのキーボードを
    たたく、くらいは
      できるんだよ、、! 




私も7ヶ月になったよ!
 今日は暑いんだ、みんな脱いじゃえ、
  どう! いいからだしてるでしょう、!


 うれしくて、ヨダレがでちゃうんだ!




             にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
210おすすめ

2010-05-09

[古いスコアカード 第3の人生] 展示会、大変だった会場探し、

各支店ごとに、年に2回開催する展示会、一番の悩みは会場探しだ、いくらでも有るようで、なかなか条件に当てはまる場所となるとなかなか無いもんだ、一番の問題は会場使用料だ、物販となると使用料が割高になるのがふつう、、、二番目は参加メーカー、来客車の駐車場の問題だ、なるべく多くの駐車が可能な事だ、、三番目は場所だ、解りやすくて知名度がある事、それとアクセスが良い事、、これらの条件が揃うとなるとなかなか無いんだ。

本店は開業時は、ある民間のビルの会議室、厚生南会館、ある団体の厚生施設、あるホテルのイベントホール、そして最後の10年くらいは○○観光物産センター(写真)だ、ここは、この様な為に造られた産業施設の為最高だ、駐車場、アクセスなど、随分とお世話になったなー!

N店は特に大変だった、初めの頃はほとんどが民間の施設、友清、トキワ会館、などなど、、その後は産業振興センターで数年間行ったが、ここは規模の大きなイベントが行われ、そちらが優先となる為、我々のような小さいイベントは、予定が立て難く、その後は、あるお客様の紹介で卸センターを使わせて頂けるようになり、こちらも 随分とお世話になったなー!

S店も同様だ、民間の施設、市の古い施設の教室を借りての開催、、こちらも最後の10年近くは県央地場産センターと言う立派な施設が出来こちらを利用させて頂いた。やっぱり公的な施設はアクセスも良いし、駐車場も広く取れるし、最高だね!

取次店のある佐渡は春と秋の2回の開催だ、、こちらはフェリーなどの関係から小木町の商工会館、ここは利用料がタダ、と言うのが魅力だ、その後、佐渡に正式に支店を出店してからは、支店のある佐和田町の公的な施設で開催した。

                                  

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
229おすすめ

2010-05-09

[我が故郷] 加賀街道と松並木、

上越市に僅かに残っている 加賀街道 の両側に今なお残っている松並木、昭和の始めの頃は100本以上も数えられたと言う松並木も今は数本が残るのみと成った。最近に成っても大風で途中から折れて、危険な為、伐採された。ここ加賀街道は江戸時代、北陸と江戸を結ぶ大切な公道、脇往還(わきおうかん)で、正しい名前は北国街道である。江戸時代、加賀百万石の殿様や北陸の大名たちが特別な事がない限り、この街道を通って参勤交代をしなければなりませんでした。多くの家来を連れた大名行列が通ったり、多くの旅人達も賑やかに通った事であろう。このような事から加賀街道と呼ばれている。当時の街道の管理は高田藩が行っていた為、この松並木も高田藩が植えたものと思われます、多くの松は樹齢170年~200年くらいと言われている。

小学校の頃、遠足で五智の国分寺などに行く時には良くここを通ったもんだ、当時はまだ道の両側に松の大木が沢山残っていた記憶がある、時代の流れを実感する。   (写真は加賀街道に残る松の老木)

脇往還(わきおうかん) 
脇往還は、江戸時代の 五街道 以外の主要な街道、枝道の事で勘定奉行の管轄に置かれていて、1里塚、宿場、並木、等が整備されたところも多い。中原街道、川越街道、鎌倉街道、水戸街道、三国街道、北陸街道北国街道、、、、、など、、

五街道 
慶長9年(1604)に日本橋が五街道の起点として定められ一里毎に一里塚を設けて他、一定間隔毎に宿場を設けた。
東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道、

