2012-11-19

[] 1887-銀杏をチン


木枯らし1号が吹き


季節は

晩秋から初冬へ



暖冬といわれていた

今年の冬も

明らかに寒いと感じるのは

気のせいだろうか



初冬とはいえ

あと少し楽しめるであろう


銀杏


ちょっと前に

教わった


簡単調理法である

電子レンジでチンを試してみる





とにかく封筒に入れるだけ

ということで

銀行の封筒を使ったところ

紙が破けてまず失敗


次に

銀行の封筒を二重にしてみると

破れは内側の一つでおさまったものの


銀杏が固く苦く

また失敗



調べてみると

500wで2分弱というのが

多数意見


まあ

次に試すことは

もうないだろうか、、、



手間ひまかけたもんには

やっぱりかなわん
固定リンク : コメント(2) / トラックバック(0)
53おすすめ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

節柄ですね~こんばんは・・・
私もぎんなんの調理方を教わりました
ペンチで銀杏を鋏み、殻に割れ目を入れます。
殻をむいて、実を取り出します。
実を茹でて冷まします。(茹で汁は捨てざるに実をとります)
で、冷めたら薄皮を剥いてぷりっとした銀杏の登場です。
茶碗蒸しや銀杏ご飯にして頂いてますよ~
結構な量がある時は実の状態で冷凍保存もOKでしたよ
以外になんにでも・・調理できるから優れもん!
手間隙かけて、愛情たっぷり調理ですよ・・・
ペンチ使いにご注意で~す。

[返信する] 2012-11-20 20:28:10 - 投稿者: 413a

>413aさん

詳しいアドバイスありがとうございます。
読んでるだけでおいしそうなイメージがわきました。
ワンモアトライですね!

[返信する] 2012-11-21 23:22:23 - 投稿者: adusamh

コメントする

名前:

E-mail (オプション):

リンクURL (オプション):

CAPTCHA Image左に表示されている文字を半角英数字で入力してください。


<< 2017年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

肩肘張らず 思いのままに
ありのままの等身大の自分を
なんでもない日常も
必ず意味がある

☆リンクフリーです☆





























最近のコメント

RSS

RSS2.0

アクセスカウンタ

00636579

QRコード