2015-02-28

[1曲] 2477-Silent movie

「増田さんと一緒です」


突然告げられた

離婚報告


すぐには理解できずに

思わず質問攻めに


答えに困ることなんて

自身の経験からわかっていたはずなのに


無意識とはいえ

深く反省



本当に

温和で気配りができる


鏡のような男性なのに


それでもダメなのか…



人生何が起こるかわからない


ひとりで

きつかっただろうに


気づいてやれなくてごめん


少しだけ前を行く自分にだからこそ

かけてあげられる言葉がある






いつの間に 

こんな遠くまで来たんだな


君がいた夏は


まるで昔見た映画の様
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
15おすすめ

2015-02-27

[日常] 2476-情熱が壁をぶっ壊す

これぞまさに奇跡



目の当たりにした


自身含め

その先に未来はないと思っていた




ただ

本人だけは

諦めず

何度もなんども

同じところを叩き続け


見事に切り開いた




射した光が眩しすぎて

つい

目をそらしてしまった



居心地のいい

ふわふわ感に浸っていた

悪くはない日常に

熱が注がれた


やっぱり

このままじゃダメなんだ


圧倒的に欠けている


情熱の火を燃やすべく


まずは



目の前にあるそのドアを

叩いてみることにする
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
15おすすめ

2015-02-26

[1曲] 2475-KNOCK OUT MONKEY

なんやかんや

うまく回りだして


ちょっと

勢いのある音楽が聴きたくなって


YouTubeで


「メロコア」を検索


そしたら

日本のメロコア界がすごいことになっていた



もう

ロックとしか言いようがないんだけど


中でも群を抜いているんじゃないかな


すっかり惚れてしまった



KNOCK OUT MONKEY

























年甲斐もなく

前髪をもさっと伸ばしたくなる



いや~

かっこよすぎ


もうテンションしか上がらない



これもまた

いい出会いだな


大事にしていこう
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
22おすすめ

2015-02-25

[香港スタイル] 2474-レッドポケット

旧暦による正月を祝う

旧正月


香港では19-22の4連休となった

2015年


花火が上がったり

初詣にいったり

家族や親戚とご飯を食べたり




日本とさほど変わりはない


ただ驚いたのが

お年玉文化の違い



通称「レッドポケット」と呼ばれ



企業はもちろんのこと


広く

お世話になった方々へ渡す習慣があるんだそう


渡す金額には個人差があるようだが

20-100HKDが相場のよう



中でも驚いたのが



既婚者は年下の独身者に配る



という

ちょっと無茶気味な

暗黙のルール



ということで

確かにシングルの自分は

例にもれず

お年玉をいただきました




もう34のいいおっさんなんだけどね


なんとも複雑だけど

やっぱりうれしいもんです



他にも


マンションの守衛に渡すだとか

袋を開ける日にちが決まっているだとか


なかなか奥が深い


レッドポケット




旅に出ていて

正直

楽しむもなにもなかった

旧正月



来年はないかもしれないから…



与えられたら

恩送り




体現するため


日頃頑張ってくれている3人へ


ホワイトポケットという名の


バトンを渡す


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
16おすすめ

2015-02-24

[日常] 2473-出川哲朗はじめてのおつかい in New York!








さすが兄貴っ!!