北国街道 
中山道、追分宿から分れて善光寺を通り、高田まで。

北陸街道 
北国街道から加賀(金沢)を通り、近江木之本を経て中山道にいたるまで。


             にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
256おすすめ

2010-05-07

世の中いろいろ、親子の愛情、、

今年の第85回高田城百万人観桜会は天候不順だったが、ゴールデンウイーク、連日の好天続きで各地の行楽地は大変な人出だったようだ、しかし、こちらは、と言うと、、 ずーーっと仕事、、、、、、  トホホ、、 当然暇だったなー、、、、  (^0^;)
連休も中盤のある日の夕方、駅前の待機場でボヤーっとしていると、70歳くらいか、いや本当はもっと若いのかもしれないが、、の女性と30歳くらいの男性、しかしこの男性、大変失礼かもしれないが、あー、普通の人ではないな! 直ぐに解った、私の方を見て何か手招きしている様子、、正面には他社のタクシーが2台いるし、何で! あッ、そーだ、よく当社を利用されるお客さんだ、私も今までに数回お供しているので住んで居られるところも解る、すーっと前に出てドアーを開け、いつも有難うございます、どうぞ! 2人が乗車してこられた、 いやー、この子を連れて長野の○○○に行って来たんだけど混んでいて大変だった、、との事、天気が良かったから何処も混んでいるでしょう、、、、 こんな障害者の子を持つと大変ですわ! 一瞬 ドキッとしたが、 内心、やっぱり、、、、



固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
171おすすめ

2010-05-06

[今日の話] 巡視船 ”えちご” 巡視艇 ”なつぎり”



港の前を通ると西埠頭に見慣れない船が着岸している、建物の蔭から煙突の一部が見える、ファンネルマーク(煙突のマーク)からして海上保安庁の艦船で有る事が直ぐに解ったが、測量船かなー? しかし良く見ると、後部甲板がいやに広いなー、 あー、巡視船 ”えちご ” だな!  ちょうど岸壁には消防署の救助工作車、消防車、等も数台止まっている、ちょっと気がひけるので後ろの佐渡汽船乗り場の岸壁より見学。
第九管区海上保安本部(新潟)は新潟県、富山県、石川県、長野県、を管轄するが、新潟海上保安部所属の巡視船だ、他に巡視船 ”ひだ”PL51 1,800トン、 ”やひこ”PL04 1,250トンが所属している。


巡視船 ”えちご” 
ヘリコプター1機搭載型、PLH 08 (Patrol Vessel Large with Helicopter)
総トン数  : 3,100 トン
長さ    : 105・5メーター 
幅     : 15・0メーター 
深さ    : 8・0メーター
エンジン  : ディーゼル 8,000PSX2其

我が町には上越海上保安署、所属の巡視艇 ”なつぎり”が停泊している、この船はいつ動くんだろう、、と思うほどいつも停泊している(写真) しかしこれからシーズンになると、特に休日は朝早くから姿が見えない、プレジャーボート、遊漁船のパトロールに行っている訳だ。私も以前ニッサンの100馬力の船内機を積んだおんぼろのプレジャーボートを所有していて、(マリーナが出来て維持費がかかるのでスクラップになった)沖に出て釣り、と言うよりも遊んでいると、遥か彼方に巡視艇の姿が、、やばい! 慌ててキャビンに入りライフジャケットを付けた、見る見るうちに接近してくる、、早いんだわ! 静かに横に来て、、、釣れてますか? いや、さっぱりですわ! あっちの方が釣れているようですよ、、と指差した、、ところで、海技免状持ってますか、! きたきた、持ってますがな、、この中に入れて下さい、、 とタモ(棒の先に網が付いている)を差し出してきた、中に海技免状を入れるとタモから取り出してチェック、、十分に気を付けて釣りをして下さい! と言い残して走り去った、、船は古いが装備だけは自慢じゃないがすごいんだ、、GPS,マリンVHF, パーソナル無線、アマチュア無線、など、、、

