大変勉強になった一日

2009-06-30

2日間の休みも終わり、今日から又泊を含めて5日間の勤務が始まる、夜半の雨も上がり今日は昼間の勤務、午前中駅前よりご乗車のお客さん、火力発電所建設地まで乗車、大手企業の技術屋さんだ、ほとんど毎週1-2日出張で来られるようだ。一般に技術やは難しそうな人が多いが、このお客さん色々と尋ねると、また丁寧に詳しく教えてくれるんだわ、発電所を太平洋側と日本海側に建設する意味??などなど。お客さん、電力会社は普通の製造業と違って、原料の安い時、暇な時などに多く発電して貯めておくという訳にはいかないんでなかなか難しいですね!、、んー、なかなか良いところに着眼したね、、貯めておく訳にはいかないが火力発電は原子力発電所と違って短時間に発電能力を変えられる、、、、、、、水力、火力、原子力、などなどそれぞれ長所、短所がある、、、、バランスよく造る事ですね、、、、な-るほどね-、

健康管理センターよりご乗車のご年配のお医者さん。運転手さん、もうこの仕事何十年やっているんですか? いえ、お客さん歳はベテランですが仕事は未だ1年ちょっと、新人です、でもこの仕事私に合っている様で楽しいですよ、それは良いことです、仕事をするのに苦痛を感じるのでは駄目です、私は普通の医者が皆嫌がるのが専門で楽しいですよ、だから70歳を過ぎても続けられる、、、、昔の話など色々とお聞かせ頂いた、、一般に気難しい感じの医師が多いんだが、、、こっちがそう思っているだけかもね!


あるホテルから数名の看護師さんが乗車された、どうやらこのホテルで検診が有ったようだな。中年の女性が3人だ、目的地に着くまで喋りっぱなし、
俺にも聞こえているんだが、そんな事まで喋っていいのかねー、と思うがそんな事お構いなし。たまにヤバイ話、Hな話になると、運転手さん、聞こえています? とくる、 いや、聞こえていませんよ! そー、じゃいいわね、内心、えッ、嘘だろう、、本当かよ、、  しいー! ないしょ! 

市内のはずれに配車になった。大手企業の営業マン、九州に出張だそうだ、これ又話好きで、最近の東海道新幹線の話など色々と聞かせて頂いた。
どれも結構な距離、売り上げには成るわ、色々勉強にはなるわ、6月最後の日、大変充実した1日でした。                 来月も頑張るじょー!   

  今日もポチっと お願いしますわにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
186おすすめ

[我が故郷] 福島城跡

2009-06-29

直江津港の近くに昔、福島城と言うお城が有ったらしい、、お恥ずかしい話この程度の知識で有った。天気に誘われて思い切って行って来た。港町にある古城小学校の西側の校門より校庭に入るとすぐ左側の一角が福島城跡として整備されている(写真)。 ちょうど佐渡汽船乗り場から徒歩で3~4分で行ける距離、待ち時間を利用してちょいと如何ですかな、、、、、

    

室町時代から江戸時代に移る当時の建築形式をもつ典型的な平城、大城郭で有る(写真右)福島城跡は昭和42年(1967)から部分的に発掘調査が行われ石垣の跡や陶磁器片などが出土したが、縄張りの全体像や建造物については判明していない。

  
福島城の歴史
上杉景勝は1598年豊臣秀吉より会津(120万石)に移封(国替え)を命ぜられ、豊臣秀吉の家臣、堀秀治が越前の国より入城、春日山城主となった。
堀氏は春日山城は山城で有り何かと不便であり、この地に築城を始めた。
ところが城が完成しない慶長11年(1606)5月26日堀秀冶が31歳で亡くなってしまい、子供の堀忠俊が11歳で春日山城を廃止して福島城の城主となった。ところが徳川家康も恐れていた家老の堀監物が亡くなると城主の後見人問題で監物の子供、直清と直寄が権力争いをしてしまい。それを知った徳川家康は慶長15年(1610)、堀氏を改易(領地などを取り上げる)とし堀家を潰してしまい、そして家康は同年直系の6男松平忠輝を信州・川中島から移し七十五万石の福島城主とした。外様大名の加賀100万石の前田家と米沢の上杉家を牽制する為の重大な意味があったと言われている。福島城は、慶長12年(1607)に完成したが、同19年に廃城となり、わずか七年間の存在でしかなかったが、時代が室町時代から江戸時代に移る当時の築城形式をしめす典型的な大城郭である。
その間に城主は堀忠俊・松平忠輝の二代にわたったが、いずれも一国一城の越後の城主であった。慶長8年(1603)、徳川家康が江戸幕府を開いてから、天下の諸侯は春日山城のような山城の必要がなくなり、堀氏も春日山城から福島城へ移ったのである。しかし、松平忠輝も四年後の慶長14年(1614)、福島城を廃止し、新たに高田城を築いて移ってしまった。城を移した理由は明らかではないが、毎年、雨季になれば関川、保倉川が氾濫するからだ(城主が波の音がうるさくて眠れないと言う説もある)と言うまことに短命な城であった。福島城跡碑(写真左)の建つ石垣の石は当時の石、である。
徳川家康が恐れていた天下の陪臣(またけらい)3傑
  堀監物直正(堀家) 直江兼続(上杉家) 小早川隆景(毛利家)

  ポチっとクリック、サンキュウですにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
固定リンク : トラックバック(0)
276おすすめ

久し振りに忙しかった週末、

2009-06-28

最近は暇な日が多いんだが、さすがは月末の週末、給料も大体は入ったし、大手企業はボーナスも出たし、、久し振りに忙しかった。こーでなくちゃねー!、、夕方6時半頃からのお客様はほとんどが居酒屋、割烹、など等へ、
そして、8時、9時頃は2次会へ向かうお客様が多い、、、だいたいこのお客さんが問題だ、、、、居酒屋、宴会場へ迎へに行ってもすぐに出てこない、やっと出てきてから又問題だ、、2次会はどこに行く、、俺は帰る、、あそこの店は、ばばーばかりだ、そこはブスが多い、、etc,,,
どーでもいいんだけど、忙しいんで早くしてよ!! と言いたいわ。。。。、、あげくのはて、行先は歩いても行けるすぐ近くのスナック、、、、、いい加減にしろ!  (^へ^) 、、 
そして11時頃より帰宅が始まる、これからが勝負、、思いがけない売上につながる事も、しかーし、、思いがけない、どうにもならない酔っ払い客に遭遇する事も、、、