こんなに笑えて

勇気がもらえる


英語教材があるだろうか



今の自分に欠けている


あきらめずに「伝えよう」っていう


必死な気持ち


確かに受け取りました



くぅ~

モア モア モア
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
15おすすめ

2015-02-23

[メモ] 2472-メモの快進撃

以前 取り上げた


「画面メモ」


今回の旅では

快進撃が止まらなかった


オフラインでの

急な対応は不可だが

事前準備で検索した

webページを保存しておけば

それだけで

そこらのガイドブックに負けないくらいに

自分好みで中身の濃い

とってもコンパクトな旅の相棒となる


再検索する必要がないってのも

また便利



そんな

心強い「画面メモ」と同じくらい

衝撃を受けた


メモ帳(紙)の利便性


やはり

入力よりも

手書きの方が断然速いことに

今更ながら気づく


今回

旅中は

ブログを更新をしないと決めていたから


ひたすら

ポイントだけを

書き殴ってみたが


あとで

振り返ってみると


意外とまとまっていて

更新がそこまで苦にならなかった


まあ時間はかかったが

今後の旅に

なくてはならないモノとなった



これでようやく追いついた


この先しばらくは

平常運転で

備えにはいる
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
20おすすめ

2015-02-22

[メモ] 2471-キャッシング枠は

あったほうがいい



カンボジアへの旅に


国際キャッシュカード



クレジットカード


それぞれ1枚ずつ持っていったのだが


海外では

カードの磁気を読み取ることができないATMがあるようで

吐き出されることしばしば


そこで

クレジットカード登場


キャッシングを利用しようと

カードを入れ操作するも

画面に「CREDIT CARD」の表示なし…



そういえば以前

使わないだろうと枠をゼロにしたことを思い出す



旅先で

あわてて再申請するも

まさかの審査落ち


他のATMで

国際キャッシュカードが使えたからよかったものの


まあ

あせった



てか

もう何年も前から

メインカードで利用しているのに


この仕打ちときたもう


支払いを切り替えようと

本気で考えた体験でもあり


キャッシング枠はあったほうがいいと学んだ

(海外に行く人は特に)


貴重な体験となりました



PS.再申請は半年後まで無効なんだそうで
  他の金融機関にもこの情報が共有されるっていう…
  全く、やってくれたぜっ!!
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
12おすすめ

2015-02-21

[日常] 2470-えれきてる

顔がと~っても広い

jamieのお誘いで


Picnicにチャーハン持って参加


20人越えとなる参加者の中で

日本語が話せるのは数人だけ


とにかく英語にふれる機会を増やす


英語上達に欠かせない

このチャンスを逃す手はなかった


案の定

全く会話にならないのだが

リスニングだけでも充分楽しめた


途中参加の

23歳とまだ若い日本人との

いい出会いもあった


見た目はもちろんだが

久々にいい男と出会えたような気がする


ワインで大分酔っ払っていたのは間違いないが


久々の男泣きに「ダメよ~ダメダメ」を

無意識に取り入れてみたり


お年玉まで


最近ちょっと

迷走気味感は否めないが



まず自分から与える




スタンスに


方向性はきっと

間違っていない


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
17おすすめ

2015-02-20

[] 2469-回顧 アンコール・ワット,バンコクの旅

まさかの10連休取得から

湧き上がった旅への熱


しかもそれが海外へ向けられたものだから

本当に自分でも驚いた


香港に来ていなかったら

まず

間違いなく沸き起こることのなかった


感情



色々と行きたいところはあったが

詰め込みすぎはよくないということを

初日の搭乗失敗から学び


目的地を

アンコール・ワットにしぼることにした


ただ

ただの観光にしたくはなかったので


タイから陸路でカンボジア入り


という

少し難易度を上げたルートを選択


言葉の壁

文化の違い

ほぼ1日かかる長時間の移動

乾期とはいえ過酷な暑さ


日常にはない不安や困難の数々


それでも

わくわく感が常に勝っていた

今回の旅



足元を見てくる現地人に対して

ぼったくりと一蹴するのは簡単だが


何度か体験することで

確実にコツというか感覚が身につくから

その勉強代というか


そもそも勝手のわからない土地では

彼らの協力が必要不可欠


謙虚に

自分の方から歩み寄ることの大切さを学んだ



当初目的だった観光に関して


サンライズは確かに感動したが

観光客の多さもあり遺跡群にはハマらず


むしろ

心地よい風と揺れをカンジナガラ

トゥクトゥクでカンボジアの日常を見てまわる方が

100倍楽しかったっていうww



遺跡を見なきゃ始まらないっ!!



