2015-03-10

[1冊] 2487-裸の王様 ‐ビートたけし-



たけしさんは

ほんと気持ちいいくらいに

ズバっと切るなぁ





事なかれ主義が絶対だと思っている

自分にとって


どの主張も新鮮で

考えを修正せざるを得ない1冊となった


やはり

生きてきた時代背景や環境の違いが大きいのだろう


確かに

ぬるい時代に生きる今


物事の本質を考えなければ

ただただ流されていくだけなんだなぁと



「感動」することが目的だというオナニー

自分はどこでも本番をする気がない



誰かに期待してないで

何でもいいから

どこかで本番することを考えたほうがいい





今の自分にとって

強烈なメッセージだった



主観半分

客観半分


決して追いつくことのない

自分の影を追い続けるような



「最高の今」を更新していく人生



自分が目指したいのも

きっとここなんだろうなぁ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
14おすすめ

2015-03-07

[1冊] 2484‐鬱の力

五木寛之さん×香山リカさんの対談


「鬱の力」




自他共に認めるくらいに

鬱に迷い込んでいた2014年


感覚的に

鬱自体が悪ではないことの

根拠が欲しかったところに

飛び込んできたタイトル


購入してから時間が空いてしまったが

気持ちよく読了できたのは


間違いなく

躁(そう)時代にある香港で

自信を取り戻せたところが大きいだろう


ただ

そこに至るまでには

やはり


外に向いていた目を

とことん自身の内面に向けるという


鬱があったからこそだと実感



成熟を経て

衰退に向っていくような感覚の





日本も長く

鬱の時代が続いているが


陰の一言で片付けるのではなく


お穏やかにこぼれる

陽のような


そんな変化をもたらす

明日への力も秘めていることを


忘れてはならない
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
14おすすめ

2015-01-06

[1冊] 2417-ヴィヨンの妻

訳あって

太宰治のヴィヨンの妻を読んだ


青空文庫で無料で読めるのがうれしいが


改行なく続く

区切りのない

ダラダラと間延びした文章は

読み難いし


素人判断で

これっぽっちも良さがわからなかった


どうしようもなくダメな夫と

どうにもできた妻の話だが

作者は男であって

その視点から描かれていることを

忘れてはならない


男の理想ともいえる

女性像


なきにしもあらずとは


これもまた

男の勝手と受け止める
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
11おすすめ

2015-01-05

[1冊] 2416-イギリス式 月収20万円の暮らし方




お金があっても

必要のないものは一切買わず


お金をかけても

それはやがて家族へと

受け継がれていく


純銀のカトラリー
(洋食器のうち、ナイフ、フォーク、スプーンなど)や

アンティークジュエリーと


素材重視で価値を見出す

物に強いこだわりを持った


イギリス人


昔からある知恵で


重曹

ニーム

ラベンダー油

シルクパジャマ

ワックスコート

ホットトデイ
 スコッチウイスキーをお湯で割り
 蜂蜜を入れた飲み物


といった

どれも関心納得の

キーワードが盛り沢山



雨の散歩や

自分と向き合うための

1人の時間を楽しむ文化も興味深い


きっと日本にもまだ残っているであろう

シンプルな暮らしに感動


読み終えて

心は晴れやか



イギリス人を

きっと好きになる1冊
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
10おすすめ

2014-07-30

[1冊] 2257-日本人にしかできない「気づかい」の習慣

香港の文化や生活習慣に触れ

改めて

自分は日本人なんだと感じるこの頃


日本人としてのアイデンティティとは何なのか?


