hamさんのひとり言。

昔の話と今の話。

[今日の話] 今年一年間ありがとう!!

2008-12-31

今年の1月20日我が家の3代目ミッキーが病気で急死し、つい今月の19日実兄が病気で急死し悲しみで始まり、悲しみで終わろうとしています。
しかしその他は色々の事が有りましたが、家族皆元気で過ごす事が出来、良い一年でした。秋には下手なゴルフも7年半振りに復活しました、スコアーはそれ相当でした。しかし不規則な仕事の為、血圧が少し上がった事、メタボ予備軍になった事、少し不安を感じます。来年は何とか運動不足解消に向け少し取り組みます、、、何処まで出来るかは不明、、、、、、
昨年7月にスタートしたつまらないブログ、暇な時間に更新して、全国の見知らぬたくさんの方々に覗いて頂き、コメントを頂き 感謝、感激です、、(●^0^;●)

娘が飼いはじめたヨークシャテリア、リク ♂ 7ヶ月 (写真) 昨日旦那の実家に帰るのに連れて行きたかったが実家には猛猫???がいる、ねずみは勿論ウサギまでも捕まえてくるらしい、、1キロちょっとの子犬、狙われたら朝飯前だ、、、4-5日預かることになった、、あれをしちゃ駄目だ、これをやっちゃ駄目だ、色々と注文をつけて行ったわね、、、こちらはユニクロかシンキで買ったであろう安物の衣類を身につけているがワンちゃんが着ているのは何とかやらのブランド品だって、、私が着ている衣服が3-4枚買えるらしいわ、、、 世の中変わったねー!!

今日は時々雪混じりの荒れた天気、来る新年は平和な穏やかな年にしたいですね、、今年の年末は夕方より元旦の朝2時まで仕事、、、トホホ!
全国の皆様今年一年ありがとうございました、、良き新年をお迎え下さい。

   一年間応援感謝します
 来年も相変わらず応援ポチ宜しく⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ



固定リンク : トラックバック(0)
206おすすめ

[古い航海日誌  日正丸] ヌーメア見学、(1)

2008-12-30

ヌーメアの町に上陸しヨーロッパ風の高級ホテルが並ぶ海水浴場の隅の一角を陣取りバーべキュウだ(写真)、近くではビキニスタイルの綺麗な外人さん達が思い思いにバカンスを楽しんでいる、我々の集団は何か場違いの感はするがまー、この際いいか!! 心地よい海風に吹かれて、綺麗な女性のビキニ姿を眺めてのビール、これは最高だわ!! 酔い覚ましに海水パンツに着替えて泳ぐ人、私はビールを飲んで景色を眺めたほうがいいわ、、、

飲んで食べてすっかり上機嫌で今度は我が社の地元ヌーメア駐在員が手配してくれたバスで観光だ、観光といっても小さな町だ、少し山を登り高台に行った、ここには旧日本軍の設置した高射砲が残されていた。ここから眺める景色、”素晴らしいの一言” (写真) 暫くはこの景色に見とれてしまった。




この景色の前で撮ればモデルも少しは良く見えるかと思い撮ってみたがやはり駄目だな、、上から撮ったせいか、いやに足が短く見えるのが気になるが、いや、もともと足が短いので言い訳はやめておこうか、、、  (^も^;)、、、
市内の小さなデパートに入り何を買うと言うわけでもないが、店員さんに進められるままに、シャネルの#5 と mituko、 夜間飛行、の香水を買ってみた、特別にあげる人もいないのに、スナックかキャバレー(古いねー)の女の子にでもあげちゃうんだろうが、、、、、、、 でも○○年経った今も何個かの香水、コロンが残っている、もう使えないでしょうね、、
昔かみさんにあげたら 私はそんなの付けたら臭いに酔っちゃう と言う。
色気が無いね、、、

夕暮れ時通船で本船に戻ったが、近くから見る本船(日正丸)写真の汚い事、あちこち船体のペンキが剥げ気の毒な感じだ、一年間荒海を渡った証拠か、今航終了後ドッグに入り又綺麗な姿になるだろう、、、





     いつも応援有難うございます
    ポチッと押してくださいませ⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ

固定リンク : トラックバック(0)
267おすすめ

[古い航海日誌  日正丸] 一年振りの二ューカレドニア、ヌーメア入港

2008-12-29

以前に佐賀関丸に二回乗船しニューカレドニア航路のニッケル鉱輸送に従事した。天国に一番近い島 ”ニューカレドニア”私の好きな処だ、この航路は台風以外は大した時化も無く又航海も30-40日くらい、最高だよ、、 (●^0^●)
今の会社に入ってからはタンカーには一度も乗船していない、前の会社の時に一度タンカーに乗船、中近東(クーウェイト)に行っただけ、どうもあの大きなタンカーは苦手だ、、、ここ南半球のニューカレドニアは日本とは反対、丁度冬も終りこれから春だ、年から年中夏のようなもんですがね、、