そんな先入観さえも取っ払ってくれた

この体験は自信になった


そう

旅は柔軟になればなるほど

楽しめるもの



そして

今回最大の収穫は

やはり



出会い



始まりは

ほんの些細なきっかけにすぎないんだけど


つながっていくのは

関心があるかないか


これは日常においてもいえることだが

少しだけ違うことは


非日常の中で

その感度が上がっているということ


次から次にやってくる選択肢(出会い)を

ひとつひとつ処理していく


なんか

とてもドライな考え方かもしれないが


最終的に

相手を思いやる

優しさに落ち着くこととなる



言葉もわからず

ほとんど話せない自分を

常に気遣ってくれ

とどめにとびきりの笑顔


人と人は

やっぱりこう


シンプルでなくっちゃ



本当

素敵な出会いに


ただただ感謝しかない



長々と

今回の旅を振り返ってみたが


これで頭の中が

すっきり整理された



もっともっと世界を知りたい


そのために

やはり英語は必須



自身の成長を祝福したら


またひとつ上のステージへ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
17おすすめ

2015-02-19

[] 2468-バンコク散策

旅もあっという間に最終日


フライトが16時40分と

もともとがっつり観光するつもりはなかったので


この日もご一行に便乗




トゥクトゥクを3台チャーターし(ひとり20バーツ)

あのチャオプラヤー川を目指す




スタンプがなんちゃらかんちゃらで

途中

無駄に3店舗も寄り道


ボート乗り場で

WATYAN BOAT TRIPを申し込む(ひとり250バーツ)




1時間程ボートに揺られた後は

陸に上がり昼食




しっかり食べるのは初めての

トムヤムクン 100バーツ


香草も気にならず味は好きだが

噛み切れない具材が多く

スープを飲み干したい性格の自分には

ものたりない1品




食後に街を散策






ここで無念のタイムアップ


13時20分にタクシーを拾い

ドンムアン空港へ



ワットポーやワットアルンなんかは

ひとりだったらきっと行けたんだけど


タイの雰囲気もつかめたし

やっぱり料理は最高だから

またの楽しみにとっておこう


なによりも

出会えたことに意味があるんだから


全くいい旅になった



ありがとう


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
10おすすめ

2015-02-18

[] 2467-シェムリアップ→タイ

旅5日目

ちゃんと7時15分にピックアップがあり

バスに乗り換え8時に出発


再び陸路でタイを目指す


途中休憩をはさみ

12時にカンボジアの国境前に到着


カンボジア出国に30分

タイ入国に1時間かかりヘロヘロ




タイ入国後

すぐにターミナル発見

バスでもらった白いテープをはった人たちと待機


タイからは

シェムリアップから乗ってきたバスではなく


14人1組のグループに別れ

ワゴンでの移動になるようだ


自分は一人だったので

戸惑っていると

9人と大所帯のフィリピン人ご一行が

一緒に行こうと優しい言葉をかけてくれた


もちろん断る理由は何一つない




途中の休憩所にて




車内は

それはそれはにぎやかで


自分の席は

ドライバーと助手席の真ん中で


まー疲れました


降り場はきっと決まっているんだろうけど

結構融通がきくようで


欧米人2人は駅で降車


電車の方が移動しやすいだろうから

自分もと迷ったが


土地勘もないし

ご一行の流れに乗ってみようと

そのまま乗車


バンコクの名前もわからない街に着いたのは

19時

市内の渋滞はまあ半端なかった


ご一行が宿探しをするということで

自分も便乗


んで

結局一緒に泊まらせてもらうことに




セミダブルのベッド2つの部屋に

男3人 ひとり300バーツ


まさかの添い寝確定ww


シャワーをあびて街を散策




男3人でマッサージ


フットマッサージ 1時間

タイ式マッサージ 1時間

450バーツ




若い男の子が担当で少し驚いたが

まあ気持ちよかった


0時30過ぎに終了し

5日目も終了
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
14おすすめ

2015-02-17

[] 2466-パブストリート&ナイトマーケット




観光客でにぎわう

パブストリートで

カンボジア最後の夜を楽しむ





ドラフトビールが

おどろきの5セント


4杯飲んで

メシ食って

6.75ドルは大満足



Tシャツに続き

パンツも購入

2枚 5ドル






宿に戻り

明日のバスの時間を再確認したところ

予約で一杯だと一蹴…


朝聞いたときは

予約も何も楽勝みたいなノリだったのに


納得いかず

粘っていると


エレファント?(象で行く?ってことだろう)