そんなことを

ぼんやりながら考えていたときに

出会った1冊






著者は

日本人にしかできない

「気づかい」を


相手を察し、慮る(おもんばかる)こと。

そこから生まれる礼儀や謙虚さ。




まとめている



物事を五感すべてで感じられる民族は

日本人だけというように


磨きがかった感性も

日本人としての

誇りや強みであることを再認識させてくれた




相手を察し、慮る。


そこにはちゃんと心をのせて



日本人としての喜びと

身の引き締まる思い
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
18おすすめ

2014-07-27

[1冊] 2254-人を生かす

香港に来てめっきり減った

読書


日本の本は高いため

無理もないが


トマトブックスに

中古本があるのが救い



経営の神様

稲盛和夫氏の



人を生かす




「盛和塾」での経営問答

若い経営者の質問に答えて行く形式だが

これがまた分かりやすくて


突き刺さる


経営者は誰にも負けない努力をする


優れた人材がいないと嘆くのではなく

一人ひとりの力をフルに活用し


発展させていく



会社は


従業員の物心両面の幸福を

実現するためにあるのだと理解する



これは

歯車の一員である自分でさえも納得の

会社経営の本質なんだと理解した



まだまだ

未熟なんてもんじゃない



働き方を


問い直す 1冊
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
19おすすめ

2013-07-22

[1冊] 2132-シエスタおじさん

2013年参議院選挙


反原発をブレずにひとり貫き

見事に当選を果たした


山本太郎氏


想像もつかぬ批判があったことだろう

円形脱毛症が目に見えて痛々しいが


民意の答えに報われたに違いない


今後の政策に期待したい




最近手に取った本が3冊続けて

宗教チックで

読んでもあまり響かなかったのだが


共通して言えるのは


受身と思われる信仰の中に

必ずブレない太っい

信念が確かに在るということ


その譲れぬ想いが強いがあまり

度々戦争が起きてしまう

悲しい現実ではあるが


愛しあおうと、

憎みあおうと、

平和であっても、

戦争があっても、

この世界は美しい。


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
14おすすめ

2013-07-17

[1冊] 2127-伝わるのは愛しかないから



ぱらっと中身を読んで手にした本


最初の説明で

この本の著者が

9歳(執筆時)の脳障害児であるということが判明し

かなりの衝撃を受けた


言い回しが独特だが

決して強要することのない


深い愛に

読んでいて悪い気はしなかった



しかし

会話のできない9歳の脳障害児が

こんなにも思慮深く

愛に満ちた感性を上手に表現できるものなのか

なんて疑いはよくないが

ネットで調べてみると


色々な疑惑が・・・


まあ

自分としては

その真偽はどうでもよくて


学べるものがあれば

それだけで価値あり



自分が中心だと

勘違いすることなく


自分を中心として

「私の心地いいこと」に焦点を当て生きて行く




そうだよ

人生ってきっともっと


心地いいものなんだ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
19おすすめ

2013-07-03

[1冊] 2113-14歳からの哲学




取っ付きにくい哲学書


普段は

まず読むことのないジャンルだが

14歳からという

タイトルにひかれ手に取った本


内容はまどろっこしくて

答えのない

まさに頭に浮かんだ言葉を

ただただ並べているだけのようで

読みずらいものだった


ただ

やはりそこは哲学書


「自分で考える」


ということを大前提に

一つひとつのテーマを

深く掘り下げて行くことの意味を

強調している



読み終えて

哲学とは考えること



「わかった」ふりをするつもりはない


そこに答えがないから

やはり

考え抜くしかないのだろう
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
23おすすめ

2013-06-19

[1冊] 2099-「いいこと」がいっぱい起こる! 禅の言葉



禅語とは

仏教の一派である

禅宗の文献や禅僧たちによって

残された言葉


インドから中国へ渡った達磨(だるま)が伝え

ブッダの生涯や教えにも深くかかわっているという


トイレに置いて

毎日少しずつ読み進めた本


言葉自体は

やはり馴染みがないが

リズムよく

解説もわかりやすいため

すんなり入ってきた



気持ちも

少し沈みがちな梅雨にひとつ



雨奇晴好


いいことがあっても

悪いことがあっても


今日はいい日だ


そう考え暮らすことで

幸せと安らぎを得られるようになる


禅の理解は

悟りへの道
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
18おすすめ

2013-06-17

[1冊] 2097-眠れないほど面白い『古事記』



少し歴史が気になって

手にとった本


よく知った名前もあるが

基本はカタカナで長いため

登場人物やストーリーが

全く入ってこなかったww


ただ

一貫していたのは


サブタイトルに


愛と野望、エロスが渦巻く

壮大な物語


とあるように

とにかく性に対して

オープンであるということ


性行為を

「まぐわう」という言葉で表現し


出会ってすぐに

まぐわいたいだの


なにかにつけて

まぐわいたがる

古人のストレートさが

爽快過ぎて笑えた


その行為事態が

尊いもので


そこにいやらしさは

微塵もなかった



どこか

奥ゆかしさを

落とし所とする現代


悪くもないが


古人に習う

ところあり
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
14おすすめ

2013-05-29

[1冊] 2078-夢をかなえるゾウ




遅ればせながら

手に取った


いや

出逢うべくして出逢った


1冊



頭が象で身体は人間

でも腕は4本


インドで親しまれている神

ガネーシャが


ゴリゴリの関西弁で

まくし立てる


成功へのヒント


歴史上の偉人たちを

くん付けで

親しみやすくいじる様は


新感覚


中でも

綿密な準備


スケジューリングの重要性を説く回は圧巻


富士急ハイランドでの

はちゃめちゃな

釈迦とのコンとは


まさに


天上天下を

唯我独尊していた


笑いあり

涙あり


こんなに夢中になった本は久々



人気の理由を観察する


その教えの意味は


ベストセラーになるということは

それだけ多くの人へ

熱い想いがこめられているということの証




誰かのために





この血のめぐりを


愛に変えていく


きっと

それが


人生なんだ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
19おすすめ

2013-05-14

[1冊] 2063-水は音楽を聴いている




水に「ありがとう」と

よい言葉をかけると美しい結晶になる


反対に「ばかやろう」などと

悪い言葉をかけるとゆがんで結晶にならない


それは音楽にも共通して言えること



確かに本書では

魅力的な結晶ばかりが掲載されていて

心の浄化につながりそうだということは

充分に伝わったが


身体に与える影響は

まだ証明されていないということで

首をかしげる部分もあった



そもそも

きれいな結晶というものは

人間が勝手に決めたことで


ゆがんでいるもの全てが悪という考えは

極論ではないだろうか



何事も人の捉え方次第



とすれば


自分はやはり

著者の意見に賛同したい



いい言葉に

いい音楽



救われてきた

経験が確かな証拠
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
18おすすめ

2013-04-21

[1冊] 2040-上大岡トメ




キッパリ!

たった5分間で自分を変える方法


スッキリ!

たった5分間で余分なものをそぎ落とす方法




読了!



つい先日

リセットを強要されたが


どうも納得がいかなかったので

ストックしていた本の中から

ちょうどハマるタイトルを無意識のうちに



もちろん

変わることを


こばむはずもなく


むしろ


変わることを求め


手にした本



内容はどれも使い古されたものだったけれど

実践の有無が


顕著に効果として現れるものばかり




脱いだ靴は、そろえる。

水の流れる場所を、キレイにする。

今日出したものは、今日中にしまう。

迷った時は、勇気がいるほうを選ぶ。

アイディアの出し惜しみをしない。

天気に左右されない。

自分がごきげんになれる切り札を、作っておく。




本当にすぐ実践できて

その効果もすぐにイメージができるものばかり



その中でも

とっておきの1番は



ラッキーなことを、数える。



これができれば



世界は変わる
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
30おすすめ

2013-04-05

[1冊] 2024-ハンバーガーを待つ3分間の値段



当時

ブームを巻き起こしたゲーム


シーマン


その生みの親である

ゲームクリエーター

斎藤由多加氏の著書



見る人によっては

なんでもない日常も


ゲームクリエーターというだけあって


受け身では決して見ることのできない

クリエイティブな発想の数々に

現象の本質を考えさせられた


ゲームはルールありき

その枠組みにのっとって


プレイヤー(参加者)が主役となり

自ら選択していく


ルールがあってないような

人間社会だが


ゲーム的にルールを作れば

楽しむことも不可能ではない


1bitほどの情報から広がる

素晴らしきこの世界
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
24おすすめ

2013-04-02

[1冊] 2021-大局観

勝ちに不思議の勝ちあり

負けに不思議の負けなし


将棋という勝負の世界で

輝き続ける


羽生善治氏の


大局観




きちんと論理立てをして説明できる

直観と


なんだかわからないがこの方が良いと考える

閃き


閃きではなく

直観の精度を高め

経験値を積むことで成長していく


大局観


81マスの盤上と

ただひたすらに向き合うことは

己と向き合うことと同じ



最後に羽生さんはいう


いままでに

何と闘うという目標を立ててやってきていない


常に無計画、他力志向であり

突き詰めると「結論なし」となる


人生は突き詰めてはいけないと思う

何のために闘うかは

70歳になってからじっくりと考えたいと思う




天才は

飛び抜けている
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
30おすすめ

2013-03-22

[1冊] 2010-逆境を越えてゆく者へ

世間一般でいわれるマイナス要素すべてを

あえて逆境という言葉に当てはめ

どうプラスに変えて行くか


著者自身の経験を交え

皮肉を交えつつも必ずプラスに転じる

優しい諭しはとても爽快だった


さすがは

お札になった人





今日はあっても

明日は命があるとは限らない


と考えるより


今日は命があるように

明日も命があると信じる方が


合理的


積極的思想で計画し準備をする



刹那的生き方しか知らなかった自分に

新たな風が吹き抜けた



不条理に背を向けず


逆境は


越えてゆくもの
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
27おすすめ

2013-03-21

[1冊] 2009-君にはもう そんなことをしている 時間は 残されていない

千田琢哉


まずタイトルがカッコよすぎる


不安をあおるように

君にはもう
そんなことをしている時間は

1秒もない
1分もない
1時間もない
1日もない
1月もない
1年もない
残されていない

と7つの項目に分け

強烈に訴えているのが


誰にも平等に与えられている


時間の大切さ



時間は命の断片だ

と言い切るくらいだから

徹底的に無駄を省いた内容が多く


中にはやり過ぎで

理解できないものもあったが


一気読みで

かなりテンションの上がる

1冊だった



スピード感が求められる現代

ゆとりある時間を確保するための

時間の使い方は

イコール(=)

決断力や実行力を

磨いて行くことに通ずる



無駄な時間は

きっとないのだけれど


限りがあるから

尊いもの
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
30おすすめ

2013-01-02

[1冊] 1931-アウトソーシング 早わかり

会社のこれからのビジョンを
 
 
虫の目・人の目・鳥の目と
 
 
それぞれでみたらどうなるか?
 