日本を出て12日目首都ヌーメアに入港だ、ここで検疫、税関、などなど入港手続きをして、積み地に向かう、島がそっくりサンゴ礁に囲まれている、日本の四国くらいの島だ、サンゴ礁の間を通りヌーメアの港に向かう。
写真はヌーメア入港前の灯台だ、(この写真写りが悪いね!)   綺麗な海、日本では見る事が出来ないね!今航は積み地に向けて出港は夜、当直者、数名を残し上陸、海水浴場でバーべキュウをすると言うことに成った。  この続きは次回、、

   いつも応援有難うございます
  ポチッとクリックお願いします⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ



固定リンク : トラックバック(0)
230おすすめ

[新米ドライバー(平成19~21)] 見栄っ張り?、、大きなイルミネーション、

2008-12-27

先日夕方住宅街の一軒に配車になった。あるスナックのママさんだ、何回か来た事がある、なかなかの美人で優しそうなママさんだ、中には威張っている嫌なママさんもいるがね、、 機会が有ったら一度飲みに行きたいね!
その2軒隣のお宅のイルミネーション、素晴らしいんだ、家が一軒そっくりイルミネーションで飾られている、まるで龍宮城にでも来たようだ。
雪だるまがブランコをしたり、見ていても飽きない、素晴らしいの一言、、
その手前隣のお宅もイルミネーションが付いている、しかしこちらのお宅のは小さいんだ、家にチョコッと光り輝いている、隣のお宅と比べると随分と見劣りするね、、
 
丁度大きなイルミネーションのお宅の若い奥さんと小さな女の子、手を繋いで眺めている、 幼稚園くらいの女の子 「ママ家のツリー綺麗だね、隣のよりも大きいねー!」 丁度犬の散歩から帰ってきた隣の小さなツリーのお爺さん(多分ね)も眺めていた、 若い奥さん一瞬気まずい顔してたなー、
隣のお爺さん  おまんたちのこのツリーえぐらくらいしたもんだね! (翻訳 お宅のうちのこのツリーいくら位したんですか?) 若い奥さん○○万くらいかしら、、 ほー、案外安いもんだな、、(翻訳 へー、意外と安いんですね、、) だって、、 そんなにするのかよ、驚いたね!  そして4-5日たって又スナックのママさんの家に配車になり行ってみた、、、何、、、げっ、、一瞬間違った所に来てしまったか??小さなツリーのお宅、隣の家の大きなイルミネーションに負けないくらいの、 いや、こっちの方が今度は高そうだな!  大きなイルミネーションに変わっているではないか、、 いやー、参った、、 これ多分こちらのお爺さん、 いやー、孫が大きいのがほしいって言うんでねー、、 孫のせいにして大人の見栄で大きいのに変えたんだろうなー、、、
暫くママさんの家のブザーを鳴らすのも忘れて二つのイルミネーションに見とれたわ!!!

   いつも応援有難うございます
  ポチッとクリックお願いします⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 
固定リンク : トラックバック(0)
203おすすめ

[郷土の偉人] わが国音楽教育の母、 小山作之助

2008-12-24

小山作之助 (わが国音楽教育の母)
     (1863-1928)
懐かしい文部省唱歌で今でも歌い親しまれて いる「夏は来ぬ」の作曲者小山作之助は 文久3年(1863)大潟町、(現在の上越市) で生まれた。16歳で小学校を優秀な成績で 卒業し、石油事業をしていた父の仕事を手伝 い、夜は高田の小島荷掌の塾に通い、明治 初期の西洋化の波は作之助少年の向心に 火をつけた。 明治13年家人に無断で上京し築地大学 (明治学院)へ入学して英語と数学を学んだ 。明治16年2月には文部省音楽取調所に 入学した。 作之助は「品行方正学術優等」 と認められ、卒業まで手当金月額六円を支給 された。20年音楽取調所は東京音楽学校 と改名され彼は卒業後も同校研究生として 残り教授補助として教壇にもたった。
卒業後わずか6年で母校の教師となった 作之助は、学生の指導、音楽の研究、作曲、 に持ち前の努力と、情熱を傾注した。 作之助は明治30年同校の教授となり36 年に惜しまれながら同校を退職した。




 
  ♪♪ 卯の花の匂う垣根に  ♭

      ほととぎす早も来鳴きて  ♯

       しのび音もらす夏は来ぬ  ♪♪♪ 





小山作之助の生家

東京音楽学校を退職後も各方面で活躍して いる教え子の面倒をみたり、文部省小学校 唱歌の作曲を読けて多くの唱歌集を著作 した。彼の作曲による唱歌はどのくらいの 数かはっきりしない。
29歳で最初の歌曲集「国民唱歌集」を 発表し、唱歌、軍歌、校歌、などの作曲を 読けたが「作曲者不詳」として自分の名前 を出さなかったものが多かった。 明治37年ヤマハ楽器株式会社の顧問と なり楽器製作技術の指導をしたり、 国立音大、東洋音大、武蔵野音楽大、など の創設運営に参加し日本教育音楽協会の 初代会長に就任し会の発展に努力するなど 生涯を音楽教育に捧げた。 「荒城の月」の作曲者滝廉太郎の才能を 見出して育てたのは作之助であった。 昭和2年6月、作之助は書斎で執筆中に 倒れて65歳の生涯を閉じた。