巡視艇 ”なつぎり” 
PC86 (Patrol Vessel Craft)
54 トン
長さ 27メーター




 
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
0おすすめ

2010-05-05

[古い航海日誌 本社勤務] お昼休み、、、

毎日の事なんだが昼食に苦労する、本社のビルの中のレストランは勿論、丸の内の食堂、レストラン(同じ意味かな!)昼時になるとどこも満員だ、特に人気の有る(値段が安い処か、美味しい処)レストラン、並んで待っている、嫁さんは弁当を作ってくれる、と言うんだが、正直なところ会社で家から弁当を持ってきて食べているのは数人、それも年配の定年前くらいの人、通勤電車に乗っても大抵は若い人は手ぶらだ、、当時は未だ色気もある若さだ、ちょっと格好が悪く家から弁当を持って行く気になれない、それに「愛妻弁当か」と冷やかされるのがおちだ、、、昼食を済ませ机に戻りボヤッとしているとたまに女性社員に、 ○○さん、散歩に行かない! 誘われる、あー、いいよ! 社内には数名ずつの幾つかのグループが有るようだな、たまには日比谷公園近くまで足を延ばす、大抵は本社の入っているビルの屋上、目の前が皇居だ、、、しかし女性が数名集まると怖いね! ○○さん、今の奥さんと別れて私と一緒にならない?  げッ、何を言い出すんだ、こいつ、、、、、  あー、顔が赤くなった、、、 何の事は無い、女性群にかまわれているんだな、その美女軍団も今はお婆ちゃんになっているだろう、、

              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
237おすすめ

2010-05-04

[今日の話] 一人ぼっちの リク、、

近くに住む娘、旦那の郷里の能登半島、羽咋に孫の乃愛ちゃんを連れて3人で里帰り、、乃愛ちゃんは生まれて初めての遠出だ、、、、しかし、
もう一人の家族、リクちゃん、本来ならばリクも一緒に連れて帰るところなんだが、、、しかーしだ!  実家にはリクよりも大きい狂猫?がいるんだ、よく何処からか大きな獲物を捕って銜えて、誇らしげに見せにくるんだそうだ、、、リクなんか睨まれたらひとたまりもないだろう、、、、いつも我が家で預かる事にしている、、と言っても娘が家に来る時は乃愛ちゃんといつもセットでやってくる、半分は我が家の飼い犬のようなもんだ、、、、昨日はちょっと寂しそうにしていたが、今日はもう元気に走り回っている、今日も暖かくなったし、久し振りにシャンプーをしてやった、、髪が延びちゃったので頭を、チョッピンしてもらってすまし顔、、、、リクママ、いつ帰ってくるのかな―、、、!

              にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
195おすすめ

2010-05-03

ブライダル業界のし烈な戦い、

買い物に行く途中、橋の上から、ふと右側を見るとある結婚式場が目に入った、、更に目線を広げると他にも2つの結婚式場が目に止まった。ほー、大変だなー、、、、!
1キロも有るか無しかの範囲内に3軒だ、、、、こちらは(写真左)1か月程前にオープンした式場だ、、他にも市内に以前よりの結婚式を含む総合イベント施設が有るんだ、、、
市内にフランス料理を売り物にしていた結婚式場併設の施設が3年前に広い敷地に新たに結婚式場をオープンした(写真右)、同じ敷地内に写真スタジオ、衣装スタジオ、居酒屋、美容スタジオ、等を併設している、、、

  
3つの施設の中では一番早く出来た施設だが、最近、大改装、リニューアルした施設だ、市内には以前からの式場、結婚式にも力を入れているホテル、比較的小規模の式場などかなりの数が有る、少子化が進む現在、若者のニーズに合った施設、企画が必要になってくる、IT関係が進歩した現在、5年後では遅い、2-3年後を見据えた経営が必要だろう。ブライダル業界のし烈な闘いは続くだろう、、、、


             にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
184おすすめ

2010-05-02

進入禁止、、、!