 
昨年末に出された課題の
 
ヒントを探るため読んだ2冊
 
 
 
よくわかる外食産業
 
アウトソーシング早わかり
 
 
 
 
最新版ではない為
 
一部情報が古いものもあったが
 
 
全体把握には十分の内容
 
 
 
日本経済の低迷で
 
デフレが続く中
 
いかにして
 
利益を確保し拡大していくか
 
その鍵となるのが
 
 
アウトソーシング
 
 
いわゆる
 
外部資源の活用
 
 
 
コア・コンピタンス
 
中核となる能力・分野にのみ業務を集中し
 
残りをアウトソーシング化することで
 
リスクを分散
 
 
一方で
 
専門性(自社にない能力・機能)の
 
取り込みと外部化で
 
コスト削減や効率化につなげる
 
 
 
機密漏洩
 
価格(コスト上昇)と品質のバランス
 
部門間での連携
 
納期遅れ
 
 
などといった注意点もあるが
 
 
流れはやはり
 
アウトソーシングだろう
 
 
その中で
 
自社基準をしっかりと設け
 
マニュアル化し
 
運営する
 
 
 
生産性
 
人材育成
 
環境づくりも忘れずに
 
 
 
 
課題は山積み
 
 
 
まずは自身の
 
目的意識の明確化
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
28おすすめ

2012-09-10

[1冊] 1817-自分の中に毒を持て

大阪万国博の「太陽の塔」や

巨大壁画の「明日の神話」など


独創的な作品を世に送り出した

誰もが知る



岡本太郎氏



それこそ超有名な



「芸術は爆発だ」



これは


全身全霊が宇宙に向かって

無条件にパーっとひらくこと


とあり


音もしなけりゃ

物も飛び散らないという





合理性を追求するあまり

機械的になってしまった現代社会



生きるという

その本質は


本来

無目的で非合理なのだと



とすれば

瞬間瞬間にベストをつくす



やはり

刹那主義が行き着く答え






それぞれに


爆発を求めて
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
38おすすめ

2012-09-08

[1冊] 1815-6000人を一瞬で変えたひと言




不登校児・中退生を対象にした私塾


師友塾


創設者である

大越 俊夫氏の言葉は


どれも

どこかで聞いたような言葉だが


自ら闘いと言うほどに

魂と魂のぶつかり合いの中で

生まれた言葉には

無条件の説得力がある




人間としての

本当の実力をつけたいのならば


自分が1番

ナンセンス「たかが」と思っていることを

真剣にやってみること


1番の得意なことをやめて

1番苦手なことで勝負しろ



離れてみて

はじめて見えるものがある


という意図を知れば

試す価値もあるというもの




人生は最後に

足して引いて

いいことがプラス1になればいい



そう


今がどんなに

さえなくとも
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
47おすすめ

2012-08-02

[1冊] 1778-死ぬことと見つけたり

まず最初に断っておく必要がある


今回取り上げる



死ぬことと見つけたり



作者は

言わずと知れた



隆慶一郎先生



そんな大御所の名も

師から借りるまでは


知る由もなく

気にも留めなかった


無知な自分



いや

正確に言えば


名にとらわれない

自身の強がりといったところだが



この作品は違った



史実を知らなくても


たちまちのめり込んでしまう



人物像がリアルに描写され

その展開が

まさに目の前で繰り広げられているようで


その疾走感に思わず息を呑む

臨場感あふれる作品となっている



この表現力は

どうしたものか


多くの人が

人生のバイブルとして

愛してやまない理由が


読み終えて

ハッキリとした



未完の作品が多く


生きていたら

間違いなく司馬遼太郎先生をも

凌駕したという



隆慶一郎先生




朝、目が覚めると

出来る限りこと細かに

己れの死の様々な場面を思念し、実感する。


つまり

入念に死んで置く



そういった覚悟のあるものを



死人(しびと)というのだが



このキーワードは

まさに自身の人生を揺るがす


作品でもあるし


言葉にもなった



この奇跡の出会いに


ただただ感謝したい




生きること



死ぬことと


見つけたり


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(1)
45おすすめ

2012-06-30

[1冊] 1745-「き・く・あ」の実践 小林正観




読み進めるごとに

心が豊かになっていくのを実感


幸せの在り方を教えてくれる1冊



「今の心」と書いて念


念を入れて今を生きる



刹那主義が


自身の中で

ひとつの答えとなった



いい例えとして


病気になった時のために貯めているお金は

病気のために使うことになる


という著者の考えがあった



想念エネルギーは

蓄積されて現象化する


意識の密度が現象の密度



なるほど

納得の説得力




イライラ が巻き起こす

負のスパイラル


そんな時は

雑念が消え去るまで


心の中でありがとうを


何度も何度も

唱えることにしてみた



これが自身の中での変化


後は継続あるのみ



本当の変化は

まだまだこれから
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
31おすすめ

2012-06-24

[1冊] 1739-五輪書

剣道、空手道をゆく師から

オススメいただいた



五輪書





本書は


誰もが知る

あの宮本武蔵が


自分の余命の残り少ないことを悟って

洞窟にこもり書き上げた

兵法の指南書となる



ただただひたすらに

剣の道について

突き詰めた内容から

人生訓を読み解くには


自身も

ひとつのことに

打ち込む覚悟が必要となる



それこそ

宮本武蔵がいう



朝鍛夕錬(ちょうたんせきれん)



一歩一歩の積み重ねが

その道を極めるカギなんだと





絶対不敗の宮本武蔵



現代社会において

勝ちに向かう対象は変わるが


その姿勢になんら変化はない




未来を切り開き

明日を生き抜く



手がかりがある
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
39おすすめ

2012-05-27

[1冊] 1711-「続ける」技術

密かに筋トレしている様子を

偶然

後輩に見られて



一言



それ

ツイッターでつぶやかない?