  いつも応援有難うございます
 ポチッとクリックお願いします⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(2)
235おすすめ

[今日の話] 悲しい出来事でした、、

2008-12-23

男四人、女二人、六人の兄弟遂に一人欠けてしまった、、、、
今月に入り一番上の兄が体調が思わしくなく総合病院に入院した旨4-5日経ってから連絡を頂いた、あまり良い状況では無いとの事であった、ある臓器に転移が見られる、と言うことはかなり進行していると言う事に成る。
数日後、検査の結果、肺がんと診断された、余命僅か、、、との事、、
18日の午後病院へ行ったが昼頃より病状が急変したようだ、、すでに意識は無いようだ、、いったん家に帰り又病院へ11時過ぎいったん家に戻ったがその2時間後息を引き取った、、、、本当に苦しんだ時間が比較的に短かかった事がせめてもの慰めだ、、、、、、、  (^へ^;) 、、、、
若い頃に足の病で不自由な体と成ったが一生病と闘いながら好きな農業(米つくり)に励み、大農家に育て上げた、長男も立派に後を継いでいる、その意味では心残りは無いと思うが、、、丁度私とは一回り違う年齢だ、、、
私は色々な面でお世話になった、、心よりご冥福を祈ります、、合掌

                にほんブログ村 シニア日記ブログへ

           



固定リンク : トラックバック(0)
243おすすめ

[今日の話] 元気回復!

2008-12-17

一週間ほど前よりどうも体調がいまいちだ、、食欲が無い、頭がスッキリしない(もともとあまりスッキリしない頭だが特に)、胃が何か鈍痛のようにスッキリしない、朝と言うより寝て起きると体の節々が痛いような、、、自慢じゃないが毎日欠かさずに飲む二杯の水割りの焼酎、これも2日程飲んでいない、好きなコーヒーも飲みたくない、何か頭が熱っぽい様な、、、、焼酎が飲めないならビールでもと思い(別に飲みたくなければ飲まなければいいのに)仕事帰り缶ビール350ml 2本買って帰り飲んだが一本飲んだら もういいわ、、、残りの一本を昨夜と言うより今朝2じ半ころ飲んで寝た。 今朝9時過ぎに目が覚めた、、、、7時間近く寝たなー、 (^0^)
んっ、何か体がすっきり、頭もスッキリ、体中びっしょり汗をかいている、 今までのあの不具合は何だったんだ?? どうやら疲れがピークに達したんだな、、  先週の泊まり勤務(20:00~10:00)昼頃に帰り、本来は翌日は休みなんだが今回は年末で多忙で休日出勤、そして翌日はロングの勤務(09:00~24:00)と言っても忙しくて01時過ぎまで仕事、そして夕方も早で出勤だ、、、、おまけに週末の夜は目の廻る忙しさ、特に雨の夜は気を使う、、酔っ払いもフラフラたくさん歩いているしね、、
どうやらこれで完全に体調を崩した様だな、 家族のものも、何処がどの様に具合が悪いんだ? と言うが そんなの判れば苦労しないさ、医者もいらねー、、 この程度で体調を崩すとは俺もかなー! 今月に入り兄弟の兄が緊急入院、余命を告げられた、 一瞬、俺もか、 脳裏をかすめた、、今日から又元気一発で行くぞー

      ポチッと押して⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(0)
234おすすめ

[古いスコアーカード] 越後ゴルフ倶楽部

2008-12-15

I社7社会が終り1週間後に妙高カントリーでプレイ、そして又1週間後にK社の所長より電話でお誘いだ、メンバーは? と尋ねると I社の所長でどうだ? との事、、もともと嫌いじゃない、断る理由も無い、一つ返事であーいいよ。。ゴルフ場はこちらに任せるのでこちらで取ってくれとの事。
どうせやるならなるべく行った事の無いコースがいいなー、、しかし県内のゴルフ場は大体行っているんだよなー、 そーだ! ここだ! ここにしよう! 越後ゴルフ倶楽部(写真)ここなら車で1時間半から2時間で行ける。
そしてまだ出来て数年の新しいゴルフ場だ、、