笑えないジョークに

ぶちぎれた


とりあえず

オーナーに電話しろっ!としつこく言ったら


できるんかいww





16ドルのチケットなのに

28ドルもとりやがって


ぼったくり価格もいいところだが

明日市内まで出て探すのがとても億劫だったので


交渉成立


ぐったりと

4日目終了
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
11おすすめ

2015-02-17

[] 2465-クバール・スピアン

旅4日目は

連日の寝不足でゆっくり起床


本来は

大回りコースが鉄板なんだろうけど


あまりの人の多さにうんざりし

正直

遺跡もおなか一杯気味だったので


郊外にある


「川の源流」

クバール・スピアンへ


11時半に出発し13時過ぎに到着


距離にして1500mの山道を歩く




30分ぐらいで

遺跡が見えてきた





下山し広場にて昼食

Wi-Fiがあるので便利





15時半出発

市内を目指す
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
10おすすめ

2015-02-16

[] 2464-プノン・バケン

15時15分に

ベン・メリアを出発


サンセットに間に合わせるため


カンボジアの荒れた荒野を

ぶっ飛ばす




16時50分に

プノン・バケンに到着


10分ほど登ってすぐに大行列




列まで並んだのに

直前で

ノースリーブの女性が登頂をかたくなに拒否されていた



んで

頂上はもう ひと、ヒト、人っ!!




アンコール・ワットも微かに見える




多すぎる人に

さすがにうんざりしたが


それなりに

いい夕日でした




夕日を見終わった後は

ドライバーにすすめられるがままに


マッサージへ

1時間 15ドル


まあ

気持ち良かったからいいものの


このドライバー


チャーターしたにもかかわらず


毎回

自分で時間指定してくるのに


毎回

15分遅れで

お客を待たせるっていう


カンボジア時間を

見事に体現してくれたドライバーとなった


また

ごまかすのがうまいことww



宿で夜食をとり


旅 3日目終了
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
10おすすめ

2015-02-16

[] 2463-ベン・メリア

宿にチェックインしたときに

日本人から勧められた



天空の城ラピュタの世界


現在も修復されないまま森の中に眠る巨大寺院


ベン・メリア



シェムリアップから

1~1時間半かかるというから

2日目に行く予定だったが


ドライバーが行けるというので


ベン・メリア

プノン・バケンでサンセット




プラス30ドルでお願いすることに

(絶対高い気がするが…)


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
10おすすめ

2015-02-16

[] 2462-バンテアイ・スレイ

郊外の

バンテアイ・スレイへ行く前に

昼食 12時


クメール料理の定番

アモックを頂く




ドライバーがひとり寂しそうだったので

ご馳走したら

気分をよくしたのか


好きなところをまわっていいよと

値段交渉してきた


よくよく考えれば

ぼったくり価格だったが


せっかくなのでお願いすることに



まずは


「女の砦」

バンテアイ・スレイをまわる


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
12おすすめ

2015-02-16

[] 2461-タ・プローム

巨大な榕樹(ようじゅ)が圧巻の


タ・プローム


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
14おすすめ

2015-02-16

[] 2460-バイヨン

小回りコースの最初が

アンコール・ワットだったので

とばして


バイヨンへ


しかし

バイクにトゥクトゥク、車であふれる市内は

とてもエネルギッシュ


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
14おすすめ

2015-02-16

[] 2459-アンコール・ワット

旅3日目


前日に

サンライズ 6ドル

アンコールワット 小回りコース 28ドル

を申し込み


5時起床

5時半にホテル出発


初っ端にして

メインイベントとなる


アンコールワットでサンライズを



まずは

3日間有効入場券を購入 40ドル




6時に着くも

日の出までにまだ時間がかかりそうだったので

先にアンコールワットを散策





一通りめぐり

戻ってくると

ちょうどいいタイミングで


陽の光が



これはもう

本当に鳥肌モノの絶景だった





サンライズの後は

いったん宿に戻り朝食





少し休み

8時から

小回りコーススタート
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
17おすすめ

2015-02-15

[] 2458-タイ(バンコク)→カンボジア(シェムリアップ)

旅2日目

シートが痛くて熟睡できず

4時起床


すでに空港内は

たくさんの人でにぎわっていた


朝食に選んだ現地食




ヌードル系だとおもったら

どろっとしたスープ(ジャガイモ?)だった


22バーツ

お湯に10バーツ


ピリ辛で香草がきいていた


今回は

陸路で国境越え(カジノバス)を選択


タクシーでバス乗り場となる

ルンピニー公園を目指す




電車もあるようだが

本数は少ない



タイはタクシーのぼったくりがひどいと聞き

充分注意はしていたが


期待通りww


ルンピニーパーク



ちゃんと写真を見せたにもかかわらず


着いた先は

ルンピニーなんちゃらホテル…


パーク! パーク!