夜の9時過ぎ、駅前のホテルに配車、行ってみると若いご夫婦に、子供、それとお婆ちゃん、、結婚式の2次会が終わり家に帰ると言う、行き先を聞くと結構遠い山間部だ、国道から県道に入り、どんどん山の中に入って行く、
内心、こんな処に住むの嫌だなー、、そして県道から脇道に入り更に奥へ、、、、、、、、、、、、、、、、
いやー、こんな奥に人家が有るんだろうか??、、そのうちに奥さん、荷物が有るから、下に降りてもらおうか、、、、旦那さん、 いやー、道が狭いし、急な坂だし、、、、???いや、お客さん、道さへ有ればどこにでも行きますよ!、、それじゃ、悪いけど、そこを左へ降りてくれる、、はい!
勿論、街灯なんてのはない、真っ暗、、内心、道なんて無いじゃないの、車のライトでは道は見えない、、?? 恐る恐る左にハンドルを切って1~2メーター行くと、とんでもなく急な下り坂、しかも道幅も車1台ぎりぎり、 参ったなー、、、、
えッ、お客さんこの道行くんですか? えー、右側は崖ですから気を付けて下さい、、道さへ有れば何処へでも行きます、と言った手前、、、??、、
お客さん、このまま行ってもUターン出来ますかね? えー、家の前で何とか。。。。いやー、お客さんには悪いが、俺はこのような処に住むの勘弁だわ、、、でも住めば都かね、、

 今日もご覧頂きまして有難うございます
   ご覧頂いたおついでにポチっとネ!⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
195おすすめ

[今日の話] 第2回 上越市 「謙信 兼続」検定

2009-06-26

戦国の武将、上杉謙信はご当地の春日山城で生まれ越後守護代として、私利私欲の為でなく、人として生きる正しい道 「義」 の為に戦いました。
その後継者となった上杉景勝は、謙信の義の心を受け継ぎ、家臣のNHK大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼読は兜の前に他人を思いやる仁愛の心を表した 「愛」の文字を掲げ上杉家を支えました。
上杉謙信公、上杉景勝公、直江兼読公、ゆかりの地であるご当地、上越市ではその遺徳、精神を学び、郷土の誇り、愛着を育んで頂く事を目的として、上越市「謙信、兼読」検定 を実施いたします。

と言う事で本年3月第1回検定が行われた。
 平成18年11月24日 申込
 平成19年 3月 2日 受験 
 平成19年 3月19日 発表

ボケ防止に受験し、何とか合格(私が合格するくらいだから簡単)


第2回上越市「謙信、兼続」検定が行われます。
  10月24日(土曜日)
  会場は、上越市、新潟市、 
  受付は7月1日から、

  詳細は、
  上越市「謙信、兼続」検定実行委員会事務局
 


▲尚、今回から前回の合格者を対象に「義の級」も 行われるんだと、
▲前回、同様の4者択一問題の他に記述式の問題も出題されるんだと、
▲合格ラインも80点にアップされるんだと、

合格者には「合格証」 (写真)が与えられる、又お店での商品の購入、飲食店などでの飲食、色々な催しものでの特典などなどが有る、、、、
先日、この特典を利用して 越後上越「天地人博」 2回目行って来た。


どうせ乗りかかった舟、ボケ防止も兼ねて、「義の級」受けてみるつもり、、しかーし今回は前回の様なわけにはいかないだろうなー!

     今日もポチっと頼むわにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
223おすすめ

[古い航海日誌  清峰丸] 順調な航海です、

2009-06-25

房総半島の南端、野島崎を過ぎると日本の島影も段々と遠ざかり、約2週間、見えるのは、 海 海 海 だ。どんどんと北上し千島列島、カムチャッカ半島の遥か沖合を航行中だ、3月とも成ると冬型もだいぶゆるみ、前航の大時化が嘘のようだ。しかし、今度はガスだ、ガスがかかり始めると一寸先が見えない、見えないと言っても、見えるのは海だけだけどさ、、この海域は北米航路、沢山の大型船が行きかう、、レーダーだけが頼り、2台のレーダーがフル稼働だ。故障すると夜中でも起こされる、、頼む!故障しないで!!  レーダーマストに付いている霧笛が鳴っている。 ボーッ! ボーッ!

無線室の時計だ、ちょっと変わっているでしょ! 毎日時報に合わせているので正確だ、 毎時間15分~18分 45分~48分 (赤色)地球上の中波500Khz(主に大型船、海岸局)での電波の発射を中止、聴守する、
毎時間00分~03分 30分~33分 (緑色) 中短波 2091Khz、 2182Khz (主に漁船など小型船、海岸局)での電波の発射を中止、聴守する、そしてその結果をログブック(業務日誌)に記載する。
この時間、この周波数にて、遭難信号、緊急信号、安全信号を送信する事になっている(急を要する場合はこの限りでない)。

 今日もポチっと押して頂けると有難いですにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
230おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 念願の、○○○○商会、開店だ!

2009-06-24

趣味がこうじて、よし、お店を始めよう!  と決めて約1年、昭和53年9月、遂に開店の日がきた。開店と言っても世間で言う華々しい開店風景は全くなし、
間口が2間半の小さなお店、小さな看板が一つ、勿論、電飾看板なんて―のも無い。東京の卸問屋1社との取引、花環の一つも無い、興味のない人から見れば、何のお店だろうねー、いつ、出来たのかね~! と言う感じだろう。かろうじて入口のガラスに貼ってあるポスターが頼り、、、、

      
お店にはエアコンも無し、これから段々と涼しくなる、来年の夏までには何とかしたいねー、、 ガラスのショーケースもすきすきだが、予算の関係で今は無理、、、、、、、、    (^0^;)
地元にはこの業界では老舗の会社が1社ある、到底ちから比べでは勝ち目はない、しかし、いずれは追いつき、追い越さねばなー、、
オープンして、お客さんが来てくれるんだろうか、、開店時間、カーテンを開けるが誰も開店を待っていてくれる人はいない、、当たり前か~!
開店のDM届いているんだろうかなー?? 数枚戻ってきたが後は戻ってこないところを見ればDMは着いているんだろう。    そして2時間くらいして、 きたー!、、、、、 
初めてのお客さんだ、 感激、、 閉店まで何人かのお客さんが来店、それでも7万円くらいの無線機が1台と小物が少々、、、、まー、こんなもんか。後は様子見のお客さんだ、、レジスターなんてのは当店には無い、印刷されたDMが入ってきた箱(写真右)が当店のレジだ????今でも私の机の引出しの中で小物入れとして活躍している。