高速のICを出て段々と山のほうに入って行く、山岳コースと思ったが意外と平坦だ、今日のメンバー私とK社の所長は同じくらいか、I社の所長、ちょと落ちるかな、しかし今は私が一番下手、間違いなしだろう、、、スタートして間もなくI社の所長 どうですか、お遊びで負けた人は昼、皆に生ビールをおごるってのわ、  おーいいよ! 前半は大叩きも無くまーまーだ、しかしパーがもう少しほしいなー、、、、そして昼、言いだしっぺのI社所長が負けで皆さんに生ビールのサービス、 こっちはこの祭だ、大ジョッキーにしたよ、当然、、、しかし大ジョッキーとなるとグラス重たいねー、両手でないと持てないわ、、、 欲張り!
午後のスタートホール、487ヤードのロングだ、 カチーン<< ナイスショット、、パーだわ、 アルコールが少し入った方が力まなくて良いのかねー、、 しかーしだ、 あがって見ればやはり腕相当のスコアーだ、、K社の所長に一つ負けた、I社の所長にはたくさん?勝ったな、、有難う、、、
楽しい一日でした、 Iさん、Yさん、有難う、、

   ポチット押して、頼みます⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(8)
233おすすめ

[新米ドライバー(平成19~21)] いやー、忙しい一日でした。

2008-12-13

今日は12月の第2金曜日、一年で一番忙しい日になるかも、、しかもロングと言われる朝の9時から夜の12時までの15時間勤務だ、会社で昼、夜、2回弁当を食べる日、、、 車の点検をして出庫だ。おはようございます、3○○異常なし、開局どうぞ!  3○○ 、、、、、どうぞ!  3○○了解!
ながーい、一日が始まる。 この時間帯は大体一段楽して駅構内にタクシーが数十台溢れている、、暇な時間に上杉謙信、兼読、検定の勉強でもしようとテキストを持ってきて見たが、駄目だ集中出来ない、やーめた! 運転席からぼんやり外の景色を眺めている、、、、、今日は今の時期としては暖かい、1時頃昼食、午後より段々と空模様が、、、ぱらぱら雨だ、それに風も出てきた、、、 途端に忙しくなる、夕方より雨風だ、 これやー今日は暇な一日になるかなー?? 
 
夕方より忙しく成ってきたぞ、、出張で来た大手のビジネスマンが東京に帰る、又単身赴任のビジネスマンが家族の待つ家に帰る、忘年会の為、色々な会社から3台、5台と予約が入る、、お客を宴会場に降ろすと直ぐに、待っていたかのように呼んでくる、まー、息をつく暇もないんだわ、、予約時間を見ると時間が無い、もうチョッと余裕を見て配車してよ! と言いたくなるが、、特に電車に乗り込みのお客、、やっと8時頃夕食だ、 今度は宴会のお客さん、夫々2次会に向かう、又忙しくなる、今日は夕方より駅の構内にはほとんどタクシーがいない、、、
一人のお客を駅で降ろしたらタクシー乗り場に雨風のなか10数人がタクシー待ちだ、、すぐさま一人のお客さんを乗せた、 フロントから今日は予約で一杯なのでフリー客は乗せないように、と叱られた!! このお客さん、比較的遠方でシメシメ!! 2次会くらいになると夫々お酒がかなり入っている、グループのお客、迎えに行ってもなかなか出てこない人がいる、出てきても、あーでもない、こーでもない、 次は何処のスナックに行くか、いやー、あそこのスナックのママさんブスだから止めておけとか、 自分もたいしてもてる様な顔をしていないのに、、 忙しいんだから早くしてよ! と言いたくなる。。 結局長い勤務の為1時に上げてもらったが、まだ駅の正面にも10人以上のお客、駅前の営業所の待合室もタクシー待ちのお客さんで溢れている、、昨年の同じ時期は3時間待ちだったそうだが今年は1-2時間待ちは間違いないでしょうね、、 納金処理をして車庫へ、そして土曜日は私の担当の車は誰も乗らないので洗車もせず、疲れてそんな元気も無い。。
今日の土曜日は15:00~01:00までのかなり長い勤務、疲れるねー!!

  ポチッとクリックお願いします⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ
 
固定リンク : トラックバック(0)
206おすすめ

[古い航海日誌  日正丸] 乗組員に嬉しい知らせ、

2008-12-09

午後の当直中、親父さん(司厨手、コックさんだ)が無線室(写真)に来た。 おー、珍しいね、お茶でも飲んでって!  次席さん、私に電報きていませんかね? いや、今のところ無いけど、後20分で一括呼び出しがあるからチョッと待ってて!! 親父さんの奥さん実は始めての出産で、昨日が予定日なんだそうだ、本人は心配で仕事も手につかないんだって、、判るなー、その気持ち。。 でも当時一人もんの私にはあまりピンと来ない、、
そして20分後の呼び出しで本船が呼ばれた、、親父さん、本船に電報有りますね、5分後銚子無線局と連絡、、、・ーー・ ーー・ ・ーーー ・・ ・ー・
親父さん判りました? そんなの判るわけ無いじゃないですか、、そんなの判れば船になんか乗っていませんよ、、、 おめでとうございます、無事女の子が生まれたそうですよ、母子共に元気だって、、 へー、本当かね、女の子か、、、、 あの嬉しそうなニコニコした顔今でも思い出される。
しかーし こう言う知らせは好いんだが、たまに知らせたく無い知らせもある、、