その理由は



「続ける」技術





後輩が読んで

感化された

この1冊にあるようだ



借りて読んでみると


なるほど納得




やはり

重要なのはコミットメント(約束)


ツイッターなどで

お互いの成果を

報告し合うことで

継続につなげる



行動科学マネジメントというやつだ



自分にプレッシャーをかけ


一人ではない


仲間をつくることで


乗り越えて行く





目標は明確に


ハードルは低いものから




ごほうびを忘れずに




8月までに

体脂肪率 12%



数字の明確化に

期限も決めた



さて

どこまで出来るか


乞うご期待!
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
37おすすめ

2012-05-18

[1冊] 1702-できる説得

説得するというと


論理的かつ情熱的に

相手の心情に訴えかけて

納得させる


という認識が

自分の中にあったが




説得とは


その過程で相手の

意識を変え

態度を変え

具体的に行動を変えること


そして


そうする力のあることが



「説得力がある」ということ



と著者は説く


なるほど

これでモヤモヤがスッキリした



このアウトプットの行動も


説得の証明




話はわかった



あとはそこに

情熱を添えて
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
45おすすめ

2012-05-03

[1冊] 1687-どんな人とも10秒でうちとけて話せる本

初めての電子書籍

荷物にならず片手で気軽に読めるのが


最大の魅力


早急な普及を願うばかり




タイトルにある10秒とは極論だが



考え方として参考になったというか


改めて認識したというか




最初はみんな他人だった




これに尽きる





何がきっかけって




話しかけて



会話があって




あなたとの"今"がある
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
44おすすめ

2012-05-02

[1冊] 1686-ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術

担いで、追い込み、退路をなくす




ヤクザの王道とも言えるこの手口



いや

手口と言っては失礼にあたる


これは紛れもなく

洗練された技術



それこそカタギの一般社会に

そのままハメ込むのには

多少の無理があるかもしれない



ただ

勝負時には必要となる気概



常に命のやり取りに身を置く

ヤクザならではの技術が詰め込まれた一冊





決して安目を売らないヤクザ





強がりとはまた少し違う





自分を安売りしてないかい?
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
47おすすめ

2012-04-28

[1冊] 1682-「体を温める」と病気は必ず治る




健康な体を維持するには

とにかく体を温めること



地球上の物体は

冷やすとすべて硬くなるように


体の冷えは

あらゆる病気を引き起こす原因となる



体内に毒がたまる=血流が悪い

よってその部分が冷えることになる




なるほどね



体の冷えは

病気のシグナル




カギとなるアイテムは生姜


とにかくお中(お腹)を中心に温め

血液をおくる上で重要な役割を果たす


下半身の筋肉強化





薬がなくとも

健康はつくれる
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
63おすすめ

2012-04-26

[1冊] 1680-文体とパスの精度




村上龍×中田英寿の対談形式



村上龍氏が好きで購入した本だが


やはり

引出し方がうまいのなんの


言葉のパスの精度が半端ない


それをスルッと返す中田氏も流石だ




中田氏の複雑なパスの起源は

以外にシンプル





なんでも自分で考えること





洗練されたものは



頭ではなく




無条件反射
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
60おすすめ

2012-03-28

[1冊] 1651-仕事をしたつもり




実に耳が痛いこの言葉


著者自身も無意識であろうが

著書の中でこの言葉を使っていて


思わず笑ってしまった



それだけ

人生において


切っても切り離せない言葉が




つもり




考えることから逃げる

→量に走る

→行為が賞賛される


このサイクルから抜け出すためには



本気で考えることが必要と

著書は説く


そのとっかかりとして

まず試してみたいのが



つもり半分 フリ半分の考え方



無意識に陥る つもり より


意識的に演じて行くフリ の方が


よっぽどスマートだ





仕事云々

ただ情熱を燃やすこと




一生懸命でなくたって



生きてるつもりを



言うつもりはない
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
42おすすめ

2012-03-27

[1冊] 1650-食品の裏側 みんな大好きな食品添加物




インスタントに冷凍食品

すっかり食が乱れ


心の乱れにも繋がりそうな

今日この頃



食生活を改善したくって

手にとった本



台所にないもの=食の合理化=食品添加物



予想通りの内容で

マイナスイメージは確固たるものに




意外でショックだったのが


低塩とうたった商品は

実は甘味料が加えられていて



食べやすい→沢山食べる→塩分の過剰摂取



なんていう

本末転倒な結果になっていること




著者も言うように


食品添加物の恩恵ももちろんあり

全部なくすことは無理だが


購入する前に

表示を見て意識することが大事




手間をとるか

添加物をとるか



時々は

手作りで




ものづくりの原点は

法の基準ではなく



まごころ基準で




愛情が

うまいをつくる
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
54おすすめ

2012-03-24

[1冊] 1647-品質管理のためのカイゼン入門




QC(品質管理)7つ道具も知らない自分が

入門書として手にするには

ちょっと早い内容



ただ

改善の進め方として



事実を的確に把握して

論理的に判断する




といった概念は

とてもわかりやすかった




特に納得したのが


グラフをみるポイントは

まずプロセスが安定しているかどうかを

判断すること



ミクロからマクロへ

背景をより具体化に




コントロールは

カイゼンのための必要素
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
52おすすめ

2012-03-04

[1冊] 1627-キャバクラに学ぶ

「キャバクラ」の経済学

「キャバクラ」のお金学





ピンときて手にとった本



どことなく

冷ややかな声が聞こえてきそうですが

あなどるなかれ


キャバクラの実体に絡めて

経済学に

お金学が


わかりやすく解説されている



まさに人の世の縮図




以下はメモとして


 非ターゲット(底辺)
→潜在顧客
→エントリー
→顧客
→カスタマー
→クライアント
→宣伝者(頂点)




マーケティングの4P


Product    顧客の要求対応重視
Price      顧客重視
Place      顧客に応じたマルチ店舗
Promotion  顧客が情報発信者




マズローの欲求5段階説


 生理的欲求
→安全欲求
→社会的欲求
→尊厳欲求
→自己実現欲求






最後にまとめ



釣りに行く人は

魚にさわりたいわけではない


魚の習性を読んで

「釣り上げる」ことが

楽しいのである






目的意識の重要性を


キャバクラに学ぶ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
54おすすめ

2012-03-01

[1冊] 1624-プロ論。




第一線で活躍している


それこそ

プロと呼ばれる人達の


人生哲学が


心、身体に染み渡る1冊




今、塞いでいる人達にも


響く言葉が

きっとある




プロと言われる人達には

必ずと言っていいほど

以下のような共通点がある




アクション
ポジティブ
楽しむ
コツコツ努力
自己責任
自信(自分を信じる)
焦らない
紆余曲折
情熱





どれも大事で

どれもが欠けている


今の自分に

一番響いたのが



和田アキ子さん


子宮がんで子どもが産めないという事実を

本書で初めて知ることとなった




その当時


「死にたい」



こぼしたアッコさん


旦那さんが返した言葉が




「死にたいくらいの気持ちで

   生きていけばいいじゃないか」





死にたいほどに

苦しいことも味わってない



なまぬるーい環境下




生き方が問われている
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
74おすすめ

2012-02-10

[1冊] 1604-憂鬱でなければ、仕事じゃない

幻冬舎の見城 徹氏と

サイバーエージェントの藤田晋氏が


一つのお題に対して

それぞれの意見を語る


一問一答形式の1冊




やんわりと

わかりやすく説いてくれる

藤田さんもいいが


歯に衣着せぬ

見城さんの突き抜けた感じが

とっても好きだ





対人関係における努力とは

つまるところ、サービスである。


そこで僕は、体を差し出し

自分を傷め、目一杯身をよじる。





常に全力で

あふれでるパッション




本気度が違う




正(仕事)と負(憂鬱)の

両極をスイングすることで

はじめて結果がでる。






自身はまだ

打席にすら立っていない





ウォームアップは

もうやめにしないか?
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
45おすすめ

2012-02-09

[1冊] 1603-持たない暮らし

下重 暁子



捨てられないものが多すぎて



タイトルに憧れを抱き

手にとった本



内容もシンプルで

テクニックも必要ない




旅は人生の縮図



無駄なモノをそぎ落とし

心も体も開放させる



まさに著者の

人生観が詰まった1冊




その中でも

心を揺さぶったフレーズは





死に方は生き方





最後は

大好きな酒ではなく

「水がいい」と言って


すべての思いを捨てて

旅立った故人がいる



執着も

しがらみも捨て



シンプルに




死に方を考えることは

生き方を考えること



こう死にたいと願っている人は

そのように生きるから


願いがかなうこともある





衝撃が走った





欲ではあるも

欲にあらず





死の壁の一歩先へ





改めて

生き方を問う
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
55おすすめ

2012-02-05

[1冊] 1599-3日で運がよくなる「そうじ力」




部屋をスッキリさせたい!