    今日もポチっとお願い⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
                                    ついでにこっちも↓
固定リンク : トラックバック(0)
238おすすめ

[郷土の偉人] 小田嶽夫(芥川賞作家)

2009-06-23

小田嶽夫(本名 武夫)芥川賞作家
明治33年(1900)高田市竪春日町(現上越市本町1丁目)で呉服卸商の次男として兄、姉、3人兄弟の末っ子として生まれる。大正2年(1913)県立高田中学(現高田高校)へ入学。卒業後、東京外国語大学、支那語科入学、大正11年(1922)卒業し外務省亜細亜局に入り大正13年外務書記として中国、抗州に赴任、昭和3年に帰国したが文学活動に専念する為昭和5年7月外務省を退職した。
昭和11年(1936) 「城外」 (『文學生活』創刊号、1936年6月)で第3回芥川賞受賞。
昭和19年 (1944)に現、上越市寺町の善導寺に疎開。 そこで同じく疎開中だった写真家、濱谷浩 や作家、小山いとこ、画家、小杉放庵、 らと共に昭和21年に同人誌「文芸冊子」 を創刊。昭和50年(1975) 「郁達夫伝」平林たい子賞を受賞。
昭和53年(1978)小田嶽夫 文学碑(写真右)が、スキー発祥の地、上越市の金谷山に建立された。
昭和54年(1979)6月2日急性心不全の為、東京、小金井市で79歳の生涯を閉じた。

代表作
●「城外」       昭和11年(1936)
●「裏がわの町」  昭和24年(1949)
●「高陽草子」    昭和48年(1973)
●「郁達夫伝」    昭和50年(1975)
     
ほとんどの作品が中国に眼を向けたもので、代表作の「城外」もその一つである。しかし、「高陽草子」には、郷土(高田)への思いをこめた文章が多く書かれている。

   いつも応援有難うございます。
   ご覧頂いたおついでにポチっとにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ


固定リンク : トラックバック(5)
307おすすめ

[今日の話] 建設が進む火力発電所、

2009-06-22

○○電力の火力発電所、建設現場、ちょうど1年前はほとんど基礎の杭打ちが行われていて、おびただしい数の杭打ち機、クレーンが並んで(写真)、燃料貯蔵用のタンクの建設が始まったばかりであった。
1年経った現在は3つ出来る予定の、13万K/L入ると言う、燃料貯蔵用のタンクも1つ完成、2つ目が建設されている、発電機が入る建物、大きな煙突も建設中だ(写真)、送電用の高圧鉄塔はほぼ出来ているようだ、近々電線を張る工事も始まるだろうな、
大手サルベージ会社の大型海上クレーン、先日まで陸上近くに停泊していたが今日、近くを通ったら、現場に移動し作業しているようだ。多分、大型タンカーが着岸する場所の工事かな、
ちょうど1年前は300人くらいの工事関係者が入っている、と言う話だったが、今は恐らく500人を超す関係者が入っているだろう、ピーク時は1,000人をゆうに超すと言う。大した事だね、、完成すれば10数万トンのLNGタンカー(写真)も入り港も少しは活気つくかな、、、


 今日もポチっと押して頂けると
       サンキュウですにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
216おすすめ

[今日の話] 忘れられた、父の日、、

2009-06-21

テレビや世間では ”父の日、父の日”と騒いでいるが、子供たちが大きくなった今、全く忘れられた存在だ。7月21日、父の日、夏至、、、、、、、、、あー、今日は夏至だねー、ウナギを食べる日だね~、、ってな感じ。 寂しい~! (^0^;)
先日妻がどこかの整理をしていて、こんな物が出てきた、と一つの封筒をくれた。封筒には鉛筆で おとうさんへ と書いてある、、なかの手紙を出して見ると、決して上手とは言えないが、まー、読めない事はない、、長男が幼稚園か小学1年の時、父の日に書いてプレゼントしてくれた手紙だ、、、、、その息子も朝から行き先も告げずに、どこかに遊びに行った、、無我夢中で歩んできた人生、自分も歳をとる訳だわなー、、、と感じるこの頃、

   今日も有難うございます、
       ポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
210おすすめ

いやー、世の中狭いね~、、

2009-06-20

今日は泊り勤務だ、最近はあまり忙しくはない、今日もどちらかと言うと暇なぶるいだな、、、しかーしだ、、夜も開けかけた朝4時、温泉宿泊施設に配車だ、、フロントに行き、告げると、、フロントマンが眠そうに、今、 ○○さん起こしましたからちょっと待って下さい、、、

今日は明け方から終業まで結構忙しかった、お陰で売上目標、大台突破!
釣り竿、クールボックス、荷物を持った70歳は過ぎているであろう男のお客様、行き先を聞くとお客さんもはっきり解らない、昨日も行かれたようだ、確か右に風力発電があったなー左に大きなタンクが有ったなー、などなど、まー、釣り竿を持って山に行く人はいないだろう、、悪い頭を駆使して進むと、、あー、運転手さん、昨日もここを通ったよ、、よしよし、、ここも通ったよ、、OK,OK,、、20分くらいで目的地の防波堤のあるところに着いた、、すでに何人もの釣り客が防波堤から釣りをしている、、なーるほど、良いところが有るんだわ、、釣りをしない地元の私も知らなかったな、、聞くと東京の練馬にお住まいで、昨日からこちらに滞在との事、、、運転手さん、昨日、前をフェリーが通ったが、あの船は何処へ行の?、、、お客さん、あの船は佐渡に行くフェリーですよ、、あそー、じゃ明日は佐渡にでも行くかな、、、なんとまー、羨ましい暮らしだね、歳をとったら、こーで有りたいね、、、、、、、、、、、、 (^0^)、、
運転手さん、嫌になったら又電話するから迎えに来て、、はい、私は来れないと思いますが、フロントによくここの場所を説明しておきますから、、、泊勤務も終わりに近づいた10時前、駅で空車に、、さーて、終わりかな、、、すると、ピンポーン 又配車だ、、モニターを見ると、簡単に、、東京の釣り人、○○さん、、、、偶然、空車になった私が又お迎えに、、、、、、お客さん、収穫、有りましたか???、、 いやー、藻ばかり引っ掛かって駄目だわ!、、天気は良いし、佐渡にでも行かれますか、、 宿に帰って温泉にでも浸かって考えるわ!    羨ましー!   