   ポチッとクリックお願いします⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ




固定リンク : トラックバック(0)
299おすすめ

[我が故郷、上杉謙信] 上杉謙信、 春日山神社

2008-12-08

上杉謙信の居城、春日山の中腹にある春日山神社(写真)は最後の高田城主だった榊原家の家臣、小川澄晴さんが郵便の父と言われた前島 密男爵や多くの人達の協力を得て1901年(明治34年)に創建された神社です。
この神社の祭神は上杉謙信は勿論のこと、菅原道真、たけみかずちの神、ふつぬしの神、である。 山形県米沢市にある上杉神社より分霊され、社殿は神明造りである。神社のある所は上杉謙信の母、虎御前の屋敷跡です。
境内にある宝物館には上杉謙信、小川未明に関する資料が展示されている。
又小川澄晴さんは日本のアンデルセンと言われた有名な童話作家小川未明さんの父にあたります。

神社は年末年始は大勢の参拝客で賑わう、又毎年8月の最後の土、日、に行われる謙信公祭は神社境内及び付近で繰り広げられ近年は20万人を超す人出だ。

●JR春日山駅より徒歩20~30分くらい。
境内入り口(上杉謙信の銅像)に10台位の駐車場があるが100メーターほど手前を右に折れると数10台止められる駐車場、トイレがある。前の石段を登ると鳥居の前に出る。
境内、銅像前の駐車場付近に数件のおみやげ物屋、食堂があるが、冬季は閉店している事がある。

   いつも応援有難うございます
  ポチッとクリックお願いします⇒にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

固定リンク : トラックバック(0)
230おすすめ

[今日の話] 変われば変わるもんだなー!

2008-12-07

先日押入れの中に内容物不明?の箱が有るのを発見。背広を買うと入れてくれる箱が有るのに気づいた。 あれー、これ何が入っているんだろう?開けてみると昔船に乗っていた頃の制服が入っているでわないか、、おー、懐かしい、、しかしよくとってあったなー、、家には誰もいない、よし、昔を思い出し、にやにやしながら試着してみた。。   (写真下)








あれー、○十年も経ったから制服が縮んじゃったか!????   パンパンだ、昔に比べると一時10数キロ体重が増えたがダイエットで今は当時より4キロくらい多いだけなのになー、、








ズボンを穿いてみた、穿いてみたと言うより足を通してみたがなかなか上にあげられない?? 何とか穿いて見たがごらんの通り(写真左)こんなのよく昔は穿けたなー、、、古いアルバムを開いてみたら、有りました、スマートに?着こなしている数枚の写真が(写真上) こんな時も有ったんだなー!今はもう無いが学生の頃の古い寮の前で休暇下船の時撮ったものだ、”青雲寮”だったなー。髪の毛、真っ黒でふさふさだ、、今は大分白くなり、上から見ると頭の地が透けてみえるわ、年輪か!!それにしても足が随分と短いねー!!  (●^O^●)  泣く!!

    いつも有難うございます
   ポチッと押してくださいにほんブログ村 シニア日記ブログへ









固定リンク : トラックバック(0)
247おすすめ

[古いスコアーカード] リッチな気分、中峰ゴルフ倶楽部

2008-12-06

佐渡でのプレイ終了後又佐渡汽船で新潟へ、そして今日の宿泊地月岡温泉の”ホテル華鳳”写真へ向かった。ここは同系列のホテル”泉慶”と二つある、華鳳は今回が初めての宿泊だ、月岡温泉、いや県内を代表するホテルだ、さーすがー! と言う感じだな。。今日が今回のツアーの最後の夜と言うことで綺麗どころも加わった。 当然のこと、それや盛り上がりますね!終了後3人ほどが元気ついて外にくりだして行った。私は以前に2回ほど来ている、ゆっくり風呂に浸かって優等生モードだ。2時間くらいして3人が戻って来た。ちっとも面白くなかった、部屋にいるのが正解だったな!ほれみろ!!