強い願望から手にとった本



これといって

真新しい手法はなく


そこに意識を愛情をそそぐだけ





至ってシンプル


邪道はないのだ




心に残ったフレーズは



本当に必要なものは与えられる



ものであふれる時代だが

無きゃ無いで

それなりに生きて行けるもの




モノの

空気の流れを


止めてはならない



まず始めに必要なことは


換気で流れをつくること




風邪から

インフルエンザ

病気に事故と



悪い流れは

その場に

マイナスエネルギーが

とどまっている証拠




納得したら


今すぐ換気



喚起に歓喜
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
43おすすめ

2012-01-18

[1冊] 1581-心に響く「話し方」




伝達とは人に伝えること


ただ

これではちょっと不十分




相手に伝わって、行動に移してもらうこと


これが伝達であり

試されるのが伝達力




著書の中にはいろいろな技法があるが




最後は

やっぱり"ハート"


取り繕えば必ずボロがでる



スピーチでアガる人は

うまく言おう、よく見られようと


自分のことしか考えていないからで


相手に伝わるように思いやりをもち

自分が持ち合わせている内容を話せば

アガることはない



というのには納得


もちろん

臨む為の準備は必要で


その準備するための時間は

話す時間の4倍程度が目安だという





さて

話ベタとは今日でお別れ


伝達力に磨きをかけて



ビジネスにサクセスを

プライベートにはハピネスを
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
70おすすめ

2012-01-08

[1冊] 1571-入社2年目のインバスケット思考

インバスケットとは


もともと「未処理箱」の意味で

制限時間内でより多くの案件を

正確に処理する


バーチャル•ビジネス•ゲーム



"与える"をイメージさせる

ティーチングと


"引き出す"をイメージさせる

コーチングとの違いが印象的





手段と目的を明確にし

本質を

優先順位やタイミングを見極め

点と点を線としてとらえ

全体最適となるよう

主観ではなく客観で


最後は

自らの意思決定で判断を下す




実際に問題を解くことで

自分に何が足りないのか


改めて見直すいい機会となった



仕事の基礎が学べる良書




目標を立て

日々、目的意識を高めていくこと



なんとなーくじゃ

つまらないから
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
54おすすめ

2011-12-03

[1冊] 1535-なぜ、「これ」は健康にいいのか?




タイトル通り

健康に関する内容なのだが


サブタイトルにある


副交感神経が人生の質を決める


どうやら

本質はここにあるようだ



とはいえ

副交感神経の質ばかり高めても

うつになりやすくなるといい


交感神経との絡み


すなわち


自律神経のコントロール

バランスが要だと


著者は説く



しかし内容は

副交感神経に重きを置いていて

参考となったのは


やはり

定番ともいえる



深呼吸


アフターユー(お先にどうぞの精神)



以外だったのは


胃腸のぜんどう運動を促す反応で


副交感神経に刺激を与える


朝一番のコップ一杯の水



そして最後に


自律神経のバランスを整える

日記の活用法として



1. その日いちばん失敗したこと

2. その日いちばん感動したこと

3. 明日の目標





なるほど納得

改善の余地ありですね


自分の健康を見つめ直す

いい機会となりました



やっぱり

まずは

酒からだなぁ~
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
62おすすめ

2011-10-09

[1冊] 1480-頭のいい説明「すぐできる」コツ

久々の読書です

秋も深まっていくので


またコツコツ読み進めたい次第です



今回は



頭のいい説明「すぐできる」コツ



タイトルからして

ビジネス要素プンプンなんですが


その内容は

日常会話にも通ずるものがあり


面白くってスラスラと読めました





なんのために説明をするのか



伝える、伝わるを目的にするのではなく

その先の

受け取った相手が


アクションを起こすことを目的にするということ




その説明の流れの組み立ては


1.心の準備をさせる

2.客観的な出来事を伝える

3.自分の解釈を入れる

4.お願いをする




なるほど

この4つをマスターすれば


確かに劇的な変化が望めるでしょう



とくれば

早速実践!




おおっと最後に




語尾をハッキリ

かつぜつ改善!!




お忘れなく
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
83おすすめ

2011-08-19

[1冊] 1429-続・断捨離 俯瞰力

最近

やたらと耳にする




俯瞰力(ふかんりょく)




どうも

言いたいだけの人が多い気がするんだけど



断捨離の著者である

やましたさんが出版したというので


やっぱり素通りは出来ませんでした





モノとの向き合い方を教えてくれた


断捨離


すんなりとはいかないまでも


今でもその思考は

自分の中でプラスに働いています






この俯瞰力とは



断捨離で得られる力





やましたさんの言う通り


断捨離ほどのインパクトはなかったが


改めて


断捨離の大切さを教えてくれた

1冊となる





辞書には


俯瞰とは


高い所から見下ろし眺めることとある




広い視野で

客観的にモノごとを洞察するって意味なんですね






焦点をどこに置くのか?





いつかは死をむかえる

逃れられない運命の中で



今を確かに生きている





だから

やっぱり


ごきげんYO↑
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
67おすすめ

2011-05-14

[1冊] 1331-眼からウロコが落ちる本



タイトルのように

真新しいものはあまりなく


故事を現代の問題に絡めたものが多かったが


例え方が絶妙で

とてもわかりやすい内容だった





自然淘汰の法則







エントロピーの法則




これらにより




全てのものは

出来上がった瞬間から崩壊に向かう





という


避けられない現実には

感慨深いものがある






歴史は繰り返すが



新たなものが

生まれる未来も確かにある





今を懸命に生き抜く知恵


著者の情熱



この1冊にあり







最後に



ゆで蛙の法則




かえるを

熱湯に入れたら飛び出すが


冷たい水に入れて

少しずつ温度を上げていくと


温度の変化がわからず

やがて死んでしまうというもの






急激な環境変化にも

臆することなく


順応して行きたいもんです
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
92おすすめ

2011-04-20

[1冊] 1307-球場のビールはなぜ800円でも売れるのか




なるほど納得をメモとして





ニーズ(需要)とシーズ(種)