                  
朝の8時頃○○電力の火力発電所、建設現場へ配車、、、大手建設会社の現場事務所へ行くと一人の男が待っていた、すでに数百人の工事関係者が入っている、まだまだ人数が増えるそうだ。話していると関西なまり、、、お客さんご出身はどちらですか? と尋ねると、今の会社は名古屋だが出身は和歌山県だよ、、、 へー、和歌山のどちらですか?、、 和歌山県の最南端だよ、串本ですか??橋杭岩(写真)有名ですよねー、、、  へー、運転手さん詳しいね!、、、、、、   (^0^)
えー、昔、学生の頃の同級生が串本出身で家が橋杭岩の前でした、1年間下宿も一緒で、休みの時に彼の家に遊びに行きましたよ、向いの大島にも行きました、良いところですねー!、、、いろいろと話していると、、んー、運転手さん、その人、名前なんて言うの?、、えー、山○○○です、、、えー、それ俺の同級生だよ、、、彼は今どうしているね?、、今、大阪に住んでいます、毎年年賀状は来ます、元気な証拠ですね、、、いやー、話が弾む事、話が弾み過ぎて、お客さんタクシーを降りる時、運転手さん、今晩一杯、一緒にやりませんか、、ときた。 いやー、この人となら絶対に割り勘負けするな、お客さん、今日は泊り勤務で、帰って少し寝ないといけませんし、有難いんですが、又の機会にお願いします、、と丁重にお断り、、そーか、残念やなー!、、、     いやー、世の中狭いねー!! 

橋杭岩
弘法大師と天の邪鬼とが一晩で大島まで橋を架ける競争をしたが、負けそうになった天邪鬼が鶏の鳴き真似をして、弘法大使に夜が明けたと思わせた。そのため、弘法大師が作業を止め、橋を完成させることなく杭だけで終わったという伝説を生み出した奇岩群。

   いつも有難うございます、
 ご覧頂いたおついでにポチっと押して⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ

固定リンク : トラックバック(0)
235おすすめ

[古い航海日誌  清峰丸] 広島出港、アメリカ向け、

2009-06-18

広島で1週間ほど停泊して荷役作業も終わり、アメリカ向け出港した。今航の積み地は、ワシントン州エバレットだ。今度日本に帰ればちょうど各地でが満開の頃か、、瀬戸内海を通り、大阪湾、友ヶ島水道、を通り太平洋にでる。(写真は荷役中の本船)

   
海上から眺める景色は良い、外海と違ってほとんど大した時化もないだろう、名も知らない小さな島が(島には名前が有るんだろうが、私が知らないだけ)多数見渡せる。ボートデッキのハンドレールにもたれて、海を眺めていると、目まぐるしく動いている世の中が嘘のようだ。、、、、、、、、、、、
今航、日本に帰ったら結婚のため特別休暇下船だ、今航は何事もなく行きたいね、前航海はいろいろとあったからなー!

   今日もポチっとお願いねにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
250おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 開店準備、親のありがたさ!

2009-06-17

乗船中に色々と退職後の事業計画を考えたんだが、なかなか計画通りにはいかない、特に限られた予算、店の目の前が信用金庫だが、何だか解らない者に銀行も融資はしないだろうしね、、商品を入れるガラスのショーケース、縦型と横型を買った、棚などは自作だ、この際、恰好はどうでもよい事に、
以前は地元の本屋さんが入っていた、壁などはそんなに汚れてはいない、とにかく商品の仕入れに重点を置かないと、、、とりあえずは東京の卸問屋さんとの付き合いだ、しかし当分は現金取引、、、辛い!、、

    
2回は住居、北側の窓を開けると、2歳半のじっとしていない長男は、身を乗り出して危ない、父が知り合いの大工さんを頼んで格子を付けてくれた。
南側のベランダ、ここもちょっと台に乗れば危険だって事で父がヤマハのバイクで通い金網を付けてくれた。、、、、、 (●^0^●) 、、、   
オープンの案内DM,内容は私が考え印刷屋に印刷を頼んだ、黒1色の色気もないDM,今考えると、恥ずかしいわ! (汗) 問題はあて名書きだ、、これも父に頼んだら快く引き受けてくれた、毎日庭にゴザをひき、テーブルを出し、書いてくれた。今のようにパソコンでも有れば簡単な事だが、、小さい頃から大そう厳しい、おっかない父親だったが、自分も子を持つ親になり、つくずく親の有り難さを実感した。その父も他界して20年になる、そして母も2年前に100歳を前に他界してしまった、自分も何か早足で近ずいている気がするが、私には次の第4の人生が待っているんで、そんなに急ぐなよおー、と言いたいね。

     今日もポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
229おすすめ

忙しかった2日間、

2009-06-16

日、月、火、と3日間は昼間の勤務、太陽さんが輝いている時に働くのもいいねー! 昼間の勤務は月曜日は比較的忙しい、昨日はバカ忙しかった、、朝からほとんど駅構内での待機はなし、お客様は半分以上はお年寄り、、病院へ、薬局へ、スーパーへ、などなど、それに昨日は年金の支給日、これが結構影響する、お金が入ると使いたくなる、、、、
よく利用して頂いている一人暮らしのお婆ちゃん、私も何回もお供している、スーパーから自宅まで、、有難うございました、お客さん¥1,210円です、、、千円札と100円硬貨3枚持って、、運転手さん10円無いんだけどまけてくれない?、、、タクシー料金を値切る人はほとんどいないんだが、、、お客さん90円お釣りありますが、、と言おうと思ったが、、はい、結構です、10円サービスします、、、するとお客さん、 210円まけてくれない?ときた、、、ダメ、ダメ、、、