今日もいい天気、お陰で3日間雨知らず、今日は新潟県でもトップクラスのハイグレードの中峰ゴルフ倶楽部 (写真)当時はビジターはなかなかプレイ出来ない、メンバー同伴が必要であった、しかし我々は何故か出来た???私も始めてのコース、、クラブハウス、コース、評判通りだ、キャディーさんも2人付いた、しかしこちらも数年前に経営母体が変わった、今はどうだろう、又行きたいコースの一つだ。

コースはホテルから直ぐだ、こだかい高台にありコースから蒲原平野、そして日本海が見渡せる、絶好のロケーションだ、さすがキャディーさんもなかなか親切でよく気が付く、サーすがー!! と言う感じ。
今日のメンバーはMさん、Sさん、それにI社のお偉さん、今日は体調も万全だ、この環境では気分が乗るね! 3ホール目の531ヤードのロングホールで8つ叩いた以外は、まーまーか、、、
昼食時お偉さんから 沖縄、南九州、長崎、新潟、と4年間続いたI社、7社会のシリーズ、社会情勢からして今回が最後になるかも知れない、又状況が好転したら是非復活したい、 との話があった、、 残念 (^へ^)
午後は17ホール目155ヤードのショートで大叩き、これが無かったらなー! プレイ終了後温泉に浸かり、2台の車で仲間を新潟駅、新潟空港に送り届け、Mさんと2台の車で帰路に着いた。恐らくもうこのメンバーでプレイすることは無いだろうなー、 何か寂しい気もするが、I社さん色々と有難う御座いました。。。

  ポチッとクリック、サンキュウです⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(0)
297おすすめ

[新米ドライバー(平成19~21)] 嫌なお客、、迷惑な親切!

2008-12-05

いやなお客さんにも色々あるんだが、あまり目立たない嫌なお客さん、(チョッと表現が悪いか?)。お客さんどちらまでいらっしゃいますか?、、 おー、俺が説明するよ、、 はい、かしこまりました!  次、右!、、、そこ左!、、あの信号左!、、、行く先を言ってくれればこちらでなるべく近い道で向かう、解らない時はお客さんに聞くのに、、こんな田舎町、一年もやっていれば町の中心部位は大体解りますよ、、後ろの座席に座って、前を見て右だ、左だ、と言うのは簡単なんだが、、こっちは右に曲がるのに車線変更したり、方向指示器を出すタイミングを考えたり、対向車を確認したり、後続車を確認したりしなければいけないのに、急に右だ、左だ、と言われても困るわな! これ、大体男の高齢者に多い!! 迷惑な親切、、、 でも当の本人は親切のつもりなんだろうからねー、、、、、、、

   いつも有難うございます
  ポチッと押してくださいね⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ




 
固定リンク : トラックバック(0)
219おすすめ

[古い航海日誌  日正丸] 又1ヶ月、日本とおさらばだ!

2008-12-04

ドックでのペラの修理が終り午後ドックを出港した。山陰沖を航行し関門海峡、豊後水道を通り太平洋に出る。行き先は”天国に一番近い島”ニューカレドニアだ、今回で何回目になるだろう。今度日本に帰り揚げ地は京都の宮津の予定、その後広島県尾道市にある日立造船の向島工場に入渠する、そして休暇下船だ。翌日関門海峡(写真)を通過した。そして午後に佐賀関沖を通った。昨年の11月下旬に佐賀関で乗船し約10ヶ月ぶりだ、工場の煙突が懐かしい。ここ豊後水道は瀬戸内海の石油基地に向かう大型のタンカー、貨物船、そして関門海峡に向かう貨物船、内航船、そして漁船など多くの船が行き交う。房総半島沖から秋田、敦賀、舞鶴、そして関門海峡、豊後水道、と約2週間、港、日本近海にいた事になる。午後の当直時、今まで右舷に見えていた九州の島影が段々と遠くなり遂に見えなくなった。さー、又1ヶ月、日本ともおさらばだな!、、

    いつも有難うございます
  ポチッとクリックお願いします⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(0)
264おすすめ

[郷土の偉人] 宮古島を救った偉人、 中村十作

2008-12-03

中村十作(写真)と言ってもあまり知られていない、事実私も最近まで知らなかった。周りの人に何人か聞いてみたがやはり答へは No,-だ。 しかーしだ!、、ただ一人、あー、知ってるよ、確か演歌歌手だろう! 違います。。 あー、そうだ、作曲家だわ! それは中村八大ですよ! 生誕の地に記念館があると言うので行ってきた。館を管理していると言う元町内会長さんにお会いすると、親切な方で色々と教えていただいた。「いやー、同じ町内の人でも今の若い人は”中村十作”さんを知らないですよ、、最近になり色々な催しや新聞などで報道されたので名前くらいは覚えたでしょうね、、我が郷里が生んだ、 中村十作さんの 業績を称えるとともに、永く後世に伝えたいと思いますね」と熱く語ってくれたのが心に残っている。
中村十作(1867~1943)
中村十作は稲増村(現上越市板倉区稲増)の名手であった中村平左衛門の五男として生まれた。海軍除隊後、東京専門学校(現早稲田大学)に学び、真珠養殖を夢見て1892年(明治25年)に宮古島に渡った。そこで十作が見たものは「人頭税」と言う過酷で不合理な税による貧困と差別に苦しむ島民の姿であった。一方でその上に君臨する士族たちの傲慢さをまざまざと見せつけられたのであった。十作は農業試験場の技師であった城間正安や農民総代らと人頭税廃止に向けて命を懸けて取り組む決意をした。十作たちは士族側の幾多の妨害や抵抗を排し、1893年(明治26年)に上京し、弟の十一郎や増田義一らの協力を得て、翌年に人頭税廃止の請願書を帝国議会に提出する事ができ、請願は可決され1903年(明治36年)、ついに260年以上続いた人頭税は廃止された。その後十作は宮古島を中心に本業の真珠養殖事業に打ち込むが1940年(昭和15年)に戦争の激化で事業が禁止となり1943年(昭和18年)胃がんの為、京都の自宅で76歳の生涯を閉じた。