作業と仕事の違い



仕事は


やり方を任せるのではなく

目標設定をさせる



問題とは


本来あるべき姿とのギャップ



課題とは


そのギャップを解消するために何をするのか



顧客のニーズの最適化


どんな製品を作るかではなく

どんなニーズに応えるか



顧客ニーズとは

商品ではなく効果をベースに考える



人は

商品ではなく場面にお金を払う



ブランド力とは


会社と顧客が

相互にメッセージを交わしながら

育てていく信頼関係なのである



商品購入には


存在の認知

特徴の理解

好ましいという判断

類似品の中からの選別

購入


といった

心理的段階がある



手軽な商品は


特徴の理解のあとに

試し買いがあり


定期的な購入につながるかどうかの判断となる



購入につなげるために

どのステップでとどまっているのかを探る



損益分岐点を求める






以上



確かに


現状を打破するヒント満載でした
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
96おすすめ

2011-04-15

[1冊] 1302-ラーメン二郎にまなぶ経営学

ラーメンには

特に

これといってこだわりもない自分



理由は

カレーと同じで


不味いラーメンに出会うことなんて


そうそうないから




言い方を変えれば


どれも美味しいっていう概念があるから




そんな中

後輩から拝借した本



ラーメン二郎にまなぶ経営学 

大行列をつくる26(ジロー)の秘訣 

牧田 幸裕 






ラーメン二郎



確かに

最近よく聞く名前だが

食べたことはなく


自分の周りには、酷評が多いときた




現に

著書の中でも




味のブレ

店舗ごとによる味の違い

高カロリー 等々



一般では

デメリットでしかない要素も


この著者は

強引にプラスに変換しているので



なかなか、どうして


全てを受け入れるのは

難しいものがある






しかし


終始一貫している





自分と向き合うための修行の場







敬意を表す無骨な姿勢が



読んでいて

とても爽快だった





読み終える前に

挑戦を決意させてくれる本でした




自身も

ジロリアン(ラーメン二郎の大ファン)

という著者の



ラーメン二郎に対する


ふかーい愛が込められた一作







きっと





愛の連鎖はこんな風にして

生まれる
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
52おすすめ

2011-04-13

[1冊] 1300-枚岡合金工具株式会社




たかが掃除で奇跡のV字回復!

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密





著書には

タイトル通り



枚岡合金工具株式会社



サクセスへの道程が記されている




その内容は


単純明快!!




整理・整頓・清掃からなる


3S活動の徹底



これだけ





細分化すれば



形跡管理

姿絵管理

定点観測
 等あるが




ポイントは



見える化




それこそ

職場に限らず

家でも実践できる内容となっている








モノを大切に扱わない人は

モノからも大切にされません



よく失くしモノをするという人は

モノのほうが愛想を尽かして

去っていってしまうのです





思い当たる節はありませんか??

心がチクチクします







そして

1番響いた言葉





著者の古芝さんは


最後をこう締めくくる






1つだけ例外があります




決して捨ててはいけないもの





それは、人です。








愛から生まれる


原理原則


ここにあり
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
43おすすめ

2011-03-18

[1冊] 1274-お金じゃないから

東日本大震災後




実感した事の一つに

資産の構築がある




一瞬で

何もかも無くしてしまう

不条理を目の当たりにして



不謹慎なことも



また


お金が何の役にも立たない事が

あるという事を理解した上で



それでも尚



お金があれば

出来る事があると


強く強く感じたからです



そこには

欲だけではない



"善"が



ちゃんと心に存在するから





自分にだって

守りたい人がいます





有事の時に

お金で救いになるのなら









久々に意欲が湧き


眠っていた本を読んでみました





お金は銀行に預けるな

金融リテラシーの基本と実践 勝間和代






内容は難しいんですが

つまりは




金融リテラシーを磨くこと




金融に関する情報や知識を単に学ぶだけではなく

そこで与えられたものを

批判的に見ながら自己の金融に対する学習を

経験として重ねていくことで

金融の情報や知識を

主体的に読み解くことができるようになること





勝間氏は言う




本書では


月々

ノーロードでインデックス投資信託の積立





勧めている



2007年の発行で

今の市場に合っているか分かりませんが


1万円から始められるので

分散投資の観点からも


まずは


肌身で体感して行こうと


素直に

受け入れることの出来る本でした




後は

実行あるのみですね









人生


お金じゃないから


お金が必要
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
56おすすめ

2011-01-29

[1冊] 1224-蟹工船-小林多喜二-

加速度的に

二極化する貧富の差




資本主義を追及した結果で

大変な時代といわれているが





これより以前


激動の時代にあった

迷走する日本を知ることで



今がどんなに

幸せなのか



思い知らされることとなった



1冊の本






蟹工船











まだ確立されていない

資本主義



人を人とも思わぬ

資本家達の

労働者に対する横行




馬車馬の様に働かせては


脱落・反発するものは

容赦なく切り捨てる




そんな


希望もない中で


一致団結して立ち上がる労働者達の



力強い

変革への意思行動には



学ぶものがあった







実は

父から渡された


この書籍




自身に読ませる為というから



何か思惑のある作品だと

薄々は感じてはいたものの




読み終えて

その真意を

改めて問いたい




そんな

気持ちにさせてくれた1冊






世代を超えて

現代社会に問いかける





そんな機会を

増やす時期








ちなみに

この蟹工船



作者は没後50年が経過しており

著作権が失効しているため



こちら(青空文庫)から無料で読めるそうです



興味の湧いた方はぜひ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
62おすすめ

2011-01-15

[1冊] 1210-もしドラ

恥ずかしながら

最近まで

人の名前だとも知らなかった




ドラッカー




伝説の経営の神様で


その思想は

今もなお

絶大な支持を得ているんだそう




とはいえ


経営とは無関係な人にとっては

取っ付きにくいのも確か





そこで

大ヒットとなった





もし高校野球の女子マネージャーが

ドラッカーの『マネジメント』を読んだら




いわゆる




『もしドラ』




勧められて

期待もせずに読んでみたら




まあ

大変






使い古された

ストーリーなんだけど



そこに

マネジメント要素が

うまく組み込まれていて



皆が皆

劇的に変化を遂げて行く様は



お見事の一言



ワクワク感が増してゆく展開に

涙が止まらなかった大作





小説で

こんなに泣いたのは


初めてのこと




もちろん

マネジメントも学べます






演出にもよるだろうが


あの『ルーキーズ』をも越す作品







勝手に思っております







個々の強みを活かすこと



より

大前提に







「人を幸福にすること」








マネジメントの真髄


ここにあり!!
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
40おすすめ

2010-12-20

[1冊] 1183-断捨離

今、流行りの




断捨離





だんしゃり??





一言で言うと





モノの片付けを通して

自分を知り


心の混沌を整理して

人生を快適にする行動技術





なんだそう







なんだか

とっつきにくそうなんだけど




大事なのは


自分にとって


「今」


そのモノは本当に必要かどうか




ここを

心の奥深くまで

掘り下げて行くことで




そのモノの本当の価値を

判断出来るようになるって話





本当かって?





実際

ここを理解出来たら早い


自分の心に問い掛けるまでもなく



不要と感じたモノを

あっさりと捨てることが出来た




まだまだ

モノはだいぶあるけれど


この繰り返しで

少しずつ

シンプルにして行ければいいさ





捨てなきゃいけない概念に

追われていて



逆に

余裕がなくなってるって?