最近は昼間も比較的暇な日が多いんだが、今日も比較的忙しい、昨日ほどではないがね、、3時過ぎ「天地人」でおなじみの春日山に配車になった。行ってみると2人の女性(結構年配の親子の感じ)、頂上の本丸跡まで登って来たとの事、、、運転手さん、あまり時間がないんだが、どこかお勧めの所あります?、、えー、お客さん、お勧めの処、たくさんありますよ、、静岡県の田舎町から来たとの事、、、3か所ほど案内させて頂き、そして駅までお供させて頂いた。
ひと段落で駅構内で待機していると、、ピンポーン、、配車だ、モニターを見ると、 んっ、何ッ、有名なファッションホテルだ、、こんな天気のいい、昼間からよー!、、着いて指定された車庫の前で待っていると、出てきました40代の2人ずれ、初めの頃は歳甲斐もなく、ドキドキしたもんだが最近は自動ドアーを開けて、どーぞー、!車中では気まずそうに一言も喋らない、スッピン顔の女性、浮気でもなさそーだし、、夫婦かなー?まー、どっちでもいいわ、、それにしてもこんな昼間から、、  ♡ ♡ ♡ 

     いつも有難うございます
     おついでにポチっとネ⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
281おすすめ

[我が故郷、天地人] 茶臼山城跡

2009-06-15

上越市頚城区にある雁金城とともに春日山城の支城の一つの茶臼山城跡に行って来た。県道、新井、柿崎線の頚城区上増田の信号を吉川町方面に暫く進むと案内板(写真)がある。矢住地内に入ると左側に小さな案内板(気が付きにくい)が有るが、その先を右に曲がると茶臼山(写真右)がある。


付近一帯は茶臼山城跡公園として整備されている。


    
茶臼山城は標高43メーターの円錐状の砦であり、戦国時代の典型的な山城である。山頂に本丸があり、虎口(こぐち、入口のこと)や土塁がある事から、そこに木柵をめぐらし、中央に櫓を築いていたと考えられる。本丸のすぐ下には井戸、空堀、腰郭、又3か所に削平地、などがある。
茶臼山城については史料がなく伝承によると手島清蔵源景行が城主であったが、「御館の乱」で敗れた上杉三郎景虎に仕えていた城主の手島氏は景勝方の敵軍に包囲され大潟湿地から柿崎浜へ逃れ、船で阿賀北の「島見浜」に逃れた。
写真左は頂上、本丸跡に建つ展望台、当時が偲ばれる形をしている。

上陸した手島清蔵源景行はその後、武士より出家し栄玄と称し、そこに堂宇を建立した。西厳寺(現、新潟市島見町)は浄土真宗の寺院で約400年の歴史を持ち、住職と御門徒は往古を偲び本丸跡に記念碑を建立した(写真右)
古井戸と琴姫物語
この古井戸は本丸の下、二の郭の東端に有り、直径2,7m、深さ3mの竪井戸である。「御館の乱」で敗れた景虎に仕えていた茶臼山城主は城を棄てて逃れる決意を固めた。城主には大変美しい一人の娘がおり、琴の名手であった。城主は落城の際、この姫を伴って落ち延びる事は不可能だと知り、姫を残す決意を固めた。まさか敵とて姫の命を奪う事はないと思ったからである。しかし姫は景虎公を恋い慕うあまり、古井戸に身を投じて死んでしまった。井戸に石を投じると、姫の奏でる悲しい琴の音が今でも響いてくるようである。真夏でも井戸の水は涸れる事がなく、不思議な井戸であり、琴姫の悲しみの涙だとも言い伝えられている。
試しにこっそりと石を投じてみたが、、 んー、どうだろう! 

   今日もご覧頂いたおついでに
           ポチっとにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
固定リンク : トラックバック(0)
264おすすめ

[今日の話] 痛い、イテッ、参ったなー!

2009-06-14

昨日は7か月ぶりのゴルフ、(練習なんて自慢じゃないが全くしていない)
ゴルフ場について準備していたら雨が降りはじめ段々と大降りに、そしても鳴り始めた、プレイも中断になった。こりゃ参ったなー!、、しかーしだ、、準備も終わり準備体操をしていると雨も段々と小降りに、、
雷も止み、プレイも再開になった。そして我々のスタートの時間になると、晴れて陽もさし始めてきた、、、 やっぱり普段の行いだわ、、 (^0^)
プレイは前回よりはスコアーも良くなった、でも大叩きのホールが2ホール有った、これが無ければもう少しスコアーがまとまったのになー、、残念!
でも楽しかった、そしてプレイが終わったら途端に、ガスがかかって来た、一寸先が見えないぞ、、、ざまーみろ! やっぱり普段の行いだわ、、、、
疲れて夜はぐっすり、、、朝起きたら、 痛い痛い痛い、、、腰から下が全て、どこも、痛い、痛い、、、、今日は日曜日だが勤務、いやだなー!
3-4日駄目だね、、運動不足、痛感しました。  参った! 

    いつも有難うございます
     今日もポチっとお願いにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
201おすすめ

[今日の話] 久しぶりのゴルフ、

2009-06-13

ゴルフクラブを封印して7年、昨年秋、会社のコンペで7年ぶりにクラブを握った。そして7か月、春のコンペだ、勤務の都合でみんな一緒には出来ない、1-2組くらいずつ何日かに分かれて開催、今日は3日目だな、、、
昔は朝、必要なものをバッグにちょいと詰め込んで、。 さーて、行くか!、、、
ところが今は違うな、前の日から準備、シューズはどこだったかなーウエアーはどれを着るかなーボールは何個くらい持っていくかなー、万全の準備か、、、、その割には何か忘れるんだなー!、、、
朝起きたら予報通り天気は曇り、雨さえ降らなければこの方が暑くなくていい、、、、、、、さーて、行ってくるかねー! 