必死に伝えると


なんてこったと言わんばかりの

安い芝居


なるほどこれがタイ式なんだと

洗礼を受ける


まあ不安だったが

無事

6時15分 ルンピニー公園着 


空港から45分くらいかな



料金は239バーツに

空港の手配料 50バーツと

高速代 70バーツ


どうやらメーターはいじっていないようで

遠回り分だけぼったくられたようだ




バス乗り場は

HSBCの前の公園側




時刻表も案内表示も何もないが

自分以外にバックパッカーが3人いたので

待っていると


どうみても怪しいおっちゃん登場


カンボジア シェムリアップ



連呼していたので

まあ間違いないだろうと待機


7時くらいにちゃんとバスがきて一安心




他の乗客を待ち

7時20分くらいに出発


料金は外国人 200バーツ


水と揚げパンと豆乳?の差し入れあり


さらに

となりのおっちゃんからサンドイッチをもらう




9時にガソリンスタンドでトイレ休憩をはさみ

11時15分くらいにタイ国境に到着




ここで昼食


うわさに聞くタイ料理は

うわさどおり絶品でした


50バーツ





タイ出国から

カンボジア入国まで

スムーズに約30分


12時30分

カンボジア(ポイペト)入り




ビザの料金は30ドル

記入例のおかげでなんてことはなかった


■メモ

ポイペトロータリーにある

カジノホテルでWi-Fi使用可




何を勘違いしたのか

ここからホテルの送迎があるもんだと思い込み

ホテルに連絡するが断られて動揺するも

シェムリアップまで2-3時間かかるということを知り

すぐに状況を理解


出国口前でバスに乗車


少し走ったところで乗り換え


9.5ドルでチケットを買うものの

約1時間半も待たされ

15時にようやく出発となる




途中

トイレ休憩をはさみ


18時シェムリアップ着


ただ

街から少し離れたところに降ろされたため

車内でとなりになった日本人と一緒に

トゥクトゥクで移動

3人で300バーツ




市内に到着後

日本人とは別れ


自分はホテルの送迎を頼んだものの

日本語が通じず断念

(日本語が話せるスタッフが常駐しているって言ってたのに…)


夜の街をぶらりしたあとに

トゥクトゥクでホテルへ




予約したときは空きがなく

ツイン1泊14ドルだったが

ちゃんとシングル1泊分の料金9ドルで対応してくれた


実際は

トリプルだったのでなんか贅沢だった




ホテルにて夜食

3ドル


生姜がきいていておいしかった




2枚5ドルでゲットした

雰囲気充分のTシャツ





移動だけに1日を費やした

2日目が終了
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
13おすすめ

2015-02-14

[] 2457-香港→タイ

まさかの搭乗失敗から

心機一転


アンコールワットに焦点を絞り

再びチケットを

今度は往復分購入


時間が空いたおかげで

現地の宿を予約することもでき


逆によかったかなーと


まあ

約3万5千円の無駄な出費は痛いところだが…



前回の学びから

余裕を持って空港へ


20:50 - 22:45 の便で


バンコク(ドンムアン空港)到着


時差は

日本の2時間遅れ




24時間営業のATMがあるので

ここでタイバーツゲット(1バーツ 3.6円)




この日は空港で1泊


同じように寝ている人がたくさんいた




コンセントもばっちり

プラグは日本と同じ規格で便利(※電圧に注意)