迷いがあるから

不安になる





手に余すのは

もう、やめよう





揺るぎない自信を与えてくれた

良書との出会いに感謝





圧倒的に

選ぶモノにも慎重になれました







迷った時は





断捨離で





って

言いたいだけ?






人生は、きっと変わる
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
49おすすめ

2010-11-16

[言葉] [1冊] 1148-NO LIMIT 栗城 史多

今回のアタック

エベレスト登頂はならなかったけど



確かに

感動を共有させて頂きました



栗城さん

ありがとう。





「一歩を越える勇気」に続く




 「NO LIMIT 自分を超える方法」






人知を超えた世界を体験した

栗城さんだからこその


言葉の重み





正しかった、間違っていた、

は結果ではなく、

自分自身で出す答え





苦しみも不安も

すべては自然の一部








苦しみを、ありがとう。







読み終えた後の

この見事な行動力を

持続出来るよう





まずは

感謝から





全ては

ここだろうなぁ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
112おすすめ

2010-06-05

[1冊] 965-「告白」 湊かなえ

小説なんて 読むのは

数年ぶり



今まで 特に興味もわかなかったのだが



なぜだか

魅かれた





「告白」




2009年 本屋大賞 第1位






もちろん そのインパクトもあるが



ひとつの 出会いを感じた作品







ひとつの事実を 多角的に



感情移入を どこに持っていくかで


とらえ方が 全く違う




個々の感情も 全てが繋がって…





なるほど 



ラストには 正直 驚いたが




こんなにも

ワクワク読めるなんて



小説にハマる人の気持ちを 垣間見た作品



あっという間に 読破でした





映画化されて 本日上映






さて

仕上がりの程は??





まだまだ 楽しめそうだ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
125おすすめ

2010-05-15

[1冊] 944-山登りの作法

前回の丹沢縦走

ひざを痛めた苦い経験



それこそ

若さだけで 挑んでいた登山



なりふり構わず

無知で無謀 



しかし

この経験は大きかった


大事に至らず 

早い段階で 危機感を覚えたこと



ありがたい



これからも 

山とは長いお付き合いをしたいと考えている



いいかげん

基礎ぐらいは 身につけなけりゃ


と 思ってた所に

自分の所に 転がり込んだ


1札の本
難しい表現もあるが

新発見の連続で


直ぐにでも 山へ行きたい衝動に





人は 自我・自意識が働くと

生命エネルギーを消耗するのだそう


その生命エネルギーの補充は

無我・無意識のときになされる






この言葉が印象的でした




と この本を取り上げた直後で

怒られるだろうけど




夜登山の決行です




生命エネルギーのおもむくままに



結果より

行かないことで 後悔したくないから
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
135おすすめ

2010-02-12

[1冊] [言葉] 854-筆談ホステス

聞いたこともない 知りませんでした




全く耳の聞こえない


自分だったら 挫けてしまいそうな人生も


コミュニケーションの手段として

筆談を武器に 

銀座のホステスのプロとして活躍中の


斉藤 里恵さん


想いを文字に込めることで

言葉により一層の深みを生み出す


文字でしか伝わらないもの


筆談ならではの 強み


何より その感性が素晴らしい



本書には 人とのふれあいの中で息づく

それは温かい 珠玉の言葉の数々がつづられている




もちろん そこには受け売りの



「臆病ものの目には、敵は常に大軍に見える」



これは織田信長の言葉だそうだが



自然と出れば 

それはもう 立派なその人の言葉



この言葉が 今の自分に一番響いたかな






里恵さんオリジナルの言葉では


「難題の無い人生は、 "無難な" 人生。

 難題の有る人生は、 "有難い" 人生」






すごいよねっ!!




このタイミングで 今夜放送の金スマに

なんと里恵さん出演




"有難い"めぐり合わせ






さぁて ブログも早々に

晩酌準備も 出来ました





いつかは "お銀座" 心に決めて


今日は 家で


楽しく乾杯!!
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(4)
138おすすめ

2010-01-27

[1冊] 838-手相術 自分の運命が一瞬でわかる

「それ手相でしょ?」


「同じやつもってるww」




『何が手相か くだらん!』 声が ある中で


救いの言葉



確かに変化を見せる その線は

何等かの意味を持っていても おかしくない



基本 未来は自分で切り開くもの

このスタンスは 手相のように変わりはしないが



良いも悪いも

手相が示す この先の兆候がわかれば


それを開運に繋げられる



この意味は 大きい



また本書には


お金持ち 大物ほど 手相好きで


わずかな鑑定料で 大きな幸せを得る


未来への投資の一つ とある




なるほどね


事細かい説明で分かりやすいも

やっぱり 実際みてもらおうと


堅く決意したのでした
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
65おすすめ

2010-01-15

[1冊] 826-医療保険は入ってはいけない!

以前

保険の見直しで勧められた商品は



大まかに


入院給付金日額10000円

1入院限度120日

60歳払済で 月額約4280円




何も知らない素人だ


まずはいっぺん 

プロの話を 素直にね



その後 じっくり考えりゃいいと

手に取った本が


医療保険は入ってはいけない!
事細かな内容で

大変ためになったのは言うまでもなく



見開いてすぐの


医療費が100万円かかっても、実際の負担は9万円足らず。

公的医療保障を使い切って貯蓄したほうが合理的です!