      今日もポチっと頼む⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
246おすすめ

[古い航海日誌  清峰丸] 広島港着岸、荷役が始まった、

2009-06-10

2日間の沖待ちも終わり本船はタグボートに引かれて広島、宇品港に着岸した。さっそく材木の荷役作業が始まり、慌ただしさを取り戻す。航海中の船用品、食料品の積み込みも始まる、本社からいろいろの書類、乗組員あての手紙などがどっさり届く、しゅ分けは我が事務部の仕事、結構忙しいんだわ、停泊中、休みを利用して大阪から婚約者が結婚式の打ち合わせでやって来た、しかし昼間は何かと忙しく、ゆっくり話も出来ない、一人で広島の市内観光に出かけた。土産にアメリカで仕入れたサンキスト、オレンジ、1箱実家に送ったよ。

彼女も仕事があるので本船で一泊して又大阪に戻った。駅まで見送りに行ったが、当時は別れるのが辛かったんだろうなー! と想像するが、今は亭主、元気で留守がいい、、って感じだな。。。。。。。
翌日一人で上陸、港の近くの場末のスナックに入ってみた。結婚したら、そうそう飲みに出るわけにも行かないだろう、、、店に入るとお客はいない、中年のママさんが一人カウンターに座っていた。他にお客はいなく、暇つぶしに話をするのには好都合だ、色々とつまらない話をしていると、ママさん、 お客さん、広島の人ではなさそうね、、どこから来たの?、、
どこからって、遠いところだよ、、 どんな人?、、 どんな人って、普通の人だよ、、当時はカラオケなんて―のは無い、、有線放送だろうか、森進一の ”港町ブルース” が流れていた。大流行であちこちで聞こえていたなー、、 この曲を聴くと何故か、わびしさ、と言うか、寂しさを感じる、だけどこの曲は好きだね~、、、 

     今日もポチっとお願いねにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
230おすすめ

ちょっと気になるお客、??

2009-06-09

今日は朝の10時から夜の11時までの勤務、いわゆるロング、と呼ばれている勤務だ、会社で弁当を昼、夜、と2回食べる。
月曜日は比較的、朝の時間帯は忙しいんだが、10時ともなれば一区切り、それでも近くばかりだが、お年寄りの送り迎え、と結構忙しかったな、、、
午後1時近く、そろそろ昼食かなー、駅構内で待機していると、ピンポーン! 配車だ、モニターを見ると駅、観光案内所より観光案内、、、、、、、、、とでた。
目の前の観光案内所に車を付けて中に行くと、外でお待ちのお客さんだ、と言う。見ると前のベンチに一人の老人が杖を持って掛けている。?????80歳近いのではないだろうか、いや、過ぎているかも、、、お客様御一人ですか? と尋ねると、 そーだ、と言う、乗車して頂き色々と尋ねると、少しあちこち色々な所を見たいと言う。。んー、ちょっと普通の観光客とは違うような気がするがなー!

2時間の貸切観光と言う事にした、天地人博会場、親鸞聖人上陸の地、と順番にご案内し、、、、車内、ご案内の途中などで尋ねると、名古屋から今朝4時に起きて、中央線、信越線と乗り換えて来られたようだ、、普通は大体ご夫婦で来られる事が多い(前回の観光案内もそうだった)。ご高齢の方が一人で、しかも杖を使われる状態で、もし家族がいれば一人旅を許すだろうか、、??一番気になったのは荷物が全くなかった、お話をしていると、ところどころに関西弁なまりが出るので名古屋の人なんでしょうね、、ある神社で 記念に記帳でもどうですか? と尋ねると、そーだな、細かい住所は良いだろう、、と言い、 名古屋市、 ○○○○ と名前を記帳された。こちらからのお話には答えられるが、あまり喋られない、まー、高齢の男の人はあまり喋られない人が多い、、その点、同じ年代の女の人、、、良く喋る人が多いねー
今晩の宿泊先を訪ねると、まだ宿は取ってないが駅前のホテルにでも泊まると言う、、んー、ちょっと気になるなー!、、身だしなみは、失礼だが、高齢にしては大変センスの良いシャツの上に上着を着ておられた。3時過ぎ予定の案内が終わり駅で下車された。。。。。夕方6時過ぎ駅構内で待機していると駅構内のアーケードを記憶に新しい人が杖をついて歩いている、 んっ、さっきのお客さんだ、もうこの時間ならてっきりホテルにでも居られると思っていたが、しかも、登りのエスカレーターに乗って駅の方に行かれた??????    ちょっと気になるなー

       ポチっとお願いネにほんブログ村 シニア日記ブログへ

固定リンク : トラックバック(0)
222おすすめ

[今日の話] 俺も1歳になったワン!

2009-06-08

  

俺,この間1歳になったワン! 
 でもたまに、遊びボケてシッコ、失敗する。
 今日も失敗して、爺ちゃんに叩かれた。
 
         
              (^へ^;) 


  
 
     今日もポチっとお願いにほんブログ村 シニア日記ブログへ                こっちも↓
固定リンク : トラックバック(0)
232おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] さー、引っ越しだ、

2009-06-07

引っ越しの準備も終わり、いよいよ大分を後にする日が来た。九州から北の国、新潟まで、結構あるねー。ボロだが一応自家用車もあるし、大分からはフェリーで神戸まで行く事にした。今は最新鋭の大型フェリー、サンフラワーが就航しているようだが、当時のダイヤモンドフェリー(写真)船体にイルカのマークが付いていた、今でもはっきりと脳裏に焼き付いている。
夕方まだ陽が高い時間の出港だ。見送りに来てくれた妻の父親、新潟か、遠いなー! と寂しそうに言っていたのが少し気がかりだ。3年頑張って駄目なら又考えよう、、と心に決めていた。それが随分と長いことやったなー、、、、、、、!
船の出港と言うのは何か寂しさを感じる、ドラが鳴り響き、静かに岸壁を離れた、防波堤先端の灯台の明かりが第3の人生のスタートを祝ってくれているようだ。私と妻と2歳の息子と3人で、大分の街並み、別府の高崎山の光景が薄れるまでデッキから眺めた。  (^へ^;)