お店も24時間開いていて助かった

1000バーツ札は

確かに嫌われるが問題なく使えて一安心




1杯やって

1日目終了
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
12おすすめ

2015-02-13

[] [香港スタイル] 2456-元気一杯

バンコク行きを逃したことで

また新たに生まれた出会い


ほらね

ちゃんと

つながってた


お金の価値を越えた

プラスの連鎖に感謝




宮崎では

焼酎は水のようなものだから




元気一杯の大将はいう





驚愕の焼酎無料に


自身

さらなるfreeへと

意欲を高める
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
19おすすめ

2015-02-12

[日常] 2455-土俵にすら立てないもどかしさ

約3週間前に打診があるも

その時はなんとも思わず


2週間前に

10連休が確定となり

急に高まった旅への意欲


もうやってこないであろう

このチャンスを活かすべく


あれやこれやと

こねくり回し


大枠で

アンコールワット行きを決意するも


なかなか踏み出せず

チケットを購入したのが

搭乗6時間前


決断してからの行動は

自分でも驚くほどの速さだが


今回はさすがに無計画過ぎた


空港に着いた時には

すでに搭乗受付終了という悲劇


時間にして約10分

金額にして飛行機代1600HKD


もうどうすることも出来ず

久々の放心状態に


決して安くはない勉強代だが

これに学び

仕切り直しだ!


とりあえず帰って酒でも浴びよう


何を引き寄せたのかは

わからないが


きっと必ず

意味がある
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
13おすすめ

2015-02-11

[香港スタイル] 2454-バレンタインデー of 香港

もうすぐバレンタインということで

香港スタイルをたずねてみると


男性→女性





日本とは真逆


というよりも

世界的にはこの流れで

日本は特別だということがわかった


特に香港は

女性が強いだけに

この日はもらう花束の数や大きさで

競い合うんだそう


これはもう

想像しただけで震えがとまらない


男は女の奴隷なんだと


ただただ嘆く

香港の男たち


心中お察しします


治安はいいのになんでかなぁ~


いや

だからこそ

こんなにも女性が強いのだろうか


それはまるで

愛のさまよい?
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
13おすすめ

2015-02-10

[香港スタイル] 2453-スピード写真 of 香港

数は少ないそうだが

香港にもあった


スピード写真


自分が利用したのは

クントン駅のC出口





料金は日本とさほど変わらない

40HKD


オクトパスでOK

というか

紙幣の投入口は見当たらなかった





画面が暗く見えずらいが

操作はいたってシンプル


撮り直しも可能で

日本のものと変わりはないが


仕上がりの

キラキラ感に思わず苦笑い



いつもより

可愛さ2割増しでご

ざいます


固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
11おすすめ

2015-02-09

[メモ] 2452-夢の担ぎ手

香港人も驚きの

物腰の軽さ


権力を振りかざすだけの

中国人や香港人を多く見てきただけに

今回のトップとの会話は新鮮だったという


これは日本文化の誇りだが


一切

気後れのない香港人もまた

誇りに値するだろう



やる気を導き出す

人格者であることを再認識


あるべき姿を

身近に感じることの大切さ



関わりの中で

一緒に築き上げる幸せ



つい最近掲げたテーマだが



幸せを夢に変え



再びのスタートを切る
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
12おすすめ

2015-02-08

[香港スタイル] 2451-香港水道事情

姉さん、事件です。




水道から

茶色いお水が

ばふっと出てきました



断水か水道管破裂後は

いつもこんな感じなんだそう



香港人

水道水飲まないよ


だけど

煮沸したら大丈夫って言ってたから

最近は

気にせず飲んでたけど


これを見たら

もうなんかね


今後は横着しないで

ちゃんと買った水を使うようにします



水道水が飲める日本って

やっぱり恵まれてるんだなーと

しみじみ実感
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
22おすすめ

2015-02-07

[香港] 2450-日本人 約2万人の世界

香港にて


言葉の壁はもちろんのこと


出会う日本人

それぞれがいる

ステージの高さに


気後れすること

しばしば



本当に

日本だったら

まず相手にされることもないが


海外に出ている日本人という

たったひとつの共通項だけで

広がっていく世界に


ただただ感謝



あえて

ストレスしかない

環境に身を投じることで


現状維持に満足することなく


自身の

限界突破をはかる


そんな繰り返しが


確実に

新しい歯車を生み出している



それでもきっと

本質は変わらない


少しだけ芽生えてきた


余裕


そんな心持ちを

確固たるものへ



比べるのは


相手じゃなくて

自身に限る
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
11おすすめ

2015-02-06

[メモ] 2449-関わることを、あきらめない。

大丈夫!