中村十作の功績は現在も宮古島で語り継がれ、「大和神御嶽」 (やまとうんがんうたき)として奉られている。宮古島の民族芸能「アヤグ」にも十作を称える唄が織り込まれており、暗黒の歴史に光明を投げかけてくれた大恩人として島をあげて敬われている。又最近は宮古島の人々と地元板倉の交流も盛んに行われている。(写真)は中村十作生誕の地、後ろが生家。

 
人頭税(にんとうぜい) 
1637年(寛永14年)から1902年(明治35年)まで、宮古、八重山列島に適用されていた過酷で不合理な税。この税は所得や納税力に関係なく人頭数(人口)を基準に穀物や織物などを収めるもので当初は役人の見立てで税を納めさせられた。やがて1710年(宝永7年)には年齢を基準にして税を徴収するようになった。すなわち15~50才の男女を4つの年齢層に分け、夫々の年齢層に応じて男は粟(八重山は米)などを、女は上布などの織物を人頭割りに課した。一方、役人や士族は税を免除され、更に無償で農民を労役に使える制度もあった。税を納められない農民は牢に入れられ、拷問を受ける事もあった。又税を逃れる為、自ら手や足を切り落とし、不具者になった者もおおい。1879年(明治12年)にこの地域が沖縄県となってからも税制度は存続し、農民の悲惨な生活は続いた。1893年(明治26年)当時の宮古島の記録によるとその税負担は収穫高の約65%にものぼっていたという。 (写真)は中村十作記念館、、

中村十作の人頭税廃止運動を支えた人々
城間 正安(ぐすくま せいあん)
沖縄県の精糖技師として宮古島に着任、農民たちの窮状を知り、士族に反抗、人頭税廃止の指導者として十作とともに上京し、請願書提出など人頭税廃止に向けて大きく貢献した。
増田 義一(ますだ ぎいち)
十作と同じ板倉出身で、東京専門学校を出ており、創立者の大隈重信に目をかけられていた。又新聞記者として報道関係に知人も多かった。十作は増田の協力で人頭税の非社会性を新聞を通じて訴え、大隈ら有力な政治家の理解を得ることができた。議会での請願可決の功労者といってもよい。後に「実業之日本社」を創立、衆議院副議長にもなった。
中村 十一朗(なかむら じゅういちろう)
十作の実弟、人頭税に苦しむ宮古島の農民に心をうたれ、実情を訴える請願書を作成し兄の支援に努めた。当時は東京専門学校(現早稲田大学)在学時であり、日々の生活を綴った彼の「日誌」にも上京した十作らの活動が記されている。
笹森 儀助(ささもり ぎすけ)
1894年(明治27年)刊行の「南島探検」の著者。その中に紹介されている宮古島の人頭税による過酷な農民の生活は、政治家など多くの人々の胸を打ち、人頭税廃止運動に貢献した。
(写真)は近くの緑地公園内にある十作の功績を讃えた記念碑。記念碑のあるところは宮古島の形で造られている。

記念館は普段閉館しているが稲増地区の十作記念館の近く(十作生誕の地の向かい)に中村商店がある(店はいつもは戸が閉まっている)のでこちらに行き事情を説明すると快く会館の鍵を貸してくれる。又こちらのご主人(元町内会長)が時間が許せば色々と説明をして頂けるようだ。入館料は無料。


 
固定リンク : トラックバック(0)
5おすすめ

[今日の話] 又出来た大型ショッピングセンター、、

2008-12-02

昼前私用でR18号線を走っていると大型ショッピングセンター、VALORの看板が目に入った。半年くらい前にオープンしたショッピングセンターだ。先日同じ敷地内に大型家電量販店もオープンした。そーだ、帰りに寄ってみようか、、、これでご当地3つ目のショッピングゾーンの誕生だ。
JASCOを核としたゾーン、(これが又大きいんだわ!、家電量販店だけでも、ヤマダ、コジマ、ジョウシン、の3点、アオキ、アオヤマ、戸田書店、など等、コンビにだけでも敷地内に、セブンとローソンがある)それとカーボーイ等を核としたショッピングゾーンも近くにある。今度はVALORを核としたショッピングゾーンだ。こんな田舎にどうなんだろう!!人口はちっとも増えていないのに、初めて行ったVALOR広い駐車場、車もまばらだったなー、、、