朝、無事神戸港に着岸した。さー、これからが大変なんだわ! 予め地図で調べたわずかな知識を頼りに、何とか名神高速に乗った、、ちょうど朝の時間帯、高速も混んでいる、にもかかわらず、皆なバンバン飛ばしている。しかーしだ、わが愛車、カローラ1100(写真、同型車) 80キロ以上の走行は危険だ、と判断していた、エンジンが焼けてくるんだわ、70キロで走っていると後ろからライトでパッシングしてくる、みんな迷惑そうな顔をして追い越して行く。それや100キロ走行のところを70キロで走っていれば迷惑だわな、この車で高速を走るのは初めて、とにかく70キロ走行で、だまし、だまし、4-50分くらいで休憩した。当時、北陸高速道は、まだ金沢までしか開通していない。午後ようやく無事、金沢で高速のインターを下りた。それから国道8号線をトボトボと、富山県から新潟県に入ったら、とっぷりと日も暮れていた。天下の険、親不知、子不知を通り夜の9時頃無事、新潟の実家に着いた。

  いつも有難うございます
 今日もご覧頂いたおついでにポチッにほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(0)
245おすすめ

年に一度、恒例の総合研修

2009-06-06

朝6時40分、 おはようございます、 おまちどうさまでした、 どちらまでいらっしゃいますか、 はい、かしこまりました、 ありがとうございました、 の5大接客用語の朗読の発声練習から今日の研修がスタートした。昨年までは上杉謙信ゆかりの曹洞宗 林泉寺で行われていたが、今年はNHK 大河ドラマ 「天地人」で大賑わい。
今年の会場は西本願寺直属の寺院、「本願寺国府別院」 (写真)ここも浄土真宗の開祖、親鸞聖人が越後に流罪となり妻の恵信尼公と生活をされ布教活動をされた竹ヶ前草庵(たけがはなそうあん)のあったところ。

本堂へ移動し住職さんとお経をあげる、そして住職さんの、ありがたーい法話、、、会社トップの講話、担当課よりのいろいろな説明やら、、、、
そして外に出て一番嫌な、接客などの、ロールプレイング。交替で次々と皆なの前でのロープレ、、30年以上のベテランドライバーが講評、指導する、歳だけは負けないくらいにベテランなんだが仕事は新米だもんなー!でも、これがこの仕事の基本、、仕方ないか、、、、 (●^0^●)

        ポチっと押してにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
263おすすめ

[我が故郷] 山寺薬師と延命清水

2009-06-05

上越市板倉区東山寺にある山寺薬師に行って来た。新井、柿崎線、板倉区地内から、県道254を久々野、山寺薬師、やすらぎ荘、方面に入り山部地内(しみず屋の先)のY字路を左にしばらく進むと右側に、温泉宿泊施設、「やすらぎ荘」がある、その先のY字路を左に橋を渡り進む、ゆるい坂を登り進むと山寺薬師がある。道路脇の駐車場に車を止め、長い石段を登る(写真)
薬師堂の参道周辺は、樹齢700年を超える杉並木と樹林に囲まれている。山寺薬師境内、並びに杉並木は上越市指定の天然記念物に指定されている。
    
千数百年前の平安時代のはじめに近くの丈六山(560メーター)の山腹に開かれたという天台宗山寺山(浄楽山)乙宝寺に安置されていたという5つの如来様が、鎌倉時代の始めに焼失してしまった。
その後、室町時代の明徳・応永年間(1390~1427)に三善讃阿の寄進により京の仏師、筑後法眼の手によって再建されたのが現在の三体の仏像である
    
山寺薬師三尊像について
正面向かって右から、釈迦如来座像薬師如来座像阿弥陀如来座像と三体の仏像が安置されています。 薬師如来像胎内には、大檀那三善讃阿、応永2年(1395)7月2日大仏師・筑後法眼、又、釈迦如来像胎内には、勧進沙門祐山、明徳5年7月10日、作者・六条仏師筑後法眼、とそれぞれ墨書銘が記されております。この仏像の寄進者は、三善為教 (恵信尼の父ではないかといわれている)の子孫である三善讃阿沙門であり、仏像の作者は、京都六条の仏師・筑後法眼である事があきらかになっており、県の文化財に指定されている。
延命清水
表参道、石段の登り口を右方向に少し登ると、延命の泉と呼ばれる泉があります。この泉は、どんな日照でも、又どんな大雨の時でも水量は常に一定だと言われている。この泉の水は、若がえりの水、万病にきくと言われ、難病の人々がこの泉の一滴で尊い命がすくわれたとも言われ、延命清水とよばれています。休日ともなると多くの人が、遠くは県外からもポリタンクを持って水を汲みに訪れる。
聖の窟
薬師堂の左、納経堂の細道を約7-8分程歩くと、親鸞聖人、恵信尼の三男・栗沢信蓮坊が(丈六山560m)修業したと言われる洞窟があり、当時の面影を残している聖の窟(写真)がある。頸城平野・日本海が眼下に見渡せる絶景の地であり、岩窟は歴史の古さを偲ばせる。窟の下方には親鸞聖人と妻・恵信尼の顕彰碑が建てられ休憩所となっている。

   いつも有難うございます
  今日もポチっとお願いします⇒にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

固定リンク : トラックバック(1)
275おすすめ

[古い航海日誌  清峰丸] 広島入港、 同僚との再会、、

2009-06-04

昼前に広島港の郊外にアンカー(錨)をおろした。岸壁がふさがっている為2日ほど沖待ちと言う。さっそく税関が訪船してきた、入港手続きも無事終わり、休暇下船する乗組員の交代の乗組員が乗船してきた、今回は7人の乗組員が交代する。乗下船者の公認手続きの為の書類を作成、昼食後、サンパン(通船)で上陸、40日ぶりに日本の地を踏んだ。  やっぱり日本はいい!、、、、、、、、、

上陸後、港の近くの運輸省(現、国土交通省)の海運局へ向かい、雇い入れ、雇い止め(転入、転出、の手続きの様なもんだね)の手続き。
海運局の窓口で手続きの終わるのを待っていると1人の男が入って来た。よく見ると、、、んっ、、同期のFじゃないか?? 思わず、 よーッF、元気だったか! 返事がない、しまったー人違いか、バツの悪いこと、、それにしてもそっくりだなー、、、、、、一時したら、そっくりの男が私に向い、
おまえ、何してんだ、、ときた。 おー、やっぱりFか!、何をしてんだって、分らんかい、海運局にラーメンを食べに来るのはいないよ、公認手続きにきたんだよ。俺もそーだ、、と言う。今は冷凍船に通信長で乗船しているようだ、5年ぶりだが、相変わらず愛相の悪いやつだ、、ちっとも変っていない、、お茶でも誘い少し話をしようとも思ったが、、やーめた!! 
その後船をおりて、伊豆諸島の、ある漁業無線局の局長をしている、と言う噂を聞いたが、、、、、、、どうしているだろう。
休暇下船する乗組員、公認手続きの終わった船員手帳を私が持ち帰るのを待っている、急いで通船でトンボ帰り、本船に戻った。。