って

自分に言い聞かせると

どこか安易だったりするけど


相手からもらう

抱擁に近い大丈夫!は


やっぱり

とても大きな力になる



みんなピュアで

何かしら抱えている


知れば知るほどに

湧き立つ感情



あながち間違いではないが

まだまだ

人を見る目が甘いことを痛感



わたしに関わってくれる人は

必ず幸せにする




そう公言された

素敵な言葉に出会った


それなりに力のいることだが

自分なりに



関わりの中で

一緒に築き上げる幸せ






人生のテーマに新たに加え



また今日という日が始まっていく
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
13おすすめ

2015-02-05

[香港] [] 2448-地酒処 吟

意外にもランカイフォンに

日本酒とおつまみを堪能できる

お店があるということで

連れて行ってもらった


地酒処 吟





普段

安酒の熱燗しか飲まないため

冷酒を味わういい機会となった


丁寧な説明で

導いてくれた店員さん


どうやら

みがきが50%前後のものが

自分好みと判明


料理も美味しく

とても幸せな時間だった





ここ最近の飲み代が

4〜500HKDと

金銭感覚がマヒしてきたが

これも少し大人になった証だろう



きっといい兆しだが

まだ答えは出さない
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
15おすすめ

2015-02-04

[日常] 2447-トマトジュース

相方が来たことによる

プラスな面を洗い出してみたところ


家で過ごす時間に

規則性が生まれた


見られているという

良い意味での鋭い視線が

襟を正す機会となった


旅に関しては大先輩




ちゃんと出てくるじゃない

って

どんだけ意識してんだって話しなんだけど


一緒に住むからには

無関心ではいられない


いい刺激



同じく

無関心ではいられない

健康問題


朝の炭酸水を

トマトジュースに変えてから

明らかな良い変化が

腸の調子





ちゃんと野菜を取ってるよ

っていう安心感が


何より1番だが



大事なことは

しっかりとした意識付け


行動を変えていく
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
13おすすめ

2015-02-03

[日常] 2446-買わなきゃ当たらない

楽天totoの

開催回ごとに自動的に購入される

シンプルコースを

毎回一口ずつ買い続けて数年


いつもと違う画面に

テンションが上がる


ついに来た

当選通知!





6等 570円に

正直 苦笑いだが


当たらないものだという思い込みを

払拭する大きな体験となった


今後も買い続けることを決意



少しだけ膨らんだ夢


今夜はいい夢が見れそうだ
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
11おすすめ

2015-02-02

[日常] 2445-相方、再びの香港入り。

気ままな独り暮らしも

あっという間に過ぎていった


それでも約半年

本当にあっという間だ


ネガティブ気味の後輩で

少なからずストレスがあったのが本音だが


会った瞬間

自然と握手を求めていた


あーだこーだ

頭の中でめぐっていたものが


全部吹き飛んだ瞬間



自分の方から

あきらめるのはもうやめにしたんだから


心持ちひとつだ


うん

また

うまくやっていけるさ


初日から飛ばし気味に色々話してしまったが

これからゆっくりと


おかえり & よろしくね
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
11おすすめ

2015-02-01

[メモ] 2444-おごることに対しての心持ちの整理

独り身とあって

ある程度自由に使えるということが前提で


まず1ヵ月の予算を大まかに算出

余剰分を把握し


そこから

1週間単位で使ってもいい額を決定


あらかじめ使っていい額を決めることで

おごることへの精神的負荷を少なくすることが


可能になったような気がする


これはあくまでも

金額的な基準に過ぎず


男のプライドだとか

義務だとか

自己投資といった


内面的な事柄が

大きく関係してはくるが


大切なのは


本質にある


相手を想い

喜んでもらいたいってことに尽きるものだと


最近

特に

考えが改まってきた



人から学ばせていただく



支払いは

その正当な対価なんだと


どこか打算的ではあるが


だからこそ真剣に

その時間と向き合えるのではないだろうか
固定リンク : コメント(0) / トラックバック(0)
14おすすめ

プロフィール

肩肘張らず 思いのままに
ありのままの等身大の自分を
なんでもない日常も
必ず意味がある

☆リンクフリーです☆





























最近のコメント

RSS

RSS2.0

アクセスカウンタ

00634440

QRコード