車両の進入禁止に関し道路交通法などでは次のように規定している。
道路法第46条第1項の規定に基づき、又は交通法第8条第1項の道路標識により、道路における車両の通行につき一定の方向に対する通行が禁止される道路において、車両がその方向に進入することを禁止すること。という規定が有る。
毎日の仕事場所の有る駅前のロータリー(写真)、駅の正面に向かっては一方通行で進入禁止だ、しかし駅のロータリーから出る車は直進、左折、右折、車線と結構道幅は広い、駅に向かう車は、ややもすると進入禁止の標識を見落とし突っ込んでくる車が多い、、ロータリーの部分は1車線はバスの降車場、乗り場、タクシーの乗り場、降車場、で使われている、残り1車線を逆行してくる車がよくいる、、連休に入り県外ナンバーの車も多い、県外ナンバーの車はまだしも、地元の車で進入禁止を逆行してくる車が結構いる、大体はシルバーマークを付けた高齢者の車、次が中年の女性ドライバー(おばさんの運転)の車、 おー、危ない! びっくりして急ブレーキをかけて止まり、手でバツ印を作って合図しても解ってるのか、解らないのか、何食わぬ顔をして通り過ぎる人、、じゃまだ! とばかりクラクションを鳴らすとんでもないドライバーもいる、、 参ったネ、、、!

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
191おすすめ

2010-05-01

[古いスコアカード 第3の人生] ケンウッドカップ観戦ツアー、、

取引先のメーカーがスポンサーになっている、ハワイのケンウッドカップ、ヨットレース、2年前に引き続きお誘いの声がかかった、店の方は店長のF君に頼んで友人の自営業のKさんも誘い行く事にした。
今回宿泊のホテルは以前に来た時に宿泊した、ハワイアンリージェントホテル(今はマリオットホテルに替ったようだ)の直ぐ近く、カラカウア通りを挟みワイキキの向かいのパシフィックビーチホテル、ここは巨大な水槽が有るレストランが有名だ、ホノルルの有るここオアフ島は右を見ても、左を見ても、日本人ばかり、しかしハワイは何回来ても良い所だね、有名人、お金持ちが別荘を持ったり、休養に訪れるのがわかる、、、、、
(写真はヨットレース観戦のナバテック号からワイキキ、ダイヤモンドヘッドを臨む)
       
もともとヨットなんて言うものは全く興味が無い、、せっかく来たのだから一度だけレースを観戦して、後は連日オプショナルツアーで、あっちこっちと忙しい、カウアイ島観光(写真)、ここも2回目だが船で川を上り、あしの洞窟、ここで結婚式を挙げる日本人も結構いるそうだ、、現地スタッフがギターを奏でて歌う歌、、、洞窟に反響して何とも神秘的だ、、、、、、
朝早く目が覚めて友人とワイキキの浜辺を散歩していると、現地の人と思われる老人が小さな物を肩に掛け、掃除機のホースのような物を持って砂浜を擦りながら歩いている、、、何してんだ、? まさか砂浜を掃除機で掃除しているんじゃあるめー、、! ある時テレビを見ているとハワイの事が報道されていた、 んッ、あの時と同じ光景だなー、、 掃除機では無く金属探知機で観光客が砂浜に落として行った硬貨を探しているんだそうだ、、
それにしてもカウアイ島からホノルルに帰る時の、アロハ航空のパイロット、
操縦室のドアーを開けっ放し、日本のカップヌードルを食べていた、 こちらの顔を見て、、日本語で、 美味しいよ! と言っていたのが印象的だった、、さすがアメリカ人だな、 今では考えられない光景だが、、、、、

               にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(7)
202おすすめ

TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





Profile

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る我が人生、






Recent Comments

お問い合わせ

RSS

RSS2.0

Access Counter

03909476

QRコード