今使っている携帯電話についてチョッと聞きたい事があったので同じ建物内にあるSOFTBANKのショップに寄ってみた(写真)。市内に2つあるSOFTBANKのショップのうちの一つだ。綺麗な女性スタッフが色々と丁寧に説明してくれた。数年前まで携帯電話ショップ(当時は未だVODAFONEであった)もやっていたのでスタッフの接客態度、ショップの様子など色々と興味が有ったが、んー、立派、立派
帰り際説明してくれたスタッフに、 有難うねー、頑張んなさいよ! と声をかけたら、 ニコニコしながら、ハイ、有難うございます、と深ぶかとおじぎをしてくれたのが印象的だった、、、、

    ランキングに参加中
   ポチッと押してください⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ






固定リンク : トラックバック(0)
207おすすめ

[古いスコアーカード] 佐渡ゴルフクラブ (ときの郷ゴルフクラブ)

2008-12-01

紫雲ゴルフ倶楽部でのプレイ終了後、男衆8人シャワーも浴びずに汗くさーいまま佐渡汽船乗り場へ、休む時間も無くおけさ丸(写真)へ乗船。。。
2時間半の船旅だ、出港して間もなく、リクライニングシートでウトウトしていると仲間が、 おい、もう佐渡に着くで、、、小さい島だなー、、違うよ、それは粟島と言う島だよ!! まー、いい歳して部屋に来たり、デッキに出たり、、、 それもそうだわ!ほとんどが佐渡は初めてだと、、、
今日はいい凪だ、快適な船旅、、、、缶ビールでも飲みたい雰囲気だが私は車の運転があるし、、駄目か!!   そして佐渡ヶ島に近づいた、、
おー、大きな島だわ、、 それはそーさ、人口7万人の島だよ、、、、

2台の車で宿泊地の相川に向かった、途中我が社の佐和田店の前を通ったのでちょいと寄ってみた、突然8人も寄ったもんだ、 E店長、 鳩が豆鉄砲を喰った様な顔して、 今頃何ですか??? 何ですかと言われても返事に困ります、、お茶を一杯飲んで小休止、ここは佐渡の国仲平野、佐渡の中心地だ、、   ー休憩ー
又2台の車で相川に向かった、約15分位で相川に着いた。。。

今日の宿泊は佐渡、相川にある 「ホテル大佐渡」 (写真) だ。ここは以前に2回ほど泊まった事がある、チョッと高台にありここから眺める夕日が日本海に沈む光景、素晴らしいの一言だな、、夜は例により8人で大いに盛り上った、

きょうもいい天気だ、佐渡ゴルフクラブ、今は ときの郷ゴルフクラブ  (写真)に名前が変わった。ここは佐渡ヶ島、唯一のゴルフ場だ、未だ工事中の頃から月に1-2度佐渡を訪れるたびに途中横道に入り工事の進み具合を眺めオープンを楽しみにしていた。当初は9ホールの仮オープンで有った。私はこのコース今回が4回目だ、勿論仲間は全員が始めて、、コースからは真野湾、大佐度山脈が見渡せる。私は地元でコースを知っている、、と言う事で全員にハンディーを5つあげろと言う。、何とか2つで勘弁してもらった。 いやー、えらい事に成ったわ、、 (^へ^;) コースに慣れていると言うほどの腕ではないのに。
新しいゴルフ場、距離は短い、しかしフェアウエー、グリーンも狭い、難しいコース、私はこう言うコースは苦手だ、今日のメンバーは京都の遊び人Sさん、九州のUさん、群馬のYさん、、、ここは海超え、池超え、ではない、、、田んぼ超え??のようなショートホールが有る。
終わってみるとやっぱり大叩きのホールが3つもある、3桁に成っちゃった。今日は随分皆さんにサービスしちゃったなー、、 (●^も^●;)  トホホ、、、
風呂に浸かり又車2台で今日の宿泊地月岡温泉に向かうべく佐渡汽船乗り場へ向かった。。 Sさん、Uさん、Yさん、有難う、、、、

    いつも有難うございます
   ポチッと押してください⇒にほんブログ村 シニア日記ブログへ


固定リンク : トラックバック(1)
265おすすめ

プロフィール

名前は:ham 
年齢は:爺 ♂
血液型:B型 みずがめ座

辛い事もあったが楽しい事も、、
良い思いも沢山させて頂いた
激動の人生、
昔のこと、今の事、自由に綴る
我が人生、






TOOLS




ブログランキングに参加中
下のバナーを 
ポチっと押して頂けると
有難いです、 お願い!
   ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ

人気ブログランキングへ





カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

リンク

連絡先

RSS

アクセスカウンタ

04048925

QRコード