難しいことは何もない

この事実が 全て


自分は そう理解した






死亡は別として

もし万が一の事となった場合でも

健康保険に加入していれば


単純に

自分がとるべきリスクが 約9万円で済む




これを知る知らないでは

心持ちが大きく変わってくる



それを踏まえて 今の経済状況と照らし合わせ

出した答えが



入院給付金日額5000円

1入院限度60日

終身払で 月額約1350円



当初の約1/3の費用で 保障内容も十分

先々の見直しにも融通が利く



さらに別会社で

300万円の死亡保障(10年)を月額537円でプラス


合わせても2000円でおさまり

ひとまずは 納得








保険と聞けば 

すぐに安心を求め 飛びついてしまう

悲しいかな 人間の性




だからといって

頼りっぱなしに ならないで




自ら切り開く力の追求




これがあってこその 保険という考え方もある




いずれにしたって

心強い見方であることに違いないんだ



対価を求めず


うまく折り合いをつけて





仲良くやって行きましょう
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
85おすすめ

2009-10-29

[1冊] 748-脳を活かす勉強法

脳科学の代名詞

茂木健一郎さんの

脳を活かす勉強法





最近 特に気になっていた

脳のしくみ



少しでも 知識を得たくて読むものの


内容は

茂木さん

頭がいいから

ちょっぴり難しい…




それでも大事なことは

しっかり読み取れた




困難を喜びとしてとらえ

それを乗り越え

繰り返すことで

脳はより成長していく




メンタル面の強さも

きっとここから来るもの


心と身体は比例する



おわりに

茂木さんの言う



知の「オープンエンド」


どこまで行っても終わりがない状態


には 深い納得


まさに 無限の可能性を秘めた脳



まだまだ深く 眠ったままの 自分の脳

覚醒させて



いざ
ピリオドの向こうへ

固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
56おすすめ

2009-10-28

[1冊] 747-4時間半熟睡法

そりゃ

出来たらいいね

インパクト大のタイトル





前々から 興味のあった睡眠法


残念ながらタイトルにある

4時間半熟睡法

は あまり深くふれていない


しかし
睡眠のメカニズムは

分かりやすく説明されていて

なるほど 納得だった



ポイントとして



・90分周期の睡眠を心掛ける


・夜の12時〜朝の6時を軸にした睡眠が効果的


・細胞を修復してくれる成長ホルモンは 眠り始めの3時間に多く分泌される


・朝10時までには起床し 陽を浴び体内時計をリセットする


等々


特に

体温が下がると眠くなる

この知識は非常に勉強になった


このしくみをうまく活用して

今後の睡眠に繋げて行きたい




まだまだ お前とは長い付き合いになる



より快適に




まあ 仲良くやっていきましょう
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
68おすすめ

2009-10-16

[1冊] 736-面倒くさがりやの あなたがうまくいく 55の法則

触発されて読んだ本

ここ最近めっきり減った読書



ジャンプを読破するのに

約2時間もかかってしまう程

乏しい読書力の自分も


夢中で読んだ
気付けば 同じく2時間程で読破


まあ 読み易い


なるほど ふんふん の連続



明らかに読み始める前との

自信が違う



レベルアップ音が 鳴り止まない





大きな面倒になる前に

   小さな面倒をやっておく





たったこれだけのこと

答えは シンプル




面倒くさいも

追求すれば 究極だ



まさに逆転の発想



久々にいい本に出会った





面倒だって 今日から味方
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
140おすすめ

2009-04-26

[1冊] 565-最後のパレード

新聞の広告欄。

ある親子の話が涙を誘う。

親子だけでは生まれなかったであろう。

その物語に必要不可欠。

奇跡の紡ぎ手。

キャストがつくる感動のストーリーの数々。


【最後のパレード】


ディズニーリゾートなんて、もう何年行ってないだろう。


ディズニーキャラやアトラクションばかりに目がいってしまう自分。


100年に1度と言われる大不況の中。


来客数は過去最高。

非常に高いリピート率も、これを読めば納得。


魔法にかかった夢の世界。


癒しを求めてくる、ゲスト。

それに応える、キャスト1人1人の存在が

こんなにも輝かしいものだなんて。

知らなかった。


ディズニー世界の見方が変わる

涙なくしては読めぬ、いい作品でした。


癒しを求め夢の国… キャストに会いに行きたいなぁ…。


そうそう キャッチコピーにもありますが

立ち読みは厳禁ですよww
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
189おすすめ

2009-03-13

[1冊] 523-佐賀のがばいばあちゃん

今更ながら、読みました。

佐賀のがばいばあちゃん。

あっという間に一気読み。

人情溢れた、肝っ玉のすわった

超前向きな ばあちゃんの一挙手一投足がズバズバ心に入ってくる。


印象深い言葉。


歴史は嫌いと言う洋七さんに

 「答案用紙に、『過去には、こだわりません』って書いとけ!」


通知表の成績が悪い洋七さんに

 「人生は総合力」


まだまだ、あるある。元気をくれる力強い言葉の数々。

自然と涙がこぼれた良い作品でした。


今夜の金曜ロードショーで放送なんだそう。

映像で見てみるのもいいかもね。
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
146おすすめ

2009-02-27

[1冊] 509-手塚治虫の ブッダ 救われる言葉

誕生日のプレゼントに友人から頂いた本。

手塚治虫の ブッダ 救われる言葉

やはり一味感性の違う、粋な贈り物。

内容は仏伝に忠実ではないというが

手塚さんの仏教観が、正であるかのようにすんなり入ってくる。

宗教と一つでくくってしまえばそれまで。

思想・哲学でとらえれば、見解はいくつあったっていい。

心が穏やかになりながらも、考え深い作品でした。


  印象深い言葉を引用


 きょう、恐ろしさをごまかせても、
 あした、また恐怖がやってくるかもしれない。
 むしろ恐怖に身をまかせて…。その中でやすらぎを見つけるのだ。


 この世にあるものは、一秒もとまってはいない。
 つねに動く…変わる。
 これを無常というのだ…。


日本人に馴染み深い仏教。

たまには 触れてみるのもいいもんだ。
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
109おすすめ

2008-02-09

[1冊] 132-28歳からのリアル

27歳に購入した。



丁度、今年28歳を迎えるにあたってベストな1冊と言えるだろう。

あわせて、後輩が持っていた



も借りて読んでみた。

読み終えて、愕然とした。

特に、お金の面でだ。

これから先、死ぬまでに億のお金がかかるのだ。

今まで漠然と考えていただけに、そのショックは

まさに リアル なもの。

今の自分は、平均以下。

男としての価値も低いだろう・・・。

現実を突きつけられたところで、くよくよなんかしていられない。

逆に今知れた事に感謝。

大切な人を守る為にも、いったい自分に今、何ができるか

再確認と行こうじゃないか。

明るい未来は、もうすぐ目の前にある。
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
127おすすめ

2008-01-26

[1冊] 118-風の谷のナウシカ



風の谷のナウシカ

宮崎駿監督の作品で誰もが知っている作品なのではないだろうか。

しかし、意外と知られていないのは

漫画(全7巻)が存在するということ。

漫画作品のアニメージュ誌上で連載。

中断期間を含め1982年から1994年まで実に13年に渡ったそうだ。

しかも、映画では、1・2巻までの内容しか描いていないという。

その先があるのだ!!

自分も、この真実を確かめるために、持ち主に見せてもらった。

う~ん これは確かにすごい!!

とてつもなく奥が深い!!

とてもじゃないが、1回では到底理解できないだろう。

それだけの世界観なのだ。

さすが、宮崎駿監督!!

感動いたしました。

きっと、天空の城ラピュタ や もののけ姫

の原点となる作品ではないだろうか。

なんにせよ、一見の価値あり。

あ~ もう一度 映画を見直そう。

また違った世界が広がるんだろうな。
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
110おすすめ

2007-12-26

[1冊] 87-スローセックス

先輩からの強い勧めで出会った1冊。



タイトルからして興味津々。

男だもの、食いついて何が悪い!!

スケベ心で読み始めたものの、間違いだらけのセックスをしていたことに

衝撃を受けた。

射精主体のご都合主義のセックスだったことを深く反省したい。

女性をイカせるんじゃなくて、気持ちよくなってもらいたい!!

っていう大前提のことも忘れかけていたのかもしれない。

AVであんなに興奮するのに実践じゃ~

全く通用しないなんて・・・。

それでも、興奮してしまう事実・・・ 男って奴ぁ~・・・。

とにもかくにも、セックスに対する認識が変わったことは確か。

かなり勉強になった1冊だ。

これからは本当の意味で愛のあるセックスを心がけよう。

男性諸君!! 読みの1冊ですよ!!!



固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
152おすすめ

<< 2017年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

肩肘張らず 思いのままに
ありのままの等身大の自分を
なんでもない日常も
必ず意味がある

☆リンクフリーです☆





























最近のコメント

RSS

RSS2.0

アクセスカウンタ

00636602

QRコード