      ポチっと押して下さい⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 
固定リンク : トラックバック(0)
255おすすめ

[今日の話] 大ショッピングゾーン、、

2009-06-03

平成6年に我が国初のパワーセンターとして、富岡地区にオープンした上越ウイングマーケット、膨大な敷地にカウボーイを中心に沢山の大型店が出来、近隣地域からも連日、観光バスなどでの視察、買い物客で連日、大変な人出であった。以前は田圃であった所が一大ショッピングセンターに変わった。田んぼが売れて億万長者も出たと言う。
しかし、数年後、(^へ^)今度はそこから数百メーターのところに、またまたJASCOを中心に大ショッピングゾーンが開発された(写真)


そして数年後に隣接する土地がさらに商業地に開発され、一大ショッピングゾーンに変わった。大手店舗が軒を並べる。
家電量販店、 ヤマダ電機コジマ電機、ジョーシン電器、(以前はこのほかに、ケーズ電気、真電)、洋服の青山AOKI,SANKI,CALAJA, などなど、、スーパーセンター、ムサシ (ホームセンターだがない物は無い、くらい)戸田書店TUTAYA,北陸家具、ドラッグストアーアオキ、大型靴店、カー用品イエローハット、ゴルフ5、スポーツデポ上州屋、ギフトのハクシン、100円均一ショップ、リサイクルショップ、アメリカ屋、メガネスーパー、ほかにも比較的小規模なメンズショップ、衣料品関係などなど、、

ゲームセンター、コンビニもセブンイレブンローソンパチンコN-1、パチンコ D-ZONE、食べ物屋も回転寿司が2店舗、焼き肉カレー専門店、牛丼屋、イタリヤ料理中華料理ラーメン屋、居酒屋、など等。
ガソリンスタンドもセルフを含め4店舗、入浴施設も、天然温泉の門前の湯
七福の湯、、など等、、

そして2年くらい前、同じ敷地内に総合病院(写真右)が移転してきた。
又敷地内の中心地が空いていたがここに北、南、の2つの警察署が統合して移転してきた。隣接して総合施設、リージョンプラザ上越、物産センターなどもあり、空いている土地もどんどん開発されている。
こんな中、昨年、市の南部(妙高寄り)にVALO(バロー)を中心にした3番目のショッピングゾーンがオープンした。しかし、こちらと、ウイングマーケット、ウイークデイは広い駐車場も車はパラパラ、、、、あくまでも私個人的な見解として、勝負はついたって感じ! 

   いつも有難うございます、ポチっとお願いにほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(2)
274おすすめ

[古いスコアカード 第3の人生] 引っ越し準備

2009-06-02

いつもは休暇下船すると2-3日、家で休み、それから一人、車で3-4日旅に出る、同じく休暇中の同僚を訪ねて、泊めて頂き観光地を案内してもらう、一石二鳥というもんだ、、、子供はまだ小さいので一人旅がいい、、しかし今回はそうはいかない、、早速に故郷に帰り、商売を始める、店舗、アパート探しだ。不動産やを2-3軒回った、比較的市役所に近く国道18号線と県道の交差点から少し入ったところの、店舗併用住宅、ちょうど真ん中の店舗が空いているとの事、(写真下)当時は左側が薬屋、右側がデザイン事務所が入居していた。1回は店舗、トイレ、風呂、2階が6畳2間とキッチンだ。駐車場は店の前に2台分、しかし前が信用金庫だ、広い駐車場が有るわね!

家賃は6万円と言う、値段交渉もしてみたが、アパートを借りるだけでも3-4万円しますよ、店舗付きだから安いですよ、ダメ、と言う。よし、これに決めるか、、、今度は借りるのに保証人がいると言う(当たり前だわな!)、、家賃を払うのに何が保証人ですか、、初めから家賃を払わないつもりで借りる人はいません、家賃が払えなくなる前に商売辞めますわ、、訳のわからない屁理屈を言って不動産やを困らせた、、よし、おまん(あんた)そこまで言うんだったら、保証人なしで、家主さんに話しますわ、、私も保証人無しで仲介するの初めてだわ、、、と言う訳で保証人無しで契約。俺も若かったなー、今じゃそんな事、言えねー、、、、、、、
大分に戻り引越しの準備、結婚して大阪に住み、本社勤務になり東京に引っ越し、海上勤務に戻り大分に引っ越し、今回が3回目の引っ越しだ。
今回は急ぐ旅でもない、比較的安いJRのコンテナーで引っ越すことに、、

   今日もポチっとお願い⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
                                        こっちも↓
固定リンク : トラックバック(6)
225おすすめ

新型インフルエンザ

2009-06-01

最近は毎日のように新聞、テレビ、で取り上げられる、新型インフルエンザ、、、、
神戸で患者が発生、東京も患者が出るのは時間の問題だな、と思っていたらやっぱり、、 わが社も乗務員はマスクをするように、、、マスクが支給になった。国土交通省からの指導も有り、、、、、とか何とか、、。その割には他のタクシー会社の乗務員、ほとんどマスクをしていない。何でー!!!使われている身だ、嫌とは言えないしね、、、普段風邪をひてもマスクなんて―のは付けた事が無い、、邪魔で邪魔で、しょうがない。。
運転している時に眼鏡をかけている、マスクをしていると息をするたびに眼鏡が曇る、、、、 (^も^;)息を止めていればいいんだが、そうもいかないしね、、   新型インフルエンザも少し落ち着いてきたな、、もう少しでマスク着用も解除になるかな、、、しかーしだ、、今度は新潟県でも患者が出た、、、あー、これで当分、マスク着用解除も駄目だな!、、年寄りは今回の新型インフルエンザは感染し難い、、と言うが、感染しなければ、人にうつす事もない、、年寄りのドライバーだけ、マスク着用免除、ってのはダメか? 駄目だろな、、、

          ポチっとネ⇒ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
固定リンク : トラックバック(0)
250おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

03967263

